<   2015年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

進化剤施工!★UCF20 セルシオ★

福山雅治さんが結婚したそうですね、おめでとうございます。
浮いた噂もあまり聞かなかったので、結婚しないのかと思ってました。
さほど念入りにチェックしてたわけじゃありませんが・・・
当分はワイドショーが賑わうんでしょうね。(笑





さて本日は進化剤のネタです!

クルマは・・・






UCF20 セルシオ!








d0156040_13351974.jpg


先日RECS施工でご紹介した、あのビッカビカのセルシオです!
RECS施工後1000kmほど走行したので、
オイル交換とともにエンジンへの施工となりました。

いつものように3回施工をオススメしておきました。

進化剤のドロ沼へようこそ!(笑










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-29 13:40 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★アコードツアラー★

朝晩はすっかり涼しくて秋の気配になりましたね~。
涼しいと言うより肌寒いくらいの日もありますし。
でも日中はまだまだ暑かったりします。
特にここ何日かは汗をかきながらの作業だったりしています。
こりゃあ10月1日からの衣替えは無理だな!(笑





本日もリジカラのネタです!!

クルマは・・・





アコードツアラー!







d0156040_13461189.jpg


この型のアコードへのリジカラ装着は当店では初になります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。






で、このお客さんは・・・





d0156040_1565590.jpg


うどん県 からのご来店でした!(笑
隣県ではありますが、わざわざ橋を渡ってのご来店ありがとうございます。








d0156040_1592458.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

いつものFFタイプのサブフレームではありませんね。
より剛性の高い四角形タイプになってます。
2リッタークラス以上のクルマではこのタイプが多く採用されています。
やはり車重がある分、剛性が必要になりますからね。

Kカーやコンパクトクラスではコストがネックになるんだと思います。
なのでコストパフォーマンスの高いFFタイプがスタンダードになってます。








d0156040_15163945.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースです。

両側突起タイプと片側突起タイプが1種類ずつの構成です。
全体的に突起は長めですね。
これは作業者にとっては大変ありがたいことです。(笑

両側突起タイプは上向きの突起もけっこう長めですね。
通常ここの突起は短い場合が多いのですが・・・
まあ、長いってことは良いことです。(笑








d0156040_15242970.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使います。
上側のリジカラは上向きの突起がボディーのガイド穴にハマり、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマリます。

下側のリジカラは片側突起なのでサブフレームの穴にのみハマリます。
ここにはガセットプレートが共締めになっています。









d0156040_16494017.jpg


 部の装着中の写真です!
ここは上下同時に撮影出来なかったので、まずは上側から。

上下両方の突起が長かったので上側に貼り付けていません。
まずは両方の突起の先端が各々の穴にハマった状態にしてあります。
4ヶ所が同時にこの状態になったら、サブフレームをもう少し上げてやって、
ボディー側の穴にしっかりとハメ込んでおきます。

その状態でサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが出ることになります。
ただ、ここはかなり狭い空間だったので作業が・・・
手を入れるのもけっこうキツイぐらいのスペースでしたのでね。








d0156040_16564718.jpg


続いて下側の写真です!

ここはガセットプレートが共締めになりますが、装着するとリジカラが見えません。
ですのでその前にパチリ。

今回もミスリルを施工していますよ~!
装着部周辺に塗ることでボディーやサブフレームの剛性が上がります。
リジカラは締結強度を上げて剛性を高めるパーツですので、
ミスリル施工でさらに効果を大きくする働きがあるんです。










d0156040_16592269.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
もちろんガセットプレートにも塗ってます!?

じつはプレートのウラ面に塗ってあるんです。
なので写真ではわかりにくいですが・・・








d0156040_1711938.jpg


続いて  部の上側です!
ここも先ほどと同じ状態になっています。
4ヶ所同時にこの状態に出来たらサブフレームを上げていきます。








d0156040_1725682.jpg


下側の写真です!
ここもガセットプレートが共締めですので装着前にパチリ。







d0156040_174219.jpg


こちらも本締め後はミスリルを・・・
やはりプレートはウラ面に塗ってあります。









d0156040_1752493.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分ですね。







d0156040_1775780.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースです。

片側突起タイプとカリ付ワッシャタイプが1種類ずつの構成ですね。
このワッシャタイプがあると言うことは・・・







d0156040_171076.jpg


リアの図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。

ここはボディーから位置出し用の突起が出ている構造です。
業界用語では チ〇コが出ている! と言います。
下品ですいません。(笑

この構造用のリジカラは以前はただのワッシャタイプが多かったんです。
チ〇コ突起の根元にハメて密着性を上げる役目のみだったんです。
最近は内週部にカリの付いた物に設定変更が進んでいるようです。
突起とサブフレームの穴のわずかなスキマを埋めてやろうということなんですよね。

