カテゴリ:今日のオートリファレンス( 130 )

大特価!車高調キャンペーン!!★12月末までの期間限定★

12月末までの期間限定!
大特価!車高調キャンペーン!! 


人気の車高調を12月末までの期間限定で、
大特価でご奉仕いたします!!


d0156040_1344166.jpg


FLEX-Z・FLEX-A
STREET ADVANCE (Zシリーズ含む)
STREET BASIS (Zシリーズ含む)

25%OFF! 







d0156040_1352959.jpg


Street&StreetA
Street Zero&ZeroA
ToulingA


25%OFF! 







d0156040_13554787.jpg


DAMPER ZZ-Rシリーズ
(SPEC-Cは除く)

45%OFF! 





さらに車高調ではありませんが・・・



d0156040_13595911.jpg


Ti2000ダウンサス

40%OFF! 






d0156040_1412294.jpg


HIGH・TECHダウンサス

55%OFF! 


人気の車高調&ダウンサスを
通常ではありえない大特価にてラインナップしました。


上記キャンペーン価格は、
当店での取付け作業及び
アライメント調整の実施が条件となります。


作業を伴わない
お持ち帰りなどの場合は
キャンペーン価格は適用されませんので
ご了承ください。



ローダウンをご検討中の方は
このチャンスをお見逃しなく!!



上記以外の車高調でも特価が出せる場合もありますので、
お気軽にお問い合わせください。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-10-20 15:03 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

スタッドレス試乗会レポート!★ブリザックVRX2★

最近涼しい日が増えてきたとはいえ、
まだまだ冬に向かっているという気はしませんが・・・(笑
でも、時期的にはスタッドレスの仕入れを始める頃なんですよね。

そういう時期を狙ってブリヂストンは毎年この頃になると、
スタッドレスの試乗会を開催しているんです。
私は今まで参加したことが無かったんですけど、
今回プライベートな理由もあって出かけて来ました。





d0156040_148576.jpg


ヘルスピア倉敷スケートリンク! 

フィギュアの髙橋大輔選手や田中刑事選手が育ったリンクですね。
この時期にスタッドレスの試乗会をするわけですから、
何と言っても 滑る路面 が必要になりますからね~!!

私は隣に併設されている宿泊施設の会議室には、
研修や同窓会で何度か来たことありますが、スケートリンクのほうは初訪問。
じつはこのリンクで中学の時の同級生が働いているんです。
なので久々に彼に会ってみたいというプライベートな理由もあったわけです。(笑

そういえば外の喫煙所で休憩していた時、セミの鳴き声が聞こえました。
大平山は季節がズレてるのか?(笑





d0156040_1424329.jpg


リンクの中では試乗に使う アクア がスタンバってます。

今回試乗するタイヤは・・・

・ブリヂストン ブリザックVRX2
・A社 昨年新発売のモデル
・B社 一昨年新発売のモデル

(B社ってBSじゃありませんよ!(笑)

昨年も同じ組合せの3社で新品タイヤを使ったそうなんです。
で、今年はそのタイヤを再使用しています。
ただし単に再使用しているわけじゃあ無いんです。

昨年使用した3社のタイヤをBSの工場で 4年経過仕様 にしてあるんです。
何でも熱や圧力や紫外線を一定期間浴びせ続けることで、
4年経過と同様の経年劣化状態にすることが出来るんだとか・・・

後日、工場勤務の常連さんにこの話をしたら、
「ウチの会社にも同じような装置があるよ!」とのことでした。
耐久性のテストが必要な企業ではどこでも持っているんですかね。

最近は各社ともに 効きが長持ち っていうのをアピールしていますんで、
4年経過仕様の性能がどうなっているのかが楽しみです。
もちろん3社ともに同じ条件で劣化させているそうです。
まあ、BSはそんなズルをする必要はありませんからね。(笑




d0156040_14415016.jpg


試乗するコースはこんなカンジ。

まず乗降口でクルマに乗り込みます。
1号車がVRX2装着車で、2号車がA社、3号車がB社になります。
なので同じコースを3回走行するわけです。
ピンクの矢印 が試乗コースになります。

アクアに乗り込んだら少し前に移動させ、合図に合わせてスタート。
スタートでは発進時の安定性などを体感します。

続いて旋回コースを2周回ります。
ここではコーナリング時のグリップ性能を体感します。
コースの円は直径7~8mほどなので、けっこうハンドルを切る必要がありますので、
わりと低速から滑り始める設定になってます。
スピードが出る設定だと危ないですからね。

2周の旋回が終わると次はブレーキ性能を体感します。
コーンが立っているところで一旦止めます。
アクセルを踏まないでブレーキを話した状態、
いわゆる クリープ現象 で前方の障害物に向かって進みます。

アクアには自動ブレーキが装備されていますので、
前方の障害物を感知して自動ブレーキで停止する距離を体感します。

試乗後は 青矢印 のように乗降口まで戻り、次の人にバトンタッチ。
で、自分は次に帰ってくるクルマに乗り込むというパターン。
これを3台繰り返すわけです。




d0156040_15255452.jpg


2台並んでいる後方のアクアが乗降中です。
で、前方のアクアがこれからスタートするところ。
(前車の旋回走行が終るのを待ってスタートするわけです。)

スタート位置から旋回コースまでは15~20mほどの距離しかありません。
なのであまり強くアクセルを踏まずに普通に発進します。
スピード出しすぎると真っ直ぐ壁に突っ込んじゃいますから・・・

VRX2とA社では違和感無く発進出来ました。
ところがB社の時は軽くホイールスピン!
アクセルは今までと同じ踏み方だったんですけどね。
これは大きなマイナス評価です。



d0156040_15335327.jpg


旋回コースは小さめのコーンを並べて円を作ってます。
直径7~8mほどですが10km/h程度の速度では3社ともに滑りません。
速度が15km/hぐらいになると滑り始めるんですよね。

VRX2も15kmぐらいから滑り始めました。
ただ滑っていてもハンドルには若干のグリップ感が残っており、
オーバーランをしながらもハンドルを切ってる方向に進んで行きました。
そしてアクセルを放して少し速度が落ちるとすぐにグリップが回復。
まあ、わりと安心感のある滑り方だったと思います。

