<   2016年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

後期ABS換装!★NSX★ 人気のメニューです!!

ここのところ更新するネタがリジカラ&進化剤&ミスリルばっかり・・・(笑
まあ、それだけ人気があるってことなんですが。
当然ながら他の作業もやってますんで、ネタもけっこう溜まってます。
それらも更新していかないと溜まる一方ですからね~。


ってことで本日は NSX の人気メニュー

後期ABS換装! のネタです。

けっこう前に作業をしたネタなんですが、ご紹介は今頃になっちゃいました。
他のネタも早めに更新しないとね。








d0156040_12245383.jpg


NSXのオーナーさんはみなさんキレイにされていますね。
スタイルも古さを感じさせないクルマではありますが、
とはいえ発売から25年以上経ったクルマでもあるんですよね~。

設計も25年以上前のものですから、現代とは異なる部分も多いんです。
オーナーさんたちの間でも不評を買っているのが・・・

ABS! 

現代のABSはクルマを安全に止めるための装置ですが、
初期型NSXのABSは作動すると制動距離が延びるっていう優れもの!(笑
しかもペダルがドンドン奥に入っていくっていう絶叫系のアトラクション!!
これなら不評なのも当たり前ですよね。

まあ、当時はNSXに限らず他のメーカーも似たり寄ったりでしたが・・・
総称して アホABS って言われてましたね。(笑
ジムカーナとかではABSのヒューズを抜いて殺してました。


NSXは14年間も生産されていましたので、
後期型になって現代風に進化している部分がけっこうあるんです。
それを前期型に流用できるっていうのもNSXならではなんですよね。






d0156040_12542450.jpg


これが悪名高き・・・

ALB(アンチロックブレーキ)! 

その名の通りブレーキをロックさせないためだけの装置です。(笑
ご覧のようにかなり大掛かりなシステムになっています。
作動も複雑でそれがネックにもなっているんじゃないでしょうかね?
まあ、当時の技術ではこれが精一杯だったんでしょうけど。







d0156040_12595847.jpg


後期型のABSモジュレーターです。
最近のクルマのものと同じような見た目ですよね。
コントロールユニットも一体化されており、システムも同様の物になります。






d0156040_1324335.jpg


モジュレーターが替わりますので、ブレーキの配管も交換します。
長いパイプが3本ほどありますが、これを通すのが一苦労なんです。
なにしろエアコンの配管やヒーターホースは残ったままなんで、
知恵の輪状態での取り回しが必要になります。






d0156040_1354843.jpg


換装に必要な小物たちです。







d0156040_1363173.jpg


そして何と言っても重要なのが変換ハーネスです!

RFY後期ABSハーネスキット! 

これが無いと後期ABSに換装することができません。
300台以上の実績があるという商品ですので安心ですね。







d0156040_1311547.jpg


オレンジ色のカプラーが刺さっているのが、ALBのコントロールユニットです。
グローブボックスの奥に他のユニットと一緒に装着されています。
これから外したカプラーに変換ハーネスを接続します。






d0156040_13142384.jpg


コントロールユニットは外しておきました。
後期のシステムには必要ありませんので、ウエイトになるだけですからね。(笑







d0156040_1316119.jpg


前期と後期の比較写真です!
どっちが後期かは言わなくてもわかりますよね。(笑

かなりコンパクトになってますね~。
前期型はモジュレーターのユニット自体もデカイんですが、
ブレーキオイルを高圧に加圧するポンプ(右下の物)や、
その圧を保ちながら蓄えるアキュームレーター(ボール状の物)等もあって、
かなりゴチャゴチャしています。

後期型はシンプルなだけに作動も早くなっているんでしょうね。
コンパクトなのに作動は確実っていうのが技術の進歩なんですね。






d0156040_1416878.jpg


前期のモジュレーターに接続されていたハーネスも不要になります。
インシュロックで束ねておいても問題ないんですが・・・
モジュレーターからカプラーだけを取り外して、防水処理をしてハメておきました。
こうすることで元の位置に固定できますので、見た目もスマートです。






d0156040_1644323.jpg


後期のモジュレーターが装着されました!
パイプが何本もありますので間違えないように配管しないと!!
図面とにらめっこしながらの作業になります。

変換ハーネスもモジュレターに接続します。
システムがコンパクトですからかなりスッキリしましたね。
最後にブレーキのエア抜きをして完了です。







d0156040_1649122.jpg


前期と後期の比較写真です。
こうやって比べてみるとかなり大きさが違いますね~。
後期型は上も下もスペースができてます。
見た目はかなりスッキリしましたね。

これで安心してブレーキの踏めるクルマに変身しました!
それなりに費用は掛かりますが、
決行したオーナーさんの満足度はけっこう高いようです。
ブレーキは安全面では大事な部分ですもんね。


NSXも最近はハードなチューニングが減ってきました。
まあ、減ってるのはNSXに限ったことじゃありませんが・・・
かわりにメンテナンス系の作業が増えてきています。
年式を考えれば当然の流れではありますけどね。

NSXオーナーさんは永く乗りたいと思っている方が多いので、
余計にメンテナンスに気を使うんでしょうね。
それに今回の作業のような近代化のメニューもありますしね。
まだまだ今後もNSXのネタは続きそうです。(笑







d0156040_17552057.jpg


最後の仕上げにMTに進化剤を施工しました!
って、ABSとは何の関係も無いんで仕上げでもありませんがね。(笑
これでシフトもスコスコで気持ちよく走れますよ!!


