<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

リジカラ装着です!裁判長!!★新型ムーヴ カスタム★

本日もリジカラのネタです!



クルマは・・・






新型ムーヴ カスタム! です、裁判長!!(笑










d0156040_15185131.jpg


Kカーへのリジカラ装着ってわりと少ないんですよね~。
車体の剛性とかを考えるとけっこう効果は大きいとおもうんですが・・・

そう言えばムーヴじゃありませんが、同じダイハツのタントのCMに出てくる
「ベタ踏み坂」って実在するんですね!
私はてっきりCGだと思ってました。
何でも鳥取~島根県境の橋なんだそうです。

うちのスタッフも通ったことがあるそうなんですが、
「CMは実際よりキツイ坂に見えるように、うまく撮ってる気がするよ。」とのこと。
お客さんの話しだとバイクで通るのはちょっと怖いらしい。
まあ、あの坂の途中で止まっちゃったりしたら、バイクだと怖いでしょうね~。


さて、作業の紹介に戻りまして・・・





d0156040_15283215.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。
いつもの見慣れたタイプのサブフレームですね。
相変わらず  部のボルトは見えませんが・・・










d0156040_15305657.jpg


そんな時はお馴染みの横からビューです!
これだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。









d0156040_1532318.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピースです!
片側突起の物が2種類で6ピースですが、突起の径が違いますね。
高さはどちらも低めです。
残る2ピースは両側突起になっています。








d0156040_1538916.jpg


まずは  部の図解です!
ここはサブフレームの厚みが薄いんですよね。
そのためにサブフレームの穴に入るのは下側の突起だけになります。
上側のリジカラはボディーのガイド穴用の突起になっています。








d0156040_15402812.jpg


装着中の写真です!
上側のリジカラはボディーに貼りついています。
まあ、ボディー側にしか突起が出ていないんであたりまえなんですが・・・
下側のリジカラは突起がサブフレームの穴にはまった状態です。

今回はミスリルは施工していません。
オーナーさんが純粋にリジカラの効果のみを体感したいってご希望でしたのでね。









d0156040_15433392.jpg


続いては  部の図解です!
ここはサブフレームの固定ボルトがロアアームの固定ボルトを兼ねています。
ボックス型のサブフレームの中にロアアームが差し込まれているような形ですね。

上側のリジカラはサブフレームの穴とボディーのガイド穴にはまる両側突起。
サブフレーム下側にはまるリジカラは片側突起ですね。









d0156040_154826.jpg


装着中の写真です!
ここは上下同時に写真が撮れなかったので、まずは上側から。
リジカラはボディーに貼りついた状態です。
突起が小さかったのでサブフレームとボディーの間隔をこれぐらいにして、
位置出し作業をしないといけないんで、けっこう気を使います。

ツヤ消し黒の円錐状の物がロアアームブッシュになります。









d0156040_15534262.jpg


続いて下側の写真です!
リジカラはサブフレームの穴にはまった状態です。
ここはガセットプレートが付いているんですが、
サブフレームに溶接されていて一体化していました。

ここはロアアームの固定ボルトも兼用になっていますので、
タイヤを接地させて1G状態で本締めしなくてはいけないんです。
リフトアップした状態で締めちゃうと、ブッシュがヨジレてしまうんですよね。










d0156040_15555162.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。











d0156040_15595641.jpg


トーションビーム用ですのでリジカラは2ピースです!
(マーチはトーションビームでも12ピースでしたが・・・)

いつものタイプと違って突起がありませんね。
このタイプって言うことは・・・









d0156040_1613991.jpg


そうです、ボルトとボディーの穴にスキマが無いんです。
まあ、若干はスキマが無いとボルトが入りませんが、
突起で埋めてやるほどの大きさではないってことなんですよね。
「やるな!ダイハツ!!」のパターンですね。(笑










d0156040_1641673.jpg


リアの図解です!
スキマが無いクルマでもリジカラの効果はちゃんと出るんですよ。
その秘密がリジカラの肉厚なんです。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分はけっこう厚みがあります。
これはボディーの鉄板の補強目的なんですよね。
そうすることでボルトにしっかりとトルクが掛り、締結強度がアップするんです。









d0156040_1683728.jpg


リアの装着写真です。
ここもいつものようにタイヤを接地させて1G状態で本締めします。
理由はフロントと同じくブッシュのヨジレを出さないためなんですよね。

この後アライメント調整をして作業終了となります。





で、このお客さんは、最近増えたパターンの・・・







d0156040_16105134.jpg


東広島市 からのご来店でした!
マジでリジカラ装着作業は県外の方が多いですね~。
わざわざ遠方からありがとうございます。



この度はお買い上げありがとうございました。


















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-30 09:36 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★ライフ★ ミスリル施工!★ステップワゴン★

先日、常連のお客さんが、
「最近リジカラと進化剤のネタばっかりじゃなあ~!」って・・・
言われてみれば去年の年末あたりから、
リジカラ・進化剤・ミスリル施工のネタのオンパレードになっちゃってますね。(笑

他の作業をやってないわけじゃ無いんですよ!
軽トラのオイル交換やら、タイヤ交換なんかも地道にやってます。
でもそれらの作業ってネタに成りにくいんですよね~。

そこにリジカラの人気大爆発になっちゃってるもんで、
どうしても内容が片寄っちゃってるんです。
なにしろこのブログの検索ワードは「リジカラ」がダントツのトップなもんですから、
やはりリジカラの紹介は外せませんからね!




