<   2018年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リジカラ装着!★DE5FS デミオ★ 10台目!!

また台風がやってきてるみたいですね~。
どうやら日本列島縦断コースのようで・・・
さらにかなり強力な勢力を保ったまま上陸しそうとか?
大きな被害が出なければ良いのですが。
みなさんもお気をつけください。



ただいま当店では・・・

10月末まで秋のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。


と言うことで本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・


DE5FS デミオ!





d0156040_1122021.jpg


デミオへの装着は新・旧合わせて 10台目 になりました。
フィットと並んで2番目の多さなんです。
ちなみに4番手の9台はアクセラとスイフトスポーツです。

マツダ車への装着もわりと多いほうで、
トヨタ&レクサス、ホンダに次ぐ3番手になってます。



で、このお客さんは・・・




d0156040_1113595.jpg


伊丹 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。
本当にリジカラと進化剤は県外からの方が多いですね。

じつはクルマをお預かりする時に非常事態が発覚!
ロックナットのキーアダプターを忘れてきちゃったそうなんです。
リジカラの作業はタイヤを外して行いますので、
キーアダプターが無いとマズイんですよね~。

タイヤが付いたままでも出来ないことは無いんですが、
かなりやりにくくなってしまうので作業時間が大幅に伸びちゃいます。
車種によっては出来ない場合もあるかもしれません。

さてどうしようか?と思ったら、なんか見覚えのある形状のロックナットです。
そこでウチにあるマスターキーをあてがってみたらビンゴ!
ホイールメーカーのロゴが入ったロックナットでしたが、
大手ロックナットメーカーのOEM製品だったんですよね。

マスターキーが適合したことで事なきを得ました。
ロック忘れは今回で3台目です。
以前の2台のうち1台は同じくマスターキーが適合しセーフ。
もう1台は取りに帰っていただきました。
でも今回は伊丹でしたからね~。
帰って来る頃には作業が終了してたかも?(笑

リジカラ作業の時にはロックのキーアダプターをお忘れなく!
と言うか、キーアダプターは常時クルマに積んでおかないと、
パンクした時にタイヤが外せませんよ!!




d0156040_1129181.jpg


フロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
この型のデミオはアンダーカバーのクリップは少なかったです。(笑




d0156040_11321038.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_11331178.jpg


フロント用のリジカラです。
5種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが2種類で4ピース、片側突起タイプが3種類で4ピースの構成です。
リジカラ2 と リジカラ3 は同じ場所に使いますが、
突起の径が異なっています。
その理由はまた後ほど・・・

リジカラ1 は中割りの2分割タイプになっていますね。

このタイプを使うということは・・・



d0156040_11461267.jpg


A部 の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
そのためサブフレーム上側には2分割タイプを使うようになります。
スタッドボルトを外さずに装着できるように工夫されているわけなんですよね。
上下の突起がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマリます。

サブフレーム下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリますが、
ここは左右で異なるリジカラを使うようになってます。

その理由は・・・




d0156040_1154382.jpg


サブフレームの穴径が左右で異なるからなんです。
右に比べて左のほうが径が大きいのがわかりますかね?
そのため使うリジカラも突起の径が異なっていたわけなんです。




d0156040_11591274.jpg


装着中の写真です!

スタッドボルトはグラグラ動きませんので、
上側のリジカラはサブフレームの穴にハメておけばOKなんですが・・・
2分割タイプはサブフレームを上げていく過程でズレることがあるんです。
そのため密着する寸前で一旦止めて確認する必要があります。
ズレたまま締めちゃうと突起がツブレてしまいますから・・・
下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマってます。


今回もミスリル施工をやってますよ!
フェアの特典でサービスですからね。
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がります。
それによってリジカラ効果をさらに高めてくれるんです。




d0156040_12181249.jpg


続いて B部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う、一番オーソドックスなパターンです。





d0156040_12234174.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。




d0156040_12262676.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。




d0156040_12281052.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。
矢印 の部分になります。





d0156040_12291590.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
とは言え、他の車種に比べてスキマは狭めです。

さらに・・・




d0156040_12304844.jpg


ボルトの根元部分が太くなっているんです。
矢印部分 で径が変わっているのがわかりますかね?
元々スキマが狭かったのに、ボルトを太くすることでさらに狭くしているんです。
やるな!マツダ!! ってとこでしょうね。(笑




d0156040_1234303.jpg


こちらもお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。
スキマが狭かったので突起もかなり小さめになっています。

本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
このクルマには付いていませんが、
大きめのワッシャが付いている車種に対応するため外周は大径になっています。
リジカラは数車種で共用していることが多いですから・・・

ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。




d0156040_12392683.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_12401897.jpg


ボルトを本締めしたら完了です!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態の時、トーションビームは後側が下がっています。
ということはブッシュが後向きに回転した状態なんです。

そのまま締めてしまうと・・・
クルマを降ろした時にブッシュは逆方向にヨジレてしまいます。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになりますから・・・

このあたりは以前カローラ・ランクスの作業で詳しく解説しています。
https://mizoarf.exblog.jp/26623237/


まずブッシュのインナーカラーが回転出来る程度に仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろし、クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま、車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことですが大事なポイントです。


最後にアライメント調整をして完了です。

この度はお買上げありがとうございました。
思わぬ事態もありましたが、無事に装着出来て良かったです。






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-28 13:35 | リジカラ | Comments(0)

28th Happy Birthday MAO!

d0156040_134345100.jpg



真央ちゃん!

28歳のお誕生日おめでとうございます!!


去年のお誕生日にもブログをアップしましたが、
1年経つのは早いもんですね~。

28歳、ますます美しさに磨きがかかってます。

今年の真央ちゃんは忙しいながらも充実した日々を送っています。
浅田真央サンクスツアー というアイスショーで全国を廻っているんです。
自ら企画したショーで振り付けや演出も担当。
すごい評判の良いアイスショーとなっているんです。
さらに浅田真央展もありますから、マジで忙しいと思います。

有名な出演スケーターは真央ちゃん・舞ちゃん・無良くんの3人だけ。
残る7人はオーディションで選んだ全国的には無名な(失礼!)スケーターたち。
この10人で素敵なショーをやっているんです。

開催する場所も今まで大きなアイスショーとかが来なかったような、
地方都市を選んでいるんですよね。
これは現役時代に多くのファンから応援を貰った真央ちゃんが、
スケートを生で観たことの無い人たちにもショーを観てもらって、
今までの感謝の気持ちを伝えたいという趣旨からなんです。

このショーの特徴は常設のスケートリンクでやってることなんです。
私が去年まで観に行っていた ザ・アイス のような大きなショーは、
ほとんどが体育館とかの会場で開催されてました。
(モリコロは常設リンクですが・・・)

ただ、体育館だと仮設でリンクを作る必要がありますよね。
その費用がかなり高価なんだそうです。
しかも氷が出来るのに1週間ほど掛かるそうなので、
その間も会場を押さえておかないといけないのでさらに費用が・・・

常設リンクだと観客席を作るだけでOKなんで会場代も少なくて済みます。
海外の有名スケーターも呼んで無いので出演料も抑えられます。
ですのでチケット代が価格破壊レベルの安さなんですよ!
最前列の席でなんと 7500円! 
2階席の後のほうだと 3500円! って安さなんです。
大きな会場でやるショーや大会だと最前列は2万円オーバーですからね。

これも真央ちゃんの心配りなんです。
安い料金設定にすることで、今までショーを観ことのない層も、
気軽に来られるようにってことなんですよね。

おかげでチケット争奪戦は超たいへん!!(笑
常設のスケートリンクですから会場の規模も小さいので、
キャパがせいぜい千人程度のところが多いんです。
去年のショーでは大阪の体育館が8千人でしたからね~。
チケットが安くてキャパが少ないもんで、プラチナチケットとなっているんです。

