足回りリフレッシュ!★BP5レガシィワゴン★ブッシュやハブベアリングも!!

当店のあるあるネタの一つが・・・
某ジャンルの作業を久々にやると、
同じような作業が続くっていうのがあるんです。
今までもけっこうこのパターンはあったんですよね~。

先日、GC8インプレッサ で足回りのブッシュ交換をご紹介しましたね。
するとまたまたブッシュ交換を含めたリフレッシュ作業のご依頼です。

クルマは・・・



BP5 レガシィツーリングワゴン!




d0156040_16344525.jpg

作業ジャンルが同じなだけでなく、メーカーまで同じスバル車です!(笑
それなりの走行距離なので足回りをシャキッとしたいとのご要望でした。


まずはショック交換です。
GC8インプレッサ もブッシュの前にショックを交換しましたね。



d0156040_16372749.jpg

KYB NewSRスペシャル!

純正より基本性能をグレードアップしながらも乗り心地を確保。
硬くないのにシッカリした乗り味のバランスのとれたショックです。
さらに多くの車種で純正よりもリーズナブル。
ノーマルではちょっと物足らないストリート派の方にオススメです。

こちらはフロントです。
アッパーマウント類も新品に交換してあります。



d0156040_17171722.jpg

こちらはリアです!
もちろんアッパーマウントも新品ですよ。




d0156040_17182161.jpg

ロアアームのブッシュはチギレかけています。
もう少ししたら・・・ って状態ですかね。



d0156040_17194273.jpg

ボールジョイントのブーツも少し破れてグリスが滲んでいます。
ブーツだけでなくASSYで交換します。




d0156040_17210669.jpg

まずはロアアームを外します。
このクルマもアルミ製のロアアームのため、
ASSY交換だとかなりの高額になっちゃうんですよね~。
なのでブッシュを打ち替えます。



d0156040_17225002.jpg

ロアアーム前側のブッシュです。
仕様変更されていますね~。
ゴム部分のスリットが無くなっています。
あっ、もちろん右側が新品ですよ!(笑



d0156040_17244884.jpg

プレスで圧入します!




d0156040_17253499.jpg

ロアアーム後側のブッシュです!
左側が外したブッシュですが・・・
見事にゴムの四隅が切れちゃってますね。
さらにインナーカラーは偏芯しちゃってます。
これだとロアアームの動きは正常では無かったことでしょう!?



d0156040_17290020.jpg

こちらもプレスで圧入します!




d0156040_17294558.jpg

ボールジョイントも新品にASSY交換!
他メーカーだとボルジョイントはロアアームと一体化してる車種が多いのですが、
スバル車は単品で交換できるのがGOODですね。



d0156040_17314293.jpg

タイヤを着けて接地させ、車重の掛かった状態で本締めします。
そうです、いつもの 1G締め です。
ブッシュの固定部分ですから必須の作業ですね。
この作業を怠るとブッシュにヨジレが出てしまいますからね。

オーナーさんによると走行中に異音がするらしい。
速度に合わせて音が大きくなるということで、ハブベアリングが怪しい。
チェックしてみたらビンゴ! バッチリとガタが出てました!(笑




d0156040_17343051.jpg

まずはブレーキキャリパーとローターを外します。
一般的にハブベアリングはナックルに圧入されている場合が多いんだけど、
このクルマではハブと一体でボルト留めになっています。
そのためナックル本体を外す必要はありません。



d0156040_17411004.jpg

ハブASSYが外れた状態です。
ボルトを緩めるのに工具が入らなかったので、
ドラシャは一旦ナックルから抜いておく必要がありました。




d0156040_17430841.jpg

やはり新品はキレイです!
って当たり前ですが・・・(笑

外したハブを手で回してみたら、
ゴ~リゴ~リとベアリングが逝っちゃてる感触が!
やはり異音の原因はハブベアリングでしたね。



d0156040_17453255.jpg

新品のハブASSYを装着!
バックプレートも洗浄しておきました。
こびり付いたブレーキダストは完全には除去出来ませんでしたが・・・



d0156040_17472048.jpg

ブレーキキャリパーとローターを元に戻したら完了です!
足廻りを交換しましたので、もちろんアライメントも調整しています。

ショックにブッシュ・ボールジョイント・ハブベアリングと、
大幅にリフレッシュできましたね。
新しくなった足廻りをご堪能ください!


