カテゴリ:今日のオートリファレンス( 110 )

夏季休業のお知らせ!

お盆の期間中、下記のとうり休業させていただきます。
ご迷惑お掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。


8/12(木)~15(日)
休業
させていただきます!

尚、11日の水曜日は当初通常営業する予定でしたが、
急遽「床磨き」&「模様替え」をすることになりました。

そのため、11日は大掛かりな作業はお受けできませんので、ご了承ください。
オイル交換程度の作業はOKなんですが、「床磨き」をしている時には
店内に入れませんので、ピット等でお待ちいただくようになります。

お盆前は作業が混み合いますので、タイヤ交換・オイル交換等、
お出かけ前の準備はお早めにお願いします!

by AutoReference | 2010-08-05 09:27 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

3連メーター装着!★スイフトスポーツ★

今日は進化剤以外のネタも一丁!

3連メーターの装着をしました!!

クルマは毎度おなじみの

スイフトスポーツ
スーパーチャージャー!









d0156040_18264065.jpg


メーターフードはスズキスポーツの専用品です。
メーターはDefiレーサーゲージ!
左から油温・水温・ブーストの順番になってます。

先日BLITZのレーシングラジエターを装着したんですが、
このラジエターには水温センサー取付け用のボスが標準で付いているんです。
せっかく付いている物を生かさないのはもったいない!!
と言うことで水温計の装着が決定!

どうせならスズスポのフードを使って3連にしようかってことになりました。
じつはブースト計はチャージャーを装着した時に、同じくスズスポのピラーパネルを使って
装着していたんですが、イマイチ見にくかったようなんです。
そこで水温に油温も加えて、ブースト計も移設することにしました。
で、空いたピラーパネルには電圧計を装着!
計4個のメーターになっています。

やはり専用品ですので見た目はバッチリ!
かなりレーシーな雰囲気になりましたよ!!



そしてZOMAのインプレッションも聞きました!



d0156040_18393841.jpg


さほど期待はしていなかったようなんですが、すごくレスポンスが良くなったそうです。
やはりメーカーのうたい文句はウソでは無かったようですね!
(じつは私も半信半疑だったんですが... 小林さんゴメンなさい!)

できれば水温計もZOMAの施工前に装着しておけばよかったですね~。
どのぐらい変化が出たかわかったのにね。残念!!
まあ、今日もファンの廻り方は少なかったので、温度にも効果が出ているんだと思います。


そういえば1171@34さんのTE71には
あまり効果が出なかったようです・・・
何でだろう??

2台での一番大きな違いと言えば・・・
新しいクルマと古いクルマ
シリンダーブロックの構造ですかね~?

最近のエンジンは軽量化のためアルミ製のブロックになっています。
スイフトのではありませんがこんなカンジです。



d0156040_1962823.jpg


これは先日オーバーホールをした1ZZです。
アルミブロックの中に鉄製のシリンダーライナーがはめ込まれています。
肝心なポイントはライナーが独立していることなんです。
つまり廻りのブロックから浮いているってことです。(わかりにくいかな??)

次の写真を見れば言ってる意味がわかってもらえるでしょう!
旧式になっちゃった鉄製ブロックです。




d0156040_19102523.jpg


これはAZ-1F6Aエンジンです。
TE712T-Gも基本的な構造はコレと同じですね。
と言うよりもっとゴツイです!