続いてのA社も15kmぐらいまでは粘りました。
しかしそこからの滑り方はVRX2よりは唐突だった印象。
ハンドルに伝わるグリップ感も少なく、
そのままオーバーランしていく印象でしたね。
ただ、グリップの回復速度はそれなりに早かった印象です。

最後のB社は15km手前ぐらいから滑り始めたんですが、その滑り方が・・・
一気にダ~ッとオーバーランしちゃうカンジ。
ハンドルに残るグリップ感もほぼ皆無でしたね。
グリップの回復もかなり遅かったです。
かなりダメダメな印象で、このタイヤで凍結路を走るのはちょっと怖い・・・
4年経ったらここまで性能が落ちるのか...っていう見本のようでした。
まあ、新品タイヤで試乗したことないんで、大きなことは言えませんが。(笑






d0156040_161511.jpg


ハンドルを左に切ってますが、クルマは真っ直ぐ進んでます。(笑
3号車ですからB社のスタッドレスですね。

他の人が乗ってるところを外から見てましたが、
やはり一番ハデにオーバーランしてましたね。
全然ハンドルが効かず、みなさん苦労していた様子。(笑

案外、外から見るのも違いが良くわかりましたよ。





d0156040_1655757.jpg


こちらも大きくオーバーラン!
ハンドルを大きく左に切ってますが、クルマは真っ直ぐ進んでます。
コースからかなり外れちゃってますよね~。
やっぱこれも3号車かな?(笑





d0156040_1610862.jpg


最後にブレーキ性能チェックです。

まず手前のパイロンの所でクルマを止めます。
ここからブレーキを放してクリープ状態にします。
で、障害物に見立てた幕に向かって進んでいくんです。
自動ブレーキが障害物を感知して止まるという方法なんですが・・・




d0156040_16153451.jpg


自動ブレーキでは間に合いません!(笑

3社ともに幕の手前では止まらず、突っ込んじゃいました。
凍結路では自動ブレーキを過信しないようにしましょうね!!
ただ、自分でブレーキを踏んでいないんで、
ブレーキ性能の差っていうのはあまりよくわかりませんでしたね。

そのかわり制動距離を測定してくれました。
試乗車のアクア3台ともにGセンサーを装着しており、
自動ブレーキ作動から停止までの距離を計測していたんです。
私が乗った時の結果は・・・

・VRX2  2.4m
・A社    2.9m
・B社    3.1m


体感的な違いはわからなくても数字上では差が出ていますね。




d0156040_17571653.jpg


停止距離3mというとこれぐらい突っ込んでいます。
本物の障害物だったらかなりの被害でしょうね。
クリープ状態ですから、せいぜい6~7kmぐらいしか出てないんですけどね。
この後、担当者が幕を上げてくれるんで、通り抜けて乗降口まで帰ります。

ここのポイントは乗っていた時よりも、
外から見ているほうが違いが良くわかりましたね。
自動ブレーキが作動した瞬間にタイヤがロックしちゃって、
そのままスウ~ッと滑っていくんです。

「ブレーキのとこは外からも見てもらったほうが良いんじゃない?」

とBSの担当者に進言しておきました。
なんせ試乗会は9月末まで開催するそうなので・・・
ちなみに一般の方は参加できません。
タイヤ販売店やディーラー・GS等の従業員の方が対象の試乗会なんです。

先ほど話した同級生の彼ですが、ここに勤務しているもんですから、
テスト走行とかの時に試乗してたみたいですね。
「今年のが一番わかりやすいな!」って言ってました。
毎年やってるんでBSの面々とも顔見知りですしね。

例年は新品タイヤを使っていたんで差がわかりにくかったのかも?
各社ともに新品の時はゴムが柔らかいですからね~。
BS以外は柔らかくするのにシリコンやら油分やらをゴムに混ぜ込んでいるんです。
油分は年とともに揮発していまいますから、
年数が経つと油分が抜けてゴムが硬くなってしまうんです。

一方BSのブリザックは発泡ゴムを使っています。
気泡がゴムの内部にあるわけですから元々柔らかいんですよね。
そうなると混ぜる油分も最低限でOKとなるわけです。
揮発する油分が少ないので経年劣化が抑えられるというわけです。
今回はなかなか着眼点の良い試乗会でしたね。

これでVRX2は4年後でも安心してお使いいただけることがわかりました。
私も試乗会の経験を生かして自信を持ってオススメできます。
まあ、商売的には早めに買い替えてもらったほうがありがたいんですが。(笑

今年も ブリザックVRX2 のご注文お待ちしています。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-23 17:47 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

セルモーターが回らない!★CL9 アコード★ リビルトセルに交換!!

私が免許を取ったウン十年前。
クルマの寿命は10年、10万kmと言われてました。
たしかにそれぐらいの頃になるとけっこう壊れてましたからね~。
高額な修理代が掛かっちゃうんで車輌の買い替えとなっていたわけです。

ところが最近のクルマは壊れなくなりました。
10万kmオーバーのクルマなんてザラですもんね。
私の通勤鈍足号であるウィッシュも20万kmが近づいています。(笑

使われている部品の品質が上がったことで寿命が延びているんでしょうが、
それでもノーメンテナンスではやはり壊れます。
オイル交換はもちろんのこと、
定期的なメンテナンスがクルマの寿命を大きく左右するんです。

品質が向上しているとはいえ、壊れる時には壊れます。(笑
ゴム関係は経年劣化で硬化してオイルや水漏れの原因になります。
足廻りのブッシュであればヒビ割れて操縦性の悪化を招きます。

クルマには回転する部品が多く使われており、そこにはベアリングが存在します。
ベアリングが磨耗してくるとガタが出たり、最悪は焼き付くことも・・・
消耗品って聞くとオイル等の油脂類やブレーキパット・タイヤ等を思い浮かべますが、
それら以外にも消耗品はいっぱいあるんですよね。

劣化した部品をそのまま使っていると思わぬトラブルに繋がります。
初期症状が出たタイミングで交換してやれば、
重大なトラブルを防止することが出来るんですよね。
最近はこういった予防整備を依頼される方も少なくなりましたが・・・
まあ、壊れてみないとわからないという面もありますがね。(笑
なんか怪しいな?と思ったら何でもご相談ください!