この度はお買い上げありがとうございました。



















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-26 17:29 | NSX | Comments(0)

リジカラ装着!★エスティマ HV★

昨日、左手の人差し指を負傷してしまいまして・・・
作業中ではなくちょっとしたヤボ用でホースを縦に裂こうとしたら、
ハサミを指先に突き刺してしまったんです。(涙
けっこう深くえぐるようだったので血がなかなか止まらない・・・

バンドエイドを貼って出血を抑えているんですが、
貼りかえる時なんかはまだダラ~ッと垂れてきます。
とりあえず人差し指を使わないようにしてるんで痛みはあまりないんですが、
なんかの拍子に左手に衝撃が加わるとズキッときます。

左手とはいえ人差し指が使えないのは不便ですね。
パソコンのキーボードも打ちにくいし、時々ズキッとくるし・・・(笑
まあ右手じゃなかったのがせめてもの救いですが。
当分は不便を我慢しなくちゃいけませんね。

ということで当面は作業時間が長めになったりの差し障りがあるかもしれません。
ご迷惑をお掛けしますが、ご了承ください。

ちなみにそのヤボ用ってやつは他で解決しちゃって、
ホースを裂く行為は何の意味も無かったってことは内緒です。(笑




さて本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・






エスティマ ハイブリッド!








d0156040_18304536.jpg


エスティマハイブリッドへの装着は2台目になりますね、たしか・・・

ハイブリッド車は走行中や停車中に突然エンジンが掛かることがあります。
この時の振動もリジカラ装着で抑えることが出来るんです。
アイドリングストップ車でも同じ効果がありますよ!






d0156040_18361569.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
ただ、このクルマは車重がありますので、
フロントフレームに向けて補強のフレームが付いています。







d0156040_18383670.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できます。








d0156040_18393829.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースです。

両側突起タイプと片側突起タイプが1種類ずつの構成です。
以前の物に比べると突起が鋭角的に改良されています。
突起の先端が細くなりますので、サブフレームの穴にハメやすいんですよね。
作業者にとってはありがたい改良です。(笑







d0156040_18435928.jpg


フロントの図解です!

A・B 部ともに同じ構造です。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマリます。
サブフレーム下側は片側突起タイプになっています。
一番オーソドックスなパターンですね。







d0156040_18472442.jpg


 部の装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端はサブフレームの穴に掛かっています。
このままジャッキで上げていけば、
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃います。

下側の突起もサブフレームの穴に掛かっています。


もちろん今回もミスリルを施工していますよ!
フェアの特典でサービスでしたからね。






d0156040_18512711.jpg


続いて  部の写真です!

こちらも先ほどと同じ状態になっています。
ここはガセットプレートが共締めになるんですが、
装着してしまうとリジカラが見えなくなるので、その前にパチリ。







d0156040_18544794.jpg


4ヶ所が同時に先ほどの状態になったらボルトを規定トルクで本締めします。
本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ガセットプレートにもオマケで塗ってあります。







d0156040_18564117.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。







d0156040_18582638.jpg


このクルマは補強フレームが共締めになっています。
黒い補強フレームの穴の中に見える白い部分がボディーの鉄板です。(矢印部分)
でボディーとボルトの間の三日月状の黒い部分がいつものスキマです。






d0156040_1915056.jpg


リア用のリジカラです!

センターに突起のある形状なんですが、通常の物とはちょっと違います。
突起が2段になっているのがわかりますかね?
ボディーとボルトのスキマだけでなく、
補強フレームの穴にもハマってセンターを揃える構造なんです。






d0156040_1944395.jpg


リアの図解です!

フランジ部から1段目の突起が補強フレームの穴にハマリます。
2段目の突起がボディーとボルトのスキマにハマリます。
これでボディーとボルトに加えて補強フレームもセンターが揃うことになります。

まあ、その分取り付けは面倒なんですけどね。(笑







d0156040_1974913.jpg


このクルマのボルトは根元にスプラインが切ってあります。
そのままだとリジカラがハマリませんので、切削加工をしてやります。
削り過ぎないように注意が必要なんです。







d0156040_1993915.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
補強フレームにもオマケで塗ってます。

いつも言ってますがここはリフトアップした状態で本締めしてはいけません。
車重を掛けた1G状態で締めないとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。

まずはボルトを仮締めして、タイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出して前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに入れてタイヤを接地させたままの状態で本締めします。
簡単なことなんですが、大事なポイントなんです。


最後にアライメント調整をして完了です!

この度はお買い上げありがとうございました。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-25 12:02 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★フィットRS★ ミスリル施工!★シビックTypeR★

選抜高校野球で創志学園が勝ちましたね!
なんでも選抜で岡山勢が勝つのは7年ぶりなんだそうで。
そんなに初戦負けが続いていたんですね~。
かつては2年連続ベスト4とかもあったりして、
岡山代表が初戦で負けて帰ってくるってイメージはあまり無かったですがね。
何にしても次もがんばってもらいたいですね。



さて本日は進化剤&ミスリル施工のネタです!

まずは進化剤から。

クルマは・・・


けいんさん の・・・





フィットRS!







d0156040_168270.jpg


エンジンに 9回目 の施工となりました!
あのステージアに次いで10回目の大台到達にリーチですね。
複数回目の施工でも効果が体感できるのが進化剤のスゴサなんです。
そのためリピーターのお客さんが多いんです。
効果が感じられなければ、2回目・3回目と施工しませんもんね。

訂正!
今回の施工で
 10回目到達 でした!!
パソコンの入力ミスによる数え間違いでした。
すいませんでした


やはり進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑






続いてはミスリル施工です!

クルマは・・・




FD2 シビックTypeR!








d0156040_16153345.jpg


以前にも進化剤やミスリル施工でご紹介したことのあるクルマです!




で、このお客さんは・・・




d0156040_16164037.jpg


ドロ沼ズッポリ県外組 大阪支部長! さんなんです。(笑

遠方から何度も何度もご来店ありがとうございます。
それだけ進化剤もミスリルも魅力的ってことなんでしょうね。






今回の施工ポイントは・・・



d0156040_16195549.jpg


サイドシルのミミ! 

ボディー剛性感系では施工事例の多いポイントですね。
それだけ施工された方の評判も良いってことなんですよ!!


