<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

進化剤&ミスリル施工!★フィットRS★マーチ12SR★

みなさんゴールデンウィークを満喫中ですかね?
そういえば私が子供の頃ってまだゴールデンウィークって言葉は一般的ではなく、
「飛び石連休」って言ってたような気がします。

「みどりの日」なんて無かったし、振替休日っていうシステムもね・・・
だから祝日は4/29・5/3・5/5って飛びとびだったんですよね~。
そういや29日は「天皇誕生日」だったな~。

当店もゴールデンウィーク期間中
5/3(金)~5(日)
休業させていただきます!

ご迷惑お掛けいたしますが、よろしくお願いします。



本日は進化剤&ミスリル施工のネタです。

まずは・・・
けいんさん の・・・





フィットRS!







d0156040_1781077.jpg


エンジンに 5回目! の施工となりました。
通勤距離もそこそこあるみたいですし、休日の長距離走行も多いので
まだ初回車検の前なのにすでに10万kmに迫りつつあるんです。
走行距離の出てるエンジンの保護に進化剤は最適です。
定期的なメンテナンスの一環としてオススメですよ~~!!



ミスリルも施工しました!

d0156040_17145633.jpg


サイドシルのミミ部分です!
ボディー剛性関係ではリジカラ装着部・リアゲートに次いで施工台数の多いポイントです。

このクルマはウラ面にコーキングがけっこう塗ってあったので表に施工しました。
ボディーの塗装程度は施工に全く問題ないんですが、
さすがにコーキングほど厚みがあるとミスリルが浸透していかないんですよね~。
サイドステップが付いているんで表でも全然目立たないんでOKですね。




続いてもミスリル施工です!!

クルマは・・・




マーチ12SR!







d0156040_1720921.jpg


リアゲート開口部に施工しました。
このポイントは最近人気急上昇中なんですよね。
Kカー・コンパクトカーからミニバンまで、いろんな車種で効果が確認されています。
まあ、クルマの開口部の中で一番大きく開いていますし、
なかなか補強も難しいポイントですから、ミスリルの効果も大きいんでしょうね。

で、やはりホワイトボディーにシルバー塗装はわかりにくい!(笑






d0156040_17253690.jpg


続いてはサイドシルのミミ部分!
ってこのクルマはミミが無いじゃないですか!!

良く見るとミミと思われる部分をフロア側に折り込んでいるみたいです。
鉄板の合せ面がフロアの端のほうにありましたので、その合せ面に沿って周辺に塗りました。
今まで何十台以上もマーチのリフトアップをしてきましたが、
ミミが無いってことに今回初めて気付きました。(笑
まあ、ジャッキポイントはちゃんとあるんで今まで気にして見て無かっただけですが・・・
他にもミミの無いクルマってあるのかな~?






d0156040_17321093.jpg


ついでにサブタイコも!
このクルマはマフラーを交換してあるのですが、その他の部分はノーマルのままです。
なのでまずは手始めにってとこですかね。
今後触媒やらEXマニやらも視野に入っていくんでしょうかね。
















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-29 18:47 | 進化剤 | Comments(0)

進化剤施工!★エッセ★MT3回目!!

今日から世間ではゴールデンウィークに突入ですね~。
長いところでは10連休とかあるんですってね?
日頃長期のお休みには縁が無い私からすると、
そんなに長い休みって何するんだろうって思っちゃいますが・・・

と、言ってる当店でもゴールデンウィーク期間中
5/3(金)~5(日)
休業させていただきます!

ご迷惑お掛けいたしますが、よろしくお願いします。


本日は進化剤ネタです。
クルマは・・・




エッセ!





d0156040_9244823.jpg


MTに3回目の施工となりました!
このクルマはエンジンにもすでに3回施工していますんで、
エンジン・MTともに3回施工となりました!!

エッセにはMTの入りが渋いという持病があるようでして、
進化剤を施工することでシフトフィーリングが改善されます。
今回MTオイルの交換時期だったので一緒に施工することになったんですよね。
これでさらにシフトの入りも良くなることでしょう!


ゴールデンウィークのおでかけ前に進化剤を施工しましょう!
一般道に比べると高速走行時は効果が体感しやすくなりますし、
定着の度合いも早くなりますのでうってつけです。
進化剤施工でドライブが楽しくなりますよ!!












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-27 10:29 | 進化剤 | Comments(0)

ミスリル施工!4台まとめて!!

一部テスト車輛のみなさんに熱狂的な支持をいただいてるミスリル施工!(笑
あまりにも怪しすぎるせいか、遠巻きに眺めてる方も多いようで・・・
なんせやってるほうが「怪しい」なんて言ってるもんですから、
中々踏み切る勇気が出てこないのかもしれませんね。(笑
最近になって少しずつではありますが、テスト車輛も増えつつあります。

新しいテスト車輛への施工もその都度アップしていきますが、
今日は古参のテスト車輛の方々への施工をまとめて紹介します!



まずは、
けいんさん の・・・





フィットRS!





d0156040_1531085.jpg


触媒に施工しました!
小排気量のNA車は排気系に塗りすぎると抜けが良くなりすぎて
低速域のトルクが減少してしまう危険性があります。
そのため慎重な施工が必要になってくるんですが・・・
触媒は排気系の中でもかなり抵抗の大きなポイントですので、ベタ塗りで施工しました。

最近段々と実績が増えてきてわかってきたんですが、
純正の排気系には少しぐらい思い切って塗ってもあまりトルクの減少は無いようです。
超低速域からのレスポンスアップをトルクの減少と勘違いすることはありますが・・・
アクセルの踏み始めからリニアにトルクが出始めるので、
「トルクの山」が感じられなくなり、それをトルク減少って思っちゃうんですよね。

このクラスのクルマでも、マフラーやらタコ足やらスポーツ触媒が出てますからね~。
それらのパーツってどれも抜けを良くした製品です。
交換してトルクが激減しちゃったらクレームになっちゃいますよね。
トルクへの影響は若干あるものの、レスポンス変化の効果による満足度が高いんで、
商品として成り立っているんだと思います。
なので純正の排気系なら少々ミスリルを塗ってもOKなんじゃないかと思ってます。
まあ、もうすこしテスト車輛での実績が必要ではありますが・・・





d0156040_16525239.jpg


スロットルボディーにも施工しました!

