<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

進化剤施工!★S2000★エンジンに!

ここのところ暖かい日が多くなってきましたね~。
まあ、もう3月も終わりですので、当たり前ちゃあ当たり前の事なんですが・・・


今日は進化剤ネタです。

クルマは・・・





S2000!










d0156040_19105158.jpg


エンジンに施工しました!
オーナーさんは進化剤の事は以前から知っていたそうなんです。
同僚の方が施工されたそうで、その体感効果を聞いたらしいのですが・・・
「そんなに変わるわけ無いじゃろ~~」と信じていなかったみたいなんです。

先日他の作業で来店された時に、ウチが進化剤を扱ってることを知ったので
イロイロとお話をしていたんですよね~。
そこで一丁やってみましょうか!ってことになったんです。

いつものように施工中からエンジン音が静かになっていきました。
「話には聞いとったけど、ホンマに静かになったな~」と一言...
どうやら施工を決断したのに、本心は半信半疑だったみたいですね。(笑

走行距離が12万kmをオーバーしているクルマでしたので、
3回施工をオススメしたのは言うまでもありません!!

by AutoReference | 2012-03-30 19:20 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★フィット ハイブリッド★

相変わらず リジカラ が気になっている方は多いようですね~。
このブログの検索ワードでは依然トップ独走中です!
記事別ランキングでは先日アップしたジムニーネタが急上昇でやられてますが・・・
まあリジカラは数台分アップしているんで、分散してしまいますからね。




本日のクルマは・・・





フィット ハイブリッド!








d0156040_17591042.jpg


先日進化剤の施工とタイヤ交換をしたクルマです!
今回クルマの写真を撮り忘れたので、前回のを使いまわし・・・(笑

純正のタイヤノイズがうるさいからと言うことでレグノGR-XTに交換したんですが、
今度は乗り心地の硬さが気になってきたようなんです。
「ショック・サスでも換えようかな?」とのご相談でしたが、
別に車高は落とすつもりが無いってことだったんで、リジカラをオススメすることに。

前後とも設定がありますんで両方装着しました。


まずはフロントから・・・






d0156040_187178.jpg


フロントの装着場所は矢印の部分3ヶ所です。(左右で6ヶ所ですね。)
この写真は車輛右側部分ですので上側がフロントになります。
サブフレームをボディーに固定している部分になるんですが、ちょっとわかりにくいですかね?






d0156040_18102872.jpg


同じく右側(運転席側)を横から撮るとこうなります。
 のボルト部分にリジカラが入ります。






d0156040_1815513.jpg


フロント用のリジカラは10ピースです。
同形状の物が2個ずつあるので4種類の形状ですね。



ではまず  部から・・・







d0156040_18184546.jpg


3ヶ所のボルトを緩めてサブフレームを少し下げます。
ボルトを抜いてリジカラをはめた状態の写真で、ボルトはまだ全然締まっていません。
いつものように茶色いグリスにまみれているのがリジカラです。
上側のリジカラはグリスでボディー側に貼り付いていますね。

全てのボルトを順番に抜いてリジカラをはめます。
それから少しずつボルトを締めていくっていう作業手順になります。





d0156040_18233573.jpg


ハイ、定番の図解です。
サブフレームの上下をリジカラで挟むようになっています。
ボディーのボルト穴も大きめな径になっているので、リジカラ(1)の突起がはまり込みます。






d0156040_1827717.jpg


ボルトを締めこむとこうなります。
上側のリジカラはほとんど見えませんね。
ボルトの上側で光っているのがリジカラ(2)です。





続いては  部です。


d0156040_1835289.jpg


ここもサブフレームの上下に入れて挟み込むようになります。






d0156040_18365032.jpg


ここのボディー側の穴は径が大きくなっていませんので、
リジカラ(3)には上側の突起がありませんね。







d0156040_18382642.jpg


締めこんだカンジは  部と似ていますね。






続いて  部です。



d0156040_18405165.jpg


矢印の先にかすかに写っているのがリジカラです。







d0156040_18414389.jpg


この部分はサブフレームがボックス形状になっていません。
鉄板2枚ぐらいを溶接してあるだけのような薄い構造なので上側に入れるだけでOKなんです。
こちらもボディー側の穴径は大きくないので、上側の突起はありませんね。