この度はお買上げありがとうございました。




d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-12-14 18:47 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

水漏れ修理!★M35ステージア★ ラジエター&ホース類交換!!

寒くなってきたせいか、持病の腰痛が・・・
仕事柄、私は慢性的に腰痛を抱えており、
時々症状がヒドくなることがあるんですよね。
先日からまた腰痛が悪化してきたのですが、今までにないほどの痛みでして。
おかげでジジイのようなヨボヨボ歩きになっちゃってます。(笑
(まあ、実際にジジイですけどね。)

当面の間、作業時間等でご迷惑をお掛けするかもしれませんが、
ご理解のうえご了承ください。


さて本日は水漏れ修理のネタをご紹介します!
クルマは・・・



M35 ステージア!



d0156040_16015723.jpg

進化剤施工の記録保持車であるお馴染みのステージアです。
ある作業でお預かりした時にトラブルを発見!
なにしろ20万kmオーバーのクルマですからイロイロと出てきます。

今回はアンダーカバーに冷却水が垂れていました。
痕跡を辿っていったら、どうやらラジエターが怪しい!!



d0156040_16050066.jpg

アッパータンクとコアの継ぎ目に漏れた形跡がありました。
おそらく内部のパッキンがヘタっちゃってるんでしょうね。
と言うことでラジエターの交換決定!




d0156040_16070259.jpg

社外品の新品に交換しました!
ラジエターの純正新品ってかなり高価なんですよね~。
そこでリーズナブルな社外品の登場となるわけです。
純正品を作ってるラジエターメーカーの製品だったりするわけで、
品質にも心配は無いんですよね。

ステージアはラジエターの固定方法が少々特殊なんです。
そのため交換にはちょっと手間が掛かります。
まあ、ムチャ難しいってわけじゃないんで、無事交換終了です!




d0156040_16120373.jpg

ラジエターホースも新品に交換します。
もちろんアッパー・ロアーともにね!
ホースクランプも新品にしました。



d0156040_16132991.jpg

ロアータンクに繋がっているATオイルクーラーホースも交換!
どうせ一旦外しますんでね。
このあたりをケチっても・・・(笑




d0156040_16154436.jpg

リザーブタンクも新品にしました!
これで水回りは当分安心ですね。

この度はお買上げありがとうございました。




d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-12-13 16:21 | メンテナンス&修理 | Comments(2)

進化剤施工!★サンバー★エッセ★WRX★ ミスリル施工!★オーリス★

一昨日の昼間、当店上空で聞いた事の無い音がしました。
ヘリが飛ぶ時の音とは全く違っていたので、何だろう?と思って見上げたら・・・

オスプレイ が2機飛んでました!
よくヘリが飛んでいるぐらいの高度で、しかもウチの真上を!!
実物を見るのは初めてでした。
エンジン音というか飛行音はヘリよりもうるさかったですね。
西南西方向に向かってましたが、どこに飛んでたんだろう・・・?


さて本日は進化剤&ミスリルのネタを4台まとめてご紹介します!
まず進化剤1台目のクルマは・・・



S331B サンバー・バン!



d0156040_13562210.jpg

エンジンに2回目の施工となりました!
先日リジカラやらイロイロでご紹介したクルマですね。

このサンバーはダイハツのハイゼットのOEM車です。
そのため一般的な軽バンと同じくエンジンはシート下に搭載されています。
なのでドアを開けた状態での施工となります。
スバル製のサンバーはリアエンジンでしたので、リアゲートを開けて施工していましたね。



2台目のクルマは・・・




L235S エッセ!




d0156040_14021678.jpg

エンジンに 3回目 の施工となりました!
当店オリジナル進化剤ステッカーGETです!!
パチ、パチ、パチ~~~~!!!

オーナーさんはもう1台のステージアにも4回施工していますし、
もうすっかりハマっちゃいましたね。(笑




3台目のクルマは けいんさん の・・・


フィットRS! では無く・・・


WRX STI!

