<   2018年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

年末年始休業のお知らせ!

12月30日(日)~1月4日(金)

休業 させていただきます。

新年は 5日(土) より通常営業いたします。

本日で今年の営業は最後となります。
今年一年間ご利用いただいた皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。
また、ブログをご訪問いただいた方々もありがとうございました。

来る年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いします。

それではみなさま
  良いお年をお迎えください。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-29 10:58 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

進化剤施工!★アウディA3★MPV★マーチ★ ミスリル施工も!!

今日あたりから寒波が・・・ってことで確かに寒いですが、
雪の降りそうな気配はありませんね~。
年末年始は降水確率の低い日が続くようですしね。
寒いだけで雪が降らないっていうのはタイヤ屋さんとしては・・・(笑


本日は進化剤&ミスリルのネタを3台まとめてご紹介します!

まず1台目のクルマは・・・



アウディA3 e-tron!





d0156040_14184520.jpg


エンジンに 5回目 の施工となりました!
複数回目の施工でも効果が体感出来るのが進化剤の凄いところなんです。
3回施工達成後も定期的に施工することで、
キレイに仕上がったエンジンのコンディションを維持することが出来るんです。


で、このお客さんは・・・



d0156040_14225946.jpg


広島 からのご来店でした。
県外から何度ものご来店ありがとうございます。
遠方からご来店いただけるのはありがたいことですね。



2台目のクルマは・・・


LW3W MPV!




d0156040_1425292.jpg


古くからの常連さんのクルマです!
このクルマは以前にエンジンやエアコンにも施工していますが、
今回の施工ポイントは・・・




d0156040_14292753.jpg


ATに 2回目 の施工となりました!
今回ATFを交換しましたので、進化剤もついでにってことになったんですよね。
注射器で30ccを注入しました。

ATはオイル量が多いのに注入量を増やせないので、
体感的効果がわかりにくいんですよね~。
それでもベアリングやギアなどの保護効果はバッチリですので、
効果が体感出来なくてもいいから・・・と施工される方も多いんです。



3台目のクルマは・・・



K12 マーチ!




d0156040_1436218.jpg


このクルマは 3回施工達成最短記録保持車! なんですよね。

なにしろ1回目から3回目までが 38日 という超短期間での達成でしたから、
当分の間は記録が破られそうにはありませんね。


今回の施工ポイントは・・・



d0156040_1438548.jpg


MTに 5回目 の施工となりました!

進化剤をMTに施工するとシフトがスコスコ入るようになります。
フィーリングが良くなって運転が楽しくなりますよ!
もちろんシンクロやベアリング・ギアなどの保護効果もバッチリですので、
MT車にお乗りの方にはオススメの施工なんです。


今回は3台とも複数回目の施工でしたね。

進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑



d0156040_14403145.jpg


ブリザック VRX2! 


今回はスタッドレスも交換しました!!
ちょうどプラットホームが出るぐらいの残り溝でしたのでね。
これでこの冬も安心です!


で、タイヤ交換でホイールを外すのだからということで・・・



d0156040_1443866.jpg


ホイールにミスリル施工! 

14インチでしたが2本リングで施工しました。
ホイールにミスリルを施工するとタイヤの動きが軽くなります。
クルマの動き出しがとってもスムーズになるんです。
まるで軽量ホイールに交換したような・・・? っていうのは言いすぎ!?(笑


ミスリルのドロ沼からも抜けられません!(笑


で、このお客さんは・・・



d0156040_14473589.jpg


大阪 からのご来店でした!
以前はお仕事の関係で岡山にお住まいだったんですよね。
その時に進化剤にハマっちゃたわけですが・・・(笑
大阪に帰ってからもちょくちょくこちらに遊びに来られるそうなんです。
で、その時にウチに寄って施工もして帰るってパターンです。



d0156040_1450423.jpg


お土産も頂きました。
お気遣いありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-28 14:57 | 進化剤 | Comments(0)

★浅田真央サンクスツアー★ 観に行ってきました!

この時期に「サンクスツアーに行ってきた。」って言ったら、
先週開催された島根公演かと勘違いされそうですが・・・(笑

11月2日に開催された

浅田真央サンクスツアー 広島公演

に行ってきました!

もう2ヶ月ちかく前の話ですが、今年中にアップしておかないと・・・(笑


d0156040_15161188.jpg


そもそも サンクスツアー って何なのか?
他のアイスショーとどこが違うのか? ってお話しを少しだけ。

昨年の4月に真央ちゃんは現役を引退しました。
引退後は夏のザ・アイスの公演を最後にリンクから遠ざかっていたんです。
ホノルルマラソンに挑戦したり、いろんなことをやってたんです。
このままフィギュアをやめようか?とまで思ったそうです。

でも現役時代に応援してくれた全国のファンに、
感謝の気持ちを伝えたいと、このショーをスタートさせたんです。
まずは姉である舞ちゃんに相談し、同級生の無良くんも誘い・・・
そしてオーディションを開催してメンバーを募りました。

総勢10名のうちで有名スケーターは真央ちゃん・舞ちゃん・無良くんの3人だけ。
残る男子3名・女子4名はほぼ無名スケーター。(失礼!
私は唯一男子の川原星くんの名前に聞き覚えがあったぐらいでした。
おそらくこの7名はアイスショーに出演するのは初めてなんじゃないかな?
そのメンバーで全国各地で公演を行ったんです。

開催場所は地方都市のスケートリンク。
今までアイスショーが開催されなかったような場所で、
今までアイスショーを観たことのない人たちにも観てもらいたい!
というのがコンセプトなんです。

氷上最前列のチケットが ¥7500 という破格の安さ!
去年まで観に行ってたザ・アイスなどの一般的なアイスショーでは、
最前列のチケットは ¥20000 ぐらいが一般的。
チケットを安く設定して初めての人にも来てもらいたい!という気遣いなんです。

通常のアイスショーでは国内外の有名スケーターを呼びます。
そして多くの観客を集めるために体育館とかの大きなハコで開催します。
そうなると出演料も高くつくし、施設の貸切料金もね。
なんせ体育館とかに氷を作るには1週間ほど掛かるそうなんで、
その間も貸しきっておかなければいけませんから。

サンクスツアーは常設のスケートリンクで開催しますので、
公演日+アルファの貸切でOKです。
1日あたりの料金も体育館とかよりも安いでしょうし。

有名スケーターも3名だけじゃしね。(笑
さらにツアーにはスポンサーが10社も付いているんです。
なので破格のチケット料金が実現できたわけなんです。

久々のフィギュアネタで長くなりますので、興味の無い方はスルーしてください。(笑
興味のある方は下の 「続きを読む」 をポチっと。

続きを読む

by AutoReference | 2018-12-25 18:58 | フィギュアスケート | Comments(7)

リジカラ装着!★アウディ S3★ KW車高調やブレーキパットも!!