d0156040_18454477.jpg


下側にリジカラが無いんで、締めるとほとんど見えませんね。








続いてはリア側です。

フィットのリアは けいんさん のクルマでもやりましたね。
RSもハイブリッドも構造は同じなんですよ!



d0156040_18543754.jpg


フィットのリアはサブフレームの無いリジッドアクスルなので、2ピースのみですね。
そのかわりフロント用より大きめの個体ですが・・・
数が少ないってことはそれだけリーズナブル!
リアだけならアライメント調整も必要ありませんからね。

この写真は1個ずつ裏返して撮っています。
左側の中央にある突起が隙間を埋めてくれる部分になります。







d0156040_1849751.jpg


取付け場所は矢印のボルト部分になります。
アクスルビームの根元をボディーに固定しているボルトですね。







d0156040_18531467.jpg


ボルトを抜きかけた状態の写真です。
矢印の先にある隙間がわかりますかね~?(白く写っている部分です。)
黒っぽいのがボディーなんですが、その穴径とボルト径がかなり違います。
この隙間に先ほどの突起が入っていくんです。

でもフィットってここの隙間が大きいように思います。
って、このタイプは他にスイフトスポーツとエスティマしかやってませんが・・・
スイスポと比べるとあきらかに大きいと思います。







d0156040_199044.jpg


アクスルビームと書いてある部分には実際にはブッシュが付いています。
で、ボルトがそのブッシュのセンターを貫通して固定しているんですよね。
(正確にはブッシュのセンターにあるカラーが固定されてるんですが・・・)







d0156040_19113673.jpg


ボルトを締めるとこうなります。



今回はフロントもありましたんで、アライメント調整もやりました。
サブフレームの位置が変わるってことは、アーム付け根の位置が変わるって事ですからね!

工賃やアライメントの費用まで含めると、決して安く無い価格になってしまいます。
でもその効果を考えたら高い買い物にはならないと思いますよ。
あんな小さなパーツでここまで変わるのか!と驚くことでしょう!!

そのあたりが口コミでどんどん人気になっているリジカラの秘密でしょうね。

by AutoReference | 2012-03-23 18:33 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★スズキ ボルティー250★

今日は進化剤のバイク施工です!
大小合わせるとこれで7台目ぐらいのバイク施工になりますね。







スズキ ボルティー250!








d0156040_1537261.jpg


このバイクのオーナーさんは以前プレオにエンジン・MT・デフの施工をしています。
クルマで効果が体感できたんでバイクにも!ってパターンですね。

オイル容量が1.3Lでしたので、40ccを注入しました。
バイクは点滴での施工ができない場合が多いんですよ。
エンジンを掛けたままフィラキャップを開けるとオイルが吹いてくるんですよね。
その場合にはエンジン止めた状態で10cc注入します。
そしてエンジンかけてしばらく待ちます。(少し回転を上げたりしながら・・・)
で、また止めて注入ってパターンの繰り返しなんです。
今回は40ccでしたんで、コレを4回やりました。

バイクはオイルがエンジンとMTの共用になっていますんで、
1度の施工で両方に効果が出るようになるんです。
1粒で2度オイシイってヤツですね!(笑

このバイクは単気筒のエンジンです。
単気筒ってマルチシリンダーと比べて音や振動が大きいんですよね。
特有の「トッ、トッ、トッ・・・」ってカンジの。
普通のバイクより効果が体感しやすいかもしれませんね!

by AutoReference | 2012-03-20 15:55 | 進化剤 | Comments(0)

サーキット走行会のお知らせ!