下側は片側突起がサブフレームの穴にのみハマリます。
ここもガセットプレートが共締めになります。







d0156040_17201673.jpg


 部の装着中の写真です!
こちらも上下同時に撮影出来なかったので、まずは上側から。

以前のワッシャのみのタイプだとボディー側に貼り付けておけばOKでした。
カリ付タイプの場合はサブフレーム側に装着しておきます。
サブフレームの穴にカリの部分をしっかりとハメ込んでおくんです。

ただこの方式はサブフレームを上げていく過程でリジカラがズレちゃう場合が・・・
そのため密着する寸前で一旦上げるのを止めて、
リジカラのカリがちゃんとハマっているか確認する必要があります。
でも密着する寸前ですのでスペースが狭いんですよね~。

以前のタイプだと確認も不要だったのでラクだったんですけどね。(笑
まあ、より効果を高めるための設定変更ですから、
作業工程が増えてしまうのは仕方ありません。








d0156040_17312629.jpg


続いて下側の写真です!

ここもガセットプレートが共締めですので、装着前にパチリ!







d0156040_17323411.jpg


続いて  部上側の写真です!

サブフレームの穴にカリをしっかりハメ込んであります。






d0156040_17334546.jpg


やはり下側はガセットプレート装着前に・・・







d0156040_17344152.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
もちろんガセットプレートにも塗ってます。
フロントと同じくウラ面に塗ってあるのでわかりにくいですが・・・

最後にアライメント調整をして完了です!!


この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-28 17:43 | リジカラ | Comments(0)

足廻りリフレッシュ!★アクセラ★マウント類も!!

ラグビーのW杯ってみなさん見てます?
日本が南アフリカに大金星を挙げたって話題になってますが・・・
私はラグビーのTV中継をまともに見たことがありません。
母校にはラグビー部は無かったし、身近じゃなかったんですよね~。

そのためルールもよくわかりません。(笑
スポーツってルールがわからないと面白みに欠けますからね。
まあ、迫力は伝わってきますが・・・
機会があったら一度じっくり見てみようかな。



さて、本日はリジカラ・進化剤・ミスリル以外のネタです。
足廻りのブッシュやブーツ類を含めた大掛かりなリフレッシュ作業です!



クルマは・・・






BK3P アクセラ!






d0156040_13261837.jpg


そこそこの走行距離になったので、ショックやブッシュのリフレッシュに、
車検に備えてブーツ等も交換しておきたいとのご依頼でした。

ある程度の走行距離になってくるとショックは抜けてきますし、
ブッシュ等のゴム類にはヘタリが出るし、ブーツ等もヒビ割れや破れなども・・・
なにしろクルマは消耗部品のカタマリですから。(笑








d0156040_1331427.jpg


まずはフロント廻りの交換部品です!

ショックにアッパーマウント・スタビリンク&ブッシュ。
ロアアームはブッシュ単品での設定が無かったのでASSY交換!
ASSYですからロアボールジョイントも新品になります。

タイロッドエンドブーツにステアリングラックブーツ。
ドライブシャフトのブーツも4個とも交換します。







d0156040_1336554.jpg


で、いきなり交換後の写真ですが・・・(笑
ここまで一気に新品になると見ていても気持ちがイイですね~。
もちろん走行フィーリングもガラっと変わると思いますよ!






d0156040_1339432.jpg


続いてはリアの交換部品!

こちらもショックやらアーム類やらフル交換です。
やはりブッシュ単品での設定が無いので、
アッパー&ロアーアーム&ラテラルリンクはASSY交換になります。
唯一トレーリングアームだけはブッシュ単品の設定がありました。

スプリングは再使用しますが、ゴム製のシートは交換します。
こちらもスタビリンク&ブッシュも新品交換です。








d0156040_13441628.jpg


単品設定のあったトレーリングアームのブッシュをプレスで打ち替えます。
部品に型紙が付属しているんです。
それを切り取ってアームに貼り付けます。(白い部分)
この型紙にブッシュの位置を合わせて圧入してやるんです。
位置がズレちゃうとブッシュにヨジレが出ちゃいますから慎重に!







d0156040_13473880.jpg


リア廻りも交換完了です!
って、簡単に言ってますがけっこう時間の掛かる作業ですよ。(笑








d0156040_1349692.jpg


さらにエンジンマウントやミッションマウントも!
車検に備えてベルトやプラグ・エアクリーナーも新品にします。







d0156040_13504180.jpg


エンジンマウントの新旧の比較です。
これはエンジン前部(1番シリンダー側)のマウントです。
場所でいうと右フェンダーの内側部分に付いている物になります。

アルミ製の門型の部分がボディーに固定されています。
真ん中の円形部分にエンジンが固定されているんです。
つまりこの部分には常にエンジンの重量が掛かっているということになります。
で、下部の円錐状のゴムで支えているというわけです。
エンジンの振動等もここで吸収しているわけですね。







d0156040_1357677.jpg


上側が外した物で下側が新品です。
エンジンの加重が掛かっていたセンター部分が下がっているのがわかります。
けっこうな差ですよね~。
これだけマウントのゴムがヘタっちゃってるってことになります。

