<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

リジカラ装着!★N-WGN★ 3台目!!

毎日ジメジメした暑さが続いてますね。
真夏ほど気温は高くないんだけど、ジメ~っとした空気が暑く感じます。
まあ、夕方とかになると涼しくなるんで助かりますが・・・

でも今年はやっぱり春先からの気温が高かったんでしょうかね?
昨夜、我が家のカブトちゃん1号が羽化しました。
メスが2匹でしたけど・・・
例年なら7月初め頃に羽化が始まるんですよね。
気温が高かったせいで時期が早まったのかもしれません。



さて本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・




N-WGN!





d0156040_17252673.jpg


N-WGNへの装着は3台目になりますね。
そういえば先日2台目をご紹介したばっかりでしたね。
最近Kカーへの装着も増えてきていますよ!





d0156040_17274222.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

毎度お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
Kカーだとほとんどの車種がこの構造を採用しています。
それだけスタンダードな構造ってことなんでしょうね。





d0156040_17301258.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認出来ますね。





d0156040_17313265.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
ザグリ付片側突起タイプとザグリワッシャタイプが2ピースずつの構成です。

前回のN-WGNの時は代理店が発注ミスをするというトラブルがありましたが、
今回はちゃんと発注したようで納期通りに入荷しました。(笑





d0156040_1736138.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマるようになります。

下側はザグリ付片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。
ここの突起はかなり長めになっていますね。
両側突起の下向き側を長めにしてもらったほうが、
作業がやりやすいんで助かるんですけどね~。(笑





d0156040_17402780.jpg



装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がるので自然とセンターが揃います。

下側の長めの突起もサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をやってますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!





d0156040_17421830.jpg


続いて  部の図解です!

こちらも上側には両側突起タイプを使いますが、
下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使うようになります。




d0156040_17432887.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
先ほどと同じ状態ですね。






d0156040_19224968.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。
前回と同じくガセットプレート風の補強板部分にもオマケで塗ってあります。





d0156040_1924318.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。

先日のプリメーラとは異なり、ラテラルロッドの無い構造ですね。
そのためボディーへの固定部分は斜めになっています。





d0156040_19255966.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています!

緑の矢印の先に見えるグレーっぽい物は、
ブッシュのインナーカラー端面なんですよね。
つまりスキマから奥が見えているってことなんです。

黄色矢印はボルトが締まっていた接触痕です。
ボディー穴と偏芯しているのがわかりますね。
それだけズレて締まっていたということになんですよね~。





d0156040_1927491.jpg



こちらも毎度お馴染みの形状です。
センター部の突起が先ほどのスキマにハマリ込むようになります。
本体部は最近主流の2段タイプになっています。

これは数車種でリジカラを共用するための手段なんです。
大きめのワッシャが付いている車種のために外周を大きくしてあるんです。
ボディーへの接触面は小径になっていますね。
これはボディーの凹凸などとの干渉を避けるためなんです。
それに小径のほうが面圧も上がりますしね。





d0156040_19281357.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることで、ボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
補強をすることでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かり、
締結強度がアップするんですよね。




d0156040_19285356.jpg



こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップしている時はブッシュは後向きに回転した状態なんです。
この状態で本締めしてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずブッシュのインナーカラーが回転できるぐらいに仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めします。
これを 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことなんですが大事なポイントなんです。

最後にアライメント調整をして完了となります。


この度はお買上げありがとうございました。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-27 19:33 | リジカラ | Comments(0)

RECS施工!★アテンザ★ EVIDIS施工!★フィットRS★

ここのところリジカラ・進化剤・ミスリルのネタばっかりになってます。
まあ、溜まってる分が解消できてないもんですから・・・
一応他の作業もやってるんですよね。
で、今度はそっちのほうも溜まり気味になってきちゃいました。(笑
こりゃあ気合を入れて更新しないといけませんね。


と言うことで本日はRECS&EVIDISのネタをお送りします。

まずはRECSから!
クルマは・・・






GH5FS アテンザ!





d0156040_165498.jpg


2500ccのエンジンですので通常は250ccなんですが、
それなりの走行距離だということで、増量施工で300cc注入しました。
距離が出ているクルマや直噴エンジン等で汚れが溜まっていそうな場合には、
通常の1.5倍の量まで増量施工がOKなんです。
気になる方はお気軽にご相談ください!





d0156040_16575790.jpg


白煙モクモクの儀式です!(笑

ここ最近では一番多かったぐらいの白煙が出ました!!
もちろん例のくっさいニオイもね。

やっぱこれぐらいモクモクのほうがRECSをやった感がありますね。(笑
白煙が出ても出なくても、効果に違いは無いんですけどね・・・





d0156040_1704916.jpg


フューエルワンも1本注入しました!
RECSとの相乗効果で燃焼室がさらにキレイになるんです。
もちろんインジェクターの洗浄効果もね!



で、このお客さんは・・・




d0156040_1741054.jpg


香川 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。

本当はリジカラを含めた足廻りのご相談でのご来店だったんです。
せっかく来たついでだからということで施工となったわけなんですよね。
この度はご依頼ありがとうございました。



続いてはEVIDIS施工のご紹介です!

クルマは・・・


けいんさん の・・・





フィットRS!





d0156040_1792753.jpg


進化剤やミスリル施工等々でお馴染みのクルマですね!

例年この時期の恒例行事となっている・・・




d0156040_17112258.jpg


EVIDIS消臭・除菌システム! 

