<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リジカラ装着!★ホンダ N-WGN★

ついに残り1日となりました。

リジカラフェアは明日までです!
 


いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はご決断をお急ぎください!(笑
ご注文が明日までであれば、作業が後日になっても適用されますので。




さて本日のクルマは・・・







ホンダ N-WGN!








d0156040_14111111.jpg


N-WGNへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。
フェアの特典でアライメント調整が特別料金になっていますが、
半額のほうが安いので対象車はこちらを適用させていただいています。







d0156040_14121499.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

見慣れたFFタイプのサブフレームですね。
Kカーからコンパクトクラスの多くが採用している形状です。
国産車だけでなく輸入車でも同じような形状が多いですから、
国際的なスタンダードになっていますね。







d0156040_1415626.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。








d0156040_1416396.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになっています。

両側突起タイプが1種類で4ピース。
ザグリ付片側突起タイプとザグリワッシャタイプが1種類・2ピースずつの構成です。







d0156040_14193552.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

サブフレーム下側はザグリ付片側突起タイプを使います。
片側突起がサブフレームの穴にハマリますが、かなり長めの設定ですね。
できれば上側に使うリジカラの下向きの突起を長くしてくれたほうがありがたいんですが・・・
突起が長ければ狭いスペースで作業しなくてOKですし、
先端も細くなるのでハメやすいんですよね。







d0156040_14391472.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態です。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていくと、
突起のテーパーに沿って上がるので自然とセンターが揃うんです。

下側のリジカラの突起もサブフレームの穴にハマってます。


もちろんミスリル施工もしてますよ!
フェアの特典でサービスになっていますからね。






d0156040_14434063.jpg


続いて  部の図解です!

サブフレーム上側は先ほどと同じ方式です。
下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使うようになります。







d0156040_14451732.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いていますね。
4ヶ所が同時にこの状態になったらサブフレームをジャッキで上げて、
ボルトを規定トルクで本締めします。






d0156040_14504419.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
っていういつものパターンです。








d0156040_14514244.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。









d0156040_14541073.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
矢印部分に見えているシルバーっぽいのはブッシュのインナーカラーの端面です。
つまりスキマから奥のカラーが見えているってことですね。







d0156040_1515945.jpg


リア用のリジカラです!

センターの突起が先ほどのスキマにハマるようになります。
本体部は2段になっているタイプですね。
数車種が共用になっていますので、
大きめのワッシャをかわすために外径を大きくしてあるんです。
このクルマにはワッシャがありませんけどね・・・







d0156040_1582397.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
補強することでボルトの締付けトルクがしっかり掛かり締結強度が上がります。








d0156040_15224253.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

当然ながら1G締めをやってますよ。
リフトアップした状態で締めるとブッシュにヨジレが出るのでNGなんです。

ボルトを仮締めしてタイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させてブッシュを落ち着かせます。
タイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めをするんです。
これを1G締めって言うんですよね。

簡単なことですが大事なポイントなんです。
ブッシュにヨジレが出ちゃうとせっかくのリジカラが台無しですから・・・



この度はお買い上げありがとうございました。


リジカラフェアのおかげで多くの方からご注文をいただきました。
すでに装着済みで溜まりネタ(笑)になっちゃってるのが6台分!
装着待ちの分が3台分!!
早めに更新するようにしないといけませんね。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-28 15:35 | リジカラ | Comments(0)

ミスリル施工!★レヴォーグ★アチコチに・・・

本日はミスリルのネタです!


クルマは かじわらさん の・・・





レヴォーグ!







d0156040_1421877.jpg


以前に乗ってたクルマにもミスリルを施工してましたので、
新しく買い替えたこのクルマにも!ってパターンですね。
なんせミスリルもヤミつきになりますから・・・(笑






で、このお客さんは・・・


d0156040_1424297.jpg


神戸 からのご来店なんです!
遠方からわざわざありがとうございます。
リジカラ&進化剤&ミスリルは本当に県外からの方が多いですね。






d0156040_14261264.jpg


まずは リアゲート開口部 に施工しました!

ボディー補強関係では一番施工例の多いポイントです。
まあ、それだけ効果が大きいってことでもありますが・・・






d0156040_14282294.jpg


続いて フロントドア開口部 にも施工しました!

競技車輌などではココのスポット溶接を増やす「スポット増し」をやったりします。
でも手間が掛かりますし、熱の問題もあるので一般的ではありません。
それに費用も掛かりますしね。

ミスリルならスポット増しよりも簡単に施工ができます。
コストパフォーマンスは比べ物になりませんよね。








d0156040_1432244.jpg


もちろん リアドア開口部 にも!
何事もバランスが大切ですからね。(笑







d0156040_14335424.jpg


サイドシルのミミ にも施工しました!

