リジカラ装着!★ZC33S スイフトスポーツ★ LSD&スタビも装着!!

4月末まで春のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

*フェアの特典は前後1台分のご購入及び取付けの場合が、適用の条件となります。

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。


おかげさまで多くのご注文をいただいており、
ネタが溜まってきてますので、早めに更新しないといけませんね。

ってことで本日のクルマは・・・



ZC33S スイフトスポーツ!




d0156040_1450366.jpg


スイフトスポーツへの装着は新旧合わせて11台目となり、
プリウスに次ぐ単独2位の台数になりましたね。
ZC33Sだけでは今回で3台目です。

今回はリジカラの装着だけでなく、
LSDやスタビライザーも同時に装着しましたので、そちらも一緒にご紹介します。


で、このお客さんは・・・



d0156040_14532999.jpg


愛知県 からのご来店・・・ではなく、広島県 からでした。
転勤で愛知から広島へ来られたんだそうです。
愛知ほど遠くはありませんが、それでも遠方からのご来店ありがとうございます。




d0156040_153386.jpg


まずはサブフレームを降ろしちゃいました!
通常のリジカラ装着作業ではサブフレームを降ろしてしまうことはありませんが、
今回はLSDの作業で6MTを降しますし、スタビの交換もありますからね。

6MTはサブフレームがあっても降ろせそうでしたが、
無いほうが絶対に作業効率は良いですからね~。



d0156040_1572127.jpg


CUSCO Fスタビライザー! 

サブフレームを降ろした時点でスタビを交換しておきました。
ブルーのスタビが目立ちますね。



d0156040_1592821.jpg


6MTが降りました!
やはりサブフレームが無い分、作業効率は良かったですね。




d0156040_15103211.jpg


さあ、ここから6MTの分解に取り掛かります!
まずはシフトセレクトレバーやシャフトをASSYで外します。
スイッチやらボルト類を外してケースを開けます。



d0156040_15165258.jpg


ケースを開けるとミッションのギアやデフが出現しました!
デフをケースから取り出すには、
まずはミッションのギアたちを外さないといけないんですが・・・

整備書によるとまずは 緑矢印部 のブラケットを外します。
これは何ら問題はありませんね。
次に 赤く色付け した部分を一体で抜き出せ!ですと!!!
インプットシャフトにカウンターシャフト、シフトのシャフトが4本。
さらにブラケットに隠れている部分にリバースのギアもあるんです。

これらを一体で抜き出すなんて、よほどの熟練工じゃなきゃ無理でしょ!?(笑
または専用の治具でも使わないと・・・
ヘタして抜いてる途中でバラけて落ちても困りますしね~。

そこで構造をよく観察して、少しずつバラしていきました。
まあ、MTの構造を理解してれば何とかなるもんです。(笑




d0156040_15534973.jpg


デフやミッションのギアが取り出せたら、ケースを清掃しておきます。
パッキンのカスとかが残っているので、キレイに除去しておかないといけません。
もちろん反対側のケースも同様にね。




d0156040_1556191.jpg


CUSCO 1WayLSD typeRS! 

低イニシャルトルクに設定してるので耐久性が抜群ながら、
高レスポンスでダイレクトに反応するLSDです。

あっ、もちろん左側が純正のオープンデフですよ。(笑
見た目が全然違いますよね。

それにしてもFF車へのLSD装着は久しぶりですかね?
ZC31Sのスイフトスポーツ以来かな??
ジムカーナ全盛時代はシティやらシビックやらによく装着してましたが・・・
さらにオーバーホールやイニシャル変更の作業もよくやってましたし。

最近ではNSXやAW11等のミッドシップ車に装着しましたが、
MTの構造がFF車と同じなんで作業内容がさほど変わりませんので、
久々の作業のような気はしませんけどね。(笑



d0156040_1691994.jpg


純正デフからリングギアを付け替えて、
新品のサイドベアリングを圧入したらLSDの準備完了!



