リアトレーリングアーム交換!★プレマシー★

当店の常連さんではおなじみAZ-1のやまちゃん。
じつはセカンドカーのプレマシーをブツけちゃって修理に出していました。

先日その修理が終わって、乗ってみたところ何か操縦性がおかしい。
そこでアライメント調整で入庫したんです。
テスターをかけてデータを出してみたところ、左リアの数値が・・・

キャンバーがかなり寝ていて、トーもかなりアウトに!
元々キャンバーの調整機能は無いのでしょうがないんですが、
トーのほうも限界まで調整してもアウトから戻らない!

「こりゃおかしいゾ?」ってことでよ~~く見てみると、
なんとトレーリングアームが曲がってるじゃないですか!!
おいおい、修理する時にちゃんと見といてくれよ~~!ってカンジですが、
左側面をブツけたんだけど、そん時にタイヤも打ったのかも?
足廻りまでは逝ってないと思って見逃しちゃったんでしょうね~。


このままじゃあどうしようもないので、トレーリングアームを交換することになりました。








d0156040_182439.jpg


新品と外したアームの比較です。
先端のブッシュあたりの角度が違うのがわかりますかね?
この角度だとややわかりにくいので・・・








d0156040_1832989.jpg


これならはっきりわかりますよね。
アームの中間部分からネジレてしまっています。
さらにブッシュの中心から出ているステーはドエライ角度に曲がっています。
おそらくタイヤを後ろ方向に押すようなカタチで力がかかっちゃったんでしょうね。
これならトーが戻らないぐらい狂うのも納得です。

新品に交換後はトーは基準値の範囲まで戻りました。
キャンバーは右に比べるとまだ若干寝ています。
マルチリンクの足回りなので、他のアームにも何かしらの影響がでているのかもしれませんね。
ただ、目視では曲がりなどは見られなかったので、どれを交換するかの判断は難しい・・・

まあ、元の状態からすればかなり改善された数値になっていますので、
このままで問題ないとは思われます。
それぐらい元の数値がヒドかったってことではありますが・・・

# by AutoReference | 2010-07-20 18:05 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

進化剤施工!★プレオ★ワゴンR★TE71★3連チャン!!

子供たちはどうやら夏休みに突入したようですね。
ウチのスタッフには関係無いことですが、世間は3連休!

3連休なんで3連チャンの進化剤施工です!
(って関係無いか...)


まずは栄@TAKさんの

プレオ!





d0156040_1639451.jpg


みん○ラ友達のあるじぇんてぃさんからのご紹介です。

いつものようにエンジンの音が静かになっていくにつれて
エンジン本体以外からの音が大きく聞こえるようになってきました。
インジェクターのカチカチ音に混ざって、何やら「ウィ~~ン・ウィ~~ン」と言う音が・・・

音の発生源を探ってみたところ、どうやらベルト廻りのプーリーが怪しい!
よく見るとプーリー自体が真っ直ぐ回ってません。
そんなに激しくはないんですが、フラフラと首振り状態のような回りかたをしています。
おそらくベアリングにガタが出ているんだと思われます。
そのため例の音も出ているんでしょうね。

今回は思わぬ進化剤効果がでちゃいましたね。
まあ、オーナーさんも異音の存在には気づいていたようなんですが、
ここまで大きな音がしているとは思わなかったそうで。
エンジンが静かになって異音の大きさにビックリしたってカンジですね!
まあプーリーだけならさほど高価じゃないと思いますので、
早めにわかって良かったんじゃないでしょうか。




続いての2台目は・・・


ワゴンR!





d0156040_16533939.jpg


あれっ、このクルマって???
そう、アナタはスルドイ!!

