エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!

エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15515624.jpg

前編 からの続きです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_11370755.jpg

改良型のロストモーションを装着!
ロッカーアームやカムを復元していきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_11383656.jpg

洗浄したロッカーアームを組付けます。
小さなOリングとかもありますので、
ちゃんと新品に交換しておきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_11401387.jpg

カムを載せてカムホルダーで固定します。
もちろんオイルシールは交換してありますよ。

反対側のラバーシールも交換してます。
ヘッド後方のオイル滲み確認写真に写ってた、黒くて丸いヤツです。
このシールはけっこうオイル滲みの原因になりやすいんです。
そのため交換が必須の部品になりますね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_11463604.jpg

タイベルリアカバーのパッキンも新品交換。
エンジンの外廻りにあるゴム製のパッキンやシール類は、
全て交換するのがメニューに含まれています。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_11493736.jpg

新品のクランク角センサーに交換して、
タイベルリアカバーを装着します。
この辺りのボルトは外れるとタイベルに噛み込んだりしますので、
トルク管理をしっかりとして締付けます。

ウォーターポンプも新品に交換してありますよ。
装着前にひと手間が必要なんです・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_12491358.jpg

ウォーターポンプを固定しているボルトは、
シール剤を塗った特殊ボルトが使われているんです。
そのためボルトを外したネジ穴にはシール剤のカスが残ってます。
これをタップを使って除去しておかないといけないんですよね~。

写真右側の穴の口に赤っぽい物が付着していますよね。
これがシール剤のカスなんです。
穴の口にはヘコんだ段差があって、
そこに付着しているのはタップでは除去できません。
ドリルの刃の先端のテーパー部をカットした自作工具や、
ミニドラを駆使して残ってるカスを除去します。
ボルトの本数が多いので、けっこう手間の掛かる作業なんです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_13124607.jpg

タイベルを掛けたら 張り調整 をしていきます。
まずはクランクプーリーに工具をセットして回らないように固定します。
続いてフロントバンクのEXカムプーリー(右下)から順番に、
赤矢印 方向の力を掛けてタイベルの緩みをなくします。

最後にリアバンクのEXカムプーリーに力を掛けたままの状態で、
緑矢印部 のテンションプーリーのボルトを緩めます。
プーリーはスプリングの力で矢印方向に引っ張られるので、
最後の緩みがなくなるわけです。
緩みがなくなったらボルトを締付けます。

この時テンションプーリーを指で押したりするのはNGなんです。
あくまでもスプリングの力だけで緩みをなくします。
タイベルは緩すぎても、張りすぎてもダメなんですよね~。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_13250478.jpg

タイベルの張り調整が出来たら、
カムプーリーの合せマークを確認します。
こちらはフロントバンクです。
IN・EXプーリーのマークが正対しているのでOKですね。
コマズレがあるとマークの位置もズレてますので・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_13293149.jpg

こちらはリアバンクです。
やはり両プーリーのマークが正対しているのでOKですね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_13321357.jpg

続いてはタペット調整です。
正式名称はバルブクリアランス調整ですね。(笑

これもけっこう時間が掛かる作業になります。
なんせバルブは24本もありますからね~。
専用工具とシクネスゲージを使って1本1本調整します。
基準値になったらロックナットを規定トルクで締めて再測定。
ロックナットを締める時にズレちゃうことがあるんです。
ズレてしまってたら再度調整のやり直しです。

基準値になったかどうかの判断は、
シクネスゲージを抜き挿しした時の手ごたえのみなんです。
なのでかなり経験が物を言う作業となります。

距離が出たエンジンだとこのクリアランスが広がって、
ガチャガチャといったノイズの原因になるんです。
ところがこの作業もエンジンを降ろさないと出来ないんです。

リアバンクはかなり狭いスペースにあるので、
車上で調整しようにも工具の振り幅がとれないんですよね。
私は1度だけ車上でやったことがありますが、
「もう、2度とやりたくない!」って思いました。
毎回言ってますが、工賃100万円ならやっても良いですけど。(笑




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_14021879.jpg

タイベルカバーを装着していきます。
パッキンが新品に交換してありますので、
ハメていくのがけっこうキツイです。
水等が浸入しないように、キツキツになっているんです。
これも車上だとかなり厳しいと思いますよ~。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_14053827.jpg

最近はパッキンにけっこうバリが残ってることが多い。
成型用の型が古くなってるからなのか、
パートのおばちゃんが手を抜いているのかはわかりませんが。(笑
ハメ込む時に支障となる部分は修正しておきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_14085687.jpg

ウォポンの排出口部分のパッキンもちゃんとハマってます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_14103031.jpg

今回もタペットカバーとトップカバーを赤に塗装しました。
オーナーさんのご希望でちょっと暗めの赤にしています。
プロの職人さんに依頼しましたので、キレイに仕上がってますね。
ウチでは結晶塗装(チヂレ塗装)は無理なんで・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15013304.jpg

純正の新品クラッチを装着します。
NSXは純正でツインプレートなんですよね。
そのため少々パワーアップしても、
全然問題ないぐらいの耐久性があるんです。

そのため当店では純正クラッチをオススメしています。
半クラなどの扱いやすさは純正が一番ですので・・・
メタル特有のガツンと繋がるフィーリングを望まれる場合は別ですが。