私も今年は行けそうにないかも?(笑


週末には山梨でショーが開催されていました。
そこで2日早いバースデイサプライズがあったそうです。





d0156040_14384640.jpg


ショーの最後にメンバーから花冠と花束が贈られ、
さらに9人のメンバーで 「愛の夢」 を滑るというプレゼント!






d0156040_14435472.jpg


観客もサプライズに参加!
ハートマークに MAO と書かれた紙を一斉に掲げてます。
真央ちゃん、さぞかし嬉しかったことでしょうね。





d0156040_1446211.jpg


本当に素敵なメンバーたちと愛のあるアイスショーのようです。

やっぱり観に行きたい... でもチケットが...(笑





d0156040_14474223.jpg


イラストレーターのいわにしまゆみさんが、お誕生日イラストを!!
私が真央展でいただいたポストカードのイラストを描いた方ですね。

今回のイラストは真央展の各地の会場に降臨した時の衣装です。
私が逢った時のみかん色の衣装もありますね。


多くの人から愛されている真央ちゃんだから、みんなから祝福されるんですね。
真央ちゃんの28歳の一年が幸せでありますように。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-25 16:23 | フィギュアスケート | Comments(4)

スタッドレス試乗会レポート!★ブリザックVRX2★

最近涼しい日が増えてきたとはいえ、
まだまだ冬に向かっているという気はしませんが・・・(笑
でも、時期的にはスタッドレスの仕入れを始める頃なんですよね。

そういう時期を狙ってブリヂストンは毎年この頃になると、
スタッドレスの試乗会を開催しているんです。
私は今まで参加したことが無かったんですけど、
今回プライベートな理由もあって出かけて来ました。





d0156040_148576.jpg


ヘルスピア倉敷スケートリンク! 

フィギュアの髙橋大輔選手や田中刑事選手が育ったリンクですね。
この時期にスタッドレスの試乗会をするわけですから、
何と言っても 滑る路面 が必要になりますからね~!!

私は隣に併設されている宿泊施設の会議室には、
研修や同窓会で何度か来たことありますが、スケートリンクのほうは初訪問。
じつはこのリンクで中学の時の同級生が働いているんです。
なので久々に彼に会ってみたいというプライベートな理由もあったわけです。(笑

そういえば外の喫煙所で休憩していた時、セミの鳴き声が聞こえました。
大平山は季節がズレてるのか?(笑





d0156040_1424329.jpg


リンクの中では試乗に使う アクア がスタンバってます。

今回試乗するタイヤは・・・

・ブリヂストン ブリザックVRX2
・A社 昨年新発売のモデル
・B社 一昨年新発売のモデル

(B社ってBSじゃありませんよ!(笑)

昨年も同じ組合せの3社で新品タイヤを使ったそうなんです。
で、今年はそのタイヤを再使用しています。
ただし単に再使用しているわけじゃあ無いんです。

昨年使用した3社のタイヤをBSの工場で 4年経過仕様 にしてあるんです。
何でも熱や圧力や紫外線を一定期間浴びせ続けることで、
4年経過と同様の経年劣化状態にすることが出来るんだとか・・・

後日、工場勤務の常連さんにこの話をしたら、
「ウチの会社にも同じような装置があるよ!」とのことでした。
耐久性のテストが必要な企業ではどこでも持っているんですかね。

最近は各社ともに 効きが長持ち っていうのをアピールしていますんで、
4年経過仕様の性能がどうなっているのかが楽しみです。
もちろん3社ともに同じ条件で劣化させているそうです。
まあ、BSはそんなズルをする必要はありませんからね。(笑




d0156040_14415016.jpg


試乗するコースはこんなカンジ。

まず乗降口でクルマに乗り込みます。
1号車がVRX2装着車で、2号車がA社、3号車がB社になります。
なので同じコースを3回走行するわけです。
ピンクの矢印 が試乗コースになります。

アクアに乗り込んだら少し前に移動させ、合図に合わせてスタート。
スタートでは発進時の安定性などを体感します。

続いて旋回コースを2周回ります。
ここではコーナリング時のグリップ性能を体感します。
コースの円は直径7~8mほどなので、けっこうハンドルを切る必要がありますので、
わりと低速から滑り始める設定になってます。
スピードが出る設定だと危ないですからね。

2周の旋回が終わると次はブレーキ性能を体感します。
コーンが立っているところで一旦止めます。
アクセルを踏まないでブレーキを話した状態、
いわゆる クリープ現象 で前方の障害物に向かって進みます。

アクアには自動ブレーキが装備されていますので、
前方の障害物を感知して自動ブレーキで停止する距離を体感します。

試乗後は 青矢印 のように乗降口まで戻り、次の人にバトンタッチ。
で、自分は次に帰ってくるクルマに乗り込むというパターン。
これを3台繰り返すわけです。




d0156040_15255452.jpg


2台並んでいる後方のアクアが乗降中です。
で、前方のアクアがこれからスタートするところ。
(前車の旋回走行が終るのを待ってスタートするわけです。)

スタート位置から旋回コースまでは15~20mほどの距離しかありません。
なのであまり強くアクセルを踏まずに普通に発進します。
スピード出しすぎると真っ直ぐ壁に突っ込んじゃいますから・・・

VRX2とA社では違和感無く発進出来ました。
ところがB社の時は軽くホイールスピン!
アクセルは今までと同じ踏み方だったんですけどね。
これは大きなマイナス評価です。



d0156040_15335327.jpg


旋回コースは小さめのコーンを並べて円を作ってます。
直径7~8mほどですが10km/h程度の速度では3社ともに滑りません。
速度が15km/hぐらいになると滑り始めるんですよね。

VRX2も15kmぐらいから滑り始めました。
ただ滑っていてもハンドルには若干のグリップ感が残っており、
オーバーランをしながらもハンドルを切ってる方向に進んで行きました。
そしてアクセルを放して少し速度が落ちるとすぐにグリップが回復。
まあ、わりと安心感のある滑り方だったと思います。

続いてのA社も15kmぐらいまでは粘りました。
しかしそこからの滑り方はVRX2よりは唐突だった印象。
ハンドルに伝わるグリップ感も少なく、
そのままオーバーランしていく印象でしたね。
ただ、グリップの回復速度はそれなりに早かった印象です。

最後のB社は15km手前ぐらいから滑り始めたんですが、その滑り方が・・・
一気にダ~ッとオーバーランしちゃうカンジ。
ハンドルに残るグリップ感もほぼ皆無でしたね。
グリップの回復もかなり遅かったです。
かなりダメダメな印象で、このタイヤで凍結路を走るのはちょっと怖い・・・
4年経ったらここまで性能が落ちるのか...っていう見本のようでした。
まあ、新品タイヤで試乗したことないんで、大きなことは言えませんが。(笑






d0156040_161511.jpg


ハンドルを左に切ってますが、クルマは真っ直ぐ進んでます。(笑
3号車ですからB社のスタッドレスですね。

他の人が乗ってるところを外から見てましたが、
やはり一番ハデにオーバーランしてましたね。
全然ハンドルが効かず、みなさん苦労していた様子。(笑

案外、外から見るのも違いが良くわかりましたよ。





d0156040_1655757.jpg


こちらも大きくオーバーラン!
ハンドルを大きく左に切ってますが、クルマは真っ直ぐ進んでます。
コースからかなり外れちゃってますよね~。
やっぱこれも3号車かな?(笑





d0156040_1610862.jpg


最後にブレーキ性能チェックです。

まず手前のパイロンの所でクルマを止めます。
ここからブレーキを放してクリープ状態にします。
で、障害物に見立てた幕に向かって進んでいくんです。
自動ブレーキが障害物を感知して止まるという方法なんですが・・・




d0156040_16153451.jpg


自動ブレーキでは間に合いません!(笑

3社ともに幕の手前では止まらず、突っ込んじゃいました。
凍結路では自動ブレーキを過信しないようにしましょうね!!
ただ、自分でブレーキを踏んでいないんで、
ブレーキ性能の差っていうのはあまりよくわかりませんでしたね。

