リジカラ装着!★ZVW30 プリウス★大人気ビルシュタイン車高調も!!

現在、当店では・・・

2月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!



おかげさまで多くのご注文をいただいています。
ただ、更新が追いついていないので、ネタが溜まりに溜まっちゃって・・・(笑
早めに更新していかないとえらいことになりそうです。


さて本日のクルマは・・・







ZVW30 プリウス!







d0156040_15541143.jpg


当店での車種別装着台数はプリウスが圧倒的なトップになってます。
このブログへの検索ワードでも、
「リジカラ」と「プリウス」が常に上位になってますからね。








d0156040_1619309.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

いつもの見慣れたサブフレームですね。
最近アンダーカバーのクリップの話題をよく取り上げてますが、
プリウスもけっこう事前準備に時間が掛かります。
アンダーカバーもそれなりなんですが、
補強バーとかがけっこう付いているんですよね~。
これらを外しておかないとサブフレームが下がってこないんです。







d0156040_162444.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。






d0156040_16251480.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

以前は4ピースだけだったんですが、最近モデルチェンジした第3世代バージョンですね。
両側突起タイプと片側突起タイプが1種類ずつの構成です。







d0156040_16275711.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。
以前はこの上側のみの設定だったんですよね。

第3世代バージョンからはサブフレーム下側にもリジカラを使うようになりました。
片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。
上側用の下向き突起は先端が以前より細く変更されているんです。
そのため上側がハマリやすくなったので、下側が追加になったんですよね。

たしかに第1世代バージョンだと絶対に下側のリジカラはハマらなかったでしょうね。








d0156040_16335850.jpg


まずは  部の装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディー穴にしっかりとハマった状態です。
下向きの突起の先端はサブフレームの穴に掛かっています。
プリウスはサブフレームのシナリが大きいので、
以前のバージョンだとこの状態にするのに苦労していたんですよね。
なんせ4ヶ所をこの状態にしないといけませんから・・・

先端が細くなったことで1ヶ所をハメても他が入りやすくなりました。
ですので下側にリジカラを追加することが出来るようになったんです。
それでもやはりハメにくいことには変わりありませんが・・・(笑

このままボルトを締めこんでいくと、
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので自然と位置が揃うんです。
シナってるフレームを逆にシナらせるといったカンジでしょうかね。
人力では到底無理なことですが、ボルトの締まる力ってスゴイですね。


もちろんミスリルも施工しています。
フェアの特典でサービスになってますからね。







d0156040_17565370.jpg


続いて B 部の装着中の写真です!

先ほどと同じ状態になっています。
ここはガセットプレートが共締めになるポイントなんですが、
装着してしまうと下側のリジカラが見えなくなるので、その前にパチリ。








d0156040_17595597.jpg


規定トルクで本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ガセットプレートにもオマケで塗ってありますよ。








d0156040_1811178.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。








d0156040_1823050.jpg


ボルトの径とボディーの穴径とに差があるのでスキマが出来ています。
矢印部分で白っぽく見えているのがスキマになります。








d0156040_1819067.jpg


リア用のリジカラです!

こちらもお馴染みの形状ですね。
トーションビーム用では一番オーソドックスなタイプです。
センターの突起が先ほどのスキマにハマリ込むようになります。

ボディーとボルトのフランジに挟まれる部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かり締結強度がアップするんです。







d0156040_18492856.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。







d0156040_18532796.jpg


規定トルクで本締めしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

いつも言っていますがここのボルトはリフトアップした状態で本締めしてはいけません。
リフトアップした状態だとアクスル後方が下がっていますので、
ブッシュは後ろ向きに回転した状態になっているんです。
そのまま締めるとクルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずは仮締めして、タイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させて、ブッシュを落ち着かせます。
その状態でボルトを規定トルクで本締めします。
簡単なことなんですが、とっても重要なポイントなんですよね。






今回は足廻りも同時に交換しました!



d0156040_18551340.jpg


ビルシュタイン BSSキット! 

プリウス用では当店で人気No.1の車高調です。
しなやかな乗り心地で大人の車高調ってカンジですかね。
今回もアッパーマウント類を新品に交換してあります。
再使用して後々の異音の原因になっても困りますし、
ゴムもしなやかになるんで乗り心地にも影響してきますからね。






d0156040_18592337.jpg


リアもネジ式の車高調整機能が付いています。

ただしこのキットはあまり落とすことが出来ないんですよね。
ガッツリと落としたい方には不向きなんです。
その面でも大人の車高調って言えるかもしれません。(笑


この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-04 09:30 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★ZVW30 プ... 進化剤施工!★アクア★S2000★ >>