1枚前の写真では円錐状のゴムの変形が確認できますね。
ツブされてややブリっとなっちゃってます。






d0156040_15552083.jpg


こちらはミッションマウント!
左側が新品です。
ゴムのヘタリがわかりやすいように上下逆に置いて撮影したものを
逆転させた写真なのでちょっと見づらいですが・・・

鉄の部分がボディーに固定されています。
ここの位置がけっこうズレていますね。(黄色矢印部)
四角いゴムの山のセンターに上からボルトが通ってミッションを固定しています。

つまりこのゴムの山にミッションの加重が掛かっているわけです。
そのためゴム山全体がヘタって寸法が変わっているんです。
ゴム山が下に下がっているので、ブッシュのセンターカラーが飛び出してます。
(緑矢印部)
ここにミッションが固定されているんです。








d0156040_1615536.jpg


ちょっと鮮明さに欠けますが、図解にしてみました。

灰色のブラケットがミッションに固定されています。
マウントの黄色い部分がボディーに固定される鉄の部分です。
茶色い部分がゴム山になります。
ここのセンター部分のボルトがブラケットに固定されるようになります。



今回かなりの部品点数でしたのでかなり時間は掛かりました。
もちろんアライメント調整もありましたんでね。
それでも何とか1泊2日で仕上げることができました。

作業完了がズレちゃうわけにはいかなかったんです。
それは・・・







d0156040_1693837.jpg


神戸 からご来店の方だったんです!
遠方かなわざわざありがとうございます。
なので予定をオーバーするわけにはいかなかったんですよね。



この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-26 09:28 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

リジカラ装着!★ギャラン フォルティスRA★進化剤&ミスリルも!!

シルバーウィーク中にリジカラの装着を3台やりましたので、
またまたネタが溜まっちゃいました。(笑

他の作業ネタも溜まってる分がそこそこありますんで、
早めに更新するようにがんばります!!




本日のクルマは・・・




ギャラン フォルティス ラリーアート!







d0156040_16333277.jpg


先日進化剤の施工でご紹介したクルマです!
本当はリジカラのほうが先にご注文いただいていたんですが、
納車待ちで作業日程がはっきり決まっていませんでした。
そこで納車後すぐに作業できる進化剤からとなったワケなんですよね。


ギャラン フォルティスは当店では初装着となります。

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。








d0156040_1638524.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですが、
先日のウィッシュと同じようにフロントフレームと繋ぐ補強フレームが付いています。
コンパクトカーとかに比べると車重がありますんで、強度面の配慮なんでしょうね。







d0156040_16423820.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できます。








d0156040_16435181.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが1種類ずつ、
片側突起+ザグリワッシャタイプとただのザグリワッシャタイプが1種類ずつの構成です。






d0156040_16473776.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側は両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

サブフレーム下側は片側突起+ザグリワッシャタイプを使います。
ここはサブフレーム用の突起がけっこう長いですね。
できれば上側の下向きの突起を長くしてもらったほうが、
作業者としてはありがたいのですが・・・(笑







d0156040_16522471.jpg


ボルトを外すとサビがスゴイことに・・・
4ヶ所のうち3ヶ所がこんな状態になっていました。

もちろんサビ落しをする作業から始めます。
ここまでの状態になっているとボルトだけでなく、
サブフレームの穴の中もけっこうな状態になっています。
こちらもサビを削り落とさないとリジカラの突起がハマらないんですよね。






d0156040_16554430.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態なんです。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴にハマっています。

このままサブフレームを上げていくと、
突起のテーパーに沿って上がりますので、自然とセンターが揃うようになります。

下側のリジカラも突起がサブフレームにハマっています。


今回もミスリルを施工していますよ~!
装着部周辺に塗ることでボディーやサブフレームの剛性が上がります。
リジカラは締結強度を上げて剛性を高めるパーツですので、
ミスリル施工でさらに効果を大きくする働きがあるんです。







d0156040_1703329.jpg


続いて  部の図解です!

サブフレーム上側に片側突起タイプを使います。
片側突起ですのでサブフレームの穴のみに突起がハマリます。
下側はザグリワッシャタイプなので突起はありませんね。







d0156040_174625.jpg


装着中の写真です!

片側突起ですのでサブフレームの穴にハメた状態です。
ただし、このタイプはサブフレームを上げていく過程で、
リジカラがズレて突起が穴から外れる場合があるんですよね。
なので密着する寸前で一旦止めて確認する必要があります。






d0156040_1710090.jpg


本締め後はいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!










d0156040_1711888.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。








d0156040_1714025.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起+ザグリワッシャタイプが1種類ずつの構成です。








d0156040_17185820.jpg


リアの図解です!

リアは4ヶ所ともに同じ構造になっています。
上側に両側突起タイプ、下側に片側突起+ザグリワッシャタイプを使います。
ただし上側のリジカラの突起はかなり短いです。
何度も言ってますが、ここの下向きの突起はある程度長くして欲しい・・・
そのほうが作業がやりやすいんですよね~。

と言いますのも・・・







d0156040_17231197.jpg


 部の装着中の写真です!