本当は今回MTオイルの交換と進化剤施工もする予定だったんですが、
ある事情があって見送りとなりました。
そのあたりのことはまたいつかご紹介するようになると思います。


オーナーさんからのインプレッションです。

ミスリルは前回塗って頂いたフロントのアッパーパネルとの相乗効果でしょうか
車線変更でその剛性感を感じる事が出来、
ハンドルをきった際のガッチリ感が増しました。
ヤバいです。
ドロ沼から抜け出すところかますます深入りしてしまいました。


今回も効果が体感いただけたようですね。






d0156040_1626014.jpg


お土産をいただいちゃいました!
遠方からのご来店のうえに、お気を使っていただきありがとうございました。
おいしくいただきました。




本日はオマケのネタが・・・


先日ウチの軽トラの車検を受けたんです。
車検整備で各部をチェックしていたら、冷却水が少なかったんです。
水を継ぎ足して量を確認しようとしたところ、
リザーブタンクから冷却水が滲んでいるような痕がありました。
継ぎ足したのがこぼれたのかと思い、指で拭き取ろうとしたら・・・






d0156040_16351021.jpg


ボコッと穴が開いちゃいました!(笑

他の部分は何ともないんだけど、
穴が開いた周辺だけが風化したようにもろくなってました。
なので指で突くだけでドンドン穴が広がるし・・・(笑

いったい何でこんなことになっちゃったんでしょう?






d0156040_17145846.jpg


このクルマはリザーブタンクがフロントバンパー内部に納まっています。
で、バンパーに開いている穴から冷却水のレベルをチェックするんですよね。
おそらくここが外部にさらされているんで、
紫外線にやられてここだけもろくなっちゃったんでしょうね。

こんなこともあるんですね~。
キャリィにお乗りのみなさん、お気をつけくださいね。
すでに手遅れかもしれませんが・・・(笑



















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-24 17:30 | ミスリル施工 | Comments(0)

リジカラ装着!★S2000★ レンズリフレッシュも!!

先日ハンガリーで開催されたフィギュアの世界ジュニア選手権で・・・

本田真凜ちゃんが優勝しました! 

オジさんは「表彰台も無理だろうな~。」って思ってたんだけど、
見くびっててごめんなさい。(笑
ロシアの優勝候補が二人も棄権するというラッキーがあったとはいえ、
運も実力のうちって言いますからね。

しかもSP・FSともにノーミスの完璧な内容でした。
今シーズンの国内大会では2本揃えることが出来ずに結果が残せていなかったのに、
初出場の大舞台でノーミスをやってのけるとは・・・
同じコーチに師事する姉弟子の宮原さとこちゃんも、
ミスパーフェクトって呼ばれてますから、良い影響をもらったのかな?

まあ、今シーズンのジュニアGPシリーズの2戦では2位と1位でしたし、
上位6人で争うジュニアGPファイナルでも銅メダルでした。
国内より海外の試合のほうが合ってるのかもしれませんね。

で、真凜ちゃんといえば、妹は人気子役の本田望結ちゃん。
彼女もフィギュアをがんばっていて成績もソコソコみたいですが、
実力はお姉ちゃんのほうが上みたいですね。
ただ、末っ子の紗来ちゃんがかなりの才能の持ち主のようでして・・・

優勝後の真凜ちゃんのインタビューでは、
「紗来がシニアに上がってくる前に私は引退したい。」みたいな事を言ってました。
望結ちゃんと同じく紗来ちゃんも芸能活動をやってて二束のわらじです。
最近フルーチェのCMで「おいしい~~!」って言ってる子が紗来ちゃんなんです。

真凜ちゃんも以前に望結ちゃん主演のドラマに出演しましたが、
基本的にはフィギュア1本で芸能活動はしていません。
そのドラマもライバルのフィギュアスケーターって役どころでしたしね。
ちなみに望結ちゃんのお姉ちゃん役を演じていたのが、
朝ドラのびっくりぽんでヒロインの娘役をしている小芝 風花ちゃんでした。
彼女も中学までフィギュアをやってたそうです。
(本当の題名はびっくりぽんではありませんので・・・(笑)

今回の大会には日本女子は3人出場してました。
樋口新葉(わかば)ちゃんが3位、白岩優奈ちゃんが4位になってます。
この2人もがんばりましたね!
若い世代はここのところロシアの台頭が目立ってましたが、
日本の女子も期待の新星がドンドン出てきています。
何にしても将来が楽しみですね~!!




さて、本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・




S2000!








d0156040_14111772.jpg


S2000への装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。






d0156040_14124619.jpg


S2000用のリジカラはフロント&リアのセットの設定になっています!
2種類が6個ずつの合計12ピースになります。
全て両側突起タイプですね。

特徴的なのは両側の突起がかなり長めになっていることです。
通常上向きの突起は短めのパターンが多いんですけどね。
2種類の違いは突起と穴の径になります。
サブフレームの穴径とボルト径が異なっているんですね。






d0156040_17335766.jpg


フロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

FR車ですのでいつものタイプのサブフレームではありませんね。
クロスメンバータイプとも違う四角形タイプのような構造です。






d0156040_17362666.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側のみにリジカラがハマる方式です。
通常より長めだった上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がいつものようにサブフレームの穴にハマリます。







d0156040_17384346.jpg


装着中の写真です!
2ヶ所を同時に撮影しています。

上向きの突起が長めでしたので、ボディーに貼り付けてしまうのではなく、
中間で浮かせたような状態にしています。
これだと上下ともに突起の先のほうが掛かっていることになりますので、
作業中の自由度が大きいんですよね。

今回もミスリル施工をしています。
フェアの特典でサービスでしたからね!





d0156040_17413458.jpg


続いて  部の図解です!

基本的には先ほどと同じですね。
サブフレームの穴径とボルト径が先ほどより細い構造です。






d0156040_17442481.jpg


装着中の写真です!

