リジカラ装着!★FD3S RX-7★

天気予報では「県南部でも積雪の恐れ」なんて言ってましたが、
ほとんどの方が「どうせ積もらんじゃろ~!?」って思ってましたよね?(笑

今朝、起きて外を見たら雪のカケラも無し!
それどころかクルマのウインドーの凍結すら無し!!
「あ~あ、やっぱりネ・・・」と思いながら家を出ました。

ところが灘崎に入ったあたりから、屋根やボンネットに雪を載せた対向車が・・・
倉敷に近づくにつれて段々道も白くなって、日陰の部分は完全に凍結していましたね~。
ただ、そんなにツルツル滑るってほどでも無かったんですが、
途中で事故ってるクルマを2台ほど目撃しました。
この程度の雪で事故るとむなしいでしょうね~。


で、開店前の駐車場は・・・





d0156040_1133532.jpg


こんなもんでした。
でもタイヤラックを表に出すときはツルツル滑ってビビリましたけど・・・

結局たいした雪じゃなく、寒いだけ!っていうのはタイヤ屋さんは嬉しくありません!(笑
外で作業するのがツライだけで、スタッドレスは売れませんから・・・
まあ、これがいつものことですからね~。




さて本日はリジカラのネタです!
やっと年末作業分ラストのご紹介になります。
まあ、リジカラ以外ではまだ残ってるネタがあるんですが・・・






FD3S RX-7!








d0156040_11405612.jpg



この型のRX-7への装着は当店では初となります!
てか、RX-7自体が初ですが・・・

と言うことで・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。







d0156040_11431522.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

FD3SはFR車ですのでエンジンは縦置きになってます。
縦置きエンジンの場合、基本はクロスメンバータイプになるんですが、
このクルマはそれにFFタイプの後方部を組み合わせたようなサブフレームになってます。
強度はかなり高そうですね~。







d0156040_136017.jpg


片側の装着ポイントのアップ写真です!
先ほどの写真では写ってなかったボルトがありましたので・・・

 部がクロスメンバーの固定部分になります。
ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造ですね。

 部が後方サブフレームの固定部分です。
こちらは通常のボルトですね。






d0156040_15151355.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類で合計6ピースになります。

両側突起タイプが2ピースと片側突起タイプが4ピースの構成です。
片側突起タイプはスタッドボルト部分に使用しますので、
中割れの2分割タイプになっています。






d0156040_15182542.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側のみに片側突起タイプを使います。
ここはプレス鉄板を合わせただけの薄い構造ですので、突起も小さめです。
で、スタッドボルト方式なので2分割式になってます。





d0156040_1521214.jpg


装着中の写真です!

2分割タイプはサブフレームを上げていく過程で、
突起が穴からズレる場合があるので、密着寸前で確認しないといけません。
ところがこのクルマはサブフレーム上側が目視できないんですよね。

そんな場合は下から突起が穴にちゃんとハマっているかで確認します。
突起が穴の中に見えていればズレていないことになりますからね。



今回もミスリル施工をしていますよ!
装着部周辺に塗ることで強度がアップしますので、
リジカラ効果を高めてくれる働きがあるんです。
装着作業と同時施工の場合はお得なオプション価格でやってます。






d0156040_16124113.jpg


続いて  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマるようになります。
ここはサブフレームに厚みがあるので、突起も長いタイプになっています。







d0156040_16152522.jpg


装着中の写真です!

いつものようにリジカラがボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーにしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このまま上げれば突起のテーパーに沿って自然とセンターが揃います。







d0156040_16181533.jpg


本締め後はいつものようにボルトの頭&ナットにもミスリルをヌリヌリ!








d0156040_1619387.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
こちらも片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になりますが、
そのうちの1ヶ所はボルトが2本並んでいますので正確には8ヶ所ですね。






d0156040_16215346.jpg


ボルトがちゃんと写っていなかった  部のアップ写真です!
ここもボディーからスタッドボルトが出ている構造ですね。







d0156040_16232517.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが4ピースずつの構成です。
片側突起タイプはスタッドボルト部分に使うので、
中割れの2分割タイプになっています。







d0156040_16254994.jpg


まずは  部の図解です!

2本並んだボルト部に両側突起タイプを使います。
ここもプレス鉄板を合わせた薄い構造なので、突起が小さめですね。






d0156040_16273578.jpg


装着中の写真です!

ここもサブフレーム上側での目視確認ができませんでした。
そこで密着寸前の状態で穴側から確認します。
この状態でリジカラが上下方向には動いて、
横方向に動かなければOKということになります。






d0156040_16304165.jpg


本締め後はこちらもボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!







d0156040_16313624.jpg


続いて  部の図解です!

スタッドボルト構造なので2分割タイプを使います。
やはり薄いサブフレームなので突起が小さめになっています。






d0156040_16331752.jpg


ここもサブフレーム上側が目視確認できなかったので、穴側から突起を確認します。
ちょっとこの写真じゃわかりにくいですね~。







d0156040_16361019.jpg


こちらも本締め後にはナット&スタッドボルトにミスリルをヌリヌリ!


最後にアライメント調整をして完了です!



装着後、オーナーさんは九州まで帰省されたそうですが、
高速での安定感が向上しており、運転がすごくラクだったそうです。
リジカラ効果を体感いただけたようで良かったです。

この度はお買上げありがとうございました。






















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-01-15 16:45 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★アコード・ユーロ... LEDヘッドライト装着!★JZ... >>