上側のリジカラはボディーに貼り付けていません。
下向きの突起がある程度の長さであれば、
ボディーとサブフレームのクリアランスが広い状態でボディーの穴にハメ込めます。

上下ともに突起が短い場合は、こんな狭いクリアランスでの作業が要求されます。
で、この状態でリジカラを中間ぐらいの位置で浮かせておきます。
どちらかにハメ込んでしまうと反対側の突起が穴から外れてしまう恐れがあるんです。
そのまま締めてしまうと突起がツブれちゃうこともあるんです。

この状態からもう少しだけ上げると突起が外れないクリアランスになります。
そうなればボディーの穴にしっかりハメ込んでも大丈夫!
でもこの写真よりも狭いクリアランスでの作業になりますけどね。(笑
なので下向きの突起はある程度長いほうがありがたいんです。
スプーンさん、よろしく頼んます!!








d0156040_1736244.jpg


こちらは  部の写真です!

構造が同じですので、同様の状態になっています。








d0156040_17375763.jpg


やはり本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!



進化剤も施工しました!!
前回はエンジン・エアコン・パワステに施工しました。
そこで今回は・・・







d0156040_1740465.jpg


まずはトランスファー!
ここへの施工は体感的効果は期待できません、おそらく・・・
保護目的での施工になりますね。









d0156040_17413684.jpg


続いてはリアデフ!
ここも体感的効果は・・・(笑

現状でウナリ音とかが出ていれば、音の変化はあるかもしれませんが。









d0156040_17425847.jpg


ラストはミッションです!

このクルマのミッションはちょっと特殊な TC-SST というシロモノ。
オートマチックなんですが一般的なトルコンやCVTではありません。
ざっくり言うとMTのシフトチェンジとクラッチ操作が自動になった物なんです。
この構造のミッションは最近増えてきましたね。
スポーツモデルだけでなく、燃費重視のクルマでも採用されています。

パドルシフトでのマニュアル操作も可能ですが、シフトレバーはありません。
通常MTに進化剤施工するとシフトがスコスコ入るようになります。
でもシフトレバーが無いのでフィーリングの変化はわかりにくいかな?




ミスリルも施工しました。




d0156040_175117100.jpg


まずはトランク開口部!

ミニバンやハッチバック車のリアゲートは何台も施工しましたが、
セダンのトランクへの施工は初ですかね?
トランクタイプは開口部がミニバンほど広くありませんが、
ミスリル施工の効果はあると思いますよ!







d0156040_17541645.jpg


続いてはサイドシルのミミ部分!

ボディー補強の施工としてはリアゲートに次ぐ人気ポイントです!!
ここへの施工もけっこう効くんですよね~。



この度はお買い上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-25 09:27 | リジカラ | Comments(0)

ミスリル施工!★AZR60 ノア★ショック&クランクプーリーに!!

シルバーウィークも終わっちゃいましたね。
次回のシルバーウィークって何年か先になるそうですね。
私には関係ないので、毎年あるのかと思ってました。(笑



さて、本日はミスリル施工のネタです!

クルマは・・・







AZR60 ノア!







d0156040_1818384.jpg


今までにミスリルや進化剤で何度も紹介した 福山 からご来店のクルマです!

ドロ沼ズッポリ県外組! の方ですね。(笑






d0156040_18212574.jpg


まずはショックに施工しました!
こちらはフロントです。

じつは先日KYBのNewSRスペシャルに交換したんです。
その時にミスリルも施工しておこうか?って話しもあったんですが・・・
同時にやると効果がわかりにくいんで勿体無いし、
ショックが抜け気味になった頃に施工するほうが良いんじゃないのとなりました。

ところが交換後1ヶ月半での施工になりました。
ズッポリ県外組の方ですので、ミスリルの誘惑に我慢できなくなったようです。(笑






d0156040_1827044.jpg


こちらはリアです。
別体式のショックですので塗りやすいです。




今回もう1ヶ所のポイントは・・・





d0156040_1828922.jpg


クランクプーリーです!
今までにも何台か施工している隠れた人気ポイントになってます。


オーナーさんからインプレッションを頂きました。

ショックですがまだ新しいうちに塗ったため、
さほど差は感じないだろうと思いましたが、
若干乗り心地が上品になった感じです。
気持ち程度ですが・・・

クランクプーリーの施工は、
上り坂のアクセルレスポンスが気持ちよく軽やかに上がります。
背中を押されて上がってる様な感じです。
また駐車場や信号待ちで聞こえるエアコンの駆動音が施工前より小さく静かに感じます。

ホイールにミスリルを施工した時は、
馴染んだ頃に路面からの振動音が緩和されて
室内に伝わるノイズも小さくなる効果を感じましたから、
やはり回転系には効果ありそうですね。



ショックは新しい状態ですので劇的変化は難しいでしょうね。
回転系は意外とミスリルの効果が大きいんです。
ホイールやハブ廻りもけっこう評判良いですからね。

これでますますズッポリ度数が上がりますかね?