リアゲート開口部に次いで施工例の多いポイントです。
最近はセットで施工するパターンが増えてきました。

リアゲート施工で横方向のネジレを抑えて、
サイドシル施工で縦方向のネジレを抑える。
これで車輌全体の剛性感が飛躍的に上がります。
今回はドア開口部も施工していますので、さらにアップですね!






d0156040_14373532.jpg


続いて フロントショック です!

ショックに施工すると減衰力が復活します。
しかもただ復活するのではなく、よりしなやかな乗り味になるんです。
ミスリルを塗ることで内部のオイルの動きが活性化します。
結果的にオイルの容量が増えたのと同じ効果が出るわけなんです。







d0156040_1545785.jpg


もちろん リアショック もね!
何事もバランスが大切ですから・・・(笑



一度にまとめて施工したので、各々の効果はわかりにくいかもしれません。
でも相乗効果で変化の度合いは大きいでしょうね。

インプレッションはオーナーさんのブログにて!

http://minkara.carview.co.jp/userid/408363/blog/37377692/

またのドロ沼をお待ちしています!(笑










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-27 15:54 | ミスリル施工 | Comments(0)

リジカラ装着!★ZRR80 ヴォクシー★ミスリル施工も!!

いよいよ残り1週間となりました。

リジカラフェアは2月末までです!
 


いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はフェア期間中にご決断ください!(笑
ご注文が期間中であれば、作業が後日になっても適用されますので。




さて本日のクルマは・・・






ZRR80 ヴォクシー!







d0156040_16453825.jpg


この型のヴォクシーへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。
フェアの特典でアライメント調整が特別料金になっていますが、
半額のほうが安いので対象車はこちらを適用させていただいています。




で、このお客さんは・・・ っていういつものパターン!






d0156040_16475759.jpg


大阪 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。










d0156040_16492256.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みの見慣れたFFタイプのサブフレームですが・・・
真ん中あたりにフロントフレームと接合する補強フレームが追加されています。
コンパクトとかに比べると車重がありますので、
強度面を考えての方策なんでしょうね。








d0156040_16525552.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_16544972.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースです。

両側突起タイプと片側突起タイプが2種類ずつの構成になります。
4種類のうち3種類は突起がけっこうゴツイですね。
突起の華奢な1種類は中割れの2分割タイプになっています。
このタイプっていうことは・・・







d0156040_16575863.jpg


まずは  部の図解です!

2分割タイプを使うのはスタッドボルトだからなんです。
スタッドボルトを外さなくても装着できるように、分割して挟み込むようにハメます。
サブフレーム上側のリジカラですよ。
下側は片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。







d0156040_1724870.jpg


装着中の写真です!

スタッドボルトは基本的に動きませんので2分割のリジカラは
サブフレームにハメておけばOKなんですが・・・
ジャッキでサブフレームを上げる過程でズレちゃうことがあるんです。
そのため密着する寸前で一旦止めて確認する必要があります。
クリアランスが狭い状態での作業になりますので、ズレてるとちょっと厄介です。(笑

今回は2分割タイプとしては下向きの突起が長めでしたので、
確認作業の時にボディー側に貼り付けておきました。
これで上下の穴に突起が各々ハマった状態になっています。
下側も突起の先端がサブフレームの穴にハマってます。


もちろんミスリル施工もやってます!
フェアの特典でサービスになってますからね。







d0156040_1793775.jpg


続いて  部の図解です!

こちらは普通のボルトですので上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使うオーソドックスな方式ですね。
ガセットプレートも共締めになります。







d0156040_17121187.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃うんです。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。
ここはガセットプレートが共締めになるんですが、
装着してしまうとリジカラが見えなくなるのでその前にパチリ!







d0156040_17174191.jpg


4ヶ所がハマったらボルトを規定トルクで本締めします!
本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ガセットプレートにもオマケで塗っておきましたよ。








d0156040_17205883.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。







d0156040_17225749.jpg


このクルマはいつもとちょっと違う点が・・・
補強ブラケットが共締めされているんですよね。

黒いブラケットの穴の中に見える白っぽい部分はボディーです。(緑色の矢印部)
そのボディー穴の奥に見えるグレーっぽい部分は、
ブッシュのインナーカラーの端面なんです。(黄色の矢印部)
つまりブラケットとボディーの2段階でスキマが出来ているわけです。
通常はブラケットが無いんで黄色矢印部のスキマだけなんですけどね。









d0156040_17313367.jpg


リア用のリジカラです!