ボディーに貼り付いているように見えますが、微妙に浮かせてあります。
6ヶ所が同時にこの状態になれば、サブフレームを少しずつ上げていきます。






d0156040_17472746.jpg


ボルトを規定トルクで本締めしたら、ボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。







d0156040_17485084.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらも片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所ですね。
サブフレームをボディーに固定している部分になります。







d0156040_17502517.jpg


今回はリアで横からビューの登場です!(笑
先ほどの写真では写っていないボルトがありましたからね。
これだと装着ポイントがはっきりと確認できます。







d0156040_175293.jpg


リアの  部の図解です!

基本的にはフロントと同じです。
ボルト径が太いほうになりますね。






d0156040_17532612.jpg


装着中の写真です!

ここも中間に浮かせてあります。
上向きの突起が長くないとこんなことは出来ません。
突起がちゃんとハマってるかどうかの確認がしやすいので、
作業者にとってはありがたいですね。







d0156040_175558100.jpg


続いて  部の図解です!

こちらもフロントと基本的には同じです。







d0156040_17574980.jpg


まずは中間部の写真です!

ここも同じく浮かせてあります。







d0156040_17591696.jpg


続いて後方部の写真です!

やはり同じ状態にしています。
6ヶ所が同時にこの状態になったら、サブフレームを上げていきます。







d0156040_1803885.jpg


ボルトを本締めしたらボルトの頭にミスリルを・・・


最後にアライメント調整をして完了です!




今回は追加の作業もやりました。




d0156040_182987.jpg


レンズリフレッシュ! 

どちらが施工後かは言わないでもわかると思いますが・・・(笑
以前にライトバージョンと言ってたヤツです。
作業工程が少ないので当然作業時間も短く、料金もお安くなっています。
(コーティングの乾燥時間は同じですが・・・)

最近はほとんどがこちらになってます。
ですので今後はこちらを レンズリフレッシュ と呼ぶことにしました。
以前の方式は 本気バージョン と言うことで!

作業工程が少ないとはいえ、ちゃんとキレイになってますよ。
写真では違いがわかりにくいのですが、実際にはかなり違ってます。
これだけキレイになればコスパは高いと思います。


この度はお買い上げありがとうございました。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-22 18:34 | リジカラ | Comments(0)

ミスリル施工!★VWポロ★ 進化剤施工!★セルシオ★ローバーミニ★

ずいぶんと暖かくなりましたね~。
桜の開花予想もけっこう報道されはじめましたし・・・
私の通勤路の桜並木はまだつぼみのピンク度合いが少ないんで、
開花はもう少し先になりますかね?



さて本日はミスリル施工と進化剤施工のネタです!

まずはミスリルからご紹介します。
クルマは・・・







VW ポロ GTI!






d0156040_15145532.jpg


以前にも進化剤やミスリルでご紹介したことのあるクルマです!
今回ひざびさのご来店でアチコチにミスリル施工をすることになりました。






で、このお客さんは・・・


d0156040_1518443.jpg


尾道 からのご来店なんです!
遠方からわざわざありがとうございます。






今回の施工ポイントは・・・



d0156040_15202647.jpg


まずは リアゲート開口部! 

ボディー補強関係では定番中の定番ポイントです。
リジカラオプションを除くと施工台数が一番多いポイントですね。
それだけ効果が大きいって証拠ですが・・・







d0156040_15233353.jpg


続いては サイドシルのミミ! 

最近はリアゲート開口部とセットで施工するパターンが増えています。
リアゲートへの施工で横方向の箱としての剛性を上げ、
サイドシルへの施工で縦方向の剛性を上げます。
これでクルマ全体の剛性感がアップするんですよね。







d0156040_15265923.jpg


続いては クランクプーリー! 

最近人気の回転系です。(笑
特にクランクプーリーへの施工が増えてきましたね。
ミスリルを施工すると強度が上がりますので、細かい湾曲等が減少します。
そうなると真円度が上がったような効果が出るんです。
結果的に回転がスムーズになるんですよね。





ラストは排気系をまとめて・・・


d0156040_16452337.jpg


まずは 触媒! 

排気系で抵抗が一番多いと思われますので、効果のほうも大きいんです。
本体は純正のままですので、車検も心配ありません。

このクルマは円筒形の触媒がシリンダーブロックに寄り添うように装着されています。
そのためブロック側はスペースが無くてハケが入らないんです。
ですので露出している半面にベタ塗りしました。





d0156040_1793986.jpg


続いて サブタイコ! 

フロアトンネルにハマるように装着されているので両サイドにはスペースがありません。
そこで底面にベタ塗りしました!





最後はメインのタイコなんですが・・・



d0156040_17115937.jpg


サビでクラックが入って穴が開く寸前の状態でした。
近々に交換が必要と思われましたので、施工は見送ることになりました。
交換後に新しいタイコに施工しましょうね。


オーナーさんからのインプレッションです。

帰りの高速と近くの山道でいろいろと試してみましたが、
マニュアルモードにして3000回転以上からのフルアクセルだと
おもしろいくらいにタコメーターの針が動いていきました。

排気音も大きめなので気持ちいいですね。
アクセルとスピードの上がるタイムラグが減った感じです。
これでスロットルコントローラーを装着すればアクセルレスポンスは完璧かなとも。

ボディに関しては目地段差でのミシッという突き上げが柔らかくなりました。
サスペンションをビルシュタインで固めているだけに、
硬すぎるとは思いませんでしたので、ドアもやってみようかと思いました。

進化剤もミスリルも相変わらず面白い商品ですね~。
また車検後の進化剤の時にもよろしくお願いいたします。



またのドロ沼ご来店をお待ちしております。(笑





続いては進化剤のネタです!


まず1台目のクルマは・・・





セルシオ!






d0156040_17274775.jpg


エンジンに3回目の施工となりました!
もちろん当店オリジナルステッカーGETです!! パチパチパチ~~!

