カテゴリ:旧車&プチ旧車( 24 )

18インチホイール装着!★HR31スカイライン★エイムゲインGⅡM!!

ここのところ手の掛かる作業があって全然更新出来てませんでした。
今までほとんどやったことの無い種類の作業で、
悪戦苦闘しています。(現在進行形)
その作業もまたご紹介したいと思います。

その間にベイスターズはCS進出を決めました!
やや巨人の自滅に助けられた面もありましたが・・・(笑
それでもシーズン勝ち越しと73勝も達成!!

ファーストステージは苦手としている阪神とです。
でも敵地である甲子園はけっこう相性が良いんですよね。
東京ドームで巨人を破った去年の再現を望んでます。


さて本日は18インチホイールの装着ネタです。
インチアップホイールの装着なんてさほど珍しい作業じゃないんで、
あまりブログでご紹介することも無かったのですが・・・

今回は装着したクルマが珍しい!(笑





HR31スカイライン!






d0156040_931204.jpg


往年の名車ですね!
R31系は歴代のスカイラインで販売台数が一番多かったんだとか。
大人気だったR32系より多かったっていうのは以外でした。

けっこうな年式ですがクルマはピカピカです!
オーナーさんの愛着が感じられますよね。

じつは現在も18インチホイールを装着しているんです。
なのに何故ホイールを替えるのか?
このホイールはすでに生産中止になっちゃってるんですよね。
なのでガリキズとかをやっちゃった場合でも交換は不可能なんです。
そのあたりがどうもオーナーさんは気に入らないらしい・・・
まあ、気分的なリフレッシュって面が大きいようですが。(笑

このクルマは以前に5穴に変更しているんです。

http://www.auto-r.com/sagyou/nissan/hr31-5h/hr31-5h.html

元々はPCD114.3の4穴だったんです。
ところが現在ではPCD114は5穴が主流になっており、
4穴はPCD100が主流になっています。
この傾向は10年以上前からでして、4穴114っていうのはほぼ絶滅状態。
最後に採用していたのがコルトVerRかな?

そうなるとホイールメーカーも4穴114のホイールを作らなくなります。
つまりホイールの選択肢がどんどん減っちゃうってことなんです。
オーナーさんは以前にこの選択肢減少に悩まされた経験があるんです。
そこで選択肢を増やすために5穴に変更したんですよね。


今回装着したホイールは・・・




d0156040_9594185.jpg


エイムゲインGⅡM! 

同じメッシュデザインなんで、あんまり変わった感はありませんが・・・(笑
けっこうお値段の張るホイールですが人気は高いんですよね。

昔のFR車なんでガツンと深リムと行きたいところなんですが・・・
このクルマの場合、フロントは制限がありまして。
ビッグキャリパー対応の 「Hi」 ディスクを選ばないといけないんですよね。
写真でわかるようにビッグキャリパーは付いていません。
それなのに何故制限があるのか?

それはセンターハブの高さが原因なんです。
最近のクルマはセンターハブがド~ンと出っ張ってるってことは無いんですが、
この頃のFR車はもれなくハブが出っ張っていたんです。
レイズのTE37あたりだとセンターキャップ無しでも見た目的にOKですが、
このホイールでキャップ無しはカッコ悪いですよね~。

そうなるとハブ高さをクリアできるディスクの厚みが必要になります。
なのでビッグキャリパー対応ディスクになってしまうんです。
今回も寸法がギリギリでしたんで、
ハブキャップを若干加工して逃げを作って装着しました。

ついでにタイヤも レグノGR-XI の新品です!




d0156040_11471787.jpg


リアはハブが出っ張っていませんので、 「Lo」 ディスクでOK!
なので深リムサイズが可能になってます。
ただこのクルマはフロントとリアでフェンダークリアランスに極端な差が無いんです。
そのためリムの深さは限られますが・・・





d0156040_11512511.jpg


横から見るとこんなカンジです!
車体のデザインがスッキリと薄いんでホイールは大きく見えます。
R31スカイラインに18インチっていうのも少数派かもしれませんね?





d0156040_11534567.jpg


装着前と同じアングルで!
やっぱしあんまり変わっていない感が・・・(笑

メッシュの本数が少なくなったので、ちょっとスッキリしましたかね?
色もオーナーさんの希望通りだったようで大満足でした。
このホイールだと当分の間は生産中止の心配も無いかな?


この度はお買上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-10-08 12:12 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

RECS施工!★エクリプス★

久々にRECS施工のネタです!
RECS施工の作業はそれなりにやってたんですが、
ブログでご紹介するのは久々になります。




本日のクルマは・・・


えくりさん の・・・


エクリプス!





d0156040_17293524.jpg


排気量は2000ccなんですが、施工限度一杯の300ccを注入!
通常は排気量の10%を施工しますが、1.5倍の量まではOKなんです。
距離が出ているクルマや汚れがヒドイ場合には増量施工をオススメしています。
直墳エンジンなんかは汚れやすいようです。








d0156040_1732336.jpg


白煙モクモクの恒例儀式です!(笑

サージタンクの形状からあまり白煙は出ないかな? と予想していたら・・・
予想を裏切るモクモク具合でした!!
過去に施工したクルマの中でも多い部類に入りますね。
しかもけっこう長時間にわたって出続けましたし・・・



で、この儀式を始めたとたん・・・




d0156040_17354596.jpg


エンジンルームでも白煙儀式が! 