スキマが2段階でしたので突起も2段階になっています。
先端の細い部分がボディーの穴のスキマにハマリ、
根元の太めの部分がブラケットのスキマにハマるようになります。

ボルト側はザグリの無い平面構造になっています。
ブラケットの形状がワッシャ径に合わせてプレスされているので、
通常のようにザグリを付けてしまうと径が大きすぎて接触しちゃうからなんです。








d0156040_17394063.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになるんです。
さらにブラケットのスキマも埋まって一体化されます。
肉厚のフランジ部は補強板の役目も兼ねていますので、
一体化したブラケットとの相乗効果で締結強度がアップします。






d0156040_1744196.jpg


このクルマのボルトは根元にスプラインがあります。
ボルト径より若干飛び出した寸法に作られているんです。
おそらくスキマを埋めながらもボルトを回しやすくする工夫だと思われます。
他の車種でも根元が太くなっているボルトがありましたよね。

このスプラインは削り落とします。
リジカラの内径はボルトに合わせてあるので削らないと入らないんです。
スプラインよりリジカラの突起のほうがスキマをきっちり埋めてくれますから・・・







d0156040_1749538.jpg


いつものように1G状態で本締めしたらボルトの頭にもミスリルを!
ブラケットにもオマケで塗っておきました。

いつも言ってますがここはリフトアップした状態で本締めしてはいけません。
リフトアップした状態っていうのはブッシュのセンターを支点にして、
トーションビームの後方部が下がった状態になっているんです。
つまりブッシュは後ろ向きに回転しているんです。

その状態で本締めしてクルマを降ろすと・・・
トーションビーム後方は上がってきますので、
今度はブッシュには前向きの回転力が掛かってきます。
でもブッシュのインナーカラーはすでに固定されているので回転はできません。
結果的にブッシュのゴム部分にヨジレが出てしまうんですよね。

ボルトを仮締めしてタイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させブッシュを落ち着かせます。
で、タイヤを接地させたまま車重の掛かった状態で本締めします。
これを1G締めっていうんです。
簡単なことですが大事なポイントなんですよ!






今回はリジカラポイント以外にもミスリル施工をしました!





d0156040_1811023.jpg


まずはリアゲート開口部です!
ボディー補強関係では一番施工例の多い定番のポイントです。
ミニバンは開口部も大きいですから、効果も大きいと思いますよ~。






d0156040_182487.jpg


続いてはサイドシルのミミ部分!
ここもリアゲートに次いで施工例の多いポイントです。
最近はセットで施工される方が増えてきました。

リアゲート開口部で横方向、サイドシルで縦方向の剛性を上げることで、
ボディー全体がシャキっとした剛性感になりますよ!


この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-22 18:13 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★アルファード★ワゴンR★ステップワゴン★

本日は進化剤のネタを3台まとめてご紹介します!



まず1台目のクルマは・・・







アルファード!








d0156040_1821591.jpg


エンジンに2回目の施工となりました!
やはり進化剤の効果を体感してしまうと、2回目・3回目と・・・
っていうお決まりのパターンですね。


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑





2台目のクルマは・・・





ワゴンR!








d0156040_18243730.jpg


エンジンに初の施工となりました!
ネットで見かけて気になってのご来店でした。


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑





ラストのクルマは・・・





ステップワゴン!








d0156040_1828455.jpg


エンジンに2回目の施工となりました!
このクルマのオーナーさんはセカンドカーにも3回施工しています。
先日ご紹介したばっかりのステラなんですよね。
けっこうこのパターンも多いんです。







d0156040_1929642.jpg


今回はATにも施工しました!
ATへの施工は効果が体感出来にくいんです。
オイル量が多いのに注入量を多く出来ないからなんです。
進化剤の濃度が薄いのでわかりにくいんですよね。

でも、安心してください! 効いてますから!!(笑
濃度が薄くてもちゃんと成分が定着しますんでね。
体感出来なくても保護効果を期待して施工される方が多いんです。









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-21 19:35 | 進化剤 | Comments(0)

22インチホイール装着!★レクサス LS600h★

ここのところリジカラ&進化剤&ミスリルのネタばっかりになってましたね。
それ以外のネタを最後にご紹介したのは12月のGT-Rでした。
もちろん他の作業もやってますんで、けっこうネタが溜まってます。
リジカラのネタも相当なんですが・・・(笑

そこで本日は久々にホイール装着のネタを!!

