リジカラ装着!★ND5RC ロードスター★

昨夜はフィギュアの男子SPでした。
羽生くんはコンビネーションジャンプの失敗が響いて5位でした。
成功させていれば10点くらいは上乗せされるのでトップ争いだったでしょうね。

しょ~まは快心の出来で自己ベスト更新!
ついに100点を超えてきました。
羽生くんに次ぐ歴代2位の高得点でした。
まあ、数分後にはハビちゃんマンに塗りかえられちゃったけど・・・(笑
それでも歴代3位ですから立派なもんです。

で、ハビちゃんマンも快心の出来でした。
終った瞬間、しょ~まが抜かれるのが予想できたほど。
それぐらいパーフェクトな出来でしたし、とても質の高い内容だったと思います。
ただ、109点は出しすぎのような・・・?

Pチャンも自己ベスト更新で100点オーバー!
やっぱ3アクセルで躓かなければ点数が出ますね~。
基礎点は上位6人の中で一番低いんだけど、GOEとPCSで稼いでますね。
まあ、ハビちゃんマンもそれが高いんだけどね。

アメリカのネイサンくんは3アクセルの転倒で6位。
彼もアクセルジャンプが苦手みたいですね。
FSでは3アクセルを1本に減らして、4回転を1本増やす構成に変えてくるらしい。

中国のボーヤンくんも自己ベストを更新するも100点には届かず・・・
彼の場合はPCSの評価が低いですからね~。
基礎点はネイサンくんに次ぐ2番手なんだけどね。

さあ、勝負はFSです。
表彰台争いはほぼこの6人に絞られたと思います。
6人中FSの自己ベストが200点を超えているのが4人。
しょ~まとボーヤンくんの2人が200点に届いていません。
でもノーミスで決めれば可能性はありますからね。

羽生くんは今ごろメラメラと燃えているんでしょうね~。(笑
こういう時ってけっこう神演技しちゃいますから・・・
でも昨夜のハビちゃんマンの出来を見たら、逆転するにはかなりの高得点を出さないと!
1日空くのでそれがどう影響するかですね。

今夜はいよいよ女子のFSです!
泣いても笑っても五輪の出場枠が決まってしまいます。
日本勢3人には自分の演技に集中して欲しいです。
枠獲りのことなんて気にしなくていいから!

放送は深夜なんでLIVEでは応援できませんが・・・(笑



さて、本日はリジカラのネタです!
ただいま当店では、

4月末まで春のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。



本日のクルマは・・・





ND5RC ロードスター!






d0156040_13125639.jpg


この型のロードスターへの装着は当店では初となります!

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。

リジカラフェアでアライメント調整が特価になっていますが、
半額のほうが安いので対象車輌はこちらを適用させていただいています。






d0156040_13191114.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

FR車ですのでエンジンは縦置きになります。
この場合はサブフレームがクロスメンバータイプになるんですが、
ロードスターはロアアーム固定部分をプラスしたコの字形状になっていますね。





d0156040_13232795.jpg


いつもの横からビューでは無く、真下からビューです!(笑

 部がクロスメンバー部分を固定しているポイントになります。

 部はロアアーム固定用の縦方向部分の後端ですね。





d0156040_1327092.jpg


ハイ! いつものクリップ&ボルト類です!!
なんせマツダ車ですから・・・(笑

ロードスターはアンダカバー以外にも外す部品が多くて、
実際のリジカラ作業に取掛かる前準備で1時間ぐらいは掛かったかな?





d0156040_13294630.jpg


フロント用のリジカラです。
3種類で合計12ピースの豪華版です。
ホンダ車じゃないのにエコ贔屓されてる?(笑

両側突起タイプが2種類で6ピースと、
片側突起タイプが1種類で6ピースの構成になっています。

両側突起タイプの1種類は中割りの2分割タイプですね。
このタイプを使うということは・・・





d0156040_13331986.jpg


 部の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造なんです。
スタッドを外さなくてもいいように、上側に使うリジカラは2分割タイプなんですよね。
下側はサブフレームの穴にのみハマる片側突起タイプです。





d0156040_13372416.jpg


装着中の写真です!
こちらはサブフレーム上側ですね。

スタッドボルトは動きませんのでサブフレームに突起をハメて上げればOKなんですが、
2分割タイプはその過程でズレることがあるんです。
そのため密着寸前で一旦止めて確認する必要があります。
スペースが狭いですからけっこう苦労するんですよね~。
場所によっては見えにくかったりして・・・


