エンジンマウント交換!★DEJFS デミオ★

リジカラのネタが溜まりつつありますが、その他の作業のネタも・・・(笑
けっこう前にやった作業とかも残ってるんですよね~。
だったらサボらないで、とっとと更新しろよ!って話なんですが・・・

というわけで溜まってるネタを!

クルマは・・・




DEJFS デミオ!





d0156040_18571123.jpg

以前にリジカラでご紹介したクルマです!

今回はエンジンマウントの交換作業です。
マウントはゴムを使ってますので、経年劣化でヘタってきます。
でも、徐々に徐々にヘタるのでわかりにくいんですよね~。
「最近、なんか振動が大きくなった気がするな~?」って具合なんです。

まあ、完全に切れちゃったりすると振動もかなり大きいですが、
ヘタリ程度では中々感じないものなんですよね~。
でも距離が出てくれば確実にヘタっていますので、
交換してみるのもけっこう効果的なんですよ!




d0156040_19040344.jpg

まずは運転席側のストラットタワー付近にあるマウントから!
FF車ではここのマウントがメインの役目を担っています。
その分ヘタリも大きいので、ここだけ替えても効果はありますよ!!





d0156040_19060997.jpg

比較写真です!
右が新品で左が取り外したマウントです。

黒い樽のような部分がマウントの本体になります。
その樽から出ている足のようなステーがボディーに固定されています。
上側のアルミのブラケットにエンジンが固定されています。
ですのでブラケットにはエンジンの荷重が掛かっているわけです。

そのためマウント本体がヘタってくるとブラケットの位置が下がっちゃうんです。
新品と比べるとマウント本体とブラケットのスキマが狭くなってますよね。
それだけマウントがヘタっているというわけです。






d0156040_19152865.jpg

続いてはミッションマウントです。
緑矢印 の部分ですね。





d0156040_19163466.jpg

こちらも左が新品です!

外周部のコの字型のブラケットと、その下の浅いコの字型の鉄板部が、
一体でボディーに固定されています。
中央の四角いゴムの部分にミッションが固定されています。

四角いゴム部にミッションの荷重が掛かっているので、
やはりヘタリで下がってきています。
取り外した方はコの字ブラケットとの間にスキマが出来ていますね。
これだけヘタっているというわけです。





d0156040_19220980.jpg

ラストは一般的にトルクロッドと呼ばれているマウントです!
主にエンジンの横揺れを抑制する役目ですね。
サブフレームとミッションを繋いでいるパターンが多いですね。

ブッシュのセンターカラーの位置が新品とは変わってますね。
左方向に押されるような荷重が掛かっていたわけです。
緑矢印部 の出っ張り部分もツブれちゃってますね。


先ほども言いましたが、マウントがヘタっても体感的な不具合はあまり感じません。
なので交換にお金を掛けるのは躊躇される場合が多いんですが・・・
でも新品に交換すると、その違いがよくわかるんです。
振動が減って快適な乗り心地になるんですよね。
けっこう費用対効果は大きい作業だとは思いますがね。

ただ決断のきっかけが・・・
なんせ、現状に不具合を感じていない場合がほとんどなので。(笑









d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2019-04-07 18:39 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

<< 虹の橋へ旅立った「もうふ」・・・(涙 リジカラ装着!★L235S エ... >>