で、まずは進化剤のネタから!

クルマは・・・






ライフ!








d0156040_18433264.jpg


エンジンに施工しました!
本当は年末にオイル交換してから進化剤も施工する予定だったそうなんですが、
バタバタしていて来られなかったみたいなんですよね。
オイル交換だけは何とか出来たみたいですが・・・
で、やっとこさ時間が取れたのでご来店ということになったそうです。

このクルマけっこう燃費が悪いそうなんです。
なので、前々から進化剤を施工したかったようなんですよね。
けっこう燃費が伸びたクルマの事例もありますからね~。
私のウィッシュもその1台です!!
進化剤の施工で地球にもおサイフにも優しいクルマに変身です!







続いてはミスリルの施工です!

クルマはお馴染みの・・・





RG1 ステップワゴン!








d0156040_18485754.jpg


プラグに施工しました!
じつはこのクルマは以前にもプラグに施工しています。

http://mizoarf.exblog.jp/17745632/

その時は効果の違いがわかりやすいようにと言うことで、
付いていたプラグに施工したんです。
で、バッチリ効果は体感できたってわけなんです!

そこで今回はプラグ交換も兼ねて新品プラグへの施工です!!

NGK イリジウムMAX! 

イリジウムプラグの高性能を維持したまま長寿命になっているプラグです。
当店では一番人気のプラグですね。
本当は火花の強いRXプラグにしたかったんですが、
ステップワゴンには適応する製品が出ていませんでした。(涙
でもミスリルを施工したことで、RX以上の火花になったかもしれませんね。

プラス側の電極は根元部分に塗ってます。
マイナス側はネジ部の上側の部分に塗りました。
やはりプラス・マイナス両方に施工しないとバランスが取れませんので・・・

で、オーナーさんからのインプレッションです。

どちらの効果がでかいのかはわかりませんが、
エンジンがすこぶる軽くスムーズにまわります。
下からトルクフルです。
燃費はまだわかりませんが。
新品プラグでも効果ありですね。


やはり火花が強くなるっていうのはトルクとかに大きく影響してきますね~。
プラグへのミスリル施工はけっこうオススメですよ!
プラグ交換の時にはぜひお試しください!!


















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-28 09:32 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★K12 マーチ★ミスリル施工も!!

本日もリジカラのネタです!
ここのところかなり台数も増えてきましたね~。
問い合わせもけっこうありますし、やはり人気が沸騰中なんでしょうかね?





本日のクルマは・・・








K12 マーチ!










d0156040_18215829.jpg


足廻りはノーマルの車輛です。
最近ノーマル車輛の装着も増えてきましたね~。
足廻りが純正でも社外品でも効果が期待出来ますから・・・








d0156040_18243345.jpg


フロントの装着ポイントは左右2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。
下から見るといつものFF方式のサブフレームに見えるんですが・・・
このクルマのサブフレームはちょっと特殊なんですよね。

リジカラの装着ポイントが車輛後方に片寄っていますよね。
普通ならドラシャ周辺にも装着ポイントがあるんですが・・・
つまりサブフレームをボディーに固定しているのが後方だけなんですよね。

じゃあ、サブフレーム前方はどうなっているのかと言いますと・・・









d0156040_18294732.jpg


こういったステーで固定されているんですよね。(矢印部分)
ただ通常の方式のようにパイプやボックス形状のゴツイ物では無く、
単に吊り下げているような方式なんですよね。
固定強度としてはちょっと弱いんじゃないかと心配になっちゃいますが・・・








d0156040_18324426.jpg


フロント用のリジカラは3種類が2個ずつの合計6ピースです!
1種類はワッシャタイプになっていますね。
このタイプって言うことは・・・









d0156040_18351735.jpg


まずは  部の図解です!
ここはサブフレームから位置出し用の突起が出ている構造です。
そのため上側にはめるリジカラはワッシャタイプになっているんですよね。

ノーマルで突起がでているわけですから、位置出しはOKですからね。
密着度を上げる目的だけにリジカラを使うようになりますから、
ワッシャタイプの物でいいわけなんです。

下側はサブフレームの穴にはまり込むようになりますので、突起の出ているタイプです。







d0156040_18393065.jpg


装着中の写真です。
中央にけっこうゴツイ突起が出ています。
この突起が上のボディーの穴にはまり込むことで位置出しが出来るんです。
固定箇所が少ないんで強度を上げる目的もあるのかもしれませんね。

で、この突起の廻りにワッシャタイプのリジカラがはまってます。
わかりにくいですが、矢印部分にあるのがリジカラです。
サブフレームとボディーに挟まれることで密着度を上げる効果があるんです。









d0156040_18433658.jpg


こちらは下側の写真です。
ガセットプレートも共締めになっています。

今回もミスリル施工をしています。
同時施工の場合はお得なオプション価格でやっていますよ!








d0156040_18463744.jpg


続いては  部の図解です!
ここはサブフレームでは無く、ガセットプレートの固定部分になります。
サブフレームの固定箇所が少ないんで、大きめのガセットプレートで補強してあるようです。
当然ながらプレートは薄いですから、リジカラは上側のみにはまります。










d0156040_1846398.jpg


こちらもリジカラはボディーに貼りついています。
ガセットプレートの固定部周辺にもミスリルを塗っています。









d0156040_18472241.jpg


4ヶ所のボルトを本締めしたら完了です。
先ほど触れたガセットプレートですが・・・
左右が繋がったけっこう大きい物が装着されています。
固定強度を上げるための対策なんでしょうね。









d0156040_18464773.jpg


前側部分の吊り下げステーにもミスリルを塗っておきました。
ここの強度アップも少しは効果に影響するんじゃないかと思いますので!