いつものように特製のSSTを使ってディスクの位置出しです。
ツインプレートは2枚のディスクのスプラインが、
ちゃんと揃っていないとMTをハメる時に苦労するんですよね。
純正のインプットシャフトを加工したSSTですのでバッチリです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15110631.jpg

純正クラッチは装着後に イニシャライズ という作業が必要です。
ツインプレートですので、
ディスクの摩耗に合わせてミッドプレートが移動する構造なんです。
フライホイールのウラ側からM5のボルトをネジ込んでリセットします。
これをしないと切れ不良とかの不具合がでちゃうことも・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15161651.jpg

あまり汚れはヒドくありませんでしたが、
クラッチハウジング内部も洗浄してあります。
レリーズフォーク等も新品に交換していますよ。
もちろんオイルシールもね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15181205.jpg

MTをエンジンに合体させて、サブフレームに載せます。
塗装したタペットカバーに、
キズや汚れが付かないように養生してあります。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15200586.jpg

エンジンがサブフレームに載って安定したタイミングで、
新品のクランクプーリーをハメてボルトを締付けます。
かなりの高トルクで締めるので、安定していないと危ないんですよね。
もちろん2人がかりじゃないと締められません。

NSXはクランクプーリーのトラブルも多いんです。
センター部分と外周部分がゴムで溶着されているんですが、
古くなってくると溶着が剥がれて、プーリーがバラけてしまうんです。
まあ、この現象はNSXに限ったことではありませんが・・・
年数の経ったプーリーは危険度が高いですから、
このメニューでは交換必須の部品に含めているんです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15293641.jpg

クラッチのスレーブシリンダーも交換します。
油圧系のトラブルもけっこう多いですからね~。
ブーツも新品に交換してあります。
まだ装着してませんが、ホースももちろん交換です。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15315842.jpg

ドライブシャフトのハーフシャフトも新品です。
上側が付いていたシャフトで、下側が新品になります。
シャフト本体の太さが違うのがわかりますかね?

新車時に装着されたシャフトはMTもATも約30.5φ。
現在の新品のMT用シャフトは約34φになってます。
AT用は今でもそのままの太さらしいですけどね。

都市伝説で「アキュラのシャフトは細い」ってのがありましたが、
国内クーペも初期型は細かったってことなんです。
このシャフトが折れたって話しは聞いたことがないので、
細いままでも問題はないとは思いますが・・・
まあ、太くなるのにこしたことはないので、新品に交換しました。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_15590883.jpg

ドライブシャフトも左右ともに新品にします。
ブーツを新品交換するオーバーホールも出来るのですが、
それだとアウター・インナーのジョイントは古いままになります。
中のグリスは入れ替えますが、ガタが出てたらどうしようもありません。

新品シャフトに交換すると、MT車だとけっこう体感出来るようです。
アクセルの微妙なオン・オフ時に違いがあるそうです。
こちらも部品が出るうちにということで交換を推奨しています。
今後こういった理由での部品交換も増えてくるでしょうね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16054649.jpg

ドライブシャフトを装着!




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16063399.jpg

ハブベアリングも新品に交換します。
もちろんハブ本体も新品ですよ!
ハブをベアリングに圧入して・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16081217.jpg

ナックルに装着!
この後ブレーキを復元します。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16104575.jpg

ウォーターパイプを復元。
ノックセンサーとハーネスは新品交換です。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16115771.jpg

サーモスタットも交換します。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16125030.jpg

ドンドンと復元作業を進めていきます。
サーモセンサー等も交換します。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16141775.jpg

スプールバルブも新品に交換しました。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16172297.jpg

フロントバンク側はスプールバルブだけでなく、
油圧計センサーや水温センサーも交換します。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16191001.jpg

インジェクターも新品に交換しました。
現物の洗浄って方法もありますが、
こちらも部品があるうちにってパターンですね。
デリバリーパイプは洗浄してあるのでキレイになってます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16223459.jpg

洗浄後に出番待ちをしていたサージタンクを装着して、
インジェクターも装着します。
フューエルホースも新品にしてあります。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16244287.jpg

細かい水廻りのホース類も新品に交換。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16273203.jpg

ラジエターホースやヒーターホースも交換です。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16290267.jpg

イグニッションコイルも新品に交換しました。
これも部品があるうちにって面もあるのですが・・・
古くなったイグニッションコイルは失火をしていなくても、
着火性能が落ちてきているんですよね。
そのため新品に交換するとレスポンスが良くなったりします。
まあ、これはNSXに限ったことではありませんが。
もちろんプラグも新品にしてますよ。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16335659.jpg

新品パッキンに交換してコイルカバーを装着。
パッキンの装着位置を間違えないようにね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16354121.jpg

補機類の復元がほぼ完了しました。
これからサブフレームごとボディーと合体させていきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16371459.jpg

無事にボディーとドッキング完了!
ここからさらに復元作業を進めていきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16383558.jpg

社外のEXマニに交換してあったのですが、
O2センサーの取り廻しがけっこうアバウトだったんですよね。
ヒートチューブで耐熱処理をして取り廻しておきました。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16410909.jpg

エクスパンションタンクも新品交換です。
古くなってくると本体が黄ばんできて、
中の冷却水の量が確認しづらくなってくるんですよね。
樹脂製ですので割れてしまうこともあったりしますので・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16441606.jpg

コーヨー アルミラジエター!

