リジカラ装着!★GG2WアウトランダーPHEV★

リジカラネタの連チャンです!
たっぷりと溜まってるネタがあるんでドンドン更新していかないと・・・(笑



本日のクルマは・・・




GG2W アウトランダーPHEV!







d0156040_12372415.jpg


アウトランダーへの装着は当店では初となります。
ってことは、

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html

適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。


このクルマはバリバリの新車なんです。
当初、納車後すぐに作業をするご要望だったのですが、
ノーマルの乗り味を体感していただくため1週間ほど日程を遅らせました。
でないと、リジカラの効果がわかりませんからね。







d0156040_12391038.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

見慣れたFFタイプのサブフレームですね。
ただしフロント方向に補強フレームが追加されています。
車重に合わせた強度を確保するためなんだと思いますよ。

新車ですので下廻りもキレイですね。





d0156040_13222257.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_13235025.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプが2種類で4ピースと、
ザグリ付片側突起タイプとザグリワッシャタイプが2ピースずつの構成です。
両側突起タイプはどちらも突起が短かめですね。(涙






d0156040_13313352.jpg


まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
下側はザグリ付片側突起タイプを使いますが、突起がかなり長めです。
出来れば上側に使うリジカラの下向き突起が長いほうがありがたいんですが。(笑






d0156040_13373998.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。

このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をしてますよ~!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。





d0156040_13391523.jpg


続いて B部 の図解です!

こちらも上側に両側突起タイプを使いますが、突起はかなり小さめです。
下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使います。





d0156040_13413125.jpg


突起が小さかったので狭いスペースでの作業が要求されます。
サブフレームが密着する寸前で一旦止めて確認作業が必要なんです。
この状態で上下の突起がちゃんとハマっているのを確認します。
もしズレたまま締め込んじゃうと、突起がツブれてしまいますので・・・




d0156040_13441911.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。





d0156040_13451785.jpg


リアの装着ポイントです!
こちらも片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

サブフレームをボディーに固定している部分に装着します。





d0156040_13463138.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが4ピースずつの構成です。
フロント用に比べれば下向き突起は長めですね。





d0156040_1412317.jpg


リアの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使う、
一番オーソドックスなパターンですね。





d0156040_141429100.jpg


まずは A部 上側の装着中の写真です!

こちらもリジカラがボディーに貼り付いています。
フロントと同じ状態ですね。





d0156040_1417979.jpg


続いて下側です!

片側突起がサブフレームの穴にハマった状態です。





d0156040_1418758.jpg


続いて B部 の写真です。

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
下側も突起がサブフレームの穴にハマっています。

ここはガセットプレートが共締めになるんですが、固定方法がちょっと変わってます。
まず太いボルトでサブフレームを固定します。
そしてボルトの頭から細めのボルトが出ていますよね。
このボルトにガセットプレートをナットで固定するという方式なんですよね。
最近たまにこの方式を採用している車種を見かけますね。






d0156040_1422475.jpg


本締め後にはこちらもボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!
オマケでガセットプレートにも塗ってありますよ!!


最後にアライメント調整をして完了です。

この度はお買上げありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-02-27 14:29 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★S2000★レヴ... リジカラ装着!★MR41S ハ... >>