当店主催の走行会は2009年の秋を最後にもう2年ほど開催しておりません。
年々参加台数が減り続け、開催の度に赤字が・・・
という状況でしたので、なかなか1店舗での開催が難しかったんです。

ずっと参加していただいていた常連さんからは
「走行会やらんの~?」と言われており、心苦しかったのですが・・・

今回、当店主催では無いのですが、走行会の話が来ましたのでお知らせします。
大阪の卸屋さんが主催の走行会です。
この経済状況ですのでウチに限らず開催を断念していたお店が多かったようです。
当店だけでなく関西・中国方面のお店と取引のある会社ですので、
「数台ずつのエントリーでも何店も集めれば・・・」ということのようです。

概要は下記となります。


*日時  4月24日(火)
*会場  岡山国際サーキット
*料金  ¥18、900
     30分X3本(計測あり)
*台数  40台
*主催  モータースポーツ事業運営協会
*後援  ㈱タカマ大阪

*タイムスケジュール
  8:30~9:30  受付
  9:45~10:10 ドラミ
 10:30~11:00 1本目
 13:05~13:35 2本目
 14:55~15:25 3本目
 16:00~      表彰式


後援の㈱タカマ大阪って会社がその卸屋さんです。
ウチの担当セールスさんがメインとなって開催するようです。
(過去にFDでウチの走行会にも参加したことがある人なんですよ。)
とりあえず今回はお店を限定して、自分の担当のお店にだけ話をしているようですね。

参加資格・車輛規定・服装などは当店の走行会と同じような内容となっています。
全走行枠がフリー走行です。(模擬レースはありません。)
当然ながらいろんな車種の混走になりますので一般的なマナーを守れる方になります。
車輛も不適切と判断された場合には走行できません。
まあ、このあたりはどこの走行会に出ても同じですけどね。

参加要項・エントリー用紙は当店にありますので、ご希望の方は取りに寄ってくださいね。
募集台数が40台と少なめですので、お早めにエントリーしてください。
先着順のようですので、ウチの時とは要領が違うと思われますので・・・

尚、当日は火曜日ですので当店スタッフは現地には行きません。
各自トラブル等が出ないように準備は万全でお願いしますね。
もちろん遅刻してもモーニングコールはしませんよ!(笑


走りたくてウズウズしていたアナタ!
ぜひご参加くださいネ!!

by AutoReference | 2012-03-15 18:56 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

進化剤施工!★ワゴンR★エンジン2回目!!

今日は溜まりネタではなく進化剤ネタです。





クルマは・・・




ワゴンR!








d0156040_1923582.jpg


エンジンに2回目の施工です。
前回の施工から約4000kmぐらいの走行距離のようですね。
オイル交換のタイミングでの施工となりました。
このクルマは先日2回目の施工をしたランクスの方のセカンドカー(奥さんカー?)なんです。
期間はそこそこたっているんですが、チョイ乗りばかりだったんでしょうかね?

息子さんが免許を取ったので、このクルマは息子さんが乗るようになるんだとか・・・
そうなると今後は距離も延びそうですね~!
進化剤の性能も存分に発揮できますよ!!

by AutoReference | 2012-03-13 19:30 | 進化剤 | Comments(0)

ジムニー★JB23★ステアリングジャダー修理!

久々に進化剤以外のネタです。
サボリ気味にしているうちにネタがドンドン溜まっちゃって・・・



本日の患者さんは・・・




JB23ジムニー!






d0156040_1373159.jpg


進化剤の施工もしている常連さんのクルマです。
オイル交換もマメにしているし、メンテにもそこそこお金を掛けてはいますが、
いかんせん年式がそれなりですのでアチコチにトラブルが・・・

今回の修理はステアリングのジャダーです。
わりとキレイな道を走っている時でもちょっとしたギャップとかがあると、
そこからステアリングがブルブルとブレだして止まらなくなるんだとか。
調べてみるとこの症状はこのクルマの持病のようです。