吸排気系で一番施工実績の多いVerRでは両方をバランスさせることで、
相乗効果が大きくなることが確認されています。
いくら出るほうの効率が良くなっても、入るほうが抵抗になってたらってことですね。

ところが最近のNA車はインマニやサージタンクが樹脂製の物が多いんです。
ミスリルも金属にしか作用しませんので、樹脂には施工できないんですよね~。
でもさすがにスロットルまでは樹脂にできませんから、
吸気系では数少ない施工ポイントのひとつですね。

このクルマはインマニの一部がアルミだったので以前に施工しました。
スロットルも早くから候補にはなっていたんですが・・・
ある程度暖かくなって気温が安定してから施工したほうが、
効果がわかりやすいんじゃないか?ってことで先送りしていたんです。

ただ吸気系全体でいえばポイントはかなり限られていますから、
排気系とのバランスを取るためにはエアクリ交換とかも必要かもしれませんね。






d0156040_17115137.jpg


オマケでアースポイントにも施工しました!
スロットルに施工するためエアクリボックスを外したところ、
隠れていたアースポイントが出てきたんでついでに施工しておきました。
なのでエンジンルーム内の他のポイントにも塗っちゃいました!

電気抵抗が減りますので、アーシングとかしてあるクルマにもバッチリかも?








続いてのクルマは、
“雷帝王”fanky617さん の・・・

コルトVerR!


数あるテスト車輛の中でも一番多く施工しているクルマですね。
しかも初施工のポイントが多かったのでテスト車輛としては大活躍です!
そろそろやり尽くした感が漂いはじめてはいますが・・・(笑







d0156040_17183092.jpg


まずはマフラーのパイプ内部!
以前に1本ラインで上側に施工してあります。
今回下側に追加でもう1本!!

排気系に施工したクルマも増えてはきましたが、パイプの内側に施工してるのはこのクルマだけ。
さすがテスト車輛のトップだけありますね!!(笑
写真を撮り忘れちゃったんで、オーナーさんのブログから拝借しました。






d0156040_17215163.jpg


EXマニのウラ側です!
前回の施工で表側をやったんですが、けっこう効果があったそうなんです。
そこで今回ウラ側もやることに!!

手が入りにくくて作業性はかなりきつかったです。
なのでハケ目がきちゃない!(笑
それに直接目視もできないんで鏡を見ながらの施工でしたからね~。
まあ、ボンネット開けても見えるとこじゃ無いんで、ご愛敬ってことで・・・

取り外して塗れば確実に、キレイに仕上がりますが、
ガスケットとかの交換も必要ですし、工賃も掛っちゃいます。
そうなると「手軽で大きな効果!」っていうミスリルのメリットが減っちゃいますからね。
もちろん「外してキレイに塗って!!」と言うご要望にもお応えしますよ!







d0156040_172913.jpg


お次はサイドシルのミミ部分!
通常このポイントはウラ側に施工するんですが・・・
このクルマはウラ側にコーキングがけっこう塗ってあったんですよね。
ミスリルはボディーの塗装レベルであれば問題無く作用するんですけれども、
さすがにコーキングほどの分厚さになると無理があります。

コーキングをはがすとなるとけっこう手間が掛りますんで、表側に施工しました。
サイドステップが付いていますんで、のぞきこまないと見えませんからね。





d0156040_17445698.jpg


リアのスタビにも施工しました。
社外品の強化スタビを装着してるんで青色ですね。
ミスリルを施工するとただ硬くなるのではなく、しなやかさも出ますので乗り心地も良いです。







d0156040_17465895.jpg


ラストはホイールのウラリムです!
以前に2本リングでの施工をしてあります。(黄色の矢印部)
それぞれの施工で効果が体感できたので、今回はリムの一番端に施工しました。(緑の矢印部)

ホイールに施工すると強度が上がって真円度が増します。
乗り心地が良くなったり、タイヤが軽く回っているような感覚になります。
細かいタワミや湾曲が少なくなるので、ホイール全体の剛性が高くなるからだと思われます。

このホイールはウラリムがカールリムになっていますね。
リムの端を折り曲げてカールさせることで強度を上げているんですよね。
ホイール全体の強度アップのためと言うよりは、
扁平タイヤが吸収しきれない衝撃によるリムの曲がりを防ぐためなんです。
ココにミスリルを塗ることでリム強度とホイール剛性の両方がアップするんですよね。


今回の施工は全体的に効果が大きかったようです!
詳しくはオーナーさんのブログにて・・・

かなりアチコチ施工してきましたんで、そろそろ最終形に近付いてきていますね。
しかし一度ハマったミスリルのドロ沼の魅力は底しれませんから、
終わったと思ってもまたウズウズしてくるかもしれませんね。(笑







続いてのクルマも、
コルトVerR!