何を隠そうウチのスタッフのクルマです!
(別に隠してませんが・・・)

「おいおい、店の人が今頃になって施工かい!」って言われちゃいそうですが・・・
まあまあ、そこはイロイロありますんで、事情がね。

施工後試乗してみたところ、まず1番の違いは振動!
以前は信号待ちでブレーキを踏んでいるとガタガタ振動が激しかったので
ドライブからニュートラルに戻したりしていたそうです。
それが施工後はドライブのままブレーキ踏んでても全く問題無し!
音のほうもかなり静かになったようです。

そして「ブレーキの効きが甘くなった!!」とのこと。
アクセルオフで減速していたエンブレが少なくなったので
そう感じるようになったってことですね。
これも今まで皆さんから聞いていたインプレッションと同じです。

レスポンスに関してなんですが・・・
「一番よくわかったのがバックする時!」なんだそうです。
シフトをバックに入れてアクセル踏むと、スッとクルマが動き出すそうで、
バックでのインプレッションは今までありませんでしたね~。

これらは施工直後のインプレッションです。
進化剤は遅効性ですので.....




続いて3台目は毎度おなじみとなりました
ツワモノ1171@34さんの

TE71スプリンターGT!





d0156040_17104934.jpg


今日の本当の目的は・・・
NT-1施工後1ヶ月ほどたったのでコンプレッションのデータ取りでご来店。
施工直後はさほどデータに変化は見られなかったのですが、
乗っていくうちに体感的にかなりの変化があらわれてきたそうなんです。
そこで「きっとデータにも変化が出ているはず!」と言うことでのデータ取りでした。
結果はコチラをどうぞ↓
http://www.auto-r.com/sinka/te71/te71.html

伊達にツワモノを名乗っているわけじゃあないってとこを見せるため、
(自分で名乗ったんじゃありませんが・・・)
来店ついでにZOMAを施工しちゃいました!!

いよっ!さすがっ!!男前っ!!!

「でもこれってけっこう怪しいよね~、さすがにあんまり信用してないから・・・」とのこと。
たしかに冷却水への注入でパワーアップなんてのは怪しすぎです。
おそらく多くの人が同じ思いを持ってることでしょう!
「原理がよ~わからんもんね~。」とも。
たしかにそのとうり...

そこで現在ウチのHPにZOMAのページを制作中です。
近日中にアップする予定ですので、ご期待ください!
皆さんの疑惑が晴れる内容になってる...はずです。

# by AutoReference | 2010-07-18 17:31 | 進化剤 | Comments(2)

高校野球 熱戦スタート!

長かったW杯も終わって、一息付いていたら・・・
夏の風物詩、甲子園へ向けての地区予選が各地で始まりましたね。
岡山も昨日から熱戦がスタートです!
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/hs_local_10/article/33

今年はどうやら関西と岡山東商が強いみたいですね。
倉商の連覇は厳しいのかな?

昨日は私の母校も試合があり、初戦を突破しました! 
パチパチパチ!!!
久々の甲子園出場を目指してガンバレ~!
でも次に当るのが優勝候補のシード校だから厳しいかな?・・・

ウチの学校は1度だけ甲子園に出たことがあります。
それは私が高1で在学中の時でした。

その年は春のセンバツでベスト4までいったM高校がダントツの優勝候補でした。
センバツからですからメンバー替わっていませんもんね~。
ところがウチの学校が準決勝でそのM高校に勝っちゃったんです。

そして決勝は私の実家がある地元のT商と。
当日我が家は親戚の人たちと集まる予定があったんです。
試合をTVで見ていたんですが、接戦のまま終盤を迎えたところで出発時間に・・・
駅へ向かうタクシーの中でもラジオを聞いてました。

決着が付く前に駅に到着したもんで、試合結果が気になって、気になって。
「どうなったかな~」と大きな声で話していたもんですから (...と思われます)
知らないオジさんがやってきて「T商おえんかったな~」と言ったんです。
その瞬間、私は「よっしゃ~~っ!!!」とガッツポーズ!
オジさんは怪訝そうな表情に・・・

地元ですからT商の応援してると思ってたでしょうから、オジさんの態度も当然ですよね。
慌てて母が「この子はその学校に行ってるもんで・・・」とオジさんに弁明。
その後も電車の中で私は上機嫌でした。

さらに親戚と合流してからも・・・
じつは母の弟にあたる叔父がT商のOBで、毎年熱心に応援していたんですよね~。
試合結果が2-1だったもんで、悔しかったでしょうね。
しかもT商は前年も決勝で敗れてあと1歩だったもんですから余計に悔しいでしょう。
その後T商はセンバツも含めて甲子園には出ていません......たしか.....
(ウチの学校もその1回きりですが・・・)

