またまたNA2ブレーキ移植!★NSX★ ローター大径化!!

今日から7月ですね。
早いものでもう1年の半分が終っちゃいました。
当店は今日から新年度へ突入です。
ですので 13周年祭 を開催しています。
オトクな特典満載で、皆さまのご来店をお待ちしています。

フィギュアスケート界も今日から新シーズンになります。
いよいよ五輪シーズンである2017-18シーズンの幕開けになります。
ってことは昨日で・・・
真央ちゃんの現役最後のシーズンが正式終了ってことですね。
改めて寂しさがこみ上げてきます・・・




さて7月一発目のネタは・・・
リジカラでも進化剤でもミスリル施工でもありません。
ここのところ3アイテムのネタのオンパレードになってましたので、
その他の作業のネタもたんまりと溜まっちゃてるんですよね~。(笑


本日のクルマは・・・




NSX!

久々のNSXネタです。
作業の内容はと言いますと・・・

NA2キャリパー移植でローター大径化! 

以前にも同じ作業をご紹介しましたが、
初期型のNSXではかなり定番化してるチューニングなんですよね。

ご存知のようにNSXは15年もの長きにわたって生産されていました。
その間に各部が見直されて進化を続けていたんです。
販売台数が少ない車種なのに改良をしていたあたりは、ホンダさんの熱意を感じます。
やはりフラッグシップモデルならではのことなんでしょうかね?

その15年間の進化のおかげで、
初期型に流用できるチューニングが出来るってことなんです。
当店でも人気の後期ABS換装やエアコンの134a化なんかもその例です。
まあ、このあたりはチューニングというよりステップアップ?
いや、現代化と言ったほうが良いかも??(笑

エンジンは途中で3.0Lから3.2Lに変更されました。
同時にMTも5速から6速になったんですよね。
この時に型式も NA1 から NA2 に変わりました。
その後リトラから固定ライトへの変更っていうマイナーチェンジもありましたが・・・

NSXはミッドシップですのでリアのほうが重いんですが、
初期型のブレーキはフロントが強くてバランスが悪かったみたいなんです。
そこで排気量アップを機にブレーキも見直されたんです。
これを NA2ブレーキ と呼んでいるんです。

サーキットを本気で攻めようと思うとキャパ不足になるようですが、
街乗りでは文句なしのブレーキシステムなんですよね。
効きも良くなって、前後のブレーキバランスもバッチリ!
まあ、安心して踏むためには後期ABS換装が必須にはなりますが・・・

今回もキャリパーを流用してローターを大径化します。







d0156040_1201524.jpg


NSXのオーナーさんはみなさんキレイに乗られてますね~。
このクルマは以前に モデューロサスペンション装着 でご紹介しました。



で、このお客さんは・・・




d0156040_1223790.jpg


高知 からのご来店でした!
遠方から度々のご来店ありがとうございます。





d0156040_1254743.jpg


まずはフロントのキャリパーです!

NSXのフロントは元々2POTキャリパーなんですよね。
外側にはNSXの刻印も入っていてカッコイイです。

比べてみるとピストン径とかは同じように見えます。
キャリパー自体は共通なのかもしれませんね。
まあ、新品にすることで動作はグッと良くなるでしょうね。





d0156040_1295841.jpg


ローターのサイズ比較です。

並べて見るとけっこう差がありますね~。
これだけ大径になれば当然ながら効きも良くなります。
効きが良くなるのは、より大きな外周部をパットが押さえることからなんです。

径が大きくなれば1回転あたりのパットが接触する長さが大きくなります。
NA1ローターがφ282ですから外周寸法は約88cm。
これがNA2だとφ298で約95cmとなり約1.07倍になります。
逆に言うと同じ88cm接触していると1回転から0.95回転になるってことです。
つまり同じ踏力でも 「回転が少なくなる」 = 「早く止まる」
ってことなんですが、わかりにくいですかね?(笑

さらにハードに攻めた時のフェード現象も起き難くなります。
これは単純にローターの質量が増えるので熱を持ち難くなるからです。
反面バネ下重量は増えることになりますが微々たるもんですので、
ブレーキ性能の改善からすれば問題にはなりませんよね。




d0156040_1252429.jpg


キャリパー自体は同じ物のようでしたが、
このキャリパーサポートブラケットは明らかに異なります。

写真下側の穴はブラケットをナックルに固定するボルト穴です。
上側の穴はキャリパーをブラケットに固定するボルト穴です。
ここの穴間寸法が異なっているんですよね。
ローターの大径化に伴って、キャリパーを外側にオフセットさせるわけです。

つまりこの部品を交換しないとローターは大径化出来ないんです。
まあ、新品のキャリパーを注文するとブラケットもセットなんで問題ありませんが・・・
中古品とかを使おうとする場合には注意が必要ですね。




d0156040_13171.jpg


フロントの組み付け完了です!
ブレーキホースもステンメッシュに交換してますよ!!