なんじゃコリャ!???
今までこんなことは経験がありません。
当初はエキマニが排気漏れしていて、そこから白煙が出ているのかと思いましたが・・・
結果的にはタペットカバーからのオイル滲みでした。

滲んだオイルがエキマニに付着して燃えていたんですよね。
アイドリング状態ぐらいの温度じゃ燃えないんです。
RECS注入後に白煙儀式をするため回転を上げたら突然燃え始めました。

以前からこの症状が出ていたと思われますが、
ボンネットを開けた状態でエンジンの回転を上げるなんて通常はしませんからね。
走行中だとおそらく風で流されるのでわからなかったんでしょう。

近々ディーラーさんで車検を受けるとのことでしたので、
その時に一緒に修理をしてもらう段取りになったようです。

こちらは写真を撮ってなかったので、オーナーさんのブログからパクってきました。(笑





d0156040_17465080.jpg


スロットル洗浄もやりました!

けっこう汚れているかな? と思ってましたが、
さほどまっ黒というほどではありませんでしたね。
ちなみにRECSよりもこちらのほうが作業の順番は前なんです。
ご紹介する時には後になっちゃいますけどね。


スロットル洗浄は電子スロットルの場合はお受けしていません。
電子スロットルを洗浄すると学習値が変わってしまい、
アイドリング不調になることが多いんです。
CPUでリセットすればOKだと思うんですけど、
車輌によって簡単にリセットできない場合があるんですよね。

そのため電子スロットルの車輌は作業をお受けしていないんです。
アイドリング不調になっても構わないというなら話しは別ですが・・・(笑

このクルマはワイヤースロットルでしたんで問題ありませんね!





d0156040_1811827.jpg


最後の仕上げに フューエルワン! 

RECSとの相乗効果でさらにキレイにしてくれます。
オススメの組合せですね。


この度はお買上げありがとうございました。















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-02-27 18:55 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

マフラー&触媒交換!★AW11 MR2★古くなってくると・・・

最近、朝晩はすっかり冷え込んできましたね。
昼間に作業をしているとさほど寒くは感じませんが、
夜にタイヤを片付ける頃にはジャンバーが欲しいくらい・・・(笑
ついこの間まで夏だったのに、もう冬の気配ですね~。
なんか短い秋だったな~~。



10月末まで開催していたリジカラフェアもおかげさまで好評で、
ラストの駆け込みご注文とかもありまして・・・





d0156040_1835531.jpg


こんな状態になってました。
現在、取付け作業に精を出してます。(笑
昨日も今日も取付けしましたし、週明けにも1台予定が入ってます。
ってことはサクサク更新していかないと、また溜まっちゃいますね。
がんばります!!


で、本日はリジカラのネタではありません。


先日、進化剤の施工でご紹介した

AW11 MR2!





その時にも書きましたが、メインは車検での入庫だったんですよね。
で、点検をしていたらマフラーに穴が空いていて排気漏れしていたんです。
このままじゃ車検はパスしないので、オーナーさんに連絡したら・・・
予備のマフラーを持っているので、それに交換することになったんです。

マフラーが届いたので作業に掛かったところ・・・






d0156040_18104888.jpg


触媒から何か出て来てる!(笑

内部のステンメッシュが出て来ているじゃないですか!!
これって触媒本体のセルの外周に巻いてある物だと思うんですが・・・







d0156040_1816146.jpg


触媒のセルは小さなタマゴみたいになってました!(笑
本当はハニカム状のセルが内部いっぱいに詰まってるはずなんですが・・・

おそらく外周部が徐々に欠けていって動くようになってしまい、
段々と磨耗してこの状態になったんでしょうね。
ケースの内部をコロコロ転がされたもんだからタマゴ形になったのかと・・・

いや~、古いクルマは何が起こるかわかりませんね。
こんなになってる触媒は初めて見ましたよ、マジで!(笑




中古の触媒が段取り出来たので交換することになりました。
スーパーチャージャー車用って中古も流通量が少ないみたいなんでラッキーでした。






d0156040_18244571.jpg


ボルトやナットなどは予め新品を段取りしてあったんですよね。
どうせサビでボロボロだろうと思いましたんで。(笑

触媒とマフラーは耐熱塗料で塗装しておきました。
締め付け後にはボルトやナットにもプシューと・・・
これで少しはサビの発生が抑えられるかな~?
でもタイコやパイプの腐食は内部から来るんで、気休め程度かも・・・?(笑






d0156040_18283070.jpg


無事マフラーと触媒の交換が完了です!

ちなみにマフラーも触媒も純正品は生産終了となってました。
古いクルマの泣き所が部品供給なんですよね~。
今回はオーナーさんが持ってた中古のマフラーと、
幸運にも段取り出来た触媒で事なきを得ましたが・・・
今後はもっと部品供給が厳しくなるでしょうから、頭の痛い問題ですね。

まあ、それでも最善の努力はいたしますので、何なりとご相談ください。
無理な時は無理って言いますけどね。(笑















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-11-04 18:37 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

LEDヘッドライト装着!★三菱エクリプス★ミスリル施工も!!

ここのところリジカラ&進化剤のネタばっかりになっちゃってます。
まあ、それだけ装着・施工が続いてるってことなんですが・・・
おかげで他の作業ネタがけっこう溜まっちゃってます。

ってことで、たまには気分を変えて・・・(笑





本日のクルマは・・・





三菱 エクリプス!








d0156040_1531998.jpg


初代のエクリプスです!
1990年代の製造だったはずなんで、もう20年ぐらい経ってますね。
最近街中で見かけることもほとんどなくなりました。
まあ、後継モデルですら見かけることがありませんもんね。(笑

三菱のクルマですが、アメリカ製の逆輸入車なんです。
たしかクライスラーだったかとの共同生産車じゃなかったですかね?









d0156040_15352783.jpg


一応白っぽい球には換えてあるのですが・・・
やはりハロゲン球だと明るさに限界がありますよね~。

しかもこのクルマはアメ車らしい変わったポイントが!
なんとレンズが角4灯用のユニットなんです。
そのためレンズ面積が狭いですから余計に暗いんです。
なんで角2灯のユニットを使わないのか、アメリカ人の考える事はよくわかりません。(笑

じつはこのクルマは以前はHIDを装着していたんです。
無名のメーカー(中華製?)だったためか、短い期間で不点灯に・・・
当時有名メーカーのHIDはけっこう高価でしたし、
リトラクタブルなんで装着できるモデルが限られたり、加工が必要だったりで。
そこでハロゲンに戻していたと言うワケなんです。

しかし一度HIDの明るさを体感していますんで、
ハロゲンの暗さに段々と我慢できなくなってきたようなんです。
まあ、気持ちはわかります・・・(笑
そこで最近明るいバルブが発売されはじめたLEDに出来ないかと!

