リジカラ装着!★ホンダ S660★ 3台目!!

いよいよ今夜はベイスターズの今期最終戦!
且つ、先日引退を表明したハマの番長の最終登板です!!

昨日までCSの本拠地開催のかかる2位争いをしていたんですが、
ベイスターズは筒香の2ランで先制しながら逆転負け。(涙
巨人は今期負け越している中日に2夜続けてのサヨナラ勝ち。
これでベイスターズの3位が確定しちゃいました。

まあ、これで2位争いの重要な試合じゃなくなったので、
番長は気軽に投げれるのかなとも思いますし・・・
24年連続勝利のプロ野球記録がかかってますからね~。
なんとしても有終の美を飾ってもらいたいです!

でも、昨日負けたことで今夜の試合に5割復帰がかかることになりました。
2001年に69勝67敗4分で3位になって以降、
昨年まで14年間も最終成績が5割以上になってないんですよね~。
特に昨年は貯金10以上で前半を折り返しながら
最後は最下位っていう史上初のことをやらかしましたからね~。(笑

まあ、番長に勝ち星付けて5割復帰で終るってことになれば万々歳!
気になるのは天候ですが・・・
横浜の18時以降の降水確率は30%のようです。
少々の雨なら強行するでしょうけどね。

あとは打線の援護で番長を楽に投げさせてほしいですね。
投手戦なんか望みませんから・・・(笑

桑原・梶谷・ロペス・筒香・宮崎・倉本・戸柱・・・
石川・下園・関根・荒波・白崎・ゴメス後藤・エリアン・ロマック、誰でもいいから打ってくれ!
案外、番長自身が打ったりして・・・(笑
けっこう打撃も良いんですよ!
なんせ24年連続安打のギネス記録保持者ですから。

皆さんがこの記事を読む頃には結果が出ているかもしれませんが・・・(笑






さて本日はリジカラのネタです!

ただいま当店では 10月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!


おかげさまでご注文・お問い合わせともに増えてきています。
10月末までにご注文いただければ、
取付けが11月以降になってもフェアの特典を適用いたします。





d0156040_14253264.jpg


取付け待ちもこんなカンジで・・・
ってことは早めに更新していかないとネタがドンドン溜まるってことに・・・(笑
早めにご紹介できるようがんばります。





本日のクルマは・・・




ホンダ S660!








d0156040_14292132.jpg


S660への装着はこれで3台目になりますね!
走り重視のクルマですから、オーナーさんの関心も高いんでしょうね。








d0156040_14305338.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

S660はミッドシップですのでフロントにはサブフレームがありません。
ロアアームはボディーに直接固定されているんです。
そのためリジカラの装着方法も通常とは異なっているんですよね。






d0156040_14334771.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類が2個ずつの合計6ピースになります。

両側突起タイプが1種類と片側突起タイプが2種類の構成です。
日頃エコ贔屓されがちなホンダ車としてはピース数が少なめですが、(笑
サブフレームが無いんで少ないんですよね。






d0156040_1437553.jpg


まずは  部の図解です!

ロアアーム前側の固定部分になります。
ボディーの穴径とアームを固定するボルトの径に差があるのでスキマが出来ています。
リジカラの突起がこのスキマにハマるようになります。

スキマが無くなることでボディー穴とボルトのセンターが揃うようになるので、
ブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。
リアのトーションビーム式アクスルと同じ原理ですね。







d0156040_1442235.jpg


ボルトの周りにスキマがあるのがわかりますかね~。
トーションビームに比べてもかなりスキマが大きいように思えます。
ボルトの下側にはブッシュのインナーカラー端面が丸見えですし・・・
(グレーっぽい部分です。)
まあ、その分リジカラの突起もゴツイですけどね。

矢印の部分はボルトのフランジが締まっていた接触痕です。
ボディーの穴と偏芯していたことが見てとれます。






d0156040_1445432.jpg


さらに今回は別の問題点も!
矢印部分で2枚の鉄板の奥側がズレているのがわかりますか?

ボディーは予め穴の開いたプレス鉄板を重ねて溶接しています。
この時に穴位置がズレた状態で溶接されてしまうことがあるんですよね~。
まあ、S660に限らずどのメーカーでもよくありますが・・・
いわゆる車輌の個体差ってヤツなんです。

これの何が問題かと言いますと・・・






d0156040_14501094.jpg


ズレた鉄板が邪魔をしてリジカラが奥まで入らないんです。
このまま無理やり締めこんじゃうとリジカラの突起がツブれてしまうんですよね~。

ズレている奥側の鉄板を切削してリジカラがハマるように加工が必要になります。
最近はこういった個体差による加工頻度が高いもんですから、
リジカラの装着作業にリューターが必需品になってきています。(笑







d0156040_14542331.jpg


加工を終えて無事リジカラが奥までハマリました!