エアコンを掛けた時のムア~ッとしたいやなニオイ!
原因はエアコンやダクトの内部で繁殖したカビや雑菌なんです。
でもファブリーズのCMで「エアコンは洗えないから!」って言ってたように、
本格的な洗浄をしようとしたらかなりの手間と費用が掛かっちゃいます。

そこでEVIDISの登場となるわけなんですよね。
専用の洗浄液を超音波で霧状にして噴出します。
その霧をエアコンのファンによって吸い込ませます。
写真では霧がエアコンに向かって噴出しているのがわかりますね。
霧がエバポレーターやダクトを通ることで繁殖した雑菌やカビを洗浄してくれるんです。

ダクトから出た霧は車内に充満することになりますので、
天井やシート・カーペットなども消臭・除菌できるんですよね。
エアコンの設定は内気循環にしていますので、
充満した霧は何度も繰り返して循環されることになります。

機材からの霧の噴出は15~20分程度で終了するんですが、
その後も15分ほど放置して循環を繰り返させます。
そうすることでより効果が大きくなるわけです。

実際の作業ではエアコンフィルターを一旦外しますので、
施工後に新品への交換を推称しています。
もちろんフィルターを持込みでもOKですよ!


エアコンが本格的に稼動する前の時期に施工しておけばベストですね!!





d0156040_17264669.jpg


スノコACエフェクター も1本注入!

夏場の定番商品ですね~。
これでこの夏に向けてエアコンの準備はバッチリですね!







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-26 17:31 | 今日のオートリファレンス | Comments(2)

リジカラ装着!★メルセデスAMG A45★

四国の早明浦ダムでは取水制限が始まったとか・・・
例年、真夏の頃にはよく耳にするニュースですが、
梅雨の最中になんてことは異例なんじゃないでしょうかね?
そんだけ雨が降ってないってことだから、岡山も他人事じゃなくなるのかな??

過去に高梁川水系でも時間的な断水ってのがありましたよね。
大きなバケツに水を溜めて対応した記憶があります。
やっぱし梅雨時にはちゃんと降ってもらわないと困りますね。
まあ、大雨で水害になるのも困りますが・・・
今週末は雨らしいので、少しは回復するのかな?



さて本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・





メルセデスAMG A45!





d0156040_1582572.jpg


Aクラスにハイパワーターボエンジンと4MATICを組み合わせた、
AMGブランドのスポーツモデルですね!

この車種の当店へのご来店は初ですね。





d0156040_15102273.jpg


スポーツモデルらしくキャリパーも超デッカイのが・・・(笑



で、このお客さんは・・・



d0156040_15113368.jpg


大阪 からのご来店でした!
遠方からわざわざのご来店ありがとうございます。




d0156040_15134043.jpg


リジカラ作業に取り掛かる前に、恒例のアンダーカバー外しなんですが・・・
マツダ車もビックリってぐらいのクリップやボルトの数でした。
おそらく過去最多レベルじゃないかと・・・?

何故こんなに多いのかは後ほど説明します。




d0156040_1516871.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側5ヶ所ずつの合計10ヶ所になります。

装着ポイントが多いのでいつものパターンではなく、色分けにしてあります。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

FFタイプのサブフレームの後方に、
H型の補強フレームを組み合わせたような構造になっています。
おそらく剛性を考慮しての構造なんでしょうね。


で、クリップ類が多かった要因といいますのは・・・
C部 は完全にカバーに覆われていたんですよね。
そのカバーっていうのがフロントのホイールハウス後方から、
リアのホイールハウス前方までの一体型だったんです。
それがフロアトンネルの左右に一対ずつ付いていたわけです。

サイドシルに沿って長~いカバーが左右にあったってことですね。
フロアの白く汚れていない部分がこのカバーに覆われていたところになります。
カバーを外してしまわないと作業できないので、あの数になったんですよね~。





d0156040_15313462.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_15334940.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類で合計12ピースになります。

両側突起タイプが2種類で8ピースと、
片側突起タイプとカリ付ワッシャタイプが2ピースずつの構成です。

カリ付ワッシャタイプは2分割タイプになっていますね。
このタイプを使うということは・・・(笑





d0156040_15365445.jpg


まずは  部の図解です!

カリ付ワッシャタイプを使うのは位置出し用のチ〇コ突起が出ている構造なんです。
(下品ですいません・・・笑)
国産車ではボディー側から突起が出ている場合が多いのですが、
このクルマではサブフレーム側から出ていますね。
突起とボディーの微妙なスキマにカリの部分がハマるんですよね。

図では突起の長さが短めですが、実際にはけっこう長いんです。
そのためハメやすいように、2分割タイプにしてあるんですよね。





d0156040_15431637.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはまずはサブフレームの突起にハメておきます。
サブフレームをジャッキで上げていって密着する寸前で一旦止めます。
その状態でリジカラをボディー側にスライドさせてカリをボディーの穴にハメます。
サブフレームの突起は長いですからリジカラの内側は突起にハマった状態のままです。
そのまま上げればセンターが揃うことになるんです。

とはいえ狭いスペースでの作業が必要なのでけっこう気を使います。
2分割タイプはズレやすいので、ちゃんとハマってるかの確認が重要なんです。
ズレたまま締めこんじゃうとカリがツブれてしまいますからね。

下側は片側突起がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をしてますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!





d0156040_15511550.jpg


続いて  部の図解です!

