リジカラ装着!★ホンダ N-WGN★

ついに残り1日となりました。

リジカラフェアは明日までです!
 


いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はご決断をお急ぎください!(笑
ご注文が明日までであれば、作業が後日になっても適用されますので。




さて本日のクルマは・・・







ホンダ N-WGN!








d0156040_14111111.jpg


N-WGNへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。
フェアの特典でアライメント調整が特別料金になっていますが、
半額のほうが安いので対象車はこちらを適用させていただいています。







d0156040_14121499.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

見慣れたFFタイプのサブフレームですね。
Kカーからコンパクトクラスの多くが採用している形状です。
国産車だけでなく輸入車でも同じような形状が多いですから、
国際的なスタンダードになっていますね。







d0156040_1415626.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。








d0156040_1416396.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになっています。

両側突起タイプが1種類で4ピース。
ザグリ付片側突起タイプとザグリワッシャタイプが1種類・2ピースずつの構成です。







d0156040_14193552.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

サブフレーム下側はザグリ付片側突起タイプを使います。
片側突起がサブフレームの穴にハマリますが、かなり長めの設定ですね。
できれば上側に使うリジカラの下向きの突起を長くしてくれたほうがありがたいんですが・・・
突起が長ければ狭いスペースで作業しなくてOKですし、
先端も細くなるのでハメやすいんですよね。







d0156040_14391472.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態です。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていくと、
突起のテーパーに沿って上がるので自然とセンターが揃うんです。

下側のリジカラの突起もサブフレームの穴にハマってます。


もちろんミスリル施工もしてますよ!
フェアの特典でサービスになっていますからね。






d0156040_14434063.jpg


続いて  部の図解です!

サブフレーム上側は先ほどと同じ方式です。
下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使うようになります。







d0156040_14451732.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いていますね。
4ヶ所が同時にこの状態になったらサブフレームをジャッキで上げて、
ボルトを規定トルクで本締めします。






d0156040_14504419.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
っていういつものパターンです。








d0156040_14514244.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。









d0156040_14541073.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
矢印部分に見えているシルバーっぽいのはブッシュのインナーカラーの端面です。
つまりスキマから奥のカラーが見えているってことですね。







d0156040_1515945.jpg


リア用のリジカラです!

センターの突起が先ほどのスキマにハマるようになります。
本体部は2段になっているタイプですね。
数車種が共用になっていますので、
大きめのワッシャをかわすために外径を大きくしてあるんです。
このクルマにはワッシャがありませんけどね・・・







d0156040_1582397.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
補強することでボルトの締付けトルクがしっかり掛かり締結強度が上がります。








d0156040_15224253.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

当然ながら1G締めをやってますよ。
リフトアップした状態で締めるとブッシュにヨジレが出るのでNGなんです。

ボルトを仮締めしてタイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させてブッシュを落ち着かせます。
タイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めをするんです。
これを1G締めって言うんですよね。

簡単なことですが大事なポイントなんです。
ブッシュにヨジレが出ちゃうとせっかくのリジカラが台無しですから・・・



この度はお買い上げありがとうございました。


リジカラフェアのおかげで多くの方からご注文をいただきました。
すでに装着済みで溜まりネタ(笑)になっちゃってるのが6台分!
装着待ちの分が3台分!!
早めに更新するようにしないといけませんね。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-28 15:35 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★コルトVerR★... ミスリル施工!★レヴォーグ★ア... >>