マニアックなオーナーが多いだけあって対策パーツも出ているんですね~。
ステアリングジャダーストップキット!
なる物が発売されているんです。
価格もさほど高くないんで、とりあえずやってみようかということに・・・

ところがよくある話で「どうせやるんなら・・・」って事になってしまいました。







d0156040_13585716.jpg


キットは3種類のパーツで構成されています。
そのひとつがコレ!
ナックルにタイロッドエンドがはまりこんでいる部分の固定ナットです。
手前の純正ナットと比べると見るからに頑丈そうですね~。
当然ながらネジ径は同じなんですが、工具を掛ける部分がサイズアップ!
さらにいわゆるフランジタイプのナットになっています。








d0156040_13592132.jpg


タイロッドエンドのナックルにはまりこむ部分はテーパー状になっているんです。
ナットを頑丈な物に変更することで、大きなトルクで締められますから、
テーパー部が奥までキツクはまりこんで、ガタが無くなるっていう原理でしょうね。










d0156040_13595084.jpg


ナックルやハブ廻りがバラバラになってます。
これが「どうせやるなら・・・」の作業になります。
キットの装着だけでなく、ハブ廻りのベアリングも新品にする事になりました。
もしかしたらベアリングが原因で症状が出ているかもしれませんので、
完ぺきに直したいとのご要望でしたんでね。

しかし追加のほうが本来の作業より高くつくことになりましたけど・・・







じつはハブをバラす時に問題が発生してたんです。
それがコレ!
  ↓




d0156040_14122030.jpg


なんか変テコなナットですよね~。
普通の工具では緩めることが出来ません。
今回はベアリングと一緒にこのナットも新品を取り寄せていたので、
「壊れてもイイや!」って感じでタガネでガンガン叩いて緩めました。


このナットがどこに付いているのかと言いますと・・・





d0156040_14281683.jpg


番号が水色になっている#12の部分です。
ハブをスピンドルに固定しているナットなんですよ。


パーツリストの図だとわかりにくいかな?





d0156040_14312257.jpg


そこで最近マイブーム(笑)の図解です。
先ほど「ハブをスピンドルに固定」と書きましたが、
正確には「ハブベアリングをスピンドルに固定」という構造になりますね。
さらに詳しく言うと「ハブベアリングのインナーレースを・・・」って事ですが。

どちらにしても重要なパーツである事には変わりありません。
緩める時にはタガネでブッ叩きましたが、締める時にはそうはいきませんよね。


そこで・・・






d0156040_14375646.jpg


ディーラーさんから専用工具を借りてきました。
この工具の突起がナットの穴に嵌まり込むっていうかっこうですね。
これで一件落着となるはずが・・・

工具のサイズが合わない!!

2ヶ所のディーラーさんから合計4~5個借りてきたんですが、全てサイズが違ってました。
「このクルマの作業が入ったらどうするんだろう~?」って心配になりましたよ。
ディーラーが「工具が無いんで出来ません」とは言えないでしょうにね~。
結局ウチで工具を自作してなんとかなりましたけど・・・






d0156040_1445573.jpg


工具の目途がついたところで作業の続きです。
まずはハブベアリングを新品に交換します。
外したベアリングは極端には傷んでいませんでした。
とは言え手で回してみるとそれなりの違和感は伝わってきます。






d0156040_14481147.jpg


続いてはキングピンベアリング
こちらは見た目からしてすでにもう...
手で回すと「ゴ~リ、ゴ~リ」って逝っちゃってるベアリング特有の感触がありました。


このベアリングが付いている場所は・・・






d0156040_1452076.jpg


ホーシングの両端がこんなボール状の形になっています。
このボールの上下に開いている穴にベアリングが嵌まります。




ではココでもご期待にお応えして!(笑





d0156040_14542785.jpg


はい、図解です!
ホーシングのボール状の上下の穴にキングピンベアリングのアウターレースがはまります。
インナーレースにはキングピンがささっていて、これがナックルに固定されています。
つまりナックルはベアリングでホーシングからフローティング構造になっているんですよね。
これによってハンドルをきった時にナックルが回転するようになっているんです。