ロアアームブラケットとボディーの間に両側突起タイプを使います。
ボディーのガイド穴とブラケットの穴に突起がハマる方式ですね。
このブラケットは薄い構造ですので突起も小さめです。





d0156040_1692887.jpg


装着中の写真です!

リジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっており、
下向きの突起もブラケットの穴に掛かった状態です。

ここもまずはブラケットにリジカラをハメておいて、
密着する寸前でボディー側にスライドさせます。
この時下向きの突起が穴から外れないぐらいのクリアランスにしておくのがミソです。




d0156040_16153215.jpg


続いて  部の図解です!

先ほどと同じく薄い構造の部分ですね。





d0156040_16174445.jpg


装着中の写真です!

ここはサブフレームの鉄板が広いため、
上側でリジカラを目視することが出来ないので、穴側からの確認になります。

やはり密着する寸前の状態にしておいて・・・

*リジカラが上下に動く。= 突起がボディーに当っていない。
*リジカラが横方向に動かない。= 突起が穴にハマっている。

という方法で確認してやるんですよね。
これをやらないと突起がツブれてしまいますからね。
確認がOKだったらボディー側に貼り付けておきます。
もちろんこの時に下向き突起が穴にハマってるのも確認しますよ。




d0156040_162545100.jpg


10ヶ所全ての突起の確認がOKだったらボルトを本締めします。
本締め後はいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!






d0156040_16301515.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。




d0156040_1632095.jpg


リア用のリジカラです!
4種類で合計10ピースになります。

カリ付ワッシャタイプが2種類で2個ずつの4ピースと、
片側突起タイプが2種類で6ピースの構成です。
ただし リジカラ2 のうちの2ピースと リジカラ3 は選択使用となります。
実際に使用するのは8ピースということですね。






d0156040_16394652.jpg


まずは  部の図解です!

カリ付ワッシャタイプを使う方式ですので、やはり突起が出ている構造です。

ここの下側が選択使用のポイントでしたが、
今回は突起が大きめだった リジカラ2 が適合しました。




d0156040_16545865.jpg


上側の装着中の写真です!

リジカラはボディーに貼り付いています。
やはり密着する寸前でカリをボディーの穴にハメた状態ですね。
もちろんリジカラの内側はサブフレームの突起にハマっていますよ!

リジカラの下側にサブフレームの突起が少しだけ見えているのがわかりますかね?(矢印部)
下側から延びているパイプがサブフレーム上側の鉄板を貫いて、
そのまま突起の役目をしているような構造ですね。





d0156040_1656185.jpg


下側の写真です!

片側突起タイプがサブフレームの穴にハマっています。
ここはプレートが共締めになる構造ですね。





d0156040_16574537.jpg


続いて  部の図解です!

基本的な構造は先ほどと同じです。





d0156040_16584933.jpg


上側の装着中の写真です!

カリが穴にハマってリジカラがボディーに貼り付いた状態です。
ここもリジカラの下側にサブフレームの突起が確認出来ますね。





d0156040_1703357.jpg


下側の写真です!

片側突起タイプがサブフレームの穴にハマっています。





d0156040_1715421.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
いつものようにオマケでプレートにも塗ってますよ!!


最後にアライメント調整をして完了です。




d0156040_1733480.jpg


お土産をいただいちゃいました。
お気を使っていただいてありがとうございます。

お身内の方が香川でうどん屋さんをやっているんだそうで、
作業の間にうどん県まで行って来られたそうなんです。
で、その本格的な讃岐うどんをいただきました。

やはり本場のうどんはコシが違いましたね~。
おいしくいただきました。


この度はお買上げありがとうございました。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-23 17:14 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★ギャラン・フォルティス★ヴィヴィオ X2★ステージア★アルトワークス★

本日は進化剤のネタを5台まとめてご紹介します!
同じ日に施工したわけじゃありませんが・・・



まず1台目のクルマは・・・




ギャラン・フォルティスRA!






d0156040_1656475.jpg


進化剤&ミスリル施工のご紹介ではお馴染みとなっている、中毒患者さん です!(笑

今回の施工は、まず・・・






d0156040_16575966.jpg


トランスファー に3回目の施工となりました!
オイル交換も一緒にやりましたよ。

エンジンやMTへの施工とは異なり、
トランスファーへの施工は体感的効果はほとんどありません。
でも内部のギアやベアリングへの保護効果はバッチリですので、
定期的なメンテナンスとしての施工なんですよね。





d0156040_1711771.jpg


リアデフ へも3回目の施工となりました!
こちらもオイル交換と一緒にやりました。

リアデフも体感的効果はほぼ無いので保護目的のメンテナンスですね。





d0156040_1732252.jpg


パワステ にも3回目の施工です!

パワステへの施工はポンプからウナリ音とかが出ていた場合、
その音が消えることもあります。
またパワステが軽くなる場合もあります。
ただ、エンジン等よりは効果はわかりにくいかもしれません。
やはりこちらも主目的は保護効果になりますかね?




d0156040_176358.jpg


当店の夏の風物詩!エアコン進化剤!! 

こちらも3回目の施工となりました。

進化剤をエアコンに施工するとコンプレッサーの抵抗が低減します。
エアコンがONになった時のパワーダウンが抑えられるんです。
特に低速トルクが細いクルマには効果的ですよ!!
エアコンの効きが良くなる場合もあるんですよね~!!!