そのかわり制動距離を測定してくれました。
試乗車のアクア3台ともにGセンサーを装着しており、
自動ブレーキ作動から停止までの距離を計測していたんです。
私が乗った時の結果は・・・

・VRX2  2.4m
・A社    2.9m
・B社    3.1m


体感的な違いはわからなくても数字上では差が出ていますね。




d0156040_17571653.jpg


停止距離3mというとこれぐらい突っ込んでいます。
本物の障害物だったらかなりの被害でしょうね。
クリープ状態ですから、せいぜい6~7kmぐらいしか出てないんですけどね。
この後、担当者が幕を上げてくれるんで、通り抜けて乗降口まで帰ります。

ここのポイントは乗っていた時よりも、
外から見ているほうが違いが良くわかりましたね。
自動ブレーキが作動した瞬間にタイヤがロックしちゃって、
そのままスウ~ッと滑っていくんです。

「ブレーキのとこは外からも見てもらったほうが良いんじゃない?」

とBSの担当者に進言しておきました。
なんせ試乗会は9月末まで開催するそうなので・・・
ちなみに一般の方は参加できません。
タイヤ販売店やディーラー・GS等の従業員の方が対象の試乗会なんです。

先ほど話した同級生の彼ですが、ここに勤務しているもんですから、
テスト走行とかの時に試乗してたみたいですね。
「今年のが一番わかりやすいな!」って言ってました。
毎年やってるんでBSの面々とも顔見知りですしね。

例年は新品タイヤを使っていたんで差がわかりにくかったのかも?
各社ともに新品の時はゴムが柔らかいですからね~。
BS以外は柔らかくするのにシリコンやら油分やらをゴムに混ぜ込んでいるんです。
油分は年とともに揮発していまいますから、
年数が経つと油分が抜けてゴムが硬くなってしまうんです。

一方BSのブリザックは発泡ゴムを使っています。
気泡がゴムの内部にあるわけですから元々柔らかいんですよね。
そうなると混ぜる油分も最低限でOKとなるわけです。
揮発する油分が少ないので経年劣化が抑えられるというわけです。
今回はなかなか着眼点の良い試乗会でしたね。

これでVRX2は4年後でも安心してお使いいただけることがわかりました。
私も試乗会の経験を生かして自信を持ってオススメできます。
まあ、商売的には早めに買い替えてもらったほうがありがたいんですが。(笑

今年も ブリザックVRX2 のご注文お待ちしています。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-23 17:47 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

セルモーターが回らない!★CL9 アコード★ リビルトセルに交換!!

私が免許を取ったウン十年前。
クルマの寿命は10年、10万kmと言われてました。
たしかにそれぐらいの頃になるとけっこう壊れてましたからね~。
高額な修理代が掛かっちゃうんで車輌の買い替えとなっていたわけです。

ところが最近のクルマは壊れなくなりました。
10万kmオーバーのクルマなんてザラですもんね。
私の通勤鈍足号であるウィッシュも20万kmが近づいています。(笑

使われている部品の品質が上がったことで寿命が延びているんでしょうが、
それでもノーメンテナンスではやはり壊れます。
オイル交換はもちろんのこと、
定期的なメンテナンスがクルマの寿命を大きく左右するんです。

品質が向上しているとはいえ、壊れる時には壊れます。(笑
ゴム関係は経年劣化で硬化してオイルや水漏れの原因になります。
足廻りのブッシュであればヒビ割れて操縦性の悪化を招きます。

クルマには回転する部品が多く使われており、そこにはベアリングが存在します。
ベアリングが磨耗してくるとガタが出たり、最悪は焼き付くことも・・・
消耗品って聞くとオイル等の油脂類やブレーキパット・タイヤ等を思い浮かべますが、
それら以外にも消耗品はいっぱいあるんですよね。

劣化した部品をそのまま使っていると思わぬトラブルに繋がります。
初期症状が出たタイミングで交換してやれば、
重大なトラブルを防止することが出来るんですよね。
最近はこういった予防整備を依頼される方も少なくなりましたが・・・
まあ、壊れてみないとわからないという面もありますがね。(笑
なんか怪しいな?と思ったら何でもご相談ください!


本日はセルモーターのトラブルをご紹介します。
セルモーターも回転系ですのでベアリングが使われています。
でもトラブルの要因となるのは電気系特有の部分なんですよね。
回転する電気系にはブラシという部品が使われています。
これが磨耗すると電気が流れにくくなるんです。
セルモーターやオルタネーターのトラブルの大半がブラシ関係ですね。



CL9 アコード!




d0156040_12224083.jpg


このアコードには K24A というエンジンが搭載されています。
K24Aはセルモーターのトラブルが持病のようなんです。
同じエンジンを搭載するオデッセイ等でも頻発しているようですね。

初期症状はバッテリーが弱ったときのようにセルの回りが重くなり、
そのうちセルの反応が遅くなってくるそうです。
キーを回す→.........キュルキュルって感じですかね?
で、この症状が出る間隔が徐々に短くなり、最後には回らなくなるらしい。

早いと10万kmに到達する前に症状が出ることもあるようですが、
このクルマは20万kmオーバーでしたんで優秀なほうなのかも?(笑

セルモーターを交換することになったのですが、
このエンジンは一筋縄ではいかないんですよね~。

その理由が・・・



d0156040_12322314.jpg


セルモーターの付いている位置が問題なんです。
インマニとサージタンクの奥にあるんですよね。
矢印部分 がセルモーターですが、写真ではほとんど判別できませんね。(笑

こんな奥まったところですから、このままでは工具も手も入りません。
そこでインマニやサージタンクを一旦外す必要があるんです。





d0156040_1236546.jpg


インマニとサージタンクを外すとセルモーターは丸見えになります。
この状態なら作業は楽勝ですね。

ただインマニを外すのにちょっと苦労しました。
サージタンクを支える補強ステーがエンジンに固定されているんですが、
このステーを外すのがけっこう大変でした。




d0156040_12395978.jpg


右が外したセルモーターで、左がリビルトセルモーター。

リビルト品というのはセルモーター以外にも存在しますが、
いわば中古品をオーバーホールしたものなんです。
ケース等の大物はそのまま再使用して、(これらは消耗しませんからね。)
ベアリングやブラシ等の消耗品を新品に交換してあるんです。
なので新品のセルモーターを買うよりかなりお安く修理が出来るってわけです。

外したセルモーターはリビルトメーカーに送り返します。
それをまたオーバーホールして他のクルマに・・・って流れです。
ウチでオーバーホールすることも可能ですが、
工賃のアップ分を考えるとリビルトのほうがお得だと思います。

金額が大きい物のほうがこの傾向は顕著でして、
エンジンなんかはオーバーホールよりもかなりお安くなります。
まあ、リビルトだとプラスアルファのチューニングとかは無理なので、
そういった内容をご希望の場合はオーバーホールになりますね。




d0156040_12534255.jpg


セルモーターを固定して配線を接続。
これで本体の交換作業は完了になります。




d0156040_12545584.jpg


インマニを元に戻します。
もちろんガスケット類は新品に交換してますよ。
この辺をケチると後々のトラブルの要因になっちゃいますから・・・

付ける時も例のステーには苦労させられました。(笑




d0156040_12572315.jpg


カバーやダクトを付けたら完成です!
もちろんセルモーターは軽やかに気持ちよく回るようになりましたよ。

これで当分の間は安心ですね。
ただ走行距離を考えると他の部分のトラブルの可能性は・・・(笑
まあ、その都度対処していくしかないと思いますので、
何でもお気軽にご相談ください。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-22 09:06 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

