リジカラ装着!★HNT32 エクストレイルHV★

昨日はけっこう涼しかったですよね。
久しぶりに夜はエアコン無しで寝ることができました。
今日はまた暑くなってるけど、お盆前ほどじゃありませんね。
少しずつ秋が近づいているんですかね~?
って油断してるとエライ目に遭うかもしれないんで・・・(笑


本日はリジカラのネタです!
他の作業のネタもたっぷり溜まってるんで早めに更新しないとね。
だったらベイスターズネタなんて余分なもんを挟むんじゃないよ!
ってツッコミは無しでお願いします。(笑


本日のクルマは・・・





HNT32 エクストレイルHV!





d0156040_12354023.jpg


この型のエクストレイルへの装着は当店では初となります!
(ちゅうか、エクストレイル自体が初ですけどね。)

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。



で、このお客さんは・・・




d0156040_1237204.jpg


香川 からのご来店でした!
わざわざ瀬戸大橋を渡ってのご来店ありがとうございます。






d0156040_1239643.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプではなく、四角形タイプのサブフレームです。
SUVって車格もありますし、車重もありますから、
強度を考慮しての構造になっているんだと思われます。

そのサブフレームをボディーに固定している四隅が装着ポイントになります。





d0156040_13502593.jpg


マツダ車ではありませんが・・・(笑

最近のクルマはアンダーカバーを止めるクリップが多いんですよね~。
(特にマツダ車が多いんですが・・・)
ある程度クラス以上のクルマになると、
下廻りがほぼフルカバーされている場合が多いです。
これを外すだけでもけっこう時間が掛かるんですよね~。





d0156040_13532645.jpg


フロント用のリジカラです!
5種類が2個ずつの合計10ピースになります。

両側突起タイプが1種類で2ピース、片側突起タイプが3種類で6ピース、
カリ付ワッシャタイプが1種類で2ピースの構成です。
ただし リジカラ4 と リジカラ5 は選択使用となります。
ですので実際に使用するのは8ピースということになります。
セレナやリーフ等と共用のリジカラになっていますので、
車種や年式での違いに対応するための手段なんですよね。

カリ付ワッシャタイプを使うということは・・・(笑




d0156040_13575366.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使う、
一番オーソドックスなパターンですね。
上側のリジカラは上向き突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向き突起がサブフレームの穴にハマリます。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

ここはワッシャ状のプレートが共締めになっています。




d0156040_142028.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんですよね。
下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をしてますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
フェア期間中以外はお得なオプション価格で施工出来ますよ!!




d0156040_14194037.jpg


続いて  部の図解です!

ここの上側が例のカリ付ワッシャタイプを使うポイントになりますので、
位置出し用の チ〇コ 突起が出ている構造なんです。(下品ですいません。(笑)

一般的にはボディー側から突起が出ている場合が多いのですが、
このクルマの場合はサブフレーム側から出ている構造です。
以前に装着したベンツA45AMGもこのパターンでしたね。

大きな突起が入るようなスキマがありませんので、
密着度を上げるためのワッシャタイプになっているんです。
以前はただのワッシャ構造だったのですが、
最近は突起との微妙なスキマを埋めるカリ付に改良されています。

サブフレーム下側が選択使用のポイントになります。
今回は リジカラ4 が適合しました。
ここはガセットプレートが共締めになっています。





d0156040_14401427.jpg


上側の装着中の写真です!

リジカラはボディーに貼り付いています。
カリがボディーの穴にハマった状態ですね。
センターに写っているシルバーの棒状の物が位置出し用の突起です。
リジカラの内側の穴に突起がハマっています。





d0156040_14435456.jpg


下側の写真です!

突起がサブフレームの穴にハマっています。
ここはガセットプレートが共締めになりますので、その前にパチリ!





d0156040_14452051.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
オマケでガセットプレートとワッシャ状プレートにも塗ってあります。





d0156040_14464481.jpg


続いてリアの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定しているポイントですね。




d0156040_14531266.jpg


リア用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で2ピース、片側突起タイプが2種類で4ピース、
カリ付ワッシャタイプが1種類で2ピースの構成です。

リアにもカリ付ワッシャタイプがありますね~。(笑




d0156040_14564076.jpg


まずは  部の図解です!

いきなり チ〇コ の登場です!(笑
基本的にはフロントの B部 と同じ構造です。
やはり位置出し突起はサブフレーム側から出ています。




d0156040_15274811.jpg


上側の装着中の写真です!

こちらもリジカラはボディーに貼り付いています。
やはりカリがボディーの穴にハマった状態になります。
リジカラの内側には位置出し突起が中央部に写っていますね。




d0156040_15311627.jpg


下側のリジカラは突起がサブフレームの穴にハマった状態です。





d0156040_15322211.jpg


続いて  部の図解です!

こちらはフロントの A部 と基本的に同じですね。
一番オーソドックスな組合せのパターンになってます。




d0156040_1535127.jpg


やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
これもフロントと同じパターンですね。

リアはガセットプレート等が共締めにならない代わりなのか、
ボルトのフランジ部とサブフレームの間にかなり厚めのワッシャが挟まれています。
これは締結強度を上げるための工夫なんでしょうね。




d0156040_1540933.jpg


リアも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!


最後にアライメント調整をして完了です!!



この度はお買上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-08-27 15:57 | リジカラ | Comments(0)

<< RECS施工!★アコード ユー... 奇跡の3戦連続サヨナラ勝ち!★... >>