リジカラ装着!★ZRR80 ヴォクシー★ミスリル施工も!!

いよいよ残り1週間となりました。

リジカラフェアは2月末までです!
 


いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はフェア期間中にご決断ください!(笑
ご注文が期間中であれば、作業が後日になっても適用されますので。




さて本日のクルマは・・・






ZRR80 ヴォクシー!







d0156040_16453825.jpg


この型のヴォクシーへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。
フェアの特典でアライメント調整が特別料金になっていますが、
半額のほうが安いので対象車はこちらを適用させていただいています。




で、このお客さんは・・・ っていういつものパターン!






d0156040_16475759.jpg


大阪 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。










d0156040_16492256.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みの見慣れたFFタイプのサブフレームですが・・・
真ん中あたりにフロントフレームと接合する補強フレームが追加されています。
コンパクトとかに比べると車重がありますので、
強度面を考えての方策なんでしょうね。








d0156040_16525552.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_16544972.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースです。

両側突起タイプと片側突起タイプが2種類ずつの構成になります。
4種類のうち3種類は突起がけっこうゴツイですね。
突起の華奢な1種類は中割れの2分割タイプになっています。
このタイプっていうことは・・・







d0156040_16575863.jpg


まずは  部の図解です!

2分割タイプを使うのはスタッドボルトだからなんです。
スタッドボルトを外さなくても装着できるように、分割して挟み込むようにハメます。
サブフレーム上側のリジカラですよ。
下側は片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。







d0156040_1724870.jpg


装着中の写真です!

スタッドボルトは基本的に動きませんので2分割のリジカラは
サブフレームにハメておけばOKなんですが・・・
ジャッキでサブフレームを上げる過程でズレちゃうことがあるんです。
そのため密着する寸前で一旦止めて確認する必要があります。
クリアランスが狭い状態での作業になりますので、ズレてるとちょっと厄介です。(笑

今回は2分割タイプとしては下向きの突起が長めでしたので、
確認作業の時にボディー側に貼り付けておきました。
これで上下の穴に突起が各々ハマった状態になっています。
下側も突起の先端がサブフレームの穴にハマってます。


もちろんミスリル施工もやってます!
フェアの特典でサービスになってますからね。







d0156040_1793775.jpg


続いて  部の図解です!

こちらは普通のボルトですので上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使うオーソドックスな方式ですね。
ガセットプレートも共締めになります。







d0156040_17121187.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃うんです。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。
ここはガセットプレートが共締めになるんですが、
装着してしまうとリジカラが見えなくなるのでその前にパチリ!







d0156040_17174191.jpg


4ヶ所がハマったらボルトを規定トルクで本締めします!
本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ガセットプレートにもオマケで塗っておきましたよ。








d0156040_17205883.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。







d0156040_17225749.jpg


このクルマはいつもとちょっと違う点が・・・
補強ブラケットが共締めされているんですよね。

黒いブラケットの穴の中に見える白っぽい部分はボディーです。(緑色の矢印部)
そのボディー穴の奥に見えるグレーっぽい部分は、
ブッシュのインナーカラーの端面なんです。(黄色の矢印部)
つまりブラケットとボディーの2段階でスキマが出来ているわけです。
通常はブラケットが無いんで黄色矢印部のスキマだけなんですけどね。









d0156040_17313367.jpg


リア用のリジカラです!

スキマが2段階でしたので突起も2段階になっています。
先端の細い部分がボディーの穴のスキマにハマリ、
根元の太めの部分がブラケットのスキマにハマるようになります。

ボルト側はザグリの無い平面構造になっています。
ブラケットの形状がワッシャ径に合わせてプレスされているので、
通常のようにザグリを付けてしまうと径が大きすぎて接触しちゃうからなんです。








d0156040_17394063.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになるんです。
さらにブラケットのスキマも埋まって一体化されます。
肉厚のフランジ部は補強板の役目も兼ねていますので、
一体化したブラケットとの相乗効果で締結強度がアップします。






d0156040_1744196.jpg


このクルマのボルトは根元にスプラインがあります。
ボルト径より若干飛び出した寸法に作られているんです。
おそらくスキマを埋めながらもボルトを回しやすくする工夫だと思われます。
他の車種でも根元が太くなっているボルトがありましたよね。

このスプラインは削り落とします。
リジカラの内径はボルトに合わせてあるので削らないと入らないんです。
スプラインよりリジカラの突起のほうがスキマをきっちり埋めてくれますから・・・







d0156040_1749538.jpg


いつものように1G状態で本締めしたらボルトの頭にもミスリルを!
ブラケットにもオマケで塗っておきました。

いつも言ってますがここはリフトアップした状態で本締めしてはいけません。
リフトアップした状態っていうのはブッシュのセンターを支点にして、
トーションビームの後方部が下がった状態になっているんです。
つまりブッシュは後ろ向きに回転しているんです。

その状態で本締めしてクルマを降ろすと・・・
トーションビーム後方は上がってきますので、
今度はブッシュには前向きの回転力が掛かってきます。
でもブッシュのインナーカラーはすでに固定されているので回転はできません。
結果的にブッシュのゴム部分にヨジレが出てしまうんですよね。

ボルトを仮締めしてタイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させブッシュを落ち着かせます。
で、タイヤを接地させたまま車重の掛かった状態で本締めします。
これを1G締めっていうんです。
簡単なことですが大事なポイントなんですよ!






今回はリジカラポイント以外にもミスリル施工をしました!





d0156040_1811023.jpg


まずはリアゲート開口部です!
ボディー補強関係では一番施工例の多い定番のポイントです。
ミニバンは開口部も大きいですから、効果も大きいと思いますよ~。






d0156040_182487.jpg


続いてはサイドシルのミミ部分!
ここもリアゲートに次いで施工例の多いポイントです。
最近はセットで施工される方が増えてきました。

リアゲート開口部で横方向、サイドシルで縦方向の剛性を上げることで、
ボディー全体がシャキっとした剛性感になりますよ!


この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-22 18:13 | リジカラ | Comments(0)

<< ミスリル施工!★レヴォーグ★ア... 進化剤施工!★アルファード★ワ... >>