進化剤施工!★シビックTypeR★S2000★フェアレディーZ★

雨模様ということもあって、昨日・今日と涼しいですね。
ただちょっとムシムシしてますが・・・
まあ、あの酷暑の日々を思えば贅沢は言えませんね。
このまま涼しくなってくれれば良いのですが。



さて本日は進化剤のネタ3台まとめてご紹介します!
今度の週末も3連休の方が多いんですかね?
おでかけ前に進化剤の施工をオススメします!!
エンジンが軽く吹け上がるようになって、ドライブが楽しくなりますよ。



本日1台目のクルマは・・・




FD2 シビックTypeR!





d0156040_10433167.jpg


エンジンに初めての施工となりました!
もちろん3回施工をオススメしておきましたよ。

当店が推奨している進化剤の施工パターンは・・・
最初の3回目まではオイル交換ごとぐらいの短い間隔で。
これでエンジン内部はキレイな状態に仕上がります。
一度定着した進化剤は磨耗でしか無くなりませんので、
3回施工後は2万kmごとぐらいのインターバルでOKなんです。
仕上がったエンジンは磨耗も少なくなっていますからね。


で、このお客さんは・・・



d0156040_1052681.jpg


福山 からのご来店でした!
わざわざ県外からのご来店ありがとうございます。
本当に進化剤とリジカラは県外からの方が多いんですよね。
それだけ人気があるって証拠ではありますが・・・


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑




2台目のクルマは・・・




S2000!




d0156040_10543380.jpg


何度かご紹介しているクルマですね。

本日の施工ポイントは・・・



d0156040_10552028.jpg


MTに 6回目 の施工となりました!

進化剤をMTに施工するとシフトが入りやすくなるんです。
スコスコ入るシフトフィーリングで運転が楽しくなりますよ!!
もちろんギアやベアリングの保護効果もありますからね。
エンジンよりも注入量が少ないので価格もリーズナブル!
MT車にお乗りの方はぜひ一度お試しください!!!

その効果に驚かれることでしょう。
シフトは手で直接操作するので、エンジンよりも体感しやすいですからね。


このお客さんも・・・


d0156040_1102591.jpg


府中市 からのご来店でした!
福山プレートの連チャンですね。(笑
県外から何度ものご来店ありがとうございます。



本日ラストのクルマは・・・



Z33 フェアレディーZ!




d0156040_1125986.jpg


このクルマも何度かご紹介していますね。

で、このクルマも・・・




d0156040_1134630.jpg


MTに2回目の施工となりました!

やはりあのスコスコのシフトフィーリングを一度体感してしまうと、
ヤミツキになっちゃうんですよね~~!!
それだけ体感的効果がバツグンなんです!!!


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-21 11:07 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★エクシーガ クロスオーバー7★

ただいま当店では・・・

10月末まで秋のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。


と言うことで本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・



YAM エクシーガ クロスオーバー7!





d0156040_1572395.jpg


エクシーガへの装着は当店では初となります。
ってことは、

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html

適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。
フェアの特典でアライメントが特別料金になっていますが、
半額のほうが安いのでこちらを適用させていただいています。





d0156040_1510982.jpg


まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

スバルの水平対抗エンジンとミッションは縦置きにマウントされています。
そのため一般的なFF車とはサブフレームの構造が異なり、
FR車と同じようなクロスメンバー方式になっているんですよね。
まあ、エンジン・ミッションのレイアウトがFR車と一緒ですから・・・

クロスメンバーにはエンジンマウントが固定されており、
エンジンの荷重を支えています。
それと同時にロアアーム前側部の固定箇所も兼ねているんですよね。
スバル車はインプレッサからレヴォーグ・レガシィなど、
多くの車種でこの構造を採用しています。
水平対抗エンジン搭載車はほぼこの形状ですね。
このクロスメンバーをボディーに固定している部分が装着ポイントになります。





d0156040_15165185.jpg


ハイッ!スバル車ですから!!(笑

マツダ車とは正反対にアンダカバーを固定しているのはコレだけです。
ボルトやクリップが少ない分、カバーは強度が必要なので厚めの構造です。
(まあ、カバーの大きさも違いますがね。)
どちらがコストダウンになるんでしょうね~?
私的にはクリップ類が少ないほうがありがたいですが・・・(笑




d0156040_15223573.jpg


いつもの横からビューです。
クロスメンバーを固定しているボルトになります。





d0156040_15242141.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
ザグリワッシャタイプとザグリ付片側突起タイプが2ピースずつの構成です。
先ほどスバル車はほとんど同じ構造って言いましたが、
リジカラも共用の設定となっていますね。

リジカラ2 と リジカラ3 は下側に使うようになるのですが、
突起のあるタイプと無いタイプになっています。

その理由は・・・



d0156040_1530985.jpg


ボルトを緩めた状態の写真です。

A部 はボルトとのスキマがほとんどありませんが、
B部 は 矢印部分 にスキマがあるのがわかります。

これはスキマの無い A部 でクロスメンバーの位置出しを行いながらも、
B部 のボルトを入れやすくするための工夫なんですよね。
この構造のため突起のあるタイプと無いタイプになっているわけです。




d0156040_15305574.jpg


まずは A部 の図解です!

クロスメンバー上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がクロスメンバーの穴にハマるようになります。

クロスメンバー下側はスキマがほとんどありませんでしたので、
突起の無いザグリワッシャタイプを使います。




d0156040_15314283.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もクロスメンバーの穴に掛かっています。
この状態でクロスメンバーを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんです。

下側はザグリワッシャタイプなんでボルトにハメるだけでOK。


ミスリル施工もやってます。
フェアの特典でサービスになってますからね。
装着部周辺に塗ることでボディーやサブフレームの強度が上がり、
リジカラの効果を高めてくれる働きがあるんです。




d0156040_15345319.jpg


続いて B部 の図解です!

クロスメンバー上側は先ほどと同じですが、
下側は突起のあるタイプを使うようになります。
ここはスキマがありましたんでね。




d0156040_15361733.jpg


装着中の写真です!

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いており、
先ほどと同じ状態になっていますね。
こちらは下側も突起がクロスメンバーの穴にハマっています。

4ヶ所ともがこの状態になったらボルトを本締めします。




d0156040_15374343.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。





d0156040_15385731.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
こちらも片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

リアは一般的なサブフレームをボディーに固定している部分ですね。
こちらもフロントと同じように多くのスバル車で採用されています。





d0156040_15402422.jpg



リア用のリジカラです!
3種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
片側突起タイプが4ピースと2ピースの2種類の構成です。
両側突起タイプは下向きの突起が短いです・・・(涙

ただし リジカラ2 の2ピースと リジカラ3 は選択使用となりますので、
実際に装着するのは8ピースということになります。

多くの車種で同じ構造のサブフレームでしたので、
リジカラも共用になっているんですよね。
ただ、車種や年式で穴径の違いがあるため、
ピース数を増やして選択使用で対応しているんです。





d0156040_15441270.jpg


リアの図解です!

今回は選択使用の分は リジカラ2 が適合しました。
そのため4ヶ所とも同じ方式になります。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
ただ突起が上下ともに小さめなんですよね~。
小さくても効果に問題は無いのですが、作業がちょっと苦労させられます。(笑

下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。
4ヶ所ともプレートが共締めになる構造です。





d0156040_15465295.jpg


まずは A部 の上側の写真です!

上下ともに突起が小さめでしたので狭いスペースでの作業が要求されます。
密着する寸前の状態で一旦上げるのをストップさせて、
上下の突起がちゃんと穴にハマっているのを確認する必要があるんですよね。
ちゃんとハマっていない状態で締めてしまうと突起がツブレちゃうんで・・・
でもこの狭さですので作業はかなりやりにくいです。





d0156040_15474991.jpg


下側の写真です!

