リジカラ装着!★HP12 プリメーラ★

本日はリジカラのネタです!
たっぷり溜まってるっていうのに中々更新できないで・・・
ここ数日間はちょっと手間の掛かる作業があったもんですから・・・
って、言い訳してみました。(笑



本日のクルマは・・・




HP12 プリメーラ!







d0156040_16292896.jpg


プリメーラへの装着は当店では初となります!

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。




で、このクルマ・・・



d0156040_16302384.jpg


なんと! 6MT なんです!!
いや~、プリメーラに6MT搭載車があるとは知りませんでした。
何の変哲もないセダンと見せかけて、じつはスポーツモデルなんですね。
昔で言うところの 「羊の皮を被った狼」 ってとこですか?(古っ






d0156040_16351144.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

基本形はFFタイプのサブフレームなのですが・・・
コンパクトクラスに比べると車重がありますし、縦横に補強フレームが追加されてますね。
スポーツモデルってことも関係しているのかもしれませんね。





d0156040_16391443.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認出来ますね。





d0156040_16403985.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

どちらも片側突起タイプですが、突起の大きさが若干異なりますね。
リジカラ1 は中割りの2分割タイプになっています。

と、言うことは・・・





d0156040_16461263.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

2分割タイプを使うと言うことは、スタッドボルト構造ってわけですね。
スタッドボルトを外さずにリジカラをハメるために2分割になっているんです。

上下ともにリジカラの片側突起がサブフレームの穴にハマリます。





d0156040_16504797.jpg


まずは  部上側の装着中の写真です!
突起がサブフレームの穴にハマった状態になっています。

片側突起なんでサブフレームの穴にハメておけばいいと思いがちですが・・・
2分割タイプはサブフレームを上げていく過程でズレることがあるんです。
そのため密着する寸前で一旦止めて、ズレが無いか確認する必要があります。
ご覧のような狭いスペースでの確認ですのでけっこうやりにくいんです。

でもズレたまま締付けちゃうと突起がツブれちゃいますんで、
ちゃんとチェックしてやらないといけないんですよね~。


今回はミスリル施工はしていません。
オプションですのでミスリル無しってこともOKですからね。





d0156040_1656545.jpg


続いて下側の写真です!
こちらもサブフレームの穴に突起がハマった状態です。






d0156040_16575374.jpg


 部上側の写真です!
やはりここも密着する寸前での確認作業が必要になります。






d0156040_1659988.jpg


下側も突起がサブフレームの穴にハマった状態です。

4ヶ所が同時にこの状態になったら、ナットを掛けて本締めします。






d0156040_1782816.jpg


リアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルなので2ヶ所への装着なんですが・・・
このクルマはちょっと凝った造りのトーションビームになっています。
通常のトーションビームは横方向の位置を出すために、
固定部を車体に対して斜めにしているか、ラテラルロッドを付けている場合が多いです。

このクルマの場合はラテラルリンクという機構を採用しています。
車体が上下した場合でもアクスルの横方向への動きを抑制して、
タイヤの接地性を高めることで運動性能を向上させているんですよね。
マルチリンクビーム式アクスルと呼ぶそうです。
初代のプリメーラから採用されているようで・・・
なるほど初代から足廻りの性能には定評がありましたもんね。






d0156040_17174275.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
とはいえ、けっこうスキマは少なめですね。
やるな日産! ってとこですか?(笑





d0156040_1719435.jpg


お馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

スキマが小さかったのでセンターの突起も小さめですね。
本体部分は最近主流の2段タイプです。
これは何車種かでリジカラを共用するための手段なんです。

車種によってはボルトに大きめのワッシャが付いている場合があるんです。
それをかわすために外周部分は大きくなっています。
ボディーに接触する面の径が小さくなっているのは、
鉄板の凹凸などとの干渉を避けるためなんですよね。
それに径が小さいほうが面圧は上がりますので。




d0156040_18382054.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強をすることでボルトの締付けトルクがしっかりと掛かり、
締結強度がアップするんですよね。





d0156040_18424095.jpg


最後の本締めはもちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態で本締めするとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずブッシュのインナーカラーが回転できるぐらいまで仮締めします。
タイヤを付けてクルマをリフトから降ろします。
リフトから出して前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに入れてタイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めします。

この作業を 1G締め と呼び、ブッシュを締めている箇所では必須の作業となります。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

ボディーの鉄板のプレス形状で盛り上がっている部分があり、
リジカラの外周部と接触しそうでしたので切削加工をしておきました。(矢印部)
このあたりの加工はお手の物ですのでご安心ください!

最後にアライメント調整をして完成なんですが・・・
今回は都合により後日にアライメント調整をやりました。



この度はお買上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-06-20 19:06 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ギャラン・フォル... ミスリル施工!★フィット★アル... >>