3回施工達成後も定期的に施工することで、
キレイに仕上がったエンジンのコンディションを維持できますよ。
ちなみに私のウィッシュは2万kmごとのインターバルで施工しています。





続いてのクルマは・・・


ローバー・ミニ!






d0156040_17311033.jpg


初来店のお客さんで、エンジンに初の施工となりました。
このクルマはエンジンとMTでオイルを共用している構造なんです。
そのため一度の施工で両方に施工することになるんですよね。
一粒で二度おいしい!ってヤツですね!!(笑

本当はRECSの施工がご希望でのご来店だったんです。
しかしこのクルマはキャブ車だったので施工できませんでした。
洗浄液を吸わせる負圧の取れるポイントが無かったんですよね。
で、かわりに進化剤の施工となったわけです。


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑
























d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-19 17:40 | ミスリル施工 | Comments(0)

リジカラ装着!★GJ2 アテンザ★

フィギュアスケートの小塚崇彦選手が引退を発表しました。
真央ちゃんとは同じコーチに指導してもらってた兄弟子でした。
舞お姉ちゃんと同い年で浅田姉妹とは仲が良かったような印象があります。
ですので私の贔屓のスケーターでした。(笑

彼の持ち味は何と言ってもスケーティングのうまさです!
いわゆるツルスケってやつで、エッジの使い方とかが上手なんですよね。
長年ケガで成績が出せず苦しんでいたんですが、
昨シーズンの全日本では3位表彰台でした。
日本人では彼しか出来ないような角度の深いイーグルも見せてくれました。

ところが世界選手権ではグダグダで出場枠を減らす一因に・・・
今シーズンの成績もあまりパッとせず、とうとう決断したようです。
滑走前に信夫センセイに背中をクルクルポンってやってもらうおまじない(?)も、
もう見られなくなるのかと思うと寂しいですね。

お疲れ様でした。
長い間楽しませてくれてありがとう。
またアイスショーで楽しませてくださいね!

追記
本人のブログでは「氷上を去ることになりますが」とあります。
プロスケーターにはならないんでしょうかね?
所属先だったトヨタ自動車の従業員となるそうです。
でも工場でプリウスの組み立てとかするわけじゃ無いよね?(笑
たまにはアイスショーで滑って欲しいな~!





さて本日もリジカラのネタです!
まだまだ溜まってるのがありますので、がんばって更新しないと!!

本日のクルマは・・・






GJ2系 アテンザ!









d0156040_17494630.jpg


アテンザへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。








d0156040_17513512.jpg


このクルマもアンダーカバーを外すのにご覧のようなクリップの数です!
もうマツダ車ではお馴染みの光景ですね。(笑








d0156040_17532951.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側4ヶ所ずつの合計8ヶ所になります。

先日のアクセラと同じく色分けにしました。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。


サブフレームはアクセラと共通のようですね。







d0156040_17572644.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。
今回はA部も写るように撮ってみました。







d0156040_17594379.jpg


フロント用のリジカラです!
5種類で合計12ピースの豪華版です。
ホンダ車じゃ無いのにエコ贔屓されてますね~。

サブフレームが共通でしたので、リジカラもアクセラと共通になっています。
両側突起タイプが3種類で6ピースと、
片側突起タイプが2種類で6ピースの構成になっています。






d0156040_1832244.jpg


まずは  部の図解です!

ここはサブフレーム上側のみにリジカラを使います。
両側突起がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる方式です。







d0156040_184116.jpg


装着中の写真です!

いつものようにリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態です。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がることになるので自然とセンターが揃います。


今回もミスリル施工をしていますよ~!
リジカラフェア期間中の作業でしたので、特典でサービスでしたからね。








d0156040_1852732.jpg


続いて  部の図解です!

先ほどと同じ方式になっています。
ただサブフレーム側の突起がやや短めです。
いつも言ってますが、ここの下向き突起は長いほうが作業がやりやすいんですけどね~。







d0156040_1873657.jpg


装着中の写真です!

こちらも先ほどと同じ状態なっているんですが、
突起が短めでしたのでご覧のように狭いスペースでの作業が要求されます。
下向きの突起が長ければもっと広い状態で作業できて楽なんですが・・・






d0156040_1895869.jpg


続いて  部の図解です!

ここは片側突起の同じリジカラを上下に使います。
片側突起ですので上下ともにサブフレームの穴にのみハマリます。







d0156040_18103496.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはボディーに貼り付けてあります。
片側突起なんでサブフレームの穴にハメておけばOKなように思えますが、
このクルマの場合はそれではちょっとマズイんです。

サブフレームにハメ込むと突起の根元の太い部分がハマっていることになります。
そうするとサブフレームの位置が動きにくくなるので、
他の箇所がリジカラをハメにくくなるんです。

ボディーに貼り付けておけば突起の先端の細い部分が掛かることになりますので、
サブフレームが動かしやすくなるんですよね。
なにしろ8ヶ所を同時に突起をハメた状態にしないといけませんから、
サブフレームが動かしやすいかどうかは重要なポイントなんです。

下側も同じ理由で先端をハメた状態にしてあります。







d0156040_18142353.jpg


続いて  部の図解です!

ここは上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使います。
一番オーソドックスなパターンですね。
でもやはり下向きの突起が短めです・・・(涙






d0156040_1815955.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはボディーに貼り付けています。
下向きの突起が短めでしたので、やはり狭いスペースでの作業が・・・

装着ポイントの多い車種は取り付けにちょっとしたコツが必要なんです。
まずは下向きの突起が一番長いヤツからサブフレームの穴にハメていきます。
で、サブフレームを支えているジャッキを少し上げます。
ハメたリジカラの下向き突起がサブフレームの穴から外れないぐらいにね。
その状態でボディー側にリジカラを動かして突起の先端を掛ける状態にするんです。

これを突起の長い順番に繰り返していくんですよね。
今回で言えば  →  →  →  の順番になります。
8ヶ所を同時にきちんとハメるのってけっこう大変なんですよ!





d0156040_18264794.jpg


8ヶ所全部がハマったらサブフレームを上げてボルトを本締めします。
本締め後はいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!








d0156040_18272187.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。

リアはアクセラと共通ではありません。







d0156040_1828072.jpg


リア用のリジカラです!
4種類で合計10ピースになっています。

両側突起タイプが3種類で6ピースで、片側突起タイプが1種類4ピースの構成です。
ただしリジカラ1と2は車輌のボルトの太さに合わせて選択使用になります。
つまり実際に使うのは8ピースということですね。
両側突起タイプは全て中割りの2分割タイプになっています。







d0156040_18332650.jpg


まずは  部の図解です!