こちらもテスト車輛として大活躍のクルマです。
この2台+もう1台のVerRの3台がヘビーテスト車輛のため、
他の車種に比べてかなりの実績が積み重なっています。
ありがたいことですね~。






d0156040_1881633.jpg


まずは触媒です!
以前にラインでの施工をしてあったんですが、今回ベタ塗りで施工しました。
他の2台はすでにベタ塗り施工をしてありますので、これで3台ともベタ塗りになりました。

先ほどでもあったように純正の触媒であればベタ塗りでも問題無いと思います。
と言うかベタ塗りのほうがいいかも?ってぐらいでしょうか。
特にターボ車なんで抜けが良くなるのは大歓迎ですからね。
スポーツ触媒に負けないぐらいのパフォーマンスが期待できますよ!
値段は比べ物にならないぐらい安価ですし、本体は純正ですから車検の心配もありません!!






d0156040_18135494.jpg


マフラー手前のパイプの一部にもベタ塗り!
前期型のVerRはパイプが細くなっている部分があるんです。
おそらく絞りを入れることでブーストの上がりを抑えているんだと思いますが、
完全に排気抵抗になっちゃってますよね~。
後期型ではこの絞りが無くなってパワーアップしているみたいなんで、
ここにミスリルを施工するのは正解だと思います!





d0156040_1819778.jpg


マフラーのタイコにクロスラインで施工しました。
タイコの反対側は以前に排気の流れに沿うように2本ラインで施工しています。
ただ純正マフラーは内部構造が仕切り版タイプになっていると思われますので、
ストレートにラインを引いても排気との誤差が出る可能性があります。
タイコを切って内部が見えれば実際の流れに合わせて施工することができますが、
現実問題そんなことはできないんで予測でやるしかないんです。

ストレートにラインを引くのは排気の大きな流れに合わせるためです。
そこで今回クロスラインを引いて上下方向への排気の流れにも作用させるのが狙いです。
これにより排気音の変化も狙ってたりします。
排気系に施工すると音質や音量がその度に変わるんですよね。
さて今回はどんな音色になったんでしょうか?





ラストのクルマは、
RG1 ステップワゴン!


テスト車輛として参入したのはわりと最近なんですが、
すでにトップに迫ろうかと言うぐらいの勢いで施工をやってます!

今回は・・・





d0156040_18314035.jpg


メインのフレームに施工しました!

ボディー剛性関連ではこのクルマが一番多いかもしれませんね。
今まで施工したポイントは
・リアゲート開口部
・フロントドア開口部
・スライドドア開口部
・サイドシルのミミ
・リジカラポイント
・ストラットタワー&バルクヘッド
・エンジンルームサイドのフレーム
・リアフレームの一部
ってぐらいやってます!!

前回エンジンルームサイドとリアのフレームをやって剛性はかなり上がったようです。
フロント・リアそれぞれでリジカラポイントを繋ぐような形での施工でしたので、
強度の面でかなり効果的だったんでしょうね。
ところがその反面、それぞれの剛性が強すぎて前後のバランスが悪くなったようなんです。
硬い箱が前後でバラバラに作用しているみたいな・・・

そこでシャーシの芯といいますか、かなり重要なのが一目でわかるメインフレームに施工!
ここに施工することで前後をしっかりと繋げることができますので、
フロントとリアが一体化するんじゃないかと思います。

でもココってコーキングがけっこう塗られていて作業は大変でした。
スクレーパーではがしてワイヤーブラシでゴシゴシ・・・
手作業だとラチがあかないんで、リューターブラシまで投入しました!


で、効果のほどは・・・

>狙った効果が体感できました。
>良かったところは、乗り心地が良くなった。
>フロントだけやたら硬い感じがなくなりましたね。
>全体的にかっちりした感じです。
>後は、ミニバンらしからぬ自分を中心にして車が曲がっていきますね。
>攻めない程度のペースなら軽快なハンドリングです。
>カートみたいな感じです。


だそうです。

足廻りが柔らかく感じられるようになったので、
車高調のプリロードや減衰力を変えたりして試しているようですが、

>とりあえず、フロントはプリロードを5㎜くらいかけました。
>前は2㎜位で突き上げが出てましたが、今回はまだかけてもよさそうなくらいです。
>リアは減衰力をあげました。
>これで、乗り心地はかなりフラットになりましたね。
>コーナーの踏ん張りもいい感じです。
>両輪が乗っかる段差もかなり衝撃が減少しました。
>どうもフロントは動きすぎてバンプタッチしまくってた可能性が大です。
>オープンカーがフロアーの剛性をあげてるのがわかる気がしました。
>つーか、恐るべしミスリルですね。


ということのようです。
車高を変えていないのにバンプタッチするようになっちゃったってことのようです。
それだけ足が良く動くようになったってことですね。
たしかにミスリル恐るべしですね!!



まだまだテスト車輛募集中です!
オトクなお試し価格でお待ちしています!!
 























d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-23 19:04 | ミスリル施工 | Comments(2)

パワステオイル漏れ修理!★JZA70スープラ★リビルト!!

最近またまたネタが溜まり気味になってきてるので、ドンドン紹介しなくっちゃ!







JZA70 スープラ!





d0156040_18274587.jpg


けっこうな年式なんですが、キレイに乗られてるクルマです。
最近のクルマには無いスタイリングですんでオーナーさんの愛着もひとしお。
ちなみに年末にナビを取り付けたスープラじゃありませんよ!
同じブラックのJZA70ですが、別のクルマです。
(過去にHIDとか装着したクルマです。)

いくら大事に乗っていても、古くなるにつれてトラブルが・・・
こればっかりは避けては通れません。

今回はパワステのオイル漏れなんです。
確認したところけっこうな漏れ具合でして・・・
リビルト品を使って修理することになりました。





d0156040_18264452.jpg


まずはパワステポンプ!
漏れたオイルでドロドロですね~。
オーナーさんによるとかなり前から漏れは始まってたみたいなんですが、
ここに来てシャレにならんレベルになったので修理に踏み切ったみたいです。
たしかにかなりキテますね~!(笑






d0156040_18372351.jpg


リビルト品のポンプです。
当然ながらキレイですね~って当たり前か・・・

リビルト品っていうのは外部のボディー等は再使用して、
ベアリングやオイルシール等内部の消耗部品を新品に交換した物なんです。
つまりリビルトメーカーがオーバーホールをした物ってことです。
そのため外したポンプはメーカーに送り返します。
で、それをまたオーバーホールして次のお客さんにってパターンです。