本日はセルモーターのトラブルをご紹介します。
セルモーターも回転系ですのでベアリングが使われています。
でもトラブルの要因となるのは電気系特有の部分なんですよね。
回転する電気系にはブラシという部品が使われています。
これが磨耗すると電気が流れにくくなるんです。
セルモーターやオルタネーターのトラブルの大半がブラシ関係ですね。



CL9 アコード!




d0156040_12224083.jpg


このアコードには K24A というエンジンが搭載されています。
K24Aはセルモーターのトラブルが持病のようなんです。
同じエンジンを搭載するオデッセイ等でも頻発しているようですね。

初期症状はバッテリーが弱ったときのようにセルの回りが重くなり、
そのうちセルの反応が遅くなってくるそうです。
キーを回す→.........キュルキュルって感じですかね?
で、この症状が出る間隔が徐々に短くなり、最後には回らなくなるらしい。

早いと10万kmに到達する前に症状が出ることもあるようですが、
このクルマは20万kmオーバーでしたんで優秀なほうなのかも?(笑

セルモーターを交換することになったのですが、
このエンジンは一筋縄ではいかないんですよね~。

その理由が・・・



d0156040_12322314.jpg


セルモーターの付いている位置が問題なんです。
インマニとサージタンクの奥にあるんですよね。
矢印部分 がセルモーターですが、写真ではほとんど判別できませんね。(笑

こんな奥まったところですから、このままでは工具も手も入りません。
そこでインマニやサージタンクを一旦外す必要があるんです。





d0156040_1236546.jpg


インマニとサージタンクを外すとセルモーターは丸見えになります。
この状態なら作業は楽勝ですね。

ただインマニを外すのにちょっと苦労しました。
サージタンクを支える補強ステーがエンジンに固定されているんですが、
このステーを外すのがけっこう大変でした。




d0156040_12395978.jpg


右が外したセルモーターで、左がリビルトセルモーター。

リビルト品というのはセルモーター以外にも存在しますが、
いわば中古品をオーバーホールしたものなんです。
ケース等の大物はそのまま再使用して、(これらは消耗しませんからね。)
ベアリングやブラシ等の消耗品を新品に交換してあるんです。
なので新品のセルモーターを買うよりかなりお安く修理が出来るってわけです。

外したセルモーターはリビルトメーカーに送り返します。
それをまたオーバーホールして他のクルマに・・・って流れです。
ウチでオーバーホールすることも可能ですが、
工賃のアップ分を考えるとリビルトのほうがお得だと思います。

金額が大きい物のほうがこの傾向は顕著でして、
エンジンなんかはオーバーホールよりもかなりお安くなります。
まあ、リビルトだとプラスアルファのチューニングとかは無理なので、
そういった内容をご希望の場合はオーバーホールになりますね。




d0156040_12534255.jpg


セルモーターを固定して配線を接続。
これで本体の交換作業は完了になります。




d0156040_12545584.jpg


インマニを元に戻します。
もちろんガスケット類は新品に交換してますよ。
この辺をケチると後々のトラブルの要因になっちゃいますから・・・

付ける時も例のステーには苦労させられました。(笑




d0156040_12572315.jpg


カバーやダクトを付けたら完成です!
もちろんセルモーターは軽やかに気持ちよく回るようになりましたよ。

これで当分の間は安心ですね。
ただ走行距離を考えると他の部分のトラブルの可能性は・・・(笑
まあ、その都度対処していくしかないと思いますので、
何でもお気軽にご相談ください。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-22 09:06 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

CDデッキ取付け!★MZ21 ソアラ★ マルチビジョン撤去!!

当店は旧車のメンテナンスなどの作業もやっています。
といっても昭和終盤くらいからの80年代車が多いんですけどね。
NSXはもちろんのこと70スープラやAW11の常連さんもいますし・・・
それ以前のキャブ車時代になってくると、
メンテナンスというよりレストアの領域になっちゃいますかね?(笑


今回、古くからの常連さんから作業依頼がありました。
趣味用にクルマを買ったのでCDデッキを付けて欲しいとのことなんですが、
これがすんなりと装着出来る内容では無いんですよね。
まあ、そこは腕の見せ所ってことで作業をしました。


クルマは・・・


MZ21 ソアラ!




d0156040_17432549.jpg


その昔 ハイソカーブーム というのがありまして・・・
ソアラはその代表格のようなクルマで、若者の憧れの的でした。
オーナーさんも若い頃の憧れがあったようですね。

メチャクチャ程度の良い状態ですね~!
ボディーもピカピカです!!
これだけ程度が良いですからお値段もかなり高かったとか・・・(笑

新品同様のBBSホイールが付いています。
当時ソアラと言えばBBSでしたからね~!
本当は3ピースの RS が欲しかったそうなんですが、
程度の良い中古が見つからなかったんだそうです。

そしてお約束の電光プレート!
こちらもソアラでは当然の装備でしたね。


他にもハイソカーでは必須の装備と言われていたのが・・・

屋根・革・マルチ!(笑



d0156040_17131678.jpg


まず 屋根 っていうのはサンルーフです!
このクルマはガラスルーフですね。
ムーンルーフとも呼ばれていました。




d0156040_17144924.jpg


 っていうのは言わずと知れた本皮シート!
このクルマは内装も程度バツグンでした。
本皮シートって古くなるとヒビ割れとかが出てくるんですよね。
ドアの内張りなんかも良い状態が保たれてますね。




d0156040_17172813.jpg


そして マルチ と言えばマルチビジョン!