d0156040_184811.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
普通のトーションビームに見えますが、固定方法がちょっと異なります。
そのためリジカラの装着方法も違うんですよね~。









d0156040_18472883.jpg


通常はボディーに直接トーションビームを固定しているクルマが多いんですが。
このクルマの場合はブラケット方式を採用しています。
トーションビームをブラケットに固定し、そのブラケットをボディーに固定。
なのでリジカラの装着ポイントはブラケットの固定ボルト部分になるんです。
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所ですね。








d0156040_18485474.jpg


リア用のリジカラは2種類が6個ずつの合計12ピース!
通常のトーションビーム用は2ピースですから、
かなりの豪華版になってますよね~。(笑









d0156040_18482188.jpg


両側突起のタイプとザグリワッシャタイプの2種類ですね。
突起はけっこう小さめです。










d0156040_18485414.jpg


リアの図解です!
6ヶ所ともに同じ構造となっております。

上側のリジカラはボディーのガイド穴とブラケットの穴にはまる両側突起タイプです。
ブラケットは鉄板1枚の薄い物なので突起も小さいんですよね。
下側はボルトの密着度を上げる目的のワッシャタイプです。
これによりボルトのトルクがきちんと掛るので締結強度がアップするんです。









d0156040_1850349.jpg


上側のリジカラはボディーに貼りついていますね。
突起がガイド穴にはまっている状態です。
下側の突起が小さいんでブラケットの穴に掛ってはいませんが、
ブラケット自体がけっこう動きますんで、ボルトを締めながらの位置調整が可能なんです。

ブラケットは薄いと言いましたが・・・
鉄板の厚みはそれなりの物を使っていますので強度的には問題ありません。
ボックス形状のサブフレームと比べて薄いって言う意味ですので。








d0156040_18492826.jpg


ボルトを本締めしたら完成です!
ブラケットとボディーにミスリルも塗ってますよ!!

最後にアライメント調整をしてリジカラ作業の終了です。




今回は他の部分にもミスリル施工をしました!

まずは・・・




d0156040_18503911.jpg


リアゲートの開口部です!
ボディー補強関係では1番施工台数の多いポイントですね。
まあ他の方法での補強っていうのが難しい場所でもありますので・・・

開口部自体がかなり広いですから、ここの強度アップは効果的です。
コーナリングのフィーリングが変わったり、キシミ音が減少したりといった効果があります。
車種によって効果の度合いは異なりますが、
私のウィッシュでは静粛性も良くなりましたよ!
ボディー強度が上がったことで外からの音が車内に入りにくくなったんでしょうね。







d0156040_1850929.jpg


つづいてはフロントドア左右です!
マーチは4ドアなんですが、とりあえずフロントのみに施工しました。
4枚全てに施工しちゃうと硬くなりすぎる場合もありますので。
それに「フロントがちょっと弱い気がする。」って言うオーナーさんの希望もありまして・・・

他にもサイドシルとかストラットタワー周辺とか、
ボディー剛性アップに貢献できるポイントがありますので、
様子を見ながら追々に進めていきましょうかね!



この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-27 17:23 | リジカラ | Comments(0)

リジカラ装着!★ZVW30 プリウス★ミスリル施工も!!

ここのところ寒い日が続いてますね~。
インフルエンザやノロウイルスも流行しているみたいなんで、
気を付けないといけませんね。



さて本日もリジカラ装着のネタです!

クルマは・・・








ZVW30 プリウス!




ここのところプリウス関連のネタが続いてますが・・・

当店はプリウス専門店ではありません!(笑

軽トラからレクサスまで、いろんなクルマに対応していますんで!!(笑


たまたまプリウスネタが集中しているだけだとは思うんですが・・・
それでもリジカラでプリウスオーナーさんからの問い合わせが多いのは事実です。
まあ、あれだけ売れてるクルマなわけですから、
リジカラに興味を持つオーナーさんが多くても不思議ではありませんよね。








d0156040_10514214.jpg


先日進化剤の施工で紹介したクルマです!
その時に言ってた他の作業ってのがリジカラだったわけなんですよね。

これでプリウスは新旧含めて8台目の装着となりました。
当店での車名別装着台数はダントツのトップを独走中ですね。
やはり販売台数の多さが成せることなんでしょう。
全国的にも多いんでしょうか??
今度機会があったらスプーンさんに聞いてみましょうかね。











d0156040_10565570.jpg


まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

もうすっかりお馴染みになっちゃったサブフレーム形状。
前期・後期やグレードによって細かい違いはあるんですけど、
基本的な構造は同じなんですよね。
そういえばブレイドも同じサブフレームでしたし・・・








d0156040_1102062.jpg


いつもの横からビューです!
 部には補強バーが付いていますね。
以前に装着したプリウスにも付いてましたね、そう言えば・・・










d0156040_1172150.jpg


フロント用のリジカラは4ピース!
こちらもすっかりお馴染みになってますよね。
数は少ないですが、1個1個がゴツイ形状になっています。
まあ、突起がゴツイってことはそれだけサブフレームの穴が大きいってことですが・・・