今回もミスリル施工をやってますよ~!
フェアの特典でサービスになってますからね。
装着部周辺に塗ることで強度がアップしますので、
リジカラ効果を高めてくれる働きがあるんですよね~!!






d0156040_13411167.jpg


こちらは下側の写真です!
突起がサブフレームの穴にハマった状態ですね。






d0156040_13421069.jpg


続いて  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使いますが、
ボディー側が大きい突起でサブフレーム側が小さい突起になります。
これはけっこう珍しいパターンですね~。
過去に輸入車ではあったような・・・?
下側はサブフレームの穴にハマる片側突起タイプです。





d0156040_13472788.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラは突起がどちらも小さめでしたので、
やはり密着寸前で上下の穴に突起がハマっているのを確認する必要があります。
リジカラの突起の寸法よりも狭いスペースにしておいて、
上下に動く状態になっていればOKっていうことになります。

この時スペースが広すぎると突起が穴から外れてしまいますので、
マジで狭いスペースでの作業が要求されるんですよね~。
でもその確認を怠ると突起がツブれてしまうことがありますので、
手を抜くことのできないポイントなんです。







d0156040_13552337.jpg


本締め後はボルトの頭&ナットにもミスリルをヌリヌリ!
このクルマでは共締めではありませんでしたが、
オマケでガセットプレートにも塗っておきました。





d0156040_15391620.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

リアのサブフレームはフロント用に比べて形状が複雑なので、
装着ポイントが奥まっていたりして写真ではわかりにくいですね~。






d0156040_15484289.jpg


そこで今度こそ横からビューです!(笑

ねっ、けっこう複雑な形状でしょ?
足廻りがダブルウィッシュボーンなんでアームの本数が多いですから、
それを固定するサブフレームはどうしても複雑な形状になっちゃうんですよね~。






d0156040_1553472.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が6個ずつの12ピースと、こちらも豪華版!!(笑

片側突起タイプが6ピースずつ2種類の構成ですが、
1種類は中割りの2分割タイプになっています。





d0156040_15561338.jpg


リアの図解です!
6ヶ所とも同じ構造になっています。

ここもボディーからスタッドボルトが出ている構造ですので、
上側のリジカラは2分割タイプを使うようになります。
突起はサブフレームの穴にのみハマります。
下側も片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。






d0156040_15591671.jpg


 部の装着中の写真です!

ここはカメラを入れるスペースが無くて上側の写真が撮れませんでした。
下側のリジカラは突起がハマった状態ですね。





d0156040_1613216.jpg


続いて  部の写真です!

上側のリジカラは片側突起でしたのでサブフレームにハメ込んでおけばOKなんですが、
やはり密着寸前でズレの確認が必要になります。
このポイントはけっこう奥まったところにあるもんですから、
工具を入れるスペースが少ないので苦労しました。

この狭さですから当然ながら指で直接は触れません。
そこでドライバー等を使ってズレていないかを確認するわけですが、
ここは手前側からしかドライバーが入らなかったんですよね~。





d0156040_1663544.jpg


続いて  部の写真です!

ここは上下同時に写真が撮れなかったので、まずは上側から・・・
やはりここも密着寸前での確認作業です。
ズレたまま締めちゃうと突起がツブれてしまいますからね。





d0156040_1691510.jpg


続いて下側の写真です!

片側突起がサブフレームにハマった状態です。






d0156040_16101276.jpg


本締め後はやはりスタッドボルト&ナットにミスリルをヌリヌリ。
最後にアライメント調整をして完了です!


装着後のオーナーさんのインプレッションでは・・・

まず、幌のキシミ音が小さくなったそうです。
「キシッ、キシッ」という音だったのが、「キッ、キッ」ぐらいになったとか。
段差での衝撃もマイルドで乗り心地が良くなって、
路面に吸い付いて走ってるようなフィーリングになったそうです。



効果を体感いただけたようですね。

この度はお買上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-03-31 16:24 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ランエボX★エク... ミスリル施工!★三菱 アイ★定... >>