エアサス等の車輌情報やオーディオの情報が表示されます。
昔は液晶モニターなんか無かったので、画面が小さめのブラウン管モニターです。
現代の装備から見ればショボイように思えますが、
当時はこれが付いていると自慢出来たんですよね~。

ハイソカーに属する車種でもマルチが付いていないクルマには、
ブラウン管TVをグローブボックスに埋め込んだりもしてましたね~。
画面は4インチとか5インチとかで今のスマホ並。(笑
でも本体が10万円オーバーでトータル20万円ぐらい掛かってた記憶が・・・
さらにアンテナの性能も低かったんで郊外に行くとほとんど映らない。(笑

でもルーフの左右にロッドタイプのTVアンテナが付いてると、
それだけでもステータスだったんですよね。
(当時フイルムアンテナなんて売ってませんでした。)


で、このマルチビジョンなんですが、走行中に映ったり消えたりするらしい・・・
まあ、年式が年式なんで壊れていても何の不思議も無いですね。(笑
なのでマルチを撤去してCDデッキを装着することになりました。
エアサスキットを付けてるんでエアサスの情報なんか必要ないそうで、
その他のメンテナンス情報なんかもいらないらしい。




d0156040_1746284.jpg


ラジオなどのオーディオ情報も表示されますが、
交換すればCDデッキ本体で確認できますから問題ありませんね。



d0156040_17473080.jpg


エアコンの操作パネルと一体化しているのは・・・

カセットデッキ!(笑

最近ではほぼ使うことの無いアイテムですよね~。
今の若者だとカセットテープなんて持っていないと思いますよ。
このオーナーさんの年代だと昔のやつを持ってるかもしれませんが、
テープが伸びていて使い物にならないかも?(笑



d0156040_17523955.jpg


TVも装備されていますが・・・
アナログチューナーなんでご覧のような砂嵐!(笑

オーディオはカセットだし、TVも映らんし、走行中に消えちゃうし・・・
「こんなマルチはいらね~!」ってなるのは当然かも?



d0156040_17582314.jpg


まずはマルチビジョンモニターの取り外し。
マルチ無しのグレードの場合にはここにデッキが付いています。
じゃあそこにCDデッキを装着すれば・・・
って、そう簡単にはいかないんですよね~。




d0156040_1825069.jpg


マルチ付車の場合オーディオ用のハーネスが無いんです。
そこにあるのはモニターに繋がっていたカプラーのみ。
このカプラーにはオーディオ関係の配線は来ていません。
モニターに映すための信号線しかないんですよね。



d0156040_187354.jpg


トランクルームにデッカイ箱が鎮座しておりまして・・・
この中にマルチビジョンのコントローラーやら、
TVチューナーやらが組み込まれているんですよね。
で、ラジオのチューナーやオーディオアンプもこの中にあります。

純正のアンプは使いませんが、スピーカーへの配線はこれに入っているので、
CDデッキはこちらに接続しないといけないわけです。
なので普通のオーディオ交換よりは大掛かりになっちゃうんです。




d0156040_1814149.jpg


モニターのあったスペースからトランクへ配線を引き廻します。
交換するオーディオのシステムに必要となるハーネスなどのパーツは、
予め準備しておかないといけません。
もし見落としなんかがあったら作業が中断しちゃいますからね。

ですので装着するCDデッキなど一式を、
事前に持って来てもらって必要なパーツを段取りしておきました。


オーナーさんが持って来たCDデッキが・・・



d0156040_1820723.jpg


名機! アルパイン 7909J!! 

音質に拘るメーカーだったアルパインが、
本気で造った高音質の Jubaシリーズ のCDデッキです。
最近のアルパインは大画面に拘るナビメーカーになってますが・・・(笑

当時5~6万円クラスが主流だったCDデッキの世界でアンプレスで何と15万円!
シリーズには10万円のCDチェンジャーもラインナップしてたし、
アンプやスピーカーも高価でフルで組むとスゴイ金額になってました。

高級・高音質オーディオの先駆者のような存在で、
後のDENONのA1や同じアルパインの#F1シリーズといった
さらに高価なオーディオたちへ繋がっていきましたね。

7909Jは今でもマニアの間では根強い人気があります。
他のデッキでは出せない独特の音色を持っているんですよね。
後継機である#F1シリーズよりもこっちが良いという人も多いんです。

そのため中古市場でも値が張るようでして・・・
オーナーさんも「けっこう高かったわ!」とのことでした。
ちなみに私も1台所有してます。
クルマに装着していないんで、宝の持ち腐れ?(笑



d0156040_1852170.jpg


取り外したマルチビジョンのモニターです!
何と固定用のステーが本体と一体化してるじゃありませんか。
ってことはCDデッキを固定するステーが無いということになります。

まあ、これは事前に調べてあったのでステーを段取りしてました。
当然ながら新品は生産中止になってますんで、中古品をネットで購入。
こちらもけっこう高かった・・・(笑



d0156040_185727100.jpg


イコライザーも一緒に装着!
スペアナがけっこう賑やかです。(笑

オーナーさんが拘ったのが 6ボタン! 
右下に6個並んでる緑色のボタンで、
この当時のアルパイン製品の特徴だったんですよね。
「ソアラに付けるなら6ボタン!」と決めていたそうです。(笑
クルマの年式とも違和感の無い年代物ですしね。



d0156040_1942876.jpg


リアは元々カロッツェリアの箱型スピ^カーが付いていたのですが、
デッキに合わせてアルパインの箱型スピーカーに交換。
外から見えるだけにオーナーさんも拘ったようです。



d0156040_1963616.jpg


無事装着完了~!
カセットデッキは残ったままですが・・・(笑

やはり7909Jはイイ音しますね~!!
フロントスピーカーは純正タイプのままですし、(確認してませんが・・・)
リアスピーカーは古い箱形タイプっていうショボイシステムなのに、
キレイな音色を奏でてくれてます。
やはり名機と呼ばれるだけのことはありますね~!

趣味用に買ったということで日頃のアシには使わないと思うので、
イイ音を聞きながらドライブを楽しんでください。
ちょっと遠回りしたくなるかもしれませんね!


旧車のメンテナンスや今回のようなイレギュラーな作業も、お気軽にご相談ください。
何でも出来るってわけではありませんが・・・(笑
可能な限り対応させていただきます。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-08-30 09:14 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

豪雨災害のご報告

西日本各地で豪雨による災害が発生し、
当店の所在する倉敷市でも過去に例の無い被害に見舞われています。

幸いに当店は何の被害もなく無事です。
周辺地域も報道されているような大きな浸水もありませんでした。
用水路が溢れて冠水したレベルはあったようですが・・・
常連のお客さんからメールや電話でご心配の連絡をいただきました。
ありがとうございました。

私の自宅はちょっと高いところなので浸水の心配はありません。
ウラの山が近いんで土砂災害の心配はありますが、
今のところ大丈夫なようです。

スタッフMくんは高梁川の近くに住んでいるので大変だったようです。
夜中に地区のサイレンが鳴ったり、
消防車やパトカーが家の前を頻繁に行き来してとても寝られる状態ではなかったと。
近くのイオンモールが立体駐車場を解放しているとのことで、
避難しようかと思ったのですが、すでに大混雑になっていたらしい。