2分割タイプを使うってことは、スタッドボルト方式なんです。
スタッドボルトを外さなくても装着できるように、
上側のリジカラは分割して挟み込むようにハメます。
ただし、下向き突起は短めです。(涙

スタッドボルトは動かないので短めでもOKってことなんでしょうが・・・
(普通のボルトって装着中にけっこうグラグラ動くんです。)
できれば長めにしてもらったほうがハメやすいんですけどね~。







d0156040_18402481.jpg


まずは上側の写真です!

突起が短いんでこんな狭いスペースでの作業が要求されます。
スタッドボルトは動かないんですが、
2分割タイプはサブフレームを上げる過程でズレることがあるんです。
なので密着する寸前ぐらいのこの状態で確認してやります。
ズレ確認と同時に突起がちゃんとハマってるかもチェックします。

下向き突起が長ければ、
もう少し広いスペースの時点でボディー側に貼り付けることが出来るんですよね~。






d0156040_18451897.jpg


下側の写真です!

プレートとナットを装着するとリジカラが見えなくなるので、その前にパチリ!!







d0156040_18463135.jpg


続いて B 部の図解です!

基本的には先ほどと同じ構造です。







d0156040_18494856.jpg


ハイ、ここも狭いスペースでの作業が・・・(笑

このクルマはサブフレームの固定部にブッシュが圧入されています。
ブッシュがあるとゴムが邪魔したりして、さらにやりにくいんですよね~。






d0156040_18524656.jpg


こちらもプレート装着前にパチリ!
ブッシュのインナーカラーにリジカラがハマった状態です。







d0156040_18541739.jpg


本締め後はスタッドボルトとナットにもミスリルをヌリヌリ!
大きなワッシャ形状のプレートにも塗ってあります。


最後にアライメント調整をして完了です!



この度はお買い上げありがとうございました。

















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-15 19:03 | リジカラ | Comments(0)

リジカラ装着!★BM2 アクセラ★

なでしこの敗退が決まっちゃいましたね。(涙
恐れていたように試合前に結果が出ちゃいました。
まあ、大量得点だったのは意地を見せたのかな?
ベトナム相手だったとはいえそれまでの3試合とは選手の動きも違って見えました。

宮間選手らのベテラン勢には代表引退のウワサも出ています。
いつかは世代交代が必要なので、しょうがないかもしれませんが・・・
でも若手の底上げも出来ていないように感じるので、
ベテランがいきなり抜けちゃうっていうのも大丈夫なのかな~?
川澄ちゃんは東京五輪まで狙うそうですが。(笑



さて本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・






BM2系 アクセラ!








d0156040_14455865.jpg


当店ではアクセラへの装着も多いんです!
車名別ではプリウスに次いで2番目に多いんじゃないかな?
まあ、プリウスは圧倒的台数ですけどね。(笑







で、このお客さんは・・・



d0156040_14483457.jpg


姫路 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。







d0156040_14524541.jpg


マツダ車ですので、いつものクリップ&ボルト類!
アンダーカバーを外すだけでも一仕事ってカンジです。(笑
これってコストダウンになってるんでしょうかね~?







d0156040_14552835.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側4ヶ所ずつの合計8ヶ所になります。

装着箇所が多いんでいつものパターンじゃなく色分けにしてみました。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。


FFタイプのサブフレームに四角形タイプを組み合わせたような形状ですね。
重量の関係でより強度の高い構造を採用しているんでしょうね。







d0156040_14575521.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
A部は写ってませんが・・・







d0156040_14594237.jpg


フロント用のリジカラです。
5種類で合計12ピースの豪華な内容です。
ホンダ車じゃ無いのにエコ贔屓されています。(笑

両側突起タイプが3種類で6ピースと、
片側突起タイプが2種類で6ピースの構成になっています。
けっこうゴツイ突起になってますね~。
まあ、突起がゴツイってことはそれだけサブフレームの穴が大きいってことだから、
喜んでいいのかどうかは微妙~ですが・・・(笑






d0156040_1551656.jpg


まずは  部の図解です!

ここはサブフレーム上側のみにリジカラを使います。
両側突起がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる方式です。







d0156040_15104296.jpg


装着中の写真です!

いつものようにリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態です。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がることになるので自然とセンターが揃います。


今回もミスリル施工をしていますよ~!
リジカラフェアの特典でサービスでしたからね。
残念ながらフェアは終了しちゃいましたが・・・






d0156040_15191535.jpg


続いて  部の図解です!

先ほどと同じ方式になっています。
ただサブフレーム側の突起がやや短めです。
ここは長いほうが作業がやりやすいんですけどね~。







d0156040_152106.jpg


装着中の写真です!

こちらもリジカラがボディーに貼りついた状態です。
突起が短めでしたのでご覧のように狭いスペースでの作業が要求されます。
やはり長いほうがありがたいですね~。








d0156040_16242454.jpg


続いて  部の図解です!