大きな違いはブロックの上面部分なんです。
アルミブロックのほうはシリンダーライナーが独立していますが、
鉄製ブロックは各所で繋がっていますよね!
これによりシリンダーライナー部分の強度が違うんじゃないかと思われます。

そもそもZOMAでパワーアップする原理は
キャビテーションなどによりライナー上部が極端に高温になることで起こる、
下部との温度差による膨張差を解消して、ライナーの歪を抑えることなんです。

つまり上部で繋がっている鉄製ブロックは上下で温度差ができても
上部の強度が高いので熱膨張による歪ができにくいんじゃないでしょうかね?
ライナー部が外に広がろうにも繋がってるので広がれない。
結果として圧縮抜け等も起きにくい!ってことになります。


これが正解なのかどうかはもう少し様子を見てみないとわかりませんね。
もしそうだったとしたら・・・
鉄製ブロックのクルマではあまりパワーアップは望めないってことになりますね。
まあ、水温を下げる効果は期待できるでしょうけどね!

by AutoReference | 2010-07-26 19:31 | 今日のオートリファレンス | Comments(4)

車載専用ビアサーバー!...

今日も暑いですね~~!
梅雨明けしたと思ったら、連日の酷暑でまいっちゃいます。
週末ぐらいからやや暑さは和らぐみたいですが、それでも30℃オーバー...

こう暑い日が続くと楽しみはやはり冷たいビール!
仕事で汗かいて帰ったら、よく冷えたビールをキュ~~っとネ!


先日来店したクルマにスグレモノが装備されていました。
それは・・・


車載専用ビアサーバー!





d0156040_1363584.jpg


これさえあればドコでも冷たいビールが楽しめますね~~。
海岸線にクルマを止めて、夕日に染まる海を眺めながら1杯!
山のおいしい空気をツマミに景色を眺めながら1杯!!
いいですよね~、まるで映画のようなシチュエーションです......

って言うのはウソですが・・・
そもそもクルマにビアサーバーって飲酒運転のもとになっちゃいそうですしね。

じつはコレは燃料供給関係の装置なんです。
このデカいタンクはビアザーバーじゃなくてコレクタータンクと言います。
本来の燃料タンクからこのタンクに一旦燃料を溜めておくための物なんです。
そしてその横にあるこれまたデカめのポンプでエンジンに燃料を送る仕組みになっています。
(しかもポンプは2機がけじゃし・・・)

なんでこんなシステムが必要なのかと言いますと・・・
エンジンをチューニングしてパワーを出すっていうことは、燃料も多く必要っていうことです。
ノーマルの燃料供給システムではタンクからポンプで吸い上げて送っています。
ところがこの方式だと瞬間的に燃料が足らなくなることがあるんです。

ハイパワーにイジってるエンジンですから、瞬間的な燃料のカラ打ちは致命的!
即エンジンブローってこともありえるんですよ!!

そこで一旦コレクタータンクに溜めることでカラ打ちを防いでいるんです。
そしてこのタンクからならポンプの2機がけなんてこともできますから、
より燃料が必要な仕様になっても対処できるってことなんです。

それにしてもここまでデカいコレクタータンクは初めて見ました。
これだけの燃料が必要なエンジンって・・・






d0156040_13262938.jpg


スープラの2JZでした!
タービンもデッカイのが付いてますね~。

オーナーさんは700PSとか800PSとか訳のわからん数値を言ってました。(笑
いやはや、どんなパワーなんでしょうね?
ここまでのパワーだからこそ、あれだけデカいタンクが必要なのか! と、納得!!



まあ、普通のクルマには縁の無い装備ではありますね。
個人的にはビアサーバーのほうが良かったりして....

by AutoReference | 2010-07-23 13:46 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

ウチは田舎のタイヤ屋さん・・・

って日ごろから言ってるわりには
進化剤のネタばっかりになっていますね~。

まあ、それだけ進化剤の人気が上がってきたってことなのかも?
最近では「ネットで見て・・・」と言う初来店のお客さんが増えてます。
細かくチェックしているわけじゃ無いんだけど、けっこう話題にのぼってるんですかね~?
なんせわざわざ高知県から来店される方もいらっしゃるぐらいですから。



たまにはタイヤ屋さんらしいネタも披露しとかないと、
そのうちウチの店がタイヤを売ってると誰も思わなくなるかもしれません。(笑)

で、今回のネタは・・・

20インチのタイヤ&ホイール装着です!

