リジカラ装着!★スバル WRX S4★

ここのところリジカラの装着が続きまして・・・
やっと無くなると思っていた溜まりネタが増えてしまいました。
更新をサボってたもんでけっこうな数に・・・(笑
早めにご紹介出来るようにがんばります!




さて、本日のクルマは・・・





スバル WRX S4!







d0156040_14312411.jpg


以前はインプレッサの走り系グレードだったWRXが、
独立した車種になったんですね。
で、インプレッサはNAエンジンのみの構成になり、
ターボエンジンのみのWRXがハードな要望に応えるってことなんでしょうね。








d0156040_14373172.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

スバルの水平対向エンジンはFF車であっても縦置きなんです。
(このクルマは4WDですが・・・)
そのためサブフレームの形状は一般的なFFタイプとは異なり、
FR車と同じようなクロスメンバータイプになります。
これはレガシィやインプレッサ・レヴォーグ等も共通になります。








d0156040_14433187.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
クロスメンバーをボディーに固定している部分に装着します。








d0156040_14452968.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
ザグリワッシャタイプとザグリ付き片側突起タイプが1種類2ピースずつの構成です。

両側突起の リジカラ1 はサブフレーム上側に使います。
で、 リジカラ2 と リジカラ3 を下側に使うのですが、
片方には突起があってもう片方にはありません。
これは何故かと言いますと・・・








d0156040_14522672.jpg


サブフレーム下側の穴径が違うんですよね。
車輌前側の穴が小さく、後側の穴が大きくなっています。
これはボルトをハメやすくしながらも、
少しでも位置出しを正確にしようというメーカーの工夫なんですよね。







d0156040_14555973.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

サブフレーム下側は穴が小さいほうでしたので、
突起の無いザグリワッシャタイプを使うようになっています。








d0156040_1459251.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはいつものようにボディーに貼り付いています。
下側はワッシャタイプですのでボルトにハメておけばOKなんです。
ボルト径とサブフレームの穴径にほとんどスキマが無いのがわかりますね。







d0156040_1523112.jpg


続いて  部の図解です!

こちらはサブフレーム下側の穴径が大きかったほうですので、
突起の出ているタイプを使うようになっています。






d0156040_15194797.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
この状態っていうのは上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっており、
下向きの突起の先端がサブフレームの穴に掛かった状態なんです。

下側のリジカラの突起もサブフレームの穴にハマっています。

4ヶ所が同時にこの状態になったら、
ジャッキでサブフレームを上げながらボルトを締めていきます。
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんです。







d0156040_1526886.jpg


サブフレームが上がりきったら規定トルクでボルトを本締めします。
今回はミスリル施工はやりませんでした。








d0156040_15271942.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。








d0156040_1529617.jpg


リア用のリジカラです!
3種類で合計10ピースになります。
ただし2ピースは選択使用となりますので、実際に装着するのは8ピースです。

両側突起タイプが1種類4ピースと、片側突起タイプが2種類6ピースの構成です。
片側突起タイプの リジカラ2 のうちの2ピースと、
リジカラ3 の2ピースがクルマの穴径に合わせて選択することになります。

これはリジカラが数車種で共用しているためなんです。
レガシィやインプレッサ・エクシーガ等が共用車種になっていますね。







d0156040_15375722.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使います。







d0156040_1540993.jpg


装着中の写真です!

ここは上下を同時に撮ることが出来なかったので、まずは上側から。
上下ともに突起が短かったので狭いスペースでの作業が要求されます。
まずリジカラをサブフレーム側にハメておきます。
密着する寸前で一旦止めての上下のリジカラがちゃんとハマっているかを確認。
スペースが狭いんでこの作業がやりにくいんですよね~。
やはり下向きの突起は長くしてもらったほうがありがたいですね。(笑







d0156040_15444179.jpg


続いて下側の写真です!

ここは補強プレートが共締めになりますので、その前にパチリ。
装着してしまうと見えなくなりますからね。








d0156040_1546433.jpg


続いて  部の図解です!

基本的には先ほどと同じです。
ここの下側が選択使用のポイントなんですが、
今回は穴径が小さかったので突起の小さい リジカラ3 を使用しました。
走り重視のWRXなのでサブフレームの位置精度を上げるために、
穴径を小さくしてあるんでしょうかね?








d0156040_15493568.jpg


装着中の写真です!

ここは上側にカメラが入るスペースが無くて写真が撮れませんでした。
ですので下側の写真のみになります。
ここも補強プレートが共締めになりますので、その前に・・・








d0156040_15514742.jpg


補強プレートを装着してボルトを本締めしたら完了です!

最後にアライメント調整をして終了です。




この度はお買い上げありがとうございました。
















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-06-16 15:58 | リジカラ | Comments(0)

<< ホイール修理!★レクサス LS... 進化剤施工!★VW ゴルフⅡ★... >>