純正のラジエターはタンク部が樹脂なんです。
古くなったら樹脂が割れたり、接合部から漏れたりします。
アルミラジエターならその心配はありませんね。
それに純正品よりお安かったりしますし。(笑

電動ファンはシュラウドごと移植します。
若干の加工が必要ですけどね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16552983.jpg

ボンネット内のヒーターホースも交換してます。
クラッチのマスターシリンダーもね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_16564796.jpg

腹下に隠れている3本のホースも交換です。
これで水廻りのホースは前から後まで全て交換となりました。

ここのホース交換はけっこう大変なんです。
狭いスペースに隠れてますので、力が入れにくいんですよね~。
しかも新品のホースはキツキツですので、力業でいくしかない!!
3本のホースを交換しただけでヘトヘトになります。(笑




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_17014172.jpg

フューエルフィルターも新品交換!
もちろんホースも!!




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_17025057.jpg

バキュームユニットのホースも交換。
いつものように知恵の輪と格闘しました。(笑




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_17041033.jpg

油脂類を注入したらエンジン始動!
いつもながら緊張する瞬間です。(笑
赤いカバーがカッコイイですね~。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_17072786.jpg

コンプライアンスピボットロアバー!

TypeRにのみ標準装着されている補強バーです。
初期型に装着するとエアコンのパイプと干渉するとのことでしたが、
前回のエアコン修理時に後期のパイプに交換してましたのでセーフ!




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_17131839.jpg

アームの付け根は 1G締め をします。
足廻り関連の作業ではお馴染みですね。

最後にアライメント調整をして完了です。

この度はご依頼ありがとうございました。


今回のエントリーで何度も触れましたが、
NSXも部品の供給体制に不安が出始めてきました。
21年の4月に純正部品の大幅な価格改定がありました。
中には倍以上の価格になった部品もあるんです。

ただ値上げをするってことは継続生産の証しと思ったのですが・・・
生産を停止(つまり廃番)した部品も出始めたようです。
メーカーが行っていた「リフレッシュプラン」も、
受付を中止したそうです。

こうなると廃番部品の増加が加速するかもしれません。
今までは「リフレッシュプラン」のために、
部品を作り続けていた可能性も否定できませんからね。

オーナーさんは部品があるうちに手を入れておいたほうが良いかもしれません。
廃番になってからでは、やりたいことも出来なくなりますので。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 後編!!_d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2022-06-28 18:04 | NSX | Comments(0)

エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!

当店での NSX の定番作業の一つが、
エンジン降しメンテナンス です!
元々はタイミングベルトを交換するためにエンジンを降ろすので、
そのついでにイロイロとやっておくという作業でした。

NSXの年式も年式となり怪しい部分が目白押しで、
年々交換部品が増えていき、
今ではタイベル交換がオマケのような作業になってます。(笑

車上でのタイベル交換は100%出来ない作業ではないのですが、
エンジンを降ろしてやるのとでは確実性が大きく異なります。
NSXはミッドシップのためエンジンルームの開口部が狭いんです。
それに加えてタイベルがメチャ長い!
その長いベルトを狭い空間で交換しようとすると、
ベルトのコマズレや汚れや油分の付着というリスクがあるんです。
そのため当店ではエンジンを降ろして確実な作業をしています。

タイベル・ウォーターポンプ・ゴム関係の基本的な部品に加えて、
最近では各種センサー類やインジェクター・IGコイル等、
交換部品がドンドン増えていってます。
その分、金額も膨らんできてるんですが・・・(笑

現在NSXの純正部品の供給は、
他メーカーの同年代のクルマに比べると安定しています。
廃番部品のオンパレードって車種もありますからね~。
まあ、NSXでも廃番になってる物もありますが。

しかし、現在のような安定供給がいつまで続くかはわかりません。
なので部品が出るうちに替えておこう!って一面もあるんですよね。
廃番になってからでは遅いですから・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_15515624.jpg

以前にエアコンのレトロフィット修理や、
ダッシュ加工でのオーディオ装着でご紹介したクルマです。


このお客さんは・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_15573320.jpg

兵庫県 からのご来店でした。
遠方から何度ものご来店ありがとうございます。
NSXは県外からの方が多いんですよね~。
地元にNSXの作業をしてくれるお店が無いんだとか?
なんせディーラーでもイヤな顔をされるそうで・・・(笑




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16004656.jpg

またまた、お土産をいただいちゃいました。
お気遣いありがとうございます。


さて、それでは作業の紹介です。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16020155.jpg

いきなりエンジンが降りてます。(笑
エンジンとMTが合体したまま、サブフレームごと降ろしてます。
いつもの専用台車に載せた状態ですね。
台車にはコマが付いているので、移動も可能なんですよね。
まずはこの状態で一次洗浄を行います。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16063799.jpg

洗浄前に現状の汚れをチェック!
こちらはリアバンクの側面になります。
オイル滲みによってけっこう汚れてますね~。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16110547.jpg

ヘッド後面です。
タペットカバー周辺からオイルが滲んでますね。
スプールバルブも怪しいです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16123812.jpg

続いてフロントバンク側面です。
こちらもそれなりに汚れていますね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16133647.jpg