ここは片側突起の同じリジカラを上下に使います。
片側突起ですので上下ともにサブフレームの穴にのみハマリます。








d0156040_16264098.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはボディーに貼り付けてあります。
片側突起なんでサブフレームの穴にハメておけばOKなように思えますが、
それだと突起の根元の太い部分がハマっていることになります。
そうするとサブフレームの位置が動きにくくなるので、
他の箇所がリジカラをハメにくくなるんです。

ボディーに貼り付けておけば突起の先端の細い部分になりますので、
サブフレームが動かしやすくなるんですよね。
なにしろ8ヶ所を同時に突起をハメた状態にしないといけませんから、
サブフレームが動かしやすいかどうかは重要なポイントなんです。
下側も同じ理由で先端をハメた状態にしてあります。








d0156040_16331425.jpg


続いて  部の図解です!

ここは上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使います。
一番オーソドックスなパターンですね。
でもやはり下向きの突起が短めです・・・(涙






d0156040_16351189.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはボディーに貼り付けていますが、
突起が短いんでやはりこんな狭いスペースでの作業に・・・

スプーンさん、下向きの突起はできるだけ長めでお願いします!(笑







d0156040_16391440.jpg


8ヶ所全部がハマったらサブフレームを上げてボルトを本締めします。
本締め後はいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!








d0156040_16423669.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。






d0156040_16435738.jpg


リア用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプが2種類と片側突起タイプが2種類の構成になっています。
4ピースの両側突起タイプは全部が中割りの2分割タイプです。








d0156040_16464860.jpg


まずは  部の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
そのため上側のリジカラは2分割タイプになっているんですよね。
スタッドボルトを外さなくても装着できるように工夫されているんです。
下側は通常の片側突起タイプになります。






d0156040_16492228.jpg


装着中の写真です!

2分割タイプはサブフレームを上げていく過程でズレることがあるんです。
そのため密着する寸前で一旦止めます。
ズレていないかを確認すると同時に上下の突起がちゃんとハマってるかも確認します。
ただしこのスペースでの作業になりますのでけっこう大変なんです。







d0156040_16524172.jpg


こちらは下側です!

片側突起タイプですのでサブフレームの穴にハメればOKですね。







d0156040_16544144.jpg


続いて  部の図解です!

こちらも先ほどと同じ方式ですね。








d0156040_16554339.jpg


装着中の写真です!

やはり密着する寸前での確認作業が必要です。








d0156040_16565150.jpg


下側の写真です!

サブフレームの穴にハマった状態ですね。









d0156040_16573862.jpg


こちらも本締め後はボルト&ナットにミスリルをヌリヌリ!
最後にアライメント調整をして完了です。


この度はお買い上げありがとうございました。


リジカラのネタはまだまだ溜まっています。
早めに更新するようにがんばらなくっちゃ!!


















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-08 17:07 | リジカラ | Comments(0)

ミスリル施工!★フィットRS★

なでしこジャパン負けちゃいましたね。(涙
これでリオ五輪への出場は99.99%絶望的になりました。
ある1パターンのみ可能性が残っているようです。

次節の月曜日の試合で韓国が中国に、オージーが北朝鮮にそれぞれ勝でば、
最終節まで敗退は持ち越されます。
もちろんなでしこがベトナムに勝つのは絶対条件ですが、
さすがに今大会まだ1点も取っていないチームに負けることは無いかと・・・

この日は韓国X中国戦は夕方からのキックオフです。
もし中国が引き分け以上だったら、なでしこは試合開始前に敗退決定です。
そうならないためにも韓国を応援しないとね。
ソヨン!がんばれ!!(笑

で、ここで首の皮1枚繋がったとしても・・・
最終節で韓国がベトナムに勝ったらジ・エンド!
この試合もなでしこの開始前に行われますので、今度はベトナムを応援しないと・・・(笑
中国が引き分け以上でもアウトなので、オージーも応援しないとね。
韓国がベトナムに引き分け以下&中国がオージーに敗戦すれば、
日本が北朝鮮に勝てば中国と勝ち点で並びます。

そうなると得失点差の争いってことになるので、
ベトナム戦では大量得点差での勝利が必要です。
でも今のなでしこには厳しいかな~?

まあ、一番可能性が低いのが韓国がベトナムに引き分け以下ってとこですが・・・
でも少しでも可能性が残っているのなら全力で勝ちにいってもらいたいですね。




さて、本日はミスリル施工のネタです!

クルマは Ryuseiさん の・・・






VW ポロGTI!

じゃ無くって・・・(笑


フィットRS!








d0156040_13411159.jpg


ご自身のクルマではなくご家族のクルマです!
ポロのほうはすでにアチコチ施工して、ズッポリ状態なんですが・・・(笑
ついにご家族のクルマまでドロ沼に突入です!!





で、Ryuseiさんといえば・・・




d0156040_13443378.jpg


神戸 からのご来店なんです!
(正確には神戸のお隣の三木市からですが・・・)
遠方から頻繁なるご来店ほんとうにありがとうございます。





今回の施工ポイントは・・・


d0156040_13481677.jpg


まずは フロントショック! 

ショックにミスリルを施工すると減衰力が復活します。
しかもただ復活するのではなく、しなやかな乗り味になるんです。

ミスリルが内部のオイルを活性化させることにより、
オイル容量が増えたのと同じような効果が出るんですよね。
結果的に上級クラスのショックのような乗り味になるんです。






d0156040_13541750.jpg


続いて リアショック! にも・・・

何事もバランスが大切ですから。(笑







d0156040_13571967.jpg


続いて ホイール! にも施工しました。
ショックへの施工でホイールは外しますからね。

ホイールに施工するとリムの強度が上がり、細かい湾曲等が減少します。
結果的に真円度が上がったような効果が出るんです。
動き出しやアクセルを軽く踏んだときのレスポンスが良くなり、
クルマが軽くなったような効果が体感できますよ。
まるで軽量ホイールに交換したような・・・っていうのはちょっと言い過ぎ?(笑


16インチでしたので2本リングで塗りました。
ウラリム部とリム中央部です。(矢印部分)
基本形である1本リングの場合はウラリム部へ塗るんですが、
もう1本追加することでさらなる効果が期待出来るんです。



本来ここまでの予定だったのですが、急遽追加で・・・




d0156040_1424539.jpg


クランクプーリー! にも施工しました。

最近施工が増えてきた回転系への施工ですね。
おっとそう言えばホイールも回転系でした・・・(笑

プーリーも施工により真円度が上がったような効果があります。
エンジンのレスポンスが良くなったり、振動が減ったりするんです。
軽量プーリーなる物も発売されていますが、
ホイールと違ってプーリーの場合はデメリットもありますからね~。
その点ミスリル施工はプーリー自体はノーマルですから安心ですよ!