今回は全箇所が 3回目 の施工でした。
定期的な施工で各部を保護しないとね!!




2台目のクルマは・・・




ヴィヴィオ!





d0156040_17135780.jpg


先日エンジンへの3回目の施工でご紹介したクルマです!

今回は・・・





d0156040_17153960.jpg


MT へ 3回目 の施工となりました!

進化剤をMTに施工するとシフトがスコスコ入るようになります。
フィーリングが良くなって運転が楽しくなりますよ~!
シフトは手で直接操作するので、エンジンよりも効果が体感しやすいんです。
もちろんシンクロやベアリング・ギア等への保護効果もバッチリですからね。
MT車にお乗りの方にはオススメの施工です!



3台目のクルマも・・・



ヴィヴィオ!




d0156040_172193.jpg


ヴィヴィオの施工が連チャンになるなんて珍しいですね~。
このクルマも何度もご紹介していますね。




d0156040_17222328.jpg


MT へ 3回目 の施工となりました!
オイル交換も一緒にやってます。

ヴィヴィオの施工が連チャンってだけでも珍しいのに、
どちらもMTへの施工ですし、さらにどちらも3回目だったりして・・・
こんな偶然もあるんですね~!




d0156040_17245292.jpg


リアデフ にも施工しました!
こちらは2回目ですね。

効果がわかりにくいリアデフですが、
やはり保護目的での定期的なメンテナンスなんですよね。




4台目のクルマは・・・




ステージア!





d0156040_17274485.jpg


エンジンに 21回目 の施工となりました!

おそらく世界記録更新中なんじゃないかと思います!(笑
けっこうな頻度で関西方面へ行かれるそうなんです。
もちろん高速をブッ飛ばして・・・(笑
なので進化剤を施工していないと気持ち悪いらしいんですよね。

このサイズのワゴン車が現行車種では存在しないもんですから、
なるべく永く乗り続けるために進化剤を施工しているってワケなんです!!




ラストのクルマは・・・



Ryuseiさん の・・・





HA36S アルトワークス!






d0156040_17332370.jpg


エンジンに2回目の施工となりました!

神戸 から毎月のように・・・ と先日ご紹介しましたが、
今月はすでに2回目のご来店です!!

遠方から度々のご来店ありがとうございます。
次は3回目の施工ですかね?(笑




d0156040_1736524.jpg


スノコACエフェクター も1本注入!

エアコン進化剤と並んで夏場の人気アイテムですね。
先日ZOMAとエアコン進化剤も施工してありますから、
これで夏に向けての準備もバッチリになりました!


本日のご紹介は全て複数回目の施工でしたね。

やはり・・・


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-22 17:48 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★HP12 プリメーラ★

本日はリジカラのネタです!
たっぷり溜まってるっていうのに中々更新できないで・・・
ここ数日間はちょっと手間の掛かる作業があったもんですから・・・
って、言い訳してみました。(笑



本日のクルマは・・・




HP12 プリメーラ!







d0156040_16292896.jpg


プリメーラへの装着は当店では初となります!

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。




で、このクルマ・・・



d0156040_16302384.jpg


なんと! 6MT なんです!!
いや~、プリメーラに6MT搭載車があるとは知りませんでした。
何の変哲もないセダンと見せかけて、じつはスポーツモデルなんですね。
昔で言うところの 「羊の皮を被った狼」 ってとこですか?(古っ






d0156040_16351144.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

基本形はFFタイプのサブフレームなのですが・・・
コンパクトクラスに比べると車重がありますし、縦横に補強フレームが追加されてますね。
スポーツモデルってことも関係しているのかもしれませんね。





d0156040_16391443.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認出来ますね。





d0156040_16403985.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

どちらも片側突起タイプですが、突起の大きさが若干異なりますね。
リジカラ1 は中割りの2分割タイプになっています。

と、言うことは・・・





d0156040_16461263.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

2分割タイプを使うと言うことは、スタッドボルト構造ってわけですね。
スタッドボルトを外さずにリジカラをハメるために2分割になっているんです。

上下ともにリジカラの片側突起がサブフレームの穴にハマリます。





d0156040_16504797.jpg


まずは  部上側の装着中の写真です!
突起がサブフレームの穴にハマった状態になっています。

片側突起なんでサブフレームの穴にハメておけばいいと思いがちですが・・・
2分割タイプはサブフレームを上げていく過程でズレることがあるんです。
そのため密着する寸前で一旦止めて、ズレが無いか確認する必要があります。
ご覧のような狭いスペースでの確認ですのでけっこうやりにくいんです。

でもズレたまま締付けちゃうと突起がツブれちゃいますんで、
ちゃんとチェックしてやらないといけないんですよね~。


今回はミスリル施工はしていません。
オプションですのでミスリル無しってこともOKですからね。





d0156040_1656545.jpg


続いて下側の写真です!
こちらもサブフレームの穴に突起がハマった状態です。






d0156040_16575374.jpg


 部上側の写真です!
やはりここも密着する寸前での確認作業が必要になります。






d0156040_1659988.jpg


下側も突起がサブフレームの穴にハマった状態です。

4ヶ所が同時にこの状態になったら、ナットを掛けて本締めします。






d0156040_1782816.jpg


リアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルなので2ヶ所への装着なんですが・・・
このクルマはちょっと凝った造りのトーションビームになっています。
通常のトーションビームは横方向の位置を出すために、
固定部を車体に対して斜めにしているか、ラテラルロッドを付けている場合が多いです。

