リジカラ装着!★フィット ハイブリッド★

先日メチャクチャ暖かかったかと思えば、昨日今日は冷え込んで・・・
こう気温差があると体調管理が大変ですね~。
なんせ歳なもんで・・・(笑



本日はリジカラのネタです!

まだまだ溜まってる分がいっぱいあるんで、
早めに更新しないといけませんね。



本日のクルマは・・・






GP5 フィット ハイブリッド!







d0156040_13253960.jpg


新型のフィットHVですね!
この型のフィットへの装着は当店では初なんですが・・・


今回はリジカラをお客さんの持込みだったんですよね。
持込みの場合はフェアやキャンペーンの特典は適用されませんのでご了承ください。







d0156040_1331874.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームです。
この形状は国際的なスタンダードになっていますよね。







d0156040_13333243.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できます。








d0156040_13351771.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類で合計10ピースになっています。

両側突起タイプが2種類で6ピースと、
ザグリ付片側突起タイプと片側突起タイプが1種類2ピースずつの構成です。

ただしリジカラ1の4個のうちの2個(黄色シール)とリジカラ2(緑色シール)は、
サブフレームの穴径に合わせて選択使用となります。
ですので実際に使用するのは8ピースということになりますね。
最近はこのパターンも増えてきました。
何車種かが共通設定になっていたりしますんで、その関係かな?






d0156040_14125336.jpg


 部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴に突起がハマリます。
下側はザグリ付片側突起タイプがサブフレームの穴にハマる方式です。






d0156040_14154431.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていくと、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃うんです。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。

今回はミスリル施工はしていません。
持込みなのでフェアの特典は適用されませんので・・・








d0156040_14204431.jpg


続いて  部の図解です!

ここの上側が選択使用のポイントですね。
今回は突起が太いリジカラ1を使うパターンでした。
サブフレーム下側は突起の小さいタイプになっていますね。






d0156040_14235831.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側は先ほどと同じ状態になっています。
下側は突起が小さかったのでサブフレームの穴にハメ込んであります。

4ヶ所ともにこの状態になったらサブフレームをジャッキで上げていき、
ボルトを規定トルクで本締めします。








d0156040_14273394.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所が装着ポイントになりますね。








d0156040_14293589.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています!

矢印部分に見えている白っぽい部分は、
ブッシュのインナーカラーの端面なんです。
スキマがあるので奥のインナーカラーが見えちゃってるってことになります。






d0156040_14322247.jpg


リア用のリジカラです!

センターに突起のあるお馴染みの形状ですが、本体部分が2段構造になっています。
ボルトに付いているワッシャ径が大きめでしたので、
これをかわすために外径を大きくしてあるんですね。







d0156040_14352191.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになります。
またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ボルトの締め付けトルクがしっかり掛かることで締結強度が増すんです。







d0156040_14383590.jpg


ボルトを本締めしたら完了です!

もちろん1G締めをしていますよ~!!
リフトアップしたまま本締めしてしまうとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとリジカラ効果が台無しですからね。

まずはボルトを仮締めして、タイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させ、ブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤが接地したままの状態で本締めします。
足廻りに車重が掛かった状態で締めるので1G締めって言うんですよね。


最後にアライメント調整をして終了です。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-16 14:51 | リジカラ | Comments(0)

<< 22インチホイール装着!★レク... 進化剤施工!★ekワゴン★ステ... >>