リジカラ装着!★DE5 デミオ★

本日はリジカラのネタです!
いっぱい溜まってますんで早めに更新しないとえらいことになりそうです。(笑




クルマは・・・




DE5 デミオ!









d0156040_17155961.jpg


このクルマはフロント用しか設定がないんです。
リアは特殊形状のようです。
そのためフロントのみの装着作業のご紹介になります。

この型のデミオへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。







d0156040_1719833.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームです。
Kカーからコンパクトカークラスではほとんどがこの形状ですね。
メーカーによって違いはありますが、基本形は一緒なんです。







d0156040_17273011.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_1729327.jpg


フロント用のリジカラです!
5種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが2種類で2個ずつの4ピース、
片側突起タイプが3種類で4ピースの構成になっています。

両側突起タイプの1種類は中割りの2分割タイプになっています。
リジカラ2と3は同じポイントに使うのですが、突起のサイズが異なっていますね。
この理由は後ほど・・・






d0156040_1737395.jpg


まずは  部の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造になっています。
そのためサブフレーム上側に2分割タイプを使います。
スタッドボルトを外さなくてもいいように、両側から挟みこむように装着します。
両側突起がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマリます。

下側は片側突起タイプを使いサブフレームの穴にハマリます。
ここが先ほどの突起のサイズ違いのリジカラを使うポイントなんです。

その理由とは・・・







d0156040_17415963.jpg


サブフレームの穴径が左右で異なっているからなんです。

ちょっとサビでわかりにくいかもしれませんが、
右側の穴径よりも左側のほうが若干大きめの穴径になっています。
たまにこのタイプの車種がいますね。






d0156040_17444875.jpg


装着中の写真です!

2分割のリジカラをスタッドボルトを挟み込むようにハメ込んで、
サブフレームをジャッキで上げていきます。
密着する寸前で一旦ストップさせてズレの確認をします。
2分割タイプはサブフレームを上げる過程でズレちゃうことがあるんです。

この時一緒に突起が穴にハマっていることも確認します。
下向きの突起が長い場合にはボディーに貼り付けておくこともあります。

下側のリジカラもサブフレームの穴にハマった状態になっています。


今回もミスリルを施工していますよ~。
フェアの特典でサービスでしたからね。
残念ながらフェアは終了しちゃいましたが・・・

ミスリル施工で装着部の剛性が上がるので、リジカラ効果を高める働きがあるんです。









d0156040_17523745.jpg


続いて  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプ、下側に片側突起タイプを使います。
上側のリジカラは上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマリます。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマる方式になっています。
一番オーソドックスな方式ですね。


先ほどの穴径比較の写真でもサブフレームにサビがありましたが・・・






d0156040_17562266.jpg


ここのボルトもご覧のようにサビてました。
もちろんサビ落しをしてから作業しましたけどね。

サブフレームの穴にはかなりの高確率で水が溜まっています。
別にシールパッキンとかがあるわけじゃないのに、
穴の中から抜けることなく溜まっているんです。
その状態で年数が経てばサビが出るのも当然ですよね。

そういえば以前にサビで完全に固着してたクルマもありましたね。







d0156040_1803514.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態なんです。
そして下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままジャッキを上げていけば、
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃います。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマった状態です。
4ヶ所が同時にこの状態になったらボルトを規定トルクで本締めします。






d0156040_1845927.jpg


本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。

最後にアライメント調整をして完了です。



この度はお買い上げありがとうございました。
























d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-04 18:12 | リジカラ | Comments(0)

<< ミスリル施工!★フィットRS★ 進化剤施工!★コルトVerR★... >>