d0156040_11102267.jpg


装着ポイントの図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。

プリウスのフロントはサブフレーム上部にのみリジカラがはまります。
通常、上下で挟み込む構造の物が多いのですが・・・
この構造にはちゃんと理由があるんですよね。

プリウスのサブフレームはシナリがけっこう多いみたいなんです。
おそらくサブフレームの穴の大きさっていうのも関係していると思うのですが・・・
そのため上下にリジカラをはめようとすると、ボルトが入らない場合があるんだそうです。
実際、上側にはめるだけでも苦労させられる事が多いですからね~、プリウスは・・・









d0156040_11162385.jpg


 部の装着中の写真です!
いつものようにリジカラはボディーに貼りついているんです。
ココが苦労させられることが多いポイントなんですよね。

ボックス形状で立ち上がっている構造なんでシナリが大きいんだと思います。
両側のリジカラをこの状態にするのに、けっこう時間を取られます。
走行距離が出ているクルマにその傾向が強いような・・・
やはり経年変化っていう影響があるんでしょうかね?








d0156040_11264337.jpg


位置出しが出来たらジャッキでサブフレームを持ち上げて本締めです。
もちろん今回もミスリル施工をしてますよ!
補強バーにもオマケで塗っておきました。









d0156040_11274721.jpg


続いて  部の装着中の写真です!
こちらもリジカラはボディーに貼りついています。
下側の突起はサブフレームの穴に掛った状態になっています。
なのでこのままサブフレームを上げていけば、自然とセンターが揃うんですよね。

ここはガセットプレートが共締めになっていますが、この時点では装着していません。
4ヶ所の位置出しが出来て本締めする時に装着します。
これもいつものパターンですね。








d0156040_12133388.jpg


ガセットプレートも装着して本締め完了です。
ここにも補強のプレースバーが後付けされていますね。

本締めしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ガセットプレートにもオマケで塗ってますよ!






続いてはリアです。


d0156040_12152233.jpg


リアの装着ポイントはトーションビームをボディーに固定している2ヶ所です!
こちらもいつもの見慣れた光景ですね。









d0156040_12171230.jpg


リア用のリジカラは2ピース!
固定箇所が2ヶ所ですから1ヶ所に1個ずつの装着ですね。

プリウス用は突起の出ているタイプになります。
車種によっては突起の無い場合もあるんですよね。









d0156040_1220092.jpg


トーションビームの固定用ボルトとボディーの穴にスキマがあります。(矢印部分)
このスキマがポイントになるんです。
メーカーの生産現場で効率を優先させた為にこのスキマが生まれているんです。
穴径がユルユルのほうがボルトが差し込みやすいですからね。

このスキマに先ほどのリジカラの突起がはまり込むんですよね。
結果、ボルトとボディーのスキマが埋められるっていうことになります。









d0156040_12234543.jpg


こちらもお馴染みリアの図解です。
プリウスだけでなく多くのFF車でも同じ図解を使ってますんで、
もう見あきちゃったかもしれませんが・・・(笑

突起がスキマにはまり込んでボルトとボディー穴のセンターを揃えます。
そうするとブッシュが正しい位置で固定されるようになりますので、
余計なヨジレとかが無くなりアクスルの動きがスムーズに変化するんですよね。

また、ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分のリジカラは、
けっこう肉厚がある構造になっています。
この構造によりボディーの補強も兼ねているんですよね。
なのでボルトにトルクがしっかりと掛かり、締結強度がアップするんです。










d0156040_12284766.jpg


トーションビームの位置をジャッキで調整しながらボルトを締め込みます。
突起がちゃんとスキマにはまっていることを確認しながらの作業なんですよね。
位置がズレたまま締めちゃうと、突起がツブレちゃうこともあるんです。
そうなるとリジカラの効果が発揮できませんからね。

最後にタイヤを接地させて1G状態で本締めします。
ここがラストの重要なポイントなんです。
リフトアップした状態で締めちゃうと、ブッシュがヨジレちゃうんですよね。
そうなるとアクスルの動きがおかしくなっちゃいますんで・・・

この後アライメント調整をして完了です。




今回リジカラ装着ポイント以外にもミスリル施工しました!




d0156040_12342537.jpg


リアゲート開口部です!
ボディー補強の意味合いでのミスリル施工の中では、
一番施工台数が多いポイントですね。
全体ではリジカラ装着部への施工がダントツの台数ですけどね!

「せっかく来たんでミスリルもどっかに施工したいんで・・・」っていうご希望でしたので、
施工台数も多く、効果も確認出来ているポイントに決定でした。
Kカーからミニバンまでいろんなクルマで効果が出ていますからね。
それにプリウスは初施工でしたんで・・・


せっかく来た・・・ ってことは・・・







d0156040_12492418.jpg


はい、兵庫県 からのご来店でした。
これも最近珍しくなくなったパターンですね。
わざわざ県外からのご来店ありがとうございます。

オーナーさんによると思ったより早く到着したそうです。
「来る前は倉敷ってけっこう遠いと思っていたんですけどね~。」とのことでした。
そういえば以前、大阪からご来店された方も同じようなことを・・・
高速使えば案外近く感じられるんでしょうかね?

何にしても遠方からわざわざご来店いただけるのはありがたいことです。
最近このケースが増えていますんで、こちらも気を引き締めて対応しないといけませんね!
って、県内の方に気を引き締めて無いわけじゃありませんが・・・(笑


この度はお買い上げありがとうございました。




















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-23 13:06 | リジカラ | Comments(0)

リジカラ装着!★ZVW30 プリウス★リアのみ!!