d0156040_16314227.jpg


デフをケースに収めたらミッションのギアを元に戻します。
もちろんバラした時の逆の手順でね。
全部を一体で挿しこむのは、熟練工ではない私には無理ですので。(笑




d0156040_16345557.jpg


ケースを被せたら補機類を装着します。
これでLSDの組込み作業は完了です!



d0156040_16363380.jpg


今回クラッチは何もしませんが、レリーズベアリングは新品に交換しました。
この6MTのレリーズベアリングはレリーズシリンダーと一体なんです。
どちらもミッションを降ろさないと交換出来ませんからね。




d0156040_16384362.jpg


もちろんオイルシールも新品です!



d0156040_16393352.jpg


シフトケーブルブラケットのブッシュも交換しました!
純正のゴム製からウレタンに材質変更になりますので、
シフトのグニャグニャ感が抑えられフィーリングが向上するんです。



d0156040_16413521.jpg


6MTを載せてドラシャを挿し込んだらLSD装着作業の完了です!


では、ここからはいつものようにリジカラ装着作業のご紹介です。




d0156040_1643662.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
このクラスのクルマでは国際的にスタンダードな構造になってます。



d0156040_164458.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。
サブフレーム後方部にはガセットプレート風の補強板が、
共締めではなく溶接されて一体化しています。

さらに B部 には CUSCOパワーブレース が共締めされています。




d0156040_1652214.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが各々2種類・4ピースずつの構成です。
リジカラ3 は突起がけっこう短めです。(涙
下向きの突起は長めにしてもらったほうがありがたいんですがね~。




d0156040_1653342.jpg


まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。

こちらの突起が上側よりもかなり長くなっています。
できれば上側の下向き突起を長くしてくれたほうが・・・
まあ、これぐらいの長さであれば、苦労するというほどではありませんけど。




d0156040_16552224.jpg


今回はサブフレームを一旦降ろしましたのでボディー側を撮影!
黄矢印 の部分がサブフレームが固定されていた痕跡ですが、
ボディーの穴と偏芯しているのがわかりますね。



d0156040_16581534.jpg


いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっています。
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになってましたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。




d0156040_16585897.jpg


続いて B部 の図解です!

ここはロアアームが共締めになっている構造です。
最近のFF車ではこの構造の車種もけっこう増えてきましたね。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う、一番オーソドックスなパターンです。
ただ、上側の突起は上下ともに短いので・・・(笑




d0156040_1703178.jpg


上側の装着中の写真です!

突起の短いタイプは狭いスペースでの作業が要求されます。
サブフレームが密着する寸前で、上げるのを一旦止めます。
上下の突起がちゃんと穴にハマっているのかを確認してやる必要があるんです。
もし穴からズレたまま締めちゃうと突起がツブれてしまうんです。

ご覧のようなスペースなんで作業はやりにくいんですよね~。
なので下向き突起は長いほうが作業者はありがたいんです。
何しろサブフレームは十分な厚みがありますからね。
ただ、穴径が小さいので長くできないって実状がありますけどね。




d0156040_1731159.jpg


下側も突起がサブフレームの穴にハマっています。
ここはパワーブレースが共締めになっているんですが、
まずはボルトだけを挿し込んで位置決めをします。
位置が決まったらサブフレームをボディーに密着させてから、
パワーブレースを装着するという手順になります。

そして、ここはロアアームが共締めでしたので、この状態で本締めはしません。
1G締め が必要になりますので、とりあえずこの段階では仮締めしておきます。



d0156040_1762076.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。
緑矢印 の部分ですね。




d0156040_179355.jpg


このクルマは装着部がカバーで隠れています。
カバーを一旦外してリジカラを装着して、
1G締め をした後に再度リフトアップしてカバーを戻します。




d0156040_1794617.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
緑矢印 の先に見えるシルバーの部分は、ブッシュのインナーカラー端面なんです。
つまりスキマから奥が見えているってことです。

ZC33Sはスキマが大きめの部類になりますかね?!