溜まってるリジカラのネタもやっと少なくなってきました。
年内に全てご紹介出来るようにがんばります!


ってことで本日はリジカラのネタです!
クルマは・・・




アウディ S3!





d0156040_13434232.jpg


アウディは A1 以外の車種に装着するのは初めてですね。
でも輸入車は初装着車キャンペーンの対象外ですのでご了承ください。




d0156040_13464882.jpg


まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が A部 です。

 印が B部 です。

基本的にはFFタイプのサブフレームなんですが・・・
強度を上げるために少し複雑な形状になっていますね。
しかもアルミ製の豪華バージョンです。(笑




d0156040_13531259.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認出来ますね。




d0156040_13543697.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが2種類で6ピースと、
片側突起タイプが1種類で4ピースの構成です。

ただし リジカラ1 のうちの2ピースと リジカラ3 は選択使用となります。
なので実際に使用するのは8ピースということになりますね。
A3やS1、VWのゴルフ7やトゥーランなどと共用になっていますんで、
現車の穴サイズに合わせて選択するわけです。




d0156040_15214138.jpg


まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起タイプがサブフレームの穴にハマる、
一番オーソドックスなパターンですね。




d0156040_15231630.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになっていましたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。
ただ、アルミ地肌にミスリルは塗ってるのがわかりにくい。(笑



d0156040_15241983.jpg


続いて B部 の図解です!

基本的には先ほどと同じですが、ガセットプレートが共締めになります。
ここの上側が選択使用のポイントだったのですが、
今回は リジカラ1 が適合しました。




d0156040_1527681.jpg


装着中の写真です!

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
こちらも先ほどと同じ状態ですね。




d0156040_15295482.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ガセットプレートにもオマケで塗ってあります。
こちらもいつものパターンですね。




d0156040_15311212.jpg


続いてリアの装着ポイントです。
こちらも片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

サブフレームをボディーに固定している部分が、装着ポイントになります。




d0156040_15332731.jpg


リア用のリジカラです!
3種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが2種類で6ピースと、
片側突起タイプが1種類で4ピースの構成です。

ただし リジカラ3 は使う車種と使わない車種があります。
やはりA3やゴルフ7と共通の設定なんで、
車種によってサブフレーム形状が若干異なっているからなんです。
今回は使用しませんでしたので、装着するのは8ピースということになります。




d0156040_15381286.jpg


リアの図解です!
4ヶ所ともに同じ方式になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側は片側突起タイプがサブフレームの穴にハマる、
フロントと同じく一番オーソドックスなパターンですね。




d0156040_15395295.jpg


まずは A部 上側の装着中の写真です!

ここもリジカラはボディーに貼り付いています。
両側突起タイプを上側に使う場合は、ほとんどこのパターンですね。




d0156040_15421676.jpg


下側も突起がサブフレームの穴にハマってます!




d0156040_1543084.jpg


続いて B部 上側の写真です!

やはりボディーに貼り付いてますね。




d0156040_15441666.jpg


下側も突起がサブフレームの穴にハマってます。

4ヶ所が同時にこの状態になったらボルトを本締めします。
サブフレームのシナリなどがあって、4ヶ所同時っていうのが中々難しいんです。
最後の1ヶ所がすごくハメ難いってことも多々あります。
なのでリジカラの装着作業はけっこう時間が掛かるんです。



d0156040_15472914.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
プレートにも塗ってありますよ!!


これでリジカラ装着作業は完了なのですが、今回は車高調も装着しました!



d0156040_15492810.jpg


KW Version2! 

こだわりのステンレス製ストラットを採用した車高調です。
減衰力は伸び側のみの16段調整です。

アッパーマウントは付属しておらず純正再使用でしたので、
新品の純正部品を前後ともに段取りしました。
そこそこ距離が出ているなら一緒に新品交換を推奨しています。



d0156040_15592959.jpg


フロントの装着写真です!
ステンレスのストラットがカチョイイですね~!!(笑



d0156040_1603584.jpg


リアもネジ式の車高調整になっています。
減衰力の調整はショックのロッド先端でするようになりますので、
調整時にはアッパーを車輌から外さないと出来ません。
このあたりは改善してもらいたいポイントですね。
でも、外人にはそんなこと通用しないか?(笑



d0156040_16241126.jpg


ブレーキパットも交換しました!

isweep IS1500! 

ローターへの攻撃性やパットの磨耗を抑えることで、
ブレーキダストを純正よりも減少させたストリート用パットです。
輸入車のホイール汚れはヒドイですからね~。
もちろん鳴きも抑えられており、効きもバッチリですよ!!



d0156040_16295191.jpg


このクルマもデカいキャリパーが付いてました。
まあ、先日のジャガーXFRほどじゃありませんが・・・(笑



d0156040_16324977.jpg


tpi ハブセントリックスペーサー! 

「もう少しタイヤを外に出したい!」
というオーナーさんの希望だったので、車高を落とした状態で実測。
すると15mmだとけっこうフェンダーとギリギリになりそう・・・
そこで今回12mmのスペーサーにしました。

でも12mmでハブ付のスペーサーって中々無いんですよね。
やっと見つけたのがこのメーカーでした。
12mm厚でもアウディS3のハブ高にも対応してました。



d0156040_1639319.jpg


スペーサーの厚みに合わせてロングボルトに交換!
純正ボルトだとネジが掛からなくなりますからね。




d0156040_16403841.jpg


車高もエエ~カンジに下がりましたね~。(笑
まあ、あまり低すぎる設定にはしませんでしたが・・・
タイヤもツライチっぽくなって迫力が出ました。

もちろんアライメント調整もやってますよ!
リジカラだけでなく車高調も装着しましたんで必須ですから。


この度はお買上げありがとうございました。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-23 16:52 | リジカラ | Comments(0)

足廻りリフレッシュ!★BLFFW アクセラ★ エンジンマウントも!!

