進化剤施工!★ロードスター★MTのみ!!

週末頃には暑さも和らぐって天気予報で言ってたのに...
相変わらず酷暑の日々が続いてますね。
皆さん夏バテとかしていませんか?
毎日必ず熱中症で死者が出ていますんで、お互い気を付けましょうね!


そんなこんなで、またまた進化剤ネタです!

ロードスター!






d0156040_9151455.jpg


MTオイル交換とセットで施工しました!
エンジンオイルも交換したんですが、今回はエンジンの施工は見送り。
まずはMTで様子を見てからっていうことです。

最初にMTでお試し!っていうのはアリかもしれませんね。
何しろエンジンより効果がわかりやすいって人が多くいましたんで。
MTで効果があるならエンジンも!
といったカンジでドロ沼に・・・

なんせZOMAも加わって
ドロ沼は深~~くなってますから....

# by AutoReference | 2010-07-26 09:20 | 進化剤 | Comments(0)

車載専用ビアサーバー!...

今日も暑いですね~~!
梅雨明けしたと思ったら、連日の酷暑でまいっちゃいます。
週末ぐらいからやや暑さは和らぐみたいですが、それでも30℃オーバー...

こう暑い日が続くと楽しみはやはり冷たいビール!
仕事で汗かいて帰ったら、よく冷えたビールをキュ~~っとネ!


先日来店したクルマにスグレモノが装備されていました。
それは・・・


車載専用ビアサーバー!





d0156040_1363584.jpg


これさえあればドコでも冷たいビールが楽しめますね~~。
海岸線にクルマを止めて、夕日に染まる海を眺めながら1杯!
山のおいしい空気をツマミに景色を眺めながら1杯!!
いいですよね~、まるで映画のようなシチュエーションです......

って言うのはウソですが・・・
そもそもクルマにビアサーバーって飲酒運転のもとになっちゃいそうですしね。

じつはコレは燃料供給関係の装置なんです。
このデカいタンクはビアザーバーじゃなくてコレクタータンクと言います。
本来の燃料タンクからこのタンクに一旦燃料を溜めておくための物なんです。
そしてその横にあるこれまたデカめのポンプでエンジンに燃料を送る仕組みになっています。
(しかもポンプは2機がけじゃし・・・)

なんでこんなシステムが必要なのかと言いますと・・・
エンジンをチューニングしてパワーを出すっていうことは、燃料も多く必要っていうことです。
ノーマルの燃料供給システムではタンクからポンプで吸い上げて送っています。
ところがこの方式だと瞬間的に燃料が足らなくなることがあるんです。

ハイパワーにイジってるエンジンですから、瞬間的な燃料のカラ打ちは致命的!
即エンジンブローってこともありえるんですよ!!

そこで一旦コレクタータンクに溜めることでカラ打ちを防いでいるんです。
そしてこのタンクからならポンプの2機がけなんてこともできますから、
より燃料が必要な仕様になっても対処できるってことなんです。

それにしてもここまでデカいコレクタータンクは初めて見ました。
これだけの燃料が必要なエンジンって・・・






d0156040_13262938.jpg


スープラの2JZでした!
タービンもデッカイのが付いてますね~。

オーナーさんは700PSとか800PSとか訳のわからん数値を言ってました。(笑
いやはや、どんなパワーなんでしょうね?
ここまでのパワーだからこそ、あれだけデカいタンクが必要なのか! と、納得!!



まあ、普通のクルマには縁の無い装備ではありますね。
個人的にはビアサーバーのほうが良かったりして....

# by AutoReference | 2010-07-23 13:46 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

進化剤施工!★Kei★ATも施工!

いやあ~~、暑い日が続きますね~!
特にここ何日かの暑さは異常ですよね~~!!
じっとしていても汗ダクになっちゃいます。

そんな暑さにも負けず、今日も進化剤の施工です!

クルマは・・・

Kei!







d0156040_18161558.jpg


車検で入庫したついでに、オイル交換と一緒にやっちゃいました!

走行距離は5万kmいってないクルマなんですが、エンジンの振動はけっこう大きめ。
エアクリーナーのホースとかがブルブル振るえています。
もちろん施工がすすむうちにどんどん減ってきたのは言うまでもありません。

ATにも施工してやりました。
相変わらず効果のほうが微妙なATなんですが、思ったより施工が多いです。
「ATは効果が体感できないと思いますよ!」とお客さんには言ってるんですがねえ~。
体感できなくてもいいので保護目的で施工するってことなんでしょう。

このクルマはターボ車ですが、しょせんはKカーのパワーしかありません。
そういったローパワーなクルマは効果が大きく感じられるはずです!
音や振動はパワーに関係なく効果が出ますけどね!!

# by AutoReference | 2010-07-22 18:28 | 進化剤 | Comments(0)

リアトレーリングアーム交換!★プレマシー★

当店の常連さんではおなじみAZ-1のやまちゃん。
じつはセカンドカーのプレマシーをブツけちゃって修理に出していました。

先日その修理が終わって、乗ってみたところ何か操縦性がおかしい。
そこでアライメント調整で入庫したんです。
テスターをかけてデータを出してみたところ、左リアの数値が・・・

キャンバーがかなり寝ていて、トーもかなりアウトに!
元々キャンバーの調整機能は無いのでしょうがないんですが、
トーのほうも限界まで調整してもアウトから戻らない!

「こりゃおかしいゾ?」ってことでよ~~く見てみると、
なんとトレーリングアームが曲がってるじゃないですか!!
おいおい、修理する時にちゃんと見といてくれよ~~!ってカンジですが、
左側面をブツけたんだけど、そん時にタイヤも打ったのかも?
足廻りまでは逝ってないと思って見逃しちゃったんでしょうね~。


このままじゃあどうしようもないので、トレーリングアームを交換することになりました。








d0156040_182439.jpg


新品と外したアームの比較です。
先端のブッシュあたりの角度が違うのがわかりますかね?
この角度だとややわかりにくいので・・・








d0156040_1832989.jpg


これならはっきりわかりますよね。
アームの中間部分からネジレてしまっています。
さらにブッシュの中心から出ているステーはドエライ角度に曲がっています。
おそらくタイヤを後ろ方向に押すようなカタチで力がかかっちゃったんでしょうね。
これならトーが戻らないぐらい狂うのも納得です。

新品に交換後はトーは基準値の範囲まで戻りました。
キャンバーは右に比べるとまだ若干寝ています。
マルチリンクの足回りなので、他のアームにも何かしらの影響がでているのかもしれませんね。
ただ、目視では曲がりなどは見られなかったので、どれを交換するかの判断は難しい・・・

まあ、元の状態からすればかなり改善された数値になっていますので、
このままで問題ないとは思われます。
それぐらい元の数値がヒドかったってことではありますが・・・

# by AutoReference | 2010-07-20 18:05 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

進化剤施工!★プレオ★ワゴンR★TE71★3連チャン!!

子供たちはどうやら夏休みに突入したようですね。
ウチのスタッフには関係無いことですが、世間は3連休!

3連休なんで3連チャンの進化剤施工です!
(って関係無いか...)


まずは栄@TAKさんの

プレオ!





d0156040_1639451.jpg


みん○ラ友達のあるじぇんてぃさんからのご紹介です。

いつものようにエンジンの音が静かになっていくにつれて
エンジン本体以外からの音が大きく聞こえるようになってきました。
インジェクターのカチカチ音に混ざって、何やら「ウィ~~ン・ウィ~~ン」と言う音が・・・

音の発生源を探ってみたところ、どうやらベルト廻りのプーリーが怪しい!
よく見るとプーリー自体が真っ直ぐ回ってません。
そんなに激しくはないんですが、フラフラと首振り状態のような回りかたをしています。
おそらくベアリングにガタが出ているんだと思われます。
そのため例の音も出ているんでしょうね。

今回は思わぬ進化剤効果がでちゃいましたね。
まあ、オーナーさんも異音の存在には気づいていたようなんですが、
ここまで大きな音がしているとは思わなかったそうで。
エンジンが静かになって異音の大きさにビックリしたってカンジですね!
まあプーリーだけならさほど高価じゃないと思いますので、
早めにわかって良かったんじゃないでしょうか。




続いての2台目は・・・


ワゴンR!





d0156040_16533939.jpg


あれっ、このクルマって???
そう、アナタはスルドイ!!

何を隠そうウチのスタッフのクルマです!
(別に隠してませんが・・・)

「おいおい、店の人が今頃になって施工かい!」って言われちゃいそうですが・・・
まあまあ、そこはイロイロありますんで、事情がね。

施工後試乗してみたところ、まず1番の違いは振動!
以前は信号待ちでブレーキを踏んでいるとガタガタ振動が激しかったので
ドライブからニュートラルに戻したりしていたそうです。
それが施工後はドライブのままブレーキ踏んでても全く問題無し!
音のほうもかなり静かになったようです。

そして「ブレーキの効きが甘くなった!!」とのこと。
アクセルオフで減速していたエンブレが少なくなったので
そう感じるようになったってことですね。
これも今まで皆さんから聞いていたインプレッションと同じです。

レスポンスに関してなんですが・・・
「一番よくわかったのがバックする時!」なんだそうです。
シフトをバックに入れてアクセル踏むと、スッとクルマが動き出すそうで、
バックでのインプレッションは今までありませんでしたね~。

これらは施工直後のインプレッションです。
進化剤は遅効性ですので.....




続いて3台目は毎度おなじみとなりました
ツワモノ1171@34さんの

TE71スプリンターGT!





d0156040_17104934.jpg


今日の本当の目的は・・・
NT-1施工後1ヶ月ほどたったのでコンプレッションのデータ取りでご来店。
施工直後はさほどデータに変化は見られなかったのですが、
乗っていくうちに体感的にかなりの変化があらわれてきたそうなんです。
そこで「きっとデータにも変化が出ているはず!」と言うことでのデータ取りでした。
結果はコチラをどうぞ↓
http://www.auto-r.com/sinka/te71/te71.html

伊達にツワモノを名乗っているわけじゃあないってとこを見せるため、
(自分で名乗ったんじゃありませんが・・・)
来店ついでにZOMAを施工しちゃいました!!

いよっ!さすがっ!!男前っ!!!

「でもこれってけっこう怪しいよね~、さすがにあんまり信用してないから・・・」とのこと。
たしかに冷却水への注入でパワーアップなんてのは怪しすぎです。
おそらく多くの人が同じ思いを持ってることでしょう!
「原理がよ~わからんもんね~。」とも。
たしかにそのとうり...

そこで現在ウチのHPにZOMAのページを制作中です。
近日中にアップする予定ですので、ご期待ください!
皆さんの疑惑が晴れる内容になってる...はずです。

# by AutoReference | 2010-07-18 17:31 | 進化剤 | Comments(2)