ローターの大径化をすることで純正の15インチホイールは装着出来なくなります。
16インチ以上へのインチアップが必要ですね。
このクルマは元々インチアップされていたのでOKでしたけどね。





d0156040_135592.jpg


大径化前後の比較写真です!

こうやって見るとけっこう大きくなっているのがわかります。
バックプレートもほとんど見えなくなってますもんね。





d0156040_1365926.jpg


続いてリアのキャリパーです!

こちらは明らかにピストン径が大きくなっています。
かなり制動力にも差があるでしょうね~。
これなら不評だった前寄りのブレーキバランスも改善されるでしょう!





d0156040_1394769.jpg


リアローターの比較写真です!

こちらもけっこうな差になってますね~。
フロントよりも差が大きいですね。





d0156040_13111679.jpg


やはりサポートブラケットの寸法も!






d0156040_1312164.jpg


リアも装着完了~!

最後にブレーキオイルのエア抜きをします。
キャリパー&ホースを交換したので必須作業になります。





d0156040_1455056.jpg


リアの比較写真です!

こちらもかなり大きくなりました。
やはりバックプレートはほとんど見えなくなっていますね。


これでブレーキ性能は格段にアップすることでしょう!
街乗りオンリーであってもブレーキの効きは重要ですからね。


この度はご依頼ありがとうございました。



d0156040_13552682.jpg


お土産もいただいちゃいました。
遠方からご来店のうえにお気を使っていただきありがとうございます。
おいしくいただきました。


まだ眠っているNSXネタの大物もありますので、早めにご紹介したいと思います。
って本当に早めに出来るのか?(笑



d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-07-01 14:08 | NSX | Comments(0)

13周年祭開催!

このエントリーは7月31日までトップ表示されます。
新しい記事がわかりにくいという苦情をいただきましたので、
トップ表示はやめにしました。

7月1日(土)~31日(月) 

13周年祭開催! 

今年も周年祭の季節がやってまいりました。
感謝の気持ちを込めて開催いたします。

今年の目玉は・・・

サイコロゲーム!! 

サイコロを振って出た目の数だけ賞品をGET!

5000円以上お買上げの方にチャンス!
1万円以上でWチャンス!!
5万円以上で3回チャンス!!!
BSタイヤ4本セットお買上げでもう1回追加!

気になる賞品は・・・

ネピアティッシュ5箱パック
or
花火セット

去年までメインの賞品だったドデカイ花火セットって、
貰った時のインパクトは大きいんだけど、いざやろうとしたら場所が・・・・
って問題のご指摘があったんですよね。
確かに最近は川原や海岸なども花火禁止の場所が多いですもんね。
住宅街の公園なんかも、もちろんNGだし・・・

そこで今年は花火セットはご自宅の庭でも出来るレベルの物と、
ネピアティッシュの5箱パックにしてみました。
5万円以上のBSタイヤご購入だと最大で24個GETできるかもしれませんよ!
消耗品であるティッシュはいくらあっても困りませんからね。
(24個だとけっこう場所をとりますが・・・(笑)

一応ティッシュは ネピア に拘ってみました!
なんでネピアなのかと言いますと・・・

真央ちゃんのスポンサーだから!(笑


他にもお得な特典満載の周年祭です!
皆さまのご来店をお待ちしています!!




d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-07-01 10:18 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

リジカラ装着!★N-WGN★ 3台目!!

毎日ジメジメした暑さが続いてますね。
真夏ほど気温は高くないんだけど、ジメ~っとした空気が暑く感じます。
まあ、夕方とかになると涼しくなるんで助かりますが・・・

でも今年はやっぱり春先からの気温が高かったんでしょうかね?
昨夜、我が家のカブトちゃん1号が羽化しました。
メスが2匹でしたけど・・・
例年なら7月初め頃に羽化が始まるんですよね。
気温が高かったせいで時期が早まったのかもしれません。



さて本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・




N-WGN!





d0156040_17252673.jpg


N-WGNへの装着は3台目になりますね。
そういえば先日2台目をご紹介したばっかりでしたね。
最近Kカーへの装着も増えてきていますよ!