装着したクルマは・・・







レクサス LS600h!










d0156040_1863824.jpg


ウチの店には似合わない高級車が・・・(笑
実際にお値段は住宅ローンが必要なほどの額ですしね。

すでに22インチホイールを履いていますが、
ガラっとイメージチェンジをしちゃいますよ~~~!







d0156040_1885894.jpg


AIMGAIN GⅡM FORGED 22インチ
 ミラーバフ/ソリッドアルマイトリム


さすがは22インチ! デカイですね~!!
このデカさでピカピカのミラーバフなんでかなりの迫力です。

LS600hは4WDですのでタイヤ&ホイールサイズを前後で揃えなくてはいけません。
外径の異なるタイヤを前後に装着するとデフとかにトラブルが出ちゃうんです。
オフセットの変更は外径に影響しないんでOKですけどね。


もちろんタイヤも新品を組み合わせるんですが、それ以外にも・・・








d0156040_18152558.jpg


TPMSセンサー も新品を使用しました。

TPMSっていうのはタイヤ・プレッシャー・モニター・システムの略なんです。
タイヤの空気圧をメーター内に表示するシステムです。
パンクなどで圧が下がったら警告も出るようになっています。

最近はランフラットタイヤを装着したクルマが増えてきましたので、
このシステムもけっこう見かけるようになりましたね。
ランフラットタイヤはパンクしても走れるようにサイド剛性を上げてあるので、
空気圧が減ってもドライバーが感じないんですよ。
そこでこのシステムで圧をモニターしているってわけなんです。

このホイールはオーダー時のみTPMS用の加工をしてくれます。
リムの裏側にセンサーを取り付ける穴が追加されます。
センサーはエアーバルブも兼用していますので、
1本のホイールに2本のエアーバルブが付くことになりますね。








d0156040_18295079.jpg


どうですか! ガラっとイメチェンしたでしょ~!!

このクルマはフロントブレーキがデカイんですよね。
まあ、2.5トンもある車体を止めなきゃいけないワケですから・・・
なのでフロントはビッグキャリパー対応のディスクじゃないと付きません。
いわゆるHiディスクってヤツですね。
このディスクはキャリパーを逃がす形状なのであまり深リムにはならないんです。

と言ってもソコソコのリム幅がありますけどね。









d0156040_18342828.jpg


リアビューも迫力満点です!!

リアのブレーキはフロントほどデカくありません。
そのためビッグキャリパー対応のディスクは必要ないんです。
ですので深リムに出来るスーパーローディスクをチョイスしました。
フロントよりもリム幅があってカッチョイイです!







d0156040_18372294.jpg


さすが22インチなんでボディーのデカさに負けていませんね~!
しかもピカピカ光ってるんで余計に目立ちます。


で、今回のお買物はと言いますと・・・








d0156040_1839487.jpg


例の 100万円の札束 のお客さんでした!

なんせホイールの定価が1本あたり ¥240、000 ですから・・・
これにタイヤ・ナット・TPMSセンサーですからね。

コ〇ピット時代を含めても当店で最高額のホイールでしたね。
もう2度と無いかもしれない金額かも?(笑


この度はお買い上げありがとうございました。





















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-18 18:48 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

リジカラ装着!★フィット ハイブリッド★

先日メチャクチャ暖かかったかと思えば、昨日今日は冷え込んで・・・
こう気温差があると体調管理が大変ですね~。
なんせ歳なもんで・・・(笑



本日はリジカラのネタです!

まだまだ溜まってる分がいっぱいあるんで、
早めに更新しないといけませんね。



本日のクルマは・・・






GP5 フィット ハイブリッド!







d0156040_13253960.jpg


新型のフィットHVですね!
この型のフィットへの装着は当店では初なんですが・・・


今回はリジカラをお客さんの持込みだったんですよね。
持込みの場合はフェアやキャンペーンの特典は適用されませんのでご了承ください。







d0156040_1331874.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームです。
この形状は国際的なスタンダードになっていますよね。







d0156040_13333243.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できます。








d0156040_13351771.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類で合計10ピースになっています。

両側突起タイプが2種類で6ピースと、
ザグリ付片側突起タイプと片側突起タイプが1種類2ピースずつの構成です。

ただしリジカラ1の4個のうちの2個(黄色シール)とリジカラ2(緑色シール)は、
サブフレームの穴径に合わせて選択使用となります。
ですので実際に使用するのは8ピースということになりますね。
最近はこのパターンも増えてきました。
何車種かが共通設定になっていたりしますんで、その関係かな?






d0156040_14125336.jpg


 部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴に突起がハマリます。
下側はザグリ付片側突起タイプがサブフレームの穴にハマる方式です。






d0156040_14154431.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていくと、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃うんです。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。

今回はミスリル施工はしていません。
持込みなのでフェアの特典は適用されませんので・・・








d0156040_14204431.jpg


続いて  部の図解です!