クルマは常連さんの

エスティマ・ハイブリッド!





d0156040_11304694.jpg


以前例のブログのほうでローダウンの紹介をしたクルマです。
今回は装着したタイヤ・ホイールに合わせて車高の微調整もしました。
一番カッコよく見える車高にネ!

装着したホイールは
ヴェネルディ・ヴァリアント!

スポーク部分がリムのキワまでいっているデザインなので、
実際のインチ数よりは大きく見えるホイールですね。
タイヤと組んで店内に置いていると、デカく見えるんで迫力満点でした。

ところがクルマに装着するとさほどデカすぎるようには見えません。
やはりミニバン系のクルマは横から見ると厚みがあるんで、
デカすぎるかな?って思うぐらいのホイールでちょうど良いルックスになるんですね~!

ウチがタイヤ屋さんだって証拠がわかってもらえました?
軽トラのタイヤ交換とかもしょっちゅうやってますけど、それじゃあネタにならんしね。

by AutoReference | 2010-07-03 11:56 | 今日のオートリファレンス | Comments(3)

罰ゲーム!???

d0156040_1937278.jpg


洗濯バサミを大量にはさまれたバンパー。

当店ではおなじみのTDFさんGDAです。

走行会でタイム更新ができなかったので罰ゲーム・・・

ではありません!
そもそも今年の春は走行会やってないし・・・


実はバンパーを加工中の写真なんです。
このクルマはチャージスピードのエアロバンパーに交換してるんですが、
これがまた、かなりデカイもんですから、いたるところで底を擦っちゃうんですよね~。
走行会に出ているぐらいですから、当然のように車高調で落としてますし・・・










d0156040_194509.jpg


これがその問題のバンパー!
たしかにデカイです。

しかも真ん中がけっこう前に出ているんで、よけいに擦りやすい!

仕方なく車高を上げていたんですが、それだとせっかくの車高調が台無しですよね~。
しかも低い車高に合わせてロールセンターアダプターも入れてるし・・・
その装備で高い車高はアンバランスなもんで、操縦性にも悪影響がでちゃうんです。


そこで車高が落とせるようにバンパーをカットしてやりました。
ところが擦ったことで元々クラックも入っていたとこもあったので、
開口部の下部分がヘニャヘニャの完全に強度不足の状態になっちゃっいました。(涙)

そのままだとマズイんでウラ面に補強材を入れてやることにしました。
で、例の罰ゲームの写真は接着した補強材が硬化するまでの間、
剥がれないように洗濯バサミではさんでいた時のものだったんです。










d0156040_2011029.jpg


仕上げにカットした部分にモールを貼り付けて完成!
どうです、なかなかの仕上がりになったでしょ!!
まるで純正風の仕上がり・・・ って言うのは自画自賛??










d0156040_20124467.jpg


元のバンパーと比べるとかなりカットしたのがわかりますよね。
デザイン的にはさほど違和感は無いんじゃないかな?

さすがに半々で並べてしまうとやや寂しい雰囲気にも見えますが・・・
まあ、同じエアロバンパーのクルマが横に並ぶこともめったに無いでしょうし、
写真のような比べ方にはなりませんから大丈夫でしょう!
もしかしたら「あれっ?Newモデル??」な~んて勘違いされちゃうかも。(笑)








d0156040_20191587.jpg


寸法的には5cmぐらい底面が上がってますかね?
しかも前に出ていた部分もカットしてますので、かなり擦りにくくなってることでしょう。
これで元の車高ぐらいに戻せるかな?・・・

まあ、その辺は追々にやっていきましょう。
なんせ「落としては走って」の繰り返しで実走テストになりますから・・・

by AutoReference | 2010-05-27 20:38 | 今日のオートリファレンス | Comments(4)

TE37V装着!★ゴルフⅡ★

本日2つ目のネタは・・・
先日、入荷の件をアップした

VolkRacingTE37Vの装着です!