d0156040_17115875.jpg


またまたお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。
スキマが大きかったので、突起もゴツめになってますね。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
このクルマのように大きめのワッシャが付いている車種に対応するため
外周は大径になっていますが、ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。




d0156040_17123465.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_17131231.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態の時、トーションビームはブッシュを支点に後ろが下がっています。
つまりブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
そのまま締めてしまうと、クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

まずブッシュのインナーカラーが回転出来る程度に仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろし、クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま、車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

本締め後は再度リフトアップしてカバーを戻します。




d0156040_17141595.jpg


フロントの B部 も 1G締め をしましたよ!
ロアアームが共締めですので、ブッシュにヨジレが出ちゃいますから・・・

本締め後はやはりボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
一体化されている補強フレーム部分にもオマケで塗ってあります。
このクルマではパワーブレースとリジカラの併用は問題ありませんでした。
車種によっては加工が必要になる場合や、
併用不可の場合もありますので、事前にご相談いただければと思います。

また、パワーブレースの脱着に手間が掛かる場合は、
追加工賃が必要になることもありますのでご了承ください。
今回程度であれば追加工賃は不要です。


これでリジカラの装着作業は完了です。
あとはアライメント調整をして終了なのですが、
他にも装着したパーツがありますので、そちらもご紹介します。




d0156040_1720037.jpg


CUSCO リアスタビライザー! 

ZC33Sはノーマルではリアにスタビは装着されていません。
クスコのスタビはトーションビームに固定して、
バーのネジレを利用することでスタビの効果を発揮させるタイプですね。



d0156040_17223872.jpg


アールズ ワイドトレッドスペーサー! 

アールズのワイトレは20mmと15mmの設定があるのですが、
純正ホイールでのフェンダークリアランスを考慮して15mmをチョイス!

フェンダーからハミ出してしまうサイズの物は当店では取付けできませんので・・・!


この度はお買上げありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-03-19 17:34 | リジカラ | Comments(0)

ブレーキオーバーホール!★AW11 MR2★ ボディー半塗装も!!

さてさて、溜まってるネタをドンドン片付けないといけませんね~。
と言いながらいつものようにサボリ気味ですが・・・(笑

と、いうわけで本日はブレーキキャリパーのオーバーホール作業です。
クルマは・・・



AW11 MR2!




d0156040_13291687.jpg


先日予告したもう1台のAW11です!
ボディーカラーも同じスーパーチャージャー車なんですが、
こちらはノーマルルーフです。


まずはフロントのキャリパーからバラします。



d0156040_13313712.jpg


シリンダー内部はさほどサビはありませんでした。
この程度のサビなら通常レベルと言っていいでしょうね。
もちろんこのサビもちゃんと落としておきますよ!




d0156040_13331014.jpg


キャリパーのスライドピンです!
トヨタ車はここが固着する症状がけっこう多いんです。
グリスをたっぷり塗って、固着を予防してやります。



d0156040_13345273.jpg


全てバラしてキレイに洗浄しておきます。




d0156040_13353683.jpg


新品のシールやブーツを使って組み付けます。
これでキャリパーのオーバーホールは完了です。




d0156040_13364967.jpg


キャリパーを車輌に装着したらフロントの終了です!


もちろんリアもオーバーホールしますよ。
と言うか、今回この作業に踏み切るきっかけはリアだったんです。




d0156040_13402343.jpg


右側のキャリパーからオイル漏れが発生していたんです!
スプリングが巻かれている部分が、サイドブレーキ用のクランクレバーなんですが、
このレバーを挿し込んでいる部分のブーツから漏れています。
まあ、本当の原因はそのブーツでは無いんですが・・・