地区の区長さんが高梁川の様子を確認してくれて、
堤防の上までまだ10mほどあるから、
へたに動くより待機したほうが良いということになったそうです。

あの総社の工場爆発では家が揺れたそうです。
慌てて家を飛び出したら近所の人たちも出ていたそうです。
ところがその後何も見えないし聞こえないしで心霊現象か?とも・・・
甥っ子がスマホで検索してわかったらしいです。


私は昨日の出勤前にニュースでチラっとは見てたんですが、
詳しいことは把握していませんでした。
朝の時点では広島の土砂崩れがメインで報道されてましたから。

通勤途中の道は冠水してる可能性が高かったので早めに家を出ました。


d0156040_10151248.jpg


やはり通行止めの場所が・・・
ここは数年前の台風被害の時にも通行止めになってました。
交差点の手前の道も冠水していましたが、
数年前の時よりは若干水深は低かったように思います。

いつもはこの交差点を直進するんですが、
通行止めなので右折して吉岡川の土手に廻りました。
このコースも数年前と同じです。



d0156040_10182227.jpg


吉岡川はかなりの水位になってました。
ただこの川は 「川」 って名前ですが、ため池のようなもんなんです。
倉敷川の支流なんですが、海に直接流れ込んでいません。

農業用水確保のため児島湾を堤防で締め切って造られた児島湖に流入しています。
さらに県北からの水は高梁川が一手に引き受けており、
この川は周辺地域の雨水だけが流入しているわけです。
なので、この水量でも濁流はおろか川の流れさえほとんどありません。

児島湖の水門を開ければ水位は下がるんですが、
さほど大きな水門ではないので排出量も限られているんですよね。
それに満潮時には逆流するので水門は開けられないんです。
なのでここまで水位が上がっちゃったんでしょうね。
田植え時期で元々水量が多かったのも影響したかもしれません。



d0156040_10261668.jpg


堤防の外側はご覧のありさまで・・・
川の水位が高いので用水路の排水が出来ず溢れてしまっています。
手前は池ではなく本来は田んぼなんですよね。
ここも数年前に同じ状況でした。

ただ数年前の教訓が生きていたのか、
吉岡川の土手はクルマがたくさん停めてありました。
近所の方が夜のうちに避難させてたんでしょうね。
家は動かせないけど、せめてクルマは・・・ってことでしょう。


回り道をしたにもかかわらず、通勤に要した時間はいつもと一緒でした。
抜け道がいっぱいある田舎ならではの強みでしょうかね?
まあ、交通量もいつもより少なかったですが・・・

店に着いてネットを見たら・・・



d0156040_10324948.jpg


真備町が水没! 

にわかには信じられませんでした。
岡山県は自然災害がすごく少ない土地柄なので、
実際に近くで起こっている光景とは思えませんでしたね。

正面に写っている橋は二万橋だと思われます。
手前(下)の木が水没しているところが小田川です。
木が生えるだけの中洲があるってことから普段の水量が想像出来ますよね。
緑色の堤防の向こうは真備町です。

奥のほうに見える高架は井原線ですね。
その井原線に沿ってメイン通りの道路があります。
この辺りは真備町の中心市街地の一部なんですよね。
それがこの状態です・・・

真備町にお住まいのお客さんが何人もいらっしゃるので心配です。
特に、超稀少な国産スポーツカーにお乗りの方が・・・
住所はこの写真に写ってる地域なんですよね。
人もクルマも無事なことを祈るばかりです。



d0156040_10421242.jpg


最初に見た時はコラ画像かと思いました。
もうね、とてもとても・・・


真備町だけでなく・・・



d0156040_10432687.jpg


矢掛町も! 

これも矢掛町のメインストリート周辺の光景です。

前日から県北でかなりの降水量がありました。
県南はそれほどドシャ降りってほどでも無かったんですけどね。
で、その県北の雨で高梁川の水量が一気に増えたようです。
小田川は高梁川の支流なんですが、高梁川の水の勢いが強かったため、
流れ込むことが出来ず逆流するような形になったみたいです。

真備も矢掛もいつ頃になったら水が引くんでしょうか?
水が引かないことには復旧も何もありませんもんね。
まあ、その前に取り残されてる方々の救出ですが・・・
今日も朝から店の上空をヘリが飛び廻っています。
少しでも犠牲者が出ないと良いのですが。


また大型の台風が発生したようです。
被災地に追い討ちを掛けるようなことにならなければと・・・
これ以上被害が拡大しないことを祈っています。



*追記*

真備町はだいぶ水が引いたみたいですが、
復旧はまだまだこれからが大変だと思います。

当店のお客さんの被害状況もボチボチと・・・
まず、大雨の当日夕方に常連さんがご来店。
真備町の方ではなく、当店のご近所にお住まいなんですが。
なんと駐車場の隣の用水路が溢れて、クルマが床上浸水しちゃったんです。
ローダウンしているわけじゃないんだけど、
スポーツカーなんで元々地上高が低いからですかね~。
幸い、フロアマットが湿った程度だったんで、
ご自分で床一面に新聞紙を敷き詰めて対応しました。


続いては古くからの常連さんお二人から。
お二人とも他の地域に家を建ててお住まいなんで、
ご本人は大丈夫なんですが、ご実家が真備町なんですよね。

お一人のご実家は2階の床上浸水だったそうです。
一人暮らしだったお母さんは早めに避難していたので大丈夫だったそうです。
人的被害が無かったのは不幸中の幸いですね。
やはり早めの避難は重要ですね。

もうお一人の方の実家も同じ地区なんですが、
土手よりも高い位置に建ってるので浸水被害は無かったそうです。
水道は止まっているけど電気は来ているそうです。
ただ農家なんで井戸もあるし米も野菜もあるんで少しはマシなんだとか。

小田川の南側なので堤防は決壊していないんですが、
北側より堤防が低いんで決壊前から浸水しはじめたようです。
同じ地域でありながらちょっとのことで明暗が分かれてますね。
私の実家が床上1mの浸水した時も、
2軒海寄りの家は天井まで浸かり、2軒山寄りの家は床下浸水すら無しでした。
日頃そんな高低差を感じたことは無かったんですがね。

そしてご友人の方(この方も常連さんです。)の安否情報も。
住所はあの水没写真に写っている地区なんですが、
同じくちょっと高いところだったので浸水は免れたそうです。
ただ、電気と水道はやはり止まっているそうで・・・

今後少しずつお客さんの安否情報が入ってくるんでしょうね。
人も車も無事であってくれることを切に願うばかりです。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-07-08 11:10 | 今日のオートリファレンス | Comments(6)

★14周年祭!★開催!!