事前に寸法チェックをして装着OKが判明しましたので決行の運びに!!








d0156040_15472312.jpg


リトラクタブルのバルブ交換はレンズユニットを外さないと出来ません。
それに実際に装着してみての干渉確認も必要ですから、
ライトカバー等を全て取り外しての作業になります。
寸法表の数値ではOKだったけど、実際に動かして確認しないといけませんからね。
思わぬところが干渉することもあったりしますから・・・








d0156040_1551185.jpg


レンズ後方のゴムカバーも・・・
HIDを装着した時に大きくカットしたようです。
ハロゲンに戻した時にビニールテープとかで防水はしてありましたが、
このまま装着するのもマズイんで新品に交換します。







d0156040_15532058.jpg


RG POWER LEDヘッドバルブ! 

全光束5000ルーメンという明るいLEDバルブです。
これならHIDにも引けは取らないんじゃないでしょうか!
しかもカットラインも鮮明に出るようですから、車検も問題なし!?







d0156040_15575398.jpg


リトラクタブルで一番気を使わないといけないのが、配線の取り回しです。
なんせライトの位置が動きますから、それに合わせて配線も動きます。
どこかに噛み込んだり、引っ張られて切れたりしないように取り回す必要があります。

そのためにはライトを装着して何度も上げ下げして確認します。
で、一番無理の無い取り回しで固定してやります。
そのためにカバーを外したままの状態が必要になってくるんです。

これがけっこう時間が掛かる作業なんですよね。
なにしろモーターに付いてるダイヤルを手動で回して上げ下げしますんで・・・
でもここで横着するわけにはいきませんからね!







d0156040_1643271.jpg


装着完了です!
ハロゲンの時もそれなりに白かったですが、さらに白く・明るくなりました。
写真では明るさの違いがわかりにくいんですが・・・
実際にはかなり明るくなりましたよ!







d0156040_1663146.jpg


こうしてみると違いがわかりやすいですかね?
ライト下側のレンズカバーの照らし具合が全然違ってますよね。

これで夜道も安心です!(笑
オーナーさんは勤務時間の関係で夜間走行が多いそうなんです。
LEDの明るさを堪能してください!!




ミスリルも施工したんです。



d0156040_1691982.jpg


まずはボディー補強の定番リアゲートのミミ部!
このクルマはハッチバックで開口部が広いんで効果が大きそうです。
それに年式が年式ですのでボディーもヤレてる可能性が・・・(笑
さらに効果が大きく出るかもしれません。







d0156040_16121449.jpg


定番の第二弾!サイドシルのミミ部!!
ここもリアゲートに並んで効果の大きいポイントです。
セットで施工すると相乗効果で、かなり剛性感が出るんです。


この施工をして1週間後ぐらいに、
「先日の施工ですごく効果が出て、キシミ音とかが減ったんです。」
そこで追加で施工することになりました!





d0156040_16305555.jpg


ドア開口部のミミ部!
2ドア車ですのでドアの開口部も広いですからこちらの効果も大きそう!!

リアゲートやドア開口部への施工はけっこう効くんです。
まるでスポット増しをしたような感覚ですかね?
スポット増しほど手間と費用も掛からず、お手軽にできますから!!

今回の施工でさらに剛性が上がったようで、良かった良かった。


施工後オーナーさんとミスリルの話をしていたら、さらに追加施工に!






d0156040_16373267.jpg


リアゲートのダンパーです!
以前からヘタっていてリアゲートが落ちてきちゃうんですよね。

リアゲートが大きいんでけっこうな重さがあるんです。
そのためすぐにヘタってしまうようで、すでに3回交換したんだとか・・・
しかし純正部品が生産中止で在庫も無し!
こうなるとどうしようもありません。

リアゲートを開けた時にはスキーのストックでつっかえ棒をしています。
右側に写ってますよね。
リアゲート施工時の写真にも写ってます。

ミスリルをショックに施工すると減衰力が復活しますので、
ダメ元でやってみることになりました。
少しでも落ちるのが少なくなれば。

結果・・・ダメでした・・・(涙
さすがにここまでヘタっているとミスリルでも太刀打ちできないようです。
ただミスリルは2~3日経つと変化することがあるので、
今後に期待するとしましょうかね。(笑


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-14 09:26 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

車高調装着!★三菱エクリプス★XYZタイプSS!!

当店には少々お歳を召したベテラン車にお乗りの方がけっこういらっしゃいます。(笑
みなさん愛着を持って乗られているので、
日頃のメンテナンスにも気を使っているんですよね。

新しいクルマと違ってアチコチにトラブルが発生しますので、
いかに事前にその芽を摘み取っておくか!っていうのも重要なんです。
ただ、最近ネックになってるのが純正部品の生産中止!
これは本当に困りものです・・・(涙
以前にもAW11や70スープラで苦労させられた記憶が・・・(笑

そんな生産中止の嵐にもメゲずに永く愛車と付き合えるお手伝いをしています。




本日のベテラン車は・・・







三菱エクリプス!








d0156040_17375411.jpg


三菱のクルマですが、アメリカ製の逆輸入車です!
そのため左ハンドルなんですよ!