ここの上側が選択使用のポイントですね。
今回は突起が太いリジカラ1を使うパターンでした。
サブフレーム下側は突起の小さいタイプになっていますね。






d0156040_14235831.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側は先ほどと同じ状態になっています。
下側は突起が小さかったのでサブフレームの穴にハメ込んであります。

4ヶ所ともにこの状態になったらサブフレームをジャッキで上げていき、
ボルトを規定トルクで本締めします。








d0156040_14273394.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所が装着ポイントになりますね。








d0156040_14293589.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています!

矢印部分に見えている白っぽい部分は、
ブッシュのインナーカラーの端面なんです。
スキマがあるので奥のインナーカラーが見えちゃってるってことになります。






d0156040_14322247.jpg


リア用のリジカラです!

センターに突起のあるお馴染みの形状ですが、本体部分が2段構造になっています。
ボルトに付いているワッシャ径が大きめでしたので、
これをかわすために外径を大きくしてあるんですね。







d0156040_14352191.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになります。
またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ボルトの締め付けトルクがしっかり掛かることで締結強度が増すんです。







d0156040_14383590.jpg


ボルトを本締めしたら完了です!

もちろん1G締めをしていますよ~!!
リフトアップしたまま本締めしてしまうとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとリジカラ効果が台無しですからね。

まずはボルトを仮締めして、タイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させ、ブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤが接地したままの状態で本締めします。
足廻りに車重が掛かった状態で締めるので1G締めって言うんですよね。


最後にアライメント調整をして終了です。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-16 14:51 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★ekワゴン★ステラ★ミスリル施工!★VWポロ★

本日は進化剤&ミスリルのネタです。

しかしここんとこリジカラ&進化剤&ミスリルのネタばっかですね~。
まあ、それだけ人気のアイテムってことなんですが・・・
他の作業のネタも溜まってる分があるんで早めに消化しないとね。




まずは進化剤から!

1台目のクルマは・・・





ekワゴン!








d0156040_1912178.jpg


エンジンに3回目の施工となりました!
当店オリジナル進化剤ステッカーをGETです!!パチ、パチ、パチ~~~!!!

オーナーさんにとってこのクルマはセカンドカーなんですが、
ファーストカーのほうもすでに5回施工しています。
やはり進化剤の効果を味わってしまうと・・・(笑









d0156040_1941927.jpg


ATにも2回目の施工をしました!
エンジンとかに比べてATは効果が体感しにくいんです。
内部のクリアランスが細かいため、あまり濃度を上げられないんです。
そのため進化剤の注入量が少ないんですよね、オイル量は多いのに・・・

効果が体感出来にくくてもATへ施工する方はけっこういらっしゃいます。
みなさん保護効果を狙っての施工なんですよね。
体感できなくても効果はちゃんと出てますので!






続いてのクルマは・・・






ステラ!









d0156040_1992295.jpg


こちらもエンジンに3回目の施工となりました!
もちろん進化剤ステッカーGETですよ!!パチ、パチ、パチ~~~!!!

このオーナーさんもファーストカーにも施工していますよ。

進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑






続いてはミスリル施工です。

クルマは Ryuseiさん の・・・






VW ポロGTI!









d0156040_19153222.jpg


以前に何度もミスリル施工でご紹介したクルマです!
すっかりミスリル中毒に陥ってしまったようで・・・(笑






で、このお客さんは・・・



d0156040_19171916.jpg


神戸 からのご来店なんです!
遠方から何度も何度もありがとうございます。





本日の施工ポイントは・・・






d0156040_19184447.jpg


まずはフロントスタビです!
両端に近い部分に塗りました。

じつは以前にスタビへ施工してあったんですが、
強化スタビに交換されたので、さらに強化するために・・・(笑







d0156040_19205267.jpg


センター部分にも塗りました!
スタビ1本あたり3ヶ所への施工ということになります。







d0156040_19214549.jpg


もちろんリアスタビにも!
こちらも強化品を装着されていますね。
やはり両端部とセンターの3ヶ所に施工しました。

効果は体感されたようなので、詳しくはオーナーさんのブログにて!

http://minkara.carview.co.jp/userid/632986/blog/37322811/









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-13 19:26 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★ZVW30 プリウス★なんとプリウスの3連チャン!!

本日もリジカラのネタです!