フロントバンクの後面は装着されてる部品が多いんです。
その分、オイル滲みの可能性も・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16153636.jpg

クランクプーリーを外すと、
オイルポンプ部にも汚れが溜まってますね~。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16164537.jpg

サージタンクやウォーターパイプを外すと、
ブロック上面が見える状態になります。
いつもはココに枯れ葉があるんですが、今回はありませんでした。(笑
ただ、汚れは溜まってますね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16191894.jpg

ヘッドは分解しませんので、
インテークポートは手の入る範囲で汚れを拭いておきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16205625.jpg

外したサージタンクは分解して洗浄します。
いつものようにチャンバー部にオイルが溜まってますね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16224704.jpg

EGRポートはカーボンで真っ黒けです。
このカーボンを除去するのは、けっこう手強いんですよね~。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16241441.jpg

洗浄が完了したサージタンクです。
6枚のバタフライバルブは固定ネジが緩んでいることがあるようなんです。
ウチでは経験がありませんが、念のため増し締めをしておきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16265080.jpg

真っ黒けだったEGRポートもキレイになってます。
ただ、ここまでキレイにするにはかなり時間が掛かります。
いつも言ってますが・・・
オーバーホール等で一番時間を取られるのが洗浄作業なんですよね。
長年かけて溜まった汚れは、簡単には除去できないんです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16294567.jpg

サージタンクを組付けておきます。
作業後半の組付け時まで、出番待ちとなりますがね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16313669.jpg

エンジンとMTをサブフレームから降し分離します。
クラッチハウジング内の汚れは、さほどひどくはありませんね。
インプットシャフトもサビてはいませんでした。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16333403.jpg

エンジンとMTが降りたサブフレームは、単体で洗浄します。
ちょっと前に導入した新兵器のおかげでかなりキレイになりますね。

この時点でボールジョイントブーツも交換しておきます。
ただ、NSXはボールジョイントを抜くのが大変なんです。
かなり硬く勘合されていて、少々では抜けないんですよね~。
今回は何とか抜くことが出来たので一安心。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16393602.jpg

エンジン単体でエンジンスタンドにセットします。
以前はクラッチ交換とかでMTを分離しない場合は、
サブフレームごと台車に載せたままの状態で作業していました。
現在は必ずエンジン単体でスタンドにセットして作業を行っています。
その理由は追々説明しますね。

スタンドにセットした後にも再度洗浄します。
この状態だとより細かい部分まで洗浄できますからね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16445528.jpg

ウォーターポンプは改良型の物に交換してありましたが、
タイベルカバーの穴の部分のパッキンが無くなってますね。
これだとカバー内部に水などが浸入しちゃいます。
前回の作業時に付け忘れたんでしょうかね~?




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16481000.jpg

タペットカバーを外した状態です。
ヘッドの内部は比較的キレイな状態ですね。
NSXのオーナーさんはメンテをちゃんとしてる方が多いので、
あまりドロドロになってるヘッドは見かけませんね。

オイル交換をサボってるクルマだと、
真っ黒けっけで触りたくないような状態もありますからね~。(笑




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16515943.jpg

タイベルカバーを外すとタイベルがお出ましに!
これ、1本物のベルトなんです。
どうです?かなり長いでしょう!?

この長いベルトを車上で交換するのは、やはり無理があります。
自分のクルマをプライベートで、
チャレンジしてみるのは良いかもしれませんが・・・
仕事として工賃をいただいてやるにはリスクが大きすぎます。
確実な作業を行うためにも、エンジン降しは必須なんです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_16565715.jpg

はい、いつものオカルト系です。(笑
クランク角センサーの樹脂が熱で溶けだしちゃってます。
この状態でも作動に問題は無いようなんですが・・・
さすがにコレを見ちゃうと、
再使用は精神的にもよろしくありませんね。

で、この溶け出した樹脂はアチコチに飛び散っているんです。
すでに固まってしまってますから、除去するのも大変なんです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17022110.jpg

カムプーリー等にも樹脂が付着していますので、
キレイに除去して洗浄しておきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17035626.jpg

カムホルダーを外してカム本体も外します。
通常のタイベル交換では、カムまで外すことはありません。
NSXならではの要因があるのですが、また後ほど・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17060544.jpg

カムを外すとロッカーアームが見えてきます。
ロッカーアームはVTECで大きな役割を担っています。
そのあたりにカムを外す要因があるんですよね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17082288.jpg

写真の下側にハネ上げてあるのでロッカーアームで、
1気筒あたりIN・EXそれぞれ3本ずつがセットになってます。
両側の幅が狭い2本のアームが低速用で、
作用角の小さい低速用のカム山に押されています。

真ん中の幅が広い1本のアームが高速用で、
作用角やリフト量の大きい高速用のカム山に押されています。
低速時は3本のアームがバラバラに動いています。
両端の低速用アームはバルブを抑える役目もしています。
高速用アームは低速時はフリーの状態で何も仕事をしていません。

VTECが高速側に切替わると、
アームに内蔵されたピストンが油圧で移動して3本を連結します。
カム山の大きい高速用カム山に押されている、
高速用のアームに低速用のアームも同調することになります。
なのでバルブを抑える量が増えて高速カムになるんです。

低速用のアームはバルブを押していますので、
常にバルブスプリングの反力が掛かっています。
VTECが切替わって連結しようとした時に、
アームの位置が合わないとピストンが移動できないんです。
そのために高速用アームにも反力を掛けておく必要があるんですよね。