現在ダウンサスでローダウンしているんです。
本当は車高調を装着する予定も無かったんですが・・・








d0156040_17394970.jpg


リアのショックからオイル漏れが!
ディーラーに確認したところ、ショックはすでに生産中止!!(涙
年式からするとちょっと早いようにも思えますが、逆輸入車だからでしょうか?

そこでノーマル形状の社外品を探してみたけど有りませんでした。
以前はKYBが発売していたようですが、こちらも生産中止!

車高調も発売しているメーカーはほとんど無く、やっと見つけたのが・・・








d0156040_17513732.jpg


XYZ タイプSS! 

エクリプスは中々無かったんですよね~。
他にもけっこうなマイナー車用もラインナップしているステキなメーカーさんです!(笑
ベテラン車オーナーさんの強い味方ですね!!

しかも商品自体もやっつけ仕事じゃありません。
フルタップの車高調整機能ですし、減衰力も30段調整です!
さらにフロントはキャンバー調整式のピロアッパー!!
リアもリジッド式のアッパーマウント付属と、至れり尽くせり。
お値段もリーズナブルなのでお買い得な車高調だと思いますよ。









d0156040_1759767.jpg


フロントの装着写真です。
ブレーキホースのブラケットの固定に少々加工が必要でしたが、
あまり贅沢を言ってたらバチが当ります!(笑








d0156040_1811578.jpg


リアは加工もすること無く、すんなりと付きました。








d0156040_1815735.jpg


元々の車高よりちょい低めにセット!
あまり低くしすぎると使い勝手が悪くなりますからね。

それにスポイラーとか割れちゃっても大変だし。
なんせ生産中止になってる恐れがあるもんですから・・・(笑


この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-06-20 09:11 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

LEDヘッドライト装着!★JZA70 スープラ★ なんと、なんと・・・

GW前にやった作業のネタが溜まっちゃって・・・
早めに更新しないといけませんね~。
何しろ今後もネタになりそうな作業予定が入ってるんで!





ってことで本日はLEDヘッドライトバルブの装着ネタです。
最近明るいLEDバルブがいろんなメーカーから発売されています。
HIDと比べちゃうとやや暗いような印象がありますが、
ハロゲンとは比べ物にならないぐらい明るいです。
今まではLEDっていえば、ライセンスやルームランプぐらいならOKでも、
フォグに使っても明るさに不満が出るレベルだったんですが・・・
技術の進歩って早いですね~。


で、本日のクルマは・・・



JZA70 スープラ!


先日も70スープラにHIDの装着をご紹介しましたが、
リトラクタブルライトなのでハロゲン以外のバルブ装着が難しいんです。
当店では加工を施すことでその問題をクリアして来たんです。





d0156040_1120980.jpg


じつはこのクルマは3年ほど前に当店でHIDを装着しています。
なのに何故LEDに交換するのか?
その理由は後ほど・・・



最近リジカラや進化剤の施工で県外からご来店される方が増えました。
とは言え、ほとんど中・四国や関西地方の方なんです。
距離と時間を考えれば、その辺りが限界かなとは思えますがね。

ところが、このお客さんは・・・






d0156040_11241791.jpg


横浜! からのご来店です!!
関東ですよ、関東!!!

そうなんです、3年前にも横浜からご来店いただいたんですよね。
帰省がてらといった方で東京から来られた方はいらっしゃいましたが、
単純に作業だけの目的で来られた方としては最遠方記録です。
わざわざありがとうございます。

前回ご来店になった理由は・・・
関東方面では70スープラにHIDを装着できるお店が無かったそうなんです。
で、調べていたらウチで装着可能ってことがわかりご来店になったんですよね。


今回のご来店の理由は・・・







d0156040_11301823.jpg


HIDがハイビームに切り替わらなくなったんです。
結果から言うとバナー可動部の固着でした。

H4タイプのHIDは発光部は1つで、ソレノイドによって発光部自体を動かして
ハイとローを切替えているんですよね。
今回はソレノイドはカチカチと作動音はするんだけどバナーが動かない症状でした。

緑の丸印部分の内部が可動するんですが、ここが固着してました。
一旦外して手でバナーを何度か動かすと作動するようになりましたが、
またいつ再発するかもしれませんよね。
なにしろ都会ではハイビームの使用頻度は少ないでしょうから、
ほとんどの時間をロービームのままってことになりますから・・・


そこで・・・








d0156040_11364242.jpg


スフィアライトLEDヘッドライト! 

LEDバルブとしてはトップクラスの明るさのバルブです!!
車検基準をクリアしているってとこもミソですね。

先日のスープラに装着したミクローナHIDという選択肢もあったんですが、
LEDは可動部が無いってところが決め手になりました。
HIDと違ってハイ・ローそれぞれの発光部がありますので、
バルブを動かす必要が無いんですよね。

遠方の方ですので今回同様のトラブルが発生しても、
すぐにご来店できるわけじゃありませんので・・・
リスクを最小限に抑えるためのチョイスだったわけです。

ただ明るいLEDバルブは後方に大きなヒートシンクが付いています。
メーカーによって形状や寸法は異なりますが、
ライト後方のスペースに余裕がないと装着できないんですよね。

スープラは後方スペースが超狭いんですが・・・







d0156040_1147349.jpg


今まで付いていたHIDのバナーと比べてみると・・・
後方への突出寸法はほとんど変わりません。
ヒートシンクの外周寸法も上側はHIDとほぼ同等レベル。
下側にいたってはHIDよりも突出寸法は少ないです。
横方向はHIDよりも大きいですが、横にはいくら出っ張っていても問題無いんで。

このクルマはHIDのバナーが装着できる加工をすでに行っています。
であればこの寸法なら装着OKってことになりますよね!








d0156040_11565899.jpg


クルマへの装着確認は必要ですので、ライト廻りはバラバラに・・・
配線の取り回しもありますんで、この状態にするのは必須作業ですね。

無事装着確認も出来ました。
すでに加工済みでしたので、ヒートシンクの接触もありませんでした。







d0156040_11593825.jpg


装着完了です!
写真ではHIDとLEDの違いはわかりませんね。(笑
比べれば若干暗いかな?ってレベルなんでさほど不満は無いでしょう。
これで安心してお使いいただけます。

先日のミクローナに加えて70スープラへの選択肢が増えました!
まあ、完全ボルトオンってわけにはいきませんが・・・


超遠方からのご来店、本当にありがとうございました。









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-05-09 12:11 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

HID装着!★GA70 スープラ★ ミクローナ!!

