リジカラ装着!★RC4 オデッセイ・ハイブリッド★進化剤も!!

ただいま当店では 10月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!




本日のクルマは・・・







RC4 オデッセイ・ハイブリッド!







d0156040_10344141.jpg


オデッセイには今年ハイブリッドが追加されたんですね。
RC系のオデッセイへの装着は2台目になりますが、ハイブリッドは初ですね。
まあ、シャーシの構造は同じですけど・・・
同じRC系ですので半額キャンペーンの対象にはならず!残念!!(古っ!笑)








d0156040_10431264.jpg


フロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームではなく、四角形タイプを採用しています。
より剛性の高い構造ですので、2Lクラス以上のFF車で多いですね。
まあ、そのクラスだと車重もありますからね~。
FFタイプのサブフレームだと剛性が足りないんでしょうね。







d0156040_104755100.jpg


フロント用のリジカラです!
6種類で合計12ピースの豪華版です!!
やはりホンダ車はエコ贔屓されてますね~。(笑

両側突起タイプと片側突起タイプが、
各々3種類で6ピースずつの構成になっています。
片側突起タイプはリジカラ2が3個と、リジカラ6が1個という変わった構成です。
その理由は後ほど・・・







d0156040_1056016.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側は両側突起タイプを使い、
下側は片側突起タイプを使うオーソドックスな方式になっています。
両側突起タイプは上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマリます。







d0156040_10595566.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていくと、突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんです。

下側はガセットプレートが共締めになりますので、その前にパチリ!
リジカラがサブフレームの穴にハマった状態ですね。


ミスリルも施工していますよ~!
リジカラフェアの特典でサービスになっていますからね。

装着部周辺に塗ることで剛性が上がります。
するとリジカラの効果をさらに高めてくれるんです!!






d0156040_1155144.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
オマケでガセットプレートにも塗ってあります。








d0156040_1165613.jpg


続いて  部の図解です!

先ほどと同じオーソドックスな方式です。








d0156040_1175829.jpg


装着中の写真です!

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
下側のリジカラもサブフレームの穴にハマった状態になっています。







d0156040_1194883.jpg


続いて  部の図解です!

こちらも基本的には同じなのですが・・・
サブフレーム下側の穴径が左右で異なっているんです。
そのため下側に使うリジカラも左右違う物です。
ピース構成が3個と1個になっていたのはこのためなんですよね。






d0156040_11124142.jpg


装着中の写真です!

ここも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
ブログでは1ヶ所ずつご紹介していますが、
実際の作業では6ヶ所を同時にこの状態にする必要があります。
全部がこの状態になってからサブフレームを上げていくんです。
1ヶ所でもズレていると突起がツブれてしまう恐れがあるんですよね~。
この揃える作業に時間が掛かるんです。







d0156040_1118913.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもヌリヌリ!








d0156040_11233836.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

トーションビーム式アクスルなんですが、
いつもの見慣れたタイプとは構造が異なります。







d0156040_11253036.jpg


トーションビームがボディーに直接固定されていないんです!
ボディーにブラケットが固定されており、
トーションビームはそのブラケットに固定する構造です。

ブラケットをボディーに固定している部分にリジカラを装着しますので、
片側5ヶ所ずつの合計10ヶ所になっています。






d0156040_11303848.jpg


リア用のリジカラです!
3種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが2種類で8ピースと、
ザグリワッシャタイプが1種類で2ピースの構成です。






d0156040_1133459.jpg


まずは  部の図解です!

ブラケット上側のみに両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、下向きの突起がブラケットの穴にハマリます。







d0156040_11353788.jpg


装着中の写真です!

ここはボディー内側の1ヶ所です。
リジカラはボディーに貼り付いています。
フロントと同じ状態ですね。






d0156040_11372267.jpg


こちらはボディー外側の2ヶ所並んでいる部分です。
同じくリジカラはボディーに貼り付いていますね。







d0156040_1139593.jpg


続いて  部の図解です!

基本的には先ほどと同じですね。







d0156040_11402214.jpg


装着中の写真です!

ここもリジカラはボディーに貼り付いています。







d0156040_1141192.jpg


最後に  部の図解です!

ここはブラケットを横から固定しているポイントです。
ボルトのフランジ部根元にザグリワッシャタイプを使います。
センターを出す必要がないので、締結強度を上げるのが目的ですね。







d0156040_11445177.jpg


いきなり装着後の写真です!(笑

本締めもしてあるので、すでにボルトの頭にもミスリルを塗ってあります。






d0156040_11462714.jpg


その他のボルトも本締めしてミスリルをヌリヌリ!


アライメント調整をして完了です!!



で、最後の仕上げに・・・







d0156040_114828.jpg


エンジンに進化剤を施工しました!
ってリジカラとは関係ないんで最後の仕上げとは言えないんですが・・・(笑

でも、リジカラに興味がある人と、進化剤に興味がある人って妙にカブるんですよね。
まるで両方がリンクしているみたいにね。


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑





d0156040_11512989.jpg


ハイブリッド車は通常アイドリングしてくれませんので、
そのままでは進化剤が施工できないんです!
(以前のホンダのハイブリッド車はアイドリングしてたんですがね。)

そのため 「メンテナンスモード」 に切り替えて、
強制的にアイドリングをさせる必要があるんです。
これはプリウスとかでも同じですね。



で、ラストに・・・




d0156040_1155952.jpg


当店の夏の風物詩!エアコン進化剤!! 

涼しくなってきたとはいえ、まだまだエアコンは必要ですからね~。
進化剤を施工することでエアコンON時もスムーズに走れるんです!!



この度はお買上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-09-16 12:04 | リジカラ | Comments(0)

<< NSX祭り!★バンパービームを... 進化剤施工!★ステップワゴン★... >>