外装プチリフレッシュ!★DC2 インテR★ エンブレムも交換!!

ほとんど話題になってませんが・・・(笑

ルマン24時間レース トヨタ2連覇!

中嶋一貴選手も2連覇ですね。
日本人&日本メーカーでは初の2連覇ですね。
今まで日本人で優勝したのは関谷さんと荒さんを含めて3人が1回ずつでした。
なので日本人の2連覇が初っていうのは当然なんですが・・・

日本メーカーとしても初の連覇ですね。
去年トヨタが勝つまではマツダの1回のみじゃったわけで、こちらも当然ですね。
関谷さんが勝った時はマクラーレンじゃったし、
荒さんは日本のチームだったけどマシンはアウディじゃったし・・・

今年もライバル不在で「勝って当たり前!」と言われた中で、
ワン・ツーフィニッシュを飾ったのは立派だと思いますよ!
きっとプレッシャーは凄かったことでしょうね。

で、ルマンの魔物は今年も健在だったようで・・・(笑
残り1時間を切ったところで、トップだった小林 可夢偉組のマシンにトラブル発生!
パンクの警告が出たのでピットインしてタイヤ交換。
ところがセンサー関係のエラーがあったようで違うタイヤを換えちゃったんです。
で、パンクしたタイヤはそのままなんで、スピードが出せずスロー走行。
再度ピットインしてタイヤを4本交換してレース復帰。

でもその間に2位だった一貴組がトップに躍り出てそのままチェッカー!
可夢偉選手は不運で初優勝を逃しちゃいましたね。
レース後のインタビューで冗談めかして「ルマンは嫌いです!」ってコメントが泣けます。
来年こそ優勝できるといいですね、祈ってます。


さて本日は外装のプチリフレッシュ作業のご紹介です!
クルマは・・・



DC2 インテR!



d0156040_17235627.jpg

何度もご紹介したことのあるクルマです!
過去には足廻りのリフレッシュやエンジンオーバーホールもやってます。
年式が年式ですのでメンテナンスに手を入れていかないとね。

今回は外装の細かい部分をリフレッシュしました。





d0156040_17260565.jpg

まずはルーフのモールです!
上が交換前で、下が交換後の写真です。
写真ではわかりにくいですが、交換前はかなり白ボケています。
まあ、樹脂製品の宿命といえば宿命なんですが・・・
新品モールはまっ黒で引き締まって見えますね。






d0156040_17293542.jpg

続いてはドアモール!
こちらも全体的に白ボケて、表面もボロボロでした。
やはり新品モールに交換したことで引き締まって見えます。






d0156040_17311756.jpg

クォーターウインドウのモールもボロボロ!
ところがここはガラスと一体の部品設定なんです。
モール単体で交換できないので、鈑金屋さんで塗装してもらうことになりました。






d0156040_17351820.jpg

フロントバンパーにキズもあったので、一緒に塗ってもらうことに。






d0156040_17361669.jpg

エンブレムも交換しました!
タイプRの証しである 赤バッジ が赤じゃなくなってましたね。(笑
新品はバッチリ真っ赤です!!






d0156040_17383971.jpg

バッジが真っ赤に戻って、タイプRに復活です!(笑
やっぱしバッジとかエンブレムってルックス上の重要なポイントですよね。






d0156040_17414107.jpg

フロントバンパーもキレイになりました!
ボンネットの赤バッジが余計に映えて見えますね!!







d0156040_17432552.jpg

クォーターウインドウのモールもキレイになってます!
ボディーがホワイトなので黒いモールが引き立ってますね。
モールが白ボケてるとクルマ全体がドヨ~ンとしてると言いますか・・・(笑
白と黒のコントラストがはっきりすることで、
クルマが新しくなったようにも見えるので不思議ですね~。


今回のようなモール交換とかのプチリフレッシュもお気軽にご相談ください。
まあ、あまり古いクルマだと部品が廃版になってることもありますが・・・(苦笑
どのメーカーも外装系は真っ先に廃版になっちゃうんですよね~。
いつまでも有ると思うな、旧車の部品! ってとこですか・・・?


この度はお買上げありがとうございました。





d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-06-17 18:00 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

リジカラ装着!★HB25S キャロル★ タコメーターも装着!!

