リジカラ装着!★コルトVerR★ブーツ交換も!!

リジカラフェアでは多くのご注文をいただきまして・・・
おかげで更新出来ていないネタがたっぷりと溜まってます。(笑
さらに、まだ装着していない分も2台ほど・・・
早めに更新しないとシャレにならんことになりそうです。


と言うことで本日はリジカラのネタです!
クルマは・・・




コルトVerR!





d0156040_1430855.jpg


コルトVerRへの装着は5台目になりますね。

このクルマは最近中古車で買ったそうなんですが・・・
何と前オーナーさんもウチのお客さんだったんです!!
オーナーさん同士はお知り合いではなく、全くの偶然なんですけどね。

初めてご来店された時に、
「何か見たことあるようなVerRだな~?」とは思ったんですがね。
その時点では前オーナーさんが手放したのを知らなかったので・・・
こんな偶然もあるんですね。


そう言えば、昔私が乗っていたFD3Sを手放した後に、
タイヤ交換でご来店されたことがあったな~。
もちろん新オーナーさんは偶然に来たんですけどね。


で、このお客さんは・・・



d0156040_14381218.jpg


広島 からのご来店・・・ ではありませんでした。(笑
ご実家は広島なんですが、現在はお仕事の関係で県内在住なんです。




d0156040_1535338.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームです。
社外品の赤いラダーフレームが装着されていますね。
VerRは純正でもこの部分にラダーフレームが装備されていますが、
さらに強度を上げたタイプの製品ですね。




d0156040_158585.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。




d0156040_1592697.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが、
各々2種類で4ピースずつの構成になっています。
両側突起は全部短めです・・・(涙




d0156040_151231100.jpg


まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。
一番オーソドックスなパターンですね。
ただし上側のリジカラは上下とも突起が短めですが・・・(笑





d0156040_15142124.jpg


いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
突起は短めだったのですが・・・
下向き突起が若干長かったのでこのパターンでいけました。
サブフレームは余裕があるんで、もう少し長くしてくれれば助かるんですが。

このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスでしたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。




d0156040_1517433.jpg


続いて B部 の図解です!

基本的には先ほどと同じ構造ですが・・・
上側のリジカラは上下ともに突起が短めです。





d0156040_15181461.jpg


まずは上側の装着中の写真です。

突起が上下ともに短めでしたので、狭いスペースでの作業が要求されます。
サブフレームが密着する寸前で一旦上げるのを止めて、
上下の突起がちゃんと穴にハマっているかを確認する必要があるんです。
もしズレたままボルトを締めちゃうと、
華奢な突起は簡単にツブれてしまいますから・・・
そうなるとせっかくのリジカラが台無しになっちゃいますんで!




d0156040_15232140.jpg


下側の写真です!

こちらも突起がサブフレームの穴にハマっています。




d0156040_15241534.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。





d0156040_15261194.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルなんですが・・・
VerRは一般的な装着方法とは異なるんです。
と言いますのもトーションビームの固定方法が特殊なんですよね。




d0156040_15301337.jpg


一般的なブッシュをボディーの鉄板で挟む方式ではなく、
ブッシュの真ん中からマウントステーが出ているタイプなんです!

マウントステーの固定ボルトに装着するようになりますので、
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。



d0156040_15581018.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが1種類・4ピースずつの構成です。
通常のトーションビームだと2ヶ所に1個ずつの2ピースなんですが、
装着ポイントが多いんでピース数も多い設定になってます。




d0156040_15593524.jpg


リアの図解です!

マウントステー上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とステーの穴に突起がハマります。
下側は片側突起タイプがステーの穴にハマるようになってます。
ステーはさほどブ厚くないので、突起も短めですね。(涙




d0156040_164178.jpg


装着中の写真です!

突起が短かったので、やはり狭いスペースでの作業が要求されます。
上側のリジカラはボディーに貼り付いていますが、
下向きの突起がステーの穴に掛かっていることを確認しながらボルトを締めます。
穴からズレていたらやはり華奢な突起がツブれちゃいますからね。




d0156040_1652823.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これでリジカラ装着作業完了です。

最後にアライメント調整をして終了となります!

通常はそうなんですが、今回はブーツ交換もやりました。




d0156040_1634656.jpg


タイロッドエンドブーツとロアボールジョイントブーツを交換しました。
破れてグリスがハミ出してる状態では無かったんですが、
全体的にヒビ割れていて、風前の灯ってカンジでしたので・・・

今度こそアライメント調整をして完了です!


この度はお買上げありがとうございました。




d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-05-25 15:03 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★スイフトスポーツ... ミスリル施工!★NRE185H... >>