そんな叔父を眼中にも入れず私は一人で「甲子園!甲子園!!」と騒いでいました。
今思えば悪いことしたな~と思いますが、まあ高1のガキでしたんでね。

当然ながら甲子園まで応援に行きました。
それまでT商のグランドぐらいしか見たこと無かった私は、そのデカさにビックリ!
観客席の広さと人の数に圧倒されました。
アルプス席で観戦したんですが、決められた応援の段取りが詰まってて、
試合内容どころじゃありませんでしたね~。
しかもグランドにいる選手たちが豆粒ぐらいにしか見えなかったもんで・・・

結局試合は初戦で惨敗!
つまりウチの学校は甲子園では1勝もしていないんですよね~。


その何年か後に期待の持てる年があったんです。
卒業後プロで活躍して1億円プレイヤーになった選手がエースでした。
(プロではピッチャーではなく、バッターとして活躍しましたが)
春の県大会を制して、優勝候補の筆頭だったんです。
ところが夏の初戦で弱小校にまさかの敗戦!
期待が大きかっただけに、ガックリ度も・・・

そのときメンバーだったうちの一人が、以前ウチの前身だった店で一緒に働いてた
ミムちゃんだったりします・・・
(憶えてる人少ないかな~、結構長く居たんですけどね~)


何はともあれ、高校球児のみなさんは悔いのない試合をしてください。
できればウチの学校にもがんばってもらって、もう1度甲子園に!

私が生きている間に1度でいいから甲子園で校歌を流してもらいたいですね~!!

# by AutoReference | 2010-07-16 11:28 | スポーツ | Comments(2)

冷却系進化剤ZOMA取扱開始!さっそく施工1号車!!

おなじみとなりました
進化剤Plus&NT-1
オイルに混ぜてエンジン内部へ定着させる進化剤です。

この度、冷却水に混ぜてエンジンを進化させる
冷却系進化剤ZOMA(ソーマ)
(ゾーマではありません!ソーマです!!)
の取扱いを始めました!!





d0156040_17542617.jpg


Plusもそうでしたが、こちらもちゃっちいボトル!(失礼!!)
最近はPlusのボトルにはステッカーが貼ってあるので、
このボトルが余計にちゃっちく見えてしまいます。(笑

さて、このZOMA どんな仕事をしてくれるのかと言いますと・・・
冷却水に注入することで、ウォータージャケット壁面に定着して壁面温度を下げます。
それによりシリンダーライナーの膨張を抑えることが出来ます。

またウォーターポンプ内を最良の状態に改質することによって
冷却水の流量を増やし、流速を高めて冷却性能を飛躍的に向上させます。


詳しく説明しますと・・・
エンジン内部では爆発が起こる燃焼室周辺が最も温度が高くなります。
シリンダー上部やシリンダーヘッドではこの高温にさらされた冷却水が瞬時に沸騰して
泡立ち(キャビテーション)を起こしてしまいます。
するとその周辺は空気の層が出来てしまい、著しく冷却性能が低下します。
つまり一番高温な部分が冷やされなくなり、さらに高温に・・・と言う悪循環なんですね。

それによりシリンダー上部と下部ではライナーに温度差が出てきます。
温度に差があると言うことは熱膨張も違ってきてしまうと言うことになります。
その結果シリンダーライナーは上部が広く、下部が狭いテーパー状になってしまうんです。
当然ながらこの状態では燃焼効率がイイわけありませんよね。

ZOMA は壁面温度を下げることで、キャビテーションを抑えますので
結果、シリンダーの偏った膨張を防いでくれるんです。
テーパー化が抑えられれば燃焼効率も格段に良くなり、パワー・トルクアップに繋がります。

またキャビテーションはウォーターポンプの羽根が冷却水をかき回す時にも発生します。
これにより冷却水に泡が混じってしまい、流量や流速が落ちてしまうんです。
ウォーターポンプを進化させることでキャビテーションを抑える効果があります。
流量が増えて流速が高くなれば冷却能力が上がるのはあたりまえですよね。
夏場のサーキット走行では3~4℃もの差が出てくるそうです。


ただ、このZOMA、クルマによってはデメリットも・・・
シリンダーの熱膨張を抑える、いわゆる締付け効果がありますので
クルマによっては温感時のピストンクリアランスが規定値まで広がらない場合があります。
そうなるとピストンの動きが重くなってしまい、結果的にパワーダウンになることも・・・

そのためシリンダー内部の摺動を良くして、ピストンの動きを軽くする必要があります。
そうです、オイル系進化剤の働きが必要になってくるんです。
つまりこのZOMA はPlus との併用がBESTなんです!
併用することで相乗効果が生まれ、さらに進化したエンジンになるんです!!



