NSX祭り!★タイベル交換(後編)★ATS4.4ファイナル&LSD装着!

幻のゲームセット! 

無念!玉野光南!! 

いや~、とんでもないことが起きるもんですね~。
しかも決勝戦の9回にって・・・
ニュース映像を見たら、たしかに打者の足に当っているように見えました。
結果的には誤審にならずにすんだんで良かったのかもしれませんが。
あのまま終ってたら創志の選手はやりきれんだろうし・・・

結局審判団の判断遅れが混乱を招いちゃったわけで、
光南の選手たちはかわいそうでしたね。
一度は勝ったと思ったわけだから、気持ちを戻すことが難しかったんだと思います。
審判がすぐにファールと判定していたら結果は違っていたかも?

誤審は免れたものの、もう少し配慮してあげれば良かったのにね。
10~15分ぐらいでも光南に守備練習させてあげるとか、
気持ちを切り替える時間を与えても良かったんじゃないかな。
なんせ創志のほうは判定が覆ったおかげで、
イケイケのテンションMAXだったわけだから・・・

でも判定に抗議もせず、不満も漏らさず戦った光南の選手はたいしたもんです。
(抗議してもどうにもならんけどね。)
今朝の新聞に光南のある選手のインタビューが載ってたんだけど、
「勝って謙虚に、負けて堂々と」という言葉がありました。
読んでいて朝から泣きそうになりましたよ!(笑
震災後、福島から避難のため、家族で引っ越してきたんだそうです。
福島の仲間たちと甲子園で再会するのは叶わぬ夢となってしまいましたね。

甲子園には行けませんでしたが、
前評判の高くなかったチームが決勝まで行ったことに胸をはってください。

アッパレ!玉野光南!! 




さて本日は昨日のNSX祭りの続きで、



タイミングベルト交換&
  定番メンテナンス!(後編)
 


に加えて・・・

ATSカーボンLSD&
  4.4ファイナル装着!
 
のネタです。








d0156040_1228039.jpg


まずはMTをバラします。
もちろんオーバーホールも一緒にやりますよ!






d0156040_12312982.jpg


今回装着するLSDとファイナルギアです。
NSXにはOS技研製のLSDとファイナルをチョイスすることが多かったんですが、
長期欠品中で入荷の見通しがたって無いそうなんです。
そこで今回はATS製を装着することにしました。
街乗りがメインなのでマイルドな特性のカーボンLSDにしました。







d0156040_12363550.jpg


純正デフとの比較です!
向かって右側が純正デフで、左側がATSカーボンLSDです。
ATSのファイナルギアは純正よりも厚く、歯の切ってある角度も違いますね。

さらにメーター用のギアもケースに直切りになってます。
(デフ下方の目の細かいギアです。)
OS製だと純正を外して移植する方式だったので、
あらかじめ切ってあるっていうのは嬉しいポイントですね。

何しろこのギアは単品での部品設定が無いので、
移植の時に傷つけちゃったりしたらデフケースごと注文しないといけないんで・・・







d0156040_12424791.jpg


まずはインプットシャフトをバラします!
ベアリングとシンクロリングは全て新品交換になります。
各ギアのクリアランスを確認しながら組み付けます。









d0156040_12442840.jpg


続いてはカウンターシャフトです!
こちらもベアリングとシンクロリングの交換はもちろんですが、
ファイナルのピニオンギアが一体となっているシャフト本体も交換になります。
シャフトが替わるのでクリアランスのチェックはより慎重に!!







d0156040_12471923.jpg


リバースギアもベアリングとシンクロリングの交換です!








d0156040_12481420.jpg


インプットシャフトが組みあがったらクリアランス調整です。
洗浄したクラッチケースにインプットシャフトをハメこんで、
ミッションケースを組み付けます。
その状態でシャフトの軸方向のクリアランスを測定。

規定値に入っていなければ、ケースをバラしてシムを交換します。
厚みの異なるシムを入れ替えることでクリアランスを調整するんですよね。
規定値になるまで何度かこの作業を繰り返します。








d0156040_12534879.jpg


続いてはデフのプレロード調整!
同じくクラッチケースにデフをハメこみ、ミッションケースを組み付けます。
その状態でデフの起動トルクを測定。
ケースの横にあるドラシャの先端のような物が測定用のツールです。
本物のドラシャを切って作ったんですけどね。