2セット入荷した分の「ロードスターサイズ」って言ってたほうです。
先日も言ったように実際に装着したクルマはロードスターでは無く・・・


SEIやんさんの

ゴルフⅡ!








d0156040_1747289.jpg


このホイールをゴルフに装着しているのは、おそらく日本中でもこのクルマだけかと・・・
なにしろ発売になったばかりの追加サイズですし、
当初6月頃の出荷と言われていた初期ロット(だと思います。)の製品ですからね。

ハチロクサイズっていうほうは、PCDが4/114なんで、適応車種がけっこうありますが
(とはいえ最近では皆無のPCDですので、旧車狙いになりますけどね。)
こっちのロードスターサイズは4/100なんですよね~。

4/100のPCDを採用しているクルマってほとんどがFFなんです。
FF以外で思い当たるクルマって、それこそロードスターと大昔のジェミニぐらい?!
あとはミッドシップのAW11かなあ~。

ところがこのホイールはサイズ&オフセットがFFへの装着を無視した設定なんです。
なにしろ深リムが売りのホイールですからね。
そうなるとロードスター以外には装着できる車種が限られてくるんです。

で、ゴルフⅡはと言いますと・・・
FFなのにFFとは思えないほどのフェンダークリアランスがあるんですよね~。

初期型ロードスターが発売になった頃、当時の4/100のホイールには
ロードスターにピッタリのサイズが少なかったんで(ツライチにならないってことです。)
ゴルフ用として出ていた輸入物のホイールをよく売っていたもんです。

そんなゴルフⅡですので、このホイールは待ってましたってカンジ!
FF無視のサイズ設定でもへっちゃらなんですよね~!!










d0156040_1892024.jpg


真横からも1枚!
元々このゴルフには通常サイズ(6.5J-15)のTE37を履かせていたんです。
(TE37→TE37Vも日本中で1台かも?)
ところがオーナーさんは14インチにサイズダウンしたかったようなんです。
「14インチのほうがクルマの雰囲気に合うかな~。」と思ってたそうで・・・

そんな時にこのホイールが出たもんで、速攻で履き換えを決断!
なにしろ深リムなもんで、15インチとはいえが短いですからね。
それに15インチならタイヤがそのまま使えるのでリーズナブル!

横から見たかんじだと、オーナーの狙いどうりになったんじゃないでしょうか。









d0156040_18163040.jpg


まるで「ゴルフ用のサイズ?」っていうぐらいバッチリはまってます。
まあゴルフ用ホイールをロードスターに付けていたんだから、
反対もバッチリ決まって当然なんですがね。

タイヤを組んでクルマに装着すると、ホイール単体で見た時よりも
リムが深~~く見えるのは気のせい?




こりゃあハチロクに装着する日も楽しみになってきましたね~。
(今のところ予定はありませんが・・・)

おっとそういえばハチロク以外でも付けれるんでした!
詳しいマッチングは調べていませんが、TA63セリカとかGZ10ソアラとか・・・
4/114の旧車はイロイロありますからね~。
まあ、その辺のクルマに乗っているお客さんはウチにはいませんけどね。


あっ、TE71が・・・(笑)

by AutoReference | 2010-05-23 18:34 | 今日のオートリファレンス | Comments(5)

TE37V入荷!

RAYSの新商品

VolkRacing TE37V
が入荷しました!







d0156040_18163896.jpg


こんなマニアックなホイールがウチの店に2セットも並ぶことって、
2度と無いかもしれないんで、記念に写真を撮ってみました。


1セットは在庫商品で、もう1セットはお客さんの注文分です。
ガンメタスポークにリム切削のほうは「ハチロク」サイズの在庫品です。
ブロンズのほうは「ロードスター」サイズです。
と、言ってもロードスターに装着するんじゃあないですけどね。
また、装着したらアップしますね!







