ヘッドライトレンズリフレッシュ!★カローラ・ランクス★

昔のヘッドライトのレンズはガラスでした。
1980年代ぐらいから樹脂製のレンズが出てきはじめました。
ヘッドライトの形状が角型2灯とかの規格品から
今では主流の異形ライトに変わり始めたからなんです。

それでも始めはガラスレンズの異形ライトが多かったんですが、
やはり加工が容易なプラスチックに変わっていくのにさほど時間は掛りませんでした。
今ではガラスレンズのクルマなんて新車ではありませんよね。

樹脂レンズのクルマが出始めた頃、弱点とされていたのが耐熱性だったんです。
当時はハロゲン球が主流だったので、明るくするためにはワット数を上げるしか無かったんです。
100/90Wなんてバルブをリレーを付けて使ってたんです。
ところがこのバルブを樹脂レンズに使うと溶けちゃうんですよね~。
最近はHIDやLEDが主流になり熱の問題も無くなりました。

しかし、樹脂レンズにはまだ弱点があったんです。
ある程度の年数を使っているとレンズが黄ばんできちゃうんです。
車種によってわりと早くから黄ばんできちゃうクルマと、
けっこう古いのに全く黄ばんでいないクルマがあったりしますが、
おそらくレンズの材質による違いなんだと思います。
中にはまっ黄っ黄でライトの役目を果たしそうにないようなクルマも見かけます。

普通でしたら黄ばんだライトは交換するしかありません。
黄ばみを落とすような市販のコンパウンドとかもありますが、
磨いた直後はキレイなんだけど、すぐに元の状態に戻っちゃうんですよね。

そこで、当店オススメの・・・

ヘッドライト
 レンズリフレッシュ!
 


http://www.auto-r.com/lens/lens.html

コンパウド等のように表面の汚れを落とすだけの作業ではありません。
黄ばみの原因となるレンズ表面の変質部分を完全に削り落します。
そしてポリッシュ仕上げで透明度を復活!
さらに特殊コーティングをして耐久性を高めます。
作業を依頼されたお客さんは皆さん大満足されるんですよ!


本日はそのレンズリフレッシュ作業の紹介です。

クルマは・・・





カローラ・ランクス!




進化剤も複数回施工しているあのクルマです。
何でも会社の同僚の方から、
「おまえのクルマのほうがワシのより新しいのにライトが黄ばんでるな~。」
って言われちゃったんだそうです。
そこで作業を依頼されに来られたというわけです。
意外と巷ではよくありそうなやりとりのようにも思えます・・・






d0156040_17122397.jpg


たしかにけっこう黄ばんでます!
ライトが黄ばんでるとクルマが古く見えたり、ボロっちく見えたりしちゃいます。(笑
それだけクルマのルックスにとってもライトは重要ってことなんですけどね。







d0156040_1714267.jpg


アップで見ると黄ばみ具合もよくわかります。
いつものことなんですが、写真よりも現物のほうがもっと黄ばんでいます。
写真に撮るとなぜか黄ばみが少なく見えちゃうんですよね。
まあ、デジイチとかでこだわって撮ればちゃんと写るのかもしれませんが、
コンデジ+私のウデではこんなもんです。(笑







d0156040_17192418.jpg


バンパーやフェンダーをマスキングして削り作業に取り掛かります。
簡単にバンパーが外せるクルマは取り外して作業をするんですが、
このクルマはリップスポイラーが付いていたのでそのままで作業することに。
脱着中に割れちゃうとかのリスクを回避するためです。

削り始めると黄色い汁が出てきます!(笑
これはレンズ表面に溜まっていた汚れや、変質部分の削りカスなんです。
一通り削れると汁の色が白くなってくるんです。
そこからさらにペーパーの目を細かくして磨いていきます。
ポリッシャーで仕上げてコーティング剤を塗ったら完成になります。







d0156040_17285068.jpg


どうですか、かなりキレイになってるでしょ!!
新品同様とまでは言いませんが・・・(笑

レンズ表面を削る作業になりますので、内側やリフレクターのキズやクスミは落ちません。
黄ばみが取れたことで初めて確認できるようになっちゃうこともあるんです。
このライトも内側に細かいヒビのような物がありました。
ただ、かなり近くで見ないとわからないレベルでしたけどね。
もちろん写真では確認できませんよ。







d0156040_17293886.jpg


作業前と比べてみると・・・
黄ばみも完全に落ちて、透明度も段違い!
リフレクターの形状や反射もはっきりと確認できますね。
ここまで透明度が上がればライトもかなり明るくなりますよ!
以前私が乗っていたカリブ号で検証済みです。
(上のリンクのページでご確認ください。)









d0156040_1744784.jpg


ルックス的にもほ~ら!
なんかクルマが新しくなったように見えますよね!!
やはりライトがキレイっていうのは重要なんです!!!

この作業の注意点があります。
コーティングが乾燥するまで水分はご法度なんです。
そのため雨天時での作業は長めにお預かりさせていただくか、
日を改めて晴天時に作業させていただくようになります。

一旦乾燥してしまったら雨に塗れる程度は問題ありません。
でも作業後48時間ぐらいは洗車はNGとなっております。
もちろん手でベタベタ触るのもネ!


最近のライトは光軸調整機能とかが付いているので部品代が高いです。
レンズリフレッシュならリーズナブルにライトを復活させることができますよ!
仕上がり後の満足感も高いですからコスパもバッチリです!!










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-09-06 18:00 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

<< エンジンから白煙が...★ワゴ... 進化剤施工!★ジムニー★エアコ... >>