リジカラ装着!★V83W パジェロ★

1週間前の梅雨入りした日は1日中雨でしたが、
それ以降全然降りませんね~。
天気予報では当分降りそうにないみたいです。
こりゃあ、今年も空梅雨なのか?
まあ、毎日毎日雨が続くのも鬱陶しいですが・・・



さて本日はリジカラのネタです!
ネタがたっぷり溜まってるんで・・・ えっ?聞き飽きた??(笑


本日のクルマは・・・




V83W パジェロ!







d0156040_16231461.jpg


パジェロへの装着は当店では初となります!

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。





d0156040_16242436.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

縦置きエンジンですのでクロスメンバータイプに、
立体的なコの字型を組み合わせたようなサブフレームになってます。
けっこう複雑な形状なので装着ポイントが全く写ってませんね。
じつは横からビューでも確認しにくかったんです。


そこで・・・




d0156040_16274762.jpg


フロントサブフレームの図解です!
これなら少しはわかりやすいですかね?

けっこう複雑な形状ですよね~。
まあ、車重もありますし、エンジンも思いですし、
オフロードの走行も考慮するとこれぐらいの頑丈さが必要なんでしょうね。

固定方法はボディーからスタッドボルトが出ているタイプです。





d0156040_16325974.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

片側突起タイプが4ピースずつ2種類の構成ですね。
1種類は中割りの2分割タイプになっています。
ボディーからスタッドボルトが出ている構造ですから、
スタッドボルトを抜かないで装着出来るようにしてあるんです。





d0156040_163648.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

サブフレーム上側のリジカラはボディーのガイド穴に突起がハマリ、
下側のリジカラの突起がサブフレームの穴にハマリます。
ここはプレスした鉄板を貼り合せた薄い構造になっていますから、
上下から突起をハメることは出来ませんので・・・





d0156040_1639368.jpg


まずは  部上側の写真です!

上向きの突起のみでしたので、ボディーに貼り付けています。


今回もミスリル施工をしてますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!





d0156040_16424341.jpg


続いて下側の写真です!

こちらも上向きの突起がサブフレームの穴にハマった状態です。





d0156040_16435047.jpg


 部上側の写真です!

先ほどと同じ状態になっています。





d0156040_16445945.jpg


続いて下側の写真です!
こちらも先ほどと同じ状態ですね。

4ヶ所が同時にこの状態になったら、ナットを掛けて締めこんでいきます。
上下ともに突起がハマっていますので、
すでにボディー・ボルト・サブフレームのセンターは揃った状態ですね。





d0156040_16541326.jpg


本締め後はナット&スタッドボルトにもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。





d0156040_1655215.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分に装着するんですが、
こちらも複雑な形状なのでわかりにくいですね~。





d0156040_16572768.jpg


 部はスプリングの受け皿の部分になります。
スプリングのスキマからかすかにナットが見えていますが・・・





d0156040_1659169.jpg


リアもサブフレームの図解が登場!(笑

こちらも複雑な形状ですね~。
まあ、このクルマに限らずリアは複雑な形状の場合が多いんですけどね。

こちらもボディーからスタッドボルトが出ている構造になります。




d0156040_172236.jpg


リア用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプとザグリワッシャタイプが各々1種類2ピースずつと、
片側突起タイプが2種類で2ピースずつの4ピースの構成です。
両側突起タイプと片側突起タイプの1種類は2分割タイプになっています。
スタッドボルト方式ですからね。





d0156040_1753324.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

ここもプレスした鉄板を貼り合せた薄い構造です。
そのため上から突起がハマっていますので、
下側は突起の無いザグリワッシャタイプになります。




d0156040_17102549.jpg


装着中の写真です!

上側はカメラが入るスペースが無かったので、下から覗く方法で・・・(笑
サブフレームの穴に突起がハマっているのがわかりますね。
薄い構造ならではの確認方法なんです。





d0156040_1714524.jpg


続いて下側の写真です!

ザグリワッシャタイプでしたのでボルトにハメてナットを掛けるだけです。






d0156040_17154625.jpg


続いて B 部の図解です!

こちらはフロントと同じ方式になっています。
やはり薄い構造ですね。





d0156040_17182755.jpg


まずは上側の写真です!
やはりボディーに貼り付いています。
フロントと同じ状態ですね。





d0156040_17192899.jpg


下側の写真です!
上向きの突起がサブフレームの穴にハマった状態ですね。

今回スプリングを外して作業をしました。
さすがは4X4って言うぐらいスプリングが長かったものですから、
そのままだとちゃんとハメることが困難かな?と思いましたので・・・
まあ、外したほうが確認もバッチリ出来ますからね。
急がば回れ!ってヤツですか?(笑





d0156040_17231098.jpg


本締め後はナット&スタッドボルトにもミスリルをヌリヌリ!

スプリングを元に戻したら、アライメント調整をして完了です。


この度はお買上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-13 17:30 | リジカラ | Comments(0)

<< ミスリル施工!★フィット★アル... 進化剤施工!★オーリス★サンバ... >>