本題に入る前にちょっと珍しいタイヤが入荷したのでご紹介します!





d0156040_12440888.jpg

溝が2本?
それとも山が3本?
何て表現したらいいのか迷うようなトレッドパターンですね。

実はこのタイヤはトラクター用のタイヤなんです。
まあ、普通のクルマ用のタイヤじゃないことは想像つきますよね。(笑
畑や田んぼに合わせたトレッドパターンなわけです。

ウチは田舎のタイヤ屋さんですが、このパターンのタイヤを扱うのは初めてです。
今後も2度と無いかも??(笑




d0156040_12500441.jpg

懐かしの BSマーク! です。
このマークを知っている人は、それなりのご年齢かと・・・(笑
今は  一文字のロゴマークですもんね。




さて本日はリジカラのネタです!
まだまだ溜まってる分もありますし、
さらに作業予定も入っているんで、早めに更新していかないとね。

本日のクルマは・・・



HB25S キャロル!





d0156040_12564169.jpg

スズキのアルトのOEM車ですね。
この型のキャロル&アルトへの装着は当店では初となります。
ってことは、

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
 アライメント調整が半額!


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html

適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。





d0156040_12590692.jpg

まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
Kカーからコンパクトクラスまで国際的なスタンダードになっています。





d0156040_13004482.jpg

いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_13014335.jpg

フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの8ピースになります。

両側突起タイプが2種類で4ピースと、
片側突起タイプとザグリワッシャタイプが1種類2ピースずつの構成です。




d0156040_13042802.jpg

A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使います。

サブフレームに厚みがありますので、下側に突起があっても問題無いんですが・・・
このパターンの車種はサブフレームのシナリが大きいらしく、
そのため上下に突起タイプを使うとボルトが入らない場合があるそうなんです。
初期の30系プリウス用リジカラもその意味で上側のみに装着していました。




d0156040_13113516.jpg

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっています。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側はザグリワッシャタイプですのでボルトにハメておけばOK。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになってましたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。





d0156040_13132918.jpg

B部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。
一番オーソドックスな組み合せのパターンですね。




d0156040_13145860.jpg

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています!
先ほどと同じ状態ですね。
こちらは下側も突起がサブフレームの穴にハマっています。

4ヶ所が同時にハマった状態になったらボルトを規定トルクで本締めします。
この4ヶ所同時に!っていうのが中々・・・
サブフレームのシナリやズレ具合によってけっこう時間を取られるんです。
なのでリジカラ装着作業はけっこう時間が掛かるんですよね。

前後の装着で朝の開店時間から夕方ぐらいまでお預かりするようになります。
スプーンさんのブログでは比較的短時間で装着できるとありますが、信じないでください。(笑
バリの加工とかが必要な場合もありますしね。
というか、加工が必要なクルマのほうが多かったりしますんで。




d0156040_13224711.jpg

本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。




d0156040_13234579.jpg

続いてリアの装着ポイントです!

スズキ車独特の変則トーションビーム式アクスルですね。
トレーリングアームをボディーに固定する部分に装着します。
赤矢印 の部分ですね。

スズキ車独特のトーションビームっていうのは・・・




d0156040_13265535.jpg


ボディーに固定されるトレーリングアームは全車共通の構造で、
横方向に装着されるアクスル部分をFFとFR&4WDで変えてあるんです。
FFの場合はただのパイプ構造で、FRだとホーシングになります。
こうすることでトレーリングアームは共用できますし、
ボディー側の形状も変更する必要はありませんからね。

で、リジカラはトレーリングアームをボディーに固定するボルト(赤矢印部)に装着します。
図ではボルトが車体内側ですが、車種によっては外側の場合もあります。





d0156040_13302501.jpg

ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
とはいえ、他の車種に比べるとスキマは小さめですね。




d0156040_13330252.jpg

またまたお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。
スキマが小さかったので、突起も小さめになってますね。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
大きめのワッシャが付いていない車種ですので、外径はさほど大きくありませんね。
ボディーに密着する部分は他の車種用と同じく小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。






d0156040_13340459.jpg

リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_13344123.jpg

本締め後はボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!
もちろん 1G締め で本締めしてますよ!!

リフトアップした状態の時、トーションビームはブッシュを支点に後ろが下がっています。
つまりブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

まずブッシュのインナーカラーが回転出来る程度に仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろし、クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま、車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

このクルマの場合は装着ポイントが車体内側でしたので、
タイヤを接地させたままドライブオンリフトでリフトアップして本締めします。


最後にアライメント調整をしたらリジカラ装着作業は完了です!



今回はタコメーターも装着しました。



d0156040_13581584.jpg

PIVOT DPT!