d0156040_18213352.jpg


今やスポーツホイールの定番となったおなじみのTE37のデザインに
昭和のニオイがする深リムの組み合わせ!
リム深さのわかりやすい角度からもう1枚です。

どちらも同じ7.5J-15なんですが、オフセットの関係で若干深さが違います。
ガンメタ/切削のハチロクサイズはオフセット「+6」
対してブロンズのほうは「+25」なんで、ややリムが浅めですね。

ハチロクサイズには8J-15 ±0 っていうサイズもあったのですが、
それだとかなり落とさないといけないし、フェンダーにも接触しそうなんで・・・
無難なサイズにしちゃいました。

あっ、勝手にハチロクサイズって言ってるだけで、ハチロク専用ではありませんので。
なにしろ10Jー15 -25 なんてとんでもないサイズもラインナップされてますから。
ロードスターサイズのほうも専用じゃありませんからね。
単にPCDが4/100なんで、そう言ってる(メーカーも)だけですから。
その気になればbBとかにもいけるでしょうし・・・
ウチで付けるクルマもロードスターじゃありませんしね!

それにしても「今時ハチロクサイズのホイールを在庫してどうするんだ!」って?
いやいや、その辺の深いところは突っ込まないようにね。



決して趣味で在庫したわけじゃありませんから・・・

by AutoReference | 2010-05-21 18:41 | 今日のオートリファレンス | Comments(5)

ベンツSLK ブレンボキャリパー装着!

今日はoyadi_falcoさんのSLKのリアブレーキを
Bremboキャリパー
に交換しました!

フロントは去年Bremboにしたんだけど、
その時に「リアがさみしいですよね~」って話をしていたんです。
で、今回そのさみしかったリアもバージョンアップです!







d0156040_15524014.jpg


でっかいローターにこれまたでっかいキャリパーです。
ステンメッシュのブレーキホースもキットに含まれています。






d0156040_1554930.jpg


純正ローターと並べるとこんなにも大きさの違いが・・・







d0156040_15553012.jpg


バックプレートがローター&キャリパーに干渉しちゃうんで
現物合わせで若干の加工をしてやりました。
あと、ハブのサビ落としもね!
純正ローターは固着しちゃってて、外すのに苦労しましたから・・・








d0156040_1557492.jpg


装着完了で~~す!
やはり赤いキャリパーが目を引いてカッチョイイ~~!!







d0156040_1559117.jpg


純正との比較です。
ローターの大きさの違いもですが、キャリパーもかなりのサイズアップ!
見た目だけでなく「効き」にも効果がありそうです。








d0156040_1604415.jpg


ホイールの奥にのぞく赤キャリパーが目立ちます!
機能とルックス両面で
バージョンアップ!

by AutoReference | 2010-05-08 16:10 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

GWが始まったばかりなのに・・・

世間では昨日からゴールデンウィークに突入してますね。
そんな連休の初日だった昨日にちょっとした出来事がありました。

そろそろ日が落ちかけたくらいの時間帯・・・
キィ~~~!!
ドカッ~~ン!!

表の道ですさまじい音が・・・!

「ありゃりゃ、やっちゃったね~」と思って見てみると、
店の真ん前の道で、なんと3台の玉突き事故!
真ん中のセダン(ティーダだったかな?)はリアのバンパーが完全にツブれて、
トランクもパカっと開いちゃってます。
その前にいたワゴンRはバックドアが若干ヘコんでる程度でたいしたこと無さそう。

そして、後ろからオカマを掘っちゃったのは、Z33の若いに~ちゃん。
クルマはけっこうイジってありました。
ホイールはインチアップしてるし、エアロも付いてて、ローダウンやマフラーも。

パッと見ではさほど逝っているようには見えなかったんですが・・・
止まってるところを見ていたら、フロントバンパーの下から何やら液体が!
ローダウンのおかげ?でティーダの下に潜り込むようにぶつかったんでしょうね。
そうなると見た目以上にダメージは大きいかもしれません。