それが 緑矢印部 のロストモーションスプリングなんです。
この部品を交換するために、カムやアームを外す必要があるんです。
何故、交換が必要なのかといいますと・・・




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17295338.jpg

ロストモーションスプリングは改良型に変更されているんです。
写真の下側が初期型に装着されていた物です。
スライドするケースの中にスプリングが仕込まれた凝った造りです。
なんせバブルの頃に開発されたクルマですからね~。

上側は後期になって採用された改良型です。
スプリングの上下にキャップをハメただけのシンプルな構造です。
でもスプリング自体を比較してみると、
巻きも大きくなって長さもかなり違いますよね。
スプリングの強さや耐久性の違いは一目瞭然です!

実際に旧タイプはある程度の距離になると、
スプリングがヘタってガチャガチャと異音が発生していたんです。
ただ後期用のスプリングは寸法が異なっていたので、
前期にそのまま流用することは出来ませんでした。

現在は前期用も改良型の部品に変更されているんです。
なのでロストモーションの交換がメニューに加えてあるんです。
シンプルな構造で耐久性の高い部品があるなら、
それを使わない選択肢はありませんよね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17431211.jpg

バルブスプリングの間にヒョコッと見えているのが、
旧型のロストモーションププリングです。
これを交換するにはロッカーアームを外さないといけないんです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17455155.jpg

外したロッカーアームは洗浄しておきます。
右側が洗浄後で、オイルの汚れがキレイになってます。
上に写っている円筒形の物が連結を担うピストンですね。

アームはバラバラにならないように輪ゴムで留めておきます。
もちろん装着位置もちゃんと元通りになるようにしておきます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17500918.jpg

ロストモーションがハマっていた穴にはオイルが溜まっています。
ヘッド上面には他にもアチコチにオイル溜まりが有ります。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17515168.jpg

オイル溜まりの底にはヘドロのような汚れが・・・
こまめにオイル交換をしていても、
こういった部分に溜まったオイルは抜けませんからね~。
ある程度仕方がない部分ではあります。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_17542157.jpg

スタンドにセットしたエンジンを逆転させます。
この状態にするのには2つの理由があります。

まず1つ目はオイルパンの交換です。
エンジンが正立した状態だと、
ブロックの内壁を伝ってオイルが垂れてくるんです。
そうなるとパッキンの装着面にオイルが付着した状態になるんです。

エンジンが逆転した状態だとオイルが垂れてくることはありませんので、
ブロック底面のパッキン装着部を完璧に脱脂できるんですよね。
完全脱脂の状態とオイルが付着した状態だと、
後々のオイル滲みに差が出るのは明白ですからね。
もちろんストレーナー等も外して洗浄しますよ。
Oリング等も新品に交換します。

2つ目の理由は・・・
この状態でヘッドの上面を洗浄するんです。
例のヘドロ等をパーツクリーナー等で除去するんですが、
洗われた汚れや廃液は全部下に落ちてくれます。
そのためヘッド上部に汚れが残らないんですよね~。

エンジンを逆転させるのも、確実な作業のためなんです。
そのためにエンジンはスタンドにセットする必要があるんです。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_18082341.jpg

クランクのリアオイルシールも交換します。
リアシールはMTやATを分離しないと交換できません。
これの交換もスタンドにセットする理由の1つでもありますね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_18114610.jpg

T3TECアルミ製オイルパンパッキン!

NSXの純正パッキンはゴム製なんです。
で、そのパッキンがとんでもないシロモノでして・・・
オイルパンのボルトを規定トルクで締めると、
変形してムギュ~とハミ出してきちゃうんです。

そのためハミ出さないように少しずつ締めていきます。
規定トルクで締められませんから、
当然ながら締付け強度は不足してしまいます。
するとオイル滲みの原因になるんです。

このパッキンは純正品とは異なり、
両面に液体パッキンを塗って装着するようになります。
アルミ製のパッキンは規定トルクで締めても変形しませんので、
締付け強度の不足も解消されます。
ゴムのパッキンとは大きく差が出ちゃうんですよね。

4A-Gなんかは元々パッキンが存在しておらず、
液体パッキンのみで装着する構造なんですよね。
ただ、液体パッキンは剥がす時に苦労しますが・・・(笑




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_18230007.jpg

オイルパンも新品に交換しました。
洗浄して再使用でも問題ないのですが・・・
締付け部分に歪みが出て変形していることがあるんです。
そのため新品に交換したほうが間違いありません。
さほど高価な部品ではありませんしね。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_18255978.jpg

ヘッド上部もキレイになってます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_18264524.jpg

ヘドロもキレイに洗浄されていますね。
さて、ここから組付け作業に入るのですが・・・

長くなりましたので 後編 に続きます。




エンジン降しメンテナンス!★NSX★ 兵庫 K・N様 前編!!_d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2022-06-28 18:03 | NSX | Comments(0)

進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★

毎日ジメジメした日が続いてますね~。
雨が降っていない日でも、気温以上にムシ暑さを感じちゃいます。
まあ、梅雨が明けたら明けたで猛暑なんでしょうけど・・・


さて本日は進化剤のネタを4台まとめてご紹介します。
まず1台目のクルマは・・・


ZC33S スイフトスポーツ!




