リジカラ装着!★200系ハイエース 4WD★

本日はリジカラのネタです!
ただいま当店では、

4月末まで春のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。



本日のクルマは・・・




KDH206V ハイエース4WD!







d0156040_18121333.jpg


200系ハイエースの4WDは2台目の装着となりますね。
FR車を合わせると3台目の装着です。





d0156040_18144495.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側5ヶ所ずつの合計10ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

ハイエースは基本がFRなのでエンジンが縦置きになります。
そのためクロスメンバータイプのサブフレームです。
前後に2本のクロスメンバーがあって、ロアアームが固定されている構造です。






d0156040_18232899.jpg


まずは前側のクロスメンバーから・・・
片側2ヶ所ずつで合計4ヶ所の固定となっています。

基本的な構造は同じなんですが、助手席側の前側だけが方式が異なります。
ここが  部となります。

何が違うのかと言いますと・・・





d0156040_18263791.jpg


 部に使われているボルトは根元が太くなっているんです。
つまりスキマを無くすように工夫されているということです。

ただ、これは年式によって違ってくるようで、4本とも細いボルトの車輌も存在します。
生産年数の長いクルマですので、トヨタさんも改良しているんですね。





d0156040_18302265.jpg


前側クロスメンバー用のリジカラです!
3種類で合計9ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが、各々1種類で4ピースずつと、
ワッシャタイプが1ピースの構成です。
ただし、先ほどのボルトのサイズに合わせて、
リジカラ2 の1ピースと リジカラ4 は選択使用になりますので、
実際に装着するのは8ピースということになります。





d0156040_18385014.jpg


 部の図解です!
今回の車輌では3ヶ所がこのタイプになります。

クロスメンバー上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う一番オーソドックスなパターンですね。
ただ、突起は全体的に短めですが・・・

ボルトが太くない年式の車輌は4ヶ所ともこの構造になります。





d0156040_18411911.jpg


続いて  部の図解です!
今回は1ヶ所がこの方式ですね。

先ほどと同じく上側には両側突起タイプを使います。
下側はボルトが太くなっておりスキマがありませんので、
ワッシャタイプを使うようになっています。




d0156040_18435721.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もクロスメンバーの穴に掛かっています。
このまま上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うようになるんです。

とはいえ上下ともに突起が短かったので、狭いスペースでの作業が要求されます。
スペースの広い状態だと突起が穴から外れちゃうんです。
もっと長めにしてもらえると作業者としてはありがたいんですが・・・


今回もミスリル施工をやってますよ~!
フェアの特典でサービスになってますからね!!
装着部周辺に塗ることで強度がアップしますので、
リジカラ効果を高めてくれる働きがあるんです。





d0156040_18525591.jpg


続いては後側のクロスメンバーです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所に装着します。

真ん中の装着ポイントはボックス形状の奥のほうにあるので、ボルトが写っていませんね。





d0156040_18552736.jpg


後側用のリジカラです!
2種類が6個ずつの合計12ピースになります。

両側突起タイプとワッシャタイプが各々6ピースずつの構成です。
先ほどの前側と両側突起タイプは共通の物ですね。





d0156040_18574822.jpg


 部の図解です!

ここはプレスした鉄板を貼り合せただけの薄い構造なんです。
そのため突起は上側のリジカラだけになるんです。
突起が短い理由もコレなんですよね~。
なんせ突起が長いと飛び出しちゃいますから・・・

前側は厚みがあるので長めの突起でも問題ないんだけどな~。
まあ、共通にすることでコストを抑えているんでしょうから、
あまりワガママも言えませんけどね。(笑






d0156040_1923255.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
先ほどと同じ状態ですね。
やはり狭いスペースでの作業が要求されますが・・・(笑





d0156040_1942721.jpg


違う角度からの写真です!

上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっています。
下向きの突起の先端もクロスメンバーの穴に掛かった状態ですね。





d0156040_196502.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。

最後にアライメント調整をして完了です。


このお客さんはウチの元スタッフだったハルちゃんのお友達なんです。
で、ハルちゃんが聞いたインプレッションでは、
「こんなに変わるとは思わなんだ!」
ってビックリしてたとのことでした。
効果を体感いただけたようですね。


この度はお買上げありがとうございました。

















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-04-06 19:17 | リジカラ | Comments(0)

<< アールズ強化エンジンマウント交... 進化剤施工!★ランエボX★エク... >>