ブレーキキャリパーオーバーホール!★ムーヴ★

今朝の地震、玉野は震度3だったんですが揺れはほとんど感じませんでした。
ちょうどその時間に私は洗面所にいたんですが、
リビングのカミさんのスマホから ピロリロリ~ン、ピロリロリ~ン って
地震速報の音が聞こえてきました。
「おっ、地震か?」と身構えたんですが・・・

洗面所は窓が開いていて、その外にはお隣さんちのガレージがあります。
地震速報から5~10秒後にガレージのシャッターが少しガタガタ鳴っただけでした。
リビングに戻ってTVを確認して、「玉野は震度3じゃって!」と言ったら・・・
「ええ~!全然揺れんかったじゃろ~~!!」とカミさん。
「おう、ワシも感じんかったけど隣のシャッターはガタガタ鳴ったで!」
「干拓地のほうはけっこう揺れたんじゃろうか?」
てな会話をしてから出勤しました。

出勤して倉敷在住のスタッフM君に尋ねたら、「けっこう揺れたで!!」とのことでした。
地域によって差があったんでしょうかね?
それとも我が家付近の地盤がけっこう強固なのか?
何にしても被害が拡大しないことを祈るばかりです。

すでに商品の入荷遅れ等の影響は出始めてますが・・・
ディクセルやエクセディーは出荷がストップしているそうです。
大阪北部は交通も混乱しているようで、
復旧には数日ぐらい掛かりそうな状況なんだそうです。



さて本日はブレーキキャリパーのオーバーホールのご紹介!
ここのところリジカラと進化剤のネタばっかりでしたので、
他の仕事もやってるよ!ってアピールしなきゃってことで・・・(笑

クルマは・・・



LA100S ムーヴ!





d0156040_1642666.jpg


常連さんのクルマです!
じつはご自分でブレーキパットを交換しようとしたそうなんですが・・・
ピストンが硬くて戻らなかったので、当店にSOS!

おそらくピストンが固着しているだろうからということで、
オーバーホールをすることになったわけです。




d0156040_16462928.jpg


まずはキャリパーを取り外します。
当然ながら左右ともね。





d0156040_16473292.jpg


おお~っと!ブーツが破れちゃってるじゃないですか!!
ここから水が浸入してサビ付いちゃった可能性が高いですね~。




d0156040_1649786.jpg


ブーツを外したらご覧の状態で・・・

サビがドエライことになっちゃってますね~。
そりゃあピストンも固着するわけだ。

ちなみにブーツが破れていたのは片側だけで、
もう片方はサビも無く、固着もしていませんでした。
でもオーバーホールはしますけどね。




d0156040_165228.jpg


ピストンを抜いたら・・・

固着していたほうはかなりヒドイ状態になってますね~。
もうこのピストンは再使用不可ですな!
もう片方はサビも無く比較的キレイな状態です。




d0156040_16541893.jpg


サビを落として洗浄した状態です!

幸いなことにシリンダー内部はセーフでしたね。
サビ落しをした部分は表面がデコボコしちゃってますが、
ブーツが新品になりますので大きな影響は出ないんじゃないかと思います。




d0156040_16572352.jpg


ピストンは新品に交換します!
もちろん左右ともね!!

今回は固着しているとのことでしたので、
シールキットと一緒に注文していたんですよね。
さほど高価な物ではありませんので、
オーバーホールの時には新品に交換したほうが良いですよ!




d0156040_1703599.jpg


ゴムシールを組み込んでピストンを挿入。
新品のブーツをセットしたらキャリパーの完成です!
ピストンもブーツも新品ですのでキレイですね。





d0156040_1721787.jpg


スライドピン先端のゴムリングやブーツも新品交換!
この部品はシールキットに付属してますからね。

このスライドピンの固着っていうトラブルもけっこう多いんですよね。
車検時とかに定期的にグリスアップしていれば固着も防げます。
当店では車検で入庫した車輌には、
ここのグリスアップがメニューに組み込まれています。
通すだけの車検ではありませんからね!!




d0156040_1762312.jpg


パットを組み付けて、キャリパーを復元したら、
最後にブレーキオイルのエア抜きをして完了となります。
これで当分ブレーキの心配はありませんね。

この度はご依頼ありがとうございました。


私がクルマ業界に入ったウン十年前は、車検ってかなり高額だったんです。
5ナンバー車でも20万円超えはザラでした。
でもその高額なのには理由がありまして・・・

車検ごとにブレーキのオーバーホールがメニューになっていたんです。
しかもキャリパーのシールキット交換だけではなく、
マスターのインナーキットやドラムブレーキのカップキットも交換してました。
さらには4年ごとにはブレーキホースの交換も!!
なので車検代が高額になっていたわけなんですが、
そのかわりピストンの固着なんてトラブルはほぼ皆無でしたね。

ユーザー車検が流行り始めたころから、通すだけの車検が主流になりはじめ、
ディーラーさんとかでも安い車検が増えましたよね。
ユーザーさんから依頼があったり、現状トラブルが出ていないかぎりは、
車検時にブレーキのオーバーホールはしなくなりました。
どっちが良いとは一概には言えない事ではありますが・・・

でもブレーキは安全上重要な部分ですので、
定期的なメンテナンスは必要だと思いますよ!
ブレーキオイルがまっ黒になってるクルマもたまに見かけますし・・・
その状態のことをウチでは、

醤油になってる! と言ってます!!(笑

メンテナンスのご相談もお気軽にどうぞ!









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-06-18 17:30 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

<< 祝!ルマン24時間レース初制覇... リジカラ装着!★ZVW30 プ... >>