平成最後の12月も残り10日を切りましたね。
いや~、1年があっという間でした。
歳とともに時間の経過が早くなっているような・・・?(笑
さあ、今年の残りもがんばって仕事します!!


本日は足廻りのリフレッシュ&エンジンマウント交換作業のご紹介!
どちらもフィーリングアップには有効な作業なんですよね。

クルマは・・・



BLFFW アクセラ!




d0156040_13315670.jpg


以前から足廻りのヘタリが気になっていたそうです。
ここらで思い切ってやっておこうかということになりました。
足廻りにはゴムブッシュが多用されていますから、
ゴムのヘタリによる操縦性の悪化が避けられないんですよね。
でも徐々に変化しているんで、毎日乗っていると気づかないんです。




d0156040_13384512.jpg


MONRO のショックに交換!

ショックも消耗部品ですからね。
オイルシールの劣化等によって減衰力が落ちてくるんです。
いわゆる ショック抜け って状態ですね。

スプリングは消耗部品では無いので再使用です。
昔のダウンサスとかはすぐにヘタってましたが、
純正のスプリングは品質が高いですからそうそうヘタることはありません。




d0156040_13425485.jpg


アッパーマウントとダストブーツも新品交換!
ダストブーツは破れてはいませんでしたが、こんなにヘタってます。(笑




d0156040_13441877.jpg


ロアアームも交換しました。
ブッシュにクラック等は確認出来ませんでしたね。
細かいヒビのようなものは見受けられましたが・・・




d0156040_13454371.jpg


ロアアームはブッシュ部を固定しますので、1G締め が必要です。
タイヤを接地させて車重の掛かった状態で本締めします。
もちろんその前にクルマを動かしてブッシュを落ち着かせてますよ!



d0156040_13475173.jpg


リアの交換部品です!

ショックはもちろん MONRO です!
ロアアーム・アッパーアーム・ラテラルリンクも交換します。



d0156040_13494344.jpg


ロアアームのブッシュにクラック等はありませんでしたが、
ゴムがヘタって偏芯しちゃってました。
車重が掛かる部分なんでヘタリも大きくなるんでしょうね。



d0156040_13514536.jpg


もちろんこちらも 1G締め をやってます!
別々にご紹介していますが、実際の作業では前後同時にやってますよ。

これで足廻りのフィーリングはグッと良くなることでしょう!!


続いてはマウントの交換です。



d0156040_13582945.jpg


まずはエンジンルーム内の運転席側のマウントです!
一応このマウントがエンジン側のメインのマウントになります。
ほとんどのFF車で車輌右側のストラットタワー周辺に装備されています。
振動面ではけっこう重要な役目を担っているんですよね。



d0156040_1414153.jpg


新品との比較写真です!
上側が新品のマウントです。

外側のアルミのブラケットがボディーに固定されます。
黒く四角い部分がエンジンに固定されるブラケットになります。
その下側の円錐状のゴムがエンジンの荷重を受け止めているんです。

このゴム部分がヘタっているので、上側のブラケットとの間にスキマが出来ています。
円錐状の部分がツブれて変形しているのがわかりますかね。
ここのゴムがヘタって柔軟性が落ちることで、
エンジンの振動を吸収できにくくなっちゃうわけなんです。



d0156040_14332349.jpg


続いてはミッションマウントです!
このマウントを交換するためには、
バッテリーやらエアクリーナーやらを外さないといけないので、けっこう手間が掛かります。




d0156040_14345935.jpg


こちらもゴムがヘタっているので高さが違いますね。

外周部の鉄のブラケットがボディーに固定されています。
四角いゴム部分のセンター部にボルトでミッションが固定されます。
そのためその四角い部分にミッションの荷重が掛かるわけです。
四角い部分がツブれてしまっているのがわかりますかね?



d0156040_14385149.jpg


最後は下側のマウントです。
サブフレームとミッションを連結するような構造です。

このマウントはエンジンとミッションの横揺れを低減する役割りです。
マウントと言うよりはトルクダンパーのような物ですね。
最近のFF車ではほとんどのクルマに装備されていますね。



d0156040_14424769.jpg


こちらはゴムの変形とかはほとんど見られませんでした。
まあここにはエンジンやミッションの荷重は掛かりませんからね。


オーナーさんによるとかなり良くなったそうです。
クラックとかは無くてもゴムのヘタリで、
柔軟性はかなり劣化していたんだと思います。
ゴムが柔らかくなったことで、足の動きが良くなり、
エンジンの振動もちゃんと吸収されるように変化したんでしょうね。

この度はお買上げありがとうございました。


足廻りのリフレッシュやマウント交換はけっこう効果は大きいんです。
気になっているって方はお気軽にご相談ください。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-22 17:01 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

リジカラ装着!★N-WGNカスタム★ 車高調も!!

天気予報によると年末押し迫った頃に寒波がやってくるとか・・・?
太平洋側の平地でも雪が降る可能性があるそうです。
そういえば10年以上前に大晦日に積もったことがありましたね~。
岡山県南であそこまで積もるのは珍しいんで、
けっこう大混乱だったみたいでしたね。

やはりスタッドレスの準備は必要ですよ~!