片側突起がサブフレームの穴にハマった状態です。
ここはガセットプレートが共締めになります。




d0156040_15495355.jpg


続いて B部 の写真です!
こちらもまずは上側から。

先ほどと同じく密着する寸前で上下がハマっているか確認します。
4ヶ所が同時にこの状態になったらサブフレームを上げていきます。




d0156040_15525243.jpg


下側の写真です!

やはりサブフレームの穴に突起がハマった状態になっています。
ここもガセットプレートが共締めになります。

ここが選択使用のポイントだったんですよね。
レヴォーグとかはここの穴径が小さくなっているんです。、
そのため選択使用のポイントになっているわけです。




d0156040_15551619.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
オマケで共締めのプレートにも塗っています。


最後にアライメント調整をして完了です!


この度はお買上げありがとうございました。


リジカラフェアは絶賛開催中です!(笑
みなさんのご注文をお待ちしています。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-17 16:03 | リジカラ | Comments(0)

クラッチ交換!★NSX★ OS技研 STRツインプレート!!

最近は少し涼しくなってきましたね。
ただ湿度があるんで、ムシムシはしてますが・・・
このまま秋へ一直線となって欲しいもんです。


さて、先日のNSXハイコンプチューンの後日談です。

ウチから持って帰ったエンジンを ガルーダさん がNSXに載せて、
当分はおとなしく慣らし運転をしていました。
ボチボチ慣らしも終ったからと、三重の エスプリさん まで、
燃調のセッティングに出向いたそうなんです。
一緒にビッグスロットルも装着し、パワーチェックも!

予想以上の結果が出て、大満足での帰路の途中・・・
高速でアクセル踏んだらクラッチが滑り始めちゃったんです。
クラッチに負担を掛けないようにアクセル抑え気味で何とか帰宅。
で、ウチに連絡が来たわけです。

と言いますのも、以前にMTをオーバーホールした時に、
某メーカーのカーボンクラッチに交換してあったんですよね。
新品を装着してからさほど距離も乗ってるわけでもないし・・・
(通勤に使ってはいませんからね。)

さらにパワーアップした途端に滑り始めたもんだから、
クラッチがパワーに負けたんじゃないかと思いますよね。
でもメーカーが公表している耐パワー&トルク値までは至っていないんです。
だったらクラッチの容量的には問題ないはず。

そうなるとオーナーさんは製品不良を疑いますよね。
で、ウチがメーカーに問い合わせをしたんですが、その返事が・・・


当社の製品には不良は無い! 

予想外の高ビ~な返事に面食らいました。(笑
まあ、製品不良は認めないだろうなとは思ってましたが、
せめて現物をチェックしてみないとわからない・・・
ぐらいの返事かと予想してたんで。

メーカー側の言い分では、
・出荷前にチェックしているので製品不良は無い。
・公表データ以下のパワー&トルクであればクラッチが負けることも無い。
・組み方が悪くて滑ることもある。
・半クラッチの多用等の乗り方で滑ることが多い。

と言った内容でした。

メーカーの言う通り半クラ多用でも滑るし、
クラッチを蹴るような繋ぎ方をしてても滑るし、
素早いシフトチェンジをしようとクラッチが繋がる前にアクセル入れてたら滑るし・・・
まあ、乗り方っていうのはクラッチが滑る一番大きな要因ではあります。
クラッチペダルの遊び調整が悪くて滑ることもありますしね。


ウダウダ言ってても仕方ないので、クラッチを交換することになりました。





d0156040_1850419.jpg


万全を期す意味で作業もウチでやることになりました。
オーバーホール時はMTの載せ降しはガルーダさん本人がやったんですよね。
その時にクラッチも一緒に装着したわけです。
なので若干の不安があったようです・・・(笑




d0156040_18543277.jpg


ビッグスロットル! 

セッティングの時に一緒に装着したやつですね。
15年ほど前はインフィニティーのスロットルを流用していましたが、
これは削りだしのスロットルです。
エスプリさんのオリジナル品なんですかね~?
やっぱ、全国区のお店は違いますね。




d0156040_1859127.jpg


まずはMTを降ろします。
サーキット走行会をやってた頃はNSXのクラッチ交換も多かったので、
よくMTも降ろしてたので作業もかなり早かったんですが・・・(笑




d0156040_1914881.jpg


某メーカーのカーボンクラッチです。
削れたカーボンの粉が付着してますね。

取付けミスがあってもブログのネタにしないでよ!(笑
と、ガルーダさんから釘を刺されましたが・・・
大丈夫!ミスはありませんでしたよ!!




d0156040_194428.jpg


取り外したカーボンディスクは段付きが出来るぐらい磨耗してますね。
まあ、ズルズルに滑ってたんで当然なんですが・・・




d0156040_19623.jpg


クラッチカバーのプレッシャープレートはかなり焼けてますね。
こちらも滑ってたんで当然なんですが・・・




d0156040_1971570.jpg


フライホイールもご覧の状態です。


一度滑ったクラッチですからオーナーさんとしては、
同じメーカーの製品にするのは躊躇いますよね。
それに高ビ~な態度だったんで印象も悪いですし・・・(笑

で、チョイスしたのは・・・




d0156040_1994837.jpg


OS技研 STRツインプレート! 

ウチではけっこう装着しているクラッチです。
今回のハイコンプエンジンを以前に載せていたNSXでも、
このクラッチを装着してサーキットをガンガン走っていたんです。
なので信頼性もバッチリですからね。

STRクラッチはメタルディスクのツインプレートながら、
踏力も軽くてすごく乗りやすいんです。
とてもツインプレートとは思えないレベルなので、
渋滞でも問題ないぐらいなんです。

マルチプレートクラッチ特有のシャラシャラ音も、
ほとんど聞こえないってぐらいに静かです。
初めてツインプレートに乗るって方でも違和感なく使えます。




d0156040_19185910.jpg


STRクラッチの構成パーツたち。
フライホイールに、2枚のメタルディスク。
プレッシャープレートとセンタープレート。
そしてルビー色に輝くクラッチカバー。

これらを順番に組み付けていきます。




d0156040_19253487.jpg


フライホイールにハマるパイロットベアリングは新品を装着。
このあたりをケチってもね。




d0156040_19265055.jpg


センター出しのツールに2枚のディスクとセンタープレートを挿しこんで、
フライホイールにハメていきます。

ツインプレートクラッチは特にこのセンター出しが重要なんです。
2枚のディスクのセンターがズレているとMT載せる時にハマらないんです。
ディスクのスプラインがズレていてもNG。
最初にちゃんと合わせておかないと後々苦労することになっちゃうんです。

MTの載せ降しには基本的にミッションジャッキを使いますが、
最後の最後は人力による力技なんですよね。
MTを後から押してハメ込むんです。
そこですんなりハマらないとヘトヘトになります。(笑

ウチではNSXのセンター出しツールは、
MTのインプットシャフトをブッた切った物を使ってます。
実際にクラッチに刺さるシャフトですから、これ以上のツールはありません。(笑




d0156040_1322511.jpg


カバーを装着してボルトを締付けます。
本数が多いもんですから、手がダルくなります。(笑

それにしてもキレイなルビー色のカバーですね。
MTを載せたら見えなくなっちゃうのが勿体無い!(笑




d0156040_1655016.jpg


上の写真がNSX純正クラッチで下がSTRクラッチです。
純正とSTRでは作動方法が異なるんですよね。

純正クラッチカバーの黒いダイヤフラムスプリングの真ん中、
矢印部分 にハマっているのはレリーズベアリングです。
手前と奥側が径が大きくて中間が細くなっています。
(ド真ん中の棒は先ほどの芯出しツールなので関係ありません。)

この細くなっている部分にレリーズフォークがハマリます。
で、手前の径が大きい部分を引っ掛けて手前側に引っ張ることでクラッチが切れます。
レリーズベアリング部分が力点、ダイヤフラムの外周部分が支点、
そしてダイヤフラムの中間部分が作用点というテコの原理になります。
この方式のクラッチをプルタイプと呼びます。

一方のSTRクラッチは昔ながらのプッシュタイプなんです。
ダイヤフラムスプリングの真ん中付近を押さえることでクラッチが切れます。
この場合レリーズベアリングはMT側に装着されます。

テコの原理で言えば力点はレリーズベアリングが押さえる部分で同じですが、
矢印部分 のナットが並んでいる部分が支点となり、
ダイヤフラム外周部分が作用点になります。
支点と作用点の位置が逆になるってことなんです。

ですので純正のレリーズフォーク等は作動が逆なので使えないんです。
そこで登場するのが・・・





d0156040_16264174.jpg


作動変更パーツ! 