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-24 09:26 | ミスリル施工 | Comments(2)

リジカラ装着!★マツダスピード アクセラ★車高調も!!

この連休中にリジカラ装着は3台!
おかげでまたまたネタが溜まりはじめました。(笑
早めに更新出来るようにがんばります!!




本日のクルマは・・・





BL3FW マツダスピード アクセラ!







d0156040_17161563.jpg


型式は違いますがメツダスピード・アクセラへの装着は3台目ですね。
アクセラ自体も新旧合わせると6台目になります。
リジカラ好きのオーナーさんの割合が高いんでしょうか?(笑




で、このお客さんは・・・


d0156040_17205322.jpg


広島 からのご来店でした!
先日のアクアに続いて県外の方の連チャンとなりました。
遠方からわざわざありがとうございます。





d0156040_17231912.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。







d0156040_17255914.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_17265321.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類が2個ずつの合計6ピース。

両側突起タイプが2種類と片側突起タイプが1種類の構成です。
両側突起の1種類はかなりゴツめになってますね。







d0156040_17291225.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプ、下側に片側突起タイプを使います。
上側のリジカラは上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマリます。
下側のリジカラは片側突起ですのでサブフレームの穴のみですね。






d0156040_17324026.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起をボディーのガイド穴にハメ込んだ状態になります。
同時に下向きの突起の先端もサブフレームの穴にハマっています。
このままサブフレームを上げていくと、
突起のテーパーに沿って上がるので、自然とセンターが揃うことになります。

下側の突起もサブフレームの穴にハマった状態です。
図解でプレートと書いてましたが、ワッシャのデカイ物ってカンジですね。


今回もミスリル施工をしています。
装着部周辺に塗ることでボディーやサブフレームの剛性が上がります。
リジカラは締結強度を上げて剛性を高めるパーツですので、
ミスリル施工でさらに効果を大きくする働きがあるんです。






d0156040_1738073.jpg


続いて  部の図解です!

ここはサブフレーム上側のみにリジカラを使用します。
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる両側突起です。
例のゴツめだった物ですね。






d0156040_17403678.jpg


装着中の写真です!

こちらもボディーに貼り付いています。
ただし、4ヶ所を同時にこの状態にしないといけないんです。
1ヶ所でもズレちゃってると、最悪突起がツブれてしまうこともあるんです。
サブフレームの位置ズレによってはけっこう時間を取られる作業になりますね。







d0156040_1743286.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
もちろんガセットプレートにもオマケで塗ってあります。







d0156040_1744287.jpg


お次はリアの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分なんですが、
この写真だとよくわかりませんね。







d0156040_174683.jpg


左側のアップの写真です!

かなり奥まったところにもボルトが見えますね。
それとスプリングの真ん中にも・・・(笑




d0156040_17481965.jpg


リア用のリジカラです!
全て同じ形状の6ピースになります。
両側突起のタイプですね。







d0156040_1749477.jpg


リアの図解です!

リジカラが共通でしたので、構造も6ヶ所ともに同じになります。
両側突起がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる方式です。







d0156040_17532388.jpg


まずは  部の写真です!

ここもリジカラはボディーに貼り付いています。
リアも6ヶ所を同時にこの状態にしないといけません。
やはり時間の掛かる作業なんですよね。







d0156040_17552281.jpg


続いて  部の写真です!

ここも同じくボディーに貼り付いています。


 部は写真が撮れませんでした。
カメラが入るスペースどころか、手を入れるだけでもやっとこさ。
リジカラをハメるのにも苦労しました。






d0156040_17574370.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!

奥まった  部はミスリル塗るのも一苦労!!(笑




今回は車高調も同時に装着しました。




d0156040_1801777.jpg


TEIN ストリート・アドバンス! 

リーズナブルな価格ながら、減衰力調整も付いたお買い得モデルです。


リアは強化ゴムのアッパーマウントが付属していますが、
フロントは純正品を再使用する方式なんです。
そこそこの走行距離でしたので、純正の新品に交換しました。
写真はアッパーマウントをセットした状態になってます。






d0156040_1852248.jpg


フロントの装着写真です!
スタビリンクも付属の物に交換してあります。







d0156040_1863028.jpg


こちらはリアです!
リアもネジ式の車高調整になってますね。







d0156040_187367.jpg


オートエグゼ のタワーバーも装着!

一体型でけっこうゴツかったですね。








d0156040_1885288.jpg


車高もエエ~感じになりました!(笑
あまり落としすぎても使い勝手が悪くなりますもんね。

最後にアライメント調整をして完成です!!