このクルマの場合はラテラルリンクという機構を採用しています。
車体が上下した場合でもアクスルの横方向への動きを抑制して、
タイヤの接地性を高めることで運動性能を向上させているんですよね。
マルチリンクビーム式アクスルと呼ぶそうです。
初代のプリメーラから採用されているようで・・・
なるほど初代から足廻りの性能には定評がありましたもんね。






d0156040_17174275.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
とはいえ、けっこうスキマは少なめですね。
やるな日産! ってとこですか?(笑





d0156040_1719435.jpg


お馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

スキマが小さかったのでセンターの突起も小さめですね。
本体部分は最近主流の2段タイプです。
これは何車種かでリジカラを共用するための手段なんです。

車種によってはボルトに大きめのワッシャが付いている場合があるんです。
それをかわすために外周部分は大きくなっています。
ボディーに接触する面の径が小さくなっているのは、
鉄板の凹凸などとの干渉を避けるためなんですよね。
それに径が小さいほうが面圧は上がりますので。




d0156040_18382054.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強をすることでボルトの締付けトルクがしっかりと掛かり、
締結強度がアップするんですよね。





d0156040_18424095.jpg


最後の本締めはもちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態で本締めするとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずブッシュのインナーカラーが回転できるぐらいまで仮締めします。
タイヤを付けてクルマをリフトから降ろします。
リフトから出して前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに入れてタイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めします。

この作業を 1G締め と呼び、ブッシュを締めている箇所では必須の作業となります。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

ボディーの鉄板のプレス形状で盛り上がっている部分があり、
リジカラの外周部と接触しそうでしたので切削加工をしておきました。(矢印部)
このあたりの加工はお手の物ですのでご安心ください!

最後にアライメント調整をして完成なんですが・・・
今回は都合により後日にアライメント調整をやりました。



この度はお買上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-20 19:06 | リジカラ | Comments(0)

ミスリル施工!★フィット★アルト・ワークス★

本日はミスリルのネタです!
超怪しい施工ですが、一部マニアには絶大なる人気が・・・(笑
一度施工してみればその魔力がわかりますよ!



まず1台目のクルマは・・・






フィット!







d0156040_1831392.jpg


オーナーさんは以前にFD3Sにリジカラ装着とミスリル施工をしています。
最近セカンドカーとして買ったそうなんですが、
けっこうボディー剛性がヤワなのが気になるらしい・・・
そこでFDで効果のあったミスリルを施工してみることになりました。



まずは・・・


d0156040_185212.jpg


リアゲート開口部! 

ボディー剛性アップでは定番のポイントですね!
リジカラのオプション施工を除くと一番施工台数が多いですね。
それだけ効果があるってことなんです。
ここは補強バーとかが装着できませんから、ミスリルは効果的なんです。
(補強バー付けちゃうと荷物の出し入れの邪魔になりますから・・・)





d0156040_18152024.jpg


サイドシルのミミ! 

こちらも定番化しているポイントですね。
最近はリアゲートとセットで施工するパターンが多いです。
相乗効果が期待できるんですよね~。

リアゲートへの施工で横方向の箱としての剛性を上げ、
サイドシルで縦方向の剛性を上げることになります。
これでクルマ全体の剛性感がアップするんですよね。



ミスリルのドロ沼へようこそ!(笑




続いてのクルマは・・・

Ryuseiさん の・・・





HA36S アルトワークス!







d0156040_18203229.jpg


神戸 から毎月のようにご来店いただいています。
遠方から度々のご来店ありがとうございます。


今回の施工ポイントは・・・

ホイール! 

最近流行の回転系です!(笑
ホイールカラーがブラックでしたので、
限定カラーのマットブラックを施工することになったのですが・・・




d0156040_18234783.jpg


ホイールの裏側は塗装してないやんか!(笑

いや~、予想を裏切られました。(汗
これもコストダウンの一環なんでしょうかね~?

でもブラックスポークの奥にシルバーのミスリルが見えるのも目立つので、
予定通りマットブラックで施工しました。
裏リム部とホイール中央部の2本リングで施工しました。


詳しいインプレッションはオーナーさんのブログにて!

http://minkara.carview.co.jp/userid/632986/blog/39879511/


今回もバッチリ体感いただけたようで良かったです!!













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-16 18:35 | ミスリル施工 | Comments(0)

リジカラ装着!★V83W パジェロ★

1週間前の梅雨入りした日は1日中雨でしたが、
それ以降全然降りませんね~。
天気予報では当分降りそうにないみたいです。
こりゃあ、今年も空梅雨なのか?
まあ、毎日毎日雨が続くのも鬱陶しいですが・・・



さて本日はリジカラのネタです!
ネタがたっぷり溜まってるんで・・・ えっ?聞き飽きた??(笑


本日のクルマは・・・




V83W パジェロ!







d0156040_16231461.jpg


パジェロへの装着は当店では初となります!

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。





d0156040_16242436.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

縦置きエンジンですのでクロスメンバータイプに、
立体的なコの字型を組み合わせたようなサブフレームになってます。
けっこう複雑な形状なので装着ポイントが全く写ってませんね。
じつは横からビューでも確認しにくかったんです。


そこで・・・




d0156040_16274762.jpg


フロントサブフレームの図解です!
これなら少しはわかりやすいですかね?