d0156040_17274222.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

毎度お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
Kカーだとほとんどの車種がこの構造を採用しています。
それだけスタンダードな構造ってことなんでしょうね。





d0156040_17301258.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認出来ますね。





d0156040_17313265.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
ザグリ付片側突起タイプとザグリワッシャタイプが2ピースずつの構成です。

前回のN-WGNの時は代理店が発注ミスをするというトラブルがありましたが、
今回はちゃんと発注したようで納期通りに入荷しました。(笑





d0156040_1736138.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマるようになります。

下側はザグリ付片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。
ここの突起はかなり長めになっていますね。
両側突起の下向き側を長めにしてもらったほうが、
作業がやりやすいんで助かるんですけどね~。(笑





d0156040_17402780.jpg



装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がるので自然とセンターが揃います。

下側の長めの突起もサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をやってますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!





d0156040_17421830.jpg


続いて  部の図解です!

こちらも上側には両側突起タイプを使いますが、
下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使うようになります。




d0156040_17432887.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
先ほどと同じ状態ですね。






d0156040_19224968.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。
前回と同じくガセットプレート風の補強板部分にもオマケで塗ってあります。





d0156040_1924318.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。

先日のプリメーラとは異なり、ラテラルロッドの無い構造ですね。
そのためボディーへの固定部分は斜めになっています。





d0156040_19255966.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています!

緑の矢印の先に見えるグレーっぽい物は、
ブッシュのインナーカラー端面なんですよね。
つまりスキマから奥が見えているってことなんです。

黄色矢印はボルトが締まっていた接触痕です。
ボディー穴と偏芯しているのがわかりますね。
それだけズレて締まっていたということになんですよね~。





d0156040_1927491.jpg



こちらも毎度お馴染みの形状です。
センター部の突起が先ほどのスキマにハマリ込むようになります。
本体部は最近主流の2段タイプになっています。

これは数車種でリジカラを共用するための手段なんです。
大きめのワッシャが付いている車種のために外周を大きくしてあるんです。
ボディーへの接触面は小径になっていますね。
これはボディーの凹凸などとの干渉を避けるためなんです。
それに小径のほうが面圧も上がりますしね。





d0156040_19281357.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることで、ボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
補強をすることでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かり、
締結強度がアップするんですよね。




d0156040_19285356.jpg



こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップしている時はブッシュは後向きに回転した状態なんです。
この状態で本締めしてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずブッシュのインナーカラーが回転できるぐらいに仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めします。
これを 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことなんですが大事なポイントなんです。

最後にアライメント調整をして完了となります。


この度はお買上げありがとうございました。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-06-27 19:33 | リジカラ | Comments(0)

RECS施工!★アテンザ★ EVIDIS施工!★フィットRS★

ここのところリジカラ・進化剤・ミスリルのネタばっかりになってます。
まあ、溜まってる分が解消できてないもんですから・・・
一応他の作業もやってるんですよね。
で、今度はそっちのほうも溜まり気味になってきちゃいました。(笑
こりゃあ気合を入れて更新しないといけませんね。


と言うことで本日はRECS&EVIDISのネタをお送りします。

まずはRECSから!
クルマは・・・






GH5FS アテンザ!





d0156040_165498.jpg


2500ccのエンジンですので通常は250ccなんですが、
それなりの走行距離だということで、増量施工で300cc注入しました。
距離が出ているクルマや直噴エンジン等で汚れが溜まっていそうな場合には、
通常の1.5倍の量まで増量施工がOKなんです。
気になる方はお気軽にご相談ください!





d0156040_16575790.jpg


白煙モクモクの儀式です!(笑

ここ最近では一番多かったぐらいの白煙が出ました!!
もちろん例のくっさいニオイもね。

やっぱこれぐらいモクモクのほうがRECSをやった感がありますね。(笑
白煙が出ても出なくても、効果に違いは無いんですけどね・・・





d0156040_1704916.jpg


フューエルワンも1本注入しました!
RECSとの相乗効果で燃焼室がさらにキレイになるんです。
もちろんインジェクターの洗浄効果もね!



で、このお客さんは・・・




d0156040_1741054.jpg


香川 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。

本当はリジカラを含めた足廻りのご相談でのご来店だったんです。
せっかく来たついでだからということで施工となったわけなんですよね。
この度はご依頼ありがとうございました。



続いてはEVIDIS施工のご紹介です!

クルマは・・・


けいんさん の・・・





フィットRS!





d0156040_1792753.jpg


進化剤やミスリル施工等々でお馴染みのクルマですね!

例年この時期の恒例行事となっている・・・




d0156040_17112258.jpg


EVIDIS消臭・除菌システム! 