アナログのタコメーターに加えて、
水温や電圧を表示するデジタルメーターが組み込まれています。
作動用の信号はOBDカプラーへ接続するタイプです。

AT車なんだからタコメーターはいらないんじゃ?って意見もありますが・・・
昔気質の人はタコが無いと寂しいんですよね~。(笑
なんせ私が免許を取った頃はATといえば一部の高級車のみで、
若者が買えるクルマはMT車オンリーでしたからね。
その頃のイメージが残ってるんでしょう。
なんせオーナーさんは私と同年代ですから・・・
もちろん BSマーク も知ってるでしょう。(笑

当時は免許取立ての女の子でも普通にMT車に乗ってました。
その影響で私の同級生にはMT車しか乗れないってオバさんもいます・・・(笑

そう言えば私が最初に買ったクルマには、エアコンも付いていませんでした。
(当時はクーラーでしたが・・・)
今だったら夏場に乗ってたら死んじゃいますよね。(笑
まあ、当時でもひと夏は我慢できたけど、後付けで装着しましたけどね。


この度はお買上げありがとうございました。







d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-06-15 14:24 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★エッセ★フーガ★タント★ ミスリル施工も!!

この記事をアップしようとしたら・・・
エラー画面が出て、せっかく書いたのがパーになっちゃいました。(涙
記事を投稿する管理画面がリニューアルしてるんですが、
使い慣れた旧画面で投稿を続けてたんです。

でもそろそろ新しいのに慣れないとな・・・・
と思って最近は新画面を使ってるんですが、
たまにエラー表示が出ることがあるんですよね~。
旧画面ではほとんど出ること無かったのに・・・

今までは下書きで保存されてて助かったこともありましたが、
今回は完全に消えてました。
そこで仕切りなおしとなったわけです。
他のブログでもこんなことあるのかな?


さて、本日は進化剤のネタを3台まとめてご紹介します!
ミスリル施工もやりましたので一緒にね。


まず1台目のクルマは・・・




エッセ!



d0156040_15424101.jpg

エンジンに2回目の施工となりました!
オーナーさんはもう1台のステージアにも3回施工していますので、
エッセも複数回施工になるのは当然の流れですね。


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑


さらに・・・





d0156040_15453533.jpg

当店の夏の風物詩! エアコン進化剤!!

エアコン進化剤の季節がやって来ましたね~。
今年の夏も人気爆発が間違い無いんじゃないでしょうか!(笑

進化剤をエアコンに施工すると、コンプレッサーの抵抗が減ります。
エアコンがオンになった時のパワーダウンが抑えられるんです。
特にKカーやコンパクトカーなどの、
元々トルクが細いクルマには効果絶大なんですよね~。
本格的に暑くなる前にぜひお試しください!



2台目のクルマは・・・



フーガ!



d0156040_15500753.jpg

エンジンに 12回目 の施工となりました!

もう、ここまで来るとやらないと気持ち悪いって領域ですかね。
そうです 中毒患者さん なんです。(笑


で、このお客さんは・・・



d0156040_15531871.jpg

福山 からのご来店でした!
県外から何度ものご来店ありがとうございます。


ドロ沼ズッポリ県外組! のメンバーさんですね。(笑




本日ラストのクルマは・・・



タント!




d0156040_15561226.jpg

エンジンに3回目の施工となりました!
当店オリジナル進化剤ステッカーGETです!!
パチ、パチ、パチ~~~!!!

このオーナーさんも、もう1台のアテンザに複数回施工しています。
効果を体感しちゃうと家のクルマ全部に施工したくなるってパターンです。(笑


今回はミスリル施工もやりました!




d0156040_15592074.jpg

まずは メインマフラー に施工しました!

タイコの上側はボディーとのスキマが狭くハケが入りにくいので、
塗りやすい下半分にベタ塗りしました。
下半分の施工でも効果はバッチリですので、ご心配無く!!

マフラーにミスリルを施工すると排気の抜けが良くなります。
ターボ車だとブーストの立ち上がりが早くなって、トルクがアップするんです。
純正の排気系だと少々思い切って施工しても、抜け過ぎにはなりませんね。



d0156040_16044537.jpg

続いて 触媒 にも施工しました!

排気系の中でもかなり抵抗が大きな部分ですので、
ミスリル施工による効果も大きいと思いますよ~!!