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_13492821.jpg

もう何度もご紹介しているクルマですね。
本日の施工は・・・




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_13502103.jpg

当店の夏の風物詩! エアコン進化剤!!

今年もエアコン進化剤の季節がやってきましたね~。
このクルマは何と 5回目 の施工となりました。

進化剤をエアコンに施工すると、コンプレッサーの抵抗が減ります。
エアコンがONになった時のパワーダウンが抑えられるんです。
特に低速トルクの細いクルマには効果絶大です。

これからエアコンが大活躍する季節ですね。
先取りで準備しておくのもアリだと思いますよ!
エアコン進化剤で暑い夏を乗り切りましょう!!


2台目のクルマは・・・


BMW320dツーリング!




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_14002431.jpg

エンジンに 3回目 の施工となりました!
当店オリジナル進化剤ステッカーGETです!!
パチ、パチ、パチ~~~~~!!!

以前に乗っていたステージアや、
エッセでも3回施工達成していますので、
これで3枚目のステッカーGETになりました。




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_14110937.jpg

エアコンには 2回目 の施工となりました。
やはり 風物詩 を欠かすわけにはいきませんね。(笑

このクルマは注入口がかなり奥まったとこにあります。
そのため機材をセットするのがやりにくいんです。
車種によって差があるんですよね~。
先ほどのスイフトはメチャ簡単なとこでしたけどね。


3台目のクルマは・・・


TV1 サンバーパネルバン!




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_14180205.jpg

エンジンに 4回目 の施工となりました!
スバル製のサンバーですので、リアエンジンなんです。
そのためリアバンパーを開けての施工となります。

現在のサンバーはダイハツのOEMになってます。
なのでエンジンは他の軽トラ同様のシート下なんですよね。
今でもリアエンジンのサンバーは人気が高いようです。

働くクルマですので進化剤施工で燃費が良くなれば、
経費が抑えられてGOOD!
なんせガソリン価格が高いですからね~。




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_14230326.jpg

MTには 5回目 の施工となりました!
エンジンよりも1回多くなってますね~。
じつは前回エンジンは NT-1 を施工したんです。
なのでMTのほうが1回多いというわけです。

最初にやったMT施工で、
シフトがスコスコになって超ビックリしたそうです。
それ以来ヤミツキになっちゃったんです。(笑


で、このお客さんは・・・




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_14294285.jpg

大阪 からのご来店でした!
遠方から何度ものご来店ありがとうございます。


進化剤のドロ沼からは抜けられません!


本日ラストのクルマは・・・


デリカD:3!




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_14342519.jpg

エンジンに初めての施工となりました!
今回は車検でのお預かりだったんです。
オイル交換もしたので、一緒に進化剤も!ってパターンです。


進化剤のドロ沼へようこそ!




進化剤施工!★スイフトスポーツ★BMW320d★サンバー★デリカD3★_d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2022-06-21 14:45 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!

全国が梅雨入りしましたね~。
近年はこの時期にどこかで豪雨災害が起こってます。
今年は大きな災害が無いといいのですがね~。
先日も関東周辺で大粒の雹が降ってましたね。
クルマのボンネットが凹んだり、ガラスが割れたり、
自然の驚異は本当に恐ろしいです・・・


さて、本日はリジカラ装着作業のご紹介です!
クルマは・・・


SJG フォレスター!




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17183966.jpg

先日ショック・サスの交換でご紹介したクルマですね。

この型のフォレスターへの装着は当店では初となります。
ってことは、

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
 アライメント調整が半額!


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html

適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17204988.jpg

まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

スバルの水平対向エンジンは縦置きになってます。
そのためFR車と同じようにクロスメンバーでエンジンを支えており、
このクロスメンバーがサブフレームとなります。
ロアアームやステアリングラックが固定されているという点は、
FF用サブフレームと同じですね。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17255525.jpg

いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
サブフレームをボディーに固定している部分に装着します。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17312725.jpg

フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
ザグリワッシャタイプとザグリ付片側突起タイプが2ピースずつの構成です。

リジカラ1 はサブフレーム上側に使います。
サブフレーム下側に使う リジカラ2 と リジカラ3 は、
突起の有無といった形状が異なっています。
何故かと言いますと・・・




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17340705.jpg

A部 と B部 の違いです。

A部 はボルトと穴の間にほとんどスキマがありませんが、
B部 は一般的な寸法のスキマがあります。
そのため下側用のリジカラは形状が異なっていたんです。

これは A部 で位置出しを行いながらも、
B部 のボルトをハメやすくする工夫なんですよね。
工場での組み立て作業をやりやすくしているんだと思います。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17442926.jpg

まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
下側はスキマがありませんでしたので、
突起の無いザグリワッシャを使います。

フォレスターは高めの車高で、サスのストロークを稼ぐため、
ボディーとサブフレームの間にスペーサーが挟まれています。
上側のリジカラはサブフレームとスペーサーの間に入れます。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17511988.jpg

いつものように上側のリジカラはボディー側に貼り付いています。
上向きの突起がスペーサーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。

下側はザグリワッシャタイプですので、ボルトにハメておけばOK!

今回もミスリル施工をしています。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ます。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17541794.jpg

続いて B部 の図解です!