ウチでオーバーホールしようかとも思ったんですが、
内部の部品で欠品の物があったりして・・・
さらに工賃を考えるとリビルト品のほうが安上がりなんですよね。
エンジンやMT・ドラシャ等にもリビルト品の設定がありますけど、
いずれもオーバーホールするより安上がりな物が多いですね。






d0156040_18454390.jpg


装着後の写真です。
オイルタンクは一旦取り外して洗浄してあります。
走行距離を考えると内部に汚れやゴミが溜まっている可能性が高いですからね~。
新しいポンプがゴミのせいでトラブっちゃたら台無しですもんね。






d0156040_18493668.jpg


ギアボックスもかなり漏れていましたんで交換しました。
もちろんこちらもリビルト品ですよ!
これで当分は安心ですね。





今回パワステ以外にもオイル漏れの箇所があったんです。
それがコレ!



d0156040_18525742.jpg


何だかわかりますか?
最近のクルマにはまず付いていない部品です。
オイルでけっこう汚れてますね~。

ハイドロリックモーターって名称の部品なんですが・・・





d0156040_18545022.jpg


ラジエターファンを回す部品だったんです。
なんとこのクルマはファンが油圧式なんですよね~。
最近のクルマはほぼ100%電動ファンだと思いますんで、まずお目に掛ることの無い部品です。
当時としてはかなりお金の掛ったシステムだったと思いますが、
今となっては???ってカンジですかね~~。(笑

まあ、電動ファンもモーターやリレーの故障で突然回らなくなることはあります。
油圧式だと回転ゼロになる可能性は低いのですが、今回のようにオイル漏れになったり、
専用のポンプとかも必要ですのでトラブルの元になる箇所も増えます。
現在電動ファンが主流ってことから、この方式はベストじゃなかったってことでしょうか?
(コストの面も大きかったと思いますけど。)
時代と共に消えていく運命にあったシステムってことなのかな?

それに油圧式だと整備性も悪いですし・・・
今回思い切って電動ファンにしてしまうって選択肢もあったんですが、
ファン以外にもリレーやら水温スイッチやらの部品点数が必要になるんで見送りました。
トータルするとけっこう高くなっちゃうんでね。

この部品はリビルトではありません。
さすがにこのあたりの部品までは設定が無かったので純正新品部品です。
(つまり需要が少ないってことです。)
この年代のクルマになると純正部品もいつ廃版になっちゃうかわかりません。
古いクルマのオーナーさん共通の悩みですよね~。
なのでトラブルの出た部品は供給のあるうちに思い切って換えちゃうのが得策なんです。






d0156040_1914774.jpg


こちらもオイルタンクがありますんで、外して洗浄しました。
パワステと同じくゴミなんかでのトラブル防止のためにね。






d0156040_1916081.jpg


さらに追加でヒーターコントロールパネルもASSY交換しました。
「最近コントロールパネルの調子がおかしいんで交換しといてください!」
とのオーナーさんのご希望で交換しました。
で、交換後エンジンかけてチェックしていたら・・・

ヒーターにしても暖かい風が出ない!?
でアレコレ調べたところ・・・







d0156040_19203893.jpg


コイツが逝っちゃってました。
この部品はエンジンからのヒーターホース途中にあるバルブを開閉する部品なんです。
つまりコイツが作動しないとバルブが開かないんで温水が流れないんです。

「コントロールパネルの不調ってヒーターが効かないこと?」
ってオーナーさんに連絡したらビンゴでした。
このクルマはコントロールパネルがよく壊れるようなんで、
てっきりソレだと思いこんでたみたいなんですよね~。
まあ、外したコントロールパネルはスペアってことでOKですか!?(笑






d0156040_19373822.jpg


ホースが繋がっている丸いお椀型の物の中がダイアフラム室になっていて
負圧でバルブの開閉をする仕組みなんです。
今回逝ってた部品は矢印の部分にあって、エンジンからの負圧を
ダイアフラムに送るコントロールをしているんですよね。

これで無事ヒーターは効くようになりました!(笑


クルマは消耗部品のカタマリですので、メンテナンスは欠かせません。
特に古いクルマになると思わぬところにトラブルが発生します。
当店のスタッフは当時を知るオッサンですので、古いクルマもおまかせください!!(笑













d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-19 20:07 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

進化剤施工!★ステップワゴン★ミスリル施工も!!

いや~~、今朝の地震には驚きましたね~!
このへんであんなに揺れたのは久しぶりなんじゃないでしょうかね?
なんせ「晴れの国岡山」は台風とかが少ない気候の穏やかさだけじゃなく、
地震もめったに無いんで、慣れてないですからね~~。

さすがにあの揺れですから目が覚めましたよ。
さっそくTVを付けたら、岡山は震度4でしたね、けっこう揺れたと思ったんですが・・・
震度6とかっていう揺れはどんなんだろう?
まあ、東北の人からすれば「何言ってんだ!」ってレベルなんでしょうけど。

震源地が淡路島ってことで阪神大震災を思い出しちゃいました。
今日と同じく早朝でしたもんね。
あの日も揺れ始める直前に目が覚めたんだよな~、たしか。
本棚の上の箱が落ちそうになったんで、立って押さえに行った記憶があります。
手を伸ばす直前に落ちちゃったんですがね・・・

同じくすぐにTVを付けたんですが、当時は地震速報なんかはやってませんでした。
たしか「必殺仕事人」だったかの時代劇しか放送して無かったんですよね。
しばらくして地震の情報が流れたんですが、岡山は震度3だったかな?
今日の震度4よりも揺れた気がしてたんですが、時間が長かったのかもしれませんね。

で、その時点では神戸方面の震度は出ていなかったんですよね。
カミさんも起きて見てたんですが、関西方面の震度が高かったんで、
「福井沖の日本海あたりが震源かな~?」なんて言ってたんです。
その時の報道では震源地はまだ不明だったんですよね。
今はすぐに震源地やマグニチュードまで発表されますから、かなり進歩してるってことですね。

その後ニュースに変化が無いんで、また寝ちゃいました。
そしたら7時頃に「スゴイ事になってるよ!」ってカミさんに叩き起こされて・・・
TVから流れる映像に唖然としちゃいました。
あれからもう18年も経ったんですね・・・

岡山でも南海トラフ地震とかの危険性が言われていますが、
自然災害が少ないことに慣れちゃってる県民性ですんで、気を引き締めておかないと・・・



さて話し変わって本日も進化剤ネタです。





ステップワゴン!









d0156040_10423542.jpg


エンジンに2回目の施工です。
施工後はエンジンを掛けたままにしておくんですが、
オーナーさんが帰ろうとクルマに乗りこんで・・・
「前回よりも静かになってますよ!エンジン掛ってるのに気付きませんでした!!」
そうなんです、進化剤は回を重ねてもちゃんと効果が出るんです!
なので当店では複数回の施工をオススメしています。
1回目よりも2回目、2回目よりも3回目って具合に効果が体感できます。
定期的なメンテナンスの一環としては最適ですよ!!