このクルマの触媒にはバンパー側に遮熱板が付いていました。
けっこう複雑なレイアウトになっていまして、
取り外すとなると手間と余分な工賃が掛かっちゃいます。

そこで触媒とエンジンのスキマにハケを挿し込んで、届く範囲をベタ塗りしました。
おそらく半分ぐらいの面積はカバー出来たんじゃないかと思います。


で、このお客さんも・・・



d0156040_16111218.jpg

うどん県(笑 からのご来店でした!
わざわざ橋を渡って何度ものご来店ありがとうございます。


やはり ドロ沼ズッポリ県外組! 認定です。(笑





d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-06-13 16:58 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★ZC33S スイフトスポーツ★ 13台目! スタビ等も装着!!

本日はリジカラのネタです!

リジカラだけでなくスタビ等も装着しましたので、一緒にご紹介します。
クルマは・・・




ZC33S スイフトスポーツ!





d0156040_18143793.jpg

スイフトスポーツへの装着は新旧モデル合わせて13台目となりました。
先日フィットに並ばれちゃったけど、またまた単独2位に浮上ですね。
ZC33Sだけでは5台目になりますね。


で、このお客さんは・・・


d0156040_18172895.jpg

山口 からのご来店でした!
遠方からわざわざのご来店ありがとうございます。
本当にリジカラは県外からの方が多いんですよね~。

このスイフトスポーツは新車で納車されかばかりなんです。
オーナーさんは以前はGK5フィットに乗っていたんですが、
そのクルマでも進化剤やミスリル施工でご来店されてたんですよね。
もちろんブログで紹介しましたよ!




d0156040_18232346.jpg

まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
このクラスのクルマでは国際的にスタンダードな構造になってます。





d0156040_18244416.jpg

いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
サブフレーム後方部にはガセットプレート風の補強板が、
共締めではなく溶接されて一体化しています。




d0156040_18260404.jpg

スズキよ!オマエもか・・・!!(笑

最近はこの程度の量では驚かなくなりました。(笑
ただ、装着作業に取り掛かるのに時間が掛かるのは間違いありませんが・・・






d0156040_18281004.jpg

CUSCO Fスタビライザー!

フロントのスタビはサブフレームを下げないと交換できないので、一緒に装着しました。
リジカラを装着するのにサブフレームを下げますからね。




d0156040_18312405.jpg

フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが各々2種類・4ピースずつの構成です。
リジカラ3 は突起が上下ともにけっこう短めです。(涙




d0156040_18321051.jpg

A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。

一番オーソドックスな組み合せのパターンですね。





d0156040_18330926.jpg

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっています。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになってましたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。





d0156040_18340688.jpg

続いて B部 の図解です!

ここはロアアームが共締めになっている構造です。
最近のFF車ではこの構造の車種もけっこう増えてきましたね。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使います。
ただ、上側はサブフレームの穴径が小さいので、突起は上下ともに短いです・・・(笑





d0156040_18352190.jpg

上側の装着中の写真です!

突起の短いタイプは狭いスペースでの作業が要求されます。
サブフレームが密着する寸前で、上げるのを一旦止めます。
上下の突起がちゃんと穴にハマっているのかを確認してやる必要があるんです。
もし穴からズレたまま締めちゃうと突起がツブれてしまうんです。

ご覧のようなスペースなんで作業はやりにくいんですよね~。
なので下向き突起は長いほうが作業者はありがたいんです。
まあ、サブフレームの穴径が小さいと長く出来ないんで、仕方ありませんが・・・




d0156040_18364888.jpg

下側も突起がサブフレームの穴にハマっています。

今回 CUSCOパワーブレース を同時装着しましたが、
このポイントで共締めとなります。
車種によっては加工が必要になる場合もありますが、
このクルマでは加工は不要でした。


そして、ここはロアアームが共締めでしたので、この状態で本締めはしません。
1G締め が必要になりますので、とりあえずこの段階では仮締めしておきます。






d0156040_18400155.jpg

続いてはリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。

赤矢印 の部分になります。




d0156040_18412050.jpg

このクルマは装着部がカバーで隠れています。
カバーを一旦外してリジカラを装着して、
1G締め をした後に再度リフトアップしてカバーを戻します。

先ほどのトーションビームの写真はカバーを外した状態です。
写真の時系列が前後してますが・・・(笑




d0156040_18430911.jpg

ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
緑矢印 の先に見えるシルバーっぽい部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
つまりスキマから奥が見えているってことです。