毎日暑い日が続いてますね~。
今朝も出勤してエアコンのスイッチ入れようとしたら、
外気温表示が30度を超えてました。
それを見ただけで朝からへこみますね。(笑

ただ、まだセミが鳴いていないのが救いかも?
朝っぱらからシャーシャー鳴かれると、精神的に暑さ倍増ですもんね。(笑


そんな暑さに負けずに今年もやります!

14周年祭!! 

本日より8月5日(日)まで開催! 


去年大好評だった企画を今年もやりますよ。

サイコロゲーム! 

サイコロを振って、出た目の数に応じてティッシュの5箱パックをプレゼント!


d0156040_1644239.jpg


ティッシュの準備もバッチリです。
購入金額や商品によって最大24パックもゲットできます。
小さいクルマだと積んで帰れないかも??(笑

去年、常連さんの奥さんから、
「ティッシュって1箱ずつじゃなくてパックなの?
 大丈夫?お店潰れない??」
 
 ってご心配いただきました。(笑

他にもお得な企画もご用意していますので、
ぜひご来店くださいね。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-07-01 17:03 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

改修工事終了! のはずが・・・


d0156040_18262895.jpg


外装の改修塗装も終ってすっかりキレイになりました!
色が変わったわけじゃないので、イメージチェンジ感はありませんが・・・(笑
でもキレイな建物は気持ちいいですね。




d0156040_18282952.jpg


店内も天井の板を張替え、照明がLEDに近代化!
電気代がどれぐらい安くなるのか、楽しみなところです。(笑

天井と同時に壁のクロスも張替えました。
壁がそのままで天井だけ新しいってのもみっともないですから。




d0156040_18314712.jpg


商談カウンターはL字型にイメチェンしてみました。
かなり以前にはこの形だったこともあるんですが・・・
と、同時に背面のクロスもイメチェンしています。
なんか最近人気のある柄なんだそうで。

工事に併せていらない物をけっこう処分しちゃったので、
何か店内はガラガラ感が漂ってますが・・・(笑


これで工事は完了のはずだったのですが・・・



d0156040_1836893.jpg


一部の壁板が雨漏りで腐っていることが判明!
クロスを剥がしてわかったんで、急遽ここだけは工事保留となりました。
業者さんの日程の都合で後日、壁板から張替えることに・・・
かっこ悪いんでタペストリーで誤魔化してみました。(笑
近日中にはここも改修されると思います。


新しくなったオートリファレンス をご自身でお確かめくださいね。
ご来店お待ちしております。



d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-06-05 18:43 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

店舗改修工事のお知らせ!

d0156040_12443218.jpg


当店がオープンして13年が過ぎ、
看板も退色で色あせ、所々塗装も剥げみすぼらしい状態になってます。

建物は前身のコクピットがオープンした1983年に建てられました。
35年近く経過しているため、屋根の上面はサビてしまい、
大雨が降ると雨漏りすることもあったりします。

そこでこの度、建物の改修工事を実施することになりました。

5月9日(水)~6月1日(金) 

の日程で工事を施工します。

工事期間中は建物外周に足場を組むようになります。
足場の一部が駐車場にハミ出してしまう箇所が出てきます。
また工事関係車輌により駐車スペースが限定されてしまいます。
ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願いします。

また、工事期間中は足場に覆われて営業していないように見えると思いますが、
通常通りに営業しております。(笑
駐車場に入りにくいかもしれませんが、ご遠慮なくご来店ください。


また、今回は店内の天井張替え工事も実施します。

期間は 5月29日(火)~6月1日(金) となります。

工事に伴い店内の机等の設備をピットに搬出する必要があり、
リフトの使用が制限されてしまいます。
そのため作業がお受け出来ない状況となってしまいます。

オイル交換等の簡単な作業は可能だと思いますので、
ご来店前に当店スタッフまでお問い合わせください。

工事期間中はご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いします。




d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-05-08 13:01 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

OSスーパーロックNEO装着!★KDH201Vハイエース★進化剤も!!

この週末は暖かくなるらしいですね~。
30℃近くまで気温が上がるそうなんで、暖かいというより暑い!?
その後、寒くなったりしなければいいんですが・・・
大きな気温変化は年寄りにはキツイんで。(笑


現在リジカラフェア開催中です。
おかげさまで多くのご注文をいただきまして・・・
ってことはネタがドンドン溜まっちゃう!?(笑
その他の作業ネタもご紹介出来ていないのがたっぷり溜まってるし、
早めに更新できるようにがんばらなくっちゃ!!


で、本日のクルマは・・・




KDH201V ハイエース!





d0156040_1682812.jpg


常連のお客さんが仕事で使ってる 働くクルマ です!
リジカラや進化剤施工などで何度もご紹介しましたね。
アルパインのビッグXにフロント&サイドカメラを装着もしましたね。
働くクルマなのに・・・(笑

最近、仕事で山道に行くことが多いんだそうで。
途中に切り返しながら登らなきゃいけないところがあるんだそうです。
そこでハンドルを切ってアクセルを踏んでも、
内輪が空転しちゃって前に進まないらしい。(涙

そこで・・・





d0156040_16134671.jpg


OS技研 スーパーロックNEO! 