昨日・今日と寒いですね~。
でも雪が降らないんで、タイヤ屋さんは寂しいんです!(笑
今日だってこんなに気温が低いのに雨ですからね~。



さて、本日もリジカラのネタです!

クルマは・・・





ZVW30 プリウス!








d0156040_181590.jpg


最近プリウスでリジカラ装着される方が増えてきました。
しかもノーマル車輛の比率が高いんです。
このクルマもスタッドレス履いているんでホイールが替ってますが、
足廻りとかは完全ノーマルなんですよね~。
それだけ純正の乗り心地に不満を持っている人が多いってことなんでしょうか?

今回はリアにのみ装着しました。
じつはこのオーナーさんはプリウスの前期型から後期型への乗り換えなんです。
で、前のクルマにもリアにリジカラを装着していたんですよね。
効果は体感済みなんで、買い替えと同時にリジカラもご注文!!

でも2台続けてリアのみ??
仕事用に使うクルマなんであんまりお金が掛けられないんです。
「フロントも装着すれば良いのはわかってるんですけどね~。」とオーナーさん。
でもけっこう距離が伸びちゃうんで、お金を掛けても勿体ないんだそうで。
まあ、前期から後期へってぐらいの買い替えスパンですもんね。

リアだけなら商品代金も工賃も安いし、
アライメント調整も必要無いんでとってもリーズナブル!
「効果の大きさから言えばコスパはメチャクチャ高いですから、最低限でもリアだけは!!」
ってことのようです・・・



さて、それでは作業の紹介をば。








d0156040_18165245.jpg


装着ポイントは左右1ヶ所ずつの合計2ヶ所です。
トーションビームをボディーに固定している丸印の部分になります。
もうすっかり見慣れた光景ではありますが・・・









d0156040_18184775.jpg


こちらもお馴染みになっちゃったリア用のリジカラです。
プリウス用は突起の出ているタイプになりますね。









d0156040_18202197.jpg


トーションビーム固定用のボルトとボディーの穴にスキマがあります。
このスキマに先ほどの突起がはまり込むんです。
車種によってはこのスキマが無い場合もあります。
その場合には突起の無いタイプのリジカラを装着するようになるんです。







d0156040_1823279.jpg


いつもの図解です。
こちらもすっかりお馴染みになっちゃいましたね。
なんせプリウスだけじゃ無く、FF車の多くが同じような構造ですから・・・

スキマにリジカラの突起がはまり込むことで、ボルトとボディー穴のセンターが出ます。
そうすることでトーションビームが正しい位置で固定されることになり、
ブッシュのヨジレなどが無くなりアクスルの動きが良くなるんです。

またボディーとボルトの頭のフランジに挟み込まれる部分は、
肉厚が厚くなっていてボディー補強の役目も担っているんですよね。
これによりボルトにしっかりとトルクが掛って、締結強度がアップするんです。







d0156040_18285166.jpg


トーションビームの位置をジャッキで調整しながらボルトを締め込みます。
リジカラの突起がちゃんとスキマに入っているのを確認しながらの作業になります。
位置がズレていると突起がツブレてしまうこともあるんです。
そうなるとリジカラの効果も期待できませんからね~。

最後にタイヤを接地させて1G状態で本締めします。
リフトアップしたままで締めちゃうと、ブッシュがネジレてしまうんですよね。
そのためココはすごく大事なポイントなんですよ!

今回はミスリル施工はしていません。
なんせ仕事用車なんで、贅沢は出来ませんからケチケチ仕様で!(笑

オーナーさんは高速を良く使うそうなんです。
一般道よりもはっきりとリジカラ効果が体感できるそうなんです。
プリウスオーナーさんにはオススメですよ~。
もちろん前後装着のほうがより効果的ですけどね!!(笑













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-20 18:40 | リジカラ | Comments(0)

ビルシュタインBSSキット★ZVW30プリウス後期★限定大特価!!

ビルシュタイン
 BSSキット! 



ZVW30 プリウス 後期用!!

BSS6069J
http://www.bilstein.co.jp/en/catalog/toyota/prius.html



d0156040_19334738.jpg


本体価格¥178、500のところ・・・


取付け工賃・アライメント調整・消費税込みで

¥168、000!!!! 


チョ~お買得なプライスとなっております。
ローダウンをご検討中のプリウスオーナーさん、お一ついかがですか?

現在1台分在庫しておりますが、これが売れちゃったとしても
1/28(火)までにご注文いただければ追加注文でも同価格でOKです。

前期型や他の車種も特価対応できる物もありますので、お問い合せください。









d0156040_1941067.jpg


プリウスはノーマルの足廻りがあまり評判がよろしく無いようで・・・
当店でリジカラを装着する方が多いのもそのあたりに原因があるようです。

ビルシュタインと言えば、しなやかさが定評のメーカーです。
単なる車高調では満足できない方にはオススメですよ!
「大人の乗り味」を手に入れましょう!!


このキットにはアッパーマウント等は付属していません。
現在使われている純正品を再使用するようになります。
新品の純正部品を当店にて発注して組合せることも可能です。
走行距離の出ている車輛の場合には、新品にしたほうが良いと思います。

詳しくはお問い合せくださいね!