このクルマは ミスリル施工 
テスト車輛としても大活躍してくれています!(笑
先日もアチコチを施工したんです。






d0156040_10493298.jpg


まずはマフラーのタイコ部分!
以前に2本ラインで施工はしてあるのですが・・・
このクルマのタイコってかなりデカイんです。
さらにEXパイプがタイコの中でUターンするような複雑な構造です。
さらにさらに、タイコから出たパイプがもう一度Uターンしてるんですよね~。

前回このパイプのUターン部分に施工して、けっこうレスポンスが良くなりました。
で、今回タイコ内部への効果を狙って、パイプが通っている付近に2本ラインを追加!
まあ、実際の内部構造はわからないんで予測なんですけどね。

効果のほうはと言いますと・・・
低速でのレスポンスが良くなったようです。
ただ超低速域でのトルクが減少したような気もするみたいです。
まあ、レスポンスが良くなってスムーズになったもんだから、
トルクの山が感じられなくなっただけの気がするとも言えますがね。
ATオイルパンの施工でも同じような感覚がありますから。




ボディーやシャーシの補強目的の施工もかなりやっていて、
オーナーさんが目指す方向性の動きに近付いてきているんですが・・・
「低速域でタイヤがバタつく事があるんで、もう少し接地性を上げたい!!」
というご要望がありましたんで・・・




d0156040_1123828.jpg


まずはリア側から!
このクルマはリジカラを装着していますんで、トーションビームの付け根に塗ってあります。
左右の付け根を結ぶようなかっこうで、ボックス形状のフレームがあるんです。
今回このボックスとボディーへの接合部に施工しました。
これで左右の付け根がミスリルでも結ばれた形になりましたね。






d0156040_119791.jpg


続いてはフロント側!
こちらもリジカラを装着してるんで、サブフレームとボディーの結合部に塗ってます。
このクラスのホンダ車はサブフレームの形状が一般的なFF車とは異なります。
横一本の形状では無く大きな四角形になっているんです。

サブフレームはロアアームを装着する部分という役目の他に、
ガラ空きのエンジンルーム下側を左右で繋いで強度を出す役目も持っています。
四角形のサブフレームはさらに前後方向の強度アップも担っているんです。
そのため前側の固定ポイントはラジエターの下側あたりまで伸びてます。

で、ボディーとの接合部っていうのはその四角形の四隅になるんですよね。
当然ながらミスリルもそこに塗ってあります。
今回ボディー側のフレームに施工して、前後の接合部をミスリルで繋ぐ形にしました。
この部分の補強ってけっこう古くからある手法なんですよね。
ダートラ車なんかはココに当て板を溶接して強度を出したりしていたんです。
ミスリルならそんな大掛かりな作業は必要ありませんよ!


で、効果の程は・・・
かなりボディーが硬くなったようです。
「お店を出た瞬間、失敗したかな?と思っちゃいましたよ!!(笑)」
ってぐらいだったようです。
何日か経ってだいぶ落ち着いてきたようです。

今まで施工してきた部分との相乗効果もあるでしょうが、
かなりボディー剛性は上がってるみたいですね。
これからの施工は少々慎重さが必要になってくるかもしれませんね。
なんせすでにかなりの剛性感になってるわけですから・・・
ミスリルは後戻りできませんので!(笑



















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-13 11:34 | 進化剤 | Comments(2)

進化剤施工!★カローラ・ランクス★エンジン4回目!!

なんか最近暖かかったり、寒かったり、日替わりで気温がコロコロ変わりますよね~。
こんな時って体調を崩しやすいみたいなんで、お互いに気を付けましょうね。
気温とはまったく関係ありませんが、背中の筋を寝違えちゃいました。
今朝起きたら背中に激痛が!!
もちろん ラウムスタイン を塗ってきました。
それでもまだ痛むけど・・・





本日のネタは進化剤です!
クルマは・・・







カローラ・ランクス!










d0156040_14314746.jpg


エンジンに4回目の施工となりました!
3回施工を達成したクルマでも、その後定期的に施工してやれば効果が長続きします。
やはり摩耗は進んでいきますから、段々と効果も薄れちゃうんですよね。
まあ、施工していないクルマに比べれば摩耗の度合いは格段に少ないですけどね。

このクルマはエンジンもイジってあるし、そろそろ10万kmが近いし・・・
ってことで良いコンディションを長持ちさせたいからってことでの施工です。
この日は高速使って長距離移動の予定があったんで、
その前に施工しておけば定着も早くなるし、条件としてはベストだったんです。

定期的なメンテナンスの一環として進化剤は最適です。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-11 14:41 | 進化剤 | Comments(0)

サウンドナビ!今度はプレミ!!★DIATONE NR-MZ60PREMI★

またまたまたサウンドナビの取付けです!
過去2台に取り付けたのはレギュラーモデルでしたが、
今回は当店初のプレミアムモデルの装着となりました!!