けっこう複雑な形状ですよね~。
まあ、車重もありますし、エンジンも思いですし、
オフロードの走行も考慮するとこれぐらいの頑丈さが必要なんでしょうね。

固定方法はボディーからスタッドボルトが出ているタイプです。





d0156040_16325974.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

片側突起タイプが4ピースずつ2種類の構成ですね。
1種類は中割りの2分割タイプになっています。
ボディーからスタッドボルトが出ている構造ですから、
スタッドボルトを抜かないで装着出来るようにしてあるんです。





d0156040_163648.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

サブフレーム上側のリジカラはボディーのガイド穴に突起がハマリ、
下側のリジカラの突起がサブフレームの穴にハマリます。
ここはプレスした鉄板を貼り合せた薄い構造になっていますから、
上下から突起をハメることは出来ませんので・・・





d0156040_1639368.jpg


まずは  部上側の写真です!

上向きの突起のみでしたので、ボディーに貼り付けています。


今回もミスリル施工をしてますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!





d0156040_16424341.jpg


続いて下側の写真です!

こちらも上向きの突起がサブフレームの穴にハマった状態です。





d0156040_16435047.jpg


 部上側の写真です!

先ほどと同じ状態になっています。





d0156040_16445945.jpg


続いて下側の写真です!
こちらも先ほどと同じ状態ですね。

4ヶ所が同時にこの状態になったら、ナットを掛けて締めこんでいきます。
上下ともに突起がハマっていますので、
すでにボディー・ボルト・サブフレームのセンターは揃った状態ですね。





d0156040_16541326.jpg


本締め後はナット&スタッドボルトにもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。





d0156040_1655215.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分に装着するんですが、
こちらも複雑な形状なのでわかりにくいですね~。





d0156040_16572768.jpg


 部はスプリングの受け皿の部分になります。
スプリングのスキマからかすかにナットが見えていますが・・・





d0156040_1659169.jpg


リアもサブフレームの図解が登場!(笑

こちらも複雑な形状ですね~。
まあ、このクルマに限らずリアは複雑な形状の場合が多いんですけどね。

こちらもボディーからスタッドボルトが出ている構造になります。




d0156040_172236.jpg


リア用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプとザグリワッシャタイプが各々1種類2ピースずつと、
片側突起タイプが2種類で2ピースずつの4ピースの構成です。
両側突起タイプと片側突起タイプの1種類は2分割タイプになっています。
スタッドボルト方式ですからね。





d0156040_1753324.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

ここもプレスした鉄板を貼り合せた薄い構造です。
そのため上から突起がハマっていますので、
下側は突起の無いザグリワッシャタイプになります。




d0156040_17102549.jpg


装着中の写真です!

上側はカメラが入るスペースが無かったので、下から覗く方法で・・・(笑
サブフレームの穴に突起がハマっているのがわかりますね。
薄い構造ならではの確認方法なんです。





d0156040_1714524.jpg


続いて下側の写真です!

ザグリワッシャタイプでしたのでボルトにハメてナットを掛けるだけです。






d0156040_17154625.jpg


続いて B 部の図解です!

こちらはフロントと同じ方式になっています。
やはり薄い構造ですね。





d0156040_17182755.jpg


まずは上側の写真です!
やはりボディーに貼り付いています。
フロントと同じ状態ですね。





d0156040_17192899.jpg


下側の写真です!
上向きの突起がサブフレームの穴にハマった状態ですね。

今回スプリングを外して作業をしました。
さすがは4X4って言うぐらいスプリングが長かったものですから、
そのままだとちゃんとハメることが困難かな?と思いましたので・・・
まあ、外したほうが確認もバッチリ出来ますからね。
急がば回れ!ってヤツですか?(笑





d0156040_17231098.jpg


本締め後はナット&スタッドボルトにもミスリルをヌリヌリ!

スプリングを元に戻したら、アライメント調整をして完了です。


この度はお買上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-13 17:30 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★オーリス★サンバー★ラフェスタ★ランクス★ 4台まとめて! 

梅雨入りしましたね~。
これで当分の間ジメジメと付き合わなきゃいけないと思うと・・・(笑
まあ、その先には灼熱地獄が待っているんですが。


本日は進化剤のネタをまとめてご紹介します。
リジカラのネタも溜まってるんですが、その他のネタも溜まり気味で・・・



まず1台目のクルマは・・・





オーリス!







d0156040_18174157.jpg


エンジンに初めての施工となりました!

このクルマは以前にリジカラ装着でご紹介しましたね。
進化剤もすごく気になっていたようです。(笑
やはりリジカラと進化剤はリンクしちゃってますね~。




d0156040_18192917.jpg


お土産をいただいちゃいました。
県外の方ではないんですけどね・・・

何でも「しまなみ」で開催されたオーディオコンテストで入賞されたそうなんです。
その副賞をおすそ分けいただきました。
でも、そのオーディオはウチがインストールしたんじゃ無いんですけどね。(笑
ありがとうございました。


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑




2台目のクルマは・・・




サンバー!





d0156040_18234117.jpg


エンジンに 8回目 の施工となりました!