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-18 19:48 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

進化剤施工!★ZVW30プリウス★RECS施工!★ブレビス★

本日は進化剤施工とRECS施工のネタです!


アレッ? どっかで聞いたフレーズ??

先日と同じパターンでしたね・・・(笑

まあ、それだけどちらも人気者ってことなんですかね。



まずは進化剤から。

クルマは・・・







ZVW30 プリウス!








d0156040_1994068.jpg


エンジンに施工しました!
ご存知のようにプリウスはハイブリッド車ですから、
通常はエンジンが掛らないんですよね。
進化剤はアイドリングの状態で点滴注入しますので、
エンジンが掛らないことには施工できないんですよね~。

でも、トヨタのハイブリッド車オーナーの皆さん、ご心配無く!!
エンジンを強制的に掛けっぱなしにすることが出来る
整備モード なるものがあるんです。
なので進化剤の施工もバッチリOKなんです。


このクルマは今回違う作業でのご来店だったんですが、
せっかく来たんだから進化剤も!ってことになったんですよね~!
本来の作業のほうはまた後日紹介しますのでお楽しみに!!






続いてはRECS施工です!

クルマは・・・








ブレビス!








d0156040_19172922.jpg


2500ccの排気量ですので、本来は1割の250ccの注入量なんですが、
そこそこ距離が出ているってことで300ccを注入しました。
基準量の1.5倍の量までOKですので、
走行距離の多いクルマや汚れのヒドイ場合には増量施工をオススメしています。

このクルマのオーナーさんは年末にクラウンにRECS施工された方なんです。
効果を体感しちゃったら家にある他のクルマでもやりたくなるんですよね。
これは進化剤でもみられる傾向ですが・・・
それだけ効果の度合いが大きいってことなんでしょうね。









d0156040_19242590.jpg


今回も白煙はあまり出ませんでした。
アイドルアップ施工はしなかったんですけどね。

インマニの形状があまり溜まりそうにない形状だったんですよね。
そのため施工前からある程度予測は出来ていましたが・・・
ただ、白煙が出ないとイベント性は薄くなりますね。(笑









d0156040_19264761.jpg


フューエル1も注入しました!
RECSとの相乗効果で燃焼室内がさらにキレイに洗浄されます。
もちろんインジェクター内部もね!!

ガソリン40L~60Lに対し1本の注入となりますので、
残量が少ない場合には全部注入してはいけないんですよ!
ヘタするとエンジン不調になっちゃうこともありますんで・・・

とりあえず半分ぐらい入れておくか、ガソリン満タンにしてから入れるようにしてくださいね。















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-17 19:34 | 進化剤 | Comments(0)

進化剤施工!★フィットRS★RECS施工!★シビックTypeR★

本日は進化剤&RECS施工のネタです!

まずは・・・






けいんさん の・・・





フィットRS!








d0156040_9282573.jpg


エンジンに 7回目! の施工です!!!
単独の車輛ではステージアの11回っていう記録がありますが、(たぶんまだまだ更新中)
7回っていうのはそれに次ぐ2位ですね。
しかもこのクルマはMTも6回施工していますんで、合わせれば13回ってことに・・・
その面から言えばトップの記録ですね!!

日頃の走行距離がけっこう出るもんですから、
進化剤の施工タイミングも早くなってくるようなんです。
これだけ多くの回数を施工していても、ある程度のインターバルがあると、
施工後の効果はバッチリと体感できるそうです。


もう進化剤のドロ沼からは抜け出せません!(笑




続いてはRECS施工です!


クルマは・・・

すっち@さん の・・・





FD2 シビックTypeR!









d0156040_9384859.jpg


最近フィットから乗り替えたクルマなんだそうです!
走行距離が7万kmを越えているってことなんで、多めの注入量で施工しました。

通常注入する洗浄液は排気量の1割の量になります。
FD2の場合だと排気量2000ccなんで、注入量は200ccになります。
で、この注入量は1.5倍までが許容範囲なんです。
なので今回は300ccを注入しました。

走行距離が出ているクルマや汚れがひどいクルマの場合は、
1.5倍注入がオススメですね。


ホンダ車は警告灯が点きやすいってメーカーから聞いてましたんで、
今回は例のアイドルアップ施工を実施しました。
通常のアイドリングよりも若干高めの回転数をキープした状態で施工するんです。
これによりサージタンクに溜まる洗浄液の量が減らせるんですよね。
インマニ形状はあまり溜まりそうでは無かったのですが、一応念のためにね。
警告灯の点灯っていうのは精神衛生上も良くありませんので・・・(笑

この方法だと注入中から洗浄液が多く燃焼しますので、
あのクッサイ臭いが長時間続くことになります。
そのかわり注入後のRECSの代名詞、白煙モクモクはあまり期待できないんです。

あの白煙っていうのはサージタンク等に溜まった洗浄液が、
レーシングすることで一気に吸い込まれて燃焼することで起きる現象なんです。
燃焼室のカーボンが燃えてると勘違いされてる方もいらっしゃるようですが・・・

洗浄液が燃えるってことはガソリン以外の成分が大量に燃焼するってことですから、
センサーが異常と検知して警告灯が点灯することがあるんです。

アイドルアップ施工だと注入中に洗浄液が吸い込まれやすくなりますので、
サージタンク等に溜まってしまう量が少なくなるんですよね。
なので白煙も少なく、警告灯も点灯しにくいってワケなんです。

もちろん今回は点灯しませんでしたよ!
そのかわり白煙モクモクも少ないんで、イベント性は薄まりますが・・・(笑










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-13 10:56 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★AZE156 ブレイド★ミスリルも!!