DAIATONEサウンドナビ!
NR-MZ60PREMI!!
 


http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/carnavi/nr-mz60/index.html


d0156040_9254762.jpg


箱もプレミアムモデルっぽくちょっと高級感がありますね。(笑

最近の市場に出回っている大半のナビとは全くコンセプトの異なる商品です。
大画面や低価格をウリにするのではなく、高音質にこだわった異質のモデルです。

オーディオに興味が無い人からすれば、「三菱で高音質って?」と思うかもしれませんね。
でも三菱電機にはDIATONEっていうハイエンドオーディオのブランドがあるんです。
16cmの2Wayセパレートながら1ペアで50万円もするスピーカーやら、
80万円もするデジタルプロセッサーなんかも発売しているんです。
ホーム用では1本で100万円もするようなスピーカーもあるそうなんです。
左右に置くとすれば200万円ですよね・・・

そういったハイエンドオーディオで培った高音質技術を惜しみなく投入したのがこのモデルです。
あるオーディオショップの方によれば、
通常ではとても考えられないようなコストをかけているんだとか・・・
やはり会社が大手なんでそんなことが可能なんでしょうかね~?
ウラをかえせば、価格以上のクオリティーの商品ってことになりますよね?

元々持っている素性が良いもんですから、そのままポン付けでもイイ音が出ます!
このナビのスゴイところはその上に調整機能が充実しているんです。
その機能は後で説明しますね。
ハードとソフトの両面で高音質のためのシステムを作り上げてるんですね。






装着したクルマは・・・


タント・カスタム!





d0156040_1046595.jpg


サウンドナビの装着車としては、新型ムーヴに続いてダイハツのKカーが2連チャンです。
このクルマも新車で納車ホヤホヤです。
オーナーさんは以前のクルマでも純正ナビに外部アンプを接続したりしてたんですが、
やはりヘッドユニットが純正だと限界がありますよね。
そこで今回は最初から高音質を狙ってのサウンドナビの投入です!








d0156040_1051232.jpg


で、いきなり装着後の写真ですが・・・(笑
レギュラーモデルとの外観上の違いは、モニター廻りのフェイスの色です。
高級感のあるブロンズカラーになってます。









d0156040_1054234.jpg


レギュラーモデルを装着した過去の2台はコアキシャルの2Wayスピーカーでした。
今回はツイーターがセパレートになっている2Wayスピーカー
カロッツェリアTS-C1610AⅡ をチョイス!
サウンドナビは「純正スピーカーでもイイ音が出せる!」ってことが好評価に繋がってますので
トレードインスピーカーでもかなりの高音質が望めるんですよね~。
高級スピーカーを付けるほうがさらにイイ音が望めますが、
そうなると外部アンプやらなんやらで金額が跳ねあがっちゃいますから・・・

ツイーターはダッシュボード上にマウントしました。
コアキシャルはウーハーとツイーターが同軸上になるため、
音の出方のバランスは良いのですが、取付け位置によっては高音が聞こえにくくなります。
ドアマウントのスピーカーだとどうしても下の方に付いちゃいますからね。
そうなると車内の反射やシートやマットの吸収で高音が耳まで届きにくいんです。

その点、ダッシュ上だと耳まで遮蔽物はありませんからね。
ツイーターが上に来ると音場が上がってくるので、臨場感も増す効果もあるんです。
ただ「高音がキンキン来るから・・・」ってことで嫌う方もいますが・・・
そこはサウンドナビの調整機能でバッチリ仕上げることができちゃうんですよね~~!






d0156040_11221497.jpg


当然ながらウーハーはドアにマウントします。
前回のムーヴもそうでしたが装着位置がけっこうドアの上部になってます。
「なかなかやるな!ダイハツ」ってカンジですか?(笑
これもあってムーヴはコアキシャルをチョイスしたんですけどね。

ドア内部の開口部は一般的なクルマと同じ構造ですよね。
そこでトレードインスピーカーと言えば・・・








d0156040_11314344.jpg


いつもの高音質インナーバッフル・ハイグレードパッケージを使って
ドアを音響チューニングしてやりました!
トレードインスピーカーを装着している方にはコレはオススメですよ!!
驚くほどに音が変わりますから、まあいっぺん騙されたと思って使ってみてください。

トレードインスピーカーっていうのは高級スピーカーのようなマグネットの駆動力がありません。
さらに内蔵アンプと組み合わすことが多いんでパワーも小さいんですよね。
そんなシステムで本格的なデッドニングをやると低音がやせる場合があるんですよね。
ドア内部の密閉性が良くなることで、スピーカーのコーンが動きにくくなるのが原因です。

ところがこのシステムはドア内部のビニールシートを密閉材として使うんです。
開口部分のビニールに「遮音シート」を貼ってビビリを抑え、
「防振パット」を内張りで挟むことでビニールを抑えつけるんです。
これによりドア内部での空気の動きをある程度残してくれることになります。
そのためスピーカーのコーンもちゃんと動くことができるんですよね。
もちろんセットで入っているインナーバッフルの高剛性もエエ仕事をしてくれます。





d0156040_11491887.jpg


リアスピーカーは カロッツェリアTS-STH700! 

このクルマの純正リアスピーカーはトランクの両サイドに付いています。
位置が低いんでリアシートの背もたれに隠れちゃってるんですよね。
これだとフロントシートまでは音は届きません。

そこでサテライトスピーカーをチョイスしました。
ミニバンとかでもサテライトスピーカーを装着する方は多いですね。
まあ、純正の構造的欠陥を補うにはこれしかないとも言えますが・・・
大加工するのを前提にすれば他にも方法はありますけどね。

このスピーカーは指向性が無いので、上下両面から360°音が広がります。
フロントシートでもリアシートでも聴き心地が変わらないんです。
本体は小さめなんでパワー感は望めませんが、
邪魔になることも無いしけっこうイケてるんじゃないかと思いますよ。
ブルーのイルミも付いてるんでオシャレですしね。








さて、それではサウンドナビの調整機能を紹介します。



d0156040_1222424.jpg


まずはクロスオーバーの調整画面です。
通常この調整っていうのはマルチアンプシステムじゃないと出来なかったんです。
ところがこのナビではパッシブ接続のスピーカーでも調整できるんですよね~。
じつはコレってかなりスゴイことなんですよ!