さて本日はリジカラのネタです。
溜まってる分がまだまだありますので・・・


本日のクルマは・・・




JH1 N-WGNカスタム!





d0156040_152004.jpg


N-WGNへの装着は4台目になりますね。

で、このお客さんは・・・



d0156040_15215287.jpg


鳥取 からのご来店でした!
遠方からありがとうございます。
本当にリジカラは県外からの方が多いんですよね~。
わざわざ県外からご来店いただけるのはありがたいことですね。





d0156040_15243385.jpg


まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
Kカーからコンパクトクラスだと国際的にスタンダードな構造になっています。




d0156040_15571421.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。




d0156040_1558555.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピース、
ザグリ付片側突起タイプとザグリワッシャタイプが2ピースずつの構成です。



d0156040_1604784.jpg


まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる構造です。
下側はザグリ付片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。




d0156040_1634662.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになります。
下側のリジカラも突起の先端がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリルを施工しています。
フェアの特典でサービスになっていましたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーとサブフレームの剛性が高まり、
リジカラ効果をさらに高めてくれるんです。




d0156040_165088.jpg


続いて B部 の図解です!

こちらもサブフレーム上側には両側突起タイプを使います。
下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使うようになっています。




d0156040_1664544.jpg


装着中の写真です!

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いた状態になっています。
下側はザグリワッシャタイプなのでボルトにハメておけばOKなんですが・・・

今回 TANABEアンダーブレース も同時装着しました。
そのままだとリジカラのザグリ部分がアンダーブレースに干渉しちゃうんですが・・・
アンダーブレースにはワッシャが付属していて、
サブフレームとの間に挟みこむ構造になっていました。
そのワッシャがザグリの内側にハマったので干渉は無く装着出来ました。



d0156040_16151065.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。
赤いアンダーブレースがよく目立ちます!!




d0156040_16214871.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。
矢印 の部分になります。




d0156040_1624856.jpg



ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。

矢印部 の白っぽい部分はブッシュのインナーカラー端面なんです。
スキマから奥が丸見えになってるってことなんですよね。




d0156040_16263191.jpg


またまたお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマリます。
本体部は最近主流になってきた2段タイプです。
大きめのワッシャに対応するため外周は大径になっています。
このクルマにはワッシャは付いていませんが、
数車種でリジカラを共用しているからなんです。

ボディーに密着する部分は小径に作られています。
これはボディーの凹凸などに干渉しないようにするためと、
密着面積を小さくすることで面圧を上げる目的があるんですよね。




d0156040_16555891.jpg


リアの図解です!

スキマに突起がハマることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
それによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。

またボディーとボルトのフランジ部に挟まれる本体部は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
補強することでボルトの締め付けトルクがしっかりと掛かるようになります。




d0156040_1631277.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん 1G締め をやってますよ!
リフトアップした状態の時、ブッシュ部は後方向に回転した状態なんです。
この写真で言えば、時計廻り方向に回転しています。

そのまま締めてしまうと・・・
クルマを降ろした時にブッシュに反時計廻り方向のヨジレが発生します。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。

まずブッシュのインナーカラーが回転出来る程度に仮締めします。
タイヤを付けてリフトから降ろし、クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そしてタイヤを接地させたまま、車重の掛かった状態で本締めします。
この作業を 1G締め と呼ぶんですよね。
簡単なことですが大事なポイントです。


今回は車高調も装着しました!




d0156040_16351054.jpg


SUSTEC PRO ZT40! 




d0156040_1643914.jpg


フロントは全長調整式のショックになっています。
減衰力はなんと40段調整です!




d0156040_16444224.jpg


リアもネジ式の車高調整です!
減衰力は14段となっていますね。




d0156040_16454292.jpg


光軸のレベライザーロッドも調整式に交換!
ただし当店には光軸テスターがありませんので、
あくまでもザックリとした調整になってしまいますが・・・



d0156040_16474290.jpg


車高はあまり低すぎず、エ~~カンジに設定しました。(笑
低すぎると使い勝手が悪くなっちゃいますからね。
山陰地方の方なんで、冬場は特にね。

もちろん仕上げにアライメント調整もやってますよ!
足廻りも交換しましたんで、絶対に必要ですからね!!


この度はお買上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-21 16:57 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★アクセラ★ソリオ★フーガ★BMW M5★ ミスリル施工も!!

本日は進化剤のネタを4台まとめてご紹介します!
リジカラ以外のネタも溜まってるもんで・・・


まず1台目のクルマは・・・



BK3P アクセラ!




d0156040_14354759.jpg


エンジンに 5回目 の施工となりました!
3回施工して第一段階達成後も定期的に施工することで、
キレイに仕上がったエンジンのコンディションを維持することが出来ます。
しかも複数回目の施工でも効果が体感できるのが進化剤の凄いところなんです!


で、このお客さんは・・・



d0156040_14392171.jpg


明石 からのご来店なんです!
遠方から何度ものご来店ありがとうございます。
本当に進化剤とリジカラは県外からの方が多いんですよね~。
わざわざ来ていただけるのはありがたいことです。



2台目のクルマは・・・

モトノアさん の・・・



MA36S ソリオバンディット
         HYBRID MV!




d0156040_14422859.jpg


エンジンに2回目の施工となりました。
以前に乗っていたノアでも複数回の施工をしていましたので、
このクルマも定期的な施工が当然の流れですかね。

インプレッションをいただきました。

1回目から1年ぶりの施工でしたが、
いつも通りにレスポンス良くエンジン音も静かですね。
遅効性の進化剤は、気温の低い冬場は定着しやすいですが、
すぐに体感しやすいですね。



で、このお客さんも・・・



d0156040_1446814.jpg


福山 からのご来店!
ね、県外からの方が多いでしょ!(笑



3台目のクルマは・・・




フーガ!




d0156040_14501757.jpg


エンジンに 10回目 の施工となりました!
もはや定期的なメンテナンスメニューの一環ですね。
10回の大台に乗りましたので、 中毒患者さん 認定です!!(笑


で、このお客さんも・・・



d0156040_14532596.jpg


福山 からのご来店!
やはり県外からのご来店でした!!




本日ラストのクルマは・・・




BMW M5!




d0156040_14574586.jpg


エンジンに 3回目 の施工となりました!
当店オリジナル進化剤ステッカーGETです!!
パチ、パチ、パチ~~~~~~!!!

このクルマは以前にもご紹介しましたが、レベルゲージが付いていないんですよね。
なので点滴注入が出来ないんです。

そこで・・・




d0156040_15142.jpg


オイル交換のタイミングでオイルに混ぜて施工します!

