リジカラ装着!★RX-8★TEINフレックスZ・エンジン&デフマウントも!!

ベイスターズは8連勝で首位に立ってます!
去年までなら春の珍事で片付けられてたでしょうが・・・(笑
主力3投手を欠いていますが、若手が投打に大健闘!
筒香も当たりが出始めたし、まだまだ期待が持てそうです。

でもカープがピッタリ追走してきているので油断は出来ません。
今日からの巨人戦も2連勝で首位固めと行きますかね!
簡単に10連勝できるほど甘くは無いか・・・?


現在当店では・・・

4月末まで春のリジカラフェアを開催中! 


いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。

フェア期間も残り少なくなってきました。
期間中にご注文いただいた分は、
取付けが5月以降になってもフェアの特典を適用させていただきます。



本日のクルマは・・・




RX-8!




d0156040_1717876.jpg


RX-8への装着は2台目になりますね。
今回はリジカラ以外の作業もやりましたので、一緒にご紹介します。





d0156040_17184558.jpg


はい、マツダ車ですから!(笑
でもマツダ車にしては少ないほうですかね?
デミオやアクセラはこんなもんじゃありませんから・・・




d0156040_17201885.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

FR車ですのでエンジンは縦置きになってます。
縦置きの車種ではクロスメンバーという構造になりますが、
RX-8はコの字型のサブフレームでクロスメンバーを共用してますね。
さらに後方部に補強フレームを追加して四角形の構造になってます。
スポーツカーなんで強度を考慮しているんでしょうね。




d0156040_1724516.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。

A部 がクロスメンバーの部分になります。





d0156040_17271659.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類で合計6ピースになります。

両側突起タイプが4ピースと2ピースの2種類の構成です。
リジカラ1 は中割りの2分割タイプですね。




d0156040_17303229.jpg


まずは A部 の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
そのため2分割タイプを使うようになります。
スタッドボルトを外さないでも装着できるようにする工夫なんですよね。

サブフレーム上側のみにリジカラを使用します。
上下の突起がボディーのガイド穴と、
サブフレームの穴にハマるようになります。




d0156040_1734053.jpg


このクルマは装着部にワッシャが付いているんです。
そのワッシャには2ヶ所の突起が出ています。
ナットを締めこむと、この突起がボディーとサブフレームの鉄板に食い込んで、
ズレを防ぐ効果があるんだと思います。

しかし、この突起があるとリジカラのフランジ部が密着しません。
さらにワッシャのほうがサブフレームより内径が大きいんですよね。
そうなるとリジカラの突起が効果を発揮しなくなります。
ですのでワッシャは取り外してしまいます。
と言っても切ってしまわないと外せないんですけどね。






d0156040_17421695.jpg


2分割したリジカラをサブフレームにハメ込んでおきます。

グリスを塗って装着する前に、毎回仮合わせをするんです。
バリなどによってリジカラの突起がハマらない場合とかもありますので、
最初にちゃんとハマるかを確認するんです。

今回その仮合わせ中にリジカラをサブフレームの穴に落としちゃいました。(汗
装着部の間に写ってる四角い穴です。
2分割しているもんだからリジカラも小さいんですよね~。

サブフレームは袋形状になっているんで焦りましたよ!マジで・・・(笑
リジカラはアルミですのでマグネットは使えませんし・・・
何とか救出できてホッと一安心!
とんだ落とし穴でしたが、注意しないといけませんね。(反省


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになってますからね~。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。




d0156040_17525568.jpg


サブフレームが密着する寸前で一旦止めて確認します。
2分割タイプはサブフレームを上げる過程でズレることがあるんです。
そのためこの状態で突起がちゃんとハマっているかを確認する必要があるんです。
ズレたまま締めちゃうと突起がツブれてしまうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。

でも狭いスペースでの作業になりますので、けっこう苦労します。
それでも手を抜くわけにいかない大事なポイントなんです。




d0156040_1803020.jpg


続いて B部 の図解です!

こちらもサブフレーム上側のみにリジカラを使います。
両側突起タイプですが下向きの突起は長めです。




d0156040_1822795.jpg


いつものようにリジカラはボディーに貼り付いています!