最近GE8フィットRSから買い替えたんですよね~。
Newマシンでの当店初登場ですね。


d0156040_14133243.jpg

エンジンに初めての施工となりました!
初回点検とオイル交換が済んだので、というタイミングでの施工です。
進化剤は新車のうちから施工しておくことで、
内部の磨耗が低減されて保護効果を発揮してくれるんです。

このクルマはけっこう低速トルクが細いらしいんです。
ハイパワー車全盛の頃に開発されたエンジンですからね~。
ショートストロークで性能重視でしたから、
最近の燃費重視エンジンのようにトルクは無いんでしょうね。

フィットにはエンジンに 15回 も施工していましたんで、
WRXも施工回数が増えていくことでしょうね。(笑



d0156040_14190084.jpg

MTにも初めての施工となりました。
1速の抜けが悪いことがあるそうで・・・
まあ、まだアタリが出ていないのかもしれませんけどね。

MTに進化剤を施工するとシフトがスコスコ入るようになります。
フィーリングが良くなって運転が楽しくなりますよ!
もちろんギアやベアリングの保護効果もバッチリですので!!

フィットはMTにも 13回 施工していましたんで、
エンジンと同じく施工回数は増えていくでしょうね。


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑


続いてはミスリル施工のご紹介です!
クルマは・・・



NRE185H オーリス!



d0156040_14304660.jpg

あれっ?このクルマ先日もミスリル施工していなかったっけ??
ボディーカラーは同じですが、じつは別のクルマです。(笑
型式も先日のオーリスは NZE181 でしたしね。

このオーリスは以前にもリアゲートやサイドシル等にミスリル施工しています。
リジカラや進化剤でもご紹介しましたね。

本日の施工ポイントは・・・



d0156040_14372120.jpg

CVTオイルパン!

本当は別の用事でのご来店だったのですが、
リフトアップしたついでにということでの施工となりました。
先日のオーリスのブログを見て気になっていたそうです。(笑

CVTは進化剤の施工は出来ないんですが、
オイルパンへのミスリル施工は効果があるんです。
内部のオイルが活性化することでオイル容量が増えたような効果があります。
トラクションの掛かりがスムーズになり、振動等も減少します。
まるで1クラス上のATに載せ換えたような・・・って言いすぎ?(笑


オーナーさんからのインプレッションです。

CVT、すごく滑らかになりました。
以前は低速域でギクシャクしていたのがまるで嘘のようです。
もっと早くミスリル施工してもらえば良かったです。(笑

効果を体感いただけたようで良かったです。


ミスリルのドロ沼からも抜けられません!(笑







d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-12-07 14:55 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★GK5 フィットRS★ 14台目!!

今朝は寒かったですね~。
ウィッシュのFウインドウは軽く凍結してました。
今シーズン初凍結でした。

来週も寒くなるそうです。
これでチラッとでも雪が舞ってくれたらな~。
薄っすらでも道に雪が積もったりしたら、
スタッドレスも動き始めるんですけどね~。(笑




本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・



GK5 フィットRS!





d0156040_17195408.jpg

フィットへの装着は14台目となりました!
スイフトスポーツと並んでましたが、単独で車種別の2位になりましたね。




d0156040_17214952.jpg

ハイ、いつものクリップたちです!(笑
まあ、これぐらいだと通常レベルになりますかね?




d0156040_17230224.jpg

まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
このクラスのクルマでは国際的にスタンダードな構造になってます。




d0156040_17240085.jpg

いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
B部 にはガセットプレートが共締めされています。




d0156040_17251756.jpg

フロント用のリジカラです!
4種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが2種類で6ピースと、
片側突起タイプが2種類で4ピースの構成です。
リジカラ1 の2ピースと リジカラ3 は選択使用となります。
ですので実際に装着するのは8ピースです。

最近はこのパターンも増えてきました。
ヴェゼルやフリードと共用になっているので、
車種や年式での違いに対応する手段なんです。




d0156040_17284308.jpg

A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。

一番オーソドックスな組み合せのパターンですね。




d0156040_17293021.jpg

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっています。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになっていましたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。




d0156040_17305670.jpg

続いて B部 の図解です!

