冷却系進化剤ZOMA取扱開始!さっそく施工1号車!!

おなじみとなりました
進化剤Plus&NT-1
オイルに混ぜてエンジン内部へ定着させる進化剤です。

この度、冷却水に混ぜてエンジンを進化させる
冷却系進化剤ZOMA(ソーマ)
(ゾーマではありません!ソーマです!!)
の取扱いを始めました!!





d0156040_17542617.jpg


Plusもそうでしたが、こちらもちゃっちいボトル!(失礼!!)
最近はPlusのボトルにはステッカーが貼ってあるので、
このボトルが余計にちゃっちく見えてしまいます。(笑

さて、このZOMA どんな仕事をしてくれるのかと言いますと・・・
冷却水に注入することで、ウォータージャケット壁面に定着して壁面温度を下げます。
それによりシリンダーライナーの膨張を抑えることが出来ます。

またウォーターポンプ内を最良の状態に改質することによって
冷却水の流量を増やし、流速を高めて冷却性能を飛躍的に向上させます。


詳しく説明しますと・・・
エンジン内部では爆発が起こる燃焼室周辺が最も温度が高くなります。
シリンダー上部やシリンダーヘッドではこの高温にさらされた冷却水が瞬時に沸騰して
泡立ち(キャビテーション)を起こしてしまいます。
するとその周辺は空気の層が出来てしまい、著しく冷却性能が低下します。
つまり一番高温な部分が冷やされなくなり、さらに高温に・・・と言う悪循環なんですね。

それによりシリンダー上部と下部ではライナーに温度差が出てきます。
温度に差があると言うことは熱膨張も違ってきてしまうと言うことになります。
その結果シリンダーライナーは上部が広く、下部が狭いテーパー状になってしまうんです。
当然ながらこの状態では燃焼効率がイイわけありませんよね。

ZOMA は壁面温度を下げることで、キャビテーションを抑えますので
結果、シリンダーの偏った膨張を防いでくれるんです。
テーパー化が抑えられれば燃焼効率も格段に良くなり、パワー・トルクアップに繋がります。

またキャビテーションはウォーターポンプの羽根が冷却水をかき回す時にも発生します。
これにより冷却水に泡が混じってしまい、流量や流速が落ちてしまうんです。
ウォーターポンプを進化させることでキャビテーションを抑える効果があります。
流量が増えて流速が高くなれば冷却能力が上がるのはあたりまえですよね。
夏場のサーキット走行では3~4℃もの差が出てくるそうです。


ただ、このZOMA、クルマによってはデメリットも・・・
シリンダーの熱膨張を抑える、いわゆる締付け効果がありますので
クルマによっては温感時のピストンクリアランスが規定値まで広がらない場合があります。
そうなるとピストンの動きが重くなってしまい、結果的にパワーダウンになることも・・・

そのためシリンダー内部の摺動を良くして、ピストンの動きを軽くする必要があります。
そうです、オイル系進化剤の働きが必要になってくるんです。
つまりこのZOMA はPlus との併用がBESTなんです!
併用することで相乗効果が生まれ、さらに進化したエンジンになるんです!!



で、さっそくZOMA を施工してやりました!
クルマはおなじみの・・・

スイフトスポーツ
スーパーチャージャー!





d0156040_18415329.jpg


じつは今回は他にも冷却系のバージョンアップをしたんです。
それは・・・




d0156040_1842549.jpg


ラジエターの交換です!

BLITZ 
レーシングラジエターtypeZS!


オールアルミのラジエターなのに¥39、900~と驚きのプライス!
今回は装着していたラジエターにトラブルが出ちゃったんだけど、
「この価格なら修理するより交換しちゃおう!」ってことになったんですよね~。


ラジエターを交換して、LLCを入れてエア抜きのため暖気してやります。
エア抜きができたらラジエターから冷却水を100cc抜いてZOMA を注入!
キャップを閉めて、しばらくエンジンかけっぱなしにしておきます。

肝心の効果のほうは?・・・
社外品の水温計が付いていないので、はっきりとした温度変化はわかりませんでした。
ただ、エア抜きをしていた時と、注入後では電動ファンの回り方が変わりました。
あきらかにファンが作動する頻度が減っています。
さらに回り始めてもすぐに止まるんです。
これは水温が上がらなくなった証拠だと思いますよ!