気になるインプレッションはオーナーさんのブログにて!!

http://minkara.carview.co.jp/userid/632986/blog/37421327/












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-05 14:15 | ミスリル施工 | Comments(0)

リジカラ装着!★DE5 デミオ★

本日はリジカラのネタです!
いっぱい溜まってますんで早めに更新しないとえらいことになりそうです。(笑




クルマは・・・




DE5 デミオ!









d0156040_17155961.jpg


このクルマはフロント用しか設定がないんです。
リアは特殊形状のようです。
そのためフロントのみの装着作業のご紹介になります。

この型のデミオへの装着は当店では初となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。







d0156040_1719833.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームです。
Kカーからコンパクトカークラスではほとんどがこの形状ですね。
メーカーによって違いはありますが、基本形は一緒なんです。







d0156040_17273011.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_1729327.jpg


フロント用のリジカラです!
5種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが2種類で2個ずつの4ピース、
片側突起タイプが3種類で4ピースの構成になっています。

両側突起タイプの1種類は中割りの2分割タイプになっています。
リジカラ2と3は同じポイントに使うのですが、突起のサイズが異なっていますね。
この理由は後ほど・・・






d0156040_1737395.jpg


まずは  部の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造になっています。
そのためサブフレーム上側に2分割タイプを使います。
スタッドボルトを外さなくてもいいように、両側から挟みこむように装着します。
両側突起がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマリます。

下側は片側突起タイプを使いサブフレームの穴にハマリます。
ここが先ほどの突起のサイズ違いのリジカラを使うポイントなんです。

その理由とは・・・







d0156040_17415963.jpg


サブフレームの穴径が左右で異なっているからなんです。

ちょっとサビでわかりにくいかもしれませんが、
右側の穴径よりも左側のほうが若干大きめの穴径になっています。
たまにこのタイプの車種がいますね。






d0156040_17444875.jpg


装着中の写真です!

2分割のリジカラをスタッドボルトを挟み込むようにハメ込んで、
サブフレームをジャッキで上げていきます。
密着する寸前で一旦ストップさせてズレの確認をします。
2分割タイプはサブフレームを上げる過程でズレちゃうことがあるんです。

この時一緒に突起が穴にハマっていることも確認します。
下向きの突起が長い場合にはボディーに貼り付けておくこともあります。

下側のリジカラもサブフレームの穴にハマった状態になっています。


今回もミスリルを施工していますよ~。
フェアの特典でサービスでしたからね。
残念ながらフェアは終了しちゃいましたが・・・

ミスリル施工で装着部の剛性が上がるので、リジカラ効果を高める働きがあるんです。









d0156040_17523745.jpg


続いて  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプ、下側に片側突起タイプを使います。
上側のリジカラは上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマリます。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマる方式になっています。
一番オーソドックスな方式ですね。


先ほどの穴径比較の写真でもサブフレームにサビがありましたが・・・






d0156040_17562266.jpg


ここのボルトもご覧のようにサビてました。
もちろんサビ落しをしてから作業しましたけどね。

サブフレームの穴にはかなりの高確率で水が溜まっています。
別にシールパッキンとかがあるわけじゃないのに、
穴の中から抜けることなく溜まっているんです。
その状態で年数が経てばサビが出るのも当然ですよね。

そういえば以前にサビで完全に固着してたクルマもありましたね。







d0156040_1803514.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態なんです。
そして下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままジャッキを上げていけば、
サブフレームは突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃います。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマった状態です。
4ヶ所が同時にこの状態になったらボルトを規定トルクで本締めします。






d0156040_1845927.jpg


本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。

最後にアライメント調整をして完了です。



この度はお買い上げありがとうございました。
























d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-04 18:12 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★コルトVerR★ステージア★

今日から3月ですね。
お正月がつい先日のように感じますが、もう2ヶ月も経ったんですね~。
歳をとると月日の流れが早いこと早いこと・・・(笑


さて本日は進化剤のネタを2台ご紹介します。

まず1台目のクルマは・・・





コルトVerR!








d0156040_15263490.jpg


エンジンに 6回目 の施工となりました!

このオーナーさんは家族のクルマにも施工しているヘビーユーザーさんです。
奥さんのアイとお父さんのエアトレックにエンジン施工5回ずつ、
ミニキャブにも3回とエンジン施工だけで合計 19回! 

他にもMT施工やエアコン施工もやってますので、
完全にドロ沼から抜けられなくなった

進化剤中毒患者さん なんです!(笑







続いてのクルマは・・・




ステージア!

施工回数世界記録?更新中 のあのクルマです。






d0156040_15351618.jpg


エンジンに 18回目 の施工となりました!

1台で18回施工となると中毒患者さんの領域も超えてますかね?(笑
なんせ家族のクルマにも施工していますしね。
さてさて何回まで記録を伸ばすことが出来るんでしょうか??



本日はヘビーユーザーのお二方のご紹介でした。
当店での施工回数2トップですね。(笑

1回施工すると2回目がやりたくなり、
自分のクルマに施工すると家族のクルマにも・・・
進化剤の効果を体感してしまうとどんどんドロ沼にハマっていくんです。(笑
これっていうのも進化剤の効果がスゴイからなんですよね~。
まだ施工したことのない方はゼヒお試しください。
きっと驚かれると思いますよ~~!















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-03-01 15:43 | 進化剤 | Comments(0)