当店の常連さんには80年代のクルマを大事に乗られている方がけっこういらっしゃいます。
70スープラにAW11MR-2、AE86、NSX、ビートやAZ1等々・・・
日本車が一番元気だった頃のクルマたちですから、
みんなそれぞれに個性的なんですよね~。

なのでオーナーさんたちも中々手放す気にはならないんでしょうね。
そしてみなさん大事に乗ってらっしゃいます。←これが肝心!




今回はその1台にHIDを装着しました!

クルマは・・・








GA70 スープラ!









d0156040_15561236.jpg


前期型の2リッターツインターボ!
最近70スープラを見かけることも少なくなりましたが、
ほとんどが後期型で前期型はかなりの希少性ですよね~。
でも、クルマはピカピカです!!


レンズ自体はマルチリフレクターに交換してあるのですが、
ハロゲン球ですのでご覧の色合いです。
色だけでなく明るさもHIDとは比べ物になりません。

オーナーさんは歳とともに夜の運転が見えにくくなってきたそうでして・・・
私も同い年ですので良くわかります。(笑

そこでHIDの装着となるんですが・・・
スープラは今や絶滅しちゃったリトラクタブルライトなんです。
ライト自体が可動する上に後方スペースが狭いですから、
全てのメーカーのマッチングが 「取り付け不可」 なんですよね~。






d0156040_15563561.jpg


スープラのバルブはH4タイプが使われています。
今でも2灯式のライトはほとんどがこのバルブになってます。

このバルブの特徴っていうのは・・・
フィラメントが2つあってハイとローで点けるのを切替えているんです。
つまり1つのバルブの中に発光部が2つ存在していることになります。
で、赤く色付けした点線部はカプラーを接続した寸法です。
ここがHID装着のネックになるんですよね。







d0156040_1557772.jpg


HIDは構造上発光部は1つだけなんです。
で、発光部の位置を矢印のようにスライドさせることで、
ハイとローを切替える方式なんですよね。
つまりバルブ自体を動かしているってことなんです。

当然ながらバルブを動かすための機構が必要となります。
ほとんどのメーカーが電磁石を使ったソレノイド方式になってます。
この機構のためにバルブ後方の寸法が大きくなってしまうんです。
(緑で囲った部分になります。)

スープラは後方スペースが少ないのでコレが収まらないんです。
さらにライトが可動する時にこの部分がボディーとかに接触しちゃうんですよね。
ですのでメーカーは取り付け不可にしてあるんです。

当店では車輌側に加工を施すことで過去に数台取り付けしました。
加工を最小限に抑えるためには商品の選定も重要です。
メインはIPFのコンバージョンキットを使ってました。
当時ではバルブ後方寸法が一番小さかったんですよね。
それでも加工は必要でしたが・・・



図解にすると・・・



d0156040_15584863.jpg


バルブ後方部はレンズ面から垂直に出っ張っていますが、
リトラクタブルベース部(ライト上面)は後方に向けてナナメに下がってきています。
そうするとバルブ後方部の上側が接触してしまいます。

また、ライトを閉めた時には後方部の下側がボディーに近づきますので、
下側に出っ張っている部分が接触してしまうんです。
この接触する部分を加工して装着していたんですよね。
なので小さいほうが加工が最小限で済むってことなんです。



じつはこのオーナーさんは6年ほど前にHIDを装着したことがあるんです。
発光部が2つ付いたHIDをネットで購入されて持ち込まれました。
スライド機構が不要ですのでバルブ後方寸法が、
H4バルブにカプラーを挿した状態とほぼ同等レベルだったんです。

加工も最小限で抑えられますから工賃も安くなりますし、
当時としては画期的で言うこと無いじゃんと思ったら・・・
まともに光軸が出ない!
ロービームで光軸調整するとハイビームはあさってのほうを照らし、
ハイビームで調整するとロービームは低すぎて使い物にならない・・・

メーカーから代品を送ってもらったけど似たりよったりで、
何とか使えそうな高さを探って我慢していたんですが・・・
結局半年ほどで点かなくなってしまいました。
「ネットでの評判は良かったんですが・・・ 勉強代だと思って諦めます。」
ということでノーマルのハロゲンに戻したんですよね。

ですが前述の不満がつのってきたもんですから、
何か良い方法は無いかとご相談を受けた次第なんです。




そこで当店がオススメしたのが・・・




d0156040_15593765.jpg


ミクローナHIDコンバージョンキット! 

スライドタイプなのに後方寸法がH4+カプラーとほぼ同等!
さらにかなりスリムなんですよね。
スープラはこのスリムさっていうのも重要になってくるんです。

今までメインで使ってたIPFよりもかなり小さいです。
時代と共に技術が進歩しているんですね~!
最近は他のメーカー製品でもこれぐらい小さいのが発売されているようです。

でもミクローナは他メーカーに比べて圧倒的に安い!
H4ハイ/ロー切り替えタイプで ¥13、000! (税別)
ネットで売られているワケのわからん商品と同等レベルの価格です。(笑

この安さですからご想像通りの大陸製です。
だったら信頼性もネットの物と変わらないんじゃないかと思うでしょ?
ところが発売元があのグレッディーの トラスト なんです!