このクルマはスキマが大きいほうに分類されますね。




d0156040_18441813.jpg

またまたお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。
スキマが大きかったので、突起もゴツめになってますね。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
このクルマのように大きめのワッシャが付いている車種に対応するため
外周は大径になっていますが、ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。





d0156040_18450688.jpg

リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。





d0156040_18591518.jpg

本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態の時、トーションビームはブッシュを支点に後ろが下がっています。
つまりブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

本締め後は再度リフトアップしてカバーを戻します。





d0156040_19001975.jpg

今回はリアスタビも装着しました!
もちろん CUSCO で!!
センターのフロアトンネルにもパワーブレースを装着しています。




d0156040_19024626.jpg

フロントの B部 も 1G締め をしています!
ロアアームが共締めですので、ブッシュにヨジレが出ちゃいますから・・・

本締め後はやはりボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
一体化されている補強フレーム部分にもオマケで塗ってあります。

最後にアライメント調整をして完了です!!


この度はお買上げありがとうございました。









d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-06-10 09:12 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★S660★ SPOONプログレッシブスプリングも装着!

最近またまたサボリ気味になってましたね。
ちょっとバタバタすると、すぐにサボっちゃうんだから・・・(笑
ネタもたっぷり溜まってますんで、早めに更新します!


と言うことで、本日は進化剤+アルファのネタです。
クルマは・・・




S660!




d0156040_18434637.jpg

エンジンに2回目の施工となりました。

このクルマは以前にリジカラ等で何度かご紹介していますね。




d0156040_18460574.jpg

MTにも2回目の施工となりました!

進化剤をMTに施工するとシフトの入りが良くなります。
スコスコ入るシフトフィーリングで運転が楽しくなりますよ!!
もちろんギアやシンクロ・ベアリング等の保護効果もバッチリです。
MT車にお乗りの方はぜひ一度お試しください。
注入量が少なめなので、エンジン施工よりもリーズナブルですしね。




d0156040_18492394.jpg

当店の夏の風物詩! エアコン進化剤!!

この施工が増えてくる季節になりましたね~。
今年もきっと大人気になることでしょう!(笑

進化剤をエアコンに施工すると、コンプレッサーの抵抗が減ります。
エアコンがオンになった時のパワーダウンが抑えられるんです。
特にKカーやコンパクトカーなどの、
元々トルクが細いクルマには効果絶大なんですよね~。


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑


今回は進化剤以外の作業もやりました。



d0156040_18550896.jpg

SPOON プログレッシヴスプリング!

ダウン量を10~15mm程度に抑えてストロークを犠牲にすることなく、
コーナリング性能や直進安定性を向上させています。
街乗りからワインディング、スポーツ走行まで幅広く対応したスプリングです。

最近はリジカラが有名ですが、
スプーンさんは元々はホンダ車のチューニングメーカーです。
ホンダ車を知り尽くしたメーカーならではの味付けになっているんでしょうね。




d0156040_19030383.jpg

フロントの装着写真です!
ブルーのスプリングが目立ちますね。





d0156040_19040859.jpg

こちらはリアです!
S660のリアスプリングはかなり奥まったとこに装着されます。
そのため下から覗きこむようにしないと、あまり見えないんですよね。





d0156040_19061707.jpg

装着前後の比較です!
ダウン量を抑えているだけあって、車高の変化は少なめですね。
でも、これぐらいのほうが使い勝手は良いと思いますよ。

この後、アライメント調整をして足廻り作業の完了です。


今回はさらにお客さんの持ち込みでパーツの装着もやりました。



d0156040_19100332.jpg

フジツボ オーソライズRM!

排気効率を追求し、
中~高回転域でのパワー&トルク向上と軽量化を重視したマフラーです。

S660はマフラーを交換するのにバンパーを外す必要があるんですよね。
ツメがけっこう硬くハマってるもんで、慎重に外さないといけません。
ほんでまたツメの数も多いもんだからかなり時間が掛かります。
マフラー交換作業の倍ぐらいの時間だったりします。(笑




d0156040_19181645.jpg

バンパーを復元して・・・
マフラーの出口はこんなカンジです。
音量もさほどうるさくはありませんでした。
スポーツカーらしいサウンドってとこですかね?


で、このお客さんは・・・



d0156040_19424097.jpg

鳥取 からのご来店でした!
遠方から何度もご来店ありがとうございます。
気軽に来れる距離ではありませんが、またのご来店をお待ちしています。

この度はお買上げありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-06-08 19:47 | 進化剤 | Comments(0)