走行距離がかなりの数字になってきたので、
進化剤でエンジンを保護してなるべく永く乗れるようにと・・・
なんせリアエンジンのサンバーはもう新車がありませんから!
現行車はダイハツ・ハイゼットのOEMですもんね。

リアエンジンのサンバーってけっこう人気が高いんですよね。
中古車でもかなりの高値で取引きされているようです。
エンジンの振動が伝わり難いんで、長距離走行でも疲れないみたいです。
軽トラの場合はリアが重くてトラクションが掛かりやすいんで、
田んぼのあぜ道でもスリップしにくいって理由で人気のようですね。



3台目のクルマは・・・




ラフェスタ!





d0156040_1832171.jpg


エンジンに3回目の施工となりました!
当店オリジナル進化剤ステッカーGETです!! パチパチパチ~~~!

オーナーさんは以前に乗っていたクルマでもステッカーGETしていますから、
このクルマでもGETするのは当然の流れですね。


じつは先日車高調の取付けもしたんですよね。
その時にご紹介できていなかったんで、ちょこっとご紹介!!




d0156040_18351123.jpg


TEINストリートアドバンスZ! 

先日ご紹介したスープラと同じモデルですね。
けっこうコスパの良いモデルなんですよ!

今回もアッパーマウントやダストブーツを新品で組み合わせています。
ここをケチらないって言うのはけっこう重要なポイントです!!




4台目のクルマは・・・




カローラ・ランクス!





d0156040_18384244.jpg


エンジンに 6回目 の施工となりました!

オーナーさんは他のクルマでも施工しています。
奥さんのクルマも複数回施工していますし、娘さんや息子さんのクルマにも・・・
複数台へ複数回施工っていう中毒患者さんのパターンです。(笑


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-08 18:13 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★DA17W エブリイワゴン★ エアコン進化剤も!!

本日はリジカラのネタです!
たっぷり溜まってるんで早めに更新していかないとね。(笑




本日のクルマは・・・




DA17W エブリイワゴン!






d0156040_1648359.jpg


エブリイへの装着は当店では初となります!

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。



で、このお客さんは・・・






d0156040_1650558.jpg


愛媛 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。
本当にリジカラは県外の方が多いですね~。





d0156040_16514319.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

軽トラや軽1BOX車はエンジンの搭載位置がフロントシートの下になります。
ホイールベースを長くするためにタイヤの位置は車輌の前側になっています。
エブリイは運転席に座った足元あたりがタイヤの位置になります。
全長の短いKカーならではのことなんですが・・・
でもエンジンはシート下にしか搭載スペースが無い・・・
そこで足廻り用のサブフレームとエンジンを支えるクロスメンバーが別々になるんです。

そのためここのサブフレームの役目は、
ロアアームとステアリングギアボックスの固定のみなんです。
そのせいなのか組み合わせているパイプもちょっと細めのような気が・・・(笑
まあ、エンジンやミッションの重量を支える必要がありませんからね。
それでも四角形状で強度の面は考慮されているようですね。

同じ1BOXでもハイエース等はタイヤがフロントシートあたりの位置になってます。
元々デカイクルマなんで無理やりホイールベースを稼ぐ必要はありませんから。
そのためエンジンを支えるクロスメンバーとサブフレームは共用されています。

FFのKカーだとタイヤ位置が前方にあっても、
エンジンも前に搭載しますんで位置は同じぐらいになるんですよね。




d0156040_16573660.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
サブフレームをボディーに固定している部分になります。





d0156040_16592320.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

全て片側突起タイプになっています。
若干突起の大きさが異なる物が4ピースずつの構成ですね。
とは言えどちらも突起は小さめですけどね。





d0156040_171258.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側のリジカラは突起がボディーのガイド穴にハマリます。
下側は突起がサブフレームの穴にハマるようになります。
上側のボディー穴用が突起の大きいほうを使うようになっていますね。

ここのサブフレームはプレスした鉄板を貼り合せただけの薄い構造です。
そのため突起も小さめだったんですよね。





d0156040_1763749.jpg


装着中の写真です!

どちらのリジカラも上側に貼り付いています。
上下ともに突起が各々の穴にハマった状態ですので、
ボディー・サブフレーム・ボルトのセンターは揃っていることになります。


今回もミスリル施工をしてますよ!
フェアの特典でサービスでしたからね。
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!






d0156040_17182862.jpg


続いて  部の図解です!

基本的な構造は先ほどと同じなんですが、
突起の大きさが上下で逆の使い方になっていますね。





d0156040_17201366.jpg


装着中の写真です!

こちらも先ほどと同じ状態になっています。




d0156040_1721929.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。





d0156040_17223764.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

エブリイはFR車ですので、デフが入ったホーシングタイプになります。
でもホーシングを固定しているアームは見たことのあるような形状になっています。

一般的なFF車で採用されているトーションビーム式アクスルは、
一体成型の構造が多いのですが・・・
スズキの場合は分割式を採用している車種があります。

一体成型のほうがコストが安いんじゃないかと思いますが、
じつはそうでもないかもしれないんですよね~。





d0156040_17283120.jpg


これはスズキ車のリアアクスルの図解です。
緑色の物がボディーから前後に付いているアームで、
これの根元の矢印部分にリジカラを装着するようになります。

で、FF車の場合はパイプを成型した物をこのアームに組み合わせて、
サスやショック・ブレーキ等が装着できる構造になっています。

FRや4WDの場合はそのパイプ成型品の部分を、
デフが入るホーシングに組替えるわけなんですよね。
こうすることで緑のアーム部分はFFと4WDで共用できるってわけです。
それがコストダウンに繋がっているのかはスズキさんに聞かないとわかりませんが・・・(笑