しかも左右独立でクロスオーバー周波数やスロープが変えれますし、
それぞれのゲインも調整できちゃうんです。
マルチアンプでもシステムによっては左右独立では出来なかったりしますからね~。

この機能はレギュラーモデルにも装備されています。
今回はパッシブの2Wayスピーカーでしたので画面はレギュラーモデルと一緒ですが、
プレミだけに装備されている機能もあるんです。




d0156040_1283156.jpg


メーカーの見本画面ですが・・・
マルチ+パッシブ接続やパッシブのみ接続で、フロント3Wayのコントロールも可能!
まあ、フロント3Wayなんて組む人は少数派でしょうけど・・・







d0156040_1216299.jpg


続いてはタイムアライメント!
この機能は最近では他社のナビでも調整できる機種は増えていますね。
でもサウンドナビならではのポイントがあるんです。

クロスオーバーと同じくパッシブ接続でもウーハーとツイーターが
別々にコントロールできちゃうんですよね。
そのためウーハーとツイーターを離れた場所にマウントしても
音のバランスをバッチリ調整できちゃうんです。
なので高音がキンキンこないセッティングも可能ってことなんですよね。

この機能もプレミだと・・・




d0156040_12211320.jpg


3Wayの調整ができちゃいます!

2Wayスピーカーにはコアキシャルがありますが、3Wayだと構造上無理です。
ウーハー・ミッド・ツイーターをそれぞれ別の場所にマウントするようになりますから、
このタイムアライメント機能はメチャクチャ重宝しますよね。
せっかくの高級スピーカーでもバランスが取れないと台無しですから・・・

今までならインストールの手法でこのバランスを合わせるしかありませんでした。
そのため取付けに手間と時間がかかり工賃も・・・
プレミならその問題も解消です!!
って3Way付ける人は少数派なんですけどね。(笑

スピーカーの絵の部分に赤い斜線が入っているところがありますよね。
これはそのスピーカーの出力を止めている状態なんです。
つまり右のツイーターだけとか、左のウーハーだけを鳴らすことが可能なんです。
通常の使用時には全く意味の無い機能ですが、セッティングする時には重宝するんですよね。







d0156040_1229412.jpg


最後にイコライザーです!
フロントは31バンドの調整が可能なんです!!
しかも左右独立で!!!
レギュラーモデルはフロント・リア・左右共通の10バンドになります。
通常のイコライザーのように4つのスピーカーが一緒に上下するってことです。

個人的にはコレがプレミの一番のポイントだと思ってます。
他の機能はフロント3Wayのシステムにしなければレギュラーモデルと同じですから。

ただ、ここまでの高機能になると聴感でのセッティングはまず不可能でしょうね。
よっぽど耳の良い人なら可能かもしれませんが、もう超人の領域?(笑
ウチでは車内にマイクを設置して音響特性を測定します。
その測定結果に合わせて調整していきます。

って言うのは簡単なんですが・・・
測定して、調整して、また測定して、って作業を何回も繰り返すんです。
そうやって少しずつ追い込んで理想的な音響特性に持っていくんですよね。
まず一発で決まることはありえないんで、丸一日かかったりすることもあるんです。
でもその結果は確実に反映されますからね~。
調整後のイイ音を聴くと苦労も吹っ飛んじゃいますね!







d0156040_12415070.jpg


コレもメーカーの見本画面です。
注目してほしいのが、色が変わっている200Hzの部分。
左はマイナス方向に調整してあって、右はプラス方向になっていますよね。
他の周波数でも左右でプラス・マイナスが逆転しているところがけっこうあります。

コレは見本だからこういうふうにしてあるんじゃないんです。
実際の調整でもこういったパターンはけっこうあるんですよね~。
スピーカーの特性や、装着位置、取付けの向き、といったさまざまな要因で
左右のスピーカーから聴こえる音が変わってくるんです。

運転席と助手席ではダッシュの形状も違いますし、ハンドルも片方にしかありません。
そのためスピーカーから出た音の反射や吸収の具合も左右で違うんです。
ある周波数は左が強かったり、右が強かったり、けっこうバラバラだったりします。
この機能があれば左右を均等に聴こえるように調整が可能なんです。
これだけでもプレミを買う価値はあると思いますよ~。
まあ、調整がきっちり出来ることが前提の話しにはなりますが・・・







d0156040_15361561.jpg


リアのイコライザーは10バンドです。
それでも左右は独立で調整できるようになってます。

リアスピーカーはフロントに比べれば重要度は低いですが、
車内の空間を考えると遮蔽物などに邪魔される可能性も高いですからね~。
リアも左右独立っていうのはけっこうアリな機能です。



今までに無かったコンセプトの影響で全国的に人気が出ているようです。
やはり高音質を求める潜在的な要望は多かったんでしょうね。

価格はレギュラーモデルが ¥168、000! 
調整機能以外のハードはプレミアムモデルと同じ物です。(フェイスの色は違いますが・・・)
ポン付けでもイイ音が出ますんで、こちらでもかなりの高音質ですよ!

プレミアムモデルが ¥210、000! 

最近のメモリーナビに比べれば少々お高い価格ではありますが、
少し前に主流だったHDDナビとはさほど変わらないレベルの価格ですよね。
この価格で驚きのイイ音が手に入ると思えば、けっして高くはないと思いますよ!
おひとついかがですか!?(笑

























d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-07 16:45 | ナビ&オーディオ | Comments(0)

レビンとトレノ!★TE27&AE86★

今日は珍しいクルマを紹介します。
あるところから委託で持って来られたクルマです。
中古車として販売するために店頭に並べる予定なんです。

そのクルマとは・・・






TE27 カローラ・レビン!

TE27と言えばレビン・トレノの名称を使った初代のクルマですね。
当時セリカに採用されていたツインカムエンジン(2T-G)を
大衆車の代表格であるカローラ・スプリンターに搭載したホットモデル!!

