リジカラ装着!★BMW M3★フロントのみ!2DINナビ装着等&進化剤も!!

令和一発目のネタはリジカラです!
ってもう何日だよ!?(笑
いや~GW明けはけっこうバタバタしちゃってまして・・・
やはり長い休みがあると作業が集中しちゃいますね。
ほとんどが休み前にご注文いただいてた分だったりしますけど。


さて本日のクルマは・・・


BMW E46 M3!




d0156040_18293757.jpg

今回はフロントのみの装着となります。
リジカラ以外の作業もやりましたので、一緒にご紹介しますね。







d0156040_18313435.jpg

まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

FR車ですのでエンジンが縦置きですから、
クロスメンバータイプのサブフレームですね。
ボディーへの固定部分4ヶ所に装着するようになります。

アルミ製の補強プレートも付いていますね。
サブフレームのような形状に見えてしまいますが・・・(笑
この補強プレートはM3だけに装着されているようです。





d0156040_18360631.jpg

いつもの横からビューです。
クロスメンバーを固定しているボルトが確認できますね。






d0156040_18371125.jpg

フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類2ピースと片側突起タイプが2種類で4ピース。
そして今まで見たことのない形状のものが2ピースの構成です。
リジカラ3 はかなり特殊な形状ですので、何タイプと呼べばいいんでしょうか?(笑







d0156040_18420057.jpg

まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とクロスメンバーの穴にハマる構造です。
下側は片側突起がクロスメンバーの穴にハマリます。
一番オーソドックスな組み合せのパターンですね。





d0156040_18432475.jpg

装着中の写真です!

いつものようにリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっています。
下向きの突起の先端もクロスメンバーの穴に掛かっています。
このままクロスメンバーを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起がクロスメンバーの穴にハマっています。





d0156040_18461396.jpg

続いて B部 の図解です!

ここの上側が例の特殊形状のリジカラを使うポイントなんです。
クロスメンバーから位置決め用の チ〇コ 突起が出ている構造です。
その突起部分にリジカラを密着させるために、あの形状だったわけですね。
下側は片側突起がクロスメンバーの穴にハマリます。




d0156040_18505860.jpg

アップで見ると、ある意味では芸術的とも思える形状ですね。





d0156040_18521801.jpg

装着中の写真です!

上側のリジカラはクロスメンバーの位置出し突起に沿ってハマっています。
位置出し突起とボディー穴とのスキマを埋める構造ですね。
下側のリジカラは突起がクロスメンバーの穴にハマっています。





d0156040_18560016.jpg

4ヶ所が同時にハマった状態になったら本締めします!
今回はフロントのみでしたので、リジカラ作業はこれで完了です。


続いてはリジカラ以外の作業で・・・




d0156040_18575164.jpg

まずはフロントのロアアーム交換です!
上側が外したアームで、下側が新品のアームです。
今回はブッシュも特殊なものに交換します。





d0156040_19003404.jpg

アーム後方部分のブラケットから純正ブッシュを抜き取って、
ポリウレタンブッシュ を圧入します。

一般的に足廻りのブッシュにウレタンは向いていないんです。
ゴムより硬いので昔から強化ブッシュとして使われてはいたのですが・・・
ウレタンは弾力性が無いので磨耗しちゃうんですよね。
で、すぐに足廻りにガタが出ていたんです。

競技専用車輌のように走行距離が少ない場合は問題ないようですが、
通常レベルの距離を走るクルマ用としては耐久性に欠けるんです。
最近では4X4用のローダウンキットのショックとかでよく見かけますが、
コトコト音とかが出始めてチェックすると砕けていることがけっこうあります。
なので街乗りでの用途には向いていないんですよね~。

ところが、この ポリウレタン って素材は自己潤滑作用があって、
通常のウレタンみたいに磨耗しないそうなんです。
当店でも以前にAW11に装着した作業をご紹介しましたね。
TEINのような大手メーカーも商品を発売してますし・・・

今回のブッシュはお客さんの持ち込みでしたので詳細はわかりませんが・・・?