上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。





d0156040_1843692.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
補強フレームの一部にもオマケで塗ってありますよ!!
これもいつものパターンですね。






d0156040_186584.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

サブフレームをボディーに固定している部分ですね。




d0156040_18101843.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が6個ずつで合計12ピースの豪華版です。
フロント用は6ピースだったのに、えらい違いですな~。(笑

片側突起タイプが6ピースずつ2種類の構成です。
リジカラ1 は2分割タイプになっています。



d0156040_18174316.jpg


リアの図解です!
6ヶ所とも同じ方式になっています。
まあ、同じリジカラを使うわけですから・・・(笑

ここもボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
ですのでサブフレーム上側には2分割タイプを使います。
上下ともに片側突起がサブフレームの穴にハマるようになります。




d0156040_1823188.jpg


まずは A部 上側の写真です!

片側突起ですのでサブフレームにハメ込んであります。
当然ながら密着寸前での確認作業が必要になりますよ!




d0156040_182542.jpg


下側の写真です!

こちらも突起がサブフレームにハマった状態です。




d0156040_18255497.jpg


続いて B部 の上側です!

こちらも先ほどと同じ状態ですね。





d0156040_18265487.jpg


下側の写真です!

やはり同じ状態ですね。




d0156040_18273170.jpg


最後に C部 の写真です!




d0156040_18281742.jpg


下側も突起がサブフレームにハマっています。

6ヶ所が同時にこの状態になったらナットを本締めします。





d0156040_1829293.jpg


本締め後はボルトとナットにもミスリルをヌリヌリ!
ワッシャ形状のプレートにもオマケで塗ってありますよ!!


この写真ですでにネタバレですが・・・(笑




d0156040_18461022.jpg


TEINフレックスZ! 

こちらはフロントです。
元々TEINの車高調が付いていたのですが、
そこそこの距離になってきたので新調することになったんです。

で、EDFCも付いていたので再使用するつもりでいたら・・・
旧モデルだったので新しい車高調には装着出来ないことが判明。
ネジ径が違うのでモーターキットの移殖が不可!
新しいモーターキットはカプラー形状が違う・・・

ということでEDFCは諦めてフレックスZのみを装着しました。




d0156040_1852414.jpg


こちらはリアです!

もちろんリアも全長調整式ですよ。
ただ、減衰力の調整は内装をバラさないと出来ないんで、
ちょっと面倒くさいですけどね。



今回はエンジン&デフマウントも交換しました!
まずは・・・




d0156040_1856233.jpg


エンジンマウント! 

言わなくてもわかると思いますが、右側が新品です!(笑
赤矢印 の部分にエンジンの荷重が掛かります。
重さでマウントがヘタっちゃって低くなっていますね。




d0156040_18593798.jpg


交換完了!
もちろん反対側も交換してますよ!!


続いてはデフマウントなんですが・・・
RX-8にはミッションマウントが存在しないんです。




d0156040_191947.jpg


FD3Sも同じ構造だったのですが・・・

パワープラントフレーム なるもので、ミッションとデフを繋いでいます。
で、ミッションマウントを無くしてエンジンマウントとデフマウントで支える構造。

パワープラントフレームはかなりゴツイ構造なので、
強度的には問題無いんだとは思いますが・・・
エンジンマウントとデフマウントの負担は大きいんだろうなと想像できますよね。
その分、他の車種より早めに交換したほうが良いかもしれません。




d0156040_1961212.jpg


これはFD3Sの写真です!
赤い部品がパワープラントフレームです。
これは社外品の強化フレームなんで赤いんですけどね。

見るからにゴツイんで強度はバッチリでしょうね。
RX-8もほぼ同じ構造です。





d0156040_19113063.jpg


やはり負担は大きかったようで・・・
かなりゴムがヘタってしまってますね~。

真ん中のセンターカラーがサブフレームに固定されます。
マウントの廻りのブラケットに 緑矢印 のように荷重が掛かります。
ミッションとデフの荷重が掛かり続けたことで、
センターカラーの位置がかなり変わってしまっていますよね。

実際にはセンターカラーの位置は固定されていますので、
ブラケットと共にデフ本体の位置が下がっていたことになります。




d0156040_1918396.jpg


装着完了~!

ドライブシャフトの上側に見えているシルバーの部品が、
デフマウントブラケットです。

これで振動も軽減されることでしょう!
走りも良くなるかもしれませんね。


最後にアライメント調整をして全ての作業が終了です。


この度はお買上げありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-04-17 19:28 | リジカラ | Comments(0)

<< OSスーパーロックNEO装着!... 進化剤施工!★GK5 フィット... >>