トラストが1年保証を付けてるのならということで半信半疑で取り扱いはじめ、
すでに数年が経過し、かなりの台数に装着しました。
で、トラブルもほとんど無いんですよね。
まあ、経年劣化による点灯不良とかはありますが、
これは国産有名メーカーの商品でも出てくることですからね。

私のウィッシュもフォグに使ってますが、5年近くノントラブルです。
信頼性もあって安いってことで、けっこう売れてます。









d0156040_1614644.jpg


バルブ後方部がスリムとはいえ、すんなりと装着できるわけではありません。
ご覧のようにライト廻りはバラバラにして作業をします。
何度もライトを開けたり閉めたりして接触がないかを確認。
また、配線の取り回しにも注意が必要ですからね。







d0156040_162698.jpg


白く明るい今時のライトになりました!(笑
これで夜の運転も安心できますね。
ルックス的にもGOODですし・・・







d0156040_162276.jpg


ハロゲンと比べるとこんなに変わりました!

オーナーさんは
「明るさが全然違うんで、もうハロゲンには戻れませんね!
  もっと早くに相談すれば良かったとちょっと後悔しています。(笑」 
とのことでした。

そうなんですよね~。
一度HIDを体験してしまうとハロゲンには戻れなくなるんです。
それぐらい明るさが違いますから・・・


この度はお買い上げありがとうございました。



取り付けに加工が必要な作業もご相談ください。
今までの経験で何とかできる場合も多々ありますので・・・













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-04-07 09:32 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

クランクプーリーが割れた!★JZA70スープラ★タイベル&ウォポン交換も!

スタッドレスから夏タイヤに履き替えようかって時期なのに、
ここ数日はやけに寒いですね~!
ちょっと替えるタイミングを決めづらくなっちゃいますね。




先日、常連のお客さんからTELが・・・

「ベルトがすごく鳴くのでエンジンルームを確認したら、
   クランクプーリーがズレて揺れながら回ってるんですけど・・・」

ご来店いただいてチェックしたところ、どうやらプーリーが割れてるみたいです。(涙
そのままお預かりとなりました。

クルマは・・・







JZA70 スープラ!







d0156040_1830495.jpg


以前にパワステ修理でご紹介したクルマです!
年式もけっこう古くなってきましたし、走行距離も・・・
でも、まだまだ大事に乗っていきたいようなんですよね。
最近のクルマに魅力を感じないんで、買い替えモードにならないんだとか。(笑

ただこれぐらいの年式になるとアチコチにトラブルが出てきます。
古いクルマと付き合っていく上での宿命ですね。

クランクプーリーは交換しますので、当然ながら取り外します。
ならばタイベル交換も一緒にやっておこうかってことに。
2回目の交換時期が目前に迫ってたタイミングでもありましたし、
このエンジンのクランクプーリー取り外しってすごく大変なんです!!








d0156040_18385493.jpg


締付けトルクが 330Nm! 
NSXをも上回るバカみたいなトルクで締まってるんですよ!!

こんな長い延長バーとかを使って緩めます。
それでも簡単には緩んではくれませんけどね。
工具がブッ壊れるんじゃないかってぐらいの力が必要なんです。
なので外したついでにタイベルも! ってなるワケです。

一般的にクランクプーリーはけっこう大トルクで締まってはいますが、
ここまでデカイ締付けトルクのエンジンはほとんど無いでしょうね。
やっかいなエンジンってことで業界では有名です。(笑
某ディーラーの方に聞いたところ、
「ワシもバーを何本折ったかわからんで!」とのことでした・・・








d0156040_185118100.jpg


外したプーリーと新品の比較です!
割れると言っても鉄の部分がパカっと割れるわけではありません。

クランクシャフトに固定されるセンター部分と、
ベルトが掛かるV溝部分の間にゴムが溶着されています。(矢印部)
このゴムが剥がれて分離しちゃうんです。
NSXでもこのトラブルはよくあります。
ですのでNSXのタイベル交換時にはプーリー交換も必須にしています。

スープラのエンジンは直6なのでクランクシャフトも長いです。
長くなるほどネジリや曲げの振動振幅も大きくなります。
そのためプーリーセンター部は根元部分が大径になっていて、
フライホイールのような役目でその振動を抑えているんじゃないかと・・・?
締付けトルクがデカイのもその辺の関係なのかな?

さらにベルトが1本だけなのに、それに多くの補機類が掛かっているんです。
ベルトが掛かるV溝部への負荷も大きいんじゃないかと思われます。
クランクシャフトの振動に加えてベルトからの負荷が大きいもんだから、
ゴム部分の傷みが早いのかもしれませんね。







d0156040_19184962.jpg


チェックしていたら他にもイロイロと・・・
かなりオイル漏れで汚れちゃってますね~。
そのオイルがオルタにも掛かって、まるでブラックオルタみたい。(笑







d0156040_19204156.jpg


下から見るとオイル漏れの形跡がはっきりわかります。

このオイル漏れを発生している部品はオイルポンプなんです。
以前パワステ修理の時にもご紹介しましたが、
このクルマはラジエターファンが、な・な・なんと油圧式!
そのファン用のオイルポンプなんですよね。







d0156040_1925472.jpg


ベルトを外した状態です!
漏れたオイルが周辺にかなり拡散していたようですね。
こりゃあ掃除が大変だ!!(笑


当店ではタイベル交換時にはウォーターポンプの交換も推奨しています。
もちろん今回もと思ったら・・・
なんとファン用のオイルポンプとウォポンが一体型なんです。
で、ASSYでお値段が10万円弱!(涙