また、アームの組合せ部分にはブッシュが入っていますので、
乗り心地や静粛性とかの面でも有利なのかもしれませんね。


エブリイは4WD車と同じような構造になりますので、
リジカラ装着部はトーションビームと同じってことになりますね。
実際に使用するリジカラはワゴンRやアルトと共用になってますから・・・





d0156040_17411850.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
とは言え他の車種に比べるとスキマは小さめですね。
やるな!スズキ!!ってとこですか?(笑





d0156040_17431575.jpg


お馴染みのトーションビーム用のリジカラです!
スキマが小さかったのでセンターの突起も小さめになっています。

本体部分は最近主流の2段タイプですね。
これは数車種でリジカラを共用するための手段なんです。
エブリイはボルトのフランジ径がさほど大きくありませんでしたので、
これほど大きな外周部分は必要無いんですが・・・

車種によっては径の大きいワッシャが付いていることがあるんです。
それをかわすために外周を大きく作ってあるんですよね~。
ボディーに接触する部分は凹凸などによる干渉を避けるため小径になってます。
それに径が小さいほうが面圧も上がりますしね。






d0156040_1749223.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部分は、
フロント用とかに比べて肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
補強をすることでボルトの締付けトルクがしっかりと掛かるんですよね。





d0156040_17513254.jpg



本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をしていますよ!!
リフトアップしている時はブッシュが後向きに回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうとクルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出ちゃうんです。

まずはインナーカラーが回転できるぐらいに仮締めします。
タイヤを付けてクルマをリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
タイヤを接地させたまま車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんです。
簡単なことですが大事なポイントなんです!



今回は進化剤の施工もしました。




d0156040_1753682.jpg


当店の夏の風物詩!エアコン進化剤!! 

進化剤をエアコンに施工することでコンプレッサーの抵抗が減ります。
エアコンが入った時のパワーダウンが抑えられるんです。
元々トルクの細いKカーでは特に効果が大きく出る傾向にあります。
エアコンの効きも良くなる場合もあるんですよ!
これからの季節にはオススメの施工です!!






d0156040_17563041.jpg


お土産もいただいちゃいました!
遠方からご来店のうえに、お気を使っていただいてすいません。
おいしくいただきました。


この度はお買上げありがとうございました。


まだまだリジカラのネタはたっぷりと溜まっています。(笑
早めに更新できるようにがんばります!






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-06 18:25 | リジカラ | Comments(0)

TEIN車高調装着!★JZA80 スープラ★ タイヤ交換も!!

まだ梅雨も来ていないっていうのに毎日暑いですね~。
ただ風があるとけっこう涼しいのが、せめてもの救いですか・・・?
これが真夏になると風も熱風になっちゃいますからね。(笑



ここのところリジカラと進化剤のネタばっかりでしたので、
本日は足廻りのネタをご紹介します。
他の仕事もやってるって知ってもらわないとね。(笑



本日のクルマは・・・




JZA80 スープラ!




d0156040_18285377.jpg


古くからの常連さんのクルマです!
それなりの年式になってきましたが、キレイにされてますね。


じつは現状でも車高調を装着しているんですよね。
今回なぜ交換するのかと言いますと・・・





d0156040_18315740.jpg


ショックからオイル漏れが発生しちゃってるんです。
このまま乗るのも・・・ってことで交換となりました。

TEINの車高調はオーバーホールも出来るのですが・・・
一旦ノーマルに戻して送ることになりますので、工賃が2回分必要になります。
さらに送ってみてロッドとかが曲がっていたらけっこうな金額になるんですよね~。
そこで気持ちよく新品に交換することとなりました。





d0156040_18353182.jpg


TEIN ストリートアドバンスZ! 

最近流行りの全長調整式ではありませんが、
極端な車高にするわけではないので問題無しです。
ちゃんと減衰力調整も装備されてますしね。

このタイプは純正のアッパーマウントを再使用するようになります。
そこでマウントやダストブーツ等も一式新品に交換しました。
なんせショックがオイル漏れするぐらい使ってたわけですから、
マウントのゴムとかにもヘタリが出ているでしょうからね。


今まで装着していた車高調と同じTEINをチョイスしたのには理由がありまして。
それはまた後ほど・・・





d0156040_18421264.jpg


フロント装着完了です!
車高は以前と同じぐらいになるようにセッティング。





d0156040_18432184.jpg


こちらはリアになります。




で、TEINをチョイスした理由と言いますのは・・・




d0156040_18442537.jpg


元々 EDFC を装着していたんですよね。
これを再使用するためにTEINを選んだってわけです。

無事にモーターキットも移植できました。



今回はタイヤも交換しました!




d0156040_18463340.jpg


POTENZA アドレナリン RE003! 

RE-71Rほどガチガチのハイグリップタイヤではなく、
ストリートで楽しめるスポーツタイヤになります。
その分お値段もリーズナブルに設定されてますよ!(笑

サーキットやジムカーナとかで本気で攻めるなら物足らないかもしれませんが、
ワインディングなどで気持ちよく走るには十分過ぎる性能を持ってます。
もちろんエコタイヤとかとは比べ物にならないほどグリップしますからね!!
スポーツカーの街乗りタイヤとしてはかなりオススメです!


この度はお買上げありがとうございました。



さあ、リジカラのネタもたっぷり溜まってるので、
がんばって更新しないといけませんね。(笑






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-05 18:58 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)