リジカラ装着!★マツダスピード アクセラ★

フィギュアの世界選手権が終わりましたね。
今回は男子も女子も波乱の展開でした。
日本勢はどちらも来年の出場枠が3枠確保できたので良かったです。
なんせ来年は五輪の出場枠が掛かった大会ですからね。

今回はいろんな出来事があって、思うところもイロイロありますが・・・
また気が向いたらフィギュアネタで長文をアップするかもしれません!(笑
とりあえず出場選手のみなさん、お疲れさまでした。




さて本日はリジカラのネタです!
溜まってる分がだいぶ消化してきましたが、まだまだ・・・
早めにご紹介出来るようにがんばります。



本日のクルマは・・・



BK3P マツダスピード アクセラ!








d0156040_1775773.jpg


この型のMSアクセラへの装着は3台目になりますね。
さほど販売台数は多くないでしょうから、装着率としてはけっこう高めです。
まあ、当店ではアクセラ全体でも装着台数が多いんですよね。
車名別でいえばプリウスに次ぐNo.2です!







で、このお客さんは・・・ っていつものパターン!



d0156040_1712474.jpg


兵庫県 からのご来店なんです!
遠方からわざわざありがとうございます。
本当にリジカラは県外からの方が多いですね~。
わざわざご来店いただけるのはありがたいことです。






d0156040_17142298.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームです。
このクラス以下だと国際的にスタンダードな形状になっていますね。








d0156040_17161697.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_17171782.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが2種類ずつの構成です。
FFタイプのサブフレーム用としてはオーソドックスな組合せですね。







d0156040_17194790.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになっています。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。








d0156040_17222711.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端がサブフレームの穴に掛かっています。
突起の先端は径が細くなっていますので、この状態だとサブフレームが動かしやすく
自由度が大きいので他の箇所のリジカラがハメやすくなるんです。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をしていますよ!
フェアの特典でサービスでしたからね!!






d0156040_17282695.jpg


続いて  部の図解です!

基本的な構造は先ほどと同じですね。







d0156040_17292998.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼りついています。
下側のリジカラの突起もサブフレームの穴に掛かっています。
ここはガセットプレートが共締めなんですが、
装着すると下側のリジカラが見えなくなるのでその前にパチリ。

4ヶ所が同時にこの状態になったら、サブフレームを支えているジャッキを上げていきます。
そうするとサブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんですよね。
ただし4ヶ所同時にこの状態にするのに時間が掛かるんです。








d0156040_1735418.jpg


規定トルクで本締めしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ガセットプレートにもオマケで塗っておきました。







d0156040_17371149.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分になるんですが、
この写真だとわかりにくいですね~。






d0156040_17391615.jpg


で、リアも横からビューの登場なんですが・・・
奥まったところにボルトがあったり、サスの真ん中にあったりで、
この写真でも全体像は掴みにくいかもしれませんね。







d0156040_18134850.jpg


リア用のリジカラです!
全て同じ物で6ピースになります。

6ピースとも両側突起タイプですね。







d0156040_18151813.jpg


リアの図解です!
6ヶ所ともに同じ方式になっています。

サブフレームの上側にのみリジカラを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマリます。





d0156040_18173445.jpg


 部の装着中の写真です!

リジカラはボディーに貼りついています。
これはフロントと同じパターンですね。
ただ下向きの突起がフロント用よりも短めでしたので、
ちょっと狭いスペースでの作業になります。








d0156040_1820168.jpg


続いて  部の写真です!

こちらもボディーに貼りついています。
やはり同じパターンですね。


 部は奥まっていて写真が撮れませんでした。
カメラを入れるどころか、手を差し込むのもやっとぐらいのスペースで、
リジカラをハメるだけでも一苦労なぐらい狭かったですから・・・

リアも6ヶ所が同時にこの状態になったらサブフレームを上げていきます。







d0156040_1824372.jpg


こちらも規定トルクで本締めしたらボルトの頭にもミスリルを・・・


最後にアライメント調整をして完了です。

この度はお買い上げありがとうございました。















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-04-03 18:30 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★フーガ★NSX★ ミスリル施工!★フィットRS★... >>