水漏れ修理でラジエター交換!★S2000★ サーモやホースも!!

セリーグのCS争いもいよいよ佳境に入ってきました。
本拠地がドーム球場ではないベイスターズは雨天順延の試合が多いので、
例年この時期はそのツケが回ってきて連戦が多かったんです。
ところが先週なんと4日間も試合が無かったんですよね~。
これがいい休養となったのか・・・?

休養明けはなんと3連勝!休養前も合わせて4連勝!!
昨日・一昨日は苦手の阪神に連続完封勝ち!!!(1試合はリレーでしたが)
明日からはハマスタでの阪神との3連戦です。
この勢いで阪神戦5連勝といきたいところですが、そう甘くはないか・・・?
なんせ阪神に3.5ゲーム差なんで2位も不可能じゃないですからね。
巨人も1.5ゲーム差でピッタリ着いているから、なんとしても勝たないと!

CS争いとは別に、あと1勝すれば10年ぶりの70勝到達と、
16年ぶりのシーズン勝ち越しが決まります。
昨年は3位でCSには出場したものの、5割には届かなかったんです。
まあ、最終戦で5割よりも番長の引退試合を優先したからなんですが・・・
2002年から続いていた5割未達を終らせるのはほぼ確実。
あとは2位でのCS進出といきましょうか!!




さて本日は水漏れ修理でのラジエター交換のご紹介です。
進化剤・リジカラ以外の作業ネタがたっぷり溜まってますんで・・・

クルマは・・・




S2000!






d0156040_139342.jpg


初来店のお客さんなんですが、電話で問い合わせがありまして・・・
「冷却水が漏れてるようなんですが修理は出来ますか?」とのことだったんです。
とりあえず現車を確認しないと原因もわからないので、
積載車で運ばれての入庫となりました。



現状ラジエターの中は空っぽとのことだったので水を補充したところ・・・





d0156040_13141366.jpg


ラジエターが ションベン小僧 になってます!(笑

写真はわかりやすいように電動ファンを外した状態です。
当初はファンに当っていて外には噴出していなかったのでわからなかったんですよね。
水を入れるとラジエターコアの下側に溜まってくるので、
ラジエター自体に間違いはないと思ったんですが、場所の特定ができてませんでした。
調べやすいようにとファンを外したらこの状態で・・・(笑

場所の特定ができたので、とりあえずラジエターを外します。




d0156040_13214256.jpg


ラジエターコアに何かが当ったような痕跡があります。
チューブが折れ曲がって穴が開いちゃってるんですね。
フィンもツブれてますね~。

でもこちらの面はファンが付いていたんだからエンジンルーム側になります。
そうすると走行中に物が飛んできて当るなんて普通はありえません。
何でこうなったんでしょう?

オーナーさんにお話しを伺ったところ、
某所を走行中にスピンしちゃったんだとか・・・
なるほど、それで石コロか何かを巻き上げちゃって、
ファンとの間に挟まって傷が付いちゃったんでしょうね。
でもファンシュラウドの中に異物は残っていなかったので、
ファンではじき飛ばしたんでしょうかね?

ラジエター屋さんでコア交換をしてもらえば修理は可能なんですが・・・
どうせならということでグレードアップすることにしました。




d0156040_14472894.jpg


GReddy ラジエター TWR! 

2層ワイドチューブを採用することで、3層構造並みの容量を確保した、
オールアルミ製のスポーツラジエターです。
純正比2倍以上の冷却水容量になるんだとか・・・

で、このラジエターってけっこうお求め安い価格なんですよね。

S2000用で ¥35、800 (税別)なんです!
2層のオールアルミでこの価格は安いと思いますよ!!
ただ、設定車種がちょっと少なめなのが残念なところです。(笑




d0156040_14572517.jpg


ファンのほうにも異物を噛み込んだ痕跡が残っていましたので、
念のためファンとモーターを新品に交換しました。





d0156040_15282680.jpg


ファンをラジエターに装着します!
もちろんエアコンファンもね。




d0156040_15292885.jpg


ビリオン スーパーソリッドクラントライン! 

アッパー&ロアのラジエターホースも交換しました。
シリコンを配合した特殊なゴム製になっており、
耐圧性能と耐久性を向上させたホースなんですよね。

それにしてもS2000のラジエターホースは長い!!
ラジエター搭載位置とエンジンが離れているというのもありますが、
エンジンへの接続部も一番後ろのほうにあるんですよね。
そのためホースがこんなに長くなっちゃうんです。
縦置きエンジンのクルマでもかなり長い部類になるんじゃないかな?




d0156040_15411047.jpg


ローテンプサーモとファンスイッチも交換しました。
こちらは 無限 の商品です。

サーモは開き始めの温度が純正より10℃低い68℃。
ファンスイッチの作動温度は純正の93℃に対して80℃。
やはりハードな走行には早めの冷却が重要ですからね。

大容量ラジエターとの相乗効果でヒエヒエになること間違いなし!(笑





d0156040_15474432.jpg


ファンスイッチはラジエターのロアタンクに装着します。





d0156040_15483455.jpg


ラジエター本体をクルマに装着し、
ホースや外しておいた配線コネクター等を接続します。



d0156040_15502050.jpg


エアクリーナーを元に戻して、冷却水のエア抜きをしたら完了です!

サーキット走行などハードな走行をする場合には、
水温管理は重要になってきます。
純正の水廻りだと水温が上昇してしまい、
熱ダレが起きたり最悪オーバーヒートの可能性も・・・
それにすぐ水温が上がってたら全開時間が短くて楽しめませんからね。

今回のように修理の時にグレードアップするのもアリだと思いますよ。
これで安心して走れますからね。
冷却系以外のグレードアップでもお気軽にご相談ください。


この度はお買上げありがとうございました。





d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-09-26 16:03 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

<< リジカラ装着!★CR-Z★ 3... Happy Birthday ... >>