エンジンオイル容量が10リッター近くありますので、
2回に分けて200ccを混ぜて注入です。
100ccだと濃度が薄くなるので、効果がわかりにくいんですよね。
オイル容量の多いクルマでは増量施工をオススメします!


今回はミスリル施工もやりました。
オーナーさんは以前に乗ってたクルマでもアチコチに施工しました。
当店ではNo.1じゃないか!?ってぐらいにね。
このクルマもすでにアチコチやってますが・・・(笑



d0156040_1626491.jpg


まずはトランクルームに鎮座しているバッテリーのターミナル部!

ミスリルを施工することで電気抵抗が減ります。
バッテリーのターミナルはクルマの電気系統の源ですからね。



d0156040_1628570.jpg


エンジンルームのジャンプスタート用?の端子にも!
やはり電気抵抗の低減が狙いです。


で、このお客さんも・・・


d0156040_16291231.jpg


福山 からのご来店!
福山プレートが3連ちゃんとなりましたね。


本日ご紹介の4台とも県外のお客さんでした。
皆さん遠方からのご来店ありがとうございます。

また、4台とも複数回目の施工でした。
リピーターの多さが進化剤の効果の証しなんですよね。

進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-18 09:15 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★ジャガーXFR★ 適合検証取付け!!

先日から寒い日が続いてますが、これでも平年並みなんですかね~?
でも、スタッドレスにはけっこう動きが出始めてバタバタしてます。
すでに欠品になったサイズもあったりします。
スタッドレスをご検討中の方はお急ぎください!!



本日はリジカラのネタです!
まだまだ溜まってる分がありますからね~。

本日のクルマは・・・・



ジャガーXFR!




d0156040_10275689.jpg


常連のお客さんが最近買ったクルマです。
以前にも他のクルマにリジカラを装着していますから、
このクルマにもとりあえずリジカラを!っていうパターンですね。

でも XFR というグレードは適合確認が出来ていないんです。
同じXFという車種では SV8 というグレードで確認してあるそう・・・
XFRはプレミアムモデルの最上級グレードなんです。
何でも岡山県内に1台しか登録されていないとか・・・
で、SV8はXFRが発売される前の最上級グレードなんだそうです。

なので適合する可能性は高いでしょう!と言うことで、
いつものように当店で適合検証を行いながらの装着作業となりました。



d0156040_10372263.jpg


 のエンブレムがプレミアムモデルの証し!?




d0156040_10393638.jpg


V8 5リッター スーパーチャージャー! 

パワーはなんと 510PS!! 

かなり速いんでしょうね~。
アクセルをちょっと踏むだけで、グワッと加速するらしい・・・(笑

ちなみに車検証記載のエンジン型式は 508PS
これってエンジンのパワーを型式にしたってこと?(笑




d0156040_10485789.jpg


シフトレバーがありません!(笑

ダイヤルを回してシフトチェンジする方式ですね。
最近は変わった方式のシフトが増えてきているんですよね~。
クルマをリフトに移動させようとして困惑する場合があります。(笑
先日もベンツで国産車ではウインカーレバーの部分がシフトだったんです。
いや~、さすがに予想外でわかりませんでした。(笑




d0156040_1163159.jpg



まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

さすがに高級車だけあって強度の高そうなサブフレームです。
形状も四角形ですから剛性もバッチリでしょうね。
まあ、かなりスピードが出るでしょうからそれに対応しないといけませんもんね。
それに車重もかなり重いですから・・・




d0156040_11105572.jpg


いつもの横からビューです!
四角形のサブフレームの四隅でボディーに固定しています。
そこが装着ポイントになります。



d0156040_11123177.jpg


マツダ車に負けていません!(笑

かなりの数のビス・ボルト・クリップたちです。
それもそのはず・・・




d0156040_11141830.jpg


アンダーカバーがこんなにデカイんです。
バンパーの下からミッションあたりまで覆われる大きさ。
ビスの多さも納得ですね。




d0156040_1116431.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの8ピースになります。

両側突起タイプが2種類で4ピース、
片側突起タイプとザグリ付片側突起タイプが2ピースずつの構成です。
突起の長さは標準的ですかね?!




d0156040_11211094.jpg


まずは A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う一番オーソドックスなパターンですね。

上側のリジカラは上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマリます。
下側のリジカラは片側突起がサブフレームの穴にハマリます。




d0156040_11223049.jpg


装着中の写真です!

ここは上側にカメラが入るスペースが無く、写真が撮れませんでした。
下側の突起がサブフレームにハマってる状態ですね。
上側のリジカラも上下の突起が各々の穴にハマっていますので、
このままサブフレームを上げていけば自然とセンターが揃うことになります。

それにしてもこのクルマはボルトがメチャ長かったです。
一般的な国産車の3~4倍ぐらいの長さはありましたね~。
やはり輸入車は独特の構造を採用していることが多々あります。

今回もミスリル施工をしてますよ!
フェアの特典でサービスでしたからね。
装着部周辺に塗ることでボディーやザブフレームの強度が上がり、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。



d0156040_11291550.jpg


続いて B部 の図解です!

基本的には先ほどと同じですね。
違いと言えば下側の片側突起タイプがザグリ付なぐらいかな?


で、装着中の写真ですが・・・

大失態!写真がピンボケ!!

またまたやっちゃいました・・・(反省
ピンボケ写真は使い物にならないんですよね~。(涙
ちゃんと確認しないといけませんね。
って毎回言ってるような・・・



d0156040_11334833.jpg


本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。




d0156040_11345232.jpg


まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

こちらもサブフレームをボディーに固定している部分が、装着ポイントになります。
A部 には補強バーが装着されていますね。



d0156040_11585216.jpg


リア用のリジカラです!
3種類で合計8ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
片側突起タイプが2種類で2ピースずつの構成です。

それにしても全体的に突起がかなりゴツイです。
過去最大級に匹敵するサイズかも?
でも、突起がゴツイってことはスキマが大きいってことですから、
喜んでいいのかどうかが微妙ですが・・・(笑
まあ、リジカラの効果は大きいんじゃないかと思います。



d0156040_1274484.jpg


まずは A部 の図解です!