最近、世間を騒がせている冷凍食品の農薬混入事件。
なんか被害者がドンドン増えているみたいですね~。
大きく報道されるようになったんで、「そういえば・・・」って思いだした人もいるんでしょうね。


年末にこのニュースをTVで見ていたカミさんが、「あれっ?」

なんと我が家にもあったんです!






d0156040_11493277.jpg


娘のお弁当用にしょちゅう買っていた商品だったんです。
6個入りなんですが、残っていたのは3個だけ・・・
ってことはすでに3個食べちゃってたってことになります。

当の本人は・・・
「別に何も感じなかったよ!」とのことでした。
全部に入っていたわけじゃあ無いんでしょうかね?
それともウチの娘がニブイのか??(笑
まあ、何事も無くって良かったってことになりますね!





本日もリジカラ装着作業の紹介です!
年末にご注文をいただいて、作業が年明けになっちゃった分です。

クルマは・・・






AZE156 ブレイド! 








d0156040_1242495.jpg


先日進化剤の施工で紹介したクルマです!
同じ日にリジカラと進化剤を同時作業だったのですが、
リジカラの作業は写真の編集などに時間が掛って今日の紹介になっちゃいました。









d0156040_13312068.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

何か見慣れたサブフレームだな?と思ったら・・・
どうやらプリウスと共通のようですね。
ガセットプレートや補強のバーなんかも同じような形状になってます。








d0156040_13341643.jpg


いつもの横からビューです!
こちらも見慣れた光景ですよね~。








d0156040_13355270.jpg


当然ながらリジカラもプリウスと同じ物!
ピース数は少ないながらも、1個1個がかなりゴツイ、お馴染みのリジカラです。









d0156040_13373240.jpg


取付け部の図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。

サブフレーム上側のみにリジカラがはまる方式ですね。
なぜ下側にはめないのかは、ワケがありまして・・・
リジカラがゴツイってことはサブフレームの穴が大きいってことなんですよね。
そのためなのか、けっこうシナリがあるんだそうです。
下側にもリジカラをはめると、ボルトが入らなくなることもあるそうなんです。
ボルトが入らないと元も子もありませんもんね。








d0156040_13402460.jpg


 部の装着中の写真です!
いつものようにリジカラはボディーに貼りついています。
ってことは上側の突起がボディーのガイド穴にはまってるってことになります。
この状態で下側の突起のテーパー部がサブフレームの穴に掛かっているんですよね。
なのでこのままサブフレームを上げていけば自然と位置出しが出来るんです。

とは言え、4ヶ所をこの状態にするのにけっこう苦労させられます。
他のクルマでも時間が掛る場合もありますが、
特にプリウスは苦労させられる割合が高いです。(このクルマはブレイドですが・・・)
今回もここでかなりの時間を取られてしまいました。
上側にはめるだけでこれだけ苦労するわけですから、
ボルトが入らなくなるっていうのも納得できちゃいますよね~!

もちろん今回もミスリルを施工しています。
リジカラ装着と同時施工の場合は、お得なオプション価格でやってますよ!!








d0156040_13545100.jpg


続いて  部の写真です!
こちらもリジカラがボディーに貼りついています。
本来はガセットプレートが共締めになるんですが、今は装着していません。
これもいつものパターンですね。









d0156040_1583466.jpg


4ヶ所の位置出しが出来てサブフレームを上げたら、
ガセットプレートを装着して本締めします。
オマケでガセットプレートにもミスリルをヌリヌリ!







d0156040_15151882.jpg


お次はリアの装着ポイントです。
こちらはプリウスのようにトーションビームではありません。
サブフレームを固定している4ヶ所に装着します。

 部はスプリングの中心部分が固定箇所になっていますので、
ボルトは写真に写っていませんね。








d0156040_15194110.jpg



リア用のリジカラは4種類が2個ずつの8ピース!
リジカラ3は分割タイプになっています。
センター部分にスリットが入っているのがわかりますかね?






d0156040_15222664.jpg


まずは  部の図解です!
サブフレームの上下に片側突起のリジカラがはまります。









d0156040_15254462.jpg


装着中の写真です。
リジカラの突起が上下ともにサブフレームの穴にはまっていますね。
もちろんリアもミスリルを塗っていますよ!












d0156040_15383887.jpg


続いて  部の図解です!
ここがスプリングの真ん中のところですね。

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
サブフレーム上側は穴が小さくなっているので、
リジカラの突起がはまるようになっていませんね。
ボディーのガイド穴だけにはまるようになっています。
スタッドボルトなんで位置出しはさほど必要ないでしょうから、
いわゆるワッシャタイプと同じように強度アップ目的なんだと思います。

下側も片側突起ですがサブフレームの穴にはまりますね。
ここも穴径が小さめなんで突起も小さいですね。








d0156040_15441690.jpg


ここは上側しか写真が撮れませんでした。
先ほど説明した分割タイプのリジカラになります。
片側突起でしたんでボディーに貼りついた状態になっています。

で、この部分はスプリングの上側の受けにもなっているんですよね。
ナットはラバーシートとかに隠されていますので、
下側のリジカラは写真が撮れないんです。


4ヶ所の位置出しが出来たらジャッキでサブフレームを上げて、
ボルト・ナットを本締めして終了です。
もちろんアライメント調整もやりましたよ!
前後共にサブフレームの位置が動いていますんで、調整は必須ですね!!