エアコンを掛けた時のムア~ッとしたいやなニオイ!
原因はエアコンやダクトの内部で繁殖したカビや雑菌なんです。
でもファブリーズのCMで「エアコンは洗えないから!」って言ってたように、
本格的な洗浄をしようとしたらかなりの手間と費用が掛かっちゃいます。

そこでEVIDISの登場となるわけなんですよね。
専用の洗浄液を超音波で霧状にして噴出します。
その霧をエアコンのファンによって吸い込ませます。
写真では霧がエアコンに向かって噴出しているのがわかりますね。
霧がエバポレーターやダクトを通ることで繁殖した雑菌やカビを洗浄してくれるんです。

ダクトから出た霧は車内に充満することになりますので、
天井やシート・カーペットなども消臭・除菌できるんですよね。
エアコンの設定は内気循環にしていますので、
充満した霧は何度も繰り返して循環されることになります。

機材からの霧の噴出は15~20分程度で終了するんですが、
その後も15分ほど放置して循環を繰り返させます。
そうすることでより効果が大きくなるわけです。

実際の作業ではエアコンフィルターを一旦外しますので、
施工後に新品への交換を推称しています。
もちろんフィルターを持込みでもOKですよ!


エアコンが本格的に稼動する前の時期に施工しておけばベストですね!!





d0156040_17264669.jpg


スノコACエフェクター も1本注入!

夏場の定番商品ですね~。
これでこの夏に向けてエアコンの準備はバッチリですね!







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-06-26 17:31 | 今日のオートリファレンス | Comments(2)

リジカラ装着!★メルセデスAMG A45★

四国の早明浦ダムでは取水制限が始まったとか・・・
例年、真夏の頃にはよく耳にするニュースですが、
梅雨の最中になんてことは異例なんじゃないでしょうかね?
そんだけ雨が降ってないってことだから、岡山も他人事じゃなくなるのかな??

過去に高梁川水系でも時間的な断水ってのがありましたよね。
大きなバケツに水を溜めて対応した記憶があります。
やっぱし梅雨時にはちゃんと降ってもらわないと困りますね。
まあ、大雨で水害になるのも困りますが・・・
今週末は雨らしいので、少しは回復するのかな?



さて本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・





メルセデスAMG A45!





d0156040_1582572.jpg


Aクラスにハイパワーターボエンジンと4MATICを組み合わせた、
AMGブランドのスポーツモデルですね!

この車種の当店へのご来店は初ですね。





d0156040_15102273.jpg


スポーツモデルらしくキャリパーも超デッカイのが・・・(笑



で、このお客さんは・・・



d0156040_15113368.jpg


大阪 からのご来店でした!
遠方からわざわざのご来店ありがとうございます。




d0156040_15134043.jpg


リジカラ作業に取り掛かる前に、恒例のアンダーカバー外しなんですが・・・
マツダ車もビックリってぐらいのクリップやボルトの数でした。
おそらく過去最多レベルじゃないかと・・・?

何故こんなに多いのかは後ほど説明します。




d0156040_1516871.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側5ヶ所ずつの合計10ヶ所になります。

装着ポイントが多いのでいつものパターンではなく、色分けにしてあります。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

FFタイプのサブフレームの後方に、
H型の補強フレームを組み合わせたような構造になっています。
おそらく剛性を考慮しての構造なんでしょうね。


で、クリップ類が多かった要因といいますのは・・・
C部 は完全にカバーに覆われていたんですよね。
そのカバーっていうのがフロントのホイールハウス後方から、
リアのホイールハウス前方までの一体型だったんです。
それがフロアトンネルの左右に一対ずつ付いていたわけです。

サイドシルに沿って長~いカバーが左右にあったってことですね。
フロアの白く汚れていない部分がこのカバーに覆われていたところになります。
カバーを外してしまわないと作業できないので、あの数になったんですよね~。





d0156040_15313462.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_15334940.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類で合計12ピースになります。

両側突起タイプが2種類で8ピースと、
片側突起タイプとカリ付ワッシャタイプが2ピースずつの構成です。

カリ付ワッシャタイプは2分割タイプになっていますね。
このタイプを使うということは・・・(笑





d0156040_15365445.jpg


まずは  部の図解です!