おっと、肝心のお値段ですが・・・
100cc注入で¥8、400です。
一般的な車輛であれば100ccの注入でOKです。
冷却水が10L以上入るようなクルマだと追加注入が必要になってきますね。
まあ、普通はそんなに入るクルマも少ないですが・・・


すでに進化剤Plus を施工済の皆さん!
冷却系進化剤ZOMA もおひとついかが?
さらに楽しくなること間違いなし!!


進化剤のドロ沼が
さらに深~くなりました!(笑

# by AutoReference | 2010-07-15 19:14 | 進化剤 | Comments(6)

進化剤施工!★トゥディ★ATにも!!

またまた進化剤ネタです。
ここのところ進化剤を施工するお客さんがドンドン増えてますね~。
やはり良い物は不景気の世の中でも選ばれていくんですよね。


当店の常連さんの

トゥディ!






d0156040_18185486.jpg


平成6年式のクルマです!
ボチボチ各部にイロイロと出てくるぐらいの年式ですよね~。
オーナーさんは当然ながら長く乗ろうと、メンテナンスに気を使ってます。
となると進化剤は欠かせないアイテムです。

アイドリング時にはけっこうエンジンが振動しています。
音のほうも最近のクルマと比べてかなり大きめです。

いつものように施工がすすむにつれて音と振動が減少していきました。
やはりこれぐらいの年式になると効果が大きく出るようです。

ATのほうは今までの経験上あまり効果が感じられないんですが、
「保護」という面を考えて施工することにしました。
内部がヘタリきってしまわないうちに手を打っておこうと言うことなんです。
その考えはアリだと思いますね!


オーナーさんのインプレッションです。
まず坂道をス~~ッと登るようになったそうです。
あとはやはり音と振動の変化ですね。

今まではエンジンかけたまま家の中に入っても音がよく聞こえていたそうです。
(それぐらいうるさかったってことですね。)
施工後は家の中からだと全く聞こえなくなったそうで、
暖気が終わってアイドリングが下がると「エンジン止まった?」と思ったそうです。


年数がたったり走行距離が出ているようなクルマには効果絶大です!
またパワーがあまり無いKカーなどは効果がわかりやすく
とってもオトク感が高いですね!!

進化剤のドロ沼にようこそ!

# by AutoReference | 2010-07-13 18:36 | 進化剤 | Comments(0)

残すは1ゲームのみ・・・

今日は参院選の投票日ですね。
皆さんはもう投票に行かれましたか?

私は通勤前に行ってきました。

選挙区はスナイデル
比例区はオランダに投票してきました!

.......
っと、これはW杯の得点王と優勝国予想でしたね。
岡田ジャパンの予想外の活躍で盛り上がった大会でしたが、
いよいよ決勝の1ゲームを残すだけとなってしまいました。
両国ともに勝てば初優勝ですが、さてオランダ・スペインのどっちに栄冠が?

TVとかの前評判ではスペイン優勢らしいですね。
あのタコさんもスペインと予言したらしいですし・・・
でも波乱のグループリーグで始まった大会でしたので、最後もわかりませんよね~。

何でも「攻撃のスペイン」VS「守備のオランダ」
と言われてるらしいのですが・・・

ここまでのデータを見てみると、
スペインの7得点に対してオランダは12得点と圧倒!
失点はオランダの5失点に対して2失点のスペインに軍配が!!
しかもスペインは決勝Tの3試合全て完封はしているものの、1点づつしか獲っていない。
反対にオランダは完封無しで、3試合とも2点以上獲っている。
これじゃあ攻守は反対じゃないの? とシロ~トの私は思っちゃいますが、
通の皆さんが言ってることなんで、合ってるんでしょうね.....たぶん

「攻撃は最大の防御」
ってことでパスを繋いで圧倒的にボールを支配するスペインのスタイルが
結果的に失点を少なくしているとも言えるようです。
いずれにせよ最後に良いゲームを期待します!