今回もミスリル施工をしていますよ!!
フェアの特典でサービスになっていますからね~。
リジカラの効果を高めてくれる働きがあるんです。






d0156040_14564357.jpg


続いて  部の図解です!
ロアアーム後側の固定部分になります。

上側に両側突起タイプを、下側に片側突起タイプを使います。
両側突起タイプはボディーのガイド穴と、ブッシュのインナーカラーにハマリます。
これによりボディーとブッシュの位置を揃えてやります。
下側はインナーカラーにハマってボルトとのセンターを揃えます。
さらにブラケットに挟まれることで締結強度も上がるんです。







d0156040_1513518.jpg


インナーカラーが固定されていたボディーの接触痕です。
やはりボディーの穴とは偏芯していますね。
また固定されていた強さもけっこう偏りがあったようで、
塗装のハガレ具合がそれを物語っています。






d0156040_1584622.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはいつものようにボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっており、
下向きの突起の先端もインナーカラーに掛かった状態になっています。
このままアームを上げていけば、
突起のテーパーの沿って上がるので自然とセンターが揃うことになります。

下側のリジカラは突起がインナーカラーにハマっています。






d0156040_15174645.jpg


本締め後はいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
オマケで下側のブラケットにも塗ってありますが、
強度を考慮して全体に塗りました。
さらに固定ボルト前側4本と後側の2本の頭にも!

フロントの装着ポイントは4ヶ所ともブッシュの固定部分になります。
そのためリフトアップしたままの状態で本締めしてはいけません。
タイヤを付けてクルマを降し、前後させてブッシュを落ち着かせます。
再びリフトに入れてタイヤが接地したままの車重を掛けた状態で本締めします。

いつもトーションビームで言ってる 1G締め ってヤツです。
これをしないとブッシュにヨジレが出ちゃうんですよね~。
簡単なことなんですが、大事なポイントです!








d0156040_15273168.jpg


リア用のリジカラです!
4種類で合計14ピースもの豪華版!!
やはりホンダ車はエコ贔屓されていますね~。(笑

ここまでピース数が多いのにはワケがありまして・・・
当初は2種類8ピースの設定だったのですが、
発売直後に改良版に設定変更されたんです。






d0156040_1530367.jpg


まずはサブフレームの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分になります。

緑に色付けしている部分はコントロールアームブラケットになります。
こことサブフレームの間にもリジカラを装着します。
それでピース数が多くなっているんですよね~。
ここが改良版で追加されたポイントなんですが、後で別に説明しますね。









d0156040_1535644.jpg


まずは  部の図解です!

4ヶ所とも同じ方式になっています。
上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使う、
一番オーソドックスなパターンですね。






d0156040_1537862.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
下側のリジカラも突起がサブフレームにハマっています。
これもいつものパターンですね。







d0156040_15392645.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!







d0156040_1540208.jpg


続いてコントロールアームブラケットです!
全部で6ヶ所に装着するようになります。








d0156040_15414773.jpg


ブラケットの穴は装着ポイントで穴径が異なります。

 部は穴が大きめでスキマがありますが、 部はほとんどスキマがありません。
そのため異なるリジカラを使うようになります。







d0156040_15442671.jpg


まずは  部の図解です!

穴径が大きかったほうのポイントですので、
スキマを埋めるために両側突起タイプを使います。







d0156040_1546043.jpg


続いて  部の図解です!

スキマがほとんど無かったポイントですので、
突起の無いワッシャタイプのリジカラを使うようになります。
ワッシャタイプが挟み込まれることで密着度を上げる働きがあります。







d0156040_15491616.jpg


装着中の写真です!

 部は突起をブラケットにハメていますが、
密着する寸前でサブフレーム側にもハマっていることを確認する必要があります。
スペースが狭いんでけっこう苦労するんですよね~。

 部はワッシャタイプなんで、ただ挟むだけでOKです。(笑







d0156040_1554311.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

これでリジカラ装着作業の終了です。
最後にアライメント調整をして完了となります!!



この度はお買上げありがとうございました。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-09-29 16:25 | リジカラ | Comments(0)

<< またまたボールジョイントブーツ... ミスリル施工!★VWゴルフⅥ★... >>