こちらも上側に両側突起タイプを、下側に片側突起タイプを使います。
下側はサブフレームの穴が小径なので突起も小さめです。

ここの上側が選択使用のポイントでした。
今回は突起が大きめの リジカラ1 が適合しました。




d0156040_17321909.jpg

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています!
先ほどと同じ状態ですね。
下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマってます。

4ヶ所が同時にこの状態になったらボルトを本締めします。
下側のリジカラは突起が小さかったので、
締めていく途中で穴からハズレやすいんです。
そのためガセットプレートで押さえつけるようにして締め込みます。




d0156040_17345872.jpg

本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ガセットプレートにもオマケで塗ってます。
これもいつものパターンですね!!




d0156040_17362335.jpg

続いてはリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。

赤矢印 の部分になります。




d0156040_17400649.jpg

ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
緑矢印 の先に見える白っぽい部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
(ボディーカラーと色合いが似てるのでわかりにくいですが・・・)
つまりスキマから奥が見えているってことです。

このクルマはスキマが大きいほうですね。




d0156040_17421490.jpg

またまたお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。
スキマが大きかったので、突起もゴツめになってますね。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
大きめのワッシャが付いている車種に対応するため
外周は大径になっていますが、ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんです。




d0156040_17431887.jpg

リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_17441438.jpg

本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態の時、トーションビームはブッシュを支点に後ろが下がっています。
つまりブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

まずはブッシュのインナーカラーが回転できるぐらいに仮締めします。
タイヤを着けてリフトから降ろして前後させ、ブッシュを落ち着かせます。
そのままタイヤを接地させたまま、車重が掛かった状態で本締めします。
これを 1G締め と余分ですよね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

最後にアライメント調整をしてリジカラ装着作業の完了です!


この度はお買上げありがとうございました。




d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-11-29 13:48 | リジカラ | Comments(0)

イグニッションコイル交換!★アキュラNSX★フューエルポンプ交換&進化剤も!!

昨日の続きです!



d0156040_14124795.jpg

アキュラ NSX!

オーナーさんは古いクルマを買ったのは初めてということで、
怪しい部分は最初に対処しておきたいとのご要望です。

お預かりして他の作業でエンジンを掛けていたら、
ボボッ、ボボッ、っと不整脈のような症状が出ていました。

走行距離は少ないんですが、新車から30年近く経過していますし、
予防整備の意味も兼ねて点火系と燃料系をやっておくことになりました。


まずは点火系から・・・




d0156040_14192655.jpg

フロントバンクのコイルカバーを外したら・・・
緑矢印部 のパッキンが反対側に着いてました!(笑
本来は手で持ってる側に着いていなきゃいけないんですよね~。

NSXのエンジンはV6ですからヘッドカバーは斜めになっています。
パッキンは上側になるほうに装着して水の侵入を防ぐ役割りなんですよね。
ところが反対に着いていると水の侵入を許すだけでなく、
侵入した水がパッキンで堰き止められて抜けていかないんです。

この間違いはけっこうあるようなんです。
と言うのも、このカバー本体はフロントバンク用もリアバンク用も同じ物。
パッキンの着いてる向きが反対なだけなんです。
つまり以前にプラグ交換とかでカバーを脱着した時に、
フロントとリアを逆に装着しちゃったということですね。




d0156040_15331294.jpg

当然ながらリアバンクもパッキンは反対側になってました。
フロントバンクはガラスハッチの下になるのであまり水は掛からないのですが、
リアバンクはハッチを流れてきた水がヘッドカバーに垂れてくるんです。
写真に写ってる黒いスリットのあたりからですね。
そのためパッキンが反対側に着いているのは、非常~~にマズイ!




d0156040_16495179.jpg

タペットカバーには水が溜まってた形跡が・・・
緑矢印部 が白っぽく汚れています。
その上側はパッキンが当ってた部分なんで汚れていません。




d0156040_16531222.jpg

外したイグニッションコイルです。
リアバンクの物はフロントに比べてサビが多いですね。
やはりけっこう水が浸入していたのでこうなったんだと思います。
ただ、まだ末期症状ってわけではありませんでしたね。




d0156040_16575047.jpg

新品のイグニッションコイルです。
フロント用とリア用で品番が異なります。
でもどう見ても形状は同じなんですよね~。
FR・RR のプリントが違うぐらいで・・・

ただ、それだけで品番を変えるとも思えないし。
同じ物ならプリントしないで共通品番にしておけばいいわけですから・・・
もしかするとリア用は内部の防水処理が強化されているのかもしれませんね。

