ブレーキオーバーホール!★AW11 MR2★ ボディー半塗装も!!

さてさて、溜まってるネタをドンドン片付けないといけませんね~。
と言いながらいつものようにサボリ気味ですが・・・(笑

と、いうわけで本日はブレーキキャリパーのオーバーホール作業です。
クルマは・・・



AW11 MR2!




d0156040_13291687.jpg


先日予告したもう1台のAW11です!
ボディーカラーも同じスーパーチャージャー車なんですが、
こちらはノーマルルーフです。


まずはフロントのキャリパーからバラします。



d0156040_13313712.jpg


シリンダー内部はさほどサビはありませんでした。
この程度のサビなら通常レベルと言っていいでしょうね。
もちろんこのサビもちゃんと落としておきますよ!




d0156040_13331014.jpg


キャリパーのスライドピンです!
トヨタ車はここが固着する症状がけっこう多いんです。
グリスをたっぷり塗って、固着を予防してやります。



d0156040_13345273.jpg


全てバラしてキレイに洗浄しておきます。




d0156040_13353683.jpg


新品のシールやブーツを使って組み付けます。
これでキャリパーのオーバーホールは完了です。




d0156040_13364967.jpg


キャリパーを車輌に装着したらフロントの終了です!


もちろんリアもオーバーホールしますよ。
と言うか、今回この作業に踏み切るきっかけはリアだったんです。




d0156040_13402343.jpg


右側のキャリパーからオイル漏れが発生していたんです!
スプリングが巻かれている部分が、サイドブレーキ用のクランクレバーなんですが、
このレバーを挿し込んでいる部分のブーツから漏れています。
まあ、本当の原因はそのブーツでは無いんですが・・・

ここのオイル漏れを発見したので、
オーバーホールをすることになったんですよね。




d0156040_1442270.jpg


オイルが漏れていたブーツはご覧の状態でした。
まあ、一度もオーバーホールしていなかったとすれば、
何年物のブーツだ? ってことですけどね。(笑




d0156040_1461612.jpg


ピストンを外すとサビがテンコ盛り!
ここまでヒドイとは想像していませんでした・・・(涙

ただ、幸いにも黒いピストンシールの奥側にはサビはありませんでした。
ピストンの動作に関係するのはシールより奥側ですからね。

でも、このサビをキレイに落とすのは大変でした・・・



d0156040_14103450.jpg


ピストンもご覧の状態です!
まあキャリパーがあのサビでしたので当然ですが・・・
こちらも無事にサビ落しは出来ましたよ。




d0156040_1412522.jpg


全てバラしてキレイに洗浄してやりました。

緑矢印 の部品がサイドブレーキ用のクランクレバーです。
オイル漏れしていた部分に挿しこまれていた部品ですね。
実は左側のキャリパーでこの部品が大変なことに!
それはまた後ほど・・・




d0156040_14154131.jpg


こんなところにもOリングがあります。
もちろん新品に交換してグリスを塗っておきます。

これはピストンの奥に仕込まれているサイドブレーキ用の機構です。
Oリングがハマっているのはサイド用のアジャスティングボルトという部品です。
このOリングのヘタリがオイル漏れの原因になったようです。

と言いますのも・・・




d0156040_15383892.jpg


リアキャリパーの断面図です!
に色付けしてあるのがサイドブレーキ用のクランクレバーです。
室内のサイドレバーを引くとワイヤーが引っ張られて、
この緑色のクランクレバーが回転します。

黄色のピンがレバーの窪みにハマっており、
レバーが回転することでテーパー状の窪みにより左側に押されます。
するとピンが水色のアジャスティングボルトを押して、ピストンが出てくるって仕組みなんです。

緑色のレバーの根元のピンク色の物が例のブーツです。
このブーツの内部で赤く色付けしてある部分にはグリスが充填してあります。
水色のシャフト部にハマっているオレンジ色が先ほどのOリングです。
で、ブレーキオイルは薄い黄色の部分になります。
つまりこのOリングよりレバー側には本来オイルは行かないはずなんです。
それがOリングがヘタってきたことで、
本来オイルが行かない部分に漏れ出しちゃったってことですね。

クランクレバー部のブーツっていうのは、
グリスが漏れ出すのと外部からの水の浸入を防ぐための物なんです。
なので本来防ぐ予定に無いオイルには対処できなかったってことですね。




d0156040_1611996.jpg


新品のシールやブーツを組んで、右側のオーバーホール終了!


で、左側なんですが・・・
キャリパーを外してサイド用クランクレバーを動かそうとしたらビクともしない!!
人力では到底無理で、ハンマーで軽く叩いてちょっと動くぐらいでした。

とりあえずピストンとサイド用の機構を取り外すと・・・
アジャスティングボルトがハマってたキャリパーの穴の中はサビで一杯!
断面図で黄色に色付けしてたピンもサビまみれで出てきました。

何とかクランクレバーを抜き取って、ブーツを外すとそこにはサビ・サビ・サビ・・・(笑
断面図で赤く色付けしていた本来ならグリスが充填してある部分が、
グリスの代わりにサビが充填されてるような状態でしたね。
そりゃあハンマーで叩かないと動かんわけだわ。

おそらくブーツがヘタってきたことで水が浸入してサビちゃったんでしょうね。
きっとサイドブレーキは効いてなかったんじゃないかと?
まあ、反対側が作動していればクルマは動きませんからね。


作業が大変だったので、写真を撮る余裕はありませんでした。
あのサビをご覧いただけないのは残念ですが・・・(笑



d0156040_17121425.jpg


キャリパーを装着したら、ブレーキオイルのエア抜きをして終了です!

でも古いクルマって何が起こってるかわかりませんね~。
やはり日頃からのメンテナンスは重要です。


このクルマはこの作業をする以前にあることをやっていたのでそちらもご紹介!



d0156040_17143096.jpg


年式が年式なもんでボディーの上面の塗装がツヤ無し状態になってました。
ブルーマイカメタリック という色なんですが、
表面のクリアが剥がれちゃってスカスカな塗装になってます。

ドアやフェンダーはまだ何とかツヤがありますが、
ボンネットやルーフは完全なツヤ消し塗装になってますね。(笑



d0156040_17191374.jpg


エンジンフードやトランク・ウイング上面も・・・




d0156040_17225170.jpg


スカスカだったボディー上面を、全塗装ならぬ半塗装しました!
ツヤが復活してキレイになりましたね。
これで少し古さを感じさせなくなりましたか?(笑




d0156040_17244010.jpg


ルーフの輝きも全然違います!
ウチの屋根のノボリもバッチリ写りこんでますね。




d0156040_17261459.jpg


エンジンフード・トランク・ウイングにもノボリが・・・(笑

塗装が復活するとクルマが新しく見えちゃいますね。
長く乗るためにはこういったメンテナンスも必要となってきます。
全塗装や板金修理もお気軽にお問い合わせください。


この度はご依頼ありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2019-03-18 17:37 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

<< リジカラ装着!★ZC33S ス... 進化剤施工!★レヴォーグ★マー... >>