ここのオイル漏れを発見したので、
オーバーホールをすることになったんですよね。




d0156040_1442270.jpg


オイルが漏れていたブーツはご覧の状態でした。
まあ、一度もオーバーホールしていなかったとすれば、
何年物のブーツだ? ってことですけどね。(笑




d0156040_1461612.jpg


ピストンを外すとサビがテンコ盛り!
ここまでヒドイとは想像していませんでした・・・(涙

ただ、幸いにも黒いピストンシールの奥側にはサビはありませんでした。
ピストンの動作に関係するのはシールより奥側ですからね。

でも、このサビをキレイに落とすのは大変でした・・・



d0156040_14103450.jpg


ピストンもご覧の状態です!
まあキャリパーがあのサビでしたので当然ですが・・・
こちらも無事にサビ落しは出来ましたよ。




d0156040_1412522.jpg


全てバラしてキレイに洗浄してやりました。

緑矢印 の部品がサイドブレーキ用のクランクレバーです。
オイル漏れしていた部分に挿しこまれていた部品ですね。
実は左側のキャリパーでこの部品が大変なことに!
それはまた後ほど・・・




d0156040_14154131.jpg


こんなところにもOリングがあります。
もちろん新品に交換してグリスを塗っておきます。

これはピストンの奥に仕込まれているサイドブレーキ用の機構です。
Oリングがハマっているのはサイド用のアジャスティングボルトという部品です。
このOリングのヘタリがオイル漏れの原因になったようです。

と言いますのも・・・




d0156040_15383892.jpg


リアキャリパーの断面図です!
に色付けしてあるのがサイドブレーキ用のクランクレバーです。
室内のサイドレバーを引くとワイヤーが引っ張られて、
この緑色のクランクレバーが回転します。

黄色のピンがレバーの窪みにハマっており、
レバーが回転することでテーパー状の窪みにより左側に押されます。
するとピンが水色のアジャスティングボルトを押して、ピストンが出てくるって仕組みなんです。

緑色のレバーの根元のピンク色の物が例のブーツです。
このブーツの内部で赤く色付けしてある部分にはグリスが充填してあります。
水色のシャフト部にハマっているオレンジ色が先ほどのOリングです。
で、ブレーキオイルは薄い黄色の部分になります。
つまりこのOリングよりレバー側には本来オイルは行かないはずなんです。
それがOリングがヘタってきたことで、
本来オイルが行かない部分に漏れ出しちゃったってことですね。

クランクレバー部のブーツっていうのは、
グリスが漏れ出すのと外部からの水の浸入を防ぐための物なんです。
なので本来防ぐ予定に無いオイルには対処できなかったってことですね。




d0156040_1611996.jpg


新品のシールやブーツを組んで、右側のオーバーホール終了!


で、左側なんですが・・・
キャリパーを外してサイド用クランクレバーを動かそうとしたらビクともしない!!
人力では到底無理で、ハンマーで軽く叩いてちょっと動くぐらいでした。

とりあえずピストンとサイド用の機構を取り外すと・・・
アジャスティングボルトがハマってたキャリパーの穴の中はサビで一杯!
断面図で黄色に色付けしてたピンもサビまみれで出てきました。

何とかクランクレバーを抜き取って、ブーツを外すとそこにはサビ・サビ・サビ・・・(笑
断面図で赤く色付けしていた本来ならグリスが充填してある部分が、
グリスの代わりにサビが充填されてるような状態でしたね。
そりゃあハンマーで叩かないと動かんわけだわ。

おそらくブーツがヘタってきたことで水が浸入してサビちゃったんでしょうね。
きっとサイドブレーキは効いてなかったんじゃないかと?
まあ、反対側が作動していればクルマは動きませんからね。


作業が大変だったので、写真を撮る余裕はありませんでした。
あのサビをご覧いただけないのは残念ですが・・・(笑



d0156040_17121425.jpg


キャリパーを装着したら、ブレーキオイルのエア抜きをして終了です!