この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-22 09:20 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★コルト★インプレッサ★ステップワゴン★

本日は進化剤のネタです!
リジカラのネタだけでなく、こっちも溜まり気味に・・・
なので本日は3台まとめてご紹介します。





まずは・・・





コルトVerR!






d0156040_1622627.jpg


先日ミスリルを大量施工したあのコルトです!
MTに2回とエアコンには施工していましたが、以外にもエンジンは初施工。
先日RECS施工をしまして1000kmほど走行しましたので、
オイル交換と同時に施工となったわけなんです。

進化剤のドロ沼へようこそ!(笑






続いてのクルマは・・・



GDA インプレッサ!







d0156040_1682815.jpg


車輌の写真はありませんが、MTに施工しました。

このクルマはフロントにLSDを装着しています。
最近チャタリング音のような音が出始めまして・・・
進化剤施工で音が小さくなればということでの施工となりました。

フロントデフとMTはオイルを共用していますから、
1度の施工で両方に施工することになります。
一粒で二度おいしい! ってヤツですね。(笑







ラストは・・・






ステップワゴン!








d0156040_16163078.jpg


エンジンに初めての施工です!

このクルマも先月RECS施工とエアコン進化剤をやったんです。
で、仕上げのエンジン進化剤というわけです。
このオーナーさんはもう1台のステラにもエンジン施工してあります。
そちらで効果があったので、こっちもっていうわけですね。


最初は3回の施工をオイル交換ごとのタイミングを推称しています。
3回施工するとエンジン内部はかなりキレイに仕上がりますので、
それ以降は2万kmごとぐらいのインターバルでOKです。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-21 16:56 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★アクア★ミスリル施工も!!

明日からシルバーウィークですね~。
皆さんお出かけのご予定はありますか?
私はシゴトです!(笑) 水曜日は定休日ですが・・・

シルバーウィークの営業日が4日あるんですが、
なんとその内3日はリジカラの作業予定が入っています。
なので早めに更新しないと、またまた溜まっちゃいそうです。



で、本日もリジカラのネタです。

クルマは・・・






アクア!







d0156040_1645518.jpg


トヨタのハイブリッド車と言えば、プリウスには10台以上装着しましたが、
アクアへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。




で、このお客さんは・・・





d0156040_16474581.jpg


出雲 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。
今年に入ってからリジカラ装着は県内と県外の方が ハーフハーフ です。(笑







d0156040_1652682.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

見慣れた形状のFFタイプのサブフレームですね。
コンパクトカークラスだとほとんどの車種がこの形状になってますね。







d0156040_16541138.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_1655527.jpg


フロント用のリジカラです!
5種類が2個ずつの合計10ピースです。

両側突起タイプが1種類と片側突起タイプが4種類の構成なんですが・・・
アクアは年式でサブフレームの穴径が異なるようで、
リジカラ3とリジカラ4は選択使用となります。
つまり実際に使用するのは8ピースと言うことになりますね。

最近このパターンが増えてきました。
リジカラの設定が兄弟車とかで数車種の共用になったりしていますんで、
年式によるメーカーの仕様変更に対応するためですね。








d0156040_1712154.jpg


まずは  部の図解です!

ここは鉄板プレス品の肉厚が薄い構造のため、
リジカラの突起も小さい物を使います。
長すぎると飛び出しちゃいますからね。(笑

サブフレームの上下に片側突起タイプを使い、
突起が上向きでボディーのガイド穴とサブフレームの穴に各々ハマります。
サブフレームの穴径はそこそこ大きめなので、
下側は径が少々大きい突起になっています。








d0156040_1765446.jpg


装着中の写真です!

サブフレームの上下ともに片側突起タイプですので、
どちらも上側に貼りついた状態になっています。
リジカラの突起が各々の穴にハマリ込んだ状態ですね。


今回もミスリルを施工していますよ~!
装着部周辺に塗ることでボディーやサブフレームの剛性が上がります。
リジカラは締結強度を上げて剛性を高めるパーツですので、
ミスリル施工でさらに効果を大きくする働きがあるんです。





d0156040_17101080.jpg


続いて  部の図解です!

ここの上側がリジカラを選択使用するポイントです。
今回の場合はサブフレームの穴径が小さい方でした。
そのため片側突起タイプを使用します。

ここはサブフレームの中にロアアームがハマっていて共締めになります。
サブフレーム下側の穴径とブッシュのインナーカラーの穴径はかなり大きめです。
そのためリジカラも径の大きめな突起になっています。

さらにその突起はインナーカラーにも掛かるようになっていますので、
ブッシュも正しい位置で固定されることになりますね。





d0156040_17214048.jpg


ここは上下同時に写真が撮れなかったので、まずは上側から!

サブフレームの穴に突起がハマった状態です。
このパターンの場合、サブフレームを上げていく過程で突起が穴からズレることがあります。
そのため密着寸前で一旦止めて、ズレていないか確認する必要があるんです。







d0156040_17261019.jpg


続いて下側の写真です!