この構造は今となってはジムニー特有の物ですね。
最近の乗用車はフロントにホーシングなんかありませんので、こんな構造にはなっていません。
って言うかランクルとかの4WD車でも独立懸架ですもんね。

一般的なストラット車に置き換えると、アッパーマウントのベアリングと
ロアアーム先端のボールジョイントがキングピンベアリングに相当する構造ですかね。







d0156040_15232495.jpg


キットのふたつ目です。
キングピンベアリング用のシムです。
このシムを入れることでベアリングを押さえる力が強くなり、プリロードが掛ります。

一歩間違うとベアリングの寿命を縮めかねませんが・・・
なにしろ通常より強くベアリングを押さえつけるわけですからね~。
ただ、このキットを使っているクルマは多いみたいですので、
問題があればすでに発売中止になっているでしょうね。

今回はキングピンも新品にしました。
再使用しても問題の無いパーツだとは思いましたが、念のため・・・






d0156040_15304837.jpg


キットのパーツ最後はコレです。
ジャダーストップリング!

奥に写っているのがノーマルのリングです。
キット物のリングには透明の樹脂が付いているのがわかりますか?
ノーマルには付いていませんよね。







d0156040_15385334.jpg


ココに装着されます。
先ほどの図解でナックルの内側に水色で書いていた部分です。
樹脂の厚みの分だけホーシングのボールにナックルを強く押し当てるようになってます。


こうしてみるとこのキットっていうのは全て「より強く押し付ける」プリロード系ですね。

・ナットを頑丈にしてタイロッドエンドのテーパーをナックルに強くはめこむ。
・シムを入れることでキングピンベアリングを強く押し付けてプリロードを掛ける。
・ナックルをホーシングに樹脂の厚み分強く押し付ける


と言うことになります。
つまり各部にプリロードを掛けてガタを無くし、ジャダーを抑えるって事ですね。
ナット以外はベアリングを換えずに誤魔化すパーツのようにも思えますが・・・(笑

今回はちゃんとベアリングも換えてますんで、より効果は大きいでしょうね。
まあ、その分キットのみの装着よりかなりお高くなっていますけどね。







d0156040_15524329.jpg


今回交換したパーツです。
そこそこの金額にはなりましたが、メンテナンスの一環だと思えば・・・
これでまた気持ちよく乗れるんならOKじゃないでしょうかね。


で、肝心の結果は・・・
バッチリ止まりましたよ!ジャダーが!!
「あれほどブレていたのがウソのよう・・・」なんだそうです。
キット装着とベアリング交換を同時にやったので、どちらが効いたのかは不明ですが、
おそらく相乗効果があったろうと思っています。

年式の古くなったクルマを永く乗るためにはそれなりのコストが掛ります。
しかしお気に入りの愛車を維持するためだと思えば・・・
ベテラン車のリフレッシュ作業なら得意としていますんで、お気軽にご相談ください!
なんせウチの店はスタッフの年式も古いもんで・・・(笑

by AutoReference | 2012-03-12 14:54 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

進化剤施工!★コルトVerR★エンジンに!!

ここのところ進化剤のネタばっかりになってますね~。
じつは他のネタもたっぷりと溜まっているんですが...
サボってないでさっさとアップしないといけませんね~~。


本日のクルマは・・・






コルトVerR!









d0156040_18284516.jpg


エンジンに2回目の施工です!
このクルマはMTにはすでに2回施工済なんです。
最初にお試しでMT施工をして、前回2回目のMT施工とエンジンへの施工をしました。

エンジンへの効果のほどを訊ねてみたら・・・
「すごく変わりましたよ!」とのこと。
まあ、効果が体感できなかったら2回目の施工はしませんよね。
今回もさらに進化剤効果を楽しめると思いますよ~。


施工後にオーナーさんからリジカラの話がでました。
やはり進化剤を施工した方はリジカラにも興味津々なようですね~。
コルトは他のクルマに比べても効果が大きく感じられると思いますので、オススメの商品です!
もちろん前後装着がベストですけどね!!
お試しでリーズナブルなリアだけっていう手もありますが...