でも古いクルマって何が起こってるかわかりませんね~。
やはり日頃からのメンテナンスは重要です。


このクルマはこの作業をする以前にあることをやっていたのでそちらもご紹介!



d0156040_17143096.jpg


年式が年式なもんでボディーの上面の塗装がツヤ無し状態になってました。
ブルーマイカメタリック という色なんですが、
表面のクリアが剥がれちゃってスカスカな塗装になってます。

ドアやフェンダーはまだ何とかツヤがありますが、
ボンネットやルーフは完全なツヤ消し塗装になってますね。(笑



d0156040_17191374.jpg


エンジンフードやトランク・ウイング上面も・・・




d0156040_17225170.jpg


スカスカだったボディー上面を、全塗装ならぬ半塗装しました!
ツヤが復活してキレイになりましたね。
これで少し古さを感じさせなくなりましたか?(笑




d0156040_17244010.jpg


ルーフの輝きも全然違います!
ウチの屋根のノボリもバッチリ写りこんでますね。




d0156040_17261459.jpg


エンジンフード・トランク・ウイングにもノボリが・・・(笑

塗装が復活するとクルマが新しく見えちゃいますね。
長く乗るためにはこういったメンテナンスも必要となってきます。
全塗装や板金修理もお気軽にお問い合わせください。


この度はご依頼ありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-03-18 17:37 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

進化剤施工!★レヴォーグ★マーチ★ エアコン施工も!!

本日も進化剤のネタを2台まとめてご紹介します。
この2台っていうのは同じオーナーさんのクルマなんですよね。
進化剤にハマっちゃうと家のクルマ全部に施工したくなる・・・
ってパターンの事例なんです。(笑

まず1台目のクルマは・・・




レヴォーグ!




d0156040_17574556.jpg


エンジンに 6回目 の施工となりました!

1回目の施工が約1年前でしたので、かなり早いペースでの施工です。
それもそのはず、このクルマのオーナーさんは、
あの 25回 施工で世界記録更新中のステージアのオーナーさんなんですよね。

走行距離がかさんできたステージアをいたわるために、
最近はこのレヴォーグを足としてよく使っているんです。
そのために進化剤施工のペースが早くなるのも当然の流れですかね?


2台目のクルマは・・・



マーチ!



d0156040_1861115.jpg


エンジンに 4回目 の施工となりました。

このマーチは奥さんのクルマなんですよね。
ご自身はあまり運転することは無いようなんですが、
やはり家のクルマにはやっておかないと気がすまないようです。(笑


で、今回は・・・



d0156040_1812935.jpg


当店の夏の風物詩! エアコン進化剤施工!! 

って、夏じゃありませんが・・・
エアコンは一年中使いますからね。
まあ、夏ほどの使用頻度では無いでしょうけど・・・

進化剤をエアコンに施工するとコンプレッサーの抵抗が減ります。
エアコンを掛けた時のパワーダウンが抑えられるんです。
Kカーやコンパクトカーのように元々トルクの細いクルマには、
特に効果が大きく出るので、ぜひ一度お試しください!!


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-03-12 18:19 | 進化剤 | Comments(0)

進化剤施工!★AW11 MR2★スーパーチャージャーにも!!

例の泥棒騒動以降バタバタしてまして、更新が出来ていませんでした。
溜まってるネタがたっぷりですのでサボってちゃイカンのですが・・・(笑
リジカラフェアでご注文もいただいてますんで、
ドンドンとネタが溜まる一方ですからね~。



本日は進化剤施工プラスアルファのネタです。
クルマは・・・




AW11 MR2!





d0156040_14303733.jpg


エンジンに 6回目 の施工となりました。

このクルマは以前にも何度かご紹介しています。
年式が年式ですので、オーナーさんはメンテに気を使っています。
今回は車検でのお預かりだったのですが、
車検を通すだけでなくイロイロやりました。




d0156040_14335484.jpg


スパーチャージャーもオイル交換しました!
日頃はあまり交換するとこじゃないんで、
こういった機会にやっとかないとね!!




d0156040_14354681.jpg


で、進化剤も 2回目 の施工となりました。

スパーチャージャーは新品はすでに生産終了しています。
何年か前にエンジンをオーバーホールしたのですが、
その時にチャージャーのベアリングにガタが出ていたんですよね。
で、部品を検索したけど、すでに無かったというわけです。