フロントと同じくサブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う一番オーソドックスなパターンですね。



d0156040_129984.jpg


さあ、どうです?このスキマ!!(笑

ボルト径に対してサブフレームの穴径がメチャ大きいです。
ここまでくるとスキマと言うより 空間 ですね。(笑



d0156040_12112138.jpg


まずは上側の装着中の写真です!

いつものようにボディーに貼り付いた状態です。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。

このままサブフレームを上げていけば、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが揃うことになります。




d0156040_12134722.jpg


下側も突起がサブフレームの穴にハマって空間を埋めてます。(笑
ここは補強バーを固定するブラケットが共締めになります。




d0156040_12162113.jpg


続いて B部 の図解です!

こちらも基本的には先ほどと同じです。




d0156040_1217272.jpg


やはりここにも 空間 が・・・(笑
リジカラが効きそうですね~!!




d0156040_12183385.jpg


やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています!




d0156040_1219368.jpg


下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマってます。
これでバッチリ空間が埋まりますよ!!(笑




d0156040_12205056.jpg


本締め後はこちらもボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

最後にアライメント調整をして、リジカラ作業の完了です。
ちなみに緑色のショックが付いていますが、
TEIN のショックでは無く純正品です。(笑

フロントの一部で若干のバリ加工が必要でしたが、
問題なく適合と判断していいでしょうね。
若干の加工は適合確認済車種でもよくあることですから・・・

作業後はスプーンさんに報告書を提出しましたので、
現在はXFRも適合車種になってますよ。


今回はブレーキパットも交換しました。



d0156040_1224848.jpg


ディクセル Mタイプ! 

さすがにXFR用のパットはラインナップしているメーカーが少なく、
選択肢がかなり限られてしまいました。
でもさすがディクセルさんはちゃんとラインナップしてくれてました。

タイプMは制動力やコントロール性を高めながらも、
ブレーキダストを軽減してるので、オーナーさんの要望にもピッタリ!
ホイールがダストでメチャクチャ汚れるそうなんです。
まあ、欧州車ではよくあることですが・・・

それにしても箱がすごくデカイです!
左側に写ってる茶色の物はA4サイズのバインダーなんですが、
それの半分ぐらいの大きさはありましたね~。

箱が大きいってことは中身も大きいってことで・・・



d0156040_1328990.jpg


キャリパーがすごくデカイ!!
そりゃあキャリパーがデカけりゃ、パットもデカイですわ。(笑

510PSのパワーを受け止めるにはこれぐらいの大きさが必要なんでしょうね。
スピードもすぐに出るけど、止まるのもすぐ止まるよ! とオーナーさん。
まあ、このデカさなら不思議はありませんね。


この度はお買上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-16 13:38 | リジカラ | Comments(0)

フューエルポンプ交換!★NSX★ インナーフェンダーも!!

週末の冷え込みの影響で、スタッドレス関係がバタバタしてます。
まあ、県南に雪が降ったわけじゃないんで、
パニックっていうほどじゃありませんが・・・(笑
でもサイズによってはそろそろ欠品も出始めました。
スタッドレスをご検討中の方はお早めに!!


さて溜まってるネタを消化していかないと・・・
ってことで本日のクルマは・・・



NSX!





d0156040_17352735.jpg


以前に後期ABS換装でご紹介したクルマです!
その時にO2センサーも一緒に交換したんですよね。
でも交換後もまだチェックランプが点灯しちゃうんです。
センサーが新品なのに点灯するってことは他の要因がありますよね。

O2センサーっていうのは排ガス中の酸素量を測っているんです。
その酸素の量で空燃比が狂っていると判断すると点灯するわけです。
ということは燃調が合っていないとか、プラグの失火とかの可能性が・・・
でも失火のダイアグコードは残っていませんでした。

となると燃調がおかしいってことで、
可能性が高いのがフューエルポンプではないかと?
まあ、年式が年式なんで可能性は高いですよね。
フューエルポンプは突然死することもあるので、
トラブル防止の意味でも交換しておきましょうかということになりました。




d0156040_17481917.jpg


フューエルポンプはタンクに内臓されているので、
まずはタンクを降ろしてやる必要があるんですよね。
NSXはシート後方の隔壁とエンジンの間に設置されています。
エンジンルーム前方とも言えますかね?

その場所は縦方向に余裕がありませんので、
タンクはかなり横長の構造になっているんです。
当初、隣のリフトで作業しようとしたのですが、
タンクがリフトの天板に当って降りてこないことが判明。
そこでこちらのリフトに移動して何とか降ろすことが出来ました。




d0156040_17532021.jpg


たっぷりとホコリが溜まって汚れてましたので、まずはタンクを洗浄!
作業中にホコリがタンク内に入っちゃうとマズイですからね。





d0156040_17552185.jpg


外したポンプと新品のポンプです!
どっちが新品かは言わなくてもわかりますよね?(笑

一番下に付いているストレーナーは茶色に変色しちゃってます。
これを見ただけでも交換する意味があるような気になりますね。




d0156040_17574118.jpg


ホース類も交換しました!
このあたりのホースもタンクを降ろさないと交換できませんので。




d0156040_1759922.jpg


タンクの装着完了です!

エンジンルームの横幅いっぱいぐらいのサイズでしょ。
昔ながらの2柱リフトだったら作業はラクだったと思いますが・・・




d0156040_1805046.jpg


ポンプのレジスターも新品に交換!
不安要素は抹消しておきたいですからね。
下に見えるフューエルフィルターは以前に交換してあります。





d0156040_1814826.jpg


プレッシャーレギュレターも新品交換!
こちらもついでにってことで。


今回はフューエル関係以外の部品も交換しました。




d0156040_1841965.jpg


インナーフェンダーがボロボロになってます!
前方のバンパーに固定している部分のクリップが抜け落ちたことで、
走行中の風圧で後に下がってきてタイヤと接触しちゃったんです。



d0156040_1865049.jpg


他にもクリップが抜け落ちちゃってる箇所がありました。
なんせプラスチックのクリップですから、
経年劣化で風化して知らない間にいなくなっちゃうんですよね~。



d0156040_1883619.jpg


新品のインナーフェンダーです!
もちろん左右とも交換しましたよ!!
クリップも全数新品交換です!!!