カリ付ワッシャタイプを使うのは位置出し用のチ〇コ突起が出ている構造なんです。
(下品ですいません・・・笑)
国産車ではボディー側から突起が出ている場合が多いのですが、
このクルマではサブフレーム側から出ていますね。
突起とボディーの微妙なスキマにカリの部分がハマるんですよね。

図では突起の長さが短めですが、実際にはけっこう長いんです。
そのためハメやすいように、2分割タイプにしてあるんですよね。





d0156040_15431637.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはまずはサブフレームの突起にハメておきます。
サブフレームをジャッキで上げていって密着する寸前で一旦止めます。
その状態でリジカラをボディー側にスライドさせてカリをボディーの穴にハメます。
サブフレームの突起は長いですからリジカラの内側は突起にハマった状態のままです。
そのまま上げればセンターが揃うことになるんです。

とはいえ狭いスペースでの作業が必要なのでけっこう気を使います。
2分割タイプはズレやすいので、ちゃんとハマってるかの確認が重要なんです。
ズレたまま締めこんじゃうとカリがツブれてしまいますからね。

下側は片側突起がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をしてますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!





d0156040_15511550.jpg


続いて  部の図解です!

ロアアームブラケットとボディーの間に両側突起タイプを使います。
ボディーのガイド穴とブラケットの穴に突起がハマる方式ですね。
このブラケットは薄い構造ですので突起も小さめです。





d0156040_1692887.jpg


装着中の写真です!

リジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっており、
下向きの突起もブラケットの穴に掛かった状態です。

ここもまずはブラケットにリジカラをハメておいて、
密着する寸前でボディー側にスライドさせます。
この時下向きの突起が穴から外れないぐらいのクリアランスにしておくのがミソです。




d0156040_16153215.jpg


続いて  部の図解です!

先ほどと同じく薄い構造の部分ですね。





d0156040_16174445.jpg


装着中の写真です!

ここはサブフレームの鉄板が広いため、
上側でリジカラを目視することが出来ないので、穴側からの確認になります。

やはり密着する寸前の状態にしておいて・・・

*リジカラが上下に動く。= 突起がボディーに当っていない。
*リジカラが横方向に動かない。= 突起が穴にハマっている。

という方法で確認してやるんですよね。
これをやらないと突起がツブれてしまいますからね。
確認がOKだったらボディー側に貼り付けておきます。
もちろんこの時に下向き突起が穴にハマってるのも確認しますよ。




d0156040_162545100.jpg


10ヶ所全ての突起の確認がOKだったらボルトを本締めします。
本締め後はいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!






d0156040_16301515.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。




d0156040_1632095.jpg


リア用のリジカラです!
4種類で合計10ピースになります。

カリ付ワッシャタイプが2種類で2個ずつの4ピースと、
片側突起タイプが2種類で6ピースの構成です。
ただし リジカラ2 のうちの2ピースと リジカラ3 は選択使用となります。
実際に使用するのは8ピースということですね。






d0156040_16394652.jpg


まずは  部の図解です!

カリ付ワッシャタイプを使う方式ですので、やはり突起が出ている構造です。

ここの下側が選択使用のポイントでしたが、
今回は突起が大きめだった リジカラ2 が適合しました。




d0156040_16545865.jpg


上側の装着中の写真です!

リジカラはボディーに貼り付いています。
やはり密着する寸前でカリをボディーの穴にハメた状態ですね。
もちろんリジカラの内側はサブフレームの突起にハマっていますよ!

リジカラの下側にサブフレームの突起が少しだけ見えているのがわかりますかね?(矢印部)
下側から延びているパイプがサブフレーム上側の鉄板を貫いて、
そのまま突起の役目をしているような構造ですね。





d0156040_1656185.jpg


下側の写真です!

片側突起タイプがサブフレームの穴にハマっています。
ここはプレートが共締めになる構造ですね。





d0156040_16574537.jpg


続いて  部の図解です!

基本的な構造は先ほどと同じです。





d0156040_16584933.jpg


上側の装着中の写真です!

カリが穴にハマってリジカラがボディーに貼り付いた状態です。
ここもリジカラの下側にサブフレームの突起が確認出来ますね。





d0156040_1703357.jpg


下側の写真です!

片側突起タイプがサブフレームの穴にハマっています。





d0156040_1715421.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
いつものようにオマケでプレートにも塗ってますよ!!


最後にアライメント調整をして完了です。




d0156040_1733480.jpg


お土産をいただいちゃいました。
お気を使っていただいてありがとうございます。

お身内の方が香川でうどん屋さんをやっているんだそうで、
作業の間にうどん県まで行って来られたそうなんです。
で、その本格的な讃岐うどんをいただきました。

やはり本場のうどんはコシが違いましたね~。
おいしくいただきました。


この度はお買上げありがとうございました。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-06-23 17:14 | リジカラ | Comments(0)