しかしオイルポンプはかなりヒドイ状態ですし、
前回のタイベル交換時にウォポンも交換していないようですし・・・







d0156040_19302982.jpg


思い切ってASSYで新品にしました!
いや~、外した物と比べちゃうと・・・(笑

前回のパワステ修理時にファン側に付いてるハイドロリックモーターを交換しました。
そこで今回ポンプを変えておけば当分ファン関係は大丈夫かと。
なんせ、まだまだ乗るつもりですので・・・(笑








d0156040_19343559.jpg


周辺のオイル汚れを洗浄してポンプを装着しました!
全体的にかなりキレイになりましたね~。

タペットカバーのパッキンやカムとクランクのオイルシールも交換してます。








d0156040_1934508.jpg


新品のタイベルを掛けて張り調整をします!
って、オートテンショナーなんで勝手にしてくれるんですけどね。

テンションプーリーとオートテンショナーも新品交換です!!







d0156040_1935344.jpg


クランクプーリーを締め付けます!
もちろん330Nmって大トルクでね!!

延長バーで回り止めをしてやって、デカトルクレンチで・・・
二人がかりでオリャ~~って言いながらでも中々締まりません。
かなり体力を消耗します。(笑








d0156040_19351744.jpg


オルタネーターもリビルト品に交換!
ブラックオルタから普通のオルタに逆戻り!?(笑








d0156040_19353110.jpg


やっぱし新しいパーツだと気持ちいいですね~!
交換前のドロドロとは見た目が大違い!!








d0156040_19354576.jpg


ファンベルトも新品です!
クランクプーリーがズレて回ってたわけですから、
ベルトもかなり傷んでいましたんでね。







d0156040_1936175.jpg


ファンのモーターとポンプを繋ぐホースからも・・・
カシメの部分からオイルが滲んでました。
これも新品にしようと思ったら、生産終了!  

ワンオフ加工でホースを作ってもらいました。
パイプ部分はそのまま流用して、ホース部分を交換します。
ネジのアダプターを溶接して新品ホースを接続する方式ですね。







d0156040_19361629.jpg


ホースをポンプとモーターに接続!
これでファンの油圧関係は当分心配ないことでしょう!!








d0156040_19363376.jpg


取り外した補機類を元に戻して作業終了です。
エンジンを掛けると振動も無く、音も静かになったような気がします。

クランクプーリーが新品になったことで、ダンパー効果がちゃんと働いて
振動をきっちり吸収するようになったのかな?
副産物としてシフトの入りが良くなったそうなんです。
おそらくクランクシャフトが安定して回転するようになったので、
クラッチがしっかりと切れるようになったからでしょうかね?






d0156040_19365069.jpg


今回交換した部品です!
これだけ交換しておけば当分は大丈夫でしょう!!

まあ、全然別の場所でトラブルが出る可能性は高いですが・・・(笑



もう一つオマケで!



d0156040_1937341.jpg


ボンネットダンパーも交換しました!
もう完全に抜けちゃってて、支え棒が必要な状態でしたのでね。
これで作業中にギロチンの刑に会うこともありません。(笑



古いクルマにトラブルは付き物です。
日頃のメンテも重要ですが、時には思い切った大掛かりな作業も・・・
長く乗るためにはどちらも必要になりますね。

当店はスタッフも古いですので、安心しておまかせください!(笑


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-03-05 20:50 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

ミッドシップ祭り第9弾!★ホンダ ビート★ Volk CE28N装着!!

またまた ミッドシップ祭り! のネタです。
さていつまで引っ張れるでしょうか?(笑


本日のクルマは・・・





ホンダ ビート!







d0156040_1853724.jpg


以前にレトロフィットでのエアコン修理でご紹介したクルマです!

ボディーも黄色、ホイールも黄色、プレートまで黄色のまっ黄、黄。(笑
って、以前にもコメントしましたが・・・
当時はボディー同色のホイールっていうのも流行ってたんですよね。
特にスポーツカーとかでは・・・

でも時代が変わりましたんで、今ではちょっと派手すぎ?
最近のトレンドに沿ったルックスに変身させます。
クルマは最新ではありませんが・・・(笑







d0156040_18574262.jpg


Volk Racing CE28N! 

スポーツカーでは定番のホイールですね。
もちろんカラーはブロンズをチョイス。

でも発売になってからけっこうな年数が経っていますので、
ホイールのほうも最新のデザインってワケではありませんが・・・(笑








d0156040_19039100.jpg


どうです、渋く決まってるでしょ!
スポーツカーらしいスパルタンなイメージに変わりましたネ。
やっぱしブロンズカラーで正解です!!

今風のスポーツカーに変身!!!







d0156040_1931576.jpg


サイドからのルックスもGOOD!

ビートって元々のホイールサイズが、
フロント13インチ、リア14インチと異径サイズなんです。
今回はフロント14インチ、リア15インチと1インチずつインチアップしました。

2インチアップも検討したんですが、
外径とかでバッチリのタイヤサイズが無かったんですよね~。
まあ、1インチアップでも十分カッコイイですけどね。


古いクルマでもホイールを換えるだけで印象は変貌します。
まあ、最新のホイールだと似合わないって場合もありますが・・・(笑
AE86なんかはその典型的なクルマかな?
クルマより古い時代のホイールのほうが良く似合うっていう・・・

CE28は決して新しいホイールじゃありませんが、
スパルタンなイメージが定着していますので、スポーツカーにはピッタリ。
さらに古いデザインのTE37もまだまだ現役ですし・・・



お買い上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-02-13 09:33 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

ミッドシップ祭り第7弾!★AW11 MR2★足廻りポリウレタンブッシュ交換!!

忘れた頃にやってくる・・・(笑
ミッドシップ祭りの第7弾です!