以降、若い走り屋さんたちの憧れのクルマとして、
AE111まで名称が受け継がれていきましたよね。
残念ながらレビン・トレノの名前は消えちゃいましたけど・・・







d0156040_15495880.jpg


せっかくなんでウチのAE86トレノと並べてみました!
最初のレビンとFR最後のトレノっちゅうことになりますね。
AE86はFRだったんですが、セダンのカローラ・スプリンターはFFでした。
AE92以降はレビン・トレノもFFになっちゃいましたからね。

私がAE86を新車で買った頃、(この写真の86じゃなくボロハチのほう)
TE27ってかなり古いクルマってイメージがありましたが、
(なにしろ私が小学生の頃に売ってたクルマなんで・・・)
このTE27はS48年式で、ボロハチはS58年式!
なんと、たった10年しか違わないじゃん!!
まあ、今となっては40年前のクルマと30年前のクルマってことで、
どっちもどっちのレベルですもんね~。(笑

今にして思えば、この間の10年間ってけっこうクルマは進化していますね。
この2台を比較してみると、1600cc、FR、ツインカムって共通点になってます。
一番大きな違いのエンジンは4バルブになってるし、キャブからインジェクションになってます。
リアスプリングがリーフからコイルになり、ブレーキも4輪ディスクに。
しかもフロントはベンチレーテッド、エアコンも付いたし、パワステもね!
リアアクスルはホーシングのままだし、MTも基本は同じ物を使ってたりもしますが・・・
まあ、その後30年でハイブリッドなどさらに進化していますけどね。








d0156040_1623491.jpg


精悍な顔つきでカッコイイですね~!
スパルタンって言葉がピッタリなルックスです。
このスタイルをカッコイイと思うかどうかも年代によって分かれるんでしょうか?

ボディーはかなりキレイな状態ですよ。
前オーナーさんによると元と同じモスグリーンで全塗装してあるようです。








d0156040_16274437.jpg


リアビューもカッコイイです!
年代を感じさせるデザインではありますが、最近のクルマとは一味違いますんで、
かえって新鮮さがあるんじゃないでしょうか。







d0156040_16294239.jpg


このクルマの特徴は何と言ってもコレ!
オーバーフェンダー!!
純正でオーバーフェンダーを装備した数少ない車種のうちの1台です。
たしかトヨタではこのクルマしか無かったんじゃないかな?
まあ、最近SUVとかで貼り付けオバフェンの車種はありますけどね。








d0156040_16402818.jpg


エンジンルームもキレイですね~。
このクルマはけっこうイジってあるみたいなんです。
すぐに目に付くステンのタコ足にオイルキャッチタンク。
ラジエターも変わってるし、電動ファンにプリーザータンクも付いてます。
他にもMSDなどイロイロ付いてますよ。
まあ、エアコンは付いてないんで夏場は地獄でしょうけど。(笑

エンジン内部もイロイロしてあるそうです。(オーナー談)
カメアリのピストンに78mmストローク!
もちろん2本の棒も、ニーパッパとかの定番チューンが施されているそうな・・・
って、わかる人だけピンと来る仕様になっているようです。







d0156040_17215824.jpg


キャブは ウェーバー! 
純正はソレックスでしたが、これも定番のチューニングですね。
ファンネルもカッコイイですけど、街乗りのホコリやゴミを考えると・・・








d0156040_172482.jpg


室内も40年前のクルマって思えば、かなり程度の良い状態です。
大事に乗られていたのがよくわかりますね。
ハンドルはこちらも定番のナルディ・クラッシック!
最近のクルマのようにエアバッグは付いていませんからね~。








d0156040_17263049.jpg


メーターの走行距離は6万km台でしたが、このころの年式のクルマって
10万kmの桁がありませんので、6万なのか16万なのか、はたまた26万・・・?
よって走行距離は不明ですね。








d0156040_17283143.jpg


足廻りもけっこうイジってます。
フロントはAE86のストラットを流用した車高調になってます。
そのためブレーキもベンチレーテッドにグレードアップ!

リアもフロントに合わせてローダウンしてあります。
あと、メーカーは不明ですが、トルクロッドやLSDも!!
全体的にかなり手の入った個体となっています。


おそらくすぐに売れてしまうってことは無いと思いますんで、
当面は店頭に並べてあります。
見てみたいって方はお気軽にご来店ください。
















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-04 18:34 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

進化剤施工!★アルトワークス★ミスリルも!!

このへんの桜もだいぶ咲いてきましたね~。
今週末あたりがお花見のピークなんでしょうか。
私の通勤路の桜並木はまだ五分咲きといったところでしょうかね~。
なんか今年は咲き具合が変なカンジです。


さて4月に入って一発目は進化剤ネタです。
クルマは・・・






アルト・ワークス!









d0156040_1991719.jpg


エンジンに施工しました!
このクルマは以前にMTとデフに施工したんです。
その効果がけっこうあったもんで、エンジンにもってパターンです。
施工中にエンジン音が静かになっていくのを確認してオーナーさんもビックリ!!
やはり進化剤はスゴイんですよね。


で、施工中オーナーさんとイロイロ話しをしてたんですが・・・
ミスリルの話題になり興味津々!
さっそく施工することになったんです。









d0156040_1913284.jpg


EXパイプです!
リアマフラーは社外品に交換してあるんですが、ここはノーマルのままなんです。
パイプの中間部に触媒が付いているんで、社外品に交換するのは・・・
仕事の関係で触媒レスはマズイらしいんですよね。

エンジンやタービン・インタークーラー等もイジってるんで、
ここがネックになってフン詰まり気味になってるのが明らかなんだそうです。
そこでミスリルで何とかしてみようかってことで。
触媒ははめ込み式の遮熱板が付いていたので今回はパス!
パイプ部分だけに1本ラインで施工しました。
とは言え、タービン後からリアマフラー前までなんで、けっこう長いんですよね。
これならけっこう抜けが良くなりそうです。
さてさて、どれぐらい変わるか楽しみですね~~!!











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-02 19:26 | 進化剤 | Comments(0)