ホンダさんも水が掛かるのがわかっていたのなら、
最初から水が流れ込まない構造にすれば良かったのにね~。
社外品で例のスリット部分に装着して、
水が流れ込むのを防ぐ物が製品化されているぐらいですので。
流れ込まないようにするのがベストですもんね。




d0156040_17092500.jpg

フロント用とリア用では梱包も違います!(笑
片や箱入りと片やプチプチの袋入りになっています。
梱包まで変えてるってどんな意味があるんでしょうか???




d0156040_17124607.jpg

プラグは純正の白金プラグを使います。
純正を使うのには意味がありまして・・・




d0156040_17162198.jpg

左が純正で右がNGKのイリジウムプラグです。
イグニッションコイルは電流を流す端子がプラグの電極先端部分に接触しています。
イリジウムプラグのように先端部に穴が空いていると、
コイルの端子が穴にハマリこんじゃって接触不良となりここでスパークしてしまうんです。
それが繰り返されるとコイルの端子とプラグの電極が傷んじゃうんですよね。

ネジサイズの合ったボルトを入れてカットして穴を塞いでる人もいるようですが・・・
そこまでしなくても純正で白金プラグですからね。
エンジンチューン等で熱価の高いプラグが必要なら別ですけど。




d0156040_17271399.jpg

今回はコイルカバーも新品にしました。
新品はご親切に FR・RR とプリントしてくれてます。(笑
ホンダさんも装着ミスが多いことを認識しているんですかね?




d0156040_17294448.jpg

コイルカバーも新品にした理由はパッキンなんです。
左が元々装着されていたカバーですが、パッキンはスポンジです。
スポンジパッキンは超初期型(200台ぐらい)のみに使われていて、
早い段階でゴムのパッキンに変更されているんです。
防水の面からすればゴムのほうが効果があるでしょうからね。

ただカバー本体の形状が異なるので、
超初期型のカバーにゴムのパッキンは装着出来ないんです。
なのでカバーごとゴムパッキンの新品にしたわけなんですよね。




d0156040_17362820.jpg


ちゃんとパッキンが上側になるように装着します。(笑

これにて点火系作業は完了です。
お次は燃料系作業です。




d0156040_18145723.jpg


まずはフューエルタンクを外します。
フューエルポンプはタンク内蔵なので、タンクを外さないと交換できません。
これはNSXに限ったことじゃありませんけどね。
ただ、NSXのタンクを降ろすのはけっこう面倒です。
一般的な車輌だとボディーの下にぶら下がってるだけなので・・・




d0156040_18192980.jpg


下側が新品のフューエルポンプです。
目視ではポンプの傷み具合はわかりませんけどね。(笑
ストレーナーが茶色くなってるのはわかります。




d0156040_18221060.jpg


フューエルホースも交換しています。
こちらもタンクを降ろさないと交換出来ませんからね。




d0156040_18240263.jpg


タンクを車輌に戻します。
NSXのタンクは 赤矢印部 にあります。
エンジンルームと室内の間のスペースですね。
シートの背もたれの後方になります。




d0156040_18265216.jpg



フューエルストレーナーも交換しました。
まあ、ポンプを換える時にはセット交換が当たり前ですね。




d0156040_18304778.jpg


こちらもNSXの持病であるメインリレーも交換!
メインリレーがトラブってエンジンが掛からなくなる事例が多いんです。
なので予防整備では必須の交換部品ですね。




d0156040_18325582.jpg


最後の仕上げにエンジンに進化剤施工をしました!
当然ながら初めての施工になります。




d0156040_18341231.jpg


MTにも初めての施工となりました。
長く乗り続けるためにも進化剤施工は重要ですからね。


オーナーさんはタイベル交換&メンテナンスや、
クラッチ交換なども計画しているようです。
年式が年式ですのでメンテナンスは必要になってきます。
また、何なりとお申し付けください。

この度はご依頼ありがとうございました。




d0156040_1912777.jpg




岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-11-26 18:47 | NSX | Comments(0)