突起がサブフレームの穴にハマった状態です。
この時ロアアームも動かしてインナーカラーの位置も合わせます。
位置が合っていないと突起が奥までハマリませんからね。








d0156040_1728469.jpg


本締めが終わったらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

ただし、ここはブッシュが共締めになっているポイントですから、
リフトアップした状態で本締めしてはいけないんです。
まずはボルトを仮締めの状態にして、タイヤを装着します。
リフトからクルマを降ろして前後させブッシュを落ち着かせます。
その状態にしてから本締めするんです。
これを 「1G締め」 って言うんですよね。








d0156040_17322671.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。







d0156040_17334451.jpg


リア用のリジカラです!

こちらもお馴染みのトーションビーム用の形状ですが、
本体部が2段になっているタイプになっていますね。
これも数車種で共用するための工夫だと思われます。

外径が大きいのはワッシャの径が大きいからなんです。
ボディーへの接触部が少し小さい径にしてあるのは、
車輌側の形状によっては大きいと干渉してしまう場合があるからなんです。
そのため外側の大きい径でワッシャをかわし、
内側の小さい径でボディーの凹凸などの干渉をかわす構造なんですよね。

さらにボルトの頭のフランジ部はワッシャほど大径ではありません。
で、ワッシャ部よりもフランジ部のほうが締め付けトルクが強く掛かります。
ボディーへの接触面は締め付けトルクの強い部分を活用するため、
径を小さくして圧を高めているといった面もあるんでしょうね。







d0156040_1745519.jpg


装着部の写真です!

ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
このスキマに先ほどの突起がハマるようになります。







d0156040_17522192.jpg


リアの図解です!

リジカラの突起がスキマにハマることでボディーの穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュも正しい位置で固定されることになります。

ボディーとボルトの頭に挟み込まれる部分は肉厚になっています。
補強板の役目も兼ねているんですよね。
これによりボルトの締め付けトルクがしっかり掛かり、締結強度がアップします。







d0156040_1756413.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にも・・・

いつも言ってますが、ここも1G締めが必要です。
そのまま締めてしまうとブッシュにヨジレが出てしまいますからね。
リジカラの効果を台無しにしないためにも大事なポイントなんです!



今回リジカラポイント以外にもミスリルを施工しました!!






d0156040_17585695.jpg


ホイールに2本リングで施工しました!

15インチでしたので1本リングでもOKだったんですが・・・
遠方からのご来店で度々は来られないですから、
より効果の大きいほうをチョイスしたんです。

ホイールにミスリル施工すると動きが軽くなります。
回転系はミスリルがけっこう効きますんで、お試しの価値アリですよ!


この度はお買い上げありがとうございました。


















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-18 18:07 | リジカラ | Comments(0)

RECS施工!★UCF20 セルシオ★

リジカラ・進化剤と並んで人気アイテムなのがRECS施工です!
こちらも効果が体感できるんで人気があるのも当然?


本日のクルマは・・・





UCF20 セルシオ!








d0156040_1932879.jpg


排気量がデカイんで注入量も多くなります!
通常は排気量の10%の量の洗浄液を注入します。
このクルマの場合だと400ccになりますね。
さすがに400ccもの注入だとけっこう時間が掛かりましたよ。

それにしてもこのクルマはすごくキレイな状態を維持してますね~。
年式的にはけっこう経っているんですが、ボディーはビカビカでしたよ!!
オーナーさんの愛情が感じられますね。







d0156040_19132023.jpg


さあ、白煙モクモクの儀式です!
過去最高か!?ってぐらいモクモクでました!!(笑
白煙が出ても出なくても効果は変わらないんですが、
やっぱりモクモク出たほうが儀式らしいですよね。







d0156040_19152528.jpg


スロットル洗浄もやりました!
いつも言ってますが順番的にはこっちを先にやってます。

そこそこ汚れが溜まっていましたね。
まあ、最近の直墳エンジンほどではありませんが・・・

施工後500~1000kmほど掛けて燃焼室内部を洗浄します。
その後にオイル交換をして進化剤施工すればベストです!
当店のオススメパターンなんですよ!!











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-17 19:22 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

LEDヘッドライト装着!★三菱エクリプス★ミスリル施工も!!

ここのところリジカラ&進化剤のネタばっかりになっちゃってます。
まあ、それだけ装着・施工が続いてるってことなんですが・・・
おかげで他の作業ネタがけっこう溜まっちゃってます。

ってことで、たまには気分を変えて・・・(笑





本日のクルマは・・・





三菱 エクリプス!








d0156040_1531998.jpg


初代のエクリプスです!
1990年代の製造だったはずなんで、もう20年ぐらい経ってますね。
最近街中で見かけることもほとんどなくなりました。
まあ、後継モデルですら見かけることがありませんもんね。(笑

三菱のクルマですが、アメリカ製の逆輸入車なんです。
たしかクライスラーだったかとの共同生産車じゃなかったですかね?









d0156040_15352783.jpg


一応白っぽい球には換えてあるのですが・・・
やはりハロゲン球だと明るさに限界がありますよね~。

しかもこのクルマはアメ車らしい変わったポイントが!
なんとレンズが角4灯用のユニットなんです。
そのためレンズ面積が狭いですから余計に暗いんです。
なんで角2灯のユニットを使わないのか、アメリカ人の考える事はよくわかりません。(笑

じつはこのクルマは以前はHIDを装着していたんです。
無名のメーカー(中華製?)だったためか、短い期間で不点灯に・・・
当時有名メーカーのHIDはけっこう高価でしたし、
リトラクタブルなんで装着できるモデルが限られたり、加工が必要だったりで。
そこでハロゲンに戻していたと言うワケなんです。

しかし一度HIDの明るさを体感していますんで、
ハロゲンの暗さに段々と我慢できなくなってきたようなんです。
まあ、気持ちはわかります・・・(笑
そこで最近明るいバルブが発売されはじめたLEDに出来ないかと!