以前に装着したクルマでの試乗体験から言うと、フロントのほうが効果大かも?・・・

by AutoReference | 2012-03-11 18:38 | 進化剤 | Comments(0)

進化剤施工!★フィット ハイブリッド★エンジンに!!

今日も進化剤ネタです。




クルマは・・・





フィット ハイブリッド!










d0156040_197512.jpg


エンジンに施工しました!
そういえばハイブリッド車への施工は初だったはずです。たしか・・・
元々エンジン音はけっこう静かなんですよね~。
室内だとほとんど聞こえないぐらいです、さすがハイブリッド!!
でも、ボンネットを開けるとそこそこの音はしています。
遮音性がけっこう良いって事なんでしょうかね?

いつものように施工中から効果アリ!
静かなエンジンがさらに静かになって行きました。
ただこのクルマのエンジンも最近流行りの後方排気タイプ。
なのでインジェクターが手前に付いているんで、カチカチ音が良く聞こえます。
エンジンノイズが静かになるんで、余計にその音が目立ってきちゃいます。
なんせインジェクターには施工できないんで...


本来の来店目的はタイヤ交換だったのです。
(ついでに進化剤もやっちゃいました!)
クルマが新しいですから、まだまだタイヤ交換の時期では無いんですが、
純正タイヤがあまりにもうるさくってガマンできないそうです。
もちろん静かさに定評のある レグノGR-XT を装着しましたよ!

by AutoReference | 2012-03-05 19:21 | 進化剤 | Comments(0)

進化剤施工!★エッセ★デリカD:5★

最近暖かい日が多くなったな~と思っていたら、気付けばもう3月ですね。
結局ここらへんは今年も積雪も無く...寒いだけの冬でしたね~。
タイヤ屋さんとしては残念な限りです!(笑


今日のネタも進化剤です!

まずは常連さんの・・・





エッセ!













d0156040_166564.jpg


MTに2回目の施工です。
元々シフトが入りにくいという持病のあるクルマのようですが、
最初の施工で劇的にフィーリングが向上したんですよね。

人間っていうのは贅沢な生き物なもんで...
一度良い状態を体感してしまうとそれが当たり前になっちゃって、
少しでもフィーリングが悪化してくると我慢できなくなるようなんです。(笑
現状でも施工前よりは良いと思いますが・・・

施工後さらに良くなったのは言うまでもありません!!








続いては・・・


デリカD:5!









d0156040_16123059.jpg


エンジンに施工しました!
少し前に他の件の問い合わせで初来店されたんですが、
その時に進化剤の話とかをアレコレしていたんです。

けっこう燃費とかを気にされていて、燃費向上のための問い合わせだったのですが、
あまりオススメできるような方法じゃあ無かったんですよね~。
そこで「そんな物より進化剤のほうが効くと思いますよ!」ってカンジで。

進化剤を施工することで確実に燃費は向上します。
ただしそれは今までと同じ乗り方をする事が必要なんですよね。
進化剤効果でレスポンスとかも向上しますんで、走るのが楽しくなってついついアクセルを・・・
って方がけっこう多いんです。
今までよりアクセルを余分に踏んでしまったんでは燃費の向上は望めませんので...

また、エンジンの音が静かになっているので、回転が上がっているのに気付かない事もあります。
気付けばけっこうなスピードが出ていたって事もありえますんで、
お巡りさんにも注意が必要です!!(笑

by AutoReference | 2012-03-03 16:22 | 進化剤 | Comments(0)