d0156040_19084272.jpg

ブラケット側に黒いブッシュを圧入。
アーム側に紫のブッシュを圧入。
で、ブラケットは紫のブッシュに挿しこんであるだけなんです。
なのでここは自由に回転します。
アームが上下動するときのフリクションが激減しますから、
動きはかなりしなやかになるんじゃないでしょうかね?





d0156040_19125922.jpg

アームを装着して完了です。
最後にアライメント調整をして足廻りの作業は終了となります。



続いては2DINナビの装着作業のご紹介です。
この時代の欧州車って2DINナビの装着が困難なことが多いんです。
そのあたりの理由は追々に説明します。




d0156040_19155559.jpg

このクルマには純正ナビが付いています。
パッと見では2DINのように見えますが、じつはカラクリがあるんです。





d0156040_19171385.jpg

これは純正ナビが付いていないE46のオーディオ写真です。
上側が1DINサイズのデッキで、下側がエアコンパネルになっています。
表面的には2DINが収まるスペースに思えますが・・・





d0156040_19205929.jpg

じつは下段部分は奥行きが無いんですよ!
緑矢印部 のようにヒーターユニットが出っ張っているんですね~。
そのため下段は奥行きがあまり必要ないエアコンパネルだったわけです。

ところがやはり2DINナビを付けたい人は世界中にいるようで・・・(笑
海外製品で専用の取り付けキットが発売されているんです。
今回はオーナーさんがそのキットを持ち込んでの作業となりました、
黄矢印部 に白い線があるのがわかりますか?
これはキットの部品を装着するためのケガキ線なんです。




d0156040_19264267.jpg

2DINに見えた純正ナビはこの形状です。
下段は奥行きが少なくなってますね。
純正だからこそ出来る方法ってとこになりますね。





d0156040_19282724.jpg

先ほどのケガキ線に沿ってヒーターユニットを切り取ります。
キット付属のパネルを装着すれば2DINサイズが収まるスペースの誕生です!
それにしてもヒーターユニットを切り取るなんて、
さすが外人さんは発想が大胆ですね~。(笑





d0156040_19314427.jpg

このクルマのもう一つの難点がコレ!
純正ナビ付きのオーディオは、ハーマン・カードン のアンプを使った、
10スピーカーのオーディオシステムなんですよね。
そのため欧州車用の配線キットが使えないんです。

緑矢印部 がアンプなんですが、隣にはチューナーユニットがあります。
このチューナーユニットに接続されているカプラーに、
ナビの音声信号を入力しないといけないんですよね。
そのためスピーカーケーブルをナビから引き廻す必要があります。
さらにラジオのアンテナケーブルも延長しないといけません。





d0156040_19383108.jpg

緑矢印部 がチューナーユニットに接続されてたカプラーです。
ナビから引き廻したスピーカーケーブルを接続しています。
もちろんアンテナ延長ケーブルも使ってますよ。
どちらも5mほどの長さが必要となります。

忘れちゃいけないのがアンプの電源スイッチケーブル。
いわゆるリモートケーブルってやつです。
こちらもナビから延長してやります。





d0156040_19425765.jpg

一番上段に付いてたCDチェンジャーとチューナーユニットは撤去しました。
どちらも必要なくなりますからね。
残っている黒いフェイスパネルの箱は純正ナビのユニットです。
これも必要なくなるので撤去しようとしたのですが・・・

どうやらアンテナの接続がチューナーユニットの前でこのナビユニットを通っているようで、
撤去してしまうとラジオの感度が極端に落ちちゃうことが判明!
そこでナビユニットは残したままにしてあります。




d0156040_20110844.jpg

2DINナビ装着完了です!






d0156040_20120411.jpg

ちょっと心配だったパネルの沿いもOKでした!
海外製品はこのあたりに若干の不安がありますからね~。(笑






d0156040_20140390.jpg

最後の仕上げに進化剤をエンジンに施工しました!
って、何の仕上げぢゃ?(笑
エンジンに初めての施工になりました。


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑

この度はお買上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg




岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2019-05-14 20:26 | リジカラ | Comments(0)

<< 水漏れ修理!★S2000★ ウ... ゴールデンウィーク休業のお知らせ >>