しかも同一車種が3台連チャンという滅多に無いことが・・・






ZVW30 プリウス!









d0156040_17475434.jpg


昨日ご紹介したプリウスと同色ですが別のクルマです!(笑
ホイールが違いますもんね。

昨日のプリウスは1台目の翌日の作業でしたが、
今回のプリウスはその4日後の作業だったんです。
ってことは1週間のうちに3台連チャンでリジカラ装着をしたことに・・・
これって本当にもう2度とないパターンかもしれませんね。


現在当店では・・・

2月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はフェア期間中にご決断ください!(笑
ご注文が期間中であれば、作業が後日になっても適用されますので。





で、このお客さんも・・・






d0156040_17534247.jpg


広島市 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。

本当にリジカラは県外からのお客さんが多いです。(進化剤&ミスリルもですが・・・)
3連チャンのうち2台が広島からっていうのもなんか奇遇ですね。








d0156040_17562814.jpg


最近マツダ車のアンダーカバーの件をよく話題にしていますが、
プリウスもクリップやボルトをけっこう外さないといけないんですよね~。
メーカーを問わず最近はこの傾向にあるんでしょうかね?








d0156040_17591525.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

いつもの見慣れたサブフレームですね。
プリウスはアンダーカバー以外にも取り外すパーツがあるんです。
サブフレームからフロントフレームに向けて補強フレームが付いているんです。

サブフレームの両端から前に向かっている黒いフレームがわかりますかね?
さらに真ん中あたりにも細めのバーが見えます。
グレードによってはこれらを横方向に繋ぐフレームもあったりします。
これらを外しておかないと作業に取り掛かれないんです。
(サブフレームが下がってこないんで・・・)
なので事前準備にけっこう時間を取られます。








d0156040_1845953.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。








d0156040_1862122.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつで8ピースになった第3世代バージョンです。

両側突起タイプと片側突起タイプが1種類ずつの構成になっています。
以前のバージョンだと両側突起タイプだけの4ピースだったんですよね。
ピース数が増えるってことは効果が高まりますから良いことなんですが、
装着作業は手間が増えて大変になります。(笑







d0156040_18114536.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ装着方式になります。

サブフレーム上側には両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマるようになります。

以前のバージョンはこの下向きの突起の先端が太かったんです。
プリウスのサブフレームはシナリが大きく、
先端の太いリジカラはものすごくハメにくかったんですよね。
そのため下側のリジカラがラインナップされていなかったんです。
突起の先端が細く改良されたので、
下側用のリジカラが追加された現在のバージョンになりました。

突起は根元の寸法が穴径に合っていれば、
先端が細くなっていても効果には全く影響しませんので、ご心配なく!

下側のリジカラは片側突起がサブフレームの穴にハマリます。
これによりボルトのフランジ側もサブフレームとセンターが揃います。
ボルトの締め付けトルクが均等に掛かりますし、
サブフレームとの一体感も増しますので締結強度がアップします。








d0156040_18212052.jpg


 部の装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
これは上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態なんです。
そして下向きの突起の先端はサブフレームの穴に掛かっています。

このままボルトを締めこんでいけば、
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃います。
いつも言ってますが、シナってるサブフレームを逆にシナらすような・・・
本当にボルトの締まる力ってスゴイですね。

下側の突起もサブフレームの穴にハマった状態です。

以前のバージョンだとココをハメるのに苦労していたんです。
突起の先端が細くなってからはだいぶラクになったのですが・・・
今回はけっこう苦労させられました。
第3世代バージョンになってからは一番ハメにくかったかも?
突起が太かった頃を思い出させるような・・・(笑

上側のリジカラのフランジ部とボディーの間からグリスがハミ出ているのがわかりますかね?
まだボルトを締付けていないのにグリスがハミ出るってことは・・・
サブフレームがテーパー部にキツく当っているので、
リジカラが上に向かって押さえ付けられているからなんです。
それだけキツキツだったってことですね。


今回もミスリル施工をやってますよ~!
フェアの特典でサービスですからね。







d0156040_1855162.jpg


続いて  部の装着中の写真です!

こちらも先ほどと同じ状態になっていますね。
ここはガセットプレートが共締めされるポイントなんですが・・・
装着してしまうと下側のリジカラが見えなくなるので、その前にパチリ!









d0156040_1858432.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
いつものようにガセットプレートにもオマケで塗っています。








d0156040_190280.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

毎度お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。







d0156040_1915936.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています!
矢印部分に見えるグレーっぽいのはブッシュのインナーカラーの端面です。
スキマがあるので奥のインナーカラーが見えているんですよね。







d0156040_194244.jpg


こちらもお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!
センターに突起のある一番オーソドックスな形状ですね。








d0156040_1953199.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマリ込むことでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんですよね。
クルマによっては純正で鉄板が溶接されていることもありますが、
ここの強度が上がることでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。









d0156040_1995180.jpg


本締め後はこちらもボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!