STRクラッチにセットで付属してくるパーツになります。

右側がレリーズフォークとベアリングで、左がレリーズシリンダーです。
レリーズフォークもやはりテコの原理で作動しています。




d0156040_1635141.jpg


レリーズフォークの中間部分のブラケットをボルトでMTに固定することで、
ここがテコの支点となります。
レリーズベアリングが作用点で、フォークの反対側が力点ですね。
ゴムブーツの部分からMTの外側に出ている部分ですね。

純正のレリーズフォークもテコの原理で作動しており、
支点・作用点・力点の位置関係も同じですが作動方向が逆になるんです。
作動変更パーツではベアリングが手前(シャフト側)に動いてクラッチが切れますが、
純正では奥方向(MT側)に動くことでクラッチが切れるわけです。




d0156040_16441459.jpg


レリーズシリンダーをMTに固定!
2枚のブラケットをレリーズフォークと接続します。

純正はフォークを左側(エンジン側)に押す作動でしたが、
作動変更パーツでは右側(MT側)に引っ張る作動となります。
クラッチペダルを踏むと内部のピストンが右方向に押されますので、
2枚のブラケットで接続されたフォークを引っ張るという機構です。



d0156040_16502183.jpg


MTを載せてドラシャやらマフラーやらブラケットやらを元に戻せば完了です。
って、それがけっこう時間が掛かるんですけどね。(笑

最後の仕上げにクラッチペダルの遊び調整をしようとしたんです。
そしたら何かペダルのガタが大きい!
こりゃ普通じゃ無いと思い確認したところ・・・

クラッチのマスターシリンダーのロッドは、
ペダルの中間にある穴に直径5~6mmぐらいのピンを挿し込んで接続されてます。
このピンが磨耗して細くなっていたんです。
さらにペダルの穴も磨耗して長穴になってました!(笑
本来この穴には樹脂のブッシュが入っているんですが、その姿は無し。
おそらくグリス切れになって樹脂ブッシュが磨耗して無くなり、
ピンとペダル穴の金属同士が擦れあって磨耗しちゃったんでしょうね。

なので通常の遊び以上にガタがあったんですね。
もしかするとクラッチが滑る原因がコレだったかもしれません。
ペダルが正規の位置まで戻っていても、
ガタがあるためマスターのロッドを引っ張りきれていなかったとしたら・・・

クラッチペダルに足を載せてる時のように、
マスターのロッドを少し押してるのと同じ状態だったかもしれません。
その状態だと常に半々クラッチのようになっていたのかも?
だったら早く滑っちゃったのも納得がいきますね。

後日ペダルをガルーダさんが交換してきたので、
クラッチの切れる位置と遊びの調整をやっておきました。
これで大丈夫でしょう!


NSXのネタもまだ眠ってる分がありますんで早めに更新しますね。









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-11 19:00 | NSX | Comments(0)

エンジンオーバーホール!★NSX★ ハイコンプチューン!!

本日はNSXのネタです!
NSX関連はけっこう大掛かりなネタが多いもんで、
更新が後回しになりがちで溜まり気味になっちゃうんですよね~。
なので今回のネタもそこそこ前にやった作業ですが・・・


以前、MTのオーバーホールでご紹介したNSX。

https://mizoarf.exblog.jp/26944891/

オーバーホール後は快調に走っていたそうなんですが・・・


ある日オーナーである塗装職人の ガルーダさん から連絡がありました。
どうやらエンジンから異音がしてアイドリングしなくなったそうで。
そこでオイルパンをはぐって確認したところ・・・

1気筒のコンロッドが手で触るとカチャカチャ動いてる。
ナットはちゃんと締まっているそうなので、メタルが逝ってること確定です!
まあ、前オーナーさんはウチの走行会にも毎回参加してくれてたし、
かなり酷使されてたエンジンではありますので・・・

メタルが逝ってるということは、ピストンが首振りしてた可能性が高く、
シリンダーへのダメージもあるんじゃないかと推察。
そうなるとそのエンジンをオーバーホールするのはかなり高額になります。
なんせシリンダーのボーリングが必要ですからね。
ダメージの度合いによってはブロック本体の交換なんてことにもなりかねません。
そこで何か良い策はないかと相談してたんです。


じつはウチにNSXのハイコンプエンジンが1機眠ってたんですよね。
もう15年以上前に組んだエンジンなんですが・・・
ウチのHPで作業レポートに載せてます。

http://www.auto-r.com/sagyou/nsx/s-c30a.html


で、このエンジンなんですが、当初搭載してたNSXから降ろして、
他のNSXに載せようとしていたんです。
ハイコンプを組んでからサーキットをガンガン走ってたので、
降ろした時にオーバーホールをしたんです。

ところが結局そのNSXには載せないまま、ウチに放置されていたんです。
そこでこのエンジンを購入して載せることになりました。
降ろした時にオーバーホールをしてるとはいえ、それも10年ぐらい前のこと。
オイルシールやパッキン等のゴム製品は怪しいですよね。

そこで今回、改めてオーバーホールすることになりました。




d0156040_16225922.jpg


10年間ピットの片隅で眠っていたエンジンです!
エエ~かんじにホコリが積もってました。(笑
まずは分解して洗浄します。




d0156040_16273848.jpg


いきなり洗浄後のヘッドです!(笑
問題となるようなポイントはありませんでしたね。

最初に組んだ時にいろいろ加工をしてあるんです。
ポートは段付き修正と若干の研磨。
燃焼室はエッジを落として全体を研磨。
もちろん容積調整もしてあります。

前回のオーバーホール時に、
シートカットと擦り合わせもやり直してます。




d0156040_16355795.jpg


バルブを挿入してバルブスプリングをセット。
もちろんステムシールは新品に交換してますよ!




d0156040_16375122.jpg


バルブは最初の時に形状整形をして磨いてあるのでピカピカです。
インテークバルブはC32用の純正品で1mmのビッグバルブになってます。

これでヘッドのオーバーホールは完了です。




d0156040_16414187.jpg


続いてこちらも洗浄後のブロックです。
シリンダーにキズなども無く安心しました。




d0156040_16425437.jpg


クランクシャフトも問題無し!
メタルの貼り付きやサビなどもありませんでしたね。

クランクも最初の時に加工を施してます。
ジャーナルとピン部のメタルが付く部分をポリッシュ加工してます。
ピカピカでフリクションロスが少なくなってます。
オイル穴も拡大加工をして高回転でのオイル切れに対応。






d0156040_16475489.jpg


メタルは前回新品に交換してあったので再使用。
まあ、一度も火が入っていないエンジンですので新品のままですから。
一応オイルクリアランスはチェックしておきましたけどね。





d0156040_16494424.jpg


ピストンも洗浄して組み付け。
これがウワサ?のハイコンプピストンです。
コスワース製で0.5mmのオーバーサイズになってます。

ピストンリングの固着もありませんでした。
こちらも前回のオーバーホール時に新品に交換していますので、
今回は再使用しました。




d0156040_16532312.jpg


オイルポンプやストレーナーを組み付けます。
NSXのオイルポンプは高回転でギアが割れるという情報があったので、
最初の時に 戸田レーシング の強化品に交換しています。
なんせ最初組んだ時はサーキット用ってことでしたんでね。




d0156040_1657108.jpg


T3TECメタルガスケット! 