おそらくLLCが漏れていたと思われるので、ラジエターはアウト!
さらにコアサポートやフレームなど外から見えない部分がけっこう逝ってるかも?
あんまりジロジロ見るわけにもいかなかったんだけど、ボンネットやライト等の
外装部品は当然のようにダメになってるでしょうからね~。

まあ、ティーダのほうがトランクが開いちゃうぐらいのダメージなんですから
ブツけたほうにも相当のダメージがあっても当然の事でしょう。
それでもケガ人は出なかったようで、なによりでした。

それにしても連休初日にやっちゃうとは運が悪いことで・・・
これで連休はクルマ無しになっちゃいましたよね~、かわいそうに。
アベック(死語?)だったので、話に熱中してたんですかね?

豪勢なディナーを食べてもオツリがくるぐらいの出費になっちゃうんでしょうなあ。
あるいは二人で海外旅行に行けたぐらいかも・・・
まあ、新しいクルマなんで車輛保険に入ってるかな?

みなさんも、連休中のお出かけのさいにはご注意くださいね。
一瞬で天国から地獄になっちゃいますから。
その後も気分はブルーなまんまですし・・・

私は休みの間、実家に帰る以外予定が無いんで大丈夫だとは思いますが。
しかし、明日は我が身と思って気を付けなくっちゃ!

by AutoReference | 2010-04-30 19:02 | 今日のオートリファレンス | Comments(2)

気分も新たに再スタートです!

いろいろあった某「みん○ラ」から引っ越してきました!
今日から気分も一新して再スタートです。

1週間以上の間ブログの無い状態になっていましたが、
復活を望んでくれる方々もいらっしゃったので、「早く復活しなきゃ!」と思ってました。

前のとことはやり方なども違うと思うので、当面は戸惑いながらの更新になるかもしれません。
なんせ新しいことに付いていくのがシンドイ年齢になってきたもんで・・・

優しい目でおやぢを見守ってくださいね!



さあ、それでは復活第1弾のネタは!

噂のハイブリッドカー
ホンダCR-Z来店!
 
 
 
d0156040_15181376.jpg


当店の常連さんが購入されたクルマです。
わりと早くにオーダーを入れてあったので、この時期の納車になったようです。
前に乗っていたクルマがけっこう調子が悪かったので、待ちに待った納車でした。
(いつ止まるかとヒヤヒヤだったそうで・・・)







d0156040_15211671.jpg


リアフェンダー廻りのデザインも独特ですよね~。
この膨らみは3ナンバーボディーだからこそできることですよね。
かつてのCR-Xに比べればかなり大柄にはなっていますが、
まあ、大柄なボディーは全体的な流れなんで仕方ないことですけどね。

デザインの雰囲気はソレっぽく仕上がっていますよね。
購買層も40歳前後のCR-Xにハマっていた世代の人が多いんだとか。
最近はスポーツカーが少ないですからね~。
あっても、Zとかは高いし・・・







d0156040_15281268.jpg


オレンジ色のブッ太いハーネスが目を引く以外には、
これと言ってハイブリッドカーを感じさせる部分の見当たらないエンジンルームです。
乗っていてもプリウスほどの違和感は無いかもしれませんね。

これからはこういったカタチのスポーツカーが増えてくるんでしょうね。
いまでもレクサスLSなんかはパワーを出すためのハイブリッドですし・・・
なんかアメリカからはハイブリッドのスーパーカー(古っ!)が輸入されるそうだし・・・
(ハイブリッドじゃなくEVでしたね。)

まあ、モーターはトルクがガツンと出るので、スポーツカーには向いているのかも?

でも、おじさんは昔ながらのエンジンサウンドも
スポーツカーの重要な要素だと思っちゃうんで何か物足らないカンジが・・・
そういった考えはもう古いんでしょうかね。

by AutoReference | 2010-04-27 15:44 | 今日のオートリファレンス | Comments(5)