もちろんタイヤを接地させて、ブッシュを落ち着かせて、
という1G締めで本締めをしていますよ。
リフトアップした状態で締めちゃうのはNGなんです。
簡単なことですがリジカラ効果を発揮させるには大事なポイントなんです!!


この度はお買い上げありがとうございました。

















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-08 19:18 | リジカラ | Comments(0)

リジカラ装着!★ZVW30 プリウス★2台連チャン!!

本日もリジカラのネタです!

当店で装着台数が圧倒的に多い車種が・・・




ZVW30 プリウス!








d0156040_16242381.jpg


かなりの台数のプリウスに装着しましたが、2台連チャンでの作業は初かも?
他の車種でも連チャンは無かったと思います。
しかも今回の作業は先日ご紹介したプリウスの翌日だったんです。
2日続けて同じ車種のリジカラ装着なんてもう二度と無いかも?(笑


さて、現在当店では・・・

2月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

ご検討中の方はフェア期間中にご決断ください!(笑
ご注文が期間中であれば、作業が後日になっても適用されますので。




で、このお客さんは・・・




d0156040_16361086.jpg


広島県 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。








d0156040_16393728.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのサブフレームですね。
社外品の補強バーも装着されていますので、
これも一旦取り外さないと作業が出来ませんね。







d0156040_16414666.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_16425591.jpg


フロント用の第3世代バージョンのリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが1種類ずつの構成になっています。
以前のバージョンだと両側突起タイプのみの4ピースでした。
改良版になって片側突起タイプが追加されたんですよね。

ウチではこのバージョンになる前から
オプション扱いで8ピース装着をやってたんですが・・・
どうやらスプーンさんがそれに危機感を持ったようです。(笑






d0156040_16505944.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式の装着方法になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマリます。
以前はこちらだけだったんですよね。

第3世代バージョンで下側のリジカラが追加されました。
片側突起タイプがサブフレームの穴にハマるようになっています。
上下でサンドイッチするような方式になり、締結強度がアップしているんです。







d0156040_16553866.jpg


 部の装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっています。
そして下向きの突起の先端がサブフレームの穴に掛かっています。

以前のバージョンでは上側のリジカラを4ヶ所ともこの状態にするのに苦労していました。
プリウスのサブフレームはシナリが大きいので、
片側をハメ込むと反対側をハメ込むことが出来なかったんです。
改良版になって突起の先端が細くなってハメやすくなりました。
それでも他の車種よりは苦労するかな・・・?(笑

この状態からボルトを締めこんでいけば、
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃うんです。
シナっているサブフレームを逆にシナらせるとでも言いましょうか・・・
ボルトの締まる力ってスゴイですね~!

下側のリジカラの突起もサブフレームの穴にハマった状態です。
これでボルトのフランジ側もセンターが揃うようになりますので、
締め付けトルクが均等に掛かり締結強度がアップします。
また、サブフレームとボルトの一体感も増すことになり、さらに強度が上がります。


もちろんミスリル施工もやってますよ~!
フェアの特典でサービスになってますからね。







d0156040_17301725.jpg


続いて  部の装着中の写真です!
こちらも先ほどと同じ状態になっていますね。

ここは社外品の補強バーが共締めになります。
装着してしまうと下側のリジカラが見えなくなりますので、その前にパチリ!







d0156040_17322748.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

今回はガセットプレートが無かったんですが、
さすがにこのキレイなブルーのバーには塗れませんよね~。(笑







d0156040_1735666.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所が装着ポイントです。







d0156040_17371210.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
矢印の先にある白っぽく見えている部分がスキマです。







d0156040_1739237.jpg


リア用のリジカラです!

こちらもお馴染みのトーションビーム用のリジカラですね。
センター部分に突起の出た1番オーソドックスな形状になっています。







d0156040_17404262.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことで、ボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かることで締結強度が増すんです。








d0156040_17434489.jpg


本締め後はこちらもボルトの頭にミスリルを!

もちろんここは1G締めをしていますよ!!
リフトアップした状態だとアクスルは後方部が下がった状態になっています。
ブッシュは後ろ向きに回転していることになります。
そのまま本締めしてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
せっかくのリジカラが台無しになってしまうんです。

まずはボルトを仮締めの状態にして、タイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させブッシュを落ち着かせます。
で、その状態で本締めしてやります。
これを1G締めって言うんですよね。


最後にアライメント調整をして完了です!






d0156040_1750635.jpg


お土産をいただいちゃいました!
遠方からご来店のうえに気を使っていただきすいません。
おいしくいいただきました。


この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-07 17:56 | リジカラ | Comments(0)

リジカラ装着!★ZVW30 プリウス★大人気ビルシュタイン車高調も!!