C30A専用のメタルガスケットです。

最初組んだ当時ってC30A用はどこからも発売されていませんでした。
ハイコンプなんでノーマルのアスベスト製じゃ持たないだろうな?
と思ってだいぶ探したんですけどね。

C32Bは純正でメタルガスケットだったのでそれを使用しました。
ただボアが大きいんで若干心配ではありましたが・・・
まあ、何度もサーキットを走っても抜けなかったのでOKだったんですけどね。

前回のオーバーホール時にはC30A純正を使用。
次のオーナーさんがサーキットは走らないということだったので、
アスベストでも大丈夫でしょうと判断しました。

今回はボア径もバッチリ合った専用品ですから、
サーキットを走っても安心ですよね。


で、ヘッドを載せたところで・・・




d0156040_177180.jpg


おやっ? 奥にもう1機エンジンがありますね~。

じつはガルーダさんがちょっと前にタイベル交換とかをしてあったそうなんです。
その時にウォーターポンプやら何やらかんやらと一緒に交換。
ウチでやってるタイベル交換&メンテナンスと同じ作業をやってたわけです。

なのでそれらのパーツをこちらのエンジンに移殖してやります。
組んで間がないパーツなんで勿体無いですから。




d0156040_17123311.jpg


ロストモーションスプリングを移殖!

ハイコンプエンジンのほうは旧型のままでしたからね。
当時はC30A用はまだ形状変更されていなかったんです。
なので旧型をそのまま使っていました。




d0156040_17145515.jpg


ロッカーアームを組み込んで・・・





d0156040_17171515.jpg


カムを載せてカムキャップを締め付けます。
もちろんオイルシールは新品交換!

カムも最初の時にエッジを落としてポリッシュ加工しています。




d0156040_17195019.jpg


ウォーターポンプやテンションプーリーを移殖。
クランク角センサーもね。




d0156040_17212856.jpg


タイミングベルトも移殖。

ハイコンプエンジンには戸田レーシングの強化品が付いていたんですが、
15年経過の中古の強化品よりは新しい純正品のほうが良いじゃろ?
ってことになりましたので。(笑

いつものように張り調整をしてやります。
この調整をちゃんとしておかないと後々トラブルの原因に・・・




d0156040_17275024.jpg


続いてはタペット調整です!

NSXのタペット調整はエンジンを降ろした状態じゃなきゃ出来ません。
車載状態だとリアバンクに作業出来るほどのスペースが無いんですよね。
過去に一度だけ車載状態でやったことがありますが、
そりゃもう大変でして・・・ もう二度とやりたくないと思いました。(笑




d0156040_17324458.jpg


タペットカバーも移殖。
こちらもガルーダさんが塗りなおしてあったんです。
塗装職人さんですから、このへんはお手の物ですよね。

それにハイコンプエンジンのほうはホコリが積もってましたんで。(笑




d0156040_173578.jpg


インマニも洗浄済です!





d0156040_17354956.jpg


インマニを組み付けたら完成です!




d0156040_17401552.jpg


軽トラの荷台に載っけられて旅立って行きました。(笑

あとはガルーダさんがクルマに載せれば終了です。
思わぬトラブルからのチューニングエンジンになりましたが、
壊れたエンジンを直すよりは良かったんじゃないかな?
ウチにエンジンが眠ってたことが結果オーライとなりましたね。


これでメデタシ、メデタシと思いきや・・・
じつは後日談がありまして、それはまた次回に!










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-08 09:19 | NSX | Comments(0)

リジカラ装着!★S660★ 7台目!!

今年の夏はなんか異常ですね。
大阪の地震に始まり、西日本豪雨。
さらに7月からの異常な酷暑。

先日の台風は岡山では大きな被害は無かったものの、
連発で直撃した関西方面ではヒドイことに・・・
そして今朝の北海道での地震です。
ここまで自然災害が続いた夏は記憶にありません。
これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。



ただいま当店では・・・

10月末まで秋のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。


と言うことで本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・




S660!





d0156040_1204015.jpg


S660への装着は当店では 7台目 になります。

当店ではプリウスへの装着台数が圧倒的に多いですが、
あれだけバンバン売れたクルマなんで不思議はありません。(笑
S660はさほど台数が出ているクルマじゃないのに装着率は高いですね。
スポーツカーだけにオーナーさんたちは走りに影響するパーツには敏感なんでしょう!




d0156040_123391.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

通常リジカラはサブフレームの固定部分に装着するようになりますが、
S660はミッドシップですのでフロントにエンジンはありません。
そのためサブフレームも存在しないんですよね。
ロアアームはボディーに直接固定されているんです。
その固定部分が装着ポイントになります。




d0156040_1263169.jpg


装着ポイントのアップです!

ロアアームは前後2ヶ所でボディーに固定されています。
どちらもブッシュが圧入されている構造ですね。
この固定部にリジカラを装着します。




d0156040_127167.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類が2個ずつの合計6ピースになります。

両側突起タイプが1種類2ピースと、片側突起タイプが2種類4ピースの構成です。




d0156040_128211.jpg


まずは A部 の図解です!

ここはブッシュが水平方向に固定されています。
アームの上下方向の動きを担っているブッシュですね。
リアのトーションビームと同じような構造ってことになりますね。

ボディーの穴径とボルト径の違いによるスキマに突起がハマリ込むことで、
ボルトのセンターがボディー穴に揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。
リジカラの装着パターンもトーションビームと同じですね。




d0156040_12114719.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
これもトーションビームとまんま同じですね。


で、ここのポイントにはちょっとした問題がありまして・・・



d0156040_12131988.jpg


矢印部分の奥側の鉄板の穴がズレているのがわかりますか?

ここの構造は予め穴の空いたプレス鉄板を貼り合せて溶接してあるんですが、
穴位置がズレた状態で溶接されちゃったわけです。
こういった症状っていうのはS660に限ったことでは無いんですけど、
S660では今まで装着したほぼ全車がこうなってました。

純正の固定方法ではズレていても問題無くボルトが挿入出来ますが、
リジカラ装着時にはこれが大きなネックになるんです。

何故かと言いますと・・・




d0156040_12195293.jpg


奥の鉄板がバリとなって突起が干渉してしまうので、
リジカラが奥までちゃんと入らないんですよね~。
このまま無理やり締めてしまうと突起がツブれてしまうんです。
バリとなっている部分を切削加工して、
手前の鉄板の穴に揃えてやる必要があるんですよね。

これは他の車種でもけっこうあります。
ボディー側の穴位置がズレて溶接されていたり、
サブフレームの鉄板と内部のカラーの穴位置がズレていたりとか・・・
そういった時の加工はもう慣れたもんですのでご心配なく!



d0156040_12241354.jpg


加工が出来たらリジカラをハメてボルトを挿しこみます。
この時点ではボルトを仮締めにしておきます。
ブッシュを固定しているボルトですので 1G締め が必要ですからね。
この点でもトーションビームと一緒ですね。

今回はミスリル施工はしていません。




d0156040_12255359.jpg


続いては B部 の図解です!
ロアアーム後側のブッシュの部分ですね。
ここは垂直方向にブッシュが固定されているポイントになります。

上側は両側突起タイプがボディーのガイド穴とブッシュのインナーカラーにハマリます。
下側は片側突起がインナーカラーにハマリます。
これによりボディー穴とボルトのセンターが揃い、
インナーカラーの固定位置もちゃんとセンターになるわけなんです。
下側は補強プレートが共締めになっています。




d0156040_12292749.jpg


ボディーにインナーカラーが固定されていた痕跡です!
サビが付いている部分がインナーカラーの外周部なんですが、
ボディーの穴とは偏芯してズレているのがわかりますね。
ただ、今まで装着したクルマの中ではマシなほうかな?(笑




d0156040_1233323.jpg


いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています!
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっており、
下向きの突起の先端がインナーカラーの穴に掛かった状態です。
このままボルトを締めていけば、突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんですよね。