事前に寸法チェックをして装着OKが判明しましたので決行の運びに!!








d0156040_15472312.jpg


リトラクタブルのバルブ交換はレンズユニットを外さないと出来ません。
それに実際に装着してみての干渉確認も必要ですから、
ライトカバー等を全て取り外しての作業になります。
寸法表の数値ではOKだったけど、実際に動かして確認しないといけませんからね。
思わぬところが干渉することもあったりしますから・・・








d0156040_1551185.jpg


レンズ後方のゴムカバーも・・・
HIDを装着した時に大きくカットしたようです。
ハロゲンに戻した時にビニールテープとかで防水はしてありましたが、
このまま装着するのもマズイんで新品に交換します。







d0156040_15532058.jpg


RG POWER LEDヘッドバルブ! 

全光束5000ルーメンという明るいLEDバルブです。
これならHIDにも引けは取らないんじゃないでしょうか!
しかもカットラインも鮮明に出るようですから、車検も問題なし!?







d0156040_15575398.jpg


リトラクタブルで一番気を使わないといけないのが、配線の取り回しです。
なんせライトの位置が動きますから、それに合わせて配線も動きます。
どこかに噛み込んだり、引っ張られて切れたりしないように取り回す必要があります。

そのためにはライトを装着して何度も上げ下げして確認します。
で、一番無理の無い取り回しで固定してやります。
そのためにカバーを外したままの状態が必要になってくるんです。

これがけっこう時間が掛かる作業なんですよね。
なにしろモーターに付いてるダイヤルを手動で回して上げ下げしますんで・・・
でもここで横着するわけにはいきませんからね!







d0156040_1643271.jpg


装着完了です!
ハロゲンの時もそれなりに白かったですが、さらに白く・明るくなりました。
写真では明るさの違いがわかりにくいんですが・・・
実際にはかなり明るくなりましたよ!







d0156040_1663146.jpg


こうしてみると違いがわかりやすいですかね?
ライト下側のレンズカバーの照らし具合が全然違ってますよね。

これで夜道も安心です!(笑
オーナーさんは勤務時間の関係で夜間走行が多いそうなんです。
LEDの明るさを堪能してください!!




ミスリルも施工したんです。



d0156040_1691982.jpg


まずはボディー補強の定番リアゲートのミミ部!
このクルマはハッチバックで開口部が広いんで効果が大きそうです。
それに年式が年式ですのでボディーもヤレてる可能性が・・・(笑
さらに効果が大きく出るかもしれません。







d0156040_16121449.jpg


定番の第二弾!サイドシルのミミ部!!
ここもリアゲートに並んで効果の大きいポイントです。
セットで施工すると相乗効果で、かなり剛性感が出るんです。


この施工をして1週間後ぐらいに、
「先日の施工ですごく効果が出て、キシミ音とかが減ったんです。」
そこで追加で施工することになりました!





d0156040_16305555.jpg


ドア開口部のミミ部!
2ドア車ですのでドアの開口部も広いですからこちらの効果も大きそう!!

リアゲートやドア開口部への施工はけっこう効くんです。
まるでスポット増しをしたような感覚ですかね?
スポット増しほど手間と費用も掛からず、お手軽にできますから!!

今回の施工でさらに剛性が上がったようで、良かった良かった。


施工後オーナーさんとミスリルの話をしていたら、さらに追加施工に!






d0156040_16373267.jpg


リアゲートのダンパーです!
以前からヘタっていてリアゲートが落ちてきちゃうんですよね。

リアゲートが大きいんでけっこうな重さがあるんです。
そのためすぐにヘタってしまうようで、すでに3回交換したんだとか・・・
しかし純正部品が生産中止で在庫も無し!
こうなるとどうしようもありません。

リアゲートを開けた時にはスキーのストックでつっかえ棒をしています。
右側に写ってますよね。
リアゲート施工時の写真にも写ってます。

ミスリルをショックに施工すると減衰力が復活しますので、
ダメ元でやってみることになりました。
少しでも落ちるのが少なくなれば。

結果・・・ダメでした・・・(涙
さすがにここまでヘタっているとミスリルでも太刀打ちできないようです。
ただミスリルは2~3日経つと変化することがあるので、
今後に期待するとしましょうかね。(笑


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-09-14 09:26 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)