現在、当店では・・・

2月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!



おかげさまで多くのご注文をいただいています。
ただ、更新が追いついていないので、ネタが溜まりに溜まっちゃって・・・(笑
早めに更新していかないとえらいことになりそうです。


さて本日のクルマは・・・







ZVW30 プリウス!







d0156040_15541143.jpg


当店での車種別装着台数はプリウスが圧倒的なトップになってます。
このブログへの検索ワードでも、
「リジカラ」と「プリウス」が常に上位になってますからね。








d0156040_1619309.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

いつもの見慣れたサブフレームですね。
最近アンダーカバーのクリップの話題をよく取り上げてますが、
プリウスもけっこう事前準備に時間が掛かります。
アンダーカバーもそれなりなんですが、
補強バーとかがけっこう付いているんですよね~。
これらを外しておかないとサブフレームが下がってこないんです。







d0156040_162444.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。






d0156040_16251480.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

以前は4ピースだけだったんですが、最近モデルチェンジした第3世代バージョンですね。
両側突起タイプと片側突起タイプが1種類ずつの構成です。







d0156040_16275711.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。
以前はこの上側のみの設定だったんですよね。

第3世代バージョンからはサブフレーム下側にもリジカラを使うようになりました。
片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。
上側用の下向き突起は先端が以前より細く変更されているんです。
そのため上側がハマリやすくなったので、下側が追加になったんですよね。

たしかに第1世代バージョンだと絶対に下側のリジカラはハマらなかったでしょうね。








d0156040_16335850.jpg


まずは  部の装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディー穴にしっかりとハマった状態です。
下向きの突起の先端はサブフレームの穴に掛かっています。
プリウスはサブフレームのシナリが大きいので、
以前のバージョンだとこの状態にするのに苦労していたんですよね。
なんせ4ヶ所をこの状態にしないといけませんから・・・

先端が細くなったことで1ヶ所をハメても他が入りやすくなりました。
ですので下側にリジカラを追加することが出来るようになったんです。
それでもやはりハメにくいことには変わりありませんが・・・(笑

このままボルトを締めこんでいくと、
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので自然と位置が揃うんです。
シナってるフレームを逆にシナらせるといったカンジでしょうかね。
人力では到底無理なことですが、ボルトの締まる力ってスゴイですね。


もちろんミスリルも施工しています。
フェアの特典でサービスになってますからね。







d0156040_17565370.jpg


続いて B 部の装着中の写真です!

先ほどと同じ状態になっています。
ここはガセットプレートが共締めになるポイントなんですが、
装着してしまうと下側のリジカラが見えなくなるので、その前にパチリ。








d0156040_17595597.jpg


規定トルクで本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ガセットプレートにもオマケで塗ってありますよ。








d0156040_1811178.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。








d0156040_1823050.jpg


ボルトの径とボディーの穴径とに差があるのでスキマが出来ています。
矢印部分で白っぽく見えているのがスキマになります。








d0156040_1819067.jpg


リア用のリジカラです!

こちらもお馴染みの形状ですね。
トーションビーム用では一番オーソドックスなタイプです。
センターの突起が先ほどのスキマにハマリ込むようになります。

ボディーとボルトのフランジに挟まれる部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かり締結強度がアップするんです。







d0156040_18492856.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。







d0156040_18532796.jpg


規定トルクで本締めしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

いつも言っていますがここのボルトはリフトアップした状態で本締めしてはいけません。
リフトアップした状態だとアクスル後方が下がっていますので、
ブッシュは後ろ向きに回転した状態になっているんです。
そのまま締めるとクルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずは仮締めして、タイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させて、ブッシュを落ち着かせます。
その状態でボルトを規定トルクで本締めします。
簡単なことなんですが、とっても重要なポイントなんですよね。






今回は足廻りも同時に交換しました!



d0156040_18551340.jpg


ビルシュタイン BSSキット! 

プリウス用では当店で人気No.1の車高調です。
しなやかな乗り心地で大人の車高調ってカンジですかね。
今回もアッパーマウント類を新品に交換してあります。
再使用して後々の異音の原因になっても困りますし、
ゴムもしなやかになるんで乗り心地にも影響してきますからね。






d0156040_18592337.jpg


リアもネジ式の車高調整機能が付いています。

ただしこのキットはあまり落とすことが出来ないんですよね。
ガッツリと落としたい方には不向きなんです。
その面でも大人の車高調って言えるかもしれません。(笑


この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-02-04 09:30 | リジカラ | Comments(0)