アールズ強化エンジンマウント交換!★ZC32S スイフトスポーツ★

桜が見ごろになってきましたね~。
今日は生憎のお天気ですが、明日は晴れそうなんでお花見にはバッチリ!?

私の通勤路である農免道の桜並木は満開ちょっと手前ぐらいです。
他と比べると例年やや遅めなのかなと思います。
先日の水曜日はまだ五分咲きくらいでした。
近所の公園はほぼ満開ぐらいになっていたのにね。
それでもここ数日が暖かかったので一気に花開いたカンジです。

開花が遅くてじらされたのに、一気に満開になっちゃって、
ほんで、すぐに散り始めちゃうのかな~。
もう少し長めに楽しませてもらいたいですよね。
まあ、桜吹雪の中をクルマで走るのも気持ち良いんですが・・・(笑




さて本日はエンジンマウント交換のご紹介です。

クルマは・・・





ZC32S スイフトスポーツ!





d0156040_1035714.jpg


以前にリジカラやら進化剤やら他作業やらでご紹介したことのあるクルマです。

今回装着するのが・・・

アールズ強化マウント リア+レフトセット! 

スイフトスポーツには3ヶ所のマウントがあるんですが、
これを3ヶ所とも強化マウントにすると振動が激しいらしいんです。
で、右側1ヶ所は純正の新品にして、残り2ヶ所を強化マウントに交換します。

そういった需要はアールズさんもご存知のようで・・・
各単品と3ヶ所セットの設定に加えて、この2ヶ所セットの設定があるんですよね。
街乗り用スイフトスポーツでは定番メニューなんですかね?






d0156040_1048653.jpg


まずはリア側のマウントです!
すでに交換した後の写真ですけど・・・(笑

ここはサブフレームに固定されているマウントです。
エンジンルームの奥側、バルクヘッドの下側あたりですね。






d0156040_10503363.jpg


いつもの比較写真です。
左側が新品の強化マウントになります。

真ん中のインナーカラーの穴にボルトが通ってエンジンを固定します。
つまりこのカラーにエンジンの荷重が掛かっているということです。
そのため取り外したマウントはゴムがヘタって下側にズレていますね。
まだゴム自体にクラックなどはありませんでしたが・・・





d0156040_10544957.jpg


続いてレフト側です!
こちらもすでに交換後の写真ですが・・・

ここはいわゆるミッションマウントになります。
エンジンルーム助手席側のバッテリーの下側あたりに付いています。





d0156040_1057935.jpg


こちらも比較写真です!
同じく左側が強化マウントです。

マウントの形状の関係で、引っくり返した状態でしか写真が撮れなかったので、
写真の上下を反転させています。
やはり取り外したマウントはゴムがヘタってカラーの位置が下がってます。






d0156040_1103816.jpg


最後にライト側です!
ここはまず比較写真から・・・

エンジンルーム運転席側のマウントですね。
左側が純正マウントの新品です。

緑色の矢印部分のステーにエンジンが固定されています。
そのステーがマウント下側に接続される構造です。
つまりマウントの下側部分からエンジンの荷重で引っ張られるわけです。
そのため取り外したマウントには黄色矢印部にスキマが出来ていますね。
上部のオワン型の部分も頂点がへこんでいます。

この形状からすると液封構造のマウントでしょうね。
ゴムのマウント内部に空洞があって、そこに液体が封入されているんです。
でその液体を上室と下室に分割して間にオリフィスを設けます。
オリフィスを通って液体が上下することでエンジンの振動を吸収するわけです。
ある意味ではショックと同じような構造ですね。

ゴムだけのマウントよりも振動の吸収には効果的なんだそうで、
最近では採用しているクルマが多いですね。
ただ外部のゴムにクラックが入ると、液体が漏れ出すこともありますが・・・





d0156040_11241279.jpg


装着後の写真です!

新品のマウントでもエンジンの荷重が掛かるとオワン部がへこんでいますね。
ここは液体を封入している上室になりますので、
内部の液体が下室に移動するのでへこんでしまうわけです。
それだけ下側に引っ張られているということです。

液体はヘタることはありませんが、外周のゴムは段々とヘタってきます。
ゴムがヘタってくると下室の容積が大きくなってしまいますから、
上室から液体が移動したままの状態になるので、
荷重が掛からなくてもオワン部がへこんでしまうということです。




今回はマウント以外のパーツも装着しました。



d0156040_11341431.jpg


アールズ トーションビームスタビライザー! 

アンダーステアを減らしてコーナリング性能を向上させるパーツです。
乗り心地も犠牲にせず、安定性もアップさせるようです。

基本はボルトオンですが、装着している車高調によっては加工が必要とのことでしたが・・・
スプリング下側のゴムシートは若干の加工が必要でした。
このシートって純正品のように思えるんですが・・・?
ってことは純正スプリングでも加工が必要なんじゃないんですかね??(笑


この度はお買上げありがとうございました。
















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-04-08 12:45 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

<< ★浅田真央 引退!★とうとうこ... リジカラ装着!★200系ハイエ... >>