リジカラ装着!★フィット★ リアのみ!!

早めに更新しないと・・・
って言ってたらアッという間にリジカラネタが溜まってきちゃいました。
マジで早めに更新しないといけませんね。




で、本日のクルマは・・・






GE6 フィット!








d0156040_13561093.jpg


前の型のフィットです!
このクルマのリアアクスルはトーションビームなんです。
ですので装着ポイントは2ヶ所のみとなります。

使用するリジカラは2個だけですし、作業も比較的簡単なんですよね。
そのためお試しで装着してみるにはもってこいなんです!
2個だけなんで商品代金は安いし、工賃も安いし、
それにアライメント調整も必要ありませんから、とってもリーズナブルなんです。








d0156040_146547.jpg


トーションビームをボディーに固定している部分が装着ポイントになります!









d0156040_148081.jpg


ボルト径とボディーの穴径に差があるのでスキマが出来ています!
緑矢印部に写っている白い部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
つまりスキマから奥のカラーが見えているっていうことなんですよね。

黄色矢印部はワッシャーの接触痕です。
ボディーの穴と偏芯しているのがわかりますかね?
ボルトはこれだけズレて固定されていたことになります。







d0156040_141399.jpg


お馴染みのトーションビーム用のリジカラです!
センター部の突起が先ほどのスキマにハマるようになります。








d0156040_14143797.jpg


突起がスキマにハマることでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュも正しい位置で固定されることになるんです。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分は肉厚に造られています。
これはボディー鉄板の補強も兼ねているんですよね。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かりますので、
締結強度がアップする効果があるんです。








d0156040_14175686.jpg


今回もミスリル施工をしています!
本締め後にはボルトの頭にも・・・ っていつものパターンです。

ここはリフトアップした状態で本締めしてはいけません。
車重を掛けた1G状態で本締めします。

リフトアップしている時のトーションビームは、
ブッシュの固定位置を支点にして後が下がっています。
つまりブッシュは後ろ向きに回転していることになります。
そのまま本締めしてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生するんです。
これだとせっかくのリジカラが台無しです。

まず、リフトアップした状態でリジカラをハメて仮締めします。
あまりルーズに締めると突起が外れてしまう恐れがありますので、
インナーカラーがボディー鉄板に接触する寸前ぐらいの状態にしておきます。
タイヤを装着してクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させて、ブッシュを落ち着かせます。
で、タイヤが接地したままの状態で本締めするんです。
簡単なことなんですが大事なポイントです。








d0156040_14292074.jpg


ミスリル施工済みヒューズも交換しました。
こちらもリーズナブルなんでミスリル効果のお試しにはもってこいです。
ただしたくさん交換するとそれなりに金額は膨らみますので、
効果的なポイントを絞って交換するのが良いでしょうね。



この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-05-29 14:36 | リジカラ | Comments(0)

<< ADVANレーシングGT装着!... 進化剤施工!★ギャラン フォル... >>