幸いにも程度の良い中古品が手に入ったので交換しました。
今後さらに部品の入手は難しくなるでしょうから、
進化剤施工で保護してやらないといけないんですよね~。




d0156040_14423132.jpg


おっと、ドライブシャフトのブーツが破れちゃってます!
このままじゃ車検にはパスしませんね。

いつもならリビルトのドラシャに交換するところなんですが・・・
さすがにAW11用は設定がありませんでした。
まあ、当然と言えば当然なんですが・・・(笑




d0156040_14445357.jpg


そこで現物をバラしてブーツ交換しました!
もちろん左右ともにインナー・アウターの両方交換しています。

AW11のドラシャブーツ交換ってけっこう大変なんです。
ジョイント部をバラすと中のボールとかがバラバラになっちゃうんです。
これを元通りに組むのに若干苦労しました。




d0156040_14492432.jpg


オイルシールも新品交換してあります!



d0156040_14501757.jpg


ドラシャを挿して復元完了!

MTオイルを注入してからの・・・




d0156040_14511513.jpg


6回目 のMTへの進化剤施工です!!

MTへの施工は効果が特にわかりやすいんですよね~。
シフトがスコスコ入るようになるんで、運転が楽しくなりますよ!


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑



d0156040_1454155.jpg


全ての作業が終了してオーナーさんへの引渡し待ちの時に・・・

駐車場にもう1台AW11が停まってます!
同じ後期のスーパーチャージャー車でボディーカラーまで同じです。
ただこっちのクルマはTバールーフなんですが、
あっちのクルマはノーマルルーフって違いはありますが・・・

同じく常連さんのクルマで、とある作業でお預かりしました。
その作業も、またご紹介しますね。






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-03-11 15:02 | 進化剤 | Comments(0)

やられた・・・★泥棒さんご来店!★ 被害はたいしたことなかったけど。

昨日、ウチの店に泥棒が入りました!
正確には2/28の夜から3/1の朝に掛けてなんですけどね。


防犯上詳しくは書けませんが、
ピットにある裏口から侵入という手口です。

幸いに在庫の商品には手を付けていませんでした。
お客さんから注文もらってた商品が盗まれたりしたら大変でしたからね。
レジのお金も毎晩持って帰っているのでセーフ。
引き出しに入れてた小銭が少々盗まれた程度で済みました。
侵入して金目の物だけ盗んでさっさと引き上げるってパターンですね。
タイヤとかは運び出すのも面倒だし、換金も中々ね・・・


倉敷署に通報したら・・・
ウチの前の幹線道路沿いで数件の被害があったそうな。
そのため人手が足りないような口ぶりでした。

で、最初に鑑識さんが1人でやって来ました。
「この人だけでやるのかな~?」と思っていたら、
私服の刑事さんが2人到着。
他の現場と掛け持ちしているのか、
出て行ったり帰ってきたりを3回ほど繰り返してました。

続いて地域課の制服のお巡りさん2人が現チャリで到着。
さらに鑑識さんが1人増員。
さらに、さらに鑑識さん2人もやってきて、けっこうな人数に・・・



d0156040_2010580.jpg


被害金額は大したことなかったのは不幸中の幸いでしたが・・・
通報した時に「現場保存のために何も動かすな!」と言われたので、
開店準備のためにタイヤを店頭に出すことも出来ず。

指紋や足跡などの証拠を採取する度に、
私が立会いで指差しをしての写真撮影会が・・・(笑

もちろん私とスタッフMくんの指紋と靴型も採取されました。
結局、全てが終って警官が全員帰ったのは1時を廻ってましたね。
もう半日丸ツブレですわ!

まあ、鑑識作業がほぼ終了したところで、
新たな事態が判明したために鑑識がさらに伸びちゃったんですがね。
犯人さん! ゲソ痕 バッチリ採られてますから、早く自首したほうが良いですよ!!

本当に疲れた1日となりました。
もう2度と経験したくないですね!

あっ、裏口のほうですが業者さんがすぐに来て対処してくれました。
さらに私が手を加えて防犯対策も強化しておきました。









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2019-03-02 09:12 | 今日のオートリファレンス | Comments(4)