リジカラ装着!★N-WGNカスタム★ リアのみ!!

今年は暖冬傾向でしたので、最近の冷え込みに体が付いて行かない。(笑
でも、これでも平年よりは暖かいんですかね~?
いくら冷え込んでも県南に雪の降る気配はありませんが・・・



さて本日はリジカラのネタです!
クルマは・・・



JH1 N-WGNカスタム!





d0156040_1220375.jpg


今回はリアのみの装着となります!





d0156040_12222214.jpg


リアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。
赤矢印 の部分ですね。




d0156040_1223965.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
緑矢印 の先に見える白っぽい部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
つまりスキマから奥が見えているってことです。




d0156040_12241974.jpg



こちらもお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!
センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
このクルマには付いていませんが、
大きめのワッシャが付いている車種に対応するため外周は大径になっています。
Nシリーズやフィットなど数車種で共用しているからなんです。

ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。



d0156040_12284310.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_12292026.jpg


1G締め で本締めします!
リフトアップした状態の時、トーションビームはブッシュを支点に後ろが下がっています。
つまりブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

まずブッシュのインナーカラーが回転出来る程度に仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろし、クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま、車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

今回はミスリル施工はしていません。

この度はお買上げありがとうございました。


トーションビームへのリジカラ装着はとってもリーズナブルなんです!
2ピースだけですので商品代金も安いですし、
あまり時間が掛からないので工賃もサブフレームタイプより低価格。
調整機能が無いのでアライメントも必要ありませんからね。

とりあえずリジカラ効果を試してみたい!って片にはピッタリです!!
まあ、フロントほどの劇的な効果は感じられないかもしれませんが・・・?
お気軽にご相談ください。






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2019-01-26 12:38 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★アクセラ★RX-... 足廻りリフレッシュ!★ウィッシ... >>