d0156040_1894776.jpg


やはり新品は気持ちいいですね~。
これで当分は安心ですね。


今回インナーフェンダーにちょっとした改良がされてました。



d0156040_1811396.jpg


クリップでフェンダーの鉄板に固定するんですが・・・
(おっとNSXなんで鉄板じゃ無くアルミだった。)
このクリップとクリップの間にビスが追加されていました。

このビスはインナーフェンダー裏側に追加されたステーを固定しています。
そのステーをフェンダー上側に挿し込んで、
インナーフェンダーとで挟み込む構造になっているんです。
こうすることにより固定箇所が増えるわけですね。

NSXってインナーフェンダーがヘタってくると、
クリップとクリップの間が垂れ下がってきちゃうんですよ。
そうなるとフェンダーとの間に口が開いちゃってカッコ悪いんです。
なのでこれは効果的な改良だと思います。

それにしても、この年式のクルマの部品を改良するとは、
ホンダさんのヤル気を感じちゃいますね。
やはりフラッグシップモデルのNSXだからなんでしょうか?
まあ、いつの時期に改良されたのかは知りませんが・・・(笑


この度はお買上げありがとうございました。





d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-10 18:32 | NSX | Comments(0)

リジカラ装着!★S660★ 8台目! 車高調も装着!!

ここのところ暖かい日が続いてますが、週末はちょっと冷え込むらしいです。
県南に雪が降るレベルではないんでしょうが・・・(涙
でも今年の夏の異常さを思うと、冬も何が起こるかわかりませんよ~。
備えは万全にしておいたほうが間違いないでしょうね。
スタッドレスも今なら在庫もありますので、お早めにどうぞ!


さて本日はリジカラ&車高調装着のネタです!
まだまだ溜まってる分がありますので、早めに更新しないとね!!

クルマは・・・




S660!




d0156040_1552977.jpg


当店でのS660への装着は 8台目 になります!

プリウスほどバンバン売れてるクルマじゃないのに、
この台数ってことは装着率はかなり高いと思いますよ。
やはりスポーツカーだけにオーナーさんの関心も高いんでしょうね。



d0156040_15552277.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

 印が  部です。

 印が  部です。

通常リジカラはサブフレームの固定部分に装着するようになりますが、
S660はミッドシップですのでフロントにエンジンはありません。
そのためサブフレームも存在しないんですよね。
ロアアームはボディーに直接固定されているんです。
そのロアアーム固定部分が装着ポイントになります。




d0156040_15563687.jpg


装着ポイントのアップです!

ロアアームは前後2ヶ所でボディーに固定されています。
どちらもブッシュが圧入されている構造ですね。
このブッシュ固定部にリジカラを装着します。




d0156040_15584826.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類が2個ずつの合計6ピースになります。

両側突起タイプが1種類2ピースと、片側突起タイプが2種類4ピースの構成です。
サブフレームではありませんので、ピース数も少なめですね。
その反対にリア用は・・・(笑




d0156040_1605756.jpg


まずは A部 の図解です!

ここはブッシュが水平方向に固定されています。
アームの上下方向の動きを担っているブッシュです。
リアのトーションビームと同じような構造ってことになりますね。

ボディーの穴径とボルト径の違いによるスキマに突起がハマリ込むことで、
ボルトのセンターがボディー穴に揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。
リジカラの装着パターンもトーションビームと同じですね。


S660のこのポイントにはある問題点がありまして・・・




d0156040_1622737.jpg


矢印部分 の奥側の鉄板の穴がズレているのがわかりますか?

ここの構造は予め穴の空いたプレス鉄板を貼り合せて溶接してあるんですが、
穴位置がズレた状態で溶接されちゃったわけです。

こういった症状っていうのはS660に限ったことでは無いんですけど、
S660では今まで装着したほぼ全車が大なり小なりズレてました。
純正の固定方法ではズレていても問題無くボルトが挿入出来ますが、
リジカラ装着時にはこれが大きなネックになるんです。

何故かと言いますと・・・




d0156040_16101683.jpg


奥の鉄板がバリとなって突起が干渉してしまうので、
リジカラが奥までちゃんと入らないんですよね~。
このまま無理やり締めてしまうと突起がツブれてしまうんです。
バリとなっている部分を切削加工して、
手前の鉄板の穴に揃えてやる必要があるんですよね。

このパターンは他の車種でもけっこうあります。
まあ、量産車なんで仕方の無い面とも言えますが・・・
無加工で装着出来るクルマのほうが少なかったりして。(笑
そういった時の加工はもう慣れたもんですのでご心配なく!



d0156040_16134357.jpg


ウラ側から見るとこんなカンジです。

突起の先端が鉄板にバッチリ当ってます。
これじゃあリジカラは絶対に奥までハマリません。
突起の先端をもう少し細く改良してくれればハメやすくなるかもしれませんが、
この写真の干渉具合だと鉄板加工は必至ですね。



d0156040_16175862.jpg


鉄板加工を施したことで、リジカラはちゃんと奥までハマっています!

この時点ではボルトを仮締めにしておきます。
ブッシュを固定しているボルトですので 1G締め が必要ですからね。
この点でもトーションビームと一緒ですね。


今回もミスリル施工をしてますよ~!
フェアの特典でサービスでしたからね。
装着部周辺に塗ることでボディー鉄板の強度が上がり、
リジカラ効果を高めてくれる働きがあるんです!!



d0156040_16212048.jpg


続いては B部 の図解です!
ロアアーム後側のブッシュの部分ですね。
ここは垂直方向にブッシュが固定されているポイントになります。

上側は両側突起タイプがボディーのガイド穴とブッシュのインナーカラーにハマリます。
下側は片側突起がインナーカラーにハマリます。
これによりボディー穴とボルトのセンターが揃い、
インナーカラーの固定位置もちゃんとセンターになるわけなんです。
下側は補強ブラケットが共締めになっています。




d0156040_1622860.jpg


矢印部分 がボディーにインナーカラーが固定されていた痕跡です!
サビが付いている部分がインナーカラーの外周部なんですが、
ボディーの穴とは偏芯してズレているのがわかりますね。




d0156040_16235821.jpg


いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています!
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマっており、
下向きの突起の先端がインナーカラーの穴に掛かった状態です。
このままボルトを締めていけば、突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんですよね。