こちらもケースをバラして厚みの異なるシムを入れ替えることで調整します。
一発で決まることは無いので何度か同じ作業を繰り返します。

クリアランスの調整だと規定値との差の分だけ厚みを変えればOKなので、
ある程度シムの厚みの予想が付きますが・・・
こちらは厚みを替えることで回転の重さが変わるわけなんで、
何度かやってみないと決まらないんですよね~。







d0156040_138166.jpg


ファイナルギアが替わるのでオイルポンプのギアも、専用品に交換します。








d0156040_1392779.jpg


各調整が終ったら組み付けに取り掛かります。
デフやシャフトをケースにハメ込んでいくのですが、
この時にちょっとしたコツが必要なんですよね~。
言葉で表現するのは難しいというか、無理なんですけどね・・・(笑








d0156040_158432.jpg


ミッションケースを組み付けたら完成です!
オイルシールも新品に交換してありますよ!!








d0156040_15101036.jpg


このスナップリングも必ず新品交換します。
カウンターシャフトはこのスナップリングで位置決めされているんです。
たまにこれが折れちゃうことがあるようで・・・
そうなるとケース内部でシャフトが動いちゃうんですよね。
なので予防整備で必ず交換しています。








d0156040_15143083.jpg


クラッチも新品に交換しました!
ハードな走りはあまりしないそうなので、純正クラッチにしました。
とは言えNSXは純正でツインプレートなんですよね。

そのためディスクのセンター出しは重要になります。
センターが出ていないとMTをハメる時に苦労しちゃうんです。
ウチではNSXのインプットシャフトをブチ切った物を使っていますので、
これ以上バッチリなツールはありませんね。(笑








d0156040_15195060.jpg


エンジンとMTをドッキングさせたらサブフレームに載っけます。
ここから補機類をドンドン装着していきます。








d0156040_15211616.jpg


この状態でクランクプーリーのボルトを締めておきます。
大トルクで締めないといけないんで、エンジンが安定している状態じゃないとダメなんです。
もちろん二人掛かりでネ!(笑







d0156040_15232984.jpg


インマニはあらかじめ分解して洗浄しておきます。
サージタンクの底面には必ずオイルが溜まってますね。
ブローバイに混ざったオイルミストをインテークに吸い込んでいるんで、
どうしてもここに溜まっちゃうんですよ。








d0156040_152649.jpg


EGRのポートにはカーボンがビッシリ!
もちろんここもキレイに洗浄しておきます。
と言ってもカーボンの除去は一筋縄ではいきませんけどね。







d0156040_15275492.jpg


洗浄後のインマニです!
カーボンやスラッジが除去されてキレイになりました。








d0156040_1529653.jpg


インマニを組み上げます!
キレイな状態ですので作業も気持ちいいですね。








d0156040_153120100.jpg


水廻りのホース類も全て新品に交換します!
もちろんサーモスタットも新品にしてありますよ!!








d0156040_15342786.jpg


インマニやウォーターパセージを組み付けます!
だいぶ形になってきましたね~。
スプールバルブやインジェクターも組み付けていきます。
もちろんパッキン・ガスケット・オーリング類は新品に交換してあります。








d0156040_15364763.jpg


新品プラグを装着してイグニッションコイルもセットします!
ワイヤーハーネスを配線したら、後は載せるのを待つばかりですね。







d0156040_15382283.jpg


無事エンジンが載っかりました!
後はエンジン&MTオイルと冷却水を注入して、
エア抜きをしてやれば完了なんですが・・・

今回はその前に・・・







d0156040_15405831.jpg


ラジエターも交換しました!
もちろんラジエターホースも新品にしてあります。

NSXに限らず最近のクルマはラジエターの上下タンクが樹脂なんです。
古くなってくるとここにクラックが入ったり、
シールが破れたりして水漏れが起こることがあるんですよね。
新車から1度も替えていないNSXは要注意ですよ~!

今回はアルミ2層のラジエターに交換しました。
これで水漏れの心配もありませんね。








d0156040_15461670.jpg


ヒーターホースも交換しました!
これで水廻りのホースは全交換ですね。

NSXは腹下にもラジエターホースとヒーターホースが隠れているんですが、
こちらもちゃんと新品に交換してありますよ!
エンジンが後でラジエターが前っていうミッドシップならではの部品ですね。







d0156040_15492587.jpg


最後の仕上げにMTに進化剤を施工!
オーバーホールしたてのMTですから、シンクロやベアリングを保護しないとね!!



NSXのタイミングベルト交換は手間が掛かるため費用もかさみます。
一緒にやっておくメンテナンスもありますのでさらに・・・
でもこの定番メニューをやっておくことで、もう10万kmの安心感が生まれます。

メンテメニューのほうはタイベルと同時にやらないといけない物ではありませんが、
10万kmという距離を考えると実施する良いタイミングだと思います。
同時にやることで工賃の節約にもなりますしね。
(総額は膨らんじゃいますが・・・)
そう考えれば決して無駄な出費にはならないと思いますよ!


この度はお買上げありがとうございました。





















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-07-26 16:14 | NSX | Comments(0)

<< 進化剤施工!★アルファード★ヴ... NSX祭り!★タイベル交換&メ... >>