リジカラ装着!★GWS204 クラウンHV★

島根や九州地方は豪雨で被害が出ているようですね。
これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。

岡山県南は先日の台風でもほとんど影響がありませんでした。
一応ノボリを店頭に出すのも控えていたんですが・・・
ほぼ無風で拍子抜けしました。
最接近が過ぎて2時間も経ったころにはお日様が顔を出してましたもんね~。
いつもと同じように台風とは縁の無い土地柄でありがたいことです。

それでも深夜にはけっこう降ってたみたいで、雷も鳴ってました。
土砂災害とかは他人事じゃないんで、
台風の影響が無いからといって、油断は禁物ですね。



さて本日はリジカラのネタです!
溜まってる分もだいぶ消化できてきましたが、
また新たなご注文もいただいてるので、気を抜かずに更新しないとね。

本日のクルマは・・・





GWS204 クラウンHV!





d0156040_1630161.jpg


クラウンは4台目の装着になりますね。


で、このお客さんは・・・




d0156040_16324430.jpg


香川 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。

本当にリジカラは県外の方が多いんですよね~。
遠方からご来店いただけるのはありがたいことです。





d0156040_16401079.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

FR車ですのでエンジンは縦置きになります。
そのためサブフレームはクロスメンバータイプですね。
ただし2本のクロスメンバーを前後に繋げた四角形構造になっています。
おそらく強度面を考慮した構造なんでしょうね。
しかも材質はアルミ製になっています。
さすが高級車は違いますね~。(笑





d0156040_16444464.jpg


お馴染みのクリップやビスです!
高級車だけにアンダーカバーもたくさん付いてますからね。
まあ、先日の A45AMG に比べればカワイイもんですが・・・(笑





d0156040_1647242.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_16483937.jpg


フロント用のリジカラです!
5種類が2個ずつの合計10ピースになります。

両側突起タイプが3種類で6ピースと、
片側突起タイプが2種類で4ピースの構成です。
リジカラ1 は中割りの2分割タイプになっていますね。

全体的に突起がけっこうゴツイです。
特に リジカラ4 なんかは上下ともにゴツくなってます。
まあ、突起がゴツイってことはそれだけスキマが大きいってことになるので、
喜んでいいのかどうかが微妙ですが・・・(笑






d0156040_16572471.jpg


まずは  部の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
そのためサブフレーム上側に使うリジカラが2分割タイプになっているんです。
スタッドボルトを外さないで装着するための工夫なんですよね。

サブフレーム下側は片側突起タイプを使います。




d0156040_1765622.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはまずサブフレーム側にハメておきます。
ジャッキでサブフレームを上げていき密着する寸前で一旦止めます。
で、リジカラをボディー側に貼り付けて上向きの突起を穴にハメ込みます。
この時下向きの突起がサブフレームの穴からズレないように注意!
もし突起がズレたまま締めこんじゃうとツブレてしまいますからね。
下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマってます。

今回もミスリル施工をやってますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!




d0156040_17135798.jpg


続いて  部の図解です!

ここはサブフレームにロアアームブラケットが共締めになる構造です。
そのためその間にもリジカラを挟みこむ方式になっています。
ここが上下ともに突起がゴツかったポイントですね。

上側と下側は一般的な両側突起タイプと片側突起タイプの組合せです。
とはいえどちらもやはり突起はゴツめになってます。(笑





d0156040_1718429.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上下の突起が各々の穴にハマった状態ですね。
真ん中のリジカラも上向きの突起がサブフレームの穴に、
下向きの突起がブラケットの穴にハマった状態になっています。
そして下側のリジカラも突起がブラケットの穴にハマっていますね。

ここはさらにガセットプレートも共締めです!





d0156040_1722642.jpg


本締め後はボルトの頭&ナットにもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。
もちろんオマケでガセットプレートにも塗ってますよ!!