モータースポーツ用LSDで定評の有る OS技研 が、
一般走行に最適なチューニングを施したハイエース専用のLSDなんです。

LSDといえばジムカーナやサーキット走行などの、
スポーツ走行では必需品なんで、一般向けでは無いパーツと思われがちですが・・・

左右の駆動輪が直結されるので直進性が良くなるんです。
横風や路面のウネリなどでのハンドルの取られも減少するので、
高速道路での長時間運転の疲労も軽減されるんです。

で、今回の目的である空転を抑えることでの悪路走破性!
左右駆動輪のグリップ差が無くなり、クルマを前に押し出してくれます。
雪道での発進がしやすくなり、悪路でのスタックの可能性が減少するんですよね。
片輪だけ水溜りに入った時のスリップも起きにくくなります。

働くクルマ ですから一般車よりは走行距離も伸びがちですが、
耐久性も考慮した専用の構造になっているようですね。




d0156040_17594231.jpg


ハイエースのアクスルは昔ながらのリジッドタイプです。
デフはホーシング内部に納まっています。
ホーシングからデフキャリアを外すにはドライブシャフトを抜かなくてはいけません。

まあ、FF車でもMT降ろすにはドラシャを抜く必要がありますが、
FF車やFR車でも独立懸架の場合にはドラシャはムキ出しですよね。
ホーシングタイプのドラシャはホーシング内部で挿さっているんです。

で、ハイエースの場合・・・





d0156040_18561.jpg


ドラシャがドラムブレーキのバックプレートと一体で抜けるんです。
そのためブレーキのホイールシリンダーに繋がってるパイプを、
一旦切り離す必要があるんですよね。
そのためドラシャ装着後にはブレーキのエア抜きをしないといけません。




d0156040_1874555.jpg


左がノーマルで、右が スーパーロックNEO です!
って、わざわざ言わなくてもわかるか・・・?(笑

形状が全然違いますよね~。
ノーマルはいわゆるオープンデフっていうやつでして、
カーブを曲がる時に左右のタイヤに回転差を付ける構造なんです。
いわゆる内輪差ってヤツに対応するためなんですが・・・

この構造のおかげで片輪が荷重が抜けると空転しちゃうんです。
で、反対側のタイヤは回らなくなるんです。
なので推進力が無くなって前に進まなくなるわけです。




d0156040_1815454.jpg


リングギアをノーマルデフから移殖します!
デフのサイドベアリングも新品を圧入しています。
このあたりをケチるとロクなことになりませんからね~。(笑





d0156040_18172788.jpg


LSDをデフキャリアに組み込んだら、
バックラッシュとプリロードの調整をしてやります。

デフの左側に穴のいっぱい開いた丸い部品が見えますよね。
反対側にも同じものが付いており、
これを左右で締めたり緩めたりしながら調整します。

車種によってはシムの厚みを換えて調整する方式もあるんですが、
厚みの異なるシムを何枚も用意しておかないといけないし、
調整自体もけっこう面倒なんですよね。

この回すタイプだとシムの用意も必要ありませんし、
調整作業も比較的にラクなんですよね。
何しろバックラッシュとかはきっちり調整しておかないと、
後々のトラブルの元になっちゃいますからね~。
微調整がやりやすいんでシムタイプよりは良いんじゃないかと思います。





d0156040_18254737.jpg


調整が終ったらデフキャリアをホーシングに装着!
プロペラシャフトも元通りに接続。




d0156040_18275024.jpg


ドラシャを挿し込んだらブレーキシューを組み付けます。
ドラムブレーキは機構が複雑なんで、
元の状態をよく覚えておかないとエライコッチャになってしまいます。(笑

ブレーキパイプを接続したら、エア抜きをして完了です!




d0156040_18301198.jpg


最後の仕上げに進化剤を施工しました!
LSDもサイドベアリングも新品ですから、
進化剤を施工して保護してやれば耐久性も上がりますから!!


オーナーさんのインプレッションによると・・・
例の山道はバッチリ登るようになったそうです。
直進性も良くなっているんで、高速だけでなく一般道でも乗りやすくなったらしい。
どうやら大満足のようです。
良かった、良かった・・・


この度はお買上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-04-19 18:43 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

猛牛さん初来店!★ランボルギーニ ムルシエラゴ★

ブッ太いタイヤシリーズ!
  第4弾!!(笑






d0156040_11485183.jpg


NITTO INVO! 

またまた太いタイヤの入荷です!!
先日ご紹介したLS500用の22インチと並べてもこの存在感。
ウチは田舎のタイヤ屋さんですので、
こんな光景は2度とお目にかかれないんじゃないかと思います。(笑




d0156040_11594981.jpg


フロント用 235/35ZR19
リア用    345/25ZR20


この前後の太さの差は何なんだ? ってカンジですが・・・(笑

で、このサイズに見覚えありますよね。
ブッ太いタイヤシリーズ第1弾!でご紹介した、
あの 「やらかしちゃった事件」 のサイズです。

https://mizoarf.exblog.jp/26410440/

この時にオーナーの難波さんから新品4本注文っていう神対応をいただきました。
破っちゃったタイヤは ピレリP-ZERO だったので同じタイヤを注文したら・・・
国内に在庫無しで納期未定との回答がありました。
アチコチ探してみたんですが、やはりどこも持っていませんでした。

在庫有りって返事が来たのは・・・
怪しいサイトのみ!
返信に会社名や電話番号の記載もありませんでしたし・・・
価格も他よりもかなり安く載ってました。
しかもサイトでは代引き可だったのに、返信では銀行振込みのみ対応ですと。
あきらかに詐欺目的のサイトですよね。

難波さんに状況をご報告したところ・・・
「もう何年も社員旅行とか行ってないんじゃろう?
 社員旅行ついでに海外に行って買ってくればイイんじゃない?(笑」

ってまたまたネタの提供が・・・(笑

別にメーカーのこだわりは無いってことでしたので、
メーカーに在庫があったこのタイヤに決定となったんです。


で、本来の目的はホイールのガリキズ修理だったわけです。
ホイールが修理から返ってきたのでタイヤを組み付け。
さすがに太いタイヤですので、かなり苦労させられました。
今までで一番時間が掛かったんじゃないかと思います。

ガリキズ修理と同時に依頼されていたのが、
ウラリムのクリーニングだったんです。
修理屋さんがポリッシュ加工してくれてピカピカになってました。

難波さんにホイールが返ってきたことを報告すると、
「着ける前にとりあえず見に行くわ!」ということでご来店。

「キレイになっとるけど、ウラも黒いほうがええな~。
 塗装職人連れて来て塗らせるわ!」
 ってことになりました。






d0156040_12333931.jpg


タイヤに塗料が付かないように養生して・・・

ウラリムにもキズがあったので修理を依頼していたのですが、
鍛造リムのため溶接が出来ないとのことで表面のポリッシュだけだったんです。
溶接するとかえってトラブルの原因になるそうなんです。