上側は先ほどと同じですね。
下側はスキマがありましたので、
ザグリ付片側突起タイプを使います。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17562748.jpg

やはり上側のリジカラはボディー側に貼り付いています。
下側も突起がサブフレームの穴にハマってます。

4ヶ所が同時にハマった状態になったらボルトを本締めします。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17585015.jpg

本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_17595330.jpg

続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

サブフレームをボディーに固定しているポイントになります。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_18014183.jpg

リア用のリジカラです!
3種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
片側突起タイプが2種類で6ピースの構成です。

ただし リジカラ2 のうちの2ピースと、
リジカラ3 は選択使用となります。
なので実際に使用するのは8ピースとなります。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_18060367.jpg

リアの図解です!

B部 の下側が選択使用のポイントだったのですが、
今回は突起の大き目だった リジカラ2 が適合しました。
ですので4ヶ所とも同じ構成となります。

リアはボディーとサブフレームの間に、
ストッパーという部品が挟まれています。
名前が違うだけでフロントのスペーサーと同じ役目の部品です。

こちらは上側のリジカラはボディーとストッパーの間に使います。
と、言いますのもストッパーはブッシュのインナーカラーに、
けっこうキッチリとした寸法でハマっているんです。
なのでボディーとストッパーのセンターを揃えるわけです。

下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_18164161.jpg

まずは A部 の上側の写真です!

上下共に突起が短かったので、
狭いスペースでの作業が要求されます。

ストッパーがボディーに密着する寸前で一旦上げるのを止めて、
上下の突起が各々の穴にハマっているかを確認する必要があります。
もしズレた状態でボルトを締めちゃうと、
突起がツブれてしまってリジカラが台無しになってしまいますので。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_18211444.jpg

下側の写真です!

ここはガセットプレートが共締めになっています。
突起がサブフレームの穴にハマった状態ですね。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_18225608.jpg

続いて B部 の上側の写真です!

先ほどと同じ状態になっています。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_18242449.jpg

続いて下側の写真です!

ここはワッシャ状のプレートが共締めになります。
やはり突起がサブフレームの穴にハマってます。

4ヶ所が同時にハマった状態になったらボルトを本締めします。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_18263948.jpg

本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
オマケでプレートにも塗ってあります。
ガセットプレートはボックス形状でしたので、
ウラ面に塗っておきました。

最後にアライメント調整をして完了です!


この度はお買い上げありがとうございました。




リジカラ装着!★SJG フォレスター★ 初装着車!!_d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2022-06-18 16:42 | リジカラ | Comments(0)

エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!

先日ベイスターズの今永投手が、
ノーヒット・ノーランの快挙を達成しました。
四球を一つ与えただけの準完全試合でした。

球団では52年ぶりなんだとか・・・
どうりで記憶に無いわな~。
平松さんとか遠藤さんとか、
私が子供の頃のエース投手もやってないんですね。

今シーズンでは佐々木投手の完全試合を含めて3人目。
セリーグでは2020年のヤクルト小川投手以来だそうです。
ちなみに小川投手にノー・ノーされたのはベイスターズでした。(笑

後半戦に向けて今永投手のさらなる活躍に期待しましょう!


さて、本日は旧車メンテナンスのご紹介です。
クルマは・・・


GA70スープラ!




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_15350327.jpg

もう何度もご紹介しているキレイなスープラです。
ボディーなんかは40万kmオーバーとは思えません。
オーナーさんの愛情が感じられますね。


でも、いくらボディーがキレイでも、
やはりアチコチにガタが来るのは避けられません。
以前より走行中に振動と異音が発生していまして・・・
原因となりそうな部分に手を入れてはいるのですが。

距離が距離ですので怪しい部分も多すぎて・・・(笑
一つ一つ可能性をツブしていってる状態ですね。
症状の解消を目指しているのもそうなんですが、
長く乗るためのメンテナンスという面もあるんですよね。

今回、可能性として浮上したのがエンジン&MTマウントです。
マウントはエンジンやMTの振動を吸収する部品ですので、
ヘタってくると振動がボディーに伝わってしまう可能性はあります。

で、部品を検索したのですが、GA70用は廃番!(涙
しかしMA70用ならまだ新品が有ることが判明。
おそらく形状は同じだろうということで流用決定です。

2リッターの1Gエンジンに対して、
3リッターの7Mエンジン用ですので、若干硬いかもしれません。
当時は新世代エンジンだったスリムな1Gエンジンに比べて、
古くから使われていたM系エンジンですので重いでしょうからね~。
でも、ヘタったマウントよりははるかにマシだと思います。

ちなみにエンジンの重量を調べてみたら意外や意外・・・
1GーGTEUの186kgに対して、
7MーGTEUは207kgと20kgほどしか違いませんでした。
NAの1GーGEUは160kgなんで、
2個のタービンとかで重くなってるんですかね~?





エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17063785.jpg

マウントをブラケットごと外します。
予想通りマウントの形状は同じでしたね。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17074220.jpg

新品マウントとの比較です。
写真ではマウントは水平に置いてますが、
実際には45度ほどナナメになった状態で装着されます。
そのため 緑矢印 の方向でエンジンの荷重が掛かります。

取り外したマウントはゴムがヘタっちゃって、
下側(写真右側)に傾いていますね。
厚みもけっこうツブれています。
新品のほうはヘタリを考慮してあるのか、
予め反対方向(写真左側)に若干傾けてあります。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17152322.jpg

傾いているだけでなく、
上側はゴムが剥がれかかっていました。
赤矢印部 にスキマがあるのがわかりますかね?
鉄板とゴムの溶着が剥がれちゃってるんです。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17182909.jpg

エンジンマウント装着完了!
ブラケットはサビや汚れがあったので、お色直しをしておきました。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17202454.jpg

続いてはMTマウントです。
こちらも廃番になっていたのですが・・・
オーナーさんがネットで見つけて段取りされました。
若干形状は違いますが、装着には問題無いでしょうね。

上側のYの字の部分にMTが載っかります。
取り外したほうはゴムがヘタって、
真ん中部分が下側に下がってきていますね。
緑矢印部 のスキマが全然違います。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17261190.jpg

MTマウント交換完了です!


続いてはリアのハブベアリング交換と、
ドライブシャフトのオーバーホール作業です。

70スープラは4輪ダブルウィッシュボーンです。
リアはロアアーム片側2本ずつのボディー側の付け根が、
カムボルトになっており、ここでアライメント調整をします。
このボルトは固着したり、ナメたりすることが多いんです。
そこで新品ボルトに交換する予定で段取りしていました。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17314661.jpg

やはりブッシュのインナーカラー内部はサビサビです。
残念ながらブッシュもアームも廃番なので、
サビをキレイに落として再使用となります。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17344216.jpg

挿しこまれていたボルトもご覧の通り。
左右各1本ずつは何とか抜くことが出来たのですが・・・




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17362137.jpg

もう1本が全く抜けません!
回そうとしても全く動きませんし、
大ハンマーでブン殴ってもビクともしません。
かなり強力に固着してしまっているようですね~。(涙

こうなるとボルトをカットしてアームを救出するしかありません。
以前にパジェロで同じことになってましたね。
パジェロの時はアームも新品に交換したのですが、
今回はアームが廃番ですで交換出来ません。

そのためさらに慎重に作業をして、何とか救出!




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17423348.jpg

外したアームからプレスを使って、ボルトの残骸を抜きました。
かなり固着していたので、
プレスもけっこうな圧を掛けないと抜けませんでした。
そりゃ、大ハンマーじゃ太刀打ちできませんわ・・・(笑

もちろんインナーカラー内部はサビ落しをしておきます。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17463349.jpg

片側2本ずつのカムボルト交換完了です。
これでアライメント調整も可能となりました!




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17481977.jpg

ハブベアリングを交換するのには、
ナックルを外さなくてはいけません。
バックプレートもナックルもかなり汚れが溜まってますね~。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17502815.jpg

外したナックルは洗浄して汚れを落とします。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17515099.jpg

ハブベアリングを新品に打ち替えます。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17533311.jpg

オイルシールも新品に交換して、
洗浄したバックプレートを装着します。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_17551187.jpg

ハブ本体は廃番でしたので、再使用するしかありません。
幸いにもベアリングに圧入されるシャフト部分は、
段付き摩耗とかも無く一安心。

シャフト部以外はかなりサビがヒドイ状態でしたので、
キレイにサビ落しをしておきました。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_18012457.jpg

ドラシャが挿しこまれるスプライン部分も、
かなりサビサビでしたのでキレイにしておきました。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_18034023.jpg

ハブベアリングにハブ本体を圧入します。
緑矢印部 にもブッシュが圧入されています。
このブッシュはまだ部品があったので、新品に交換しました。
有るうちに交換しておかないとね。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_18151420.jpg

ナックルを装着!
アッパーアームのボールジョイントブーツも新品交換!!




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_18195409.jpg

続いてはドライブシャフトのオーバーホールです。
オーナーさんが予備用にと後期用の中古シャフトをネットで購入。
並べてみたところ違いは無いように見えます。

スプラインがサビているのが、付いていた前期用。
シャフト部に黄色の紙テープを貼ってるほうですね。
ただ、品番は異なりますので、どこが違うのかと言いますと・・・




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_18252213.jpg

スプライン先端のネジ部のサイズが違うんです。
後期用はネジのサイズがアップされてます。
強度的にはこちらのほうが良いでしょうから、
後期用をオーバーホールすることになりました。
スプラインのサイズは一緒でしたので、装着には問題ありません。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_11072414.jpg

ジョイント内部の古いグリスは洗浄して除去。
新しいグリスを詰めて、新品ブーツに交換しました。

FF車に比べればブーツが破れる頻度は少ないんだけど、
やはりゴム製品ですので経年劣化は避けられませんからね。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_12000676.jpg

ドライブシャフトを装着!
アーム類も復元します。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_12034248.jpg

ブレーキを復元したら、ハブベアリング交換完了です。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_12063401.jpg

アームの付け根にはブッシュが付いていますので、
1G締め で本締めをします。

これをやらないとブッシュにヨジレが出ちゃうんですよね。
タイヤを接地させて車重が掛かった状態、
いわゆる 1G状態 で締めないといけないんです。
リジカラなどの作業でもお馴染みですね。
とても重要な作業なんです。

最後にアライメント調整をして終了です。


この度はご依頼ありがとうございました。




エンジンマウント交換!★GA70スープラ★ハブベアリング等も!!_d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2022-06-10 16:28 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)