下側のリジカラもインナーカラーに突起ガハマっています。
で、補強プレートに挟まれるようになるんですよね。

ここもブッシュを固定しているポイントになりますので、
とりあえず仮締めをしておいて後で 1G締め をします。




d0156040_12365167.jpg


続いてリア用のリジカラです!
4種類で合計14ピースの超豪華版になってます。
やはりホンダ車なんで・・・(笑

両側突起タイプが2種類で4個ずつの8ピース、
片側突起タイプが1種類4ピース、ワッシャタイプが1種類2ピースの構成です。

径の大きい リジカラ1・2 がサブフレーム本体に使い、
小さい リジカラ3・4 がコントロールアームブラケット用になります。




d0156040_1239357.jpg


まずはリアの装着ポイント第1弾!
サブフレーム本体の装着ポイントになります。

 印が  部です。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所ですね。

赤く色付けしてある部分がコントロールアームブラケットなんですが、
こちらはまた後で説明しますね。



d0156040_1242499.jpg


A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う一番オーソドックスなパターンですね。




d0156040_1243185.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはやはりボディーに貼り付いています。
ボディー穴に上向き突起がしっかりとハマリ、下向き突起も・・・
って言ういつもの状態です。(笑
このまま上げていけば自然とセンターが揃います。

ただし4ヶ所を同時にこの状態にしないといけないんですよね~。
車輌誤差やシナリなどで最後の1ヶ所が中々入らなかったりすることがあるので、
けっこう時間が掛かっちゃうんです。



d0156040_124612100.jpg


4ヶ所が先ほどの状態になったらボルトを規定トルクで本締めします。
ここはブッシュがありませんのでこのまま締めこんでもOK!




d0156040_12465234.jpg


続いてはコントロールアームブラケットの装着ポイントです!
先ほどの写真で赤く色付けをしていた部分ですね。
合計6ヶ所に装着するようになります。





d0156040_1248748.jpg


ボルト部分のアップ写真です!

B部 はボルトとの間にスキマがありますが、 (矢印部) 
C部 はほとんどスキマの無い構造になっています。

これは C部 で位置出しをしながら、B部 のボルトを入れやすくするための、
ホンダさんの工夫なんだと思います。



d0156040_12504887.jpg


まずは B部 の図解です!

両側突起タイプがサブフレームのガイド穴と、
ブラケットの穴にハマることでスキマを無くすようになります。
ただし突起が上下ともに小さいです。(涙




d0156040_12533393.jpg


装着中の写真です!

上下の突起が各々の穴にハマっている状態です。
突起が小さめでしたので密着する寸前で一旦止めて確認します。
狭いスペースでの作業が要求されるんですよね。
出来れば下向きの突起はもう少し長くしてもらえると、
作業がラクになるんでありがたいんですが・・・(笑




d0156040_12554149.jpg


続いて C部 の図解です!

ここはスキマがありませんでしたので、突起の無いワッシャタイプを使います。
ワッシャタイプを挟み込むことで、密着度を上げる効果を出しながら、
ディスタンスカラーの役目も兼ねているんです。

B部 でフランジ部がサブフレームとの間に挟み込まれていますから、
ここにも同じ厚みの物を挟まないと高さが合わなくなりますからね。




d0156040_12572032.jpg


ここはただのワッシャタイプなので気を使う必要はありません。(笑
ボルトにハメ込んでおくだけでOK!




d0156040_12582723.jpg


6ヶ所が同時にハマった状態になったらボルトを本締めします!
やはりブッシュがありませんのでこのまま締めてOKです。




d0156040_1301463.jpg


最後にフロントの 1G締め をします!

ブッシュのインナーカラーが動く程度にボルトを仮締めしたら、
タイヤを付けてリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに入れてタイヤが接地したまま、車重の掛かった状態で本締めします。
いつもトーションビームでやってるのと同じ内容です。

これを 1G締め と言い、これをやらないとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しですからね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

最後にアライメント調整をして完了です。


この度はお買上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-06 09:22 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★レヴォーグ★ekワゴン★S15 シルビア★キャリイ★

台風はどうやら直撃は避けられそうですね。
前回と同じようなコースを辿ってますから、
四国・紀伊半島・近畿方面はけっこう大変そう・・・
岡山も夕方にかけて最接近するようなので、
油断禁物ですね。(暴風圏には入りそうなので・・・)


さて、本日は進化剤のネタを4台まとめてご紹介します。

まず1台目のクルマは・・・




レヴォーグ!





d0156040_10165288.jpg


エンジンに4回目の施工となりました!
オーナーさんはあの世界記録更新中?のステージアの方なんです。
なのでこのクルマでも複数回の施工になるのは当然の流れです。

一応、ステージアは仕事用でレヴォーグはプライベート用と、
使い分けているそうなんですが・・・
日頃からどちらもけっこうな距離を乗るんで、
施工の頻度も多くなっちゃうというわけなんですよね~。



2台目のクルマは・・・


ekワゴン!




d0156040_10221385.jpg


おやっ?ナンバープレートが外れていますね。

ってことは・・・




d0156040_1023725.jpg


当店の夏の風物詩!エアコン進化剤!! 

まだまだ暑さが続きそうですからね~。

進化剤をエアコンに施工するとコンプレッサーの抵抗が減ります。
エアコンを掛けた時のパワーダウンが抑えられます。
元々トルクの細いKカーやコンパクトカーには特に効果的ですよ!
もちろんコンプレッサーの保護効果もありますし、
クルマによっては効きが良くなることもあるんですよ!!

以前、涼しくなりかけた頃に施工したお客さんがいて、
「もっと早く施工しておけば良かった・・・」と後悔されてました。(笑
まあ、最近ではエアコンは1年中使いますからね。


そして・・・





d0156040_10263765.jpg



EVIDIS消臭・除菌システム! 

専用の洗浄液を超音波で霧状にしてエアコン内部に吸わせます。
エバポやダクト内を霧が通ることで、雑菌やカビなどを除去してくれます。
エアコンを掛けたときのムア~っとしたイヤな臭いを消臭します。

ダクトから排出された霧は、天井やシート下にも充満します。
さらに繰り返しエアコンに吸い込まれることで、
車内の隅々まで消臭・除菌効果が広がるんですよね~。




3台目のクルマは・・・



S15 シルビア!





d0156040_10311167.jpg


何度かご紹介している程度バツグンのシルビアです!
最近ではここまでキレイな個体も見なくなりましたね~!!

今回、本来の目的はタイヤ交換とボディーコーティングだったのですが・・・




d0156040_10325929.jpg


当店の夏の風物詩!エアコン進化剤!! 

クルマをお預かりしたついでに施工しました!(笑

ガスの注入バルブがけっこう奥まったとこにありまして・・・
機材をセットするのがちょっとやりにくいんです。
こういった奥まったとこにあるクルマも案外多いんですよね。
もうちょっと作業性を考慮して欲しいですね~。
って、今さら言ってもどうにもなりませんが・・・(笑



本日ラストのクルマは・・・



キャリイ!




d0156040_1038513.jpg


そうです! 当店の働くクルマです!!(笑




d0156040_10395153.jpg


当店の夏の風物詩!エアコン進化剤!! 

キャリイってキャビンが狭いくせにエアコンの効きが悪いんです。(笑
まあ、チョイ乗りばっかりなんで、冷える前に止めちゃうってこともありますが・・・
少しでも効きが良くなれば! と願っての施工です。

だったらもっと早くに施工しておけよ!! ってツッコミは無しでお願いします。(笑


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-09-04 10:46 | 進化剤 | Comments(0)