で、またまた難波さんからネタの提供が!
「このキズのところをハンダで埋めてくれんかな?」
「ええ~、アルミホイールにハンダなんか付かないですよ~!」
「大丈夫、付くと思うけんやってみて!!」
って無茶ぶりが・・・(笑




d0156040_12424462.jpg


ダメモトでやっては見ましたが、やっぱりハンダは付きません。(笑
何度やっても玉になってコロコロ落ちるのみ。
なんせウチにあるのは普通のハンダですからね~。
最近はアルミ用のハンダも売ってるみたいですが・・・

「やっぱしハンダは付かないですよ~!」
「そうじゃろうな!ワシもラジコンで何度もチャレンジしたけど、
 アルミとハンダは相性が悪いけん付かんのんよ!!」

完全なるネタ振りだったってことですね。(笑





d0156040_12511686.jpg


4本ともしっかりと養生して・・・

このポリッシュ加工もキレイなんで、ちょと勿体無い気もしますが。





d0156040_12515292.jpg


塗装職人さん登場!
ガンも塗料もご持参です!!

さすがは本職!あっと言う間に塗装完了でしたね。
やっぱりプロの仕事は違いますね。
私が缶スプレーで塗るのとは・・・(笑





d0156040_12552350.jpg


ツヤツヤのブラックリムになりました!





d0156040_12573022.jpg


4本並べると壮観ですね~!
今回の修理で赤色だったピアスボルトやセンターキャップも、
ブラックに塗装してあります。
リムやディスクもブラックで再塗装しています。
これでホイール全体がブラックになりました。



で、いよいよ装着となったわけですが、
当日爆音を響かせてやってきたのが・・・




d0156040_1311590.jpg


猛牛さん初来店!(笑






d0156040_13242097.jpg


ランボルギーニ
 ムルシエラゴ LP640!!
 


過去にフェラーリやポルシェはアライメント等で、
何度か作業したことはありますが、ランボの来店は初になります。

ウチの駐車場には全く似合わない高級車ですね。(笑
何しろ9年落ちの中古車で2000万円オーバーなんだそうですから・・・

作業に取り掛かる前に、まずは撮影会の開催!(笑





d0156040_14335037.jpg


リアビューも迫力満点!!
純正でもブッ太いリアタイヤですね~。
ディフューザーも凄いのが付いてますし、センターのマフラー出口も。
リアウイングもデカイし・・・





d0156040_14374482.jpg


V12 6500cc 640PS! 

排気量もパワーも凄いです。
当然ながらエンジンもデカイです。

この写真をよ~く見ると、エンジンがやや左に寄ってますね。
黒いジャバラのゴムホースの長さが左右で違います。
エンジンの右側にデフがあるそうで、
ドライブシャフトを通すために左に寄せてあるそうです。

これもオーナーである難波さんからの提供ネタです。(笑





d0156040_14564193.jpg


室内はこんなカンジです。
サイドシルのプレートには MURCIELAGO のロゴが!
しかもそのプレートはカーボンです。






d0156040_1513078.jpg


またまたネタの提供が・・・(笑

ドア内張りの赤い部分は難波さんの自作なんだとか。
「ボール紙と両面テープで作ったんよ!」
相変わらず器用ですね~。

当店走行会では有名だった ガルーダNSX赤組2号機 も、
ワイドボディーが自作でしたし、シャア・ザク型ヘルメットも作ってたし・・・

http://www.auto-r.com/top/events/2009-04/2009-04.html





d0156040_1583048.jpg


純正タイヤと並べてみました!

リアタイヤは純正でも 335/30-18 っていう極太サイズ。
まあ、純正ホイールは深リムじゃないんで、
今度装着するホイールとは迫力が違いますけどね。







d0156040_15154527.jpg


ブレーキキャリパーもデカイです!
最高速が300km/hぐらい出るんでしょうから、
これぐらいのサイズじゃないと止まらないんですかね~?
色も鮮やかなイエローで派手ですし・・・

ローターも2ピースのドリルドローター!!




d0156040_15193255.jpg


リアキャリパーもデカイです!

右側に写っている小さいキャリパーはサイドブレーキ用です。





d0156040_1522456.jpg


リアの足廻りは片側にサスとショックが2本ずつ付いてます。
ネジ式の車高調整になってます。
今回車高も変えたんですが、2本を同じ寸法に調整しないといけません。
まあ、当然のことですが・・・





d0156040_15253159.jpg


ホイールの装着完了です!
この角度からだとリアのディスクは見えませんね。
それぐらいリムが深いってことですが・・・

難波さん曰く・・・
「クルマが中古じゃから、ホイールも中古でちょうどええんよ!(笑」
なるほど! と何故か納得!!(笑





d0156040_152815100.jpg


ボディーカラーがブラックで、ホイールもブラック。
リムも深くなったので迫力が増しました。
イエローカラーのキャリパーがワンポイントのアクセントになってますね。





d0156040_15303625.jpg


リアビューは大迫力です!
なんせタイヤサイズが 345 ですからね~。

クルマに装着したほうがリムが深く見えるように思います。
にしても深いよな~。
そりゃあ迫力も出るわけですね。




d0156040_15342456.jpg


最後にアライメント調整!

「ええ~カンジにセッティングしといて!」
って、ランボのアライメントは初めてなんですから、
セッティングなんかわかりませんよ~!!(笑
基準データを元に調整しておきました。

フェラーリはキャンバー調整がシム式でしたが、
ムルシエラゴはアームの付け根にカムが入っているタイプでしたね。




最後にオマケのネタを・・・

d0156040_15382335.jpg


これは純正の車載工具一式です。
ドライバー等にもランボルギーニのロゴが入ってます。




d0156040_15401318.jpg


スパナには猛牛さんのマークが!
さすがスーパーカー!!
オーナーさんの心をくすぐる憎い演出ですね。

「この工具で何の整備が出来るんじゃろう?」 と難波さん・・・
いやいやスパナですから実際の作業では、
ほとんど使い物にならないと思いますよ。(笑
どっちかって言うとステータスなオマケレベルじゃないかと・・・


今回はいろんな初経験をさせてもらいました。
*ビードブレイカーでタイヤを破った。(反省
*345っていうブッ太いタイヤを組んだ。
*ランボのアライメント調整。


この経験が今後生かされる場面はほぼ無いでしょうが。(笑








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-03-20 16:05 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)