下側のリジカラもインナーカラーに突起がハマっています。
共締めの補強ブラケットに挟まれるようになります。

ここもブッシュを固定しているポイントですので、
とりあえず仮締めをしておいて後で 1G締め をします。





d0156040_16264830.jpg


続いてリア用のリジカラです!
4種類で合計14ピースの超豪華版になってます。
ね、フロント用と反対でしょ!(笑

両側突起タイプが2種類で4個ずつの8ピース、
片側突起タイプが1種類4ピース、ワッシャタイプが1種類2ピースの構成です。

径の大きい リジカラ1・2 がサブフレーム本体に使い、
小さい リジカラ3・4 がコントロールアームブラケット用になります。




d0156040_16282916.jpg


リアの装着ポイント第1弾!
まずはサブフレーム本体の装着ポイントになります。

 印が  部です。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所ですね。

赤く色付けしてある部分がコントロールアームブラケットなんですが、
こちらはまた後で説明しますね。



d0156040_16295640.jpg


A部 の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う一番オーソドックスなパターンですね。
4ヶ所とも同じ方式になります。




d0156040_1631550.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはやはりボディーに貼り付いています。
ボディー穴に上向き突起がしっかりとハマリ、下向き突起も・・・
って言ういつもの状態です。(笑
このまま上げていけば自然とセンターが揃います。

ただし4ヶ所を同時にこの状態にしないといけないんですよね~。
車輌誤差やシナリなどで最後の1ヶ所が中々入らなかったりすることがあるので、
けっこう時間が掛かっちゃうんです。
ちゃんとハマっていない状態でボルトを締めちゃうと、
突起がツブれてしまうこともありますので、ここは慎重に・・・



d0156040_16333856.jpg


4ヶ所が先ほどの状態になったらボルトを規定トルクで本締めします。
ここはブッシュがありませんのでこのまま締めこんでもOK!
本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!!
これもいつものパターンですね。




d0156040_1638518.jpg


続いてはコントロールアームブラケットの装着ポイントです!
先ほどの写真で赤く色付けをしていた部分ですね。
合計6ヶ所に装着するようになります。

 印が  部です。

 印が  部です。

2ヶ所だけ装着パターンが違います。
その理由は・・・



d0156040_16404466.jpg


ボルト部分のアップ写真です!

B部 はボルトとの間にスキマがありますが、 (矢印部) 
C部 はほとんどスキマの無い構造になっています。

これは C部 で位置出しをしながら、B部 のボルトを入れやすくするための、
ホンダさんの工夫なんだと思います。



d0156040_16413873.jpg


まずは B部 の図解です!

両側突起タイプがサブフレームのガイド穴と、
ブラケットの穴にハマることでスキマを無くすようになります。
ただし突起が上下ともに小さいです。(涙
まあ、穴が小さくボルトも細いんで、仕方ないのかもしれませんが・・・




d0156040_1643158.jpg


続いて C部 の図解です!

ここはスキマがありませんでしたので、突起の無いワッシャタイプを使います。
ワッシャタイプを挟み込むことで、密着度を上げる効果を出しながら、
ディスタンスカラーの役目も兼ねているんです。

B部 でフランジ部がサブフレームとの間に挟み込まれていますから、
ここにも同じ厚みの物を挟まないと高さが合わなくなりますからね。




d0156040_16451162.jpg


装着中の写真です!

B部 は上下の突起が各々の穴にハマっている状態です。
ブラケットの穴にハメておいて、密着する寸前で一旦止めて確認します。
突起が短かったので、狭いスペースでの作業が要求されるんですよね~。
出来れば下向きの突起はもう少し長くしてもらえるとありがたいんですが・・・(笑

C部 はワッシャタイプでしたのでボルトにハメておくだけでOK!




d0156040_164962.jpg


6ヶ所が同時にハマった状態になったらボルトを本締めします!
やはりブッシュがありませんのでこのまま締めてOKです。
本締め後はボルトの頭にも・・・(笑




d0156040_16501642.jpg


最後にフロントの 1G締め をします!

ブッシュのインナーカラーが動く程度にボルトを仮締めしたら、
タイヤを付けてリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに入れてタイヤが接地したまま、車重の掛かった状態で本締めします。
いつもトーションビームでやってるのと同じ内容です。

これを 1G締め と言い、これをやらないとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しですからね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

もちろん本締め後にはボルトの頭にも・・・(笑


今回は車高調も装着しました。



d0156040_16521749.jpg


BLITZ ZZRダンパー! 

全長調整式の車高調です!!
32段の減衰力調整機能も装備されてます。

車高調本体の短いほうがフロント用で、長いほうがリア用です。
ショートタイプのスタビリンクも付属していますが、
これはリア用なんで写真では並べる位置が間違ってます。(笑


12月末までの期間限定で、
大特価!車高調キャンペーン!!を開催中です。

BLITZ ZZRダンパー (SPEC-Cは除く)は・・・

45%OFF! 

超大特価でお買得となっています。
このチャンスをお見逃しなく!!



d0156040_16592324.jpg


フロントの装着写真です!



d0156040_170183.jpg


フロントはキャンバー調整式のピロアッパーが装備されています。
アルミ製のアッパーマウントは肉厚もあって強度は高そうですね。



d0156040_172677.jpg


リアの装着写真です!
もちろんスタビリンクも交換してますよ!



d0156040_1751246.jpg


車高はあまり低すぎず、え~カンジに調整しました。(笑
低すぎると使い勝手が悪くなっちゃいますから。

ここでのご紹介はリジカラが先で車高調が後でしたが、
実際には同時進行で作業をやってます。
ですのでフロントの 1G締め は車高が下がった状態で実施しているんです。
そうじゃないと意味ありませんからね。

最後にアライメント調整をして完了です!


この度はお買上げありがとうございました。







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2018-12-07 19:10 | リジカラ | Comments(0)