d0156040_17234257.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分ですね。
こちらはアルミ製ではありませんね。
リアのサブフレームは複雑な形状の物が多いので、
アルミで成型するのは難しいんだと思います。
できない事は無いけどコストが・・・ってとこですかね?(笑






d0156040_17271538.jpg


リア用のリジカラです!
6種類が2個ずつの12ピースの豪華版と思いきや・・・

両側突起タイプが2種類で4ピースと片側突起タイプが3種類で6ピース、
カリ付ワッシャタイプが1種類で2ピースの構成です。

ただし リジカラ1 + リジカラ2 の組合せと、
リジカラ3 + リジカラ4 の組合せが選択使用となります。
なので実際に使用するのは8ピースですので、豪華版とはいえませんかね?

カリ付ワッシャタイプを使うってことは例の・・・(笑
後ほど説明します。





d0156040_1736820.jpg


まずは  部の図解です!

ここが選択使用のポイントなんです。
今回は リジカラ3 + リジカラ4 の組合せが適合しました。
突起がゴツかったほうの組合せですね。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う一番オーソドックスな組合せですね。
ここはガセットプレートが共締めになります。





d0156040_17401176.jpg


装着中の写真をまずは上側から!

リジカラはボディーに貼り付いています。
上下の突起が各々の穴にハマったいつもの状態になってます。





d0156040_1742636.jpg


下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。
ガセットプレートはボックス形状でしたので裏面にミスリルを塗っています。





d0156040_17552966.jpg


続いて  部の図解です!

ここが例のボディーから位置出し用の チ〇コ 突起が出ている構造です。
(下品ですいません・・・(笑)
その突起の根元部分でカリがサブフレームにハマリます。
以前は密着度を上げるためのただのワッシャタイプだったのですが、
最近はカリ付の構造に改良されているんですよね。

下側は片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。
ここは大きなワッシャ形状のプレートが共締めになっています。





d0156040_1821545.jpg


こちらもまずは上側の写真から!

リジカラがちょっと見えにくいんですが・・・
サブフレームのブッシュが凹んでいる部分の奥に少しだけ写っています。
カリがサブフレームの穴にハマった状態なんですよね。
真ん中に写っている棒状の物がボディーから出ている位置出し用の突起です。




d0156040_1854938.jpg


下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。
プレートを装着する前にパチリ!




d0156040_187736.jpg


本締め後はこちらもボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
もちろんプレートにも塗ってありますよ。

最後にアライメント調整をして完了です!


オーナーさんからインプレッションをいただきました。

あれから500km~走行後の感想ですが・・・
最初はかなり硬くゴツゴツで突き上げ・ロードノイズが増えて
メリット相反としてのデメリットが強調されていましたが。

現状、金属製品・お取付後のタイヤの当たりなど馴染みによる2回目の変化?後ですが、
トータルでかなり良いです。
以前の普通~きれいな路面なのに常にフワフワするところが、
目線微動だにしないフラット感と、
通常速度域での街乗りカーブはロールが激減しているのに、
柔らかく張り付いたまま曲がる感覚が今までの車であまりなく、気持ちいい感覚です。

あと高速での1〇〇~km/hでの速度感が無く滑るよう になったのは嬉しい半面、
また自制必要な車になった気がします。
もう少し馴染後の良さが出る余地がありそうな気がしますが・・・

人によってデメリット?となるかもしれないのが、
超低速域でのハンドルの重さ、馴染後でも少しは硬い乗り心地、
接地感増加によるロードノイズの増加、くらいかと思います。

低~高速域での各、バタつき・ロードノイズ・速度感・直進安定性・ロール・突き上げ・接地感
などなど多々ありますが長くなりそうなので…

あくまで正確なお取付と、その後の馴染み後に本当の効果が出てくる製品だなと。
また車種とオーナーさんの好みによって、
好き嫌いが分かれそうな奥深い製品だなとも感じ てます。



詳しいインプレッションありがとうございます。
リジカラ効果を体感いただけたようですね。

この度はお買上げありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-07-06 18:22 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ギャラン・フォル... またまたNA2ブレーキ移植!★... >>