個人的には日本に勝ったオランダにいってもらいたいですね。
しかも2点以上獲って!
そうなるとオランダを1点に抑えたのは日本だけってことになりますから・・・


できれば両チームとも持ち味を存分に発揮して、見応えのあるゲームをやってもらいたいもんです。
それとも共に初優勝がかかっているわけですから、慎重な試合運びになるんでしょうか?
最後がつまんないゲームだと締まりませんよね~。
と、言っても私はLIVEで見ることはありませんが・・・

今朝の3決はおもしろいゲームだったようですね。
(ダイジェストしか見てませんが)
開き直った両チームのガチンコ勝負だったみたいです。

今夜の8:00ぐらいからBSあたりで録画放送でもしてくれんかな~。
どうせ選挙番組一色で見るもん無いでしょうからね。
近頃は出口調査がすすんでいるんで、番組開始と同時に大勢がわかっちゃって
後は当選議員や各党のお偉いさんのウダウダ話を聞かされるだけ。
そんなのを長時間見せられてもウンザリしますよね。

全局が似たようなもんだから、サッカーでも放送すれば視聴率とれるんじゃないかな?
もしかして1番良かったりして・・・

# by AutoReference | 2010-07-11 15:03 | スポーツ | Comments(3)

進化剤施工!★コルトVerR★&★フィットRS★

連チャンの進化剤ネタも最近では珍しくなくなりましたね~。
今日も2台施工しました。


まずは・・・


コルトVerR!





d0156040_19113729.jpg


またまた福山ナンバーです!
しかもさらに遠く三原からのご来店!!

ただ前回の福山の方とは違って、このお客さんは
けいんさんのお友達でご一緒にご来店されました!

今回は試しにMTのみの施工です。
効果があれば次回はエンジンにもという段取りのようです!







d0156040_19165734.jpg


いつものようにコルトのMTはやりにくい!
もうちょっとフィラプラグの位置を考えてほしいですよね~。
まあ、メーカーではMTオイルの交換時期はかなり長めの設定になっていますので、
頻繁に開け閉めしないからこんな場所にしているのかもしれません。
それにしてもねえ~~・・・





続いてけいんさんの

フィットRS!!







d0156040_19203944.jpg


先日MTに施工しましたが、今日はエンジンに2回目の施工です!
前回施工後には振動の減少はあったものの、レスポンス・トルクにはさほど変化が無かったので
今回の施工でどれぐらい変化が出てくるのかが興味ありますね。
すでに2回目施工をした方からは「2回目も変化があった!」との
インプレッションをもらっていますので、フィットにも何かしらの現象が・・・

進化剤は遅効性ですので(しつこい!!)
さっそく今日の帰り道でってわけにはいかないかもしれませんが。

# by AutoReference | 2010-07-10 19:33 | 進化剤 | Comments(0)

進化剤施工!★ウィッシュ★ATのみ!!

ATに進化剤を施工した人は今まで何人かいるんだけど、
みんな評価はイマイチなんですよね~。

そこで今回ちょっと実験的な施工をしてみました!

実験台となるクルマは・・・


ウィッシュ!







d0156040_175687.jpg


走行距離は約5万kmぐらいのノーマル車輛です。
じつはこのクルマ、私MizoのNew通勤鈍足号なんです。

今まで乗ってたカリブが長男の通勤車になっちゃったもんで、
Newマシン投入となりました。(中古ですけど・・・)

カリブの時にもATに施工したんですが、変化は体感できませんでした。
エンジンの変化具合が大きかったもんですから、ATのほうは???ってカンジでした。
そこで今回はエンジンに施工する前にATに施工してやることに!

さらに実験として通常より多めの量を注入してみました。
「多すぎる注入はかえって良くない」とメーカーからは言われているんですが・・・
お客さんのクルマで実験するわけにはいかないんで、自分のクルマでやってみようかなと。

ATへの注入量の指定はMTに比べて少ないんですよね。
でもオイル量はMTがせいぜい2~3Lなのに対して、ATはFF車で7~8Lは入ってます。
それなのになぜ注入量が少ないのか?
おそらくはATオイルのほとんどはトルクコンバーター部分に溜まっていて
実際にミッション本体に流れている量(瞬間的な)が少ないからなんでしょうね。
トルクコンバーターには摩擦圧が掛からないので定着しませんし、
仮に定着したとしてもロスが減るわけでもなく何の効果も期待できませんから・・・

トルクコンバーター部分のオイル量を差し引くと規定量の注入で
ミッション本体への定着はOKなんだと思います。
でも、やはりオイルに対する割合は薄くなってしまうので、
変化がゆっくりすぎて体感できないんだと思います。

注入量を多めにすることで体感できるかどうかが知りたくて、
今回は多めに注入してみたんです。
あくまでも実験中なので注入量とかは今のところヒミツです!
不具合が出ることなく、実験が成功となればまたお知らせしますね。

# by AutoReference | 2010-07-10 18:22 | 進化剤 | Comments(0)