今回はリジカラポイント以外にもミスリル施工をしました!






d0156040_15504180.jpg


ショックに1本ラインで施工しました!
こちらはフロントの写真です。

乗り心地をさらに良くしたいとのご希望でしたのでね。


ショックにミスリルを施工すると動きが良くなりますので、
細かい振動なども吸収されやすくなるんですよね。
減衰力も復活しますので、抜け気味のショックにはオススメです。
オイル漏れしているような抜け過ぎには効果がありませんが・・・







d0156040_15541831.jpg


こちらはリアの写真です!
同じく1本ラインで施工しました。
前後どちらも見えにくいように裏側に塗ってますよ!!



この度はお買い上げありがとうございました。































d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-11 16:12 | リジカラ | Comments(0)

リジカラ装着!★ZRR70W ノア★またまた・・・

週末ぐらいに寒波がやってくるそうです。
タイヤ屋さんとしては雪を期待したいところなんですが・・・(笑
きっと晴れの国には降らんのでしょうね。



さて、12月にやったリジカラ装着作業の年越し更新です。

クルマは・・・









ZRR70W ノア!








d0156040_18302430.jpg


最近はノーマル車輛のリジカラ装着が増えてきました。
足廻りが純正でも乗り心地に不満を持っている人も多いんでしょうね。
まあ、リジカラは乗り心地だけでなく直進性とかも良くなりますから、
街乗りファミリー車輛にはバッチリかもしれません。









d0156040_18325855.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。
一般的なFFタイプのサブフレーム形状ですね。









d0156040_18344464.jpg


いつもの横からビューです。
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できます。









d0156040_18365038.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピースです!
リジカラ1は中割れタイプになっていますね。
真ん中にスリットが入っているのがわかりますか?
このスリット部分で2分割にします。

その訳はまた後ほど・・・








d0156040_18401861.jpg


まずは  部の図解です!
ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
そのためにサブフレーム上側にはめるリジカラ1が中割れタイプなんですよね。

スタッドボルトを外さなくてもはめられる構造にしてあるんです。
基本的にはスタッドを取り外すことは可能ではあるんですが、
サビとかで固着してしまっている場合を想定してあるんだと思われます。








d0156040_1847499.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
この状態でリジカラの突起はサブフレームの穴にも掛かっていますから、
サブフレームをジャッキアップすれば自然と位置が出るんです。
でも・・・
4ヶ所をこの状態にするのに苦労させられるんですけどね。
でも、確実な作業のためにはここで手を抜くわけにはいかないんです!

もちろん今回もミスリル施工もやってます!
リジカラ装着と同時施工の場合はお得なオプション価格ですよ!!










d0156040_18503647.jpg


続いて  部の図解です!
基本的な構造は  部と同じです。
ここはスタッドボルトではありませんので中割れタイプではありませんが・・・










d0156040_18541620.jpg


で、装着中の写真です!
ここはガセットプレートが共締めになっているのですが・・・
いつものように装着中は外したままで作業しています。
4ヶ所の位置出しが決まって本締めの時に装着してやります。









d0156040_1857322.jpg


ガセットプレートを付けて本締め完了!
オマケでミスリルをガセットプレートにも塗ってあります。
これもいつものパターンですね。








d0156040_18582962.jpg


続いてはリアの装着ポイントです。
FF車では毎度お馴染みのトーションビーム式アクスルですので、
ボディーへの固定部分2ヶ所になります。








d0156040_1913757.jpg


こちらもすっかり見慣れたトーションビーム用のリジカラです。
プリウスとかと共通の物になっています。
ごく一般的な突起の出ているタイプの構造ですね。









d0156040_194826.jpg


ボディーの穴とボルト径に差があるので、矢印部分にスキマが出来ています。
生産現場での効率を優先しているためにこういった事が起こるんです。
隙間が大きいほうがボルトを差し込みやすいですからね。
このスキマに先ほどの突起がはまり込むんです。








d0156040_1964096.jpg


リアの図解です!
トーションビームの固定方法は車種によって2通りあります。
このクルマのようにボルト&ナットで締め付けるタイプと、
ナットがボディーに溶接などで固定されているタイプです。

ナット固定のタイプは必然的にボルトの根元にはめるしかありませんが、
ボルト&ナットタイプの場合にはどちらにでもはめることが可能ですよね?
でも、ほとんどの場合がナット側にはめるようになってます。
このあたりもスプーンさんの検証の結果なんでしょうね。










d0156040_19133047.jpg


トーションビームにジャッキを当てて位置を調整しながらボルトを締めます。
突起が確実にスキマにはまっていないといけませんからね。
位置がズレたままで締め込むと、最悪の場合突起がツブれちゃいます。
そうなったら元も子もありませんので・・・

最後にタイヤを接地させて1G状態で本締めをして完了です。
あっ、もちろんアライメント調整もやってますよ!
トーションビームのリアだけなら必要ありませんが、
フロントはサブフレームの位置が動いちゃってますからね~。



で、タイトルにある「またまた」っていうのは・・・









d0156040_1919966.jpg


三原 からのご来店でした!!
県外からわざわざありがとうございます。
リジカラでは最近珍しくなくなったパターンですが・・・(笑



この度はお買い上げありがとうございました。






















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-07 19:37 | リジカラ | Comments(0)