セルモーターが回らない!★CL9 アコード★ リビルトセルに交換!!

私が免許を取ったウン十年前。
クルマの寿命は10年、10万kmと言われてました。
たしかにそれぐらいの頃になるとけっこう壊れてましたからね~。
高額な修理代が掛かっちゃうんで車輌の買い替えとなっていたわけです。

ところが最近のクルマは壊れなくなりました。
10万kmオーバーのクルマなんてザラですもんね。
私の通勤鈍足号であるウィッシュも20万kmが近づいています。(笑

使われている部品の品質が上がったことで寿命が延びているんでしょうが、
それでもノーメンテナンスではやはり壊れます。
オイル交換はもちろんのこと、
定期的なメンテナンスがクルマの寿命を大きく左右するんです。

品質が向上しているとはいえ、壊れる時には壊れます。(笑
ゴム関係は経年劣化で硬化してオイルや水漏れの原因になります。
足廻りのブッシュであればヒビ割れて操縦性の悪化を招きます。

クルマには回転する部品が多く使われており、そこにはベアリングが存在します。
ベアリングが磨耗してくるとガタが出たり、最悪は焼き付くことも・・・
消耗品って聞くとオイル等の油脂類やブレーキパット・タイヤ等を思い浮かべますが、
それら以外にも消耗品はいっぱいあるんですよね。

劣化した部品をそのまま使っていると思わぬトラブルに繋がります。
初期症状が出たタイミングで交換してやれば、
重大なトラブルを防止することが出来るんですよね。
最近はこういった予防整備を依頼される方も少なくなりましたが・・・
まあ、壊れてみないとわからないという面もありますがね。(笑
なんか怪しいな?と思ったら何でもご相談ください!


本日はセルモーターのトラブルをご紹介します。
セルモーターも回転系ですのでベアリングが使われています。
でもトラブルの要因となるのは電気系特有の部分なんですよね。
回転する電気系にはブラシという部品が使われています。
これが磨耗すると電気が流れにくくなるんです。
セルモーターやオルタネーターのトラブルの大半がブラシ関係ですね。



CL9 アコード!




d0156040_12224083.jpg


このアコードには K24A というエンジンが搭載されています。
K24Aはセルモーターのトラブルが持病のようなんです。
同じエンジンを搭載するオデッセイ等でも頻発しているようですね。

初期症状はバッテリーが弱ったときのようにセルの回りが重くなり、
そのうちセルの反応が遅くなってくるそうです。
キーを回す→.........キュルキュルって感じですかね?
で、この症状が出る間隔が徐々に短くなり、最後には回らなくなるらしい。

早いと10万kmに到達する前に症状が出ることもあるようですが、
このクルマは20万kmオーバーでしたんで優秀なほうなのかも?(笑

セルモーターを交換することになったのですが、
このエンジンは一筋縄ではいかないんですよね~。

その理由が・・・



d0156040_12322314.jpg


セルモーターの付いている位置が問題なんです。
インマニとサージタンクの奥にあるんですよね。
矢印部分 がセルモーターですが、写真ではほとんど判別できませんね。(笑

こんな奥まったところですから、このままでは工具も手も入りません。
そこでインマニやサージタンクを一旦外す必要があるんです。





d0156040_1236546.jpg


インマニとサージタンクを外すとセルモーターは丸見えになります。
この状態なら作業は楽勝ですね。

ただインマニを外すのにちょっと苦労しました。
サージタンクを支える補強ステーがエンジンに固定されているんですが、
このステーを外すのがけっこう大変でした。




d0156040_12395978.jpg


右が外したセルモーターで、左がリビルトセルモーター。

リビルト品というのはセルモーター以外にも存在しますが、
いわば中古品をオーバーホールしたものなんです。
ケース等の大物はそのまま再使用して、(これらは消耗しませんからね。)
ベアリングやブラシ等の消耗品を新品に交換してあるんです。
なので新品のセルモーターを買うよりかなりお安く修理が出来るってわけです。

外したセルモーターはリビルトメーカーに送り返します。
それをまたオーバーホールして他のクルマに・・・って流れです。
ウチでオーバーホールすることも可能ですが、
工賃のアップ分を考えるとリビルトのほうがお得だと思います。

金額が大きい物のほうがこの傾向は顕著でして、
エンジンなんかはオーバーホールよりもかなりお安くなります。
まあ、リビルトだとプラスアルファのチューニングとかは無理なので、
そういった内容をご希望の場合はオーバーホールになりますね。




d0156040_12534255.jpg


セルモーターを固定して配線を接続。
これで本体の交換作業は完了になります。




d0156040_12545584.jpg


インマニを元に戻します。
もちろんガスケット類は新品に交換してますよ。
この辺をケチると後々のトラブルの要因になっちゃいますから・・・

付ける時も例のステーには苦労させられました。(笑




d0156040_12572315.jpg


カバーやダクトを付けたら完成です!
もちろんセルモーターは軽やかに気持ちよく回るようになりましたよ。

これで当分の間は安心ですね。
ただ走行距離を考えると他の部分のトラブルの可能性は・・・(笑
まあ、その都度対処していくしかないと思いますので、
何でもお気軽にご相談ください。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-22 09:06 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

<< スタッドレス試乗会レポート!★... 進化剤施工!★シビックType... >>