リジカラ装着!★S321N ディアスワゴン★

本日はリジカラのネタです!

ただいま当店では・・・

10月末まで秋のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

いよいよフェアの残り期間も少なくなってきました。
10月末までにご注文いただいた分は、
取付け作業が11月以降になっても特典を適用させていただきます。
リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。



本日のクルマは・・・




S321N ディアスワゴン!





d0156040_1734392.jpg


ダイハツアトレーのOEM車ですね!

この型のサンバー&ディアスワゴンへの装着は当店では初となります!

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


フェアの特典でアライメントが特別料金になっていますが、
半額のほうが安いので対象車種にはこちらを適用させていただいています。
適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。



で、このお客さんは・・・




d0156040_1736084.jpg


大阪 からのご来店でした!
先日の京都からに続いて関西からの方が連チャンとなりましたね。
遠方からわざわざのご来店ありがとうございます。

このクルマもラグビーW杯応援の白プレートです!
最近街中でもよく見かけるようになりましたね。
でもKカーに白プレートは何か違和感あるよな~。(笑





d0156040_17401051.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側5ヶ所ずつの合計10ヶ所になります。

装着ポイントが多いのでいつものパターンではなく、色分けにしてあります。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

軽トラや軽バン・ワゴンはFR車なんですが、この位置にエンジンはいません。
フロントシートのオシリの下になるんですよね。
しかしステアリングギアボックスとロアアーム前部を固定する必要がありますので、
クロスメンバー構造のサブフレームになっています。
そしてロアアーム後部固定用のサブフレームと繋がっています。
全体で見るとコの字型になっていますね。





d0156040_1747380.jpg


まずはクロスメンバー部分の横からビューです!
ボディーへの固定ボルト部分に装着します。





d0156040_1748852.jpg


ロアアーム後部固定用のサブフレームです!
こちらもボディーに固定するボルト部分に装着します。
真ん中のボルトがロアアームブッシュを固定しているボルトになります。





d0156040_17505543.jpg


フロント用のリジカラです!
装着ポイントが10ヶ所でしたので、4種類で14ピースの豪華版です!!

両側突起タイプが3種類で10ピースと、
ザグリワッシャタイプが1種類で4ピースの構成です。
突起は全て短いタイプになっていますね。




d0156040_17545749.jpg


まずは  部の図解です!

ここは鉄板をプレスしただけの薄い構造なんです。
そのため突起が短かったんですよね。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマるようになります。
薄い構造ですので下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使います。





d0156040_17581529.jpg


続いて  部の図解です!

基本的には先ほどと同じ構造です。
サブフレームの穴が若干大きめなので、突起がちょっとゴツイですね。




d0156040_180314.jpg


上側のリジカラをハメた状態です!

先日のヴィッツと同じように突起が短い場合は狭いスペースでの作業が要求されます。
しかしながらサブフレームが薄い構造ですので、
リジカラの突起が穴にハマっているのが目視で確認できる利点があります。
手で触っての確認も出来ますしね。


今回もミスリル施工をしてますよ!
フェアの特典でサービスになってますからね。
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。



d0156040_1824639.jpg


ザグリワッシャタイプをハメたらボルトを締付けます!
もちろん本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!!





d0156040_18112846.jpg


続いて  部の図解です!

やはり薄い構造のサブフレームなんですが、
こちらは上側にのみ両側突起タイプを使うようになります。




d0156040_18125575.jpg


こちらもサブフレームの穴からリジカラの突起が見えていますね。
ご紹介するときには作業工程が前後しちゃうんですが、
10ヶ所全てがこの状態になってから本締めをするんですよね。

1ヶ所でもちゃんとハマっていない状態で本締めしちゃうと、
突起がツブれてしまう場合があるんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。




d0156040_18161597.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!





d0156040_18173223.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

FR車ですのでデフの入ったホーシング構造になっていますが、
ボディーへの固定はトーションビームと同じ方式です。
矢印の部分2ヶ所に装着します。




d0156040_18193420.jpg


リアの図解です!

この方式の場合はボルト側にリジカラを装着する場合が多いのですが、
今回はナット側に装着するようになっていますね。

スキマに突起がハマることで、ボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されるようになります。





d0156040_1821553.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
矢印部分のスキマがわかりますかね。
とは言え他のクルマと比べてスキマはかなり小さめです。
ヤルな!スバル!! じゃなくってダイハツ!!(笑




d0156040_18234389.jpg


リア用のリジカラです!
こちらもお馴染みの形状ですね。
センター部の突起が先ほどのスキマにハマるようになります。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる本体部は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
補強をすることでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かり、締結強度がアップします。





d0156040_18261151.jpg


本締め後にはナットにもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。

もちろんいつものように 1G締め をやってますよ!
このタイプではもうお馴染みの作業となりましたね。

この構造のクルマはリフトアップしている時はブッシュは後向きに回転した状態なんです。
この状態で本締めしてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

まずブッシュのインナーカラーが回転できるぐらいに仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま車重を掛けた状態で本締めします。

これを 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことなんですが大事なポイントなんです。

最後にアライメント調整をして完了となります。


この度はお買上げありがとうございました。





d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2017-10-27 18:31 | リジカラ | Comments(0)

<< ブレーキパット&ローター交換!... 日本シリーズ進出決定!★ベイス... >>