前回に引き続き、今回のクルマも・・・






AW11 MR2!







d0156040_1716545.jpg


作業自体はまとめてやったんですが、内容が多すぎたもんですから
何度かに分けてご紹介って思ってたらこんなに遅くなっちゃって・・・(笑



前回はLSD装着とMTのオーバーホールをご紹介しましたね。
MTと同じく足廻りもオーバーホールしたいとのご要望でして。
ブッシュもヘタってるだろうし、ベアリングやボールジョイントも・・・

とりあえず純正の消耗品は全交換することにしました。
部品が出る今のうちにってこともありまして・・・
なにしろ生産中止の純正部品がドンドン増えてますからね~。

で、ブッシュのほうはオーナーさんがあるパーツを持込みで!








d0156040_17272488.jpg


まずはフロント側です。
黄色い丸で囲んだ部分のブッシュを交換。
テンションブッシュ・ロアアームブッシュ・スタビブッシュです。

赤い矢印部のボールジョイントも交換しました!








d0156040_17293174.jpg


オーナーさんが持ち込んだブッシュがこの青いヤツ。

ポリウレタンブッシュ! 

ウレタンブッシュっていうのは昔から足回りの強化ブッシュとして存在していました。
ゴムに比べると硬いので強化品として使われていたんですよね。
ただ、ショックのブッシュ等の動きの少ない場所なら比較的大丈夫なんですが、
アームなどの回転方向の力が掛かる場所はNGだったんです。

と言うのも擦れに弱くすぐに磨耗しちゃうんです。
で、ブッシュにガタが出てしまうってことに・・・
競技車輌のように走行距離が短く、しょっちゅう整備しているクルマならOKなんですが、
街乗りメインのクルマには不向きなんですよね。


ところがこのポリウレタンって素材は自己潤滑作用があって磨耗に強いんだそうです。
そのためウレタンの利点はそのままに耐久性が飛躍的に向上しているとか・・・
最近ではTEINとかも製品化しているようです。

ロアアームのブッシュなどはゴムにカラーを溶着させた構造です。
で、そのカラーを固定しますのでアームはゴムのネジリでのみ動きます。
一方ポリウレタンだとカラーとブッシュがフリーになりますので、
そりゃあ動きは良くなるでしょうね。
耐久性の心配が無いとなれば強化ゴムブッシュよりはるかに使えます。

ただ、国内ではほとんど流通していないんです。
TEIN製も今のところインプと86用だけですし・・・
今回はお客さんが個人輸入で段取りしたものになります。


写真のブッシュはテンションブッシュです。
ミッドシップ祭り第2弾!でもう1台のAW11でも純正品に交換しましたね。
やはりこのクルマでもカラーはサビサビです。(笑









d0156040_17593772.jpg


続いてはリアです!
こちらも黄丸部分のブッシュと矢印部のボールジョイントを交換!








d0156040_1823988.jpg


上側がテンションロッドで下側がロアアームです。
どちらのアームも右側のブッシュは回転方向に動きます。
真ん中のカラーが固定されてアームが上下に動くんですよね。

その時カラーとブッシュはフリーになってますから動きを阻害されません。
普通のブッシュだとここでゴムのネジレが発生しますので、
フリクションの良さは比べもんにならんでしょうね。
さらにウレタンの硬さで余分な動きは抑制されますしね。
本当に耐久性が良いのなら言うこと無しなんですが、
人間が古いもんで、イマイチ信用しきれてはおりません・・・(笑







d0156040_18202480.jpg


リアのテンションブッシュはやはりサビがひどいことになってました!
前回のAW11と同じですね~!

ポリウレタンブッシュはフロントと同じ物を使うようになります。
まあ、ここは国産の強化ブッシュも共通の場合が多いんで不思議ではありませんが・・・








d0156040_18225621.jpg


ただ、カラーの長さが違ってました!
付属のカラーを使うと短くて締まりすぎちゃうんです。
どうやらカラーの長さもフロントと共通にしてあったようです。
さすがオージー! このへんはアバウトですね!
純正の新品カラーに交換して無事OK!!






d0156040_18264757.jpg


続いてはステアリングギアボックス!








d0156040_1828367.jpg


ラックエンド(タイロッド)・タイロッドエンド・ラックブーツを新品にしました。
古くなってくるとラックエンドにけっこうガタが出るんですよね。
ハンドルをちょっと動かしたときにカクってなる時はココが怪しいですよ!









d0156040_18305120.jpg


じつはラックブーツの片側が生産中止になってました。
装着前に写真を撮り忘れたんでわかりにくいですが、
寸法の合いそうな社外品を探し出して無事に新品交換できました。
若干サイズの違いはありましたが、問題の無いレベルでしたね。









d0156040_18334686.jpg


ハブベアリングも4輪とも新品交換!
ここも消耗部品ですので、部品があるうちにね!








d0156040_18351418.jpg


リアはハブASSYも交換してあります。
本当はフロントも交換しときたかったんだけど生産中止!

リアはドラシャが刺さる構造で、カローラとかFF車のフロントと共通部品なのかな?
なので需要が多いからまだ生産してるけど、
フロントはAW11専用なので早めの打ち切りになってるのかもしれませんね。








d0156040_1839947.jpg


アーム類をバラバラにしましたのでアライメント調整は必須です!

AW11は前後フル調整が出来るんですよね。
最近ではトー調整しか出来ないクルマが増えてきましたよね~。
まあ、このクルマのキャンバー調整はメチャクチャ難しいんで、
あまりやりたくない作業ではありますが・・・








d0156040_18425642.jpg


今回取り外した部品たち!

使えそうな物は予備としてお持ち帰りです。
今回新品にしたことで10年ぐらいは大丈夫かと思いますが、
10年後に新品部品が存在する確率は低いですから・・・(笑

部品の供給体制も考慮して、早めに手を打つ!
古いクルマを維持するにはこういったことも大切です。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-01-11 09:26 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)