で、さっそくZOMA を施工してやりました!
クルマはおなじみの・・・

スイフトスポーツ
スーパーチャージャー!





d0156040_18415329.jpg


じつは今回は他にも冷却系のバージョンアップをしたんです。
それは・・・




d0156040_1842549.jpg


ラジエターの交換です!

BLITZ 
レーシングラジエターtypeZS!


オールアルミのラジエターなのに¥39、900~と驚きのプライス!
今回は装着していたラジエターにトラブルが出ちゃったんだけど、
「この価格なら修理するより交換しちゃおう!」ってことになったんですよね~。


ラジエターを交換して、LLCを入れてエア抜きのため暖気してやります。
エア抜きができたらラジエターから冷却水を100cc抜いてZOMA を注入!
キャップを閉めて、しばらくエンジンかけっぱなしにしておきます。

肝心の効果のほうは?・・・
社外品の水温計が付いていないので、はっきりとした温度変化はわかりませんでした。
ただ、エア抜きをしていた時と、注入後では電動ファンの回り方が変わりました。
あきらかにファンが作動する頻度が減っています。
さらに回り始めてもすぐに止まるんです。
これは水温が上がらなくなった証拠だと思いますよ!


おっと、肝心のお値段ですが・・・
100cc注入で¥8、400です。
一般的な車輛であれば100ccの注入でOKです。
冷却水が10L以上入るようなクルマだと追加注入が必要になってきますね。
まあ、普通はそんなに入るクルマも少ないですが・・・


すでに進化剤Plus を施工済の皆さん!
冷却系進化剤ZOMA もおひとついかが?
さらに楽しくなること間違いなし!!


進化剤のドロ沼が
さらに深~くなりました!(笑

# by AutoReference | 2010-07-15 19:14 | 進化剤 | Comments(6)

進化剤施工!★トゥディ★ATにも!!

またまた進化剤ネタです。
ここのところ進化剤を施工するお客さんがドンドン増えてますね~。
やはり良い物は不景気の世の中でも選ばれていくんですよね。


当店の常連さんの

トゥディ!






d0156040_18185486.jpg


平成6年式のクルマです!
ボチボチ各部にイロイロと出てくるぐらいの年式ですよね~。
オーナーさんは当然ながら長く乗ろうと、メンテナンスに気を使ってます。
となると進化剤は欠かせないアイテムです。

アイドリング時にはけっこうエンジンが振動しています。
音のほうも最近のクルマと比べてかなり大きめです。

いつものように施工がすすむにつれて音と振動が減少していきました。
やはりこれぐらいの年式になると効果が大きく出るようです。

ATのほうは今までの経験上あまり効果が感じられないんですが、
「保護」という面を考えて施工することにしました。
内部がヘタリきってしまわないうちに手を打っておこうと言うことなんです。
その考えはアリだと思いますね!


オーナーさんのインプレッションです。
まず坂道をス~~ッと登るようになったそうです。
あとはやはり音と振動の変化ですね。

今まではエンジンかけたまま家の中に入っても音がよく聞こえていたそうです。
(それぐらいうるさかったってことですね。)
施工後は家の中からだと全く聞こえなくなったそうで、
暖気が終わってアイドリングが下がると「エンジン止まった?」と思ったそうです。


年数がたったり走行距離が出ているようなクルマには効果絶大です!
またパワーがあまり無いKカーなどは効果がわかりやすく
とってもオトク感が高いですね!!

進化剤のドロ沼にようこそ!

# by AutoReference | 2010-07-13 18:36 | 進化剤 | Comments(0)