リジカラ装着!★ZC32S スイフトスポーツ★

本日はリジカラのネタです!
ネタが溜まっていると言いながら中々更新できない今日この頃・・・
その間にさらに溜まってくるという悪循環。(笑

先日も常連のお客さんに、
「リジカラのネタが溜まっているみたいで、がんばってくださいね。」
と声を掛けていただきました。
ありがとうございます、がんばります!!(笑



さて、本日のクルマは・・・




ZC32S スイフトスポーツ!





d0156040_11966.jpg


この型のスイフトスポーツへの装着は、リアのみまで含めると6台目になります。
前型も合計したら8台目です。
プリウスほどではありませんが、けっこうな台数ですね。
まあ、スポーティーなクルマなので当然なのかもしれませんが・・・




で、このお客さんは・・・



d0156040_11123620.jpg


姫路 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。
本当にリジカラは県外からの方が多いですね~。
わざわざご来店いただけるのはありがたいことです。





d0156040_11145021.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
このクラスのクルマでは国際的なスタンダードになっています。




d0156040_1117089.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_11182226.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが2種類・2ピースずつの4ピースと、
ザグリワッシャタイプが1種類で4ピースの構成になっています。




d0156040_11205997.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴に突起がハマリます。
下側には突起の無いザグリワッシャタイプを使います。




d0156040_11244243.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がるので自然とセンターが揃います。


今回もミスリル施工をやってますよ!
フェアの特典でサービスでしたからね。
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!





d0156040_11292687.jpg


続いて  部の図解です!

突起の寸法が若干異なりますが、方式は先ほどと同じですね。




d0156040_1131838.jpg


装着中の写真です!

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
こちらも先ほどと同じ状態ですね。
ただし4ヶ所を同時にこの状態にする必要があるんです。
サブフレームにシナリ等がある場合はけっこう時間が掛かります。




d0156040_11333487.jpg


下側のリジカラも装着したらボルトを規定トルクで本締めします。

ここはガセットプレートが固定されるポイントなんですが、
通常とは固定方法が異なります。
一般的にはサブフレーム固定ボルトで共締めすることが多いんです。
ZC32Sはボルトの頭からもボルトが出ており、
これがスタッドボルトとなりプレートを固定する方式なんですよね。






d0156040_11342829.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ガセットプレートにもオマケで塗ってあります。
これもいつものパターンですね。







d0156040_11391812.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。





d0156040_11413223.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています!

緑色の矢印部分に見える白っぽいのはブッシュのインナーカラー端面です。
つまりスキマから奥が見えているってことですね。
黄色矢印部はボルトが締まっていた接触痕になります。
ボディー穴とは偏芯していたのがわかりますね。
それだけズレて締まっていたというわけです。





d0156040_1146011.jpg


リア用のリジカラです!

センターの突起が先ほどのスキマにハマリ込みます。
本体部分は最近主流の2段タイプになります。
大きめのワッシャが付いている車種のために外周を大きくしてあるんですよね。
数車種でリジカラを共用するために、この構造になっているんです。





d0156040_11543173.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締付けトルクがしっかりと掛かり、
締結強度がアップするんですよね。





d0156040_115881.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をしていますよ!
リフトアップした状態で本締めすると、ブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。
タイヤを接地させて、車重を掛けた状態で本締めしないといけないんです。
簡単なことですが大事なポイントなんです!


最後にアライメント調整をして完了です!!


この度はお買上げありがとうございました。



d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-05-25